仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

マラソン大会で靴にチップをつけて個人ごとのタイムを計ります。
このチップと計測器の仕組みについて教えてください。
計測の原理についてです。

A 回答 (1件)

    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。よくわかりました。

お礼日時:2013/04/20 20:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QICタグ・ICタグリーダーの値段

大学の研究で次世代の競馬観戦をテーマにして研究しています。
内容は、各馬にICタグを付けて位置を把握するといった内容です。
その時にかかるコストを研究しているのですが、まだICタグの事がよく理解できていません。
値段や仕組みや可能範囲内など、よくわかるサイトなどがあったら教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

まず物理的な側面から
RFタグの通信距離は0.1m~1m程度です。
10m飛ぶものもありますが、タグのサイズが馬鹿でかいです。
次に通信距離から競馬中の馬の位置となると
アンテナ1m横を必ず通過する前提でも1周800mだったら
1600個程度必要になり、またアンテナ間の電波の影響が出るため密接取り付けが出来ません。
そうすると400個で2m置きに設置となりますが電波の距離はアンテナを中心にして1mなので、不感帯がほとんどになります。
そして400個のアンテナのデータをポーリングすると
1個当り0.1secで実施しても全部のデータ取得が40秒後です。
さらにシリアル通信で400個の局を管理できるものは無いと思います。
じゃあ 16個毎にパックして16個をひとつの子コントローラーで管理し
親が30個の子コントローラを管理すれば何とかなるかもしれませんが
親側のプログラムが膨大になります。
またアンテナ1個10万円としてアンテナだけで4000万かかる計算になります。
周辺+設置を考えれば1億程度必要でしょう。
また競争中なので1mの範囲に留まっている時間が少ないので
殆ど受信できません。(RFタグは送受信が遅い)
そしてアンテナから1m範囲のデーターなので殆どが取得不可能となり
頓挫します。

RFタグの値段は日立のミューチップが一番小型で0.5mmサイズ
1個10円を割るけど、発注数が1億個から。

一般的なタグで100円前後、発注数が1000枚程度。


現実的に考えれば馬の数が最大16頭として
馬ごとにGPSもしくはローカルのGPS(日立が出している)を使って
座標位置をテレメーターで送信すれば、かなりリアルタイムになります。

テレメーターを使うと送信機の大きさが大きくなることと各GPSが必要となり
1頭あたりのコストが大きくなります。

そこで日立さんが作っているローカルGPSを使う事が一番安いと思う。
1km四方としてアンテナを周囲4箇所程度設置し、携帯電話程度の発振器をもてば
精度50cm程度で現在位置をホストで計算可能なものです。
用途として広い構内で移動するフォークリフトの現在位置を見つけたりするもので
1セット最低600万円程度からです。


FAでのタグは数度使った事があります。

まず物理的な側面から
RFタグの通信距離は0.1m~1m程度です。
10m飛ぶものもありますが、タグのサイズが馬鹿でかいです。
次に通信距離から競馬中の馬の位置となると
アンテナ1m横を必ず通過する前提でも1周800mだったら
1600個程度必要になり、またアンテナ間の電波の影響が出るため密接取り付けが出来ません。
そうすると400個で2m置きに設置となりますが電波の距離はアンテナを中心にして1mなので、不感帯がほとんどになります。
そして400個のアンテナのデータをポーリ...続きを読む

Qハーフマラソン1時間半切りの為のトレーニング

はじめまして。
31歳
男性
会社員
身長174cm
体重75kg
です。

来年2月初旬のハーフマラソンにエントリーし、現在トレーニング中です。
ハーフマラソンを大会で走るのは今回が初めてです。
この大会でぜひ1時間30分を切りたいと考えているのですが、思うようにタイムがのびないため、有効なトレーニング方法のアドバイスをいただきたく、質問させていただきました。

ちなみに、マラソン大会の出場経験は10kmの部に、4回出たことがあり、いずれもほぼ練習なしで参加し、ベストタイムは50分です。

今回はハーフということで、1ヶ月前から本格的にトレーニングしており、現在は週6日、1日10km走っています。
普段のトレーニングコースは標高200mくらいの峠をこえるもので、上り4km、下り4km、平坦な道が2kmの合計10kmという感じです。

ここ最近の練習でのベストタイムは
5km 19分 平坦なところで計測
10km 48分 峠超えのコースで計測
21km 1時間50分 10kmコース×2+1kmで計測
です。

21kmは一度だけ試走してみました。

とりあえず、完走はできたものの現在のトレーニング内容だけでは1時間半を切るのは無理だと感じました。

毎日のトレーニングでは歩かずに10km走ることだけを心がけており、後半余裕があればペースアップしているという感じです。
筋トレをはじめ、走る以外のトレーニングは一切していない状態です。

本番まで、二ヶ月と少しですが、ここから一歩先へといくために有効なトレーニングがあればアドバイスをいただきたく、よろしくお願いします。

はじめまして。
31歳
男性
会社員
身長174cm
体重75kg
です。

来年2月初旬のハーフマラソンにエントリーし、現在トレーニング中です。
ハーフマラソンを大会で走るのは今回が初めてです。
この大会でぜひ1時間30分を切りたいと考えているのですが、思うようにタイムがのびないため、有効なトレーニング方法のアドバイスをいただきたく、質問させていただきました。

ちなみに、マラソン大会の出場経験は10kmの部に、4回出たことがあり、いずれもほぼ練習なしで参加し、ベストタイムは50分です。

今回はハ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

目標に向かってトレーニングされているようで意気込みを感じます。

現在毎日トレーニングされているとの事で練習量からして
目標達成はかなり現実味を帯びていると感じております。

ハーフマラソンを1時間30分でとの事、これは1kmあたり4分15秒
のスピードがあればいいわけです。
5kmのタイムが19分で走れるということはスピードは十分に足りている
ということになります。

ところが倍の距離の10kmが48分くらいということは
5km以上では失速率が高いということになりますね。
これは長距離を走る足の筋力UPとペース感覚を養うことで解決できます。

今の練習にプラスして、20kmをゆっくり無理のないペースで走る練習と
5kmを21分15秒(1kmあたり4分15秒)で走るペース練習を入れてみてはどうでしょうか?

20kmを走ることによって、足の筋力、回復力、体重減少、距離への不安解消が見込まれます。
ペースを意識した練習がきつすぎて続かないようでしたら、4分30秒・・・4分40秒でもいいです
決めたペースをこなしてください。

20kmは2週間に1回、ペース練習は週の半ばに1回程度でも効果的だと思います。

こんにちは

目標に向かってトレーニングされているようで意気込みを感じます。

現在毎日トレーニングされているとの事で練習量からして
目標達成はかなり現実味を帯びていると感じております。

ハーフマラソンを1時間30分でとの事、これは1kmあたり4分15秒
のスピードがあればいいわけです。
5kmのタイムが19分で走れるということはスピードは十分に足りている
ということになります。

ところが倍の距離の10kmが48分くらいということは
5km以上では失速率が高いということになりますね...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報