人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

軍事技術として開発されたものが民間技術に転用されたもので、身近なもの・よく知っているものってどんなものがありますか?
思いつくのは、ロケット・カーナビ・コンピューター・インターネットくらいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

フィルムのいらないデジタルカメラは軍事用スパイ衛星に搭載された望遠鏡のついたCCDスチルカメラとフィルムの代わりに何回でも、消した

り、録画できる電子メモリーそれと半永久的に電力を供給する太陽電池の組み合わせで開発されました、それを片手のもてる小型軽量化したのがデジタルカメラです、電子レンジは地対空ミサイル製造メーカーレイセオン社の技術者がマグネトロン真空管から発信するレーダー電波で調理する原理で発明しました、キルビー特許の集積回路ICはタイタンICBMミサイルの大型の誘導コンピュータを超小型、軽量化して搭載させるために世界で初めて搭載されました、携帯電話はアメリカの軍事用無線機メーカーモトローラ社のセルラーシステム、バンドエード、チョコレート、レトルトパック、インスタントコーヒーいたるところにあります、
    • good
    • 0

補償光学。


天文台にとって一番邪魔なのは大気で、
大気のゆらぎを測定、望遠鏡を歪めて
よりシャープな星像を得るための技術です。

もとは、軍事衛星が地上を撮るときに使っていましたが
今ではすばるのような大規模な望遠鏡には必須の技術です。
    • good
    • 0

>ほんとですかね (;^ ^A


チリ紙は.日本人がパリ万国博覧買いに持ちこんだのが欧米に普及した最初です。日本人は.1回使うと捨てるでしょう。これを拾って使っていたのが当時の欧米人です。
欧米の場合.羊皮紙に代表される固い紙で.チリ紙などにつかえません(だから.昭和のはじめぐらいまで欧米人はハンカチで鼻をかんでいました)。日本の和紙を軍事利用したのでしょう。
    • good
    • 0

ホッチキス。


(普通名詞ではステープラ)
機関銃の連発の技術の利用。
ただ、過去質問での話題では、発明者のホッチキスさんは民間人だったらしい。

正露丸。
日露戦争の時に、大陸で下痢をする兵士が多かったので、これを飲んで下痢を止めてロシアをやっつけようという「征露丸」が最初のネーミングだった。
    • good
    • 0

製鉄技術もそうでしょうね。


いまでは鉄はかなり身近に使われていますが、古代では鉄を持つヒッタイトの武器は近隣諸国に比べて強力だったらしいです。
    • good
    • 0

偏差値は,大砲などの性能評価のために開発された指標だそうです。



子供の学力測定に使うことが「民間技術に転用」と呼べるかどうかは謎ですが…。
    • good
    • 0

一番身近なものは ティッシュ じゃないでしょうか。



第一次大戦の頃、
ドイツ軍が毒ガス対策用のマスクのフィルターとして
開発したものだと聞いたことがあります。

ほんとですかね (;^ ^A
    • good
    • 0

#6です。



今まで人に訊いた事はありませんが、
PINGの語源はやはり・・・潜水艦絡みでしょうね。
このPINGでは距離も方位はわかりませんが(笑)

こう言う話しをすると、ヘッドフォンも民生用が
先か潜水艦用が先か気になるところです。
    • good
    • 0

従来の通信方式は秘話性を持たせる為に付加機能を付け加えないといけなかったのですがそれでも十分ではありません



CDMAやTDMA通信方式は方式そのものに秘密性があります
30年位前から軍事用として研究された来たのですが現在に至って携帯電話に応用されたのです

特許を持っているのは軍事研究に携わった研究者達でアメリカの企業です

これに限らず先述の方々が述べておりますように歴史上は軍事兵器から発達した物が多いようです。
    • good
    • 0

銃。

銃の原型は.石垣を登ってきた敵兵の顔面で火薬を燃やし失明させて落下させるという道具でした。最近は火炎放射器として改良され.農作業における害虫駆除に役立っています。
防毒マスク。戦剤の消毒用に開発されたのですが.現在は労働衛星の方面で広く使われています。農薬散布には必須の道具です。
硝酸・アニモニア。本来は火薬製造用に開発されたのですが.現在では窒素系肥料として使われています。
多層フィルム。アポロ宇宙船の断熱フィルムとして開発されたのですが.その後医療用断熱材(未熟児の保温等)に使われていましたが.農業用ビニールハウス(高価なので育苗用の場合がほとんどです)の断熱材として使われています。
ちょうちょうジュラルミン。零戦用のアルミ合金として開発されたのですが.近年は広く民生用品として使われています。同様なものに.ステンレスがあります。名刀として名高い日本刀を分析して.たしかモリブデンが含まれていることに着目し.かみそりの刃として実用化されました。ジレットのかみそりのことです。
こうせいぶしつ。本来は兵士の集団感染の治療の為に実用化されたものです(だから.ペニシリンショックで少しぐらい死んでも使われつづけた)。現在は医療用として広く普及しています。といっても.マッカーサーが日本にきて青くなったのが.作り酒屋。「日本はどんな田舎でもペニシリンを作っている」。低価格・こうアルコール濃度のサキに驚いたのはぺるりでした。
多層セラミックもたしか.アポロ関連で開発されたと聞いています。今は.自動車の触媒として大体の車には言って今す。
麻薬。本来は戦闘中に人を殺すことに怖気づいてしまう兵士の治療薬として開発されました。強い慣習性があり.現代社会に広く普及してしまいました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軍事利用目的で作られたもの

パソコンやインターネットみたいに、軍事・戦争目的で開発された身近な物って他に何があるでしょうか?

Aベストアンサー

みんな、気になる事なんですかねぇ。
過去にも同じような質問を見た覚えがあるので、おせっかいながら調べてみました。
結構「へぇ」回答が集まってますので、参考まで。
この質問者さんは締め切らずにどこかに行ってしまったようですけど。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=824190

Q平和利用で開発された技術が軍事に応用された例

ノーベルのダイナマイトは有名ですが、そのほかに同様の経過で兵器へと変身して大発展を遂げたものはあるでしょうか。

Aベストアンサー

 古い話で申し訳ありません。ベトナム戦争の時にアメリカ軍がどうしても爆撃で破壊できない橋がありました。猛烈な対空砲火のために撃墜される戦闘爆撃機も半端な数ではありませんでした。一方B52爆撃から多数の爆弾を落とす方法でも直撃が出来ない状況にありました

 ところが、その最中たった一発の爆弾でついにアメリカ軍はその橋を破壊しました。その爆弾の名称は「スマート爆弾」=賢い爆弾・・という意味です。実はこの爆弾の頭部には民生用の小さなTVカメラがついていました。で、そのカメラが撮影した映像をすでに遙か遠くに対比した戦闘爆撃機で受信し、モニターを見ながら爆弾に取り付けられた姿勢制御用の羽でコントロールして橋に命中させたのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%98%E5%B0%8E%E7%88%86%E5%BC%BE
 上記より抜粋
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
テレビ誘導爆弾(または光電子誘導爆弾、Electro-Optic Guided Bomb, EOGB)の AGM-62 ウォールアイ である。・・・ウォールアイのテレビ誘導システムは、爆弾の先頭にテレビカメラを取りつけ、誘導母機では爆弾から無線で送られてくる画像を見ながら誘導員が目標に照準すると、その照準点に爆弾が自動で誘導される仕組みである。このシステムはベトナム戦争で実戦使用され大きな戦果を上げた。特にウォールアイは対空砲と対空ミサイルで堅固に防備され、四年に渡って米軍の爆撃に耐えたホーチミン・ルート上のタンホア鉄橋の破壊に成功している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 現在このような姿勢制御爆弾は爆弾は大量に配備されており、精密爆撃には欠かせないものとなっています。爆弾だけではなく巡航ミサイルなどにも取り付けられるようになりました。姿勢制御システムもビデオカメラからレーザー照射あるいはレーダー、熱感知信管、GPSなどへと進化しています。
 湾岸戦争・イラク戦争でまるでTVゲームのように、たった一発の爆弾や巡航ミサイルなどで軍事施設が破壊される映像はご覧になったことがあるでしょうか?

http://www.youtube.com/watch?v=kvUbbmKYv5A&feature=related



 で、ベトナム戦争で登場したこの爆弾・・頭部に着いていたTVカメラは実は小型ビデオカメラ用のSONY製だったことがあとで明らかになりました。民生用と軍事用の技術の区別がつかなくなった典型的な例ではないかと思います。
http://blog.m3.com/ishi-atama/20111110

 古い話で申し訳ありません。ベトナム戦争の時にアメリカ軍がどうしても爆撃で破壊できない橋がありました。猛烈な対空砲火のために撃墜される戦闘爆撃機も半端な数ではありませんでした。一方B52爆撃から多数の爆弾を落とす方法でも直撃が出来ない状況にありました

 ところが、その最中たった一発の爆弾でついにアメリカ軍はその橋を破壊しました。その爆弾の名称は「スマート爆弾」=賢い爆弾・・という意味です。実はこの爆弾の頭部には民生用の小さなTVカメラがついていました。で、そのカメラが撮影した映...続きを読む


人気Q&Aランキング