あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

昨年から梅酒などの果実酒を数種つくるようになりました。
全て仕込む際に使った広口の瓶(よく季節に見かけるタイプのもの)に入れたままにしていますが、
それはあまりよくないと聞き、別の一升瓶のようなものに移し替えよえかと思っています。

以前知人がみかん酒を移した翌日に瓶にヒビが入っていたと話していたので、
ちゃんと選んだほうが良いのだろうと思うものの、どれがいいのか迷っています。

いくつか探してみて、『ボルミオリ・ロッコ』 スイング ボトル というのを見つけたのですが、
こちらは梅酒の保存にむいているのでしょうか?
ほかにおすすめの保存瓶などご存知でしたら教えて頂けますと幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

再度失礼


梅酒などのホームリカーの保存の際に気を付けるとすれば、「密閉性」と「遮光性」です
つまり、「果実等の風味やアルコールが抜けない事」と「直射日光を避けること」
広口瓶のまま、冷暗所で十分です。

漬ける期間は、モノによって様々ですし、同じモノでも熟し具合や砂糖の量(や種類)なんかで、いろいろと変わってきます。
まあ、1年くらい経って、味見をして様子を伺う感じでやってます。

十分に美味しいな、と思ったら実を抜く。
直ぐに次を漬けるタイミングで、手持ちの空き瓶があれば、そっちに移します。
なければ、広口瓶のまま。
どちらにせよ、床下に戻してます。

ちなみに瓶詰めしたのち内圧が発生するとすれば、発酵しているということです。
35度以上のホワイトリカーやブランデーを使っていれば、一般的に発酵はしませんので、内圧が高くなる事はありません。
度数の低い酒(例えばワインとか)に果実を加えて熟成させようとすると、発酵が起こります。
サングリアとかを自家製で作って置いておくと、結構ブクブクしてきますが、まさに発酵です。
水分の多い果実をたくさん使うと薄まって発酵が起こることもあります。
(実は当局にバレると密造酒の扱いになってしまう)

スウィングボトルは、なによりも気密性を保つのが簡単です。
まさに、梅酒とかを入れておくにはうってつけですね。
ただし、置き場所には注意。紫外線が悪影響を与えますんで、 直射日光の当たる戸棚などには置かない方がいいです。
(UVカット仕様のボトルがあるといいんですけどね)

熟成済みのホームリカーを出しておくってだけなら、雑貨屋さんで売ってるお洒落な瓶の類。
きちんと密閉できる栓さえあれば、特段問題はありませんよ。
ちなみに、ウチで作ってるホームリカーの一部の写真があったので貼っておきます。
「果実酒の保存瓶」の回答画像4
    • good
    • 1

広口はよくないて.聞きませんが移し変えの保存容器があります。


私も使用しています。
日光陶器
http://www.nikko-factory.co.jp
になります。保存瓶専門店です。
    • good
    • 1

こんにちは


果実酒やハーブ酒など、我が家でも30~40種類ほど漬けておりますが・・・
「広口瓶のままがよくない」という話はあまり聞きません。

梅・あんずの系統は、2~5年は実を漬けたまま。
琵琶やカリンは2年ほどで実を取り出し、種だけ戻す
ローズマリーやカモミールは漬けたまま・・・
ドライいちじくは赤ワインで漬けて冷蔵庫だし。
イチゴや桑、ブラックベリーは半年~1年くらいで実を取り出す。
物によっては10年以上、広口瓶のまま放置されているヤツもいます(あれは多分コーヒーだな)

広口瓶から、おしゃれな(といっても100均で売ってる)瓶に移して、棚に置いておく。

漬けるものによって様々ですし、人によってもやり方が微妙に違うんで一概には言えません

ただ、実を取り出したあとは、広口瓶だと場所をとるってのは確かにありますね。
うちではリサイクル(というかリユース)のワインボトルを利用しています
ワインキーパー(減圧できる専用キャップ)で密閉する。
フリーのラベルソフトでオリジナルラベルを作ってやると、意外と凝れるんで面白いです

スウィングボトル(モレスカボトルとも)は確かに手軽に密閉できて便利ですし、多少内圧がかかっても平気です
(梅酒なら内圧がかかる事はないかな)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
風味が落ちるとかで、よくないと話している人がいたんですが…そうでもないのかな?

梅はそんなにつけっぱなしで大丈夫なんですね。
一年で出すとレシピに出ていたので、そろそろ出そうかと考えていましたが
平気そうならもうしばらくそのままにしてしまおうかな…。
いろいろな果実酒があるんですねー。ブラックベリー美味しそうです。

確かにちょっと場所をとるし、見た目が少しよろしくないのでリンゴあたりは
移してしまおうと思います。
ワインボトルも素敵ですねー。ラベル作るのも楽しそう。

内圧で割れてしまうのが心配でしたが、梅酒は意外と大丈夫なんでしょうか?
他の果実酒もそこまで心配しなくても大丈夫なのか…自分でも少し調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/19 19:37

およそ1年経てば、中の梅を取り出して良いので


そこから先はペットボトルで良いと思います
なるべく空気に触れさせないようにするために
500ml程度の物に小分けするです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
ペットボトルでも保存できるんですね。
知りませんでした。

お礼日時:2013/05/19 19:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自家製の梅酒、梅を取り出して梅酒を保存したいと思うのですが、焼酎の紙パ

自家製の梅酒、梅を取り出して梅酒を保存したいと思うのですが、焼酎の紙パック(アルミコーティングされてるもの)に移し変えても大丈夫でしょうか? アルミは酸性に弱い聞いてるので、どうなのでしょう。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

別の容器に移し替えるのが良いと思いますが、紙パックはお勧めしません。
瓶容器が良いと思います。

理由ですが、アルミの問題も確かにあります。
試したことがないのでわかりませんが、アルミが酸・アルカリに弱いのは確かであり、
それに中・長期保存をするのはどうかと思います。
また、内部のアルミが傷んでいても見えないのもネックです。
もう一つは殺菌です。
やはり容器を殺菌しておくのは重要で、その点では傷の入っていない瓶容器を用いるのが確実かと。

どのように、どれくらい梅酒を作ったかにもよりますが、お酒の4合瓶(720ml)瓶に幾つか小分けして保存すると、使いやすいと思います。
瓶は梅酒を作るときと同じで、きれい洗ったものをきちんと殺菌すれば大丈夫です。
今まで腐ったことはありません。
ポイントは元が汚れていない瓶を使うこと、作った梅酒を薄めないことでしょうか?
アルコール度数が薄くなっている(10度以下)と、危険かと。

Q梅酒の造り方と長期保存

こんにちは。
今年我家の梅が豊作でした。また、我家に赤ちゃんが9月に誕生予定で今年取れた梅で梅酒を作り20歳を迎えた時に乾杯したいと思ってます。
そこで、長期保存させるための梅酒の造り方と、保存の方法を教えて頂けたらと思い投稿しました。
ご存知の方、知恵のほど宜しくお願いします!

Aベストアンサー

No.4です。
お礼ありがとうございました。

> あと、、若干黄かかっている梅を入れるとどんな不具合が生じるのでしょうか?
あります、黄味がかった梅で漬けた、18年くらい前の物。
同じ年の青梅使用の梅酒にくらべると、酸っぱいです(他の材料と分量は同じです)。
菌とかの影響ではなく、梅の酸味には間違いないのですが、
なんというか、急ごしらえで作ったような、インスタントっぽい味というか。
梅酒に安い穀物酢をたらしたような味です、若いうちに飲み切るべきでした・・・。
甘いお酒が嫌いな人には、他の梅酒よりは好評ですが、美味しいというわけではないです。

黄味がかった梅は、良くない意味で柔らかくなりやすいです。
皮も破れやすく、うっかりするとくずれて、最終的には溶けます(種だけ残ります)。
梅の皮が破けてしまうと、見た目と味が濁ります。

それと、発酵しやすくなります。
発酵するとぶくぶく泡が出るのですが、
これを密造酒と呼ぶか、腐敗と呼ぶか・・・
どちらにしても、梅酒としては失敗作になります。
もちろん、長期保存は諦めるしかありません。

もうひとつ、黄色い梅はカビを呼びやすいです。
もや~っと水中をたゆたうタイプのカビが発生した場合、
最初からリカーが濁っていたら、発見も遅れてしまいます。
気付いた時にはすっかり乗っ取られていたなんてことにもつながります。
漬ける時にどんなに気を付けても、発生する時はするのですが、
青梅のほうが低リスクだと思います。

でも、せっかくですから、黄色っぽいものも漬けてみたら良いと思いますよ。
ただ、青梅の場合より、早めに梅を引き上げてください。
実が熟している分、エキスも早く出切りますから、
様子を見ながら、遅くとも立春には取り出したほうが良いです。
途中、運悪く発酵が始まってしまったら(早期に匂いで気付きます)、
その時点で諦めて消費に切り替えてくださいね。

すぐに飲むのでしたら、熟した梅でも問題ないですよ。
青梅にはない、こなれた味と、果実らしいフルーティーな香りが楽しめます。
今から漬けても、ママさんの快気祝いには間に合うのではないでしょうか。
20年物にする分は、保険的に、来年も仕込んでみてはどうかと思います。
味をくらべてみるのも楽しいと思いますよ。

No.4です。
お礼ありがとうございました。

> あと、、若干黄かかっている梅を入れるとどんな不具合が生じるのでしょうか?
あります、黄味がかった梅で漬けた、18年くらい前の物。
同じ年の青梅使用の梅酒にくらべると、酸っぱいです(他の材料と分量は同じです)。
菌とかの影響ではなく、梅の酸味には間違いないのですが、
なんというか、急ごしらえで作ったような、インスタントっぽい味というか。
梅酒に安い穀物酢をたらしたような味です、若いうちに飲み切るべきでした・・・。
甘いお酒が嫌いな人には、他...続きを読む

Q梅を取り出さなかった10年以上の梅酒、飲めますか。

10年以上(記憶も定かでない)も前に漬け込んだ梅酒が出てきました。梅を取り出さなかった(ここが問題)ため、飲めるかどうか気にしています。何方か経験の有る方のアドバイスをお願いします。
(1)ブランデーと氷砂糖で漬け込んだ。
(2)ふたを開けるのに相当力が必要だったため、空気には触れていないと思われる(密閉されていた)。
(3)流しの下の冷(?)暗所に保存。
(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
(6)臭いは普通。特にくさい臭い等は無く梅酒の臭い。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味は少し良くない。
(8)梅自体は崩れていないが、やはりどす黒いこげ茶色をしている。
折角見つけたので是非飲みたいと思っているのですが...。

Aベストアンサー

結論から言うと、飲めると思います。うちの10年以上の梅酒もそうなってるものが結構あります。
状態を見ると少し傷み始めている様子ですので、手入れが必要です。

(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
ブランデー梅酒本来の色は、べっこう色です。かなり酸化が進んでいるようです。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
おそらく揺すった時に瓶の内側に付着した酒が、乾いたものでしょう。害はありません。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味は少し良くない。
(8)梅自体は崩れていないが、やはりどす黒いこげ茶色をしている。
梅の実を長く入れすぎた時に良く出る苦味があります。
もしくはヘタを取り損ねていると、それがエグミの元にもなります。
いずれにしても梅の方は味的に食用には向かないと思います。

これ以上の酸化防止に、一升瓶など遮光の保存瓶に移し変えましょう。
10年物の場合は、底の方に澱が溜まっている可能性があります。
そっと移し、出来ればガーゼ+コーヒーフィルターで漉すと良いでしょう。
漉す事で、エグミが取れる場合も多いです。
【漉し方】
※まず上澄みを先に他の瓶に移し、濁ってる部分だけ漉すようにしましょう。
100均で売っている大判ガーゼと、味噌漉しを用意します。
3枚以上重ね味噌漉しを覆うようにセットし、空気が混ざらないようゆっくり流しいれます。
ある程度目詰まりするようになったら、新しいガーゼに替えます。
ガーゼで荒い澱が除けたら、コーヒーフィルターです。ドリッパーにセットしやはりゆっくり流します。
目詰まりで液が出なくなったらこまめに取り替えます。
最初からコーヒーフィルターでやると、目詰まりばかりおこし、何時間もかかりますのでご注意ください。

アルコール感はまだかなり残っていますか?もしかしてかなり飛んでいませんか?
アルコールが飛んでいるとやはり酸化しやすいのでこれも手入れが必要です。
アルコールの回復には、新梅酒の追加が一番良いです。
もしも今年梅酒を漬けていれば、それをたっぷり足してください。1:1ぐらいまで大丈夫です。
新梅酒が無い場合は、漬けた酒と同等の酒を追加します。
1.8リットルで漬けているなら750mlほど足してみてください。

せっかくの10年梅酒、是非美味しく飲んでくださいね!

結論から言うと、飲めると思います。うちの10年以上の梅酒もそうなってるものが結構あります。
状態を見ると少し傷み始めている様子ですので、手入れが必要です。

(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
ブランデー梅酒本来の色は、べっこう色です。かなり酸化が進んでいるようです。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
おそらく揺すった時に瓶の内側に付着した酒が、乾いたものでしょう。害はありません。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味...続きを読む

Q梅酒の保存にペットボトルは?

新しい梅酒を作る為、昨年ブランデーで作った梅酒をガラス瓶から使い易いペットボトルに移そうかと考えています。
梅酒の保存にペットボトルを使う方法はあまり聞いた事がないのですが、ペットボトルだと何か問題があるのでしょうか。
たとえばペットボトルはアルコールに弱いとか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて!ください。

Aベストアンサー

ペットボトルにもいろいろ種類があるようですので、
一概には言えませんが、気になる点はいくつかあります。
(1)高濃度のアルコールによる溶出の問題
 アルコール度数をどの程度にされるのかによりますが、あまり高い濃度のものをいれると成分が溶出するものもあると思います。
そういう問題に対応されているものもあるようです。
(2)保存上の問題
 梅酒ですので漬け込んでからある程度寝かせることになると思いますが、
壜に比べると、ペットボトルは液体は通さなくても、空気を通す程度は高いです。
マヨネーズの容器のようなバリアなら別です。
酸化は進みますから、長期の保存には向かないと思います。

Q果実酒を長期熟成させると・・

先日知人が旅館に泊まった際、食前酒として旅館自家製のコクワ?ビワ酒(どっちかうろ覚え)を供されたそうです。本人いわく「10ン年も熟成させてるもんだからクスリ臭い味になっちゃってて、果実酒というより薬用養命酒でも飲んでる感じだった。やっぱりやりすぎはいかんね」だそうでした。

私も、定番梅酒をはじめ様々な果実酒を漬けては日々楽しんでいます。特に梅酒は10年、20年ものになると「夢のような極上の味」になると聞きますので、はやる気持ちにブレーキかけてなんとか3年やり過ごしてまいりました。その矢先の無情な感想(^^;に、あと数年・・の決意が危うく揺らぎそうです。これは漬ける果実によるのかはたまた果実全般にいえるのか、ご存知の方OR実際に飲んだ方、感想を教えていただけますか?タイムリーにも今夜の晩酌のストックが切れて、漬け瓶に手が届く寸前です(?)。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

薬臭かったのは熟成が進んだためではなく、風味が飛んでしまったためと思われます。
やはり保存状態が不十分だったと推察されます。
温度状態と、密閉度、殺菌度が不十分であったのではないでしょうか?

それから直接関係ないですが、自分でつけた梅酒は、飲む前に軽く濾過すると雑味や、味の角が取れ、非常に風雅な味わいになります。
コーヒーフィルターでもいいですよ。
珪藻土濾過なんてできればもっといいですが、
一般家庭ではなかなか難しいですね。

Q果物が溶けてしまった果実酒を濾したい

果実酒を漬けたらとても美味しく出来たのですが、実が柔らかすぎたのか果実がお酒に溶けたような状態になってしまいました。
コーヒー用のペーパーフィルターで濾すと綺麗に果実分を分離できます。が、固形分が多く細かく、フィルターから落ちるのがとても遅くてあまり効率的ではありません。アルコールも飛んでしまいそうです。もっと目の粗いもの(ステンレスの茶こし)では固形分が取りきれませんでした。
何か良い方法をご存じの方がいらっしゃったら教えてください。
目の細かいフィルターを使って圧力を掛けてやればいいと思うのですが、手軽にそんなことができる道具を知りません。

Aベストアンサー

シノア( https://www.google.com/images?hl=ja&q=%83V%83m%83A )を使うか・・・・
 固形分が洗い落とされるため目が詰まりにくい・・

果実酒をワインボトルに移して、放置してからゆっくりかたむける。
  ワインボトルの底の突起が仕事してくれる。

バリバリサラダ( https://www.google.com/images?hl=ja&q=%83o%83%8A%83o%83%8A%83T%83%89%83_ )のようなサラダドライヤーに布を敷いてぶん回す(^^)

 

Qホワイトリカーって焼酎のことですか?

アロエ酒を作りたくて、本にあった
「ホワイトリカー」を買いに行ったのですが
その名前ではありませんでした。
ホワイトリカーとは焼酎のことかなとも
思うのですが、そうでしょうか?

もしそうだとしたら、
焼酎と言ってもいろいろ種類があるようですが
一般にアロエ酒などに使うにはどんな種類の
焼酎がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ホワイトリカーは甲類の焼酎で、アルコール分は35%です。一般的には広口瓶入りの大容量で売られていますが、一升入り紙パックもあります。
ただ「ホワイトリカー」でなければいけないということはなく、甲類の焼酎で35%でしたらOKです。が、なるべくプレーンな(?)ものがいいでしょう。代表的な銘柄は「宝焼酎」で、昔ながらの丸底瓶の、あれです。「純」「トライアングル」などでもいいのですが、割高になりますし、風味が微妙に違います。

なお焼酎にはその甲類の他、乙類というのがありまして、「蕎麦焼酎」「麦焼酎」「芋焼酎」などがそれです。銘柄名「いいちこ」「雲海」などなどたくさんありますが、この乙類はそれぞれ素材の味や香りがついてますので、果実酒にはまったく向きません。最近は乙類がブームで、コンビニやスーパーの類いのお店だと、棚に並んでいるのは乙類の方が多いと思います。ラベルに「甲類」「乙類」の別は必ず記載されていますので、お店で品物をとってみてください。

Q梅酒の瓶の殺菌方法

梅酒を作ろうとさっき瓶を買ってきて洗いました。
このままキッチンペーパーで水気をふきとり、
ホワイトリカーで拭き取りしようかと思っているんですが、
瓶はきちんと自然乾燥させてから使ったほうがいいのでしょうか?

あと、買ってきた瓶に「密閉はできません」と書いてありましたが、
口にラップをしてからふたをしようと思っているのですが、
それだとやはり雑菌が入るでしょうか?

初めての梅酒作りです。
どうかご教授お願いします。

Aベストアンサー

お酒の度数によりますが、35%以上のアルコール濃度のお酒で作るならば(アルコール自体に殺菌作用があるので)余り神経質になる必要はありません。
こういってはアレですが、梅にも雑菌は沢山付着しています。

水で瓶を洗ったあと、お酒を少し入れてアルコール洗浄し、そのままそれを拭き取らずに使うのが良いと思います。

密閉性もさほど問題にならないというか、完全密閉すると圧力変化を許容できなくなります。

他に梅を一旦冷凍してから使うと(冷凍したときに細胞が壊れて)味が出やすくなるとか、色々あります。

私は今ブランデーで梅酒を作っています。

Qお酒の瓶の内側の乾かし方

去年、梅酒を作ったのですが漬けたままでそのままになっています。
今年もそろそろ準備をするのですが 今出来あがった梅酒を別の容れ物に移し替える必要がります。
お酒の5合瓶が手頃で 栓もしっかりしているので中を洗いました。

しかし、ここからが質問です。
どのようにすれば手っ取り早く内側の水滴が取れますか(乾燥することが出来ますか)?

ドライヤーを使ったのですが旨く乾燥してくれません。
良い知恵がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは(*^O^*)

梅酒や梅ジュースって、
手作りすると本当に美味しいですよね♪♪

さて、瓶の感想の件ですが、
殺菌の意味合いですよね??

その場合、
ちょっともったいないですが
焼酎でジャバジャバ洗えば
乾燥させなくても大丈夫かと思います。

でもやっぱり乾かしたい!!

…ということでしたら、

まずは瓶をようく水洗い。

次に、できるだけ大きなお鍋に
お湯をたっぷりとグツグツ沸騰させ、
そこに瓶を出来るだけ深く浸けて温めます。
(鍋が小さくて瓶の口が浸からず
中にお湯が入らない場合は空でも大丈夫!)

で、ゴム手を着けて
熱々の瓶を取り出してシンクに立てて置き、
その中に鍋のお湯を満タンに入れます。

続けて、瓶の中のお湯を一気に捨てます。

これで、殺菌された、
ほっかほっかの瓶の出来上がり☆ミ
後は勝手に、瓶の中の水分が暖められて
蒸発していきます。


今年もいいお味の梅酒を
楽しんで下さいね(*^3^)/~☆

Q自称梅酒名人 梅酒作り 得意な方に質問

今年初めて梅酒に挑戦です。

ネットでレシピを調べるとほんとそれぞれですね。

梅1キロに対し氷砂糖350グラムから1キロ・・・

あまりにも差があります。

あるサイトには砂糖は500グラム以上入れなければならないとも書いてましたが、350がベストって方も多くて。。。

で、毎年漬けてる方に質問です!!

友達に人気!旦那が美味しいと飲んでる!なんていうレシピ教えてください。

もちろんその通りできる訳も無く、

きっと梅の種類や氷砂糖までこだわってる方もいると思いますので。

ただ氷砂糖、梅、焼酎の割合が知りたいです。

それぞれ好みがあるのもわかってますがこっそり教えてください。笑

ロックで飲みたいです。

Aベストアンサー

こんばんは。
初めての梅酒、ドキドキですね。

基本的には、糖分はお好み+全部が浸るだけのホワイトリカーだと思います。
それでも、私も初めて漬ける時は
いろんな人のレシピを読みあさりました。懐かしい。
なので、今までずっと作ってきた中でも、
身近な人たちがいちばん褒めてくれた私のレシピを書きます。

普通の梅酒(3リットル瓶使用)
青梅 600g
氷砂糖 390g
ホワイトリカー 1080cc

黒い梅酒(2リットル瓶使用)
青梅 450g
氷砂糖 200g
黒砂糖(塊) 90g
ホワイトリカー 810cc

なんだかチマチマした量でスミマセン。
どちらも1年後に梅を取り出し、それから飲み始めました。
今は5年物になっていますが
3年半物の頃がいちばん好評でした。
アルコールや糖分の種類と割合に変化を付け、
実験的にいろいろしましたが、
うちではホワイトリカーと氷砂糖使用のものが喜ばれます。
35°未満のアルコールで漬けたものは半年頃が人気で、
1年を過ぎたら誰も飲みません。
ちなみに、飲み方はロックか水割り、甘いお酒が苦手な一族です。
参考にしていただければ幸いです。


あと、手元に、祖母と一緒に漬けた26年物があるんですよ~。
これは大樽に、とんでもない量を仕込んだ記憶があります。
この26年物、梅に対して、なんと同量の氷砂糖が入っています。
焼酎は酒屋さんを買い占めるような騒ぎ・・・
当然動かせなくなりますから、床下に潜って作業しました。
1年後に梅を取り出し、これまたとんでもない本数の酒瓶に移して保存。
透明だった梅酒は、現在、真っ黒な液体です。
あれだけ氷砂糖を使ったのに、私の梅酒より酸っぱいです。でも強烈に甘くもあり。
梅酒を超えた、なにか、デラックスで芳醇なオーラを放っています。
まだ4升半隠し持っているので、50年物くらいにはしたいです。

甘味は足せるから、飲む時にグラスに足したらいいって、
糖分控えめで作ればいいって、ずっと思ってきました。
実際、10年未満ならそれで美味しく調整できます。
でも、26年物はダメです。味を足すと、不味くなっちゃうんです。
ですから、孫の代まで保存する計画でしたら
糖分を継ぎ足さないで済むレシピが必要かもしれないです。


すっかり長くなってしまいましたが、
どうか主さんの梅酒が美しく芳しく美味しくできますように。
この時期だけのチャレンジです、楽しんでくださいね。

こんばんは。
初めての梅酒、ドキドキですね。

基本的には、糖分はお好み+全部が浸るだけのホワイトリカーだと思います。
それでも、私も初めて漬ける時は
いろんな人のレシピを読みあさりました。懐かしい。
なので、今までずっと作ってきた中でも、
身近な人たちがいちばん褒めてくれた私のレシピを書きます。

普通の梅酒(3リットル瓶使用)
青梅 600g
氷砂糖 390g
ホワイトリカー 1080cc

黒い梅酒(2リットル瓶使用)
青梅 450g
氷砂糖 200g
黒砂糖(塊) 90g
ホワイトリカー 810cc

なんだかチマ...続きを読む


人気Q&Aランキング