ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

ようやく世間がハイビジョンテレビになったと思えば、
次は4Kテレビだそうです。

ハイビジョンは1920×1080だそうですので、約200万画素
それの4倍なら約800万画素ですよね。

ところが、カメラは普通のコンデジでも1000万画素もあり、
一眼レフでは3000万画素以上のものもあります。

私は写真を家のFullHD45インチテレビで見ますが、
それ以上必要とは感じません。

なぜ、そんなに画素数を増やすのでしょうか?
画素数を減らして、高感度特性を上げる方が、
便利だと思うのですが???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

まずデジタルカメラの解像度はプリントを前提にしています。


初期のデジカメはビデオカメラが基本だったので480x640 30万画素程度で
パソコンのモニター、テレビで見る分には充分でしたが
一般的なプリントサイズLサイズ(89x127mm)では荒れが目につきました。

私は500万画素で四つ切(254x365mm)のプリントで気になりませんが
四つ切には1000万画素が必要と考える人は多いようです。

写真店で500万画素の画像をA1(549x841mm)にプリントしたものを見たことがあります。
近くで見ると粒子のようなものが見えますが3mも離れれば綺麗な写真でした。

一般的なデジタルカメラなら500万画素充分と思いますが数字が大きい方が良く思えるのが人情です。
フィルムと比べれ遜色ない画質となると1000万画素は必要なのかもしれません。
1000万画素クラスの画像素子が大量生産され価格が安いのかもしれません。

巨大なポスター作成を前提とした撮影には高画素が求められるでしょう。
フィルムでは大きなフィルムで撮影していました。

>画素数を減らして、高感度特性を上げる
ニコンD4はその考えですね。
http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/d …
私は解像度はそこそこに色調表現に力をいれて欲しいと思います。
色調表現は数値化しにくいのかもしれませんね。

ブラウン管に迫る画質と言われている有機ELテレビの普及を待てず。
昨年末にブラウン管32インチを液晶40インチのテレビに買い替えました。
見慣れて着ましたが液晶は解像度は高くても悲しいかな画質の劣りますね
薄く細いフレームで小さなスピーカー音も携帯ラジオレベルのような
外付けのスピーカーシステムを売っている意味が理解できました。

さて4Kテレビですが 映画館では2kが現在主流のようです。
4Kになれば映画館の巨大な画像なら差が明らかでしょう。
ちょっと暗くなり目が疲れる3Dは見やすくなるかも知れませんね。

答えになっているようななっていないような
ごめんなさい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

色々参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/06/08 14:04

>画素数を減らして、高感度特性を上げる方が、


便利だと思うのですが???


テレビの高感度特性って何ですか?
その性能を上げるとどうなるのですか?

単なる聞いただけで理解できない単語を並べただけだと残念な方にしか見えませんよ…。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ごめんなさい質問のカテゴリがデジカメなので
デジカメについての質問のつもりだったのですが、
テレビの話に読めましたか、すみません。

ご指摘通り、デジカメの撮像素子の話です。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/08 14:07

質問者さんの考えの及ばないような需要があるから、ですね。


それ以上でもそれ以下でもありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/08 14:07

動画と静止画を同じ画素数で比較すると静止画の方が荒く見えます。


動画の場合、動いているものは高画素でも画素一つ一つを認識できません。ところが、静止画はじっくりと鑑賞するので荒さが目立ちます。仮に800万画素の静止画を45インチ相当に引き延ばすと荒さが目立ってしまうと思いますよ。45インチより小さいA3程度にプリントすることは私はよくありますが、800万画素では不足を感じることもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

写真全体が見える位置まで、A3でも45インチでも目から離せば、
ドットを見分けることは通常視力では困難です。

目を近づければドットが分かったとしてもそれは写真を見ている
のではなく、写真の一部を見ているだけです。
他の方へのお答えで、そんな見方をするのは探偵ぐらいだと
書きました。

ニコンのフォトコンも銀塩もプリントもなくなりデジタルだけになりました

ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/08 14:11

>質問は、4Kテレビですら800万画素なのに、なんで、コンデジでも1200万画素とか必要なのかわかりませんということです



決定的に違うのは、視聴方法です。
テレビは動画であり、それを拡大して見るということはありません。
フルHDであれば1920x1080ですが、動画の一部を切り取って拡大表示させてみるということはないですよね。
動画はモニタなりテレビなりで表示させるのが目的ですから、テレビの表示解像度以上の解像度は必要ないですね。
それに近くで見ることの多い写真を違って、テレビ動画は画面からある程度離れて見るのが基本ですから、解像度もそこそこでよいわけです。
それに動画は解像度を上げれば、データ容量をたくさんつかうので、簡単には上げられませんね。
今後放送が行われるであろう4kや8k動画も、今以上に圧縮率を高めるようで、4kになったから、単純に今の4倍のビットレートになるわけではないようです。


一方写真は、デジタルになってから、表示倍率次第でいくらでも拡大表示できます。
フィルム時代は、ネガをプリントされたものを見ることが殆どで、解像度はそこそこでも見られましたが、デジタルになってからは鑑賞方法が多様化しています。
単純にディスプレイに全画面表示させるなら、それこそ200万画素でも十分ですが、例えばA4サイズにプリントするなら、200万画素では不足します。プリントは、ディスプレイでの表示以上に解像度が必要で、一般に肉眼でドットが見えない程度のプリントは、200dpi以上と言われています。

私は3600万画素のNikon D800というカメラを使用しています。
自分も買う前は、こんなに画素数が必要なのかと思っていました。
ところが、これだけ画素数が高いと、トリミングと言って、写真の一部を切り出して使っても、まだ十分余裕がある画素数が得られるのです。
私は飛行機など飛びものも撮りますが、3600万画素の余裕があるので、写真をトリミングして構図を整える、というやり方も増えました。


画素数を上げず、高感度特性を高める、という意見のも一理あります。
ですが、技術は進歩しています。
画素数が600万画素程度だった時代と比較して、今のカメラの感度は悪いですか? むしろ画素数も上がりつつ、高感度も向上しているでしょう?
では、今の技術で画素数を落として感度を高めれば良いか? 恐らくそういうカメラはあまり売れないでしょう。もう600万画素のセンサも製造されていませんし、今から製造したとして、売れる数もたかが知れていますし、それで高感度耐性が上がるか? そしてそこまで必要か? それらを勘定すると、低画素センサが今後出ることはまずないでしょう。

ちなみに、D800は、常用感度がISO6400、拡張感度でISO25600まで、これでも十分ですが、3600万画素で撮ったものを、例えば800万画素程度まで縮小すると、ISO25600ですらノイズ感が下がります。
富士フィルムのカメラでは、以前EXR SNというモードが有り、画素混合により、画素数は落ちるものの、高感度耐性が向上するカメラもありました。

画像処理速度が向上すれば、高画素を生かし、逆に高感度耐性を上げるなんて使い方も今後は一般的になるかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/08 14:13

「質問は、4Kテレビですら800万画素なのに、なんで、コンデジでも1200万画素とか必要


なのかわかりませんということです。」

 メーカーが性能の良さをアピールできるところが画素数ぐらいしかなく、高解像度=高性能と誤解して買う人が多いからです。

 今使っているコンデジは1200万画素ですが、500万画素や200万画素モードしか使っていません。ホームページに載せるときは、800*600ドット程度で十分ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、一般大衆へのアピールですか
ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/08 14:12

>質問は、4Kテレビですら800万画素なのに、


なんで、コンデジでも1200万画素とか必要
なのかわかりませんということです。

4KTVの話は、横に置いて、コンパクトデジに絞った話。
私も、35mm判フルサイズやそれ以上のフォーマットサイズのセンサー機ならいざ知らず、1/2.3型サイズのコンパクトデジに1200万画素は不要と思う。

何故なら、レンズの解像度が追い付いていないから。
にも関わらず、一般ユーザーは、高画素=高画質と誤解しているし、そこに付け込んだメーカーも過当競争に打ち勝つために、高画素機を開発。その方が売り易いから。
当然、高画素になれば、高感度ノイズ耐性は不利になる。それを裏面照射型センサーで回避したり画像処理プロセッサー(エンジン)で誤魔化している。
だから、ちょっと大きく伸ばせば、化けの皮が剥がれ、ボロボロの絵になる。
その辺は、仰せのとおりだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/08 14:14

4Kテレビは、横3840×縦2160で合計829万4400。

つまり、フルハイビジョンの4倍の画素数となる。
しかし、今現在 映像ソースがない TV局からの配信も当分はハイビジョンのまま、買う意味がない。

放送局で開発されているのはNHKの8K(スーパーハイビジョン)、フルハイビジョンの実に8倍、テスト段階はすでに終わっており2018年の方放送を目指しているいるがこちらは受像機(TV)が未定、シャープが開発を進めていたが凍結?。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/08 08:13

私は、解像度の必要なときは4400万画素のカメラを使っています。



また、高感度が必要なときは1600万画素のカメラを使っています。

ふだんはまったく気にしたことがありませんが、
私のビデオカメラは800万画素のようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/08 07:57

>ハイビジョンは1920×1080だそうですので、約200万画素


それの4倍なら約800万画素ですよね。

TVの場合、画素ではなく走査線で、水平4000×垂直2000本の解像度で、お考えどおり、地デジの約4倍の情報量があります。


>画素数を減らして、高感度特性を上げる方が、
便利だと思うのですが???

それは、デジカメの話であり、TVでは無関係。


4KTV。業務用ですが、既に4K対応ビデオカメラも販売されていますし、対応ソフトが増えれば、いわゆるホームシアターとして普及していくのではないでしょうか?
まぁ、我が家は狭いので、TVは室内に据えても、観賞は庭でと言う事にもなりかねませんが・・・(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

質問は、4Kテレビですら800万画素なのに、
なんで、コンデジでも1200万画素とか必要
なのかわかりませんということです。

写真の一部を拡大するとかの探偵みたいな
作業をするには必要なのかもしれませんが・・・

お礼日時:2013/06/08 08:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q画素数=解像度=画面の大きさ?

画素数が1366x768のテレビと
http://kakaku.com/item/K0000260414/spec/#tab
画素数が1920x1080のテレビでは
http://kakaku.com/item/K0000324278/spec/#tab
どちらが映りがいいのでしょう?

1920x1080の方は、フルハイビジョンだから1920x1080なだけで映りは変わらないですか?

また、画素数=解像度=画面の大きさと思っていいのでしょうか?

Aベストアンサー

TV自体なら、1920x1080のテレビの方
(TV放送をそのままの状態で見る場合、地上デジタル(1440×1080)、BS・CS(1920×1080))
DVD(720×480)を再生するなら、補正無しなら、1366x768のテレビの方が綺麗です
(1366x768のテレビの方が画面サイズが小さいので:32v以下のサイズが多い)
(1920x1080のテレビの場合(32Vの一部37V以上)、補正機能(超解像技術とか)があるので、その性能差で変わってきます)

>また、画素数=解像度=画面の大きさと思っていいのでしょうか?
 ・解像度と画素数
   ハイビジョン:1366×768 画素数:約105万画素
   フルスペックHD:1920×1080 画素数:約207万画素
 
   地上デジタル放送:1440×1080 画素数:約156万画素
   BS・CS放送:1920×1080 画素数:約207万画素

   DVD:720×480 画素数:約35万画素
   BD:1920×1080 画素数:約207万画素
 ・画素数=解像度 おおむねその様になります
 ・画面の大きさですが、画面が大きくなると、一つ当たりの画素の大きさが大きくなります
  ある程度の大きさを超えると(画像を拡大するとぼけてくるので)補正を行う必要があります
  それでも限界があるので、大画面に対応するために、4KTVが開発され発売されています
  4KTV:3840×2160 画素数:約829万画素 ・・フルHDの約4倍の画素数
 ・画面の大きさが=になるのは、そのTVの補正能力でそのサイズが違ってきます
 

TV自体なら、1920x1080のテレビの方
(TV放送をそのままの状態で見る場合、地上デジタル(1440×1080)、BS・CS(1920×1080))
DVD(720×480)を再生するなら、補正無しなら、1366x768のテレビの方が綺麗です
(1366x768のテレビの方が画面サイズが小さいので:32v以下のサイズが多い)
(1920x1080のテレビの場合(32Vの一部37V以上)、補正機能(超解像技術とか)があるので、その性能差で変わってきます)

>また、画素数=解像度=画面の大きさと思っていいのでしょうか?
 ・解像度と画素数
   ハイビジ...続きを読む

Qハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型

ハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型液晶テレビの購入をするものです。理由は龍馬伝を迫力ある映像でみたいからです。このサイトで質問して37型以上を買うことにしました。回答にフルハイビジョンというキーワードが何回も出てきましたが何の事かわかりません。現在ブラウン管の27型位でテレビを見てるので未知の世界です(笑)

Aベストアンサー

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

ここでは、すべてデジタルハイビジョンであるという前提で書きますが、
ハイビジョンコンテンツの規格には、国内では主に

1280×720(副ハイビジョン、順次走査放送に多く、衛星放送やインターネットコンテンツの一部などで利用)
1440×1080(国内の地上デジタル放送の解像度/HDVビデオカメラの標準記録方式)
1920×1080(最高解像度規格/Blu-ray Disc/NHK BS Digital Hi-Visionなど)

の3種類が使われています。
このうちの1920×1080ドットの映像をフルスクリーンで余すところなく表示できるまたは録画再生できるのがフルハイビジョンです。

一般に液晶テレビやプラズマテレビでフルHDやフルハイビジョンとかかれている場合は、
1920×1080ドットの解像度を持つディスプレイパネルを採用しています。
それ以外のパネルは、1366×768ドット、1440×960ドットなどの低解像度パネルが使われています。

高解像度パネルほど、解像感が高くなり、よりきめ細かく表示されます。
ただ、その反面VHSやDVDなどの元々解像度の低い標準放送コンテンツ(SDTV)に関しては、汚い画像に見えてしまうようになります。
それに対して、低解像度パネルは解像間が低くなり、フルHD映像では少しぼけたように映ることがありますが、DVDなどの低解像度コンテンツはフルHDパネルに比べると綺麗に見えることがあります。

まあ、今後のテレビ放送はHDTVが中心となりますから、フルHDを選ぶのが無難でしょう。
ただ、プライベートルームなど小さな部屋でみる場合や、VHSなどの低解像度のコンテンツを再生するための専門のテレビなどをお求めの場合は、あえて解像度の低いテレビを選ぶという手もあるかもしれません。

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

こ...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Qフィルムの解像度を画素数にすると?

フィルムたとえばVelvia100の35mm版の粒子径から
換算される等価画素数は幾らになるのでしょうか?
伸ばすと結構ザラザラになるので1000万画素ぐらい
かなと思うのですが、どうなんでしょうか?

よろしくお教えください

Aベストアンサー

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Image Sensor の方が高精細、高感度、広 Latitude になってきていますね。

単純に粒子径から計算すれば 6μm 径で 36mm×24mm ならば 6000×4000=2400 万画素、8μm 径で 1350 万画素ですが、あくまでも机上の理想論ですので 1000 万画素ぐらいというのが現実的な感覚値ではないかと思います。

Digi'Came' でも LPF (Low Pass Filter) のせいで 1000 万画素以上を謳っていても 600 万画素以下の高額一眼レフ機の方が遙かに解像度が高かったりしますし・・・。

素敵な Camera Life を(^_^)/

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Ima...続きを読む

Q最新の4Kハイビジョンでも800万画素

数年後に4Kハイビジョンが普及するかもしれないと言われています。
現在の2K(フル)ハイビジョンでも50インチクラスなら美しいと言われ
ているのにです・・・・要は画面全体を見るのであればそんなに画素
数はいらないということだと思います。

一方デジカメは、携帯電話・スマートフォンに内蔵されているものでも
1000万画素以上が普通ですのですでに4Kハイビジョンを超えています。

2000とか3000万画素って、どのようにしてみるつもりなのでしょうか?

Aベストアンサー

対象が違うってことを、より端的に確認するためには
プリンターにおける高精細と
モニターにおける高精細を比較してみましょう。

プリンターは1200dpiとかを実現していて
相当としては、9600dpi相当なんてスペックが実現しています。

それに対して、モニターではRetinaという326ppi程度の精細度が
トップクラスの高精細ということになっています。
だって、プリンターが600dpiとか一般化したのは、旧世紀のことなんですもの。

ゆえに、モニターではこれから4Kが普及するという時代なのです。


必要充分で言えば、近距離で見ない据え置きのモニターなら
300ppiクラスの高精細は意味が無く
4Kは大型モニターに限って有用なものと言えます。

ですから、モニターでだけ見るなら1000万画素カメラで充分でしょう。


でも、もし1200dpiでドットバイドットの印刷をするとしたら
等身大の人の写真に、50億画素クラスのカメラが必要になりますよ(笑)

でも、そうやって無い需要を産みだしてきたのが
モニターやプリンターやデジタルカメラの業界だと思います。

対象が違うってことを、より端的に確認するためには
プリンターにおける高精細と
モニターにおける高精細を比較してみましょう。

プリンターは1200dpiとかを実現していて
相当としては、9600dpi相当なんてスペックが実現しています。

それに対して、モニターではRetinaという326ppi程度の精細度が
トップクラスの高精細ということになっています。
だって、プリンターが600dpiとか一般化したのは、旧世紀のことなんですもの。

ゆえに、モニターではこれから4Kが普及するという時代なのです。


必要充分で言え...続きを読む

Q【液晶テレビのIPSパネルについて】IPS系のADSパネルのADSってなんですか? ランク的にはど

【液晶テレビのIPSパネルについて】IPS系のADSパネルのADSってなんですか?

ランク的にはどの程度の立ち位置ですか?

IPS ADSパネルとAH-IPSパネルならどちらの方がランクは上ですか?

AH-IPSパネルのAHってなんですか?

一般的にIPSパネルを使用している液晶とはどのパネルを使っているのでしょうか?

2つとも次世代液晶パネルですか?旧型の廉価版ですか?

Aベストアンサー

・AH-IPS(Advanced High performance IPS):
LG Display社製のIPS液晶パネル

・ADS(Advanced super Dimension switch):
中国BOE社製のIPS液晶パネル

IPSというのはジャパンディスプレイ社及びLG Display社の商標なので、
その他の液晶パネルメーカーが生産するIPS方式の液晶パネルはIPSという表記で
販売することができません。
本当に細かい事を言わなければ、AH-IPSもADSも同じ構造と駆動方式であるため
どちらも同じ広視野角特性を持っていると言えるでしょう。

Qデジカメの「TIFF」と「RAW」の違いについて

最近のデジカメで、ハイスペックモデルには
RAW撮影機能がついていますが、
付属のソフトなどで、RAWをTIFFに変換した場合、
どのような違いがありますでしょうか。

RAWのまま現像する場合は、露出やホワイトバランスなどを、画質を落とさずに自由に調整がきくと思いますが、

TIFFに変換した場合、たとえばフォトショップなどで
レベル補正やトーンカーブなどで調整できると思いますが、RAW現像と比べて違いはありますでしょうか。

Aベストアンサー

> 付属のソフトなどで、RAWをTIFFに変換した場合、
> どのような違いがありますでしょうか。

RawはCCDを通った光の情報そのものであり、それにカメラ設定が
添付されたものがRawファイルです。そして添付されたカメラ設定に
もどづき付属のソフトなどで現像したものがTIFFファイルとなるのです。

少し強引にフィルムカメラに置き換えてみると撮影し終わった潜在フィルム
がRawであり、DPEで現像する事がTIFFという事になると思います。

潜在ファイルか現像済みファイルか.これがRawとTIFFの一番大きな
違いでしょう。

> RAWのまま現像する場合は、露出やホワイトバランスなどを、
> 画質を落とさずに自由に調整がきくと思いますが、

いえ、そんな事はありません。Rawで撮っておけばあとでなんとでもなる
と良く雑誌などでみかけますが、ご存じかと思いますが写真は光がなければ
撮れません。そしてある一定量の光をCCDに当てる事により像を作っている
わけです。一定の光の量とは適正露出であるのが良いのでしょうが、例えば
Rawで調整するからかなり暗めに撮ってRaw調整・・・というのは現像時に
擬色カラー(ノイズ)を増やす原因にもなります。このノイズはモニタで相対的には確認しづらいので、いざプリント
すると赤く仕上がってしまった・・・や緑っぽい・・・などの原因になってきます。

それと白飛びした画像をRaw調整で露出補正し、現像しても白飛び部に情報が帰って
くるわけではないので例えRawと言えどもある程度シビアに撮影する必要があると
私は思います。


> TIFFに変換した場合、たとえばフォトショップなどで
> レベル補正やトーンカーブなどで調整できると思いますが、
> RAW現像と比べて違いはありますでしょうか。

TIFFにした場合、カメラ設定をすでに読み込んだ現像されたデータである事から補正すれば
するほど階調情報は失われていきますが、Rawならば光の情報にカメラ設定をそのつど
適用させる形で補正が行えますから階調劣化は無いんです。
ただRawから現像されるTIFFファイルには2種類あります。8bitファイルと16bitファイルです。
この場合、16bitでフォトショップで読み込んだ方が情報が豊富にある事から補正による劣化は
少ないと言えます。ただモニタでは16bit出力が出来ないためその階調の豊富さを確認する事は
出来ません。

> 付属のソフトなどで、RAWをTIFFに変換した場合、
> どのような違いがありますでしょうか。

RawはCCDを通った光の情報そのものであり、それにカメラ設定が
添付されたものがRawファイルです。そして添付されたカメラ設定に
もどづき付属のソフトなどで現像したものがTIFFファイルとなるのです。

少し強引にフィルムカメラに置き換えてみると撮影し終わった潜在フィルム
がRawであり、DPEで現像する事がTIFFという事になると思います。

潜在ファイルか現像済みファイルか.これがRawとTIFF...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q倍速機能って何ですか?

倍速機能って何ですか?
本当に初歩的な質問ですみません。地デジ対応テレビの倍速機能って何ですか?

全くわからないんです…わかりやすく教えていただけませんか?

Aベストアンサー

テレビ画面は毎秒60フレームで表示されますが、液晶TVではある瞬間に1画面すべてのピクセルが同時に表示され、1フレームの映像が次のフレームに置き換わるまで常に固定表示されているホールド表示で、一定時間固定された画面を一様な透過光で表示することにより、人間の目が持つ残像を感じる特性のため残像感がのこります。
これに対し、プラズマTVやELテレビは、液晶TVとは異なる自発光方式で、画素自体が個々の強度で発行して動画応答性が高く残像感が起こりにくくなります。また、ブラウン管では画面の端から1ピクセルづつ順番に表示する、ある瞬間に画面全体が同時に表示されることがないインパルス表示となり、こちらも残像感は起こりません。
液晶画面の残像感をなくすために、従来は毎秒60フレームであった表示を倍の120フレームまで引き上げ、画面のホールド時間を半分に短くしたのが倍速機能で、ホールド時間の短縮で残像感を抑えてすばやい動きの画面でも鮮明な表示を可能としています。
倍速機能の方法としては、前後の映像の差分から動きの情報を算出して動きの方向と大きさに合わせて中間の映像を作り出してフレーム補間する方法と、1コマ1コマの映像の間に黒い映像または輝度を半分程度に落とした映像を挿入してホールド表示をCRTライクなインパルス表示に近づける方法の、二通りのやり方があります。

テレビ画面は毎秒60フレームで表示されますが、液晶TVではある瞬間に1画面すべてのピクセルが同時に表示され、1フレームの映像が次のフレームに置き換わるまで常に固定表示されているホールド表示で、一定時間固定された画面を一様な透過光で表示することにより、人間の目が持つ残像を感じる特性のため残像感がのこります。
これに対し、プラズマTVやELテレビは、液晶TVとは異なる自発光方式で、画素自体が個々の強度で発行して動画応答性が高く残像感が起こりにくくなります。また、ブラウン管では画面の端から...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング