AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

よろしくお願いします。

Red Hat Enterprise Linuxのライセンスについて調べています。

WindowsOSと同様、ライセンスがあるのかと思ったのですが、
「サブスクリプション」という名称で提供されているようです。

このサブスクリプションの契約中は、
RedHat社からパッチやサポートの提供が受けられます。

このサブスクリプションですが、契約が終了した場合、
特にパッチやサポートの提供が不要の場合は、
更新はしなくて良いものなのでしょうか?。

更新が必要な場合は、ライセンス(ソフトウェア利用許諾契約)と
あまり変わらないような気がするのですが・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

RHのライセンス体系は、実は私もわかりにくくて好きじゃないんですが....



ライセンスというと、インストールしたホスト「そのもの」に対して適用しますが、サブスクリプションは単に「RedHat社のサーバに、ユーザに紐づけて有効なライセンスを登録する」状態です。

インストールした後のrhn_registerをする際に、上で紐付けたユーザ名とパスワードでRedHat社に接続しに行くわけですが、その時にそのユーザに紐付いた「空いている」サブスクリプションがあればアクセスが許可されてアップデートができるようになるわけです。
複数のサブスクリプションが空いていた場合、そのうちのどれが使われるかはコントロールできません。

従いまして、「このサブスクリプションはこのサーバに使われている」という情報はありませんし、気にする必要もないのです。
極端な話、登録されたホストを都度削除すれば、一つのサブスクリプションで何台でもアップデートすることも可能です。

更新不要の場合は放っておくだけです。


説明していてもわかりにくいですね...
    • good
    • 0

まぁスキルのある人は、ソースのrpmを自前でビルドしてアップグレードしてるだろうから、サポート要らないんじゃない?



サポート要らない=パッチ等のアップグレードが要らない(またはやらない)

という意味だったら、そもそもRHELを使う資格は無いと思います。
なぜなら、バグやセキュリティーホールを放置するという意味ですから。

普通一般的には、あくまでスキルがあって、自分で対処できる自信があれば、サポート要らないんじゃないかと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様有難うございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2013/03/11 16:45

というか、更新,パッチ提供,サポートを全部いらない人が


わざわざRHELを購入する意味がわかりません。

自前で、万全の管理ができるのであれば
RHELクローンの、Scientific LinuxやCentOSなどを使うのが定番です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRedHatの試用ライセンスの期限について

RedHat社からRHELv3の30日間ライセンスのついたOSをダウンロードしました
[ダウンロードURL]
https://www.redhat.com/apps/webform.html?event_type=simple_form&eid=308

素朴な疑問なんですが、30日間経ったら、OSを使用することができなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

Your 30-day evaluation subscription will allow you to:

 ・Download Red Hat Enterprise Linux 4
 ・Access Red Hat Network for updates and security patches
 ・Access Red Hat Knowledgebase for technical information and advice

とRedHatのサイトに書いてあるように評価用サブスクリプションで上記3つが許可されていたのが30日間経ったら許可されなくなるだけだと思います。
実際、正式にサブスクリプション契約してその期間が過ぎてサブスクリプション契約を更新しなくてもOSのアンインストール/使用停止は義務付けていないようですし。

一番確かなのは、RedHatに問い合わせる事ですが。

参考URL:http://www.redhat.com/software/rhel/eval/

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

QVMWare仮想ソケット数とソケットあたりのコア数

VMWareバージョン5.0から仮想OSに割り当てるCPUの設定で仮想ソケット数とソケットあたりのコア数というのがあり、それぞれを掛けた値が仮想OS毎のコア合計数となる様です。
以下の内容について教えていただけませんでしょうか。

(1)ソケット数とコア数がどのようなものなのかというのが解っていません。
どのように算出された計算値からこれを設定すればいいのか教えていただけますでしょうか。

(2)コア合計数を2としたい場合仮想ソケット数を2にし、ソケットあたりのコア数を1にする
 のでしょうか?それとも逆に仮想ソケット数を1にし、ソケットあたりのコア数を2にすれば
 良いでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ちょっとかじった程度の技術者です。
専門家ではないので参考程度に。

(1)コアはCPUの中にあり、実際に計算をする部分になります。
複数のコアを持っているCPUは同時に複数の処理をする事ができます。

コア数はCPUによって決まっていて、1つのCPUに2つとか4つとか複数のコアが
搭載されている場合があります。(例:デュアルコア=2個、クアッドコア=4個)

ソケットとはCPUを搭載する部分の事で、1つのソケットに1つのCPUが載ります。

という事で、例えば「クアッドコアのCPUを2個搭載」した場合、
・コア数=4
・ソケット数=2
となり、仮想OSに割り当てられる仮想CPUは「4×2=8個」となります。

(2)仮想ソケット数については「どの様な挙動をさせたいか」「OSの制限」
などによって異なると思います。

デュアルコアCPUが1個搭載されているような挙動を期待しているなら
仮想ソケット数を1に、コア数を2に。
シングルコアのCPUが2個搭載されている様な挙動を期待しているなら
仮想ソケット数を2に、コア数を1に。

OSの制限についてですが、OSによってはソケット数が決まっているケースがあります。
WindowsXPの場合はCPUが2個までしか載せられなかったと思います。
その時は仮想ソケット数は「2」までしか設定できない事になり、仮想CPUを4つに
設定したい時は仮想ソケット数を2に、コア数を2に設定する事になります。

という事でこの場合は「環境と希望による」という回答になると思います。

ちょっとかじった程度の技術者です。
専門家ではないので参考程度に。

(1)コアはCPUの中にあり、実際に計算をする部分になります。
複数のコアを持っているCPUは同時に複数の処理をする事ができます。

コア数はCPUによって決まっていて、1つのCPUに2つとか4つとか複数のコアが
搭載されている場合があります。(例:デュアルコア=2個、クアッドコア=4個)

ソケットとはCPUを搭載する部分の事で、1つのソケットに1つのCPUが載ります。

という事で、例えば「クアッドコアのCPUを2個搭載」した場合、
・コア数...続きを読む

QNTPで同期が始まらない

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntpq -pの結果は下記となります。

remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
133.100.9.2 .INIT. 16 u - 64 0 0.000 0.000 4000.00
130.69.251.23 .GPS. 1 u 27 64 377 8.015 -99970. 17262.6

同期ができれば「remote」列に「*」が表示されると思っています。
何か設定が足りないでしょうか?。
尚、「/vat/log/message」をtailしてますが特にエラーは無さそうです。

よろしくお願いします。

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntp...続きを読む

Aベストアンサー

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハードウエアclockを合わせます。
http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/hwclock.8.html

○ntpdの動作
ntpによる時刻調整は、調整幅が通常128mSと小さいので、1時間は様子をましょう。
2時間程度経過しても、時刻修正の兆候が見られない場合ハードウェアの不良も考えられます。

時刻調整の兆候としては、
・logファイルに 一時間毎に調整したメッセージが書かれる。
Jan 7 21:57:40 ntpd[91145]: offset 0.000994 sec freq -190.802 ppm error 0.000076 poll 8
・ntpq -p の出力の最初の桁に"*,+"が付く。また、reach が377になる。
% ntpq -np
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
+192.168.0.102 GPS_NMEA(0) 2 u 3 32 377 0.926 -0.330 0.023
*192.168.0.192 GPS_NMEA(1) 2 u 10 32 377 0.747 -0.336 0.023
192.168.0.9 PPS(1) 2 u 3 32 377 0.757 6.559 0.161


○その他
・PC起動時には、システムクロックを計測してその後の動作の基準にしていますが、
CMOSバッテリ不足やハードウェアに何らかの異常があるととんでもない時刻を示すことがあります。(要修理です)
・BIOSの時計も起動時の初期時刻として使われてしまうので、ある程度合わせておいた方がいいです。

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハ...続きを読む

QDirコマンドでフォルダ内ファイルの合計サイズをだすには?(コマンドプロンプトにて)

いろいろ調べましたが不明な点があり、質問します。

WindowsのDOSプロンプトでdirコマンドを打つとフォルダ・ファイルの一覧が表示されますが、その中にファイルサイズが表示されています。
このサイズを合計できるコマンドはありませんか?
DIRコマンドのオプションを調べましたがそれらしいものが見当たりません。
具体的には
C:\xxx\配下に50個程度のファイルがあります。
その50個の合計サイズを知りたいです。
xxxフォルダの親フォルダにはアクセス不可です。

ずーっと悩んでいます。よろしくお願いします。

なお、OSはWindowsNTか2000で使用予定です。

Aベストアンサー

カレントドライブ、カレントフォルダを
C:\xxx\
にした状態で、

dir /s /a-d

/sパラメータででサブディレクトリすべてを検索
/a-dパラメータでディレクトリ以外のファイル(つまり属性に関係なくすべてのファイル

これを実行すると最後にファイルの個数とファイルサイズの合計を表示します。

もし、隠し属性のファイルは合計しないのであれば、

dir /s

だけで良いと思われます。

Qディスク上のサイズとサイズはどうして違うんですか?

ファイルのプロパティ「全般」タブに表示されている「サイズ」と「ディスク上のサイズ」は、どっちが本当のサイズなのでしょうか?
どうしてサイズが違うのですか?
メールでファイルを送るときは、どっちのサイズを見ればいいのでしょうか?
これについて詳しく解説しているページがあったら、それもぜひ教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「サイズ」はファイルの本当の大きさ、
「ディスク上のサイズ」はファイルが記録されているクラスタを合計した大きさです、
OSはファイルを幾つかのクラスタ(OSが管理するハードディスク上のブロック
の最小単位)を使ってHDDなどのメディアに保存します、

基本的に今のWindowsでは4KBのクラスタサイズで管理しているので例え1バイトのファイルでも「ディスク上のサイズ」4KBのサイズになってしまいます、
つまり常に「ディスク上のサイズ」の方が大きくなっているはずです、

メールに添付する場合は「サイズ」を確認するだけでOKです。

QRedhatのフルバックアップをできればリモートで取りたいです。

サーバのハードウェアメンテナンスのため、ハード故障に備え、バックアップをとりたいです。できればリモートがいいですが、無理ならローカルもありです。
sshとddを組み合わせてできたように思うのですが、具体的にコマンドの
書式はどんな感じになりますでしょうか?
詳しくないのでどう書いたらいいのかよく分かりません。
よければご教示下さい。

Aベストアンサー

やはり、先ほどのコマンドでディスクイメージバックアップが可能になるようです。
以下が実行したログになります。




前回指定したホスト名[ Earth ⇒ ynq16i ] [ Moon ⇒ r70efc ]に置き換えて下さい。


手順1
遠隔サーバの/rootにディスクをマウントし、ここをbackupディレクトリと仮定します。
念の為/rootをlsしてます。

[root@r70efc /]# df -k
Filesystem      1K-ブロック  使用  使用可 使用% マウント位置
/dev/hda3       1423864  749508  600860 56% /
/dev/hda1        93307   11129   77361 13% /boot
tmpfs          95288     0   95288  0% /dev/shm
/dev/hdd        126931   1612  118766  2% /root
[root@r70efc /]#
[root@r70efc /]# ls -l /root/
合計 28
-rw------- 1 root root 1066 11月 10 20:42 anaconda-ks.cfg
-rw-r--r-- 1 root root 8639 11月 10 20:42 install.log
-rw-r--r-- 1 root root 1155 11月 10 20:42 install.log.syslog
drwx------ 3 root root 12288 11月 26 08:03 lost+found
[root@r70efc /]#




手順2
主にバックアップしたいサーバから/mntを仮にマウント(ディスクにデータを書き込む為)
参考となるデータを入れてからはumountし、例のコマンドを実行。

[root@ynq16i root]# mount /dev/hdd /mnt/
[root@ynq16i root]#
[root@ynq16i root]# df -k
Filesystem      1K-ブロック  使用  使用可 使用% マウント位置
/dev/md2        7898008  2466128  5030680 33% /
/dev/md0         98907   5955   87845  7% /boot
none          128556     0  128556  0% /dev/shm
/dev/hdd        126931    13  120365  1% /mnt
[root@ynq16i root]#
[root@ynq16i root]# cd /mnt/
[root@ynq16i mnt]#
[root@ynq16i mnt]# ls -l /usr/local/c32/
合計 57404
-rwxr-xr-x 1 c32zu4ax c32 58709752 11月 16 00:13 ci3.0_l.bin
-rw-r--r-- 1 c32zu4ax c32   143 11月 16 00:25 errors.log
-rw-r--r-- 1 c32zu4ax c32   1127 11月 16 00:25 jinstall.log
[root@ynq16i mnt]#
[root@ynq16i mnt]# ls -l
合計 57574
-rwxr-xr-x 1 root root 58709752 11月 25 22:59 ci3.0_l.bin
-rw-r--r-- 1 root root   143 11月 25 22:59 errors.log
-rw-r--r-- 1 root root   1127 11月 25 22:59 jinstall.log
drwx------ 2 root root  12288 11月 25 22:57 lost+found
[root@ynq16i mnt]#
[root@ynq16i mnt]# df -k
Filesystem      1K-ブロック  使用  使用可 使用% マウント位置
/dev/md2        7898008  2466128  5030680 33% /
/dev/md0         98907   5955   87845  7% /boot
none          128556     0  128556  0% /dev/shm
/dev/hdd        126931   57575   62803 48% /mnt
[root@ynq16i mnt]#
[root@ynq16i mnt]# cd
[root@ynq16i root]#
[root@ynq16i root]# umount /mnt/
[root@ynq16i root]#
[root@ynq16i root]# df -k
Filesystem      1K-ブロック  使用  使用可 使用% マウント位置
/dev/md2        7898008  2466128  5030680 33% /
/dev/md0         98907   5955   87845  7% /boot
none          128556     0  128556  0% /dev/shm
[root@ynq16i root]#
[root@ynq16i root]# dd bs=1M if=/dev/hdd | gzip | ssh root@192.168.1.117 dd of=hdd.gz
The authenticity of host '192.168.1.117 (192.168.1.117)' can't be established.
RSA key fingerprint is c2:d9:10:e6:48:c0:67:76:02:ca:29:37:be:da:4c:06.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '192.168.1.117' (RSA) to the list of known hosts.
root@192.168.1.117's password:
読み込んだブロック数は 128+0
書き込んだブロック数は 128+0
114726+387 records in
114919+1 records out
58838838 bytes (59 MB) copied, 32.1091 seconds, 1.8 MB/s
[root@ynq16i root]#




手順3
遠隔サーバへUPされたかどうか確認します。
[root@r70efc /]# cd /root/
[root@r70efc /]#
[root@r70efc ~]# ls -l
合計 57715
-rw------- 1 root root   1066 11月 10 20:42 anaconda-ks.cfg
-rw-r--r-- 1 root root 58838838 11月 28 22:58 hdd.gz
-rw-r--r-- 1 root root   8639 11月 10 20:42 install.log
-rw-r--r-- 1 root root   1155 11月 10 20:42 install.log.syslog
drwx------ 3 root root  12288 11月 26 08:03 lost+found
[root@r70efc ~]#
[root@r70efc ~]# file hdd.gz
hdd.gz: gzip compressed data, from Unix, last modified: Tue Nov 28 22:58:45 2008
[root@r70efc ~]#




ホストynq16iの/dev/hddに書き込んだ内容とほぼ同等のサイズでホストr70efcに保存され
ddでのof指定ファイル名同様のgzファイルが出来たのですが
実際にはこのファイルは解凍できませんでした。

もしかしたらgzipコマンドはない方がいいのかも知れないですね。

やはり、先ほどのコマンドでディスクイメージバックアップが可能になるようです。
以下が実行したログになります。




前回指定したホスト名[ Earth ⇒ ynq16i ] [ Moon ⇒ r70efc ]に置き換えて下さい。


手順1
遠隔サーバの/rootにディスクをマウントし、ここをbackupディレクトリと仮定します。
念の為/rootをlsしてます。

[root@r70efc /]# df -k
Filesystem      1K-ブロック  使用  使用可 使用% マウント位置
/dev/hda3       1423864  749508  600860 56% /
/dev/hd...続きを読む

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む

QTCP/IPポートの最大接続数は

Web設計始めたばかりです。
基本かもしれませんが教えて下さい。
httpであれば80ポート、ftpであれば20ポートを
使って通信していますが
このポートへの接続数と言いますかアクセスできる
最大数でTCP/IPの規格またはOSで決まって
いるのですか。決まっていれば幾つ。
例えば1つのWebサーバに何万という利用者が同時に
アクセスしている状況ってhttpの80ポートを全員が
利用しているのですか。

Aベストアンサー

こんにちは
規格上の制約はありません。
主にServer のスペック(CPU/メモリ)に依存します。
実際の話となると、各ベンダー/SIer のノウハウの部分ですので、
そちらに確認される事をオススメします。

次に、利用するソケットでの制限(?)が考えられます。
以下のURL や”listen backlog”、”TCPソケット listen数”をキーワードに探してみてください。
http://www.kt.rim.or.jp/~ksk/wskfaq-ja/advanced.html

また、忘れてはならないのが、Server までの通信経路上のNW 機器の制約です。
特にFirewall やSLB といった機器は、
秒間の最大同時セッション数/新規セッション数などが仕様上決まっています。
ルータのスループット/パフォーマンスなどに注意が必要です。

その他、アプリケーション性能管理について参考になりそうなページを紹介しておきます。
http://www.empirix.co.jp/PlectureVol5/


人気Q&Aランキング