PVAの発熱量はどのくらいなんでしょうか?
文献を調べても見つかりませんでした。

それと、水素分は何%含まれているものでしょうか??

回答宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一般的にはその物質の融解熱と蒸発熱を


差し引いてやれば、固体を燃やしたときの
熱量になりますが、どちらも載ってないんですよね。

あと、申し訳ありませんが、水素の計算間違えてました。
-C(OH)CH-じゃなくて
-CH(OH)CH2-ですから、9.15%です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも、ありがとう御座いました。
再度水素分の計算をしていただきましてありがとう御座いました。

お礼日時:2001/05/28 13:38

inorganicchemist さんへの補足で,「化学便覧・モリソンボイドの有機化学です。

ほかの文献もみましたが、実際どのような本をみたら良いのかさっぱりわかりませんでした。」とありますが,高分子に関することでしたら,「高分子化学」や「ポリマ-」といった分野の成書を御覧になる方が良いと思います。

以前に,高分子に関する別の質問(QNo.62427 高分子の立体規則性とその構造の違いによる影響について)で,MiJun さんが紹介されている次の本は見られましたか。

高分子学会 編「高分子データハンドブック」(培風館)1986年

もし既に御覧になった後でしたらお許し下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

指示頂きました文献を見てみます。

ありがとう御座いました。

お礼日時:2001/05/28 13:41

化学便覧に載ってないですね。


私も便覧以外の資料は普段使わないので
高校化学の結合エネルギーから計算してみました。

PVAの気体1グラムが完全燃焼したときに生じる
熱量は約28kJになります。

ただし、ほかの方が、実測値を与えてくださったら、
そちらの方を信用してください。 

参考までに、同じ方法で計算した、エタノールの燃焼熱は
気体のエタノール1グラムあたり約30kJになり、
これに対する実測値は28.9kJです。

水素の重量%は
-C(OH)CH-の無限構造だとすると、
4.80%です。

水素の%は問題ないですが、燃焼熱は参考程度に
なさった方が無難です。

お役に立てず申し訳ありません。

この回答への補足

>PVAの気体1グラムが完全燃焼したときに生じる
>熱量は約28kJになります

私の元の質問文章が足りず申し訳ありません。
私が知りたかったのは個体が完全燃焼したときの発熱量です。
気体のPVAの発熱量と固体のPVAの発熱量は異なるものなのでしょうか?
追質問になりますが宜しくお願いします。

補足日時:2001/05/25 19:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になります。
お忙しいところ、私の質問に付き合ってくださいまして
ありがとうございましたm(__)m。

お礼日時:2001/05/25 19:09

PVA=poly-vinyl alcohol(ポリビニルアルコール)


で、よろしいのでしょうか?

「水素分」というのは純粋なPVA中に水素原子が
どの程度含まれるか?を重量パーセントで表す、
いわゆる元素分析値でよろしいのでしょうか?

文献とは具体的に、なにを調べられたのでしょうか?

以上、他の方が答えられるにしても、必要なことかと
存じますので、補足をお願いします。

この回答への補足

早速のレスありがとうございます。

>PVA=poly-vinyl alcohol(ポリビニルアルコール)
>で、よろしいのでしょうか?

はい。

>「水素分」というのは純粋なPVA中に水素原子が
>どの程度含まれるか?を重量パーセントで表す、
>いわゆる元素分析値でよろしいのでしょうか?

はい。

>文献とは具体的に、なにを調べられたのでしょうか?

化学便覧・モリソンボイドの有機化学です。
ほかの文献もみましたが、実際どのような本をみたら良いのか
さっぱりわかりませんでした。

大変申し訳ありませんがよろしくお願いします。

補足日時:2001/05/25 17:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA重油燃焼の化学式

A重油燃焼の化学式

はじめまして。
ボイラーを使用しているのですが、A重油はどうやって燃えているのか化学式を知りたいのですが。

CH + O2 = ?

カロリーがどうやって発生しているのか、化学式と併せて御教授頂けましたら、幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

専門で無いので申し訳ないのですが....
まずA重油は混合物で化学式で表せません。

石油は以下の混合物です。
気体成分:CH4~CH410
ナフサ(ガソリン等):C5H12~C11H24
灯油:C9H20~C18H38
軽油:C14H30~C23H48
重油:C17H36以上

重油の内、A重油は軽質で低粘度ものを指しますので、
C17H36やC18H38等が主成分と思われます。

C17H39 + 26O2 → 17CO2 + 18H2O

Q高位発熱量と低位発熱量の関係式

高位発熱量(高発熱量)と低位発熱量(低発熱量)の関係は実用上、
次式で換算できるようですが、どうしてそうなるのでしょうか?

低発熱量=高発熱量-2500(9h+w)[kJ/kg]

ここで
h:燃料1kg中の水素分[kg]
w:燃料1kg中の水分[kg]

水の蒸発潜熱は、およそ2500kJ/kgなのでwは理解できるのですが、
9hはどこから導出されたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

正確なことは、よく分かりませんが・・・。
多分、水素結合している物質から、水素が分離する時の熱量だと思います。
燃料などに熱を加えると、水素が分離されます、その時の熱量でしょう。その分を差し引くと・・・低発熱量になるのだと思います。

Q脂肪、燃焼、肥満の化学式なんてある?

現在、コンセプトが脂肪、燃焼、肥満のロゴマークを考えています。そこでふと思ったのですがこの3つの関係式のようなものはありますか?BMIの式とかではなくこの3つのキーワードを使った式です。

脂肪、燃焼、肥満それぞれの化学式などもあればそちらもお願いします。

Aベストアンサー

化学式は物質しか表すことは出来ません。
燃焼は現象、肥満は身体の状態ですから、化学式で表すことが出来ません。
脂肪はCH2(OCOR)-CH(OCOR')-CH2(OCOR'')
という化学式で表されます。

参考URL:http://www.water.sannet.ne.jp/masasuma/masa/p14.HTM#S4

Q仕事で配管洗浄をすることになりました。35%の過酸化水素を3%で使用し

仕事で配管洗浄をすることになりました。35%の過酸化水素を3%で使用したいのですが水1トンに対して何L使用すればよろしいのでしょうか!?当方全くの素人の為どなたかご教授お願い致します。

Aベストアンサー

#1です。
#2さん,間違いの指摘ありがとうございます。
指摘のとおり,35%が考慮されていませんでした。
#1は,破棄してください。余計なことを考えてしまった。

次のように計算しなおします。

水1[t]=1000[kg]にx[kg]の過酸化水素を加えて,3%の過酸化水素水を作るとすれば,
x/(1000+x)×100=3
です。
100x=3(1000+x)
で,これを解くと,
x=30.9[kg]
です。
これを,35%過酸化水素水でまかなうには,
30.9/0.35=88.29[kg]
必要です。
体積[L]になおすと,
88.29[kg]/1.130[kg/L]=78.13[L]
になります。

Q燃焼 化学式 MOL

理科の問題でMOLとかを習い第二鉄を燃焼させると酸化鉄は何グラムできるかという問題を解いていたのですが、燃焼の原理がだんだんわからなくなってきました。燃焼によって結びつく酸素の量は何によって決まるのでしょうか?MOLですかそれとも、化学式でFeOになるのでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

鉄の一般的な価数は+2と+3です。wikiを見ますと:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84
となっています。
つまりFeOは+2の第一鉄、Fe2O3は3+の第二鉄となります。
ここから先は酸素と鉄の「量」と「温度・圧力」などによって熱力学的に最も安定な相が決まります。
詳細についてはFeO(酸化鉄)、Fe3O4(四酸化三鉄。俗に四三酸化鉄)、Fe2O3(三酸化二鉄。俗に三二酸化鉄)について検索サイトで調べて下さい。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84

Q【水素電池の不思議なルール】 水素電池はプラス側が酸素でマイナス側が水素と決まっている。 なぜマイナ

【水素電池の不思議なルール】


水素電池はプラス側が酸素でマイナス側が水素と決まっている。

なぜマイナス側に酸素だと不味いのでしょうか?

どういう理由でどういう不都合があり利点は何なのか教えてください。

Aベストアンサー

電池とは、自発的に起こる酸化還元反応によって生じたエネルギーを電気エネルギーとして取り出す装置。

水素-酸素燃料電池では 酸素と水素を吹き込んでいるから、
水素が1価の陽イオン(電子を失う)、酸素が2価の陰イオン(電子を得る)になる。

簡略にリン酸型の場合の反応式を書くと
水素:2H2 →4H[+] + 4e[-]
酸素:O2 +4H[+] + 4e[-] →2H2O

電子の動きは水素→酸素になるから、電流としては、酸素→水素

だから、酸素が+側で、水素が-側。

Q化学式について

たびたびすみません。
メタンの燃焼とプロパノール(C3H7OH)の燃焼の化学式を教えてください。

Aベストアンサー

Cが3個なので、CO2は3個。
Hが8個なので、H2Oは4個。

あとは、
C3H7OH + nO2 → 3CO2 + 4H2O
で数のつじつまが合うように、O2の個数nを決めてやるだけです。

右のOは、3×2+4=10
左のOは、1+2n個
これらが等しいので、
1+2n = 10
n=9/2
C3H7OH + 9/2O2 → 3CO2 + 4H2O
2C3H7OH + 9O2 → 6CO2 + 8H2O

Qアンモニアに含まれる水素、窒素原子の数

アンモニア2.00mol中に含まれる水素原子は1.2×10^24個、窒素原子は3.6×10^24個であってますか?

Aベストアンサー

アンモニア分子(NH3)を1molもってくると、
その中にはN原子が1molと、H原子が3mol存在します。

それで、今回は
アンモニア分子(NH3)を2molもってきたわけですから、
その中にはN原子が2molと、H原子が6mol存在します。

もちろん、1molは、約6.0×10^23個ですから、
 N原子は、2×約6.0×10^23=約1.2×10^24個
 H原子は、6×約6.0×10^23=約3.6×10^24個 となります。

惜しくも、あなたの解答は、N原子とH原子が、逆になっていますね。
勘違いだろうと思います。
この計算の苦手な学生はいっぱいいます・・・・あなたは、計算方法というか、目の付け所はいいと思いますよ。
がんばって下さい。

Q化学式

たとえば

鉄+酸素=酸化鉄→3Fe+2O2=Fe3O4

というのが酸化鉄の化学式ですが・・

なぜ2O2なのですか?仮に酸素分子の事を言っていたとしても酸素分子はO2ですよね?なのになんで(左辺の式の方)2O2なんですか?
さらに分からないのが、3Feです。鉄やマグネシウムなどといった金属は分子を作らないと習いました。なのになぜ3Feなんでしょうか?
なぜ単純に
Fe+O=FeOにならないんですか?
これ以外にもこれと同じようなことで分からない化学式があります。
エタノールの化学式はC2H6Oですよね?
なのに、エタノール+酸素=二酸化炭素+水→C2H5OH+3O2=2CO2+3H2O
となります。
エタノールの化学式はC2H6Oなのになぜこの化学反応式だとC2H5OHになっているんですか?
二酸化炭素の化学式はCO2、一酸化炭素の化学式はCOで、たった1文字違いで全く違う物質になんてしまうのに・・!
酸素の化学式は(仮に分子のことを言うとしても02)Oなのになぜわざわざ3O2になるんですか?
わけがわかりません・・。
それとも、まだ中学校レベル、高校受験レベルではそういう化学反応式を理屈抜きで暗記するべきなのですか?
おしえてください、お願いします・・。

たとえば

鉄+酸素=酸化鉄→3Fe+2O2=Fe3O4

というのが酸化鉄の化学式ですが・・

なぜ2O2なのですか?仮に酸素分子の事を言っていたとしても酸素分子はO2ですよね?なのになんで(左辺の式の方)2O2なんですか?
さらに分からないのが、3Feです。鉄やマグネシウムなどといった金属は分子を作らないと習いました。なのになぜ3Feなんでしょうか?
なぜ単純に
Fe+O=FeOにならないんですか?
これ以外にもこれと同じようなことで分からない化学式があります。
エタノールの化学式はC2H6Oですよね?
なのに、エ...続きを読む

Aベストアンサー

>鉄+酸素=酸化鉄→3Fe+2O2=Fe3O4
>というのが酸化鉄の化学式ですが・・

これは「化学反応式」です。「化学式」は個々の物質やイオンを元素記号を用いて表したものです。
Fe O2 Fe3O4 これらが化学式です。

>酸素分子はO2ですよね?

そうですよ。

>なのになんで(左辺の式の方)2O2なんですか?
>さらに分からないのが、3Feです。鉄やマグネシウムなどといった金属は分子を作らないと習いました。なのになぜ3Feなんでしょうか?

化学式は理解されているようですが、まだ「化学反応式」についての理解ができていないと思います。
化学反応式は、個々の化学式の前に「係数」をつけて反応時の数の比を表しています。「2」O2の「2」や「3」Feの「3」は係数です。書かれていない場合は係数「1」が入っていると考えます。

>なぜ単純に
>Fe+O=FeOにならないんですか?

酸素は分子性物質であるので、原則として分子式であるO2(2は下付き)で表すという制限があります。
また酸化鉄と一言で書かれていますが、酸化鉄(II)FeO 四酸化三鉄Fe3O4 酸化鉄(III)Fe2O3 があります。
中学校の教科書は名称を区別していません(総称になってしまうので、「酸化鉄」では化学式を特定できません)が、高校以上では区別して扱います。

>エタノールの化学式はC2H6Oなのになぜこの化学反応式だとC2H5OHになっているんですか?

これは化学式の書き方の違いで、前者は分子式(1分子中の原子の種類と数を表す)、後者は示性式(同じ原子を完全にはまとめずに、物質が特定できるよう構造に分けて書き表す)で書かれています。どちらも正しいのですが、C2H6Oの物質は2種類存在する(もう1つはCH3OCH3)ため、区別したいときには示性式で書きます。ある程度複雑な有機化合物は示性式が一般的です。

>それとも、まだ中学校レベル、高校受験レベルではそういう化学反応式を理屈抜きで暗記するべきなのですか?

すべての物質が判明している化学反応式を書く(化学式がわかっているので係数を入れ、反応する数の比を求める)のは純粋に理屈ですよ。化学反応では原子の種類と数が変らない。(左辺と右辺の原子の種類と数は同じ)それを満たすように係数という比を求めるのです。一種の数のパズルですね。

やり方は学校で学んでください。目算法と未定係数法がありますが、未定係数法は入試問題を解くための方法で、実用的価値はあまり無いと思います。(すべての反応物・生成物の化学式が判明しているという条件は稀です)ですから何でも未定係数法というのはお勧めできません。

>鉄+酸素=酸化鉄→3Fe+2O2=Fe3O4
>というのが酸化鉄の化学式ですが・・

これは「化学反応式」です。「化学式」は個々の物質やイオンを元素記号を用いて表したものです。
Fe O2 Fe3O4 これらが化学式です。

>酸素分子はO2ですよね?

そうですよ。

>なのになんで(左辺の式の方)2O2なんですか?
>さらに分からないのが、3Feです。鉄やマグネシウムなどといった金属は分子を作らないと習いました。なのになぜ3Feなんでしょうか?

化学式は理解されているようですが、まだ「化学反応式」についての理解...続きを読む

Q濃度について。 塩分が2%の濃度の塩水と5%の塩分を混ぜたら 2%~5%の間の塩水が出来るらしいで

濃度について。

塩分が2%の濃度の塩水と5%の塩分を混ぜたら
2%~5%の間の塩水が出来るらしいですが
なぜ7%ではないのですか?
理屈を教えてください。

簡単な質問でスミマセンw

Aベストアンサー

理屈もなにも、素朴な感覚としても、もとより濃くなるのはおかしいことに気付きませんか?
5%より薄い水溶液を加えて、もとの5%より濃くなるはずがないし、
2%より濃い水溶液を加えて、もとの2%より薄くなるはずがありません。

絵の具なんかでも分かるでしょう?
白と灰を混ぜたとき、もとの白さよりもさらに白く輝いたり、もとの灰色よりも濃い黒色になったりすることはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報