かなり古い話ですが、約20年以上前に初代ホンダシビックとアコードに相次いで乗っていました。MT車ではなく、ホンダマチック車でしたが、一般的なAT車のシフトパターンと違い、前進は「L」と「スターレンジ(ホントに星マークだった!)」の2つしかなく、かつそのどちらもギアを使った変速をしないという代物だったかと記憶しています。説明書には通常はスターレンジを使うように書いてありましたが、たしかギア比がほぼ直結だったため、めちゃめちゃ発進加速がとろく、結局時速40キロくらいまではLを使っていました。
AT車というより、ノークラッチ車(古い言い方ですね)という方が当っているかもしれません。
「スターレンジとは一種の無段変速である」と聞いたことがありますが、実際にはトルコンの滑りを使った変速だったのではないでしょうか?また、これはホンダのエンジンが一般的なエンジンと逆回転のため、独自の(ホントの)ATを造らざるを得なかったが、開発が出来なかったとの話もありますが、真相はどうなんでしょう?(今のホンダマチックはちゃんと変速しますよね)

A 回答 (2件)

自動変速のないトルコン車という感じでしたね。


Lレンジはローギアで、スターレンジは4速固定ギアという感じでした。
スターレンジを使った場合、マニュアル車で4速発進するようなもので、加速が利きません。それを「一種の無段階変速」とごまかした表現をしていたのです。
実質は、手動変速の2速トルコン車でした。
自動変速のATが作れなかったからだと私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり私の記憶に間違いは無かったようで、ほっとしています。でも今となっては昔話というか笑い話ですね。
個人的にはあのころのホンダのある意味の思いっきりのよさが好きでした。今では大会社になりすぎましたかね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/30 23:10

質問の中にあるようにホンダマチック(スターレンジ)はトルコンだけを頼りにして速度を変化させる物です。


最初はLで加速して☆に切り替える、と言うことは
F1のセミオートマの走りでしょう(笑)
開発に関しては特許の壁に阻まれて独自開発をするしかなかったそうです。

開発秘話について参考URLのPDFファイルに詳しく乗っています。

参考URL:http://www.honda.co.jp/50years-history/pdf/p166- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古い話にお付き合いいただき、ありがとうございます。でもなんだかんだ言っても、免許を取って初めての車でしたので、思い出はつきません。初代アコードは2速セミATでしたが、高速走行時でも、とても静かな車で、モーターのようなエンジン音が印象的でした。でも、特許に阻まれたから独自のアイディアで作ってしまうなんて、いかにも当時のホンダらしいエピソードですね。

お礼日時:2001/05/30 23:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクボタ除雪機、無段変速

無段変速レバーを前進にしても後進にしても2秒位で自然に中立に戻ります。レバーの下のネジをしめなおしたけどダメです。
ネジの緩みではないように思います。自分で直せないでしょうか?部品交換でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「デッドマンクラッチ」って機能によるものだと思います。
説明書に書いてありませんか?

http://www.kubota-nouki.jp/kanren/man/8-1237-4/8-1237-4.pdf?PHPSESSID=a29d9d76c553c6465bb104888ee53fe5
4ページ目

QCVTと原付の無段変速について

ご存知の方教えてください。

自動車にここ数年CVTという無段変速機を搭載した車が市販されていますが、もう20年位前の原付スクーター(JOGとかDJ-1など)も無段変速だったと思います。
車の方が技術的に高度なシステムだろうとは想像出来るのですが、具体的にはどう違うのでしょうか?

超基本的な事ですが、よろしくお願いします。
他に検索してみましたがうまく解決出来ませんでした。

Aベストアンサー

2輪車のCVTはベルトがゴム主体で引っ張って動力を伝えます。4輪車はベルトが金属で、押して動力を伝え、油も使います。

4輪の例外はスズキやダイハツの軽に使われた事がある乾式CVTで、油は使っていません。一部の大型2輪に使われているのはこのCVTです。スズキ4輪にはかつて引張り型のCVTもありました。

ゴムのベルトでは超小型車にしか使えず、オランダのダフという車は、右車輪と左車輪に各1ヶのベルトを使っていました。金属ベルトと駒と油で動力を伝える事を思いついて特許を取り、世界中のメーカーに部品供給しています。

CVTでもクラッチは必要で2輪のは前回答者様の通り、4輪はトルコン主体ですが、フィットやシビックハイブリッドは湿式多板クラッチを使っています。

QAT車なのに変速がうまくいかない

オートマの切り替えが突然走行中におかしくなってしまうようになりました。
車のことぜんぜん良く分からなくって説明しにくいのですが、初めはロウで発進しますよね、なのにいきなり重たくて、トップでスタートしたり、走行中にウォーンっと大きな音になり空回りしているかんじになったりします。
ディーラーにもっていったら、「特に以上はなさそうですが・・・」と言われましたが、絶対おかしいのです。
説明が悪くてわかりにくいかもしれませんが、意味を理解してくれる方いましたら、アドバイスおねがいします。

Aベストアンサー

『データに関して』

ディーラーではPCでお客の入庫状況や修理内容などインプットしてますので車の車体NOや名前などで個人情報が検索できるのです。他県は無理ですが、同県内ならLANを組んでいるのでデータ交換や部品の発注などを簡単にPC上で行なっています。ですから、同県内ならどこに行っても大丈夫ですよ。でも、一応内容を伝えた方がいいです。入力は事務の何も知らない女の子が入力する時もあるので・・。

QAT車で停止したときのギアの位置

タイトルが少し変ですが
添付画像のようなセレクタのパターンのAT車にお乗りの方・乗っていたへお尋ねします。
あなたの車の場合で構いません。「別の○○はこうだ!」は、別の機会にお願いします。
通常Dレンジで走行し、下り坂などでは3や2に入れエンジンブレーキ(?)で走行だと思います。
仮に3で走行し、セレクタレバーには触れずに信号で停止したとき
当然セレクタレバーは3のままですが、ATの内部のギアの位置は何速なのでしょうか
1ですか? 2? それとも3?

あまり車に詳しくないので質問文が変かと思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の車の場合は、停止状態が数秒間続くと、ATの内部は自動的にニュートラルになります。

燃費低減のために

QATの変速ショックってそんなに目立つものなの?

軽のMTを3年乗って、AT乗りかえようとしている者です。

そろそろ普通車が欲しくなって、ディーラーに行きました。

なにやらCVTが快適で、変速ショックもなく燃費もいいと営業のお兄さんに勧められました。

「ATの変速ショックって感じるものなの?」と営業さんに質問したところ・・・「気になる人もいる」とよく分からない回答を頂きました。

AT車と言えば3年前に教習所で2時間くらい乗ったきりです。そのときは私が鈍いだけかも知れませんが、感じませんでした。(ATに変速ショックがあることは当時知らなかった。)

会社の先輩の話では、「ATからCVTに乗りかえたときは、全然違うと思った。」そうです。

CVTもATも運転したことがないので、よく分かりません。

MTでギアチェンジを乱暴したときのショックを小さくした感じですか?
変速ショックを意識していれば感じる程度のものなのでしょうか?

Aベストアンサー

車の使用歴によって違ってきますよね。
長く使ってきた方は気になる傾向でしょうし、初心者レベルなら運転に精いっぱいで、そういう事を感じる余裕が少なかったりもしますから。

少し乱暴な回答かもしれませんが、排気量が大きい車ならベテランでもさほど気になりませんが、
軽自動車や1000~1300ccクラスで気になります。
気になるポイントも様々ですが、
(1)思ったポイントでの変速ではない(=気持ちとのずれ)
(2)ショックそのものの大きさへの不快感
があります。
5速以上なら、ショックそのものが抑えられ、不満は少ないかもしれませんが、小型車は4速がまだまだ国内では一般的です。

あれこれ書いたところで、結局は質問者さんがそれぞれのミッションで乗り比べて感じるしかありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報