次期世代のエレクトロニクス・カー(電気自動車)で長距離走行を楽しむための方法や注意点、など、いろいろなことについて質問ですが、電気自動車の美点、欠点などどういった部分ですかね?ガソリンが価格高くなった今、電気自動車がブームの風を吹かしている現代でもあります。本当に電気自動車で長距離ドライブできたら理想だなあ、と思いませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

電気はもともと貯めておくのが難しいものなので、バッテリーで考えていると無理じゃないかと思います。

自動車メーカーの多くは、水素電池(電池と名付けられているが実質は発電機)が本命だと考えているのではないかと思います。

10年くらい前から、雨後の筍のように新興メーカーが電気自動車に参入しましたが、米国テスラを除いて全滅な現状です。テスラの成功はそれほど奇跡的な事で、しかしながら未だに私は一転して倒産もありえるのではないかと危惧しています。

ハイブリッドは、プリウスのように電気モーターでもガソリンエンジンでも走る動力として使う複雑なスプリット方式のものから、エンジンを発電のみに使用するシリーズ方式を経て、そのエンジンをガソリン/軽油からエタノールなどのものに置き換える水素電池などに移行するのがスムーズなのかなと思っております。

現実にはどうなのでしょうね。PHVなどは短距離ならほぼ電気だけで走るようになりましたし、そろそろシリーズ方式のクルマが出てくる下地は出来ていると思うのですが。
    • good
    • 0

1番食うのは暖房らしいですね。


エアコンで冷やすより電気で熱を作るってのは消費が大きいらしいです。
普通の車なら排熱使ってますから暖房は使い放題ですけど、EVだと走行距離を伸ばすために厚着してヒーターを使わないって手はあるかも知れません。
    • good
    • 0

少し前にTVで何処まで走るのかやってましたが100k近くが限界のようですね。


現状ではバッテリーの充電時間、バッテリーの重量と面積が問題でしょう。
あとは充電スタンドが少ない事と充電が切れれば走らなくなる・・・
ガソリンで走る車なら最悪、燃料を持ってきてもらえますが電気自動車だ専用の充電車でもない限りそれは無理です。
安価な常温の超伝導素材(あるいはそれに近い素材)でもモーターに使えれば飛躍的に走行距離が伸びバッテリーの面積・重量が減るでしょうね。
    • good
    • 0

>本当に電気自動車で長距離ドライブできたら理想だなあ、と思いませんか?


 いずれ、そういう日が来るでしょう。
 現在のプラグインタイプの充電方式ではなく、
 高速道路や幹線国道の路面に非接触式の(充電設備を設ける)インフラが進めば、
 充電しながら走行するのでどんな長距離でも目的地近郊まで到達可能になりますから。

>電気自動車の美点、欠点などどういった部分ですかね?
・美点
 化石燃料を使ったクルマよりも車外、車内とも静かである。
 ガソリン車よりも水(没)に強い。
 トルクが極太いので、乗員数にかかわらず走り易い。

・欠点
 バッテリーの寿命が来た際の交換費用が高い。
 車体(バッテリー)が大きく変型するような事故が起きた場合の漏電。

現状は、テスラ以外はシティコミューター的な用途に向いています。
    • good
    • 0

電気自動車の実用は


100年以上前、ガソリンエンジンが発明猿よりも以前のことです。

その後、『これからは電気自動車だ』という時代が2回来ました。

シナ事変前とオイルショックの時です。
ガソリンが高騰したためです。

ま、、結局実用化に足らぬまま、現在に至っています。

この20年、バッテリーの性能は良くなりましたでしょうか?
携帯電話のバッテリーは激的に保つようになったでしょうか?

せめて、一回の充電でたかだかちっぽけなiPhoneを
1週間くらいは使い倒せるようなバッテリーが出来ない限り
1トンを超えるかという車を長時間動かすことは出来ないです。

そういう時代は、向こう100年以上は来ないでしょう・・・
    • good
    • 0

リチウムイオンの容量を10倍にする素材が開発されました


量産は3~4年後だそうです。
http://commonpost.info/?p=73402
    • good
    • 1

ぜんぜんおもいません、電気自動車こそ無駄の塊だからです、電気自動車のバッテリーリチュームは有限で貴金属で世界の埋蔵量は決まっています、自動車に直すと約100万台分しかないのです、でもスマフォやノートPCなど持ち運ぶデバイスにも使われます、1台でノートPC数百台分のリチュームを使う電気自動車、これ以上航続距離を伸ばして10倍にすれば、10倍のリチュームが必要で10万台の電気自動車分しか無いという事になります。

無論価格は10倍になります、どう安く作っても1台1千万位でしょう、それだけ出せば長距離ドライブは可能です。でも数年後にはリチューム不足で価格は10倍にも100倍にもなるでしょう、何しろ希少金属ですから、だからトヨタなどはハイブリッドにリチュームを使わないのです。バッテリー代を考えればガソリン代など安い物です。
全然電気自動車はブームでは無いですよ、一部のマニアとマスコミが騒いでいるだけです、元々作れる台数に制限がある訳で、ふっきゅなど無理です、ちなみに世界で100万台が多いかです。
    • good
    • 0

とりあえずは、バッテリーが高性能にならないと今の現状のリチウムでは無理がありすぎますね。


エアコン、暖房、カーステレオ、ナビなど使えばバッテリーもみるみる減少して行きます。
最近は、異常気象の傾向もありますから、冬は突然の大雪になったりして走れなくなった時
寒さをしのぐ為、長い時間暖房かけていたら電気自動車はたちまち使えなくなって凍え死ぬでしょう。
夏は、ゲリア豪雨で自動車が浸水して、電気自動車はすぐに廃車ですね。
こう言った異常気象には対応出来ていない車です。
1回の充電で1000キロ走れるのが理想ですよね。
早く高性能バッテリーでないかなぁ・・・出ても高くて買えないだろうけどwww

この回答への補足

先々進めばいまより高性能で安価になるのでしょうかねえ・・大量産化時代に突入してからの話?かどうか

補足日時:2013/08/22 17:14
    • good
    • 0

ソーラーパネルとかがものすごく高効率になって、自動車のルーフ程度で走行できるぐらいになるまでは無理です。


日産と三菱はEVに注力してますが、大ハズレでしょう。(電トラいいんですけどね。自宅周辺以外では使えない)
家庭用コンセントで5分でフル充電できるようになればアレですが、それでも、どこでも簡単に充電できないと無理です。
携帯の充電すら、勝手にやると盗電とか言われるうちは全然無理。
全ての電柱に充電設備ができるぐらいでないと。(それでも今度は駐車違反とか言い出すぜ)
    • good
    • 0

アメリカの芸能界のセレブ達は


電気自動車に乗って、
アカデミー賞のレッドカーペットの前に
乗り付けます。

アメリカでも、電気自動車は
一種のステータスです。
(偽善とも言いますが)

彼らの乗る電気自動車は、テスラと言います。
下手なSUVよりも航続距離が長いですし、
スイスポなんかよりも10倍は加速が鋭いです。

価格はLS600hよりも高いですが。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング