柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

 Wikiによると、江戸時代に
「日本の宮廷において節会と呼ばれる宴会が開かれた。年間にわたり様々な節句が存在しており、そのうちの5つを江戸時代に幕府が公的な行事・祝日として定めた。それが人日の節句、上巳の節句、端午の節句、七夕の節句、重陽の節句の五節句である。」
 とあります。

 1月1日、年初としての元旦の行事が多すぎ、1月の節句として1月7日の人日の節句に代えたとするなら、その後の節句は、3月3日・5月5日・7月7日・9月9日となっているので、自然に思えます。

 そこで質問です。

 公式な節句としては定められていないものの、11月11日を節句として祭る習慣が、一部ではあった可能性があるのではと思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか。
 
 平安時代の慣習に詳しい方、宜しくお願いします。
 また、日本にはなくても、~時代・王朝の中国では、11月11日を祭ったというような事例があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

    同じような質問が下記のように過去にあって、「ない」と言うのがベストアンサーでした。


    http://oshiete.goo.ne.jp/qa/496949.html

    11月11日が節句でない理由には少なくとも二つ考えられます。

1。  節句はもともと仕事を休むためにあったので、収穫が終わると、その必要が無い、と言う理由があったと言うことも考えられます。「節句働き」というのは、仕事をしない怠け者に限って、というむすびつきからも、こういった可能性はあるのではないかと思います。

2。  中国のような十進数の文化では、「十一」と言う数字は、「番外」というか「余分」と考えられたのではないか、と言うことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/23 14:39

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

11月11日は、中国でも日本でも祝日とはされていません。


長月(九月)九日は重陽(ちょうよう)の日で菊の節句とも呼ばれる五節句の一つであったことは、すでに、あなたの述べる通り祝日でした。

そして、重陽とは中国の陰陽思想によると「九」は陽の数字で、一桁の数字では一番重いといわれ、九と九の重い数字が重なり、さらには、陽と陽とが重なることから、重陽という吉日とされた。

従って、中国の陰陽思想では、「10」は、単なる「1」と「0」が組み合わされたもので、逆に、「1」という「一番軽い数字」と「0」という「無」の組み合わせと考えられ、同じく「11」は「1」と「1」が組み合わされた「弱」の数との考えから、10月以降は同じ数字が重なっても特に祝日扱いはされませんでした。

江戸時代の「重陽の日」には、千代田城では、表では総登城が行われ、公方さまへ祝辞を述べ、各種の祝いの品々が献上された。
一通りの祝辞などが終わると、公方さまは大奥の御小座敷の間に入られ、御台所さまと長寿を願う黄菊の花びらを浮かべた菊酒を楽しまれました。

江戸時代、江戸城とは呼ばず、正式には「千代田城」または「舞鶴城」(ぶかくじょう)と呼び、庶民はただ単に「お城」と呼んでいました。

一方、大奥では御台所さまから御目見得以上のお女中には酒と料理の詰め合わせ、御目見得以下の千人ともいわれるお女中には丸餅が下されました。

宮中でも「重陽の日」には、公卿たちが集まって「菊酒」などを呑んで菊談義に華を咲かせましたが、10月以降の祝日はありませんでした。

まあ、しいて言えば9月以降の宮中や千代田城でも行われた行事としては、

★「玄猪」(げんちょ)・・・10月の初亥の日に、
宮中では天皇から姫君に、将軍家でも公方さまより姫君に「玄猪餅」が配られ、姫君たちは夜五ツ半(亥の刻・午後10時)頃食べる習慣がありました。
これは、猪の多産にあやかって「多産」や「子孫繁栄」を願う行事でした。

★11月の冬至の日・・・千代田城の大奥では、御目見得以上には御台所さまより「刺身」や「うどん」、「唐ナスの揚げ物」などが下賜され、御目見得以下には、御年寄衆が共同で購入した同じ物が下されました。
これは、昼が一番短く夜が長くなることから、栄養をつけてもらう意味合いがありました。
宮中では、平安時代頃から「朔旦冬至」(さくたんとうじ)という祝宴を催していたようです。

なお、冬至にカホチャを食べる風習は江戸時代後期から始まったと言われています。

カボチャは夏野菜ですが日持ちも良く、冬に野菜の採取ができなくなった時の栄養補給として考え出された。

と言う説と、

南瓜(なんきん)で「ん」が2つつく運盛りからという理由。

陰陽思想では冬は陰、夏は陽とされるため、陰の極まる日に陽の季節のものを食べて陽の気を補なうということですね。また、カボチャは南瓜と書くように南方から来た野菜であることや、少し赤味がかった色をしているからとする説もあります。
これも陰陽思想ですが、色や季節や方位を陰陽にわけると、玄(黒)—冬—北—陰、朱(赤)—夏—南—陽となります。
したがって、南方から来た夏野菜で赤味がかったカボチャは陽の気を補なうのに最適というわけです。

さらに、「ゆず湯」については、「冬至」は「湯治」通じる。「ゆず」は「融通」に通じる、と言うダジャレから始まったとされています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/23 14:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古典「11月11日」・節句について

Wikiによると、江戸時代に
「日本の宮廷において節会と呼ばれる宴会が開かれた。年間にわたり様々な節句が存在しており、そのうちの5つを江戸時代に幕府が公的な行事・祝日として定めた。それが人日の節句、上巳の節句、端午の節句、七夕の節句、重陽の節句の五節句である。」
 とあります。

 1月1日、年初としての元旦の行事が多すぎ、1月の節句として1月7日の人日の節句に代えたとするなら、その後の節句は、3月3日・5月5日・7月7日・9月9日となっているので、自然に思えます。

 そこで質問です。

 公式な節句としては定められていないものの、11月11日を節句として祭る習慣が、一部ではあった可能性があるのではと思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか。
 
 平安時代の慣習に詳しい方、宜しくお願いします。
 また、日本にはなくても、~時代・王朝の中国では、11月11日を祭ったというような事例があれば教えてください。

Aベストアンサー

追記ばかりで申し訳ありません。
さて、11月の行事についてですが、旧暦ではほぼ11月に冬至はあるのですが、平安時代は冬至の日をあまり重要視していませんでした。それは、冬至に関する行事が新嘗祭の中に入っていたからだと言われています。前記した中に、新嘗祭の中で、天皇が衾に臥すと書きましたが、この行為が冬至と関連しているとされます。冬至で太陽の力が弱まり、天皇の力も弱まると考えられ、衾に臥す=天皇の死を意味し、天皇は一度死んで再生し、新たなそして力強い霊力を持って、復活するとされます(天孫降臨の天鳥船との関連も言われています)。この新嘗祭の天皇の行動が日本における冬至に関連する行事とされています。
ただ、冬至に関して2点。一つは、中国の古代では冬至=元旦とされた時期があったこと。また、天における正月とされ、暦の起点ともなっていました。
二点目は、11月1日(1日=朔日)に冬至が来た場合は、朔旦冬至と言って、特別に祝いました。これは、旧暦では冬至の日が一定しませんが(場合により10月のこともあります)、旧暦の構成上ほぼ定期的に閏月を置きますが、そのために19年ごとに11月1日に冬至が来るのが原則とされ、19年ごとに正確に朔旦冬至が来ることは暦が正確に作られていること、それは政治が正しく行われていることと考えられ、11月1日に冬至が来ることを朔旦冬至として、特別に祝いました。
五節句(節供)について平安時代の年中行事としてわかることを以下にあげます。なお、節会に関してはその後に宴を伴うのが一般的ですが、宴の多くは直会(なおらい)の性格を持ち、本来は神にささげた供物を儀式終了後に参加者で食することにより、神と人が共食し、さらに神と人が親近し、神が人を守るという趣旨でした。神事の中心的な行事はこの直会にあったともされています。
人日(1月7日)
七草(七種)粥を食べることから七種の節句とも呼びます。この日は、宮中では他に、白馬(有職読みで「あおうま」と読みます)の節会が行われ、天皇が青馬(実際は白馬)を御覧になる行事もありました。この白馬の節会も青い馬を見ると一年間の邪気が祓われるという中国の故事に由来しています。
上巳の節句(3月3日)
桃(中国では古来霊力を持つ植物とされ、実は不老長寿の果物とされます)の節句とも言われます。日本ではこの時期に古来穢れを払う行事があったとされ、それがこの日に身体の穢れを人形(ひとがた)につけ、川に流す習慣になりました。それが、流し雛や雛人形飾になって行ったとされます。また、中国から曲水の宴の行事が伝わり、宮中でも行われました。
さらに、鶏合(とりあわせ)と呼ばれる闘鶏も宮中で行われる日でもありました。これも中国から伝わった行事とされます。神意等を占う手段として、古事記等にも記載された日本の行事であり、中国と共通する行事で、3月3日に中国で闘鶏の由来(唐の玄宗皇帝の古事かと思いますが、記憶が曖昧です)があり、日にちが3月3日になったものと言われます。
端午の節句(5月5日)
額田王の「茜さす紫野ゆき標野ゆき・・・」の歌(詞書に「薬猟」とあります)にある「薬猟(くすりがり)」が行われましたが、平安時代の宮中行事では、邪気を払うとされる菖蒲の葉を髪に刺して、宮中に入り、天皇から薬玉(くすだま-薬草を錦の袋に入れ、その袋に花飾りなどをつけたもの)を賜る儀式がありました。また、粽を食べる習慣もあり、いずれも中国伝来の行事でした。さらにこの日は、宮中でははじめ騎射、その後駒競(こまくらべ)の節会とか、競馬(きそいうま)の節会と呼ばれる競馬が行われました。
七夕(7月7日)
平安時代には七夕というよりも乞巧奠(きっこうでん・きこうでん)と呼ばれる行事でした。これは織姫・彦星(牽牛)の中国説話に関連すると言われ、針仕事の上達を祈る行事でした。宮中では、天皇が清涼殿の庭に出御され、織星と牽牛が出会うことを祈ったとされます。庭には机(民間では棚のことも)が設置され、その上に供物を並べ、葉に7本の針を刺し、その針の穴に糸(五色)を通した物を置きます。一晩中香と明かりを絶やさないようにしました。
時期により移動しますが、この日に相撲の節会が開かれました。これは、豊作の祈念と、秋の作柄を占う意味があったとされ、日本古来の習慣でもありました。相撲は、祖霊に豊作を祈念する古来の祭りと関連すると言われ、その後仏教行事と融合して盂蘭盆会になったとされます。ともかく、この時期は収穫を目前に控え、台風や旱害などの危険がある時期であり、豊作の祈念は切実だったと思います。
鶏合、駒競、相撲共に神意を占う行事であり、神聖な行事でしたが、平安時代でも賭博性・射幸性が強まっていきます。
重陽(9月9日)
菊の節句とも呼ばれますが、「菊」という漢字は音があっても、訓が基本的には無い漢字で、菊には中国伝来という気分があります。重陽も中国からの行事をそのまま取り入れたところがあり、邪気を払い、長寿の薬効があるとされる菊を観賞し、菊酒(菊を浮かべた酒)を飲みながら漢詩を作る節会です。ただ、この日に吉野の国栖(くず)地方の人々による国栖舞(国栖奏-すずそう)と言われる舞が行われたところが日本的だとは思いますが、重陽の日に国栖舞がなぜ結びついてかはわかりません。

以上、参考まで。

追記ばかりで申し訳ありません。
さて、11月の行事についてですが、旧暦ではほぼ11月に冬至はあるのですが、平安時代は冬至の日をあまり重要視していませんでした。それは、冬至に関する行事が新嘗祭の中に入っていたからだと言われています。前記した中に、新嘗祭の中で、天皇が衾に臥すと書きましたが、この行為が冬至と関連しているとされます。冬至で太陽の力が弱まり、天皇の力も弱まると考えられ、衾に臥す=天皇の死を意味し、天皇は一度死んで再生し、新たなそして力強い霊力を持って、復活するとされ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報