お酒好きのおしりトラブル対策とは

お世話になります。
現在、タイトルのゼンセンの積立終身共済に入金しようかと考えております。

そこで、幾つか疑問点がありまして、
ご存知の方ご意見・ご回答頂けたらと思います。

ことのあらましですが、
当初は、半期に一度のボーナスの際に入金して、継続的に積み立てをしようかと考えておりました。
ところが、金利計算してみると、事務手数料が効いてなのか実質年利があまりよくありません。事務手数料のロスを減らすために、一度にある程度入金して複利運用にしようと考えを変えたところです。

そこで質問なのですが、
・ 今回仮にまとまった金額を入れると、現金が少なめになります。
パンフレットを見ると、一部引き出しが可能とありますが、これは申請?からリードタイムはどの程度でしょうか?
(一応即座に現金にできる有価証券や外貨はありますが、あまり手を付けたくありませんので。)
ご経験がある方、ご意見頂けると助かります。

・ 複利で運用するとそれなりの利子がつくかと思います。可能な限り一時所得の控除額(50万円)の枠内で引き出したいと思っています。
そこで、仮に500万円入金して何年か運用した後、脱退一時金が利子80万円が付加して合計580万円になったと仮定します。
ここから、250万円払い出したとすると、いくらが課税対象になるのでしょうか?
(ケース1)500万で80万の利子ですので、250万円あたりでは利子が40万円(<50万円)なので、非課税と考えてよいのでしょうか?
それとも、
(ケース2)250万円払いだしたので、内訳を強制的に元金170万円、利子80万円(>50万円)と割り振られ課税対象となるのでしょうか?
ご回答含めご意見ご指摘頂けると助かります。

・ 壮大なイメージなのですが(実現可能性は度外視)、
若い段階で大金(上限2000万円?を目指して)を段階的に入金して複利運用(年利1.25%)、壮年から70歳までの間に終身保険への転換上限である1000万年まで一時控除枠を用いてこつこつと減額引き出し。最後に、1000万円の終身保険に転換して1.5%で運用。
が理想のなのかな?と想像しているのですが、何か落とし穴はありますでしょうか?
(生命保険控除ですが、普通の生命保険金額が年8万円を越えているので無視しています。確か8万円くらいから控除額が一定だったと記憶してますので。)

如何せん、昨日今日知った共済ですので、
あまり深堀できておりません。ご回答ご意見よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

素人の爺です。



私の経験から話します。(あくまで素人です)
UAゼンセン積立終身共済・・・・・
別に怪しい商品ではないと思います。
私の勤めている職場でも平成5年ころかと思いますが、職場に(違う商品ですが)導入されました。
大企業は単独で、中小企業はグループで導入します。
従業員の福利厚生のために導入します。
企業が商品に対して責任を負うものではありません。あくまで自己責任です。

生命保険会社数社が「シンジゲート」を組み責任割合を負います。
商品のリスクは「生命保険会社の破綻時、その生命保険会社の減額分となります」
予定利率は通常「毎年見直されます」が一旦適応になった利率(その掛け金分は)ずーと適応されます。(多分?)
通常、自由コースと税制適格年金コースがあります。
自由コースは一部引き出しができますまた。掛け金の中断ができます。
税制適格年金コースは積立金の変更は可能ですが、60歳まで中断、引き出しはできません。

ご相談者の共済は「自由コース」のようですね。

メリット
(1)「シンジゲート」が複数社なら破綻のリスクを軽減できる。逆に引き受け会社が1社ならリスクに注意。
(2)毎年予定利率の見直し制度があるか?(通常ありますが)今は最低なので今後は有利。

デメリット
(1)終身保険に転換する場合はその歳で計算するので(通常は60歳以降でないと転換できない)例え一時払いとしても100万分に対して通常80万以上必要。(年齢が若い時、あるいは若ければ、80万も出せば、終身500万買ってもお釣りが来た)

いずれにしても貯金と同じと考えて、「安全飛行」の商品です。

でもこの手の商品でお金を増やすことはできません。(貯金よりはやや有利ですが)

自由コースでも通常、利子だけ引き出すことはできません。
通常、部分解約は可能です。
部分解約、全解約も一時所得です(5年以上継続の場合)50万の利益まで非課税。
事務手数料は保険会社は通常最初に多く回収する傾向があります。
10年以内の解約は事務手数料に引きずられて赤字でしょう。

詳しくは職場の総務(組合)で聞いてください。
説明用のパンフレッドがあるはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
ゼンセンはすべて統一されたもの、というわけではないのですね。
窓口で確認してみます。

お礼日時:2013/04/21 20:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税金の掛からない積立年金の解約方法は?

積立年金共済<個人年金コース>で、
加入は昭和61年、現年齢は55歳です。
払い込み方法  払込保険料合計  積立金合計
月払い      82万円      110万円
ボーナス払い  140万円       184万円
合計      222万円       294万円
となっており、収入減で教育資金用に解約する必要があります。
税金は一時雑所得として控除は50万円となっていますが、
ここで利息は74万円となっていますので、今年147万円、
来年147万円を解約すれば利息が50万円以下となるので、
一度に引き出すよりは良いと思われすのですが、
正しい判断でしょうか?ご教示お願いします。

Aベストアンサー

方法論としては、正解です。

ただし、半分解約=減額ができるかどうかは、わかりません。
このような年金には、最低加入基準があり、
それを下回るような減額はできません。
減額ができないとなれば、解約か、または、
年金を担保として、融資をうけるしかありません。

Q積立共済年金の加入時一時払込

積立共済年金を始めようかと考えています。
そこで質問なのですが、始めるにあたって「加入時一時払掛金」というものを(任意で)おさめることができます。
今後30年勤めるとして、例えば加入時に1000000円おさめると30年後は1384400円になると書かれています。
ぱっと見、すごくお得に思えるのですが、これは本当にお得なのでしょうか。もちろん長い生きすればするほど得になるのでしょうが、普通の積立のほうがいいのか迷っています。
メリットとデメリット、一時金を納めたほうがいいのかなど、私的な見解で構いませんので教えていただけますと助かります。

Aベストアンサー

最初に確認ですがこの共済年金は終身年金ではなく通常の積立金制度ですよね。
 もし終身年金であれば年齢、性別で掛け金は異なります。一時払でも同じです。
 
 1.384倍というのは1%より少し高い複利の元利合計です。(1%で1.347ですから)
 1%越えですから現時点では比較的高い利率ですが30年固定で考えるとどうでしょうか。
 
 長生きすればするほどお得なのは終身年金です。発売は生命保険会社か共済組合などで
 販売しています。
 例えば30年積み立てでお金を増やしてその金額で30年後に終身年金に加入するのはあまり
 お得ではありません。(加入掛け金が相当高くなり平均寿命以上に長生きしないと元本割れです)
 
 健康に自信があれば掛け金が安い今すぐ年金保険加入がお得です。(想定利率は現状の経済情勢
 からどこでも大差ないでしょう。但し最大のリスクは金利の暴騰が何時おこるか分からないことです)

 預貯金等の積み立てと年金保険等(好きであれば国債や株式も)でリスク分散する方法もありますね。

 



 

Q通帳を記帳したさいに、見に覚えがない(キョウサイカケキン)とだけ記載してあり9000円近く引き落と

通帳を記帳したさいに、見に覚えがない
(キョウサイカケキン)とだけ記載してあり9000円近く引き落としされてました。

夫に聞いても分からず、少し不安になり引き落とし先を知りたいんですが、銀行に行ったら調べてもらえますか?

それとも現時点で加入している共済に確認の電話を入れるべきでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も現在共済に加入している一人です。「通帳を記帳した際に、見に覚えがない」とありますが、毎年継続のお知らせが届いているはずですよ。何も手続きをしなければ自動継続で掛け金が引き落とされる保険は珍しくありません。今一度保険証など継続の案内などの手紙を探されることをお勧めしますが。

Q積立共済で、新規加入後に途中で口数を減らす事は可能ですか? 親が現役のうちは、できるだけ多く、親が死

積立共済で、新規加入後に途中で口数を減らす事は可能ですか?

親が現役のうちは、できるだけ多く、親が死んだら、口数を減らして積立共済をしたいのですが、それは可能なのでしょうか?
ちなみに、UAゼンセン ひかりくん というところです。

Aベストアンサー

減口はできますが、事実上積立金の払い戻しで支払いを減らす形です。
http://uazensenkyosai.jp/tsumitate.html

Q個人年金保険の受取り方の相談です。

主人の年金保険の支払い開始時期がもうすぐです。
保険内容は55歳支払い開始 10年間保証期間付き終身保険です。(逓増型)
  年金額 税引き 年約 56万円
保険会社に次の選択をするように言われました。
(1)今すぐ受け取るか、55歳とまだ若いので支払い開始を3年後、もしくは5年後に延長する。
(2)受け取り方を10年の確定年金(3年延長した場合 1年の年金額 1840000円 総額約 18400000円 )にするか10年保証期間付き終身年金(5%逓増型 20年 1回め年金額 747000円 )にする。
どうしたらよいのか解らず悩んでいます。アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

素人の爺です。
どの保険会社かもわかりませんし、どの年金保険かもわかりませんが、私の加入した年金保険を参考に示します。判断の材料にしてください。
昭和6◎年加入(いわゆるお宝保険)60歳支払い(予定利率5.75%)・・・
以下のことが、年金開始日の前に選べます。
(1)最大、支給開始日を5年遅らせることができます。(5年間、年金原資は4~5%の複利で増えていきます)
(2)年金支払い期間は5年、10年、15年で選べます(支払い期間中は年金原資は4~5%の複利で増えます)
(3)保険金が支給されても据置制度を利用すれば年金が支払われても最大10年(期間は任意)年4%の複利で増えていきます。
(4)10年保証年金で年金が終身保証の場合、あるいは夫婦どちらかが生きている場合で、年金が終生保証される場合の利率は年金開始日の利率になります(現在約1.75%)

…一番手取りが多くて確実な方法は年金支払いを5年遅らせ、期間は15年とし、保険会社にさらに10年預けることです。・・・しかし税金もかなり納めます。私は退職後も個人年金、退職金に手をつける必要がないので上記の制度を利用します。
ご相談者も保険の担当者とよく相談してみてください。お宝保険の場合「受取方法」の違いによりだいぶ支給額が違います。
…一番損な方法(終身年金にすること?)です?(スズメのお宿の大きな葛籠と小さな葛籠)…最終判断は自己責任でお願いします。

素人の爺です。
どの保険会社かもわかりませんし、どの年金保険かもわかりませんが、私の加入した年金保険を参考に示します。判断の材料にしてください。
昭和6◎年加入(いわゆるお宝保険)60歳支払い(予定利率5.75%)・・・
以下のことが、年金開始日の前に選べます。
(1)最大、支給開始日を5年遅らせることができます。(5年間、年金原資は4~5%の複利で増えていきます)
(2)年金支払い期間は5年、10年、15年で選べます(支払い期間中は年金原資は4~5%の複利で増えます)
(3)保険金が支給さ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報