宇宙の広がりは、限りなく広がり続けるか、何かをきっかけにまた収縮し始める、というのを本で読んだことがありますが、現在ではそれがどちらになりそうだというのはもうすでに判明していることなのでしょうか(できればその情報の出所と本なら出版年も教えて頂ければ助かります)?
それとどちらになるかが決定される要因というのは何だったでしょうか?
広がり続けるか収縮し始めるか、ということ以外で有力な説が他にあったらそれも教えてください。
またできるだけ新しい参考文献などを教えて頂けたらたすかります。
できるだけ正確な情報をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

すでにmsndanceさんが十分に説明されていますが、


>>現在膨張し続けている宇宙。この膨張スピードと、膨張を妨げる万有引力のどちらが今後、打ち勝つのかは、まだ未知なはずです。
という部分について、現在わかっていることなどを。
どちらが打ち勝つかは、宇宙の曲率によって決まります。
きわめて乱暴な言い方をすると、宇宙の単位体積あたりの平均密度がある一定より重ければ、宇宙はやがて膨張する速度に打ち勝ってお互いに引き合い、収縮に転じるようになるし、軽ければ、永遠に膨張を続けることになります。
この密度をなぜ「曲率」というややこしい言い方をするのかというと、重力というのはそのまま空間の歪みだからですね。
ある空間内に質量が一定以上存在すると、その重力で空間は閉じます。
一定より少なければ、空間は無限に開いた形(三次元に投射すると双曲面のような形)になります。
くわしくは下のページを。(参考URLも同)
http://www.com.mie-u.ac.jp/syudai/D/ronbun.html

ここで、宇宙に存在する物質の密度をどうやって試算するか、という問題になります。
銀河の恒星の数、そして宇宙に分布する銀河の密度は観測によってわかっていますが、これらを足し合わせた質量は、宇宙を閉じさせるにはあまりにも少ない。
ということは宇宙は曲率的に開いている(永遠に膨張を続ける)ことになりますが、実際には宇宙には恒星以外にも膨大な物質があるらしいことがわかってきました。
それは、恒星のように自ら光を発しない、観測できない物質で、ダークマターと呼ばれています。
ダークマターの候補としては星間物質やニュートリノが挙げられますが、このうち宇宙に充満するがほとんど質量を持たず、ハドロンと相互作用もしないニュートリノが、宇宙の総質量の決め手になるというのが、近年有力視されている説です。
ニュートリノもハドロン(通常物質)のクォークと同じように、3種類の粒子があることがわかってきましたが、これらが相互に反応して役割が入れ替わるのなら、ニュートリノにも質量がある証拠になるだろう、と言われています。
質量がゼロなら、お互いに反応することもないからです。
くわしくはこのページを。
http://flab.phys.nagoya-u.ac.jp/~ooba/universe_j …

一般向けの入門レベルでは、この手の宇宙論に関する啓蒙書は数多く刊行されていますが、最近読んだ中でおすすめなのは、
「宇宙 最後の3分間」ポール・デイヴィス著 出口修至訳 草思社 サイエンス・マスターズ 1995
でした。著者はオーストラリアの大学の物理の先生で、宇宙論関係の本を多く書いている人です。
http://spaceboy.nasda.go.jp/db/book/book_j/Utyu_ …

参考URL:http://www.com.mie-u.ac.jp/syudai/D/ronbun.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。なるほど、ニュートリノも宇宙全体でみるとかなりの質量を占める可能性があるということですか。
参考文献までありがとうございます。
たくさんの参考ページも興味深いものがありました。どうもありがとうございました。
わたしが最近読んだ本で感銘を受けたのはNHKブックス刊「トップクォーク最前線 超ミクロの世界から宇宙が見える」でした。尤もすでにトップクォークは見つかっているのでちょっと古い本になりますが。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/28 16:53

sesameさんに紹介していただいた

http://flab.phys.nagoya-u.ac.jp/~ooba/universe_j …のページの顛末について。

CHORUS実験で挑んだニュートリノの質量の探索ですが、どうやら宇宙を収縮させる数電子ボルトのところではニュートリノ振動が検出されず、一方スーパーカミオカンデの観測結果からもっと小さな1000分の3電子ボルトくらいのところに本当の解がありそうだというのが現在の有力な答えになりつつあります。ニュートリノが質量をもっていても軽すぎて宇宙を収縮させるほどではなさそうです。

ここで、それでは宇宙が膨張を続けるほうに決まったかと言うとそうではなく、ニュートリノ以外の物質(たとえばアキシオンなど未発見の粒子)の質量が宇宙を収縮させる可能性が残っており、色々な研究が進められています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらでもどうもありがとうございます。
最新の情報ですね。
とにかくまだどちらとも言えないわけですね。さまざまな研究分野が残されていて面白そうです。
ありがとうとざいました。

お礼日時:2001/05/29 22:37

未熟者の私ですが僕が勉強した範囲で答えてみます。


今後膨張し続けるか収縮するかという問題に対する解答は、まだ出されていないはずです。

ハッブルという人が銀河の線スペクトルを調べたら、波長が長くなっていることが発見されたそうです。これは実は、地球上で観測される光の振動数が小さくなっていることを意味します。光のドップラー効果を考えると、銀河が我々から遠ざかっていると考えられるわけです。
(これは自動車が遠ざかっていくとき、エンジン音の音程(周波数)が低くなっていくことに対応します)

一方、万有引力の法則により、質量を持っている物体同士は引き合います。これは、膨張を妨げる方向に働きます。宇宙の質量が大きいと、やがて膨張が止まり、宇宙上のすべての星が引き合って、宇宙が一点に収縮していくと考えられます。

現在膨張し続けている宇宙。この膨張スピードと、膨張を妨げる万有引力のどちらが今後、打ち勝つのかは、まだ未知なはずです。

このことは「河合熟シリーズ 物理教室」の最後のページに記述されています。
出版年の記述が見当たりませんが、おそらく96年前半に出版されたものだと思います。

有力な説については学会誌を見るしかないのですが、勉強不足で僕は読んでいません。(ごめんなさい)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございました。
膨張して広がる勢いと宇宙の質量による引力との力関係によるわけですね。
とすれば、膨張していくスピード(つまり宇宙の中心から「宇宙の果て」が遠ざかっていくスピード)というのは少しずつ減少しているのでしょうか?
いずれにしてもどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/27 20:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qランダムウォークのような問題です。教えて頂けませんでしょうか。

ランダムウォークのような問題です。教えて頂けませんでしょうか。
1次元ランダムウォークの少し変形バージョンのようなものだと思うのですが、
以下の試行を十分大きい回数行ったあとの、粒子の確率分布について
どなたか教えて頂けませんでしょうか。

(解法、物理などで似たような命題(ブラウン運動だよ、のような)、もしくは参考書など)

試行:============================================================
初期位置x=x0にいる1次元粒子を考える。
粒子は位置xにいるとき、ガウス分布f(x)=a*exp(-(x-b)^2/c)の最大ステップ幅で、しかも
φを0<φ< 2πの一様分布の乱数だとしたとき、ステップ幅
f(x)*sinφ
で移動する。
================================================================

これを十分な回数繰り返します。
x0, a, b, cの値をいろいろ変えたときの挙動が知りたいと考えています。

aが小さいときにはあまり初期位置から動きませんので、x0を中心としたunipolarな分布で
一方aが大きいときにはbipolarな分布になるのかな...とまではプログラムや直感的方法で
定性的には考えたのですが、それ以上が詰められません。


どなたか分かる方、よろしくお願い致します。

ランダムウォークのような問題です。教えて頂けませんでしょうか。
1次元ランダムウォークの少し変形バージョンのようなものだと思うのですが、
以下の試行を十分大きい回数行ったあとの、粒子の確率分布について
どなたか教えて頂けませんでしょうか。

(解法、物理などで似たような命題(ブラウン運動だよ、のような)、もしくは参考書など)

試行:============================================================
初期位置x=x0にいる1次元粒子を考える。
粒子は位置xにいるとき、ガウス分布f(x)=a*exp(-(...続きを読む

Aベストアンサー

Langevin方程式からFokker-Plank方程式を導くようなものだと思います。

P(x,t)でxで確率密度関数、<>_φでφによる平均を表すとして、
時間発展を考えると1ステップの幅をdtとして
P(x,t+dt)=<∫dy P(y,t)δ(y+f(y)sinφ-x)>_φ
となります。δはδ関数です。この式でP(y,t)yをxの周りに時間の1次で展開
(確率変数は分散が時間の1次になるので2次がの残ると思います)すれば
微分方程式が得られます。つまり、右辺でy=x+w(x,φ)のように置き換えて
xの周りで展開したあとで平均を取るような操作をします。

というわけで、普通、拡散方程式のようなものが得られる
・・・と一般論としてはこんな感じなのですが
<>_φを先に計算することも考えられます。

<>_φを具体的に計算します。φの測度d(φ/2π)で積分して
P(x,t+dt)=∬d(φ/2π)dy P(y,t)δ(y+f(y)sinφ-x)。
さらに、δ関数の関数合成
http://en.wikipedia.org/wiki/Dirac_delta_function
から(y+f(y)sinφ-x=0となる解φはあるとすれば2つあることに注意して)
P(x,t+dt)=(1/π)∫dy P(y,t){f(y)^2-(x-y)^2}^{-1/2}。
あとは、複素積分で、被積分関数の極を評価して値を求めれば
P(x,t+dt)=P(w(x),t)
のような形で表されて・・・これが分かりやすいかたちかどうかわかりませんがどうでしょう・・・

と、いう感じですがどうでしょう。

Langevin方程式からFokker-Plank方程式を導くようなものだと思います。

P(x,t)でxで確率密度関数、<>_φでφによる平均を表すとして、
時間発展を考えると1ステップの幅をdtとして
P(x,t+dt)=<∫dy P(y,t)δ(y+f(y)sinφ-x)>_φ
となります。δはδ関数です。この式でP(y,t)yをxの周りに時間の1次で展開
(確率変数は分散が時間の1次になるので2次がの残ると思います)すれば
微分方程式が得られます。つまり、右辺でy=x+w(x,φ)のように置き換えて
xの周りで展開したあとで平均を取るような操作をします。

...続きを読む

Q物理学について質問が有りますが、回答して頂けますか?宜しくお願いします。

問題:「次の2つのうち、正しい選択肢を全て選んで下さい。ただし、全て間違いの場合はfと書いて下さい。」
1.管 楽器は管の振動で音が出る。
2.物体に外部から振動を与えると、常に共鳴を起こす。

Aベストアンサー

全て間違いの「f」。

1.管楽器は、管自体振動しません。管の中の空気が振動するのです。

2.共鳴とは、振動する物体の振動が空気を介し別の物体伝わって、その物体(音叉・梵鐘など)が唸り出す現象です。
常に、共鳴が起こる訳ではなく、物体固有の振動数と空気の振動数が一致した時に発生します。

Q高校物理の質問です。 問6と問7の解き方が分からないので、分かりやすく教えて頂けないでしょうか。宜し

高校物理の質問です。
問6と問7の解き方が分からないので、分かりやすく教えて頂けないでしょうか。宜しくお願いしますm(._.)m

Aベストアンサー

抵抗の「直列接続」と「並列接続」は、#1 さんのおっしゃるとおり「中学理科」の問題でしょう。

でも、「公式で覚える」のではなく、きちんとどういうことが起こっているのかを理解しておきましょう。

「抵抗」は「電気を流れにくくするもの」ですから、長ければ長いほど「通過するのが大変」なので抵抗は大きくなり、太くなれば「通れる道幅」が大きくなって「通りやすい」つまり抵抗が小さく(=電流が大きく)なります。

なので、「直列」は「抵抗が足し合わされて大きくなる」。これは簡単。

「並列」は、「電気の通路が広くなる」ので「通る電流が足し合わされて大きくなる」のです。
並列の抵抗を R1 と R2 とすると、2つの抵抗にかかる電圧 V は共通なので、流れる電流は、
 R1 を流れる電流:I1 = V/R1
 R2 を流れる電流:I2 = V/R2
となって、合計電流は
  I = I1 + I2
になります。
 R1 と R2 の「並列合成抵抗」を R とすると、電圧 V に対して合計電流 I が流れるので
  V = IR
   = (I1 + I2)R
   = (V/R1 + V/R2)R
   = V(1/R1 + 1/R2)R
つまり
  (1/R1 + 1/R2)R = 1
から
  1/R = 1/R1 + 1/R2   ①
という関係であることが分かります。

「抵抗:R」は「電気の通りにくさ」なので、①式に出てくるその逆数 1/R は「電気の通りやすさ」になります。つまり「並列接続」は、「電気の通りやすさを足し合わせたもの」になるのです。①式はそれを表しています。

①式のままでは使いづらいので「R= 」の形に直すと
  1/R = (R1 + R2)/(R1・R2) ←右辺を通分した
分子分母をひっくり返して
  R = R1・R2 / (R1 + R2)    ②
になります。

では、問題を解いてみましょう。

(問6)は2つの抵抗の「並列接続」なので、②式を使います。(そのもとは①であることを忘れないでくださいね)
  R = 20 × 30 / (20 + 30) = 600 / 50 = 12 (Ω)

(蛇足)①式で書けば
  1/12 = 1/20 + 1/30
ということです。

(問7)は、まず「直列接続」の合成抵抗を求め、それと 50Ω との「並列接続」という「2ステップ」で計算します。

 まず、「20Ω と 30Ω の直列」の合成抵抗 R1 は、単純な足し算で
  R1 = 20 + 30 = 50 (Ω)
です。(第1ステップ)

 次に、この R1 と 50Ω との「並列接続」ですから、合成抵抗 R2 は②式を使って
  R2 = R1 × 50 / (R1 + 50)
   = 50 × 50 / (50 + 50)
   = 2500 / 100
   = 25 (Ω)

全体の合成抵抗 R2 が 25Ω なので、電圧 3.0V で流れる電流 I は
  I = 3.0(V) / 25(Ω) = 0.12 (A)

つまりは、抵抗の計算では
(1)直列は抵抗の足し算
(2)並列は「抵抗の逆数」(電気の通しやすさ:電導度)の足し算(通る電流の足し算)
(3)複雑な抵抗の接続は、「直列」「並列」ごとにステップを分けて計算
ということです。

抵抗の「直列接続」と「並列接続」は、#1 さんのおっしゃるとおり「中学理科」の問題でしょう。

でも、「公式で覚える」のではなく、きちんとどういうことが起こっているのかを理解しておきましょう。

「抵抗」は「電気を流れにくくするもの」ですから、長ければ長いほど「通過するのが大変」なので抵抗は大きくなり、太くなれば「通れる道幅」が大きくなって「通りやすい」つまり抵抗が小さく(=電流が大きく)なります。

なので、「直列」は「抵抗が足し合わされて大きくなる」。これは簡単。

「並列」は、...続きを読む

Qキューリー・ワイスの法則について詳しく教えて頂けませんか?

電気物性という教科を勉強中に、教科書に書いてないキーワードが出てきて、非常に困っています。どなたか教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

まったく自信がないのでアドバイスのみをさせてもらいます。
私が持っているキッテルの固体物理学入門(下)(第7版)のP150にキュリー・ワイスの法則について説明があり、次のような式が示されていました。

χ=C/(T-Tc)
ここでχは磁化率、Cはキュリー定数、Tcはキュリー温度です。

このページを漠然と読んでみて、私の理解しうる範囲での回答としては
”Tc以上の常磁性領域では、物質の磁化率はT-Tcに反比例する”ということ
を示しているのだと思うのですが。。

Q高校物理の質問です。 3の(3)の問題が分からないので、分かりやすく教えて頂けないでしょうか。 宜し

高校物理の質問です。

3の(3)の問題が分からないので、分かりやすく教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願いしますm(._.)m

Aベストアンサー

「抵抗」の値が、「断面積」「長さ」「温度」でどう変わるのか、という問題ですね。

温度が上がると、「原子・分子や、電気を運ぶ電子がはげしく運動するようになる」ので、電流が流れやすい、つまり「抵抗が小さく」なります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報