きちんとした知識もなく恥ずかしいのですが 以前なにかで 電子レンジで温めた水は分子が破壊されると聞いた気がします。それからなるべく 電子レンジによる調理は控えめにしてきましたが やはり便利で解凍温めなおしなど使用しています。
このたび オーブンレンジを買い替えようと思うのですが 10年以上前とは製品もずいぶん変わっていますね。もしかして今は 根本的に変わっているのでしょうか?たとえばヘルシオは分子の破壊などないのかな?とか思えてきました。
どうなんでしょうか?詳しい方教えて頂けますか?
安全に栄養をとるためにおすすめの製品も教えて頂けるとありがたいです。
お菓子も焼きますが 温めむらのないものがいいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私はそのての諸説は全く信じて居りませんので、「その心配はありません。

大丈夫です。」と申し上げたい所ですが、質問者さんがそれをある程度は信じておられる以上、何処の誰とも知れない者がそう言った所で、不安の解消にはならないでしょうか。
それから、ヘルシオ等の過熱水蒸気式のオーブンレンジは、オーブン機能の熱源が変わった物です。
電気ヒーターで直接庫内を加熱する方法から、水蒸気をさらに加熱して循環させる方法に変わっています。
だからレンジ機能の原理は変わっていません。

やはりあえて申し上げておきましょう。
十年前も現在も、電子レンジは安全です。ご安心ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/02/25 18:35

10年も前のレンジも今売られているレンジも基本は一緒です


危険性も一緒ですので心配なら使わないほうがいいでしょう
多少不便でも心配なら絶対買わないことです
家電は金を出せばいくらでも買えますが健康はお金では買えません

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。レンジはいらないなと思えてきました。ただ、ケーキは焼きたいのですが オーブン・グリルの機能についてはどうなのでしょうか? オーブンレンジを購入し 極力電子レンジとしては使わず オーブン昨日は使う にしようかともいますがどうでしょうか?

補足日時:2013/02/16 22:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

むかしも今も基本的には変わらないんですね・・・。ありがとうございます。

お礼日時:2013/03/13 17:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子レンジを安全に使用したい

電子レンジは非常に恐ろしい調理器であることを知りました。近くで電磁波だけを受けるだけで離れていれば身体に影響ないくらいだったら毎日使用するのですが、電子レンジで暖めたり調理した食品等は栄養が軽減、ヘモグロビン値が減少、全ての白血球とコレステロール値が上昇、リンパ球は減少血液に発がん作用を及ぼす。レーダー波やマイクロ波に直接被爆したときに体内で起きる暴力的な分解と同じことが、電子レンジ調理された食べ物の分子の内部でも起きる。このようなことで最近新しく買い換えたばかりなのに怖くて使用できません。もう電子レンジを諦める以外には他に良い方法は無いのでしょうか。本当に影響なく健康な身体で便利な生活が出来る方法を知りたい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、電子レンジで使用されるマイクロ波というのは、エネルギー量がかなり低いものです。
原発問題で出ているγ線なども電磁波ですが、あちらは強力なエネルギーなので
厚みを持たせないといろんな物を貫通しますが、電磁波はエネルギーと言う意味では
紫外線など以下でしかありません。

あと、補足に挙げられています記事ですけどちゃんと裏取りしてますか?

こちら、かなり有名なもので、よく調べると信頼性が薄いものといわれていますよ。
時間があったので調べてみましたがざっと以下のことがわかりました。

・ハンス・ウーリッヒ・ヘルテル博士の発表した記事の内容には、
実験方法も検証方法も全く書かれていない。つまり確認の方法が全くない。
しかも、実験期間は数日間で、結論も数字を出しての検証ではなく「悪くなった」だけ。
出した雑誌も学術誌などではない。
http://www.mercola.com/article/microwave/hazards2.htm

・ミルクを温めると~のくだりは、追試実験で否定されている。
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0958694695000097

・発がん性物質の~のくだりの一部、アミノ酸の変化についても同様に否定されている。
http://pubs.acs.org/doi/pdf/10.1021/jf00010a034#

ざっと調べただけで、これだけこのレポートが疑わしい証拠が集まりました。
その他調べてみたのですが、この手の論調の元となる記述をしているのが、
ハンス・ウーリッヒ・ヘルテル博士とリタ・リー博士の二人以外、
誰もいないのですよね。
追試を行っていない、行えないようなデータしか残していない以上、
これだけの根拠では正しいことを書いているとは正直認められません。

よってレポートはかなりの確率で信用できないと思います。

まず、電子レンジで使用されるマイクロ波というのは、エネルギー量がかなり低いものです。
原発問題で出ているγ線なども電磁波ですが、あちらは強力なエネルギーなので
厚みを持たせないといろんな物を貫通しますが、電磁波はエネルギーと言う意味では
紫外線など以下でしかありません。

あと、補足に挙げられています記事ですけどちゃんと裏取りしてますか?

こちら、かなり有名なもので、よく調べると信頼性が薄いものといわれていますよ。
時間があったので調べてみましたがざっと以下のことがわかりました。...続きを読む

Qレンジ無しで、弁当を温めたい。

みなさんアイデアがあったら教えてください。
電子レンジがなくても、弁当が温められる方法ってないでしょうか?
というのは、会社のレンジが1台しかなく、レンジの前はいつも行列なのです。

弁当ジャーという方法もありますが、
弁当は前夜に作っているので、朝の時点ですでにサメサメです。
むしろご飯は冷凍させているので、
冷え冷えです。

あと、他に用意できるものは、熱湯です。
熱湯なら行列を待たずに使えます。

あと、「ココに置いておくと、自然と温まってるよ!」とか、「こんな電化製品があるよ!」とか
なんでもいいので、アイデアを教えてください。

Aベストアンサー

密閉用パッキンの付いている弁当でしたら
30分ぐらい前に
コンビニ袋にお弁当を入れて熱湯を注いでおき
頃合を見計らってお湯を捨てれば
ホカホカとは言わないまでも、そこそこ暖かい弁当が食べられるかと思います。
アルミ製の弁当箱でしたら水切りトレイ位の高さに熱湯を入れた洗面器に逆さにして入れておけば結構な温度になると思うんですけどね…

Qステンレス製品は避けたほうがいいって本当ですか?

金属アレルギーパッチテストで亜鉛、ニッケルに陽性でした。

2chで、金属アレルギーの人はニッケルが塗装されているのでステンレス製品は使わないほうが良いと書き込みがありました。最近 ケトル・コーヒードリッパー・鍋を買いましたが、全てステンレスです。使えないとしたら痛手です。
最悪、お湯を沸かすだけでもニッケルは溶け出すのでしょうか?

Aベストアンサー

ステンレスにもよります。
一番安いSUS306 , 18-8 ステン。
SUS 316がたしかモリブデン入り。表面を酸化モリブデンのまくか゛おおっています。私が関係するような「食品用ステンレス容器」というと多くの場合316です。
家庭用は材質を見ないで買っているのでわかりません。

ステンレスによっては.表面にニッケルがあまりのっていない製品があります。

ステンレスは.小さなキズがあると.その付近の金属の塊がボロっと外れて落ちます。この表面がニッケルだったはず(記憶があいまい。クロムかもしれません)。「溶け出す」わけではありません。表面をニッケルで覆っている金属の塊(せいぜい直径0.?mm)程度がおちてきて.これに触るとニッケルが解け出るでしょう。

ステンレスタンクで酢漬けをつくると.18-8ステンでは比較的早く期緑色のニッケルが溶けてきます。モリブデンがはいっていると「ある程度」とけません。

多分2ちゃんねるの内容は低価格な18-8ステンのことと思います。

ただし.包丁で傷つける・タワシでゴシゴシ.のようなことをすると表面を覆っている酸化モリブデンの膜・サンカクロムの膜が剥がれ落ちます。つまりニッケルが溶け出します。

ステンレスにもよります。
一番安いSUS306 , 18-8 ステン。
SUS 316がたしかモリブデン入り。表面を酸化モリブデンのまくか゛おおっています。私が関係するような「食品用ステンレス容器」というと多くの場合316です。
家庭用は材質を見ないで買っているのでわかりません。

ステンレスによっては.表面にニッケルがあまりのっていない製品があります。

ステンレスは.小さなキズがあると.その付近の金属の塊がボロっと外れて落ちます。この表面がニッケルだったはず(記憶があいまい。クロムかもしれません)...続きを読む

Q健康を考えると何でできている鍋がいいのでしょうか?

家にある鍋(土鍋ではなく、日常調理に使う鍋のこと)が、古くなってきたので、いっそのこと、嵩張らないように一揃えで買い換えようかと考えています。
そこで、どういったものにしようかと迷っています。
使い勝手ももちろんなのですが、健康面を考えた場合、何鍋(ホーロー、アルミ、鉄、○○加工など)がいいものなのかというのも参考にして考えようかと思っています。
一昔前はアルミ鍋は良くないなんて言われましたが、その後、この説は下火になったことは知っています。
なんだかんだいって、あのうすっぺらいアルミ鍋で作ると調理しやすいものもあるし・・・。

健康を考えると、何鍋がいいという差はあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

アルミ鍋の害が下火になったのではありません、噂が下火になっただけです、アルミが溶け出す事で胃や記憶障害の引き金になると言う懸念は残っています、そのうちテフロン加工などはフッ素が融け出るなどと言い出すかも知れません、とにかく危ない懸念があるものは避けるべきだと思います、鉄、ステンレス、ホーローなどが無難な所ではないですか、先の回答者が述べられているように、外国産の怪しげなのも要注意してください。

Q鉄瓶や中華鍋から溶け出す鉄分は安全?

鉄分をとるためにお茶を鉄瓶で沸かしたり、中華なべから微量の鉄分が溶け出すと言われていますが、その鉄分って、体に安全な鉄分なのでしょうか。鉄剤とはまた違う気もしますが…

Aベストアンサー

こんにちは!!
かつて、岩手県の名産品「南部鉄器」の製造に関わっていた者です。鉄瓶や鉄鍋などです。

(1)<鉄剤とはまた違う気もしますが・・・
 そのとおりです。鉄剤の「Fe」と違い、二酸化鉄というのは、鉄のFeと酸素O2が化合したもの、つまり鉄サビです。二酸化鉄は体内に摂取されると、鉄Feとして吸収されるので、鉄剤を飲んだのと同じ効果になります。吸収率は鉄剤の方が良いのですが、鉄器を習慣的に使用していると、安定して確実に鉄分が取れる利点があります。

<その鉄分って、体に安全な鉄分なのでしょうか。
 安全です!
 分かりやすく説明するため、製造方法を簡単に述べますと
(1)鉄のインゴット(今は輸入品が主力で、金の延べ棒のようなインゴットになっています。1kg25~30円くらいが鉄のインゴット価格です。自動車用の鋼板と違って、ただのFeの塊です。
(2)鉄のインゴットを電気溶解炉で溶解する。
(3)溶解した鉄を型に流し込んでから冷ます。
(4)グライダーで研磨する。
(5)食品衛生法をクリアした塗料で塗装する。塗料の分子と分子の間が数ミクロンあいているので、その隙間から二酸化鉄がでてきます。
(6)梱包して、出荷する。

 以上の通りの工程なので、安全なのがお分かりでしょうか。なお、他の鉱物は値段が鉄よりも高いので、経済的な意味では使われることはありえません。南部鉄器の接合部分は溶接です。もし、品質的にご心配なら国産の鉄器を使用したらよいでしょう。
 なお、鉄器の一番良いところは、日常的に使用していると、鉄分の補給ができることと、冷めにくいことです。欠点はさびやすいことです。
ただ、さびると見た目は悪いですが、鉄分の補給量は増加します。

こんにちは!!
かつて、岩手県の名産品「南部鉄器」の製造に関わっていた者です。鉄瓶や鉄鍋などです。

(1)<鉄剤とはまた違う気もしますが・・・
 そのとおりです。鉄剤の「Fe」と違い、二酸化鉄というのは、鉄のFeと酸素O2が化合したもの、つまり鉄サビです。二酸化鉄は体内に摂取されると、鉄Feとして吸収されるので、鉄剤を飲んだのと同じ効果になります。吸収率は鉄剤の方が良いのですが、鉄器を習慣的に使用していると、安定して確実に鉄分が取れる利点があります。

<その鉄分って、体に安...続きを読む

Q鍋とフライパンについて

最近、鍋とフライパンを買い替えようと思っています。
私は最近までよく知らなかったのですが、ステンレス・アルミ・テフロンの鍋は危険性があり使用するべきではないなどということを知りました。しかし調べてみると、他のものについても危険性があるということなので、買い替えるならどれを買えばいいかで迷っています。
(今現在使っているのは、ステンレスの鍋とテフロン加工のフライパンです。)
そこで、どのような調理器具を使用すればいいのか教えていただけるとありがたいです。また、皆様が普段どのような鍋・フライパンを使ってるかも教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。
ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。

アルミニウム:二十数年前にドイツだったか、脳の中のアルミニウムの蓄積とアルツハイマー病の関連を示す疫学データが公表されたことがあります。結果的に原因ではなく結果--アルツハイマー病になるとアルミニウムが蓄積するのであって、原因と結果が逆と言うことで現在は否定されています。もしアルミニウムが原因でしたら鍋から溶出する量よりもはるかに多い埃や・・・。アルミニウムも酸化アルミニウムの不働態(サファイヤやルビー)と同じ物で通常は覆われています。

テフロン:高温で熱分解させたときの生成物が問題になったことがありますが、通常の使用で問題になることはありませんし、テフロンか分解する260℃以上でテフロンが焼け焦げて剥離した状態になれば、その前に料理自体が「黒こげ」・・そんな物食べないです。
 ⇒アルミニウム/人体への影響 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0#.E4.BA.BA.E4.BD.93.E3.81.B8.E3.81.AE.E5.BD.B1.E9.9F.BF )
 ⇒クロム/必須元素としてのクロム/クロムの毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A0#.E5.BF.85.E9.A0.88.E5.85.83.E7.B4.A0.E3.81.A8.E3.81.97.E3.81.A6.E3.81.AE.E3.82.AF.E3.83.AD.E3.83.A0 )
 ⇒ポリテトラフルオロエチレン/毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3#.E5.AE.89.E5.85.A8.E6.80.A7 )

 以前本を書くときに随分と調べたのですが、残念ながら、鍋による健康被害の実例と言うものは寡聞にして聞いたことありません。

[鍋]はそれぞれの料理に適した物を使用するのが最善です。逆はダメです。その最も悪い組み合わせの例としては「テフロンのフライパン」ですかね。
 テフロンは上記のリンクをご覧になると分かるように耐熱性は260℃前後と考えられますが、フライパンを使う炒め物や炒りもの料理では、この温度に達することは多いです。そのために寿命がとても短いです。---だから、こぞってメーカーはテフロンのフライパンを販売する。--他の鍋の寿命は「末代物」くらい持つので回転率が悪く利益が上がりませんが、テフロンのフライパンは半年から数年で買い換えてもらえる。プロの厨房を覗いてテフロンのフライパンは見たことないです。--一週間持たない--。

フライパン:圧倒的に鉄です。空焚きにも耐えますし、焦げ付くこともない(使い方間違えなければ)。ソースやルーを作るときはアルミニウムや銅のフライパンを使います。熱伝導率( 熱伝導率 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E4%BC%9D%E5%B0%8E%E7%8E%87#.E5.80.A4.E3.81.AE.E4.BE.8B ) )が良いですから--フランス料理は銅、イタリアンはアルミという感じですね。
 また、玉子焼きにも同じ理由と色がきれいに出るので銅の玉子焼き鍋( https://www.google.com/images?hl=ja&q=%8B%CA%8Eq%8F%C4%82%AB%93%E7 )が多いですね。

煮物汁物:アルミニウムが良いですね。これに関してこそ!!テフロン加工がされていても良いです。洗い易く空焚きでもしない限り持ちます。表面をステンレスで覆った物もあります。ステンレスで覆われると熱伝導が悪く金属光沢があり冷め難い。
 この手の鍋のテフロンは本当に少なくなりました。一度買えば何十年も持つため利益が出ないために多くのメーカーは止めてしまいました。(業務用は多いです。)
 家庭用では、ホクアのマイスター( http://www2.hokua.com/houseware/?cat=5#info723 )とか、

炒め物:鉄の中華鍋、片手(北京鍋)、両手(上海)のどちらでも良いでしょう。底に角がなく全体が曲面なので混ぜやすいです。二周りくらい大きめなサイズを使うのがポイントです。
 https://www.google.com/images?hl=ja&q=%92%86%89%D8%93%E7

ステンレス/チタン:
 鍋の素材としては最悪です。熱伝導が悪く重いのが最大の理由です。そのためストックポット・キッチンポット、寸胴鍋のように保管やつくり置きのための容器や、粘性のないスープや出汁取りに使われます。家庭用としてなら、アルミニウムを間に挟んだ三層鍋でしたら良いでしょう。
 湯を沸かすだけとか、味噌汁とか粘度の低い調理専用になります。

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。
ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。

アルミニウム:二十数年前にドイ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報