出産前後の痔にはご注意!

マッコンキー寒天培地をつかって、先日微生物の培養実験を行いました。

ネットでいろいろ調べたら
E.coli が赤色を、Staphylococcus属が淡いピンク色を示す。と書いてありました。

しかし、実験の結果をみたところ
E.coliが濃いピンク~紫色で、S.aureusが赤色(何も生えていない)になっていました。

これはなぜなのでしょうか?
わかる方、いらっしゃいませんか?

よろしくお願いします。

「マッコンキー寒天培地」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

マッコンキー培地の組成およびpHは、確認されましたか?


この培地は、グラム陰性菌の中でも腸内細菌群の乳糖分解性を指標として、いくつかの菌種を区別するための培地です。
つまり、乳糖を分解して酸を生成したかどうかをpH指示薬で観察できるようにした培地です。
また、胆汁酸が添加されているため、グラム陽性細菌は生育できないようになっています。

培地が決められた通りにつくられていれば、未植菌ではペプトンの色(黄色)をしているはずです。
それは、培地組成に含まれるニュートラルレッドが中性では黄色なので、培地に赤みのある色はでないようになっています。
ちなみにマッコンキー培地は通常pH7.2で調整します。
この培地では、3つのパターンの生え方をする細菌が出てきます。
1、生育しない
2、生育するが、呈色はしない(プレートは黄色のままで、無色のコロニー)
3、生育して、濃い赤色の呈色(コロニーはレンガ色の混濁したコロニー)

1、はグラム陽性細菌ということになります。ちなみに、Staphylococcus aureus(黄色ブドウ球菌)はグラム陽性菌ですので、マッコンキー培地では非生育細菌の指標とされています。

2、はグラム陰性菌ですが、乳糖を分解しないという菌を示します。サルモネラなどがこれにあたります。

3、はグラム陰性菌で乳糖を分解し、培地に酸を生産した菌を示します。pHが下がるのでニュートラルレッドが反応し、赤色になりますし、胆汁酸が析出し、混濁した状態になります。大腸菌がこれにあたります。

今回の実験は、生育しないはず(陰性のコントロール)であるStaphylococcusの培地で赤色呈色があったとのことですが、培地作製時に問題があったのではないでしょうか?
つくった時の色が既に淡い赤色を呈しているのなら、それはpH調製をしていないので既にニュートラルレッドの色が出ているのではないかと考えられます。未植菌の培地を同時に培養するコントロールは置いていますか?
菌株を植えていないのに呈色したりする場合は、培地調整がきちんとできていないので、菌株の同定(大腸菌か同課などの判定)は全くできない実験をしているということになり、意味がありません。
また、ネットで、Staphylococcusは淡いピンクという情報があったということですが、きちんと微生物学の本や学術書で調べた正しい情報を元に実験をされた方がいいでしょう。私が使っている本培地および標準菌株は、淡いピンクにはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MCAにフェノールレッドが含まれていたようです。
培養できるできないという結果自体はあってたので、大丈夫そうですね!

詳しい解説ありがとうございました!
実習発表にも参考にさせていただきます!

お礼日時:2013/05/29 23:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオキシダーゼ反応ってどんなのでしたっけ?

細菌の同定に用いるオキシダーゼ反応ってどんな反応ですか?

手持ちの本に載っていなかったので教えてください。
たしか、細菌を2分する視標だとおもったんですけど。

これが陽性の菌と陰性の菌で何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

細菌の同定に用いるのに「カタラーゼ反応」があります。
コロニーに過酸化水素水をかけて酸素の発生の有無を調べるやつです。
見当違いならすみません。

QTSI寒天培地の糖分解について

微生物の実習にてTSI寒天培地の原理及びVP反応についてしらべています。
・TSI寒天培地の糖分解についての質問なのですが、ブドウ糖を発酵的に分解する菌 においては高層部の黄変が、ブドウ糖の分解及び乳糖または白糖の分解があれば 培地全体が黄変し、乳糖または白糖の分解能のみであれば斜面部が赤く変化する とかかれているのを多くみます。
 しかし、TSI寒天培地というのは乳糖も白糖もブドウ糖も全部混ざっているのに、 なぜ斜面部で乳糖や白糖の分解がみられるのかが理解できません。混ざっている のだから斜面部でブドウ糖の分解がみられてもいいと思うし、高層部において白 糖や乳糖の分解がみられてもいいと思うのですが、この辺のことを詳しく書かれ ているHPまたは文献があればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

私はこの培地を使ったことは無いですが、手元の微生物の教科書(講談社)には下のようになっています。
1)ブドウ糖のみ発酵
菌がブドウ糖を完全に消費した後、ペプトンを利用し始めペプトンの分解でアンモニアが生じ、培地をアルカリ側にする(赤)。高層部ではグルコースが嫌気的に分解され、その最終生産物がpHを酸性に保つ。48時間以上になると高層部でもペプトンを利用し、アルカリになる。
2)乳糖、白糖の何れかとブドウ糖の発酵
乳糖、白糖の培地中濃度が高いため、消費されつくしていない→全体が酸性(黄)
3)何れの糖も発酵しない
好気、嫌気性両方→全体アルカリ(赤)
好気性→斜面アルカリ(赤)高層変化無し

質問の条件と少し違いますが、参考までに。
詳細は微生物の本をご確認下さい。

日本薬局方の一般試験にも載っているのじゃないですか。たぶん解説があるはず。(完全に推測)

一応、菌毎の変化については下見て下さい。
http://www.nihon-pharm.co.jp/lifetech/product/3_057.html

Q大腸菌の世代時間について

先日、大腸菌を培養して世代時間を求めるという実験を行ったのですが、僕が出した世代時間は48分となりました。しかし、大腸菌を資料で調べていると大腸菌の世代時間約30くらいのようでした。僕らの出した結果とは18分も差がありました。これは僕が培養した大腸菌が分裂するのに時間がかかったということですよね?何故こういうことが起こってしまったのでしょうか。これは大腸菌の発育至適温度から離れていたということなのかと思い、大腸菌の発育至適温度を調べてみると約37℃でした。そして、僕が実験中保っていた温度も35℃から38℃でした。それほど変わらないはずなのに、文献値と僕の出した世代時間の差は18分もあります。これは温度が少し至適温度からずれただけで、細菌の分裂に大きく影響するということでしょうか?それとも他に理由があるのでしょうか?ちなみに培地はLB培地というのを使いました。

Aベストアンサー

エアレーション(振盪速度、容器の形状等)の影響を大きく受けます。

例えば、試験管にそれなりの量を入れて、振盪培養器に斜めに挿して150rpm程度で振盪した場合、エアレーションが不十分で、増殖速度は制限されてしまいます。
そこで、十分なエアレーションを確保するために、世代時間を求める実験をするときには、L字型試験管を使うことも多いです。試験管ごと吸光度を測定するのでなく、サンプリングして測定するなら、大き目のひだ付きフラスコまたは、坂口フラスコに、少な目の培地を入れて培養してもいいでしょう。

Q微生物検査学実習で・・・

先日、微生物検査学実習で菌の判定をしました。
VP反応陽性菌で、
1.Klabsiella pneumoniae
2.Klabsiella oxytoca
3.Enterobacter cloacae
4.Enterobacter aerogenes
5.Pantoea agglomerans
6.Serratia marcescens
7.Serratia marcescens(色素)
の7つの菌を判定しました。
平板培地では、ドリガルスキー改良培地と
マッコンキー寒天培地を・・・
試験管培地では、TSI,SIM,VP,SC,U,
Ly,Or,Ar,DNAを判定したのですが・・・
実習時間が少なく、
ちゃんとした判定ができませんでした。。
まだ実習回数も少なく、基本的な菌の知識もないので、
よくわかりません。。
おわかりになる部分でもいいので、
ご協力どうかお願いします。

Aベストアンサー

何がわからないのでしょうか?
聞きたいところがわかりません。
判定方法?菌の特徴?

直接回答できるかわかりませんが、質問が具体的でないので他の方も回答しにくいと思います。

Q臨床検査技師の国試対策を始めた頃について教えてください

臨床検査技師を目指す大学2年生です。
今年の4月で3年生になります。
春休みに入ってから気づいたもので
先生に相談することが出来ませんでした…。
なので、臨床検査技師の方々のお話を聞かせてください!

そろそろ国家試験が現実的な話になってきて不安です。
最近、ネットで国家試験対策について調べているのですが
みなさん、国家試験の過去問をかなりの回数繰り返していたり
過去問も5年分…10年分…と量が多いですよね。
そうすると、この春休みから徐々に勉強していくべきだなと思ったのですが
その勉強方法について悩んでいます。

過去問を解きつつ、出題傾向などから
重要な事柄をまとめていき、覚えていく…
と、いう方法のほうが私の性格には合っていると思うのですが
(私は膨大な量の情報を上手にまとめることが苦手です…)
成績トップクラスの友達のテスト前の勉強を見ていると
1から10までキッチリまとめて頭に叩き込むという方法が多いようなので
国家試験対策も、そこから始めるべきなのかな?とも感じてしまいます。
1,2年で勉強したもののみとなると、
解ける問題もまだまだ少ないでしょうし…。
でも、まとめて覚えるといっても情報量が膨大ですよね!?

国家試験対策の勉強を始めたばかりの頃は
皆さんはどのような勉強をしていたのでしょうか??
この春休みから始められる良い勉強方法などがありましたら
アドバイスしていただきたいです!!

宜しくお願いします!

臨床検査技師を目指す大学2年生です。
今年の4月で3年生になります。
春休みに入ってから気づいたもので
先生に相談することが出来ませんでした…。
なので、臨床検査技師の方々のお話を聞かせてください!

そろそろ国家試験が現実的な話になってきて不安です。
最近、ネットで国家試験対策について調べているのですが
みなさん、国家試験の過去問をかなりの回数繰り返していたり
過去問も5年分…10年分…と量が多いですよね。
そうすると、この春休みから徐々に勉強していくべきだなと思ったのですが...続きを読む

Aベストアンサー

3年生から始めようなんて偉いです!!
私は最終学年の秋位から、過去問5年分で勉強しました。
実際、数ヶ月必死に勉強すれば受かる位のレベルだと思います。

でも、国家試験の前には就職活動という壁を乗り越えなければなりません。
進学や企業就職なら専門科目はさほど関係ありませんが、病院就職なら4年の秋に照準を合わせ、早めに始めるに越したことはありません。

国試対策ですが、
>過去問を解きつつ、出題傾向などから
>重要な事柄をまとめていき、覚えていく…
というやり方でいいと思います。
過去問は10年分も必要ないかと。あまり遡っても情報が古かったり、傾向が違ったりするので5年分で充分です。

個人的には次のようなやり方で勉強していました。
(1)過去問5年分をすべてコピー
(2)勉強する科目の問題をすべて切り抜く
(3)一問一問切り離して、似たような問題、同じカテゴリーに属する問題を集めて分類する
(4)分類ごとに問題をルーズリーフの左半分に貼る
(5)右半分に解答と、関連する知識を教科書で調べてまとめる

これを最初から最後までやってました。
切ったり貼ったりが最初面倒でしたが、慣れるとその作業だけでも傾向がつかめるようになります。
また、後で見返した時に、問題と知識のまとめの両方を一度に確認できるので便利です。学校で配られたプリントなども追加できるように、ルーズリーフがおすすめです。

今からなら焦る必要はまったくないので、ご自分に合った勉強法を見つけてください。どんなやり方でも、一問一問じっくり教科書をめくり、理解しながら勉強してくださいね。
がんばってください。

3年生から始めようなんて偉いです!!
私は最終学年の秋位から、過去問5年分で勉強しました。
実際、数ヶ月必死に勉強すれば受かる位のレベルだと思います。

でも、国家試験の前には就職活動という壁を乗り越えなければなりません。
進学や企業就職なら専門科目はさほど関係ありませんが、病院就職なら4年の秋に照準を合わせ、早めに始めるに越したことはありません。

国試対策ですが、
>過去問を解きつつ、出題傾向などから
>重要な事柄をまとめていき、覚えていく…
というやり方でいいと思います...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Qウイルスの力価(titer)とは?

ある本を読んでいて「感染者でウイルスの力価が低い」というような記述があったのですが、ウイルスの力価とはどうゆう指標なのでしょうか?
また、力価が低い場合どうゆう意味なのでしょうか?

教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 具体的にどうやって力価を測定するか説明した方が判りやすいでしょう。

 まず、検体(ウイルスが含まれる液体)を段階希釈します。2倍ずつ段階希釈すると2倍、4倍、8倍、16倍・・・に希釈されたウイルス液ができることになります。10倍ずつなら10倍、100倍、1000倍、10000倍・・・ということになります。

 そしてそれらのウイルス液を、そのウイルスに感受性を持っている(そのウイルスが感染することができる)モノに感染させます。それは培養細胞だったり発育鶏卵だったりします。

 その後、ある一定の期間後にその細胞なり発育鶏卵が「ウイルスに感染しているかどうか」を調べます。
 何をもって「ウイルスが感染しているか」判断するのは、測定方法によりいろいろあるのですが、最も単純な細胞変性効果(CPE)を指標とするのでしたら、判定は細胞を顕微鏡で観察してCPEが起きているかどうかを見るだけです。

 で、最終的には「どの希釈濃度まで"感染"することができたか」という数字がそのウイルスの力価となります。
 その数字の出し方や単位は、ウイルスや手法によっていろいろあります。1つのウイルスでもいろいろな方法で力価を測定できますし。

 例えば、インフルエンザウイルスの力価を測定する方法を2つ挙げてみます。

 1つはこのウイルスが持つ「赤血球凝集能」を利用する方法で、ウイルス液を2段階希釈した液を鶏の赤血球と反応させます。
 例えば64倍希釈した液までが赤血球を凝集し、128倍では凝集しなかった場合、このウイルスの力価は「64単位」という言い方をします。
 この手法(HA法)は、反応時間が1時間ほどと短く、反応させる赤血球もラボで採血用の鶏を飼っていれば採血~赤血球調整まで1時間もあればできてしまうので、たいへん手軽に実施可能です。
 インフルエンザウイルス以外にも赤血球凝集能を持つウイルスはけっこうあるので、比較的多用される力価測定法です。ただ、赤血球ならなんでも良いというわけではなく、「豚の赤血球」でなければならないとか「ヒトのO型の赤血球」とか、ウイルスによっていろいろです。どこまで本当か判りませんが、「鶏ではダメだけど烏骨鶏の赤血球ならうまくいく」みたいなものもあって、変わった動物の赤血球に凝集能を持つウイルスを分離した時は、採血する動物を探すのに苦労します。その動物を飼っているヒトや施設が見つかっても、血液が欲しい理由を説明するのに苦労したりして。(どう説明しても、その動物そのものを検査されると勘違いされてしまう)

 また、インフルエンザウイルスは犬の腎臓細胞に感染能を持っています。この犬の腎臓細胞は"株化"されているものなので、つまり市販されています。
 この犬の腎細胞を培養し、それに10段階希釈したウイルスを感染させ、1週間ほど培養してCPE(細胞変性)が起きているか確認する方法もあります。

 この場合、1種の希釈ウイルス液を4本の試験管(培養細胞)に感染させたとして、10000倍希釈のウイルス液が4本中2本の細胞を変性させたとすると、力価は「10^4TCID50/25uL」という表記になります。これは「10の4乗まで酌したウイルスが50%の細胞に感染した」という意味です。/25uLというのは、96穴プレートで試験する場合は、たいてい1wellあたり25uL(マイクロリットル)のウイルス液を接種するからです。
 上では「試験管」と書きましたが、現在ではたいてい96個の穴(well)が開いたプレートを使います。私が初めてウイルスを習った先生は「対トレーションは試験管でやらねばならぬ!」という信念の人でしたが・・・

 同様にインフルエンザウイルスは発育鶏卵(胎仔がいる受精卵です)にも感染するので、やはり10段階希釈したウイルスを9~11日齢の発育鶏卵の尿腔膜内に接種する方法もあります。判定方法は基本は細胞と同じなのですが、鶏胚が死滅するのを見るのか尿腔液を回収してHAの有無を見るのかといったところです。
 この場合、単位はEID50を使います。「50%の卵に感染する」という意味合いです。
 ちなみに細かいことですが、TCID50もEID50も"50"は下付き文字で表記します。

 細胞の場合、ウイルスによって感受性細胞は異なりますので、ウイルスの検査機関では常に10-20種類の細胞を培養しています。
 株化細胞であれば「買える」のでいいのですが、ウイルスには"初代培養細胞"でないと感染しないものもあります。まあノーマルでは細胞は元の臓器から培養するとせいぜい数代しか保たないのですが、「異常を来して半永久的に継代可能になった細胞」が"株化細胞"です。
 初代培養細胞でないと増えてくれないウイルスも多々あるため、この初代培養細胞は基本的に自分で作るしかないので苦労することになります。
 なのでたまに「妊娠した牛の新鮮な死体」などが手に入ると、いそいそと胎仔を取り出して細胞を作るというわけです。中にはすごくレアな「羊の胎仔肺細胞」なんて細胞を持っている人がいたりして、私がさんざ苦労して分離できなかったウイルスをその人がそのレアな細胞であっさり分離してしまったりすると、ちょっと悔しかったりします。
(ちなみにここで言う「分離」と力価測定は作業的にはほぼ同じです)

 このように、いわばウイルスの力価とは「結果論」なんです。
 「このウイルスはVero細胞で10^4TCID50/25uLの力価だった」という場合、この数字は"このVero細胞との組み合わせ"でしか通用しません。同じウイルスをMDCK細胞に接種すれば10^2しか出ないかもしれませんし、逆に10^8くらい出てしまうかもしれません。
 また、同じVero細胞であってもAというラボとBというラボで培養されているVero細胞が「同じもの」である保証もあまりないです。元は同じ細胞でも、それぞれのラボで何代も何代も継代されていくうち、「別物」になってしまうことはよくありますから。
 また、あるラボで培養されている細胞が、新たにあるウイルスに対する感受性を獲得することもよくあります。そうなるとその細胞は例えば"Vero-Jagar細胞"というように新たに名前が付けられて株化される、というわけです。
 そうすると今まで力価測定が不可能だったウイルスが可能になるわけです。

 つまりNo.2さんの回答に付け加えるなら、「その細胞がそのウイルスに対する感受性が低い」という要因もあるわけです。
 例えばコロナウイルスなど、患者の便中にはけたたましい量のウイルスが存在するのですが、「力価を測定」するとロクな数字が出ません。ノロウイルスに至っては未だ感受性細胞が見つかっていないため、力価測定不能ですし。つまり言い方を変えると、どんな系で試験しても「力価ゼロ」という結果しか得られないわけです。
 「力価は結果論」というのはそういう意味合いです。

 具体的にどうやって力価を測定するか説明した方が判りやすいでしょう。

 まず、検体(ウイルスが含まれる液体)を段階希釈します。2倍ずつ段階希釈すると2倍、4倍、8倍、16倍・・・に希釈されたウイルス液ができることになります。10倍ずつなら10倍、100倍、1000倍、10000倍・・・ということになります。

 そしてそれらのウイルス液を、そのウイルスに感受性を持っている(そのウイルスが感染することができる)モノに感染させます。それは培養細胞だったり発育鶏卵だったりします。

 その後、あ...続きを読む

Q世代時間の計算(微生物学)

微生物学の計算で世代時間を求める計算方法が分かりません。

Q.対数増殖期の初期に10^4個あった細菌が、末期の4時間後には10^8個に増殖した。この細菌の世代時間を求めよ。

A.18min

です。計算の方法を教えて頂きたいです(;_;)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

10^4個の細菌が10^8個に増えるには、何回分裂すればよいか考える。

(細菌が10^4倍に増えれば、トータルで10^8個になる)

1回目の分裂で細菌は2倍、

2回目の分裂で細菌は4倍、

3回目の分裂で細菌は8倍…

x回目の分裂で、細菌は2^x倍となる。

これを解いて、細菌が10^4倍になるまでの分裂回数を求め、

それで時間(4時間)を割れば、世代時間(1回分裂するまでの時間)が出ます。

Q石鹸後になぜ細菌が増える?

こんにちは、早速質問なのですが、
手洗いの実験をして、水洗い、石鹸で洗い、
消毒剤で洗い、で洗ったところ、
水洗いより石鹸で洗ったほうが細菌数が増えました。
それは何でなんでしょうか??
そのような事が載っている本があれば教えてください!
お願いします!!!!!
あと、次のようなことが載っている本も教えてください!
・石鹸、消毒剤の作用の違い
・皮膚の構造、皮膚の細菌叢
よろしくお願いします!!!!!

Aベストアンサー

>手洗いの実験をして、水洗い、石鹸で洗い、
>消毒剤で洗い、で洗ったところ、
>水洗いより石鹸で洗ったほうが細菌数が増えました。

●これは、手洗いが義務付けられている飲食業の現場においてよく起こることです。(質問者様の実験が該当するかはわかりません。)

(1)焼肉店や洋食屋などでは、手に脂層が出来ます。よく泡立てて手洗いをしても、なかなか脂層は完全に取れず、また脂層に入り込んでいた菌を表面に出してしまうわけです。この後の殺菌をどのような手段で行ったかによっても異なりますが、アルコール殺菌等の場合は非常にありがちです。
エタノールは70%前後の濃度で優れた殺菌効果を有していますが、
手に水分が付着していれば効果が薄まるなど、実際に実験してみると意外と菌が残っている事もあります。又、すべての菌に有効なわけでもないですし、芽胞(菌の種みたいなもんです。)には効果がありません。


(2)また、次亜塩素酸ナトリウム溶液(ハイターを薄めたものです。)は非常に強い殺菌力を有しており、これを使用すればかなり効果が期待できますが、乱用すると肌がボロボロになりますので、肌の間に最近が入り込んで繁殖しやすくなります。

(3)ほかに、薬用石鹸による消毒があります。
塩化ベンザルコニウム」(逆性石ケン)や、 トリクロサン を使用したものが一般的ですが、逆性石鹸は、手に普通の石鹸成分が残っていれば効果は期待できないですし、これらは殺菌というよりは気休め程度に考えたほうが良いです。
●あとは補足があれば、またコメントしましょう。

参考URL:http://www.kenko.com/product/seibun/sei_831035_H.html

>手洗いの実験をして、水洗い、石鹸で洗い、
>消毒剤で洗い、で洗ったところ、
>水洗いより石鹸で洗ったほうが細菌数が増えました。

●これは、手洗いが義務付けられている飲食業の現場においてよく起こることです。(質問者様の実験が該当するかはわかりません。)

(1)焼肉店や洋食屋などでは、手に脂層が出来ます。よく泡立てて手洗いをしても、なかなか脂層は完全に取れず、また脂層に入り込んでいた菌を表面に出してしまうわけです。この後の殺菌をどのような手段で行ったかによっても異なりますが、ア...続きを読む

QプラスミドDNAの抽出法

実験でプラスミドDNAの抽出をアルカリ法によって行いましたが、アルカリ法の原理がわかりません。
自分でも調べてみましたが、原理はわかりませんでした。
原理をココで教えてくれる方、良いHPを知っている方、何か教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

菌を適当なバッファーに再懸濁します(グルコースが入っているのが一般的ですが、浸透圧をあわせるだけで、あまり重要ではありません)。

アルカリとSDSでタンパク質や膜成分を可溶化し溶菌します。同時に大腸菌のゲノムDNAはアルカリ変性して一本鎖状態になります。スーパーコイル状のプラスミドは変性しにくいのでそのまま残ります(プラスミドまで変性しないように冷やしたり、短時間にします)。

そこに酢酸カリウムなどの塩を加えると急激に中和されるのと同時に塩析作用で、タンパク質-SDS複合体と変性DNAを不溶化します(冷やすこと、時間を置くことで沈殿の形成を促します)。これを遠心分離すると上澄みにプラスミドが残ります。

塩を含んだ上澄みにアルコールを加えると溶けていたプラスミドがアルコール沈殿を起こすので、これを遠心分離して沈殿として回収します。70%程度のエタノールで沈殿から塩を洗い流します。


人気Q&Aランキング