旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

こんばんは。

私は少年サッカーのコーチで現在4年生(来年度5年生)の担当です。

子供たちに持久力をつけさせたいと思い走り込みに工夫をしたいと思いました。



なぜそう思ったかというと、従来は10分間ただ走るというやり方でした。

しかし、速い子は良いのですがいっこうに速くない子は速くなりません。

JFAアカデミーのかたの言葉で「ただ走りこんでも意味がない、工夫が必要なんです」とおっしゃってました。

なのでJFAアカデミーの走り込みのやり方など検索したり書店で本を探したのですが見つかりませんでした。

なのでジュニア世代の走り込みについて詳しい方にお聞きします。

だいたい月にどのくらいのペースが良いか?(ちなみに週末練習です)

どのような工夫があるか?




ご回答よろしくお願いします<m(__)m>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

単純な走り込みは必要ありません。


2様同様、子どもたちが集中して、連続して動きがあるトレーニングを20分間かけて行うだけで十分です。

例としては、
基礎トレーニングの延長で出来る、
単純な動作で反復することがトレーニングの主となるパス&ムーブがいいでしょう。
子どもたちには、持久力トレーニングを兼ねているなんて思わせるようなトレーニングは必要ないです。
十分、体の向き、足の運び、受ける足、状況判断、要求の声、パスの質、動きだし等技術的に指導する項目はたくさんあります。
愉しみながら出来るトレーニングを考案されてください。
    • good
    • 1

技術的な観点から他の人がアドバイスしているので、僕は違う面から。



走り込みをしようとするなら、「試合で前半の得点は多いのだが、後半の失点が多い」などというデータを使ったりすることで、なぜ走りこみの練習をする必要があるのか?ということを子供自身が知ることがより自発的な、あるいは効果的な走りを生み出すのだ僕は思います。

ただただコーチが「走ればサッカーに負けんだろう」という考えのもとで、走り込みを考えているのならば、それは大きな危険だと思います。

そもそも練習というのは、前の試合でできなかったことを、次の試合で生かすために、克服するものだと思うのです。だから指導者はなぜこの練習をするのか?ということを常に論理的に説明できる力がなければ、行けないと思うのです。

この練習にたいした理由など無い、それについてこられない子供が駄目なのだという考えでは、残るのは大人に従順な子供だけでしょう。

そもそも子供が勝ちたいという気持ちが強くあるかどうかを、確かめることも大事だと思います。大人が上手になれ!と思うほど子供は上手になりたいと思っていない場合もありますからね。

週末しか活動していないという言葉から邪推しますと、対外試合は定期的にありますか?でないと先ほども書いたように、練習する動機が高くならないと思います。

たくさんの試合を経験していて、子供たちは勝ちたい、上手くなりたいという気持ちが強いチームでしょうか?そうでないのなら、走りこみよりもゲーム形式をたくさんやらせてやる、楽しいことを経験させて、体力をつけることのほうが本人たちの満足感や充実感は高くなるかと思いますよ。
    • good
    • 0

JFAアカデミーの走り込みのやり方というのは探してもないと思います。

走り込み=素走りはやらないからです。ボールありの練習だけでも強度(心拍数)を意識した内容・構成にできれば持久力も高めることできます。ハートレートという心拍数測定器でモニタリングできますが中学生で常時160を2時間キープすることができれば十分に持久力が高まるといわれています。
・したがって正論になりますが、走り込みよりも練習の密度を上げることを指導者はまず考えるべきです。定期的な休息は十分計画する必要がありますが、待ち行列で止まっている時間のほうが長いとか、ゲーム設定がコンパクトでないため歩いている時間の方が長いとかのありがちな非効率をなくしていく必要があります。
・そのためジュニアの間はできるだけスモールフィールドで、動き続ける、ボールを追い続けるオーガナイズの工夫の方が大切です。せめて素走りではなくてボールを追いかける要素を盛り込むことが選手のモチベーションにもつながります。常に全員が肩で息している状況を保ち、同時に短時間(1-2分)の休息を適切な回数織り交ぜるオーガナイズを考えるのは想像以上に大変ですが。
・なおベストなのは小学生なら強度の高い内容で30分前後の試合をやり尽くすことで、本当に100%を何試合も続けることは大人でもできません。メンバーにまんべんなく環境を提供する以外の意味はあまりありません。せっかく集まったからもったいないという大人の考えで何試合も設定しがちですが育成観点ではマイナス面も多いです。

このあたりが参考になると思います。
http://www.jfa-academy.jp/fukushima/boys.diary/2 …
http://www.jfa-academy.jp/fukushima/girls.diary/ …
http://blogs.yahoo.co.jp/nanyoclub/59337368.html
    • good
    • 1

こんにちは。


私が小学生だった頃の練習法です。

毎回の練習はじめのアップが終わり次第、グランドを何周(1kmくらい)かを全力で走ります。
(全員強制ですがスタートは同じではなかったです。)

当然、走力が無い頃はすぐにバテて歩くスピードよりも遅いくらいになります。

しかし全力での持久走を何度も繰り返しているうちに、バテずに目標の距離まで全力で走れるようになっていきます。

走力は、全力で走らなければ上がってきません。心肺機能に負荷をかけてなんぼです。

子供が自主的に全力で走れば問題ないですが、どのように全力を引き出すかがコーチの役目と思います。

指導頑張ってください。
    • good
    • 1

息子が所属していたチームの練習方法です。


県内の強豪チームとして有名です。

まず、土日の練習は、試合中心。
他チームとの試合がなければ、紅白戦。
とにかく、試合を大量にこなす。
15分・15分の試合を一日に5試合というとんでもない時もあった。

で、試合中は、とにかく、走って走って、走りまくる。
ボールがコートを出ることがわかっていても、
全力で追っかけて、すぐにリプレイする。
ゴールしたら、ボールは自分たちがセンターに戻して、
すぐにリプレイできるようにする。

シュートの練習でも、だらだらと歩かない。
次々にシュートをする。
シュートしたボールは、走って取りに行く。
なので、ゴールを決める、キーパーが取ると楽。
外すと、グランドの端まで走って取りに行かなければならない。

失敗は叱らないが、ダラダラとしていると、
叱責が飛び、試合中にそれをすると、即、メンバーチェンジ。

ボールタッチなどの基本的練習は、コーチが見て、
褒めて、修正点を指摘する。
修正点は、自主練で直す。
なので、短時間で終わる。

私の息子は、DF(センター)でしたが、
MFを追い越して上がることもあり、シュートを何本も
決めていました。
「DFがシュートを決めると目立つ」と自慢していましたから。
当然ですが、上がったからには、
戻る時は、全力で戻らなければなりません。
とにかく、試合中は走りまくっていました。

チームは、パスサッカーを中心として、
サイドチェンジを数多く使い、左右からのセンタリングで、
相手を崩して、シュートをする、という方針でした。

サッカーは、足が速ければうまくなる……
ということはありません。
足が速いのは武器ですが、そこにボールがなければ、
相手の選手を引きつけられなければ、何の意味もない。
逆に、足がそれほど速くなくても、
ボールの出所にちゃんといる、という選手が良い選手です。

パスが出てから走るのではなく、
パスが出そうだと思ったら、そこへ走る
パスが欲しければフリーになれるところへ走る
コーチが何度も、何度も言っていました。
それができない選手は、Aチームのレギュラーにはなれない、
そんなチームでした。

ちなみに、土日だけでなく、日ごろからサッカーばかりしていました。
Aチームのレギュラー11人中10人がトレセンメンバーでした。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q少年サッカーでの走り込みトレーニングについて

少年サッカー(U9~U12)のトレーニングに走り込みは必要でしょうか。

担当コーチさんやベテラン父兄さん方は、強豪チーム(地域レベルですが)は「走り込みをしているからここ一番に強い」などと言っておりますが、自分的には違和感を感じました。

走り込みの効果について、皆様のご意見をお願いいたします。

必要、不要、適度に必要などの回答があるかとは思いますが、その理由も教えてくださいませ。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

走り込みは効果があると思います。
しかし、弊害もあります。特に怪我の可能性が高くなります。オスグット病やセーバー病など。


怪我をしない選手が「いい選手」と言われます。
本当にサッカーの才能があふれていても幼少時の怪我のためサッカーを辞めてしまうことも多々あると思います。
それらのふるいを乗り越えて一流のプロが生まれるのかもしれません。でも怪我をしなければ凄いプレーヤーになった子も絶対にいるはずです。

走り込んで、鍛え上げて、ふるいにかけて、多くの屍の上に、強い子/強いチームを育て上げるのも、よいと思います。
個々人に適切な指導を行え(手間暇を掛けれ)ば、前述のオスグットやセーバーの発生を下げることもできます。

または、
将来を信じて、ユース世代にフィジカルを鍛える事を念頭に置いて、この年代でフィジカルは鍛えないで、技術・判断など個の力を磨き、ある意味チームとしての目先の勝負を捨てて子供達の未来の勝利を目指す、と言うやや曖昧なのもありだと思います。

いろいろな人がいろいろな立場で回答していると思いますが、結局はあなたの考え方次第だと思います。

個人的な意見としては、
しっかりと一人ひとりの力や成長度合い・疲労度合を見極め個別のメニューを組み立ててフォローが出来、なおかつあなた自身が子供たちを高みに連れていける自信があるのならば、走り込みはありだと思います。
なんか良く分からないけど走り込むと試合で勝てるなら、うちのチームも走らせておくか、って考えなら、絶対に走り込みはやめた方がよいと思います。

あなた自身が、子供の将来とサッカーについてどうなって欲しい?を、よくよく考えて、そこから逆算したトレーニングを計画したら良いと思います。

走り込みは効果があると思います。
しかし、弊害もあります。特に怪我の可能性が高くなります。オスグット病やセーバー病など。


怪我をしない選手が「いい選手」と言われます。
本当にサッカーの才能があふれていても幼少時の怪我のためサッカーを辞めてしまうことも多々あると思います。
それらのふるいを乗り越えて一流のプロが生まれるのかもしれません。でも怪我をしなければ凄いプレーヤーになった子も絶対にいるはずです。

走り込んで、鍛え上げて、ふるいにかけて、多くの屍の上に、強い子/強いチームを...続きを読む

Qサッカーで1試合走りきれるスタミナをつけるには、

サッカーで1試合走りきれるスタミナをつけるには、
どのようなトレーニングをしたらよいのでしょうか?
自分は持久走は速い方なのですが、試合になると前半くらいしか走れません。
これでは使い物にならないので、どうにかしたいです。
サッカーに詳しい方の回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。

まず貴方の年齢やどのポジションか分かりませんが、「1試合走りきれるスタミナ」をつけるには
様々なトレーニングが必要となります。

1.瞬発動作を繰り返し出来る力(ダッシュ、ターンなどの切り替えし動作)
2.一定した速度での持久力

これはサッカーでは必要不可欠だと思います。

しかし、サッカーは考えて動かねば、無駄な動きになってしまいます。

ですので、まず今のご自身のスタミナを把握し、どうしたら効率的に動くことができるかを
自分なりに分析してみては如何でしょうか?

貴方の文面からはあまり読み取れませんでしたが、「動きの強弱のバランス」が今は上手くとれて
いないのかな?っと感じました。

一番大事なのは周りの状況を常に観てプレーすること、また予測しておくことが大切だと思いますので、
まず、自分のポジションの役割を把握したらよいと思います。

Q少4 少年サッカーをやってる息子について

初めて質問させていただきます、こちらのカテゴリーではなかったらすみません
(>_<)

現在地域の少年サッカーをやっている小学4年の息子がいるのですが、
前回の練習に行った時コーチに、
「技術は学年で一番なんですが、これにスピードがついてくれば文句なし

と言われました(>_<)


ポジションはFW やMFの位置をやることが多いです。


息子本人は上の学年の試合に行く友達をみて羨ましく
思うそうで、
足がもっと早くなりたいと泣いて悔しがります(*ToT)



息子は私から見ても足は早いほうではなく、でもたまにリレーの候補に選ばれたり
するので普通ぐらいなのかな??と思います。!


なにか足が早くなれるトレーニングなどありますか??
小学生時代では筋トレなどは体の成長の妨げになるから
あまりさせない方がいいかもよ?と他のお母さん方から
聞いたこともありますが、無理にさせない方がいいので
しょうか!?

それかもっとサッカーの技術を磨かせた方がいいのでしょうか。。

親が無知なもので、あまりいいアドバイスしてあげられなく困ってます(*ToT)


ちなみに身長135センチ、体重31キロの少しぽちゃっとした
感じです(>_<)太ってはいないです。

ご回答おまちしてます!!

初めて質問させていただきます、こちらのカテゴリーではなかったらすみません
(>_<)

現在地域の少年サッカーをやっている小学4年の息子がいるのですが、
前回の練習に行った時コーチに、
「技術は学年で一番なんですが、これにスピードがついてくれば文句なし

と言われました(>_<)


ポジションはFW やMFの位置をやることが多いです。


息子本人は上の学年の試合に行く友達をみて羨ましく
思うそうで、
足がもっと早くなりたいと泣いて悔しがります(*ToT)



息子は私から見ても足は早いほうではなく、でも...続きを読む

Aベストアンサー

少年サッカーの指導をしている者です。

足が速くなるトレーニングですが、サッカーではトップスピードが速いより、初速が速い子の方が強いです。
足の速さは元々の子供の成長具合によるところもあるので、今は瞬発力を付ける練習(左右ステップ、反転ダッシュや、バックステップなど)をすれば良いと思います。
今は筋力を付けることより、筋肉のバネを使った体の使い方を覚える練習をした方が効果的だと思います。

ちなみに子供のスピード系の筋肉が発達し始めるのは、主に中学生になってからです。
たぶん現状でも人並みのスピードがあるのは、サッカーで基礎的な力がついているからだと思います。ちゃんとした基礎ができていれば、中学になってからぐんと伸びる可能性もあるので、今は焦る必要はないと思いますよ。

特に小学4~5年の間は、子供によって体の成長が著しく異なります。
スピードや運動能力は体の成長の度合いに大きく左右されてしまいますから、どうしても差が生じてしまうのはある意味仕方のないことだと思ってください。
お子さんの技術は必ず未来に生きてきますので、目先のことにあまりとらわれず、今は子供が自信を失わないようにケアしてあげてください。

ちなみに子供は4~6年生でゴールデンエイジを迎え、この時期に運動に必要なほとんどの技術を習得することになります。
そして6年生中盤頃から体の急激な成長期を迎え、この時期は一時的に体が不安定な時期に入ります。この間は、成長の度合いに神経がついていけず体を動かすときのバランスが崩れてしまうことがあります。なので一時的に下手になったと錯覚することもあります。
この成長期を終えると、体が本格的にできあがってきます。
基本的には筋力を付けたりするのはそれからです。

今は体力的にも運動能力的に劣っている相手にも、ここで大逆転が起きることがあります。
基本的に体が早熟の子は、むしろスピードや運動能力に頼ってしまいがちで、本来ゴールデンエイジでやるべき技術の習得や体の使い方が疎かになり、この成長期に一気に追い抜かれてしまうことが良くあります。

つまり、ご質問者様のお子さんは、むしろ丁度良い成長を遂げていると前向きに捉えても良いと思います。
今の時点でスピードや運動能力に頼らず技術に磨きをかけられると言うことは、それだけ未来に大きな可能性をもたせてくれると、そう思ってください。

確かに現状は8人制サッカーが主流ですから、正直サッカーセンスのある子より、とにかく運動能力の高い子、特に足の速い子が有利であるのは確かです。
8人制サッカーでは、足の速かったり運動能力が高い子が勝ち負けを左右してしまう状態です。
なので、小学生の間はご質問者様のお子さんにとっては少し辛い状況が続くかも知れません。

ですが、11人制サッカーになると、たぶんご質問者様のお子さんのような技術やセンスのある子が生きてきます。
このゴールデンエイジの時期に、スピードや運動能力に頼りすぎて、ちゃんとした技術を身につけられなかった子は、むしろ置いていかれます。

わたしは、ご質問者様のお子さんのような選手が好きですよ。
将来が楽しみですね。

ご参考まで。

少年サッカーの指導をしている者です。

足が速くなるトレーニングですが、サッカーではトップスピードが速いより、初速が速い子の方が強いです。
足の速さは元々の子供の成長具合によるところもあるので、今は瞬発力を付ける練習(左右ステップ、反転ダッシュや、バックステップなど)をすれば良いと思います。
今は筋力を付けることより、筋肉のバネを使った体の使い方を覚える練習をした方が効果的だと思います。

ちなみに子供のスピード系の筋肉が発達し始めるのは、主に中学生になってからです。
たぶん現状...続きを読む

Q小4年生のトレセンなどの選考のポイントって?

来週、小学校4年生の息子がトレセンの選考会に参加させていただくのですが、選考員の方々の見るポイントとはどのようなところにあるのでしょうか?またサッカー素人のオヤジとしては「知らない子ばかりだろうし、これから試合とかで顔を合わすのだから、友達を作れば^^」程度しかアドバイスが浮かびません。当日、何と声をかけてやればよいのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

見るポイントはいろいろ有りますが、いずれにしても来週の話なので今からやれることもほとんどないでしょう。また、見る側も限られた時間の中で見極めることに限界があることも承知しています。
トレセンとなると、慣れない環境の中で知らない選手と一緒にプレーする訳です。他の選手も同じことです。大事なのは、その中で萎縮して埋もれることなく、のびのびといつもどおりのプレーをすること。
またトレセン制度はこの先もずっと続くセレクションの連続であり、今回はその第一歩なわけですから、上の環境へ行っても大丈夫な選手かどうかというのも大事な要素です。
そういう意味では、大きな声を出してリーダーシップを取り、周りの選手を引っ張っていくようなプレーが出来る選手はとても好印象に残ります。

でも実際に私(一応JFA公認C級コーチ資格保有です)がひと声かけるとしたら。。。
「思いっきり楽しんでこい!」ですかね ^^;

Q少年サッカー(コーチの考え)で悲しいです。

息子のサッカーチームのコーチの考えに泣き寝入りしています。

息子は小学生入学と同時に現在のクラブチームに入団しました。
現在、5年です。

息子の性格は内弁慶で、お世辞にも親の目からも上手いとは言い難いですが、ほとんど休むことなく通い続けています。
地区外のチームで、他校の友達が出来て嬉しい、サッカーも大好きだと…辞めると言うことも無くここまで来ました。

そのクラブチームは、この辺では一目置かれるような強豪で、だからと言ってセレクションがあるとか、紹介や引き抜きばかりとかではありません。会費を払えば誰でも入れます。

さて、前置きが長くなり申し訳ありません。

試合に出して貰えない悲しさが募ってまいりました。

フェスティバルのような全道がかかっていない試合すら出してもらえません。
例え出れても3分がいいほどです。

先日も息子の学年13名と下の学年7名登録された、第三ピリオド(第一と第二は同じ選手が出てはいけないルール)制、12分ハーフ?の試合が先日行われました。
下の学年の男の子は5年大会などに登録される3,4名以外は、初お目見え…
いつもいつも、点差が開かない限り1日四試合しても、5試合しても出して貰えない息子。
今回ばかりは…と、少しの期待をしていたところ。
第一は5年レギュラーと誰だろう?的な下の学年の男の子。第二も同じ。
レギュラーの残りのメンバーを全て四年で補ったのです。

我が家の息子と残りの三人(全て5年)の計四人は、毎回毎回ベンチで、今回も交代すらさせてもらえませんでした。
親同士では毎回固定だね…と、悲しさで溢れます。
正直、嫌われてるね…とさえ出てくる始末です。

新しい子どもが入団しても、4年が入ってもその子どもたちだけスルーされ、あげく「今日の試合では、随分とレベルアップしたように感じます。」と、出た子どもだけ上手い子どもだけを誉めて、出てない子どもに対しては何も無し。

練習の時点で試合に出る出ないの選手を分けていて、試合に行く前から凹みます。

そもそもが、息子と同じ補欠の補欠だったコーチ(現トレセン代表コーチ
)のお子さんがトレセンメンバーに入ってから、チームと言うかコーチの選手の使い方がおかしくなって来た気がします。

突然のスタメン、フル出場…もちろん試合中、どれだけ自分の息子の名前を呼ぶんだ?くらい、指導や怒鳴り声。
だからと言ってここ一番の試合はスタメンですらない。

そして、チームの取締役から「実績」問題を追及され。
多のお母さんたちからは、そのコーチが見てから弱くなったまで言われ。

子どもたちへの愛情は見えず(ボランティアコーチですが、小学校教諭です)、勝利至上主義、自分の勝ったと言う実績を残したい!
そればかりが見えてしまいます。

すみません…
愚痴になって、そして止めどなく出てきそうですので、この辺で質問させてください。


息子は、辞めたくないと楽しいと泣きますが、同時に試合に出して貰えないとも泣きます。
親も朝から夕方まで手伝い、我が子の為と協力を惜しまないで来たつもりですが、虚しさで昨日の息子の出ない試合は見てて初めて泣けてきました。

サッカーのお陰で弱かった体も今では風邪も引かないくらいに丈夫になり感謝しています。

それを差し引いても、虚しさで悲しさでいっぱいなのです。

やりたいと言う以上、やらせていこうと思いますが、この虚しさの方向転換(気持ちの持ち方)
がありましたら、教えていただきたくご質問させていただきます。

長々と大変失礼いたしました。

読んでいただきありがとうございました。

息子のサッカーチームのコーチの考えに泣き寝入りしています。

息子は小学生入学と同時に現在のクラブチームに入団しました。
現在、5年です。

息子の性格は内弁慶で、お世辞にも親の目からも上手いとは言い難いですが、ほとんど休むことなく通い続けています。
地区外のチームで、他校の友達が出来て嬉しい、サッカーも大好きだと…辞めると言うことも無くここまで来ました。

そのクラブチームは、この辺では一目置かれるような強豪で、だからと言ってセレクションがあるとか、紹介や引き抜きばかりとかではあ...続きを読む

Aベストアンサー

家の息子は、大人数のチームに居ました。
A、Bチームがあり、レベルに応じて試合に出ることは出来ました。

ただ、そんなレベルに左右されたくない子は、少ないチームに移籍しました。
少ないので、レベルいろいろで、とにかく勝てないけど、それなりに一生懸命にやるチームです。
それはそれなりに、良かったのでしょう。

息子は、ちょうど中間レベルなので、人数によってはBに行ったりしていました。
Aのベンチに入って応援と言う事もありました。

でも、レベルの高い子達に混じって練習をすると、やはり楽しいと言う事もあったので、そのまま卒業まで通い、中学は部活でサッカーをしました。

今は、22歳ですが、今だにサッカー部の先輩と、フットサルを趣味としてやっています。
好きなら、まだこれから先に、出番はやって来ます。

中村俊輔も高校時代は、使ってもらえなかったとか。

親は実際問題とても悲しいですが、本人がもっと試合に出たいのか、出られなくても今の友達とここでやりたいのか。

他を探してみてから決めるのも良いかもしれないですね。

サッカーが好きなのか、サッカーをやっている友達と遊ぶのが好きなのか。
子供の性格にもよりますね。

家の息子は、大人数のチームに居ました。
A、Bチームがあり、レベルに応じて試合に出ることは出来ました。

ただ、そんなレベルに左右されたくない子は、少ないチームに移籍しました。
少ないので、レベルいろいろで、とにかく勝てないけど、それなりに一生懸命にやるチームです。
それはそれなりに、良かったのでしょう。

息子は、ちょうど中間レベルなので、人数によってはBに行ったりしていました。
Aのベンチに入って応援と言う事もありました。

でも、レベルの高い子達に混じって練習をすると、やはり...続きを読む

Q小学生のサッカーって何が大事なんですか?

みなさん、こんにちは。
小5の息子のサッカーで相談です。
小1から学校のサッカークラブに入部し、これまで来ています。
小1、2年生の頃は楽しくやっていたようですが、小3から
ポジションがDFになり、その頃からだんだん楽しいと思えなく
なってきたようです。
それでも常にレギュラーに選ばれ、市の大会でも優勝するなど
チームとしての戦績は良いほうだと思います。
ただ最近は「学校のサッカーはつまらない」「もうやめたい」と
言い出しました。
理由は、
 ・DFばかりでつまらない。たまには前のポジションをやりたい。
 ・コーチが上手い子ばかりFWやMFにする。あまり上手くない子、
  おとなしい子は守備的ポジションばかりやらされる。
 ・コーチは上手い子の父親で、ひいきしている。信用できない。
です。
私から「それとなくコーチに言って上げようか」と言うと、
「それだけは絶対にやめてくれ」
「ではコーチに自分の意思を伝えたら?」と言っても
「それもいやだ。」と頑なです。
サッカー自体はすきなのですが、今のサッカーの環境が我慢できないようです。
息子は練習も今までまじめにやってきたし、自分のポジションを一生懸命やっている姿を見ると、なんとかサッカーに楽しむようにしてあげ
たいと思っています。

コーチに相談することは何回も考えましたが、息子を裏切るようでしておりません。コーチは練習試合を数多く組むなど熱心に教えてくれると思うのですが、確かにポジションは固定的(キーパーの子も小3からずっとキーパーです)だし、勝ち負けを優先しているようです。
私は小学生の頃は勝ち負けよりサッカーの楽しさ、すばらしさを教えること。いろんなポジションを経験し、一通りやってみることが大切と思っております。

息子によると、「守備的なポジションをやっているあまり上手くない子は、みんなやめたいと言っている」だそうです。
みなさま、このような経験はございませんか?
どのような対策を取ったら良いと思いますか?

みなさん、こんにちは。
小5の息子のサッカーで相談です。
小1から学校のサッカークラブに入部し、これまで来ています。
小1、2年生の頃は楽しくやっていたようですが、小3から
ポジションがDFになり、その頃からだんだん楽しいと思えなく
なってきたようです。
それでも常にレギュラーに選ばれ、市の大会でも優勝するなど
チームとしての戦績は良いほうだと思います。
ただ最近は「学校のサッカーはつまらない」「もうやめたい」と
言い出しました。
理由は、
 ・DFばかりでつまらない。たまに...続きを読む

Aベストアンサー

単にポジションの好き嫌いや上手いか下手かが問題という訳ではなく、(文中でお子さんが言っている様に)環境や指導者に満足できてないのでサッカー自体がつまらなくなってしまっているのでしょう。あまり簡単な問題ではないと思います。

私も小学生の時に一部の親グループと指導者が指導方針について対立し、チーム内が分裂するという事態に陥った時期があります。当事者のコーチを慕っていたという事もあり私自身サッカーが全く楽しくなかったですし、後々成長してから友人とこの話になると、1人はその1件でショックを受けサッカーをやめようと考えていたらしいです。
また対立した一部の親グループのさらに一部とは、子供の我々まで冷めた関係になり、もし今会ったとしてもニュートラルな対話は出来ないと思います(大人気ないですが、それほど大きな問題だったという事です)。

と話はそれましたが、上記の一件があったからかは解りませんが、僕は環境という面はとても重要だと思っています。大人であれば自分から環境を変えられますが、子供の場合は自分からは行動できないでしょう?
さらにコーチを信頼出来ていないという事で、私の時よりも心の支えが少ない訳ですから、とてもかわいそうな境遇です。

私の結論としては環境を変えるべきだと思います。親に自分から不満を言ってくる位であれば、サッカーが本当に好きなんでしょうし、(大会での優勝経験もあると言う事で)チームが勝つ喜びも知っていますからサッカー自体を辞めさせるのは時期尚早でしょう。冒頭でも書いたとおり、根本的な問題は環境面ですから。

具体的にどうするかと言えば、まずは近隣校のサッカークラブが出てきますね。現在とそれほど練習時間も変わらないでしょうし、基本的には移動面でも問題は少ないと思います。
ただ、そこでもコーチの方針などの問題が出る事は有り得るでしょうし、今の学校の子と関係が悪くなってしまう可能性も無い事は無いでしょうね。

または所謂サッカースクールに通うという選択肢もあります。有名なクーバーコーチングや、Jリーグクラブのスクールなどです。ここならば、より専門的なコーチがいますし「まずは楽しむ」という方針が根底にあるので、現在お子さんが悩んでいる問題はほとんど解決されるでしょう。
こちらの問題点は場所が家の近所ではない場合も有るので、移動面で親御さんの協力がより必要になるという事です。また練習時間が少なくなる事も考えられますね。
それよりも一番の問題点は真剣な舞台でのサッカー大会(小学生で言えば招待試合や全国大会など)や試合があるのか?という事です。あくまでも私が行っていた所がという話ですが、基本的に"スクール"なので真剣勝負の試合は有りませんでした。大半の子はスクールとは別に地元のサッカークラブやユースチームに所属しているので問題ないでしょうが、スクール一本となるとお子さんとしてみれば物足りないでしょうね。

いずれにせよリサーチが必要ですね。とりあえず何箇所か目星をつけて、お子さんを一緒に連れて行き見学してみてはいかがでしょう?

最後に。私は環境を変える事をオススメしましたが、このまま残るという選択肢もあることは忘れないでください。言っても5年生ですから精神的にもまだ脆いです。環境を変えるという事はそれなりにリスクも伴います。また、よく考えればあと1年と半年くらい経って中学生になり環境も変わりますから、それまで心のケアをしつつ頑張らせるという事も良い手です。
とにかく、親がどうしたいかと言う事よりお子さんの事を一番に考えて、色々な可能性を示してあげてください。pparkさんなら心配は要らないと思いますけどね。

長文になってしまい、申し訳無いです。サッカー好きとして、お子さんが楽しくサッカーが出来る事を願います。

単にポジションの好き嫌いや上手いか下手かが問題という訳ではなく、(文中でお子さんが言っている様に)環境や指導者に満足できてないのでサッカー自体がつまらなくなってしまっているのでしょう。あまり簡単な問題ではないと思います。

私も小学生の時に一部の親グループと指導者が指導方針について対立し、チーム内が分裂するという事態に陥った時期があります。当事者のコーチを慕っていたという事もあり私自身サッカーが全く楽しくなかったですし、後々成長してから友人とこの話になると、1人はその1件で...続きを読む

Qサッカー やっとけばよかった自主練(自主トレ)

お願いします。

小学生の息子がサッカーをしています。

サッカー経験者の方にお伺いしたいのですが、
大人になってから「小学生の時にもっとやっとけばよかった~」と
思う自主トレはなんでしょうか?

また、自主トレ以外でも、サッカーがうまくなるためにやっとけばよかった事
(食事面やフィジカル面、生活面など)などがあればお話しいただけますでしょうか。

ちなみに息子はリフティングと、腕立てを一生懸命やっているのですが、
方向性としてあっているのか自信もなくて、皆さんの経験からのご意見を
お教えいただけますでしょうか。

お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。 他回答様に付け加えると、
足裏でのコントロール。ボールを引いたり横に転がしたりです。
やっときゃ良かった!出来ると大違いです。 「スーパージンガ」というテクニックの、巧い子の動画に出てるかも知れません。 リズム感と、自然な筋力も付くと思います。リフテの後にでもやりましょう。
 重要なのはボールと戯れる事。 メッシやロナウジーニョ選手は小さい頃から、犬と一緒にボールを追い回してたそうです。
 ダンス! 今主流はヒップホップでしょうが、それだけでなく、サンバとかの、ちょっと複雑なポリリズムのヤツ。 ブラジル人は皆踊りますね。 最初は決まったステップでも良いですが、サッカーの為にはもっと自由で適当な感じ、。状況に即座に対応する為です。
 ボクサーステップというのが一番かな。 前後左右、柔軟に動けて、リズム変化にも付いていけるようなトレーニング。
 本来は外での色々な遊びで身に付けるのが良く、自然と体幹筋も付いたのですが、今は木登りとかも難しい環境でしょうね。ぶら下がったり逆立ちしたりの三半規管のバランス感覚は重要です。
 成長期にはトレーニングであまり筋力付けない方が良い、私は走り込みで成長阻害されました。 高学年なら心肺機能向上の為の持久走、たまにならやって良いのですが、頻度は専門家に聞いて下さい。
 あと、他のスポーツ。欧米のクラブでは、ユース世代には複数やらせます。やらないまでも、見て興味を持つこと。 元日本代表のオシム監督は、バスケやチェスや数学からも戦術取り入れてたと伝記に書かれてます。 サッカーフィールドでは自分でパス等の戦術を、とっさに考えるクリエティビテが必要であり又、フェアーでタフなメンタルや、チームメイトや敵への敬意も必要ですので、勉学もある程度は重視されます。ご参考までに、。兎に角、楽しむ事でしょう。

こんにちは。 他回答様に付け加えると、
足裏でのコントロール。ボールを引いたり横に転がしたりです。
やっときゃ良かった!出来ると大違いです。 「スーパージンガ」というテクニックの、巧い子の動画に出てるかも知れません。 リズム感と、自然な筋力も付くと思います。リフテの後にでもやりましょう。
 重要なのはボールと戯れる事。 メッシやロナウジーニョ選手は小さい頃から、犬と一緒にボールを追い回してたそうです。
 ダンス! 今主流はヒップホップでしょうが、それだけでなく、サンバとかの、ち...続きを読む

Qサッカーのポジションについて(小学生)

みなさんこんにちは

小学2年生の息子が学校のサッカークラブに所属して、サッカーに熱中しています。ここ2回ほど対外試合に出場しているのですが、コーチからDF(右サイドと中央)を任されました。本人はMFをやりたいらしく、DFはやりがいがないと言っております。

私からは、「ポジションは固定されたわけでなく、いろいろなポジションをこなすことで経験が積める。またDF(特に中央)を任されているのはコーチから信頼されている証拠だよ」と言っているのですが、私自身はサッカーの経験は無く、それでよいのか今ひとつ自信がありません。
こういった場合にどのようなアドバイスをしたら良いいのでしょうか。またそもそもFW,MF,DFの適性ってどのような要素があるのでしょうか。
お教えいただけると幸いです。

ちなみに息子は、体格は大柄でガッチリ型、足は学年で3番目くらいに速いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

体格は大柄でガッチリ型、足は学年で3番目くらい。
サッカーに(限らないかもしれないですが)向いた体型じゃないですか。私も体は大きいですが足はそれほど速くなかったので羨ましい限りですね。
現代のサッカーは守りがまず基本です。昔は攻めが基本でしたが。
私も同じように小学生の頃はDFをやらされていました。理由は単に体が大きいからだったんだと思います。
私もMF(ハーフ)やFWをやりたいなぁと毎日思っていました。多分お子さんも同じ気持ちなのだと思います。

FW、MF、DFの特性は、少年サッカーの場合は(よほど強豪チームでない場合)、結構単純だったりします。
体の大きい子はDFに回されやすいです。1:1も強ければ尚更ですかね…。MFはボールのキープ力、視野、走力パス精度等受け持つ場所ごとの仕事の分担やその量も多いのでオールマイティor何か特化した能力(走力や視野の広さ等)を求められます。
FWもMFと同じように何かに特化していると置かれやすいですね。それ+得点能力も必要ですが…。

私からお子さんへアドバイスするならば、監督は何も適当にポジションを選んでいる訳ではありません。チームを限られたメンバーで構成した際にDFに適任していたわけです。
レギュラーなのかは分からないですが、もしそうであるなら任されていることを誇りに思うべきだと思います。現代のサッカーで大事なのは全員攻撃全員守備の意識の高さです。
DFだからといって守りだけすればいいってわけではないし、得点するチャンス、得点を演出するチャンスはいっぱいあると思います。ボールを奪った後のロングフィードやセットプレーで点数を狙ってみたりとか。
チームが変わればポジションが動く可能性も大きいです。その時に今DFをやっている経験は必ず生きてきます。だから放りなげるのではなく頑張るべきだと思います。
まとめきれず長くなってすいません(;´Д`A ```

体格は大柄でガッチリ型、足は学年で3番目くらい。
サッカーに(限らないかもしれないですが)向いた体型じゃないですか。私も体は大きいですが足はそれほど速くなかったので羨ましい限りですね。
現代のサッカーは守りがまず基本です。昔は攻めが基本でしたが。
私も同じように小学生の頃はDFをやらされていました。理由は単に体が大きいからだったんだと思います。
私もMF(ハーフ)やFWをやりたいなぁと毎日思っていました。多分お子さんも同じ気持ちなのだと思います。

FW、MF、DFの特性は、少年サッカー...続きを読む

Q小4の練習量について

 子供(小学4年)のサッカーの練習量について悩んでいます。現在は週4日サッカーチームで1日2時間30分の練習をしています。それ以外でスポーツクラブで週1回(1時間)をしています。これにさらにもう1日スポーツクラブの練習を足そうか足すまいか悩んでいます。スポーツクラブの1日はゲーム形式の楽しくするサッカーで楽しんで行ってます。もう1日追加するのも最近新たに個人技の練習が新設され、体験したら子供が行きたいと行ってます。
 子供は、これだけ練習しても楽しいようです。しかし子供の成長上?疲労性のケガが怖いと親は思っています。
 また、子供は現在5年生チームに参加しており、体力等は5年と変わりません。このような感じなのですが、練習を1日増やしてもいいものでしょう?

Aベストアンサー

はっきり言わせて言わせていただきます。もし子供の体を本当に考えているのなら、やめてください。週4日でも多いくらいです。ほんとにお子さん体こわしますよ??若い時にテクニックが覚えやすいからといって無理させてはいけません。あと一つ。お子さんがやりたいと言っているのでしょうか?是非、下の所のQ2を読んでください。他にも沢山いいところがあるのでのせときます。

参考URL:http://www.orth.or.jp/hospital/sports/mokuzi.html

Qジュニアサッカー(小学5年生)の県トレセンについて

小学5年生の息子が地区トレセンに選ばれており、今度、県トレセンの選考会に参加することが決まりました。県トレセンに合格するために特に必要なスキル(地区トレと県トレの違い)や秘訣等をご教授願えませんでしょうか。

所属チームの練習に加え、ほぼ毎日の朝練等、頑張っている息子に、県トレセン合格という結果が出ることを親として望んでいます。

どんな些細な意見でも構いませんので、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

今から練習して劇的に変わることも難しいと思いますし、技術的には充分なものがあるからそこまでこれたのでしょうから一般論として。
県トレレベルにもなると回りはうまい子しかいません。ある意味では皆お山の大将ばかりです。そういうメンバーの中で、しかもほとんどが初顔合わせの中でいかに自分の存在を出せるかはとても重要です。
指導する側も限られた時間の中で判断するわけですから、ある程度目立つ事も大事です。
という観点で、私が感じていることを書いてみます。

・積極的であること
 待っていては誰も指名してくれません。自分からアピールしないと誰も見てくれないくらいのつもりで。

・ひとつひとつのプレーを諦めずに最後までやり遂げること。
 思い通りに行かないからといって投げやりなプレーをするとすぐ見切られてしまいます。

・初顔合わせの中でもコミュニケーションが取れる(取ろうとする)こと。
 フィールドの外においてもです。そういうところから見られています。

・そして、なれない環境の中で自分がすべきプレーを早く見つけること。
 お子さんのポジションやプレースタイルにもよりますが、このチームにはストライカーがいるけどパサーがいない、とか、負けていて沈みがちなムードを察知して積極的に声を出して鼓舞する、など、状況を判断して自分をチームのために生かすことができる子は(めったにいませんが)貴重です。


もちろん技術があることが大前提ですが、そこに上記要素が備わっていればナショトレも夢ではないと思います。
そして最終的には「自己管理」です。

今から練習して劇的に変わることも難しいと思いますし、技術的には充分なものがあるからそこまでこれたのでしょうから一般論として。
県トレレベルにもなると回りはうまい子しかいません。ある意味では皆お山の大将ばかりです。そういうメンバーの中で、しかもほとんどが初顔合わせの中でいかに自分の存在を出せるかはとても重要です。
指導する側も限られた時間の中で判断するわけですから、ある程度目立つ事も大事です。
という観点で、私が感じていることを書いてみます。

・積極的であること
 待っていては...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報