「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

台湾旅行に行くなら台北と高雄どちらがおすすめでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

これは人によって好みが違いますから一概には言えません。


東京と大阪とどちらが好きですかというようなものです。
ただ町の大きさや見るところの多さということでは台北のほうがかなり上でしょう。
たとえば故宮博物館だけでもその展示物のすごさには驚きます。
また台北101や中正記念堂などの見どころもあります。
その代り自然の良さはほとんどないですね。
高雄は周囲が海で天気が良ければ青い海は見事です。旧英国領事館からの眺めなどたいへん素敵です。
でも量的には1日で十分でしょう。

私はどちらもよいと思いますが、片方だけ行くということならやはり台北でしょうね。
    • good
    • 1

どちらがお勧めでしょうかと質問されているということは、初台湾ですか?


ならば台北がお勧めです。

理由
1.高雄より各地からの就航便が多く、良い条件で航空券が取れる可能性が高い
(パッケージツアー利用なら、台北のみの方が遥かに選択肢が多く、
首都圏発なら羽田~台北松山線は圧倒的に便利)
2.台北市内の観光地+淡水、陽明山や北投、烏來の温泉、九份など郊外にも
公共の交通機関で気軽にいける
3.宿泊施設の選択肢が圧倒的に多い

皆様回答されているよう、台北と高雄は全く違う趣の街です。
初台湾なら1観光客として動きやすいという意味で台北を推しましたが、
質問者さんのご興味次第では高雄の方が良く感じる可能性もあります。

観光局のサイトやガイドブックを参考にするのが良いと思います。
台湾の行政が作っているサイトは、日本語がやや怪しい所もありますが。
台湾観光局
http://jp.taiwan.net.tw/
台北
http://www.taipeitravel.net/jp/
高雄
http://khh.travel/ja/
台北ナビも結構参考になると思います。こちらはちゃんとした日本語です。

参考URL:http://www.taipeinavi.com/
    • good
    • 2

全く違いますから簡単です。


東京か大阪と九州の宮崎くらい違います。
買い物とか飲食 エステとかなら台北 高いビルとかあって人工物が面白い感じ
リゾート気分でリラックスなら高雄です。奇麗な自然を楽しむ感じ
高雄の近所にカンツンというマリンリゾートがあって海の色は北部とは違います。
秋葉原とか好きなら台北
鎌倉とか沖縄が好きなら高雄

私なら高雄
    • good
    • 3

高雄でしょうね。

台北から新幹線でも良いし直接飛んでも良いですが、台北は帰りに1日観光すればいいのではないですか夜の屋台で一杯も良いですがやばい所はいかないようにね・・
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q台湾とシンガポールではどっちがいい?

9月上旬に、女2人で台湾かシンガポールに行きたいと思っています。(3泊4日or3泊5日)

どちらの方がオススメでしょうか?

物価はシンガポールの方が安いのでしょうか?
英語は台湾ではあまり使えないのでしょうか?

どちらがいいか、の他にもこの2国の情報、体験談、その他なんでも教えてください。
今のところ、まったく無知です(笑)

Aベストアンサー

台湾には3回(うち2回は南北縦断しています)、シンガポールには5回(トランジットのみは含めず)行っています。

私も台湾をお勧めします。
理由は重複もありますが、以下の通り。

1.飛行時間。
シンガポールも安近短の渡航先に十分入りますが、飛行時間は確か6時間くらいかかったはずです。
短い旅行であれば、こういった数時間の差ももったいなく感じます。

2.町並み。
シンガポールの町並み(観光客が行くエリア)は非常にきれいです。
整然としたビルが立ち並びます。
それがむしろ私には「つまらなく」感じます。
もちろん、街がきれいなことは旅行者にとっては嬉しいことですし、街路樹などは十分南国を意識させますが、東南アジアの中ではエキゾチックさを感じさせない国だと思います。

3.いやでもシンガポールには何度も行く。
まさに私がこれです。
南アフリカに行く際のフライト調整、バングラディッシュに行く際のフライト調整、ビジネストリップ、クルーズツアーの寄港地....
私がシンガポールに行きたくて行ったのは1回だけです。
東南アジアの中心都市であり、空路でも重要なHUB空港になっておりますので、今後海外旅行を重ねる中で何度も行くチャンスは訪れると思います。

4.親日
台湾は一般に親日国と言われてますし、それを感じることができます。(日本は過去侵略した歴史がありますし、近年では台湾の国家承認を取り消し中国と国交回復した訳ですが、その寛容の精神には感服します)。
一方、シンガポールは決して親日国ではありません。
観光、貿易で生きる合理的な国ですので、旅行者がそれを肌で感じることは少ないかもしれませんが、シンガポールの過去の日本の侵略戦争に対するスローガンは「許そう、しかし忘れまじ」だと聞いています。
WW2に関わるモニュメントで、法律では禁じられている唾吐きをしている老人を見た人もいます。

5.故宮博物院
台北にある同院、一見の価値ありです。

6.食事はどっちもどっちかもしれません。
私は中華料理が大好きなので台湾に行ったら食べまくる人間ですが、シンガポールにもおいしい中華料理はいくらでもありますし(基本的に華僑の国ですから)、それ以外にインドネシア料理など多彩なアジア料理が楽しめます(フードコートが良いかもしれません)。

7.ショッピング。
台湾にもありますが、シンガポールのメインストリートには大型デパートがどーんと立ち並びます。
ブランドショップなどを見て回るのが趣味であれば、シンガポールに分がありそうです。

8.英語。
台湾でも美国語(アメリカ語)はブームですので、日本人以上に都市部では英語が話せる人が多いかもしれませんし、英語同様に日本語は人気言語ですので、過去の不幸な歴史ともあわせ、観光地には日本語が話せる人が予想以上に多いことに気づくと思います。
漢字圏でもありますので、英語、日本語、漢字の3つを駆使すれば、台湾で意思の疎通に苦労することはそれほどないと思います。
一方シンガポールは、早くから英語の教育を受けていますので、英語の習熟率は非常に高いと思います。
英語で意思の疎通ができるのであれば、問題はない国だと思います。
そもそも英語も公用語のひとつになっていたはずですし。

最後に。
「シンガポールには行くべきではない」との趣旨ではありません。
一度も行っていないのであれば、十分に楽しむことができる国だと思います。
敢えてこの2つで選ぶとしたら、私なら台湾、という程度です。


9月上旬に私もとある東南アジアの国へ行きます。
もしかしたら空港ですれ違うかもしれませんね。

台湾には3回(うち2回は南北縦断しています)、シンガポールには5回(トランジットのみは含めず)行っています。

私も台湾をお勧めします。
理由は重複もありますが、以下の通り。

1.飛行時間。
シンガポールも安近短の渡航先に十分入りますが、飛行時間は確か6時間くらいかかったはずです。
短い旅行であれば、こういった数時間の差ももったいなく感じます。

2.町並み。
シンガポールの町並み(観光客が行くエリア)は非常にきれいです。
整然としたビルが立ち並びます。
それがむしろ私には...続きを読む


人気Q&Aランキング