ネットが遅くてイライラしてない!?

医者と検事はカテゴリー的には全然違うと思うんですけど、どちらになるのが難しいですか?あと、どちらの方が給料は高いですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どちらも難しいですが、


医者の場合はIQの高さに加えて理数系の頭脳でなければなりません。
それを考えると医者のほうが若干難しいと思います。
ただ、医者といっても国立大学や慶応の医師と帝京大学あたりの医師には難易度に於いて差があります。

裁判官と検察官は難しい司法試験に於いて上位に入っていないとなれません。そこを考えると、
ぼくの意見では

国立大学医学部または慶応大学医学部>裁判官>検察官>一般私立大学医学部>弁護士
ですかね。

給料は医師のほうが高いです。とくに開業医は高額所得者となります。高須美容整形外科なんて凄い収入でしょう。
    • good
    • 1

”どちらになるのが難しいですか”



1,医者    ↑
医者になるには、医学部を卒業して、医師の国家試験に
合格する必要があります。

医学部は国公立ならとにかく、私立では沢山のお金が
掛かります。
入学金も、授業料も、普通の学部とは桁違いに高いです。
だから経済的に恵まれていないと難しい場合があります。

国公立なら安いですが、入学試験に合格するのが大変
難しいです。
私立は、国公立に比べると易しい場合が多いです。
金さえ出せば、簡単に入学できる学校もあります。

しかし、大学さえ合格してしまえば医師になるのは
比較的簡単です。
医師の国家試験はかなり易しく、90%は合格します。

2,検事
これに対し、検事は司法試験に合格する必要が
あります。
司法試験は、昔は世界一難しいなんて言われましたが
最近ではそれほどでもなくなりましたが、医師の国家試験
よりははるかに難しいです。

法学部ですから、入学は医学部みたいに難しくもないし
お金もかかりません。
貧乏人向きです。


”どちらの方が給料は高いですか?”
    ↑
それは、どんな態様で仕事をするかによります。
検事は公務員ですから、給料は他の公務員とあまり
変わりません。
少し高いぐらいです。

これに対して、医師は様々です。
開業医になれば、サラリーマンとは桁違いの収入が
得られます。
反面、倒産の危険もありますが、大病院を経営できる
ようになれば億万長者になれます。

病院に勤務する医師なら、サラリーマンより少し
高いぐらいですか。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ裁判官や検察官になることを避け、弁護士になる傾向があるのでしょうか?

公務員としては最高の待遇なはずですが・・・。

理由をお教えください。

Aベストアンサー

 既に回答にあるとおり,裁判官や検察官になるには,上位の成績でなければなりません。裁判官も検察官も公務員ですから定員があります。定員を超えて採用することができませんので,自ずと成績上位の者から採用されることになります。司法修習生のうち1割程度しか,裁判官又は検察官になれません。9割の者は弁護士にならざるを得ないのです。
 無論,成績上位の者でも弁護士を志望する方もいらっしゃいます。
 民事法を専攻した人が検察官を志望することは少ないので,裁判官志望よりも若干成績が悪くても採用されることがありますが,裁判官志望者はかなり上位成績でなければ採用されません。
 無論,成績上位の者でも弁護士を志望する方もいらっしゃいます。
 他の方の回答にあるとおり,裁判官も検察官も全国あちこちに転勤しなければならないので,これを嫌って弁護士を志望される方も居ます。

Q医者 VS 弁護士 さて、あなたはどちらを ?

もし、みなさんが 
医者や弁護士になれるほどの能力や財力があった場合に

この2つの職業で、「 どちらかを選択して下さいね !」
と言われたら、どちらを選択するのでしょうか ?
また気持ちとして、ややこっちがいいなってありますか ?

医者といってもお金もかかります。
まして執刀して万一医療ミスも・・・。
弁護士になっても、裁判で負けたら・・・。

さて、みなさんならどちらを選択しますか ?

Aベストアンサー

両親が加齢のせいで最近やたらと検査に引っかかるようになりました。


先日は母が子宮のそばに腫瘍の疑いありなどといわれ結局何事もありませんでしたが、このようにある程度の年齢になると誰しも当たり前のように病気を抱えたり、通院を余儀なくされたりするものです。都度検査に一喜一憂するようになってから痛感するのは、医学の有り難さです。


最近など医学が一段と進歩し、アルツハイマー、認知症、うつ病などの脳関係の病気はかなりの確率で改善できるようになっているというし、癌などは近い将来「治る病気」に持ってこれるのではと研究が大いに注目されています。
また京都大学の山中伸弥教授のIPS細胞などは確立さえされれば、癌で切り取った胃や肝臓を元の大きさに戻したり、大やけどを負った部位を最初から全く何事もなかったかのごとく再生できるなど、もはや神がかり的な効果を期待されています。




日進月歩にこうした医療技術が高水準に確立されてきた背景には、医療関係者のたゆまぬ努力と不屈の精神があったからに他なりません。私はこうした尊い業績や成果を培ってきた人達を大いに尊敬するし、これからももっともっと頑張って欲しいと思います。




長くなりましたが、「私だったら」と考えてもお医者さんを選択します。

両親が加齢のせいで最近やたらと検査に引っかかるようになりました。


先日は母が子宮のそばに腫瘍の疑いありなどといわれ結局何事もありませんでしたが、このようにある程度の年齢になると誰しも当たり前のように病気を抱えたり、通院を余儀なくされたりするものです。都度検査に一喜一憂するようになってから痛感するのは、医学の有り難さです。


最近など医学が一段と進歩し、アルツハイマー、認知症、うつ病などの脳関係の病気はかなりの確率で改善できるようになっているというし、癌などは近い将来「治る...続きを読む

Q司法試験と医学部に合格するまでの勉強量

全くの知識のないところからスタートして、医学部と司法試験では勉強量(理解するまでに要する時間、記憶する量)は、どちらの方がより難解で時間がかかると思いますか?

Aベストアンサー

司法試験の2次試験のなかの択一試験は、受験生の知識としてのレベルは、
大体同じぐらいで差がつきにくいので、知識プラス事務処理能力を問う、
といった感じの問題になっています。
また、問題自体も法律をある程度勉強したとしても、
問題を読んでも書いてある意味がよく分からなかったり、
そもそも憲法の問題なのに、何でこれが憲法の問題なのか
よく分からない問題がたまに出題されたりします。
これは例え東大生でもありうる事で、
司法試験に合格するためには、
法律知識と同時にある程度の(高度な?)文章読解力、論理的思考力が
必要であることを表しています。

現行司法試験の場合、定義の言い回しなど、ある程度正確に覚える必要がありますし、
論理展開のパターンなども、一科目に付き150ぐらい、
六科目で、合計900ぐらい覚える必要があると言われています。
逆に条文は、こまめに六法を引くように初学者の段階から言われますので、
大切な条文は自然と覚えてしまいます。(と、言われています。)
また、身の回りで起こりうる事やニュースで聞いたりで
イメージが持ちやすく、医学知識のような、
日常あまり聞かないような事項をひたすら暗記しなければならない、
という記憶の方が大変なような気がします。
ただ、司法試験の場合、記憶だけでなく、論理的に考える要素も非常にも重要ですので、
その点が、その人のセンスやテクニックが必要になってきて、
医師国家試験より難関なのかなと思います。

司法試験の2次試験のなかの択一試験は、受験生の知識としてのレベルは、
大体同じぐらいで差がつきにくいので、知識プラス事務処理能力を問う、
といった感じの問題になっています。
また、問題自体も法律をある程度勉強したとしても、
問題を読んでも書いてある意味がよく分からなかったり、
そもそも憲法の問題なのに、何でこれが憲法の問題なのか
よく分からない問題がたまに出題されたりします。
これは例え東大生でもありうる事で、
司法試験に合格するためには、
法律知識と同時にある程度の(高...続きを読む

Q検察官の出世について

警察官には階級があり、キャリアで採用されれば、警視正、警視監・・・というような形でキャリアアップしていくことを知りました。
では、検察官の場合はどうなのでしょうか?
司法試験合格後、司法修習を経れば検察官になれるわけですが、その後の出世はどのような仕組みになっているのですか?
司法試験にはI種とかII種のくくりはありませんよね?とすると、司法試験に通って検察官になれば、誰でも平等にキャリアアップする機会が与えられているのでしょうか?それとも、最終学歴や検察官になったときの年齢によってその後のキャリアが決まってしまうのでしょうか?

それからもう一つ質問があります。
警察官はキャリア採用されることで、その後の出世の見通しがある程度立つと考えていますが、では、警察官(キャリア)と検察官では、どちらの方が出世しやすいのでしょうか?

端的に質問をまとめることができず、本当に申し訳ございません。皆様のご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

どの組織でもそうですが、試験区分や採用区分によってある程度の目安はつくと思いますが、全く差がつかないわけではありません。

例えば国家I種にしても事務次官になれるのは同期で1人と言われています。20人入っても、どんどん出世の仮定で振り落とされて最後に1人が残るのです。

はっきりしたことはわかりませんが検察官の世界でも事情は同じだと思われます。検事総長を事務次官におきかえ、次長検事を局長におきかえればいいわけです。それまでにステップアップしていくのも同じです。

勿論、待遇の違いなどはありますが、別格云々というよりは比べることはあまり意味はないことかと思われますね。

Q検察官の出身大学による有利・不利

現在高2で検察官志望の者です。

今、志望校は一橋大学なのですが、この大学出身というのが不利になったりするのでしょうか?(派閥などの関係で)

また、有利になるとしたらどういう大学があるでしょうか?

受験する大学を決める参考にしたいので回答お願いします。

Aベストアンサー

>大学出身というのが不利になったりするのでしょうか?

残念ながら、検察庁には学閥が存在します。
検事総長は東大、京大卒が7割を占めていますし、各地方検察庁も同様です。
本当は違法なんですが、人情的に同窓が後任になる場合が多いようですね。
ただ、検察官は「個々に独立した存在」ですから、正義を求める姿勢があれば気にする必要はありませ3ん。
事実、岡山大学出身の田中森一は、東大京大卒が多数を占める検察のエリート集団である東京地方検察庁特捜部に所属し、輝かしい成果を残しています。
彼は「特捜エース検事」として有名でした。

Q弁護士や検察官って自分で捜査したりするのですか?

現実的なところを教えていただきたいのですが、
一般的に言われる「弁護士」という職業はドラマや漫画みたいに、
自分で事件を捜査したり、証拠を集めたりと、
探偵まがいのことをするのでしょうか?
またそういったことをしても問題ないのでしょうか?

もしそういったことをする場合、
依頼者から別途調査費用などを徴収しているのでしょうか?
お教えください。

私のイメージですと、証拠をそろえるのは依頼者が行うべきことであって、
弁護士さんは、書類の手続きや相手方との交渉、裁判での弁護などを行うのだと思っています。
仮に弁護士事務所として証拠集めに協力するのであっても、
弁護士自らが動くのではなく、そのスタッフやあるいは探偵に外部委託するのではないかと思っています。

ですが、どうも映画やドラマや漫画や小説を見るに、
お前は名探偵コナンか!とツッコミたくなるようなシーンを多々見かけます。
検察についても同様です。ドラマHEROで、キムタク扮する主人公は、
しょっちゅう事務所を出て、何かを調査しています。
そんなこと常識的にありえるのでしょうか??
書類の整理だけで忙殺されているイメージがあるのですが、
その辺のところはどうなのでしょう?

詳しい方お教えください。

現実的なところを教えていただきたいのですが、
一般的に言われる「弁護士」という職業はドラマや漫画みたいに、
自分で事件を捜査したり、証拠を集めたりと、
探偵まがいのことをするのでしょうか?
またそういったことをしても問題ないのでしょうか?

もしそういったことをする場合、
依頼者から別途調査費用などを徴収しているのでしょうか?
お教えください。

私のイメージですと、証拠をそろえるのは依頼者が行うべきことであって、
弁護士さんは、書類の手続きや相手方との交渉、裁判での弁護...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも「捜査」とは、刑事訴訟手続において捜査機関(主に警察。正確には、海保なども入る)が行う訴訟の準備行為としての被疑者の身柄の確保と証拠の保全活動のことです。ですから、捜査機関でない弁護士が行う証拠の収集活動は捜査とは呼びません。つまり、定義上該当しない、だから呼ばない、ただそれだけです。

弁護士が証拠の収集活動をしてはいけないという理由はありませんから、必要とあれば当然、証拠収集を行います。特に刑事事件では被疑者は身柄拘束を受けていることも少なくないので自分で証拠収集なんてできません。誰が代わりに証拠収集するかと言えば当然弁護人となる弁護士。


検察官は公訴官であると同時に捜査機関でもありますから“当然”捜査ができます。特捜でなくても捜査できますし、実際にします。送致を受けた事件についてはほぼ確実に補充捜査を行います。被疑者の取調べはその代表。そもそも検察官作成の供述録取書と警察官作成の供述録取書では証拠として法律上の位置付けが違うので検察官の取調べは公判を前提とするなら結構重要です。現場に一々出て行くことはそんなにありませんがね。ドラマはしょせんドラマ。
また、警察への指揮、指示の権限は捜査を誰がするかとは別問題です。ですから縄張りなんて関係ありません。一般的指示、一般的指揮は普通にやります。
ってか、一般的指示とか一般的指揮がどんなもんか知らないんでしょうな。一般的指示というのは、簡単に言えば捜査一般についての基本的な指示。書式とかの指定も入っているくらいなので逆にこれをやらないと実務は回りません。一般的指揮というのは、抽象的な犯罪についての捜査の態度、方針を示すこと。例えば選挙期間中に選挙違反取締りを強化するような指揮とかそんなの。これも当然普通にやること。縄張りもへったくれも無いです。

なお、実際の捜査活動はほとんど警察がやっているのは事実。しかしそれは一次的な捜査権は警察にあるということで警察にまずは任せるという建前があるのと、検察官の数が少なく、とても手が回らないという本音があるから。だから数の少ない特別な事件は警察を差し置いて捜査するわけですよ、特捜部などが特に。

そもそも「捜査」とは、刑事訴訟手続において捜査機関(主に警察。正確には、海保なども入る)が行う訴訟の準備行為としての被疑者の身柄の確保と証拠の保全活動のことです。ですから、捜査機関でない弁護士が行う証拠の収集活動は捜査とは呼びません。つまり、定義上該当しない、だから呼ばない、ただそれだけです。

弁護士が証拠の収集活動をしてはいけないという理由はありませんから、必要とあれば当然、証拠収集を行います。特に刑事事件では被疑者は身柄拘束を受けていることも少なくないので自分で証拠...続きを読む

Q勤務医の方は何故開業されないのでしょうか?

全くの素人質問で済みません。
当方都内に在住しており、よく皮膚科や眼科、内科などにお世話になります。
引っ越しも何度もしておりワンマンでやっている小さい病院・診療所を色々あたったのですが、土日平日問わずいずれも大変混雑しており、30分待ち以上はザラです。
評判の良い悪いなどは関係なく(というか調べようがなく)そこしか近くにないから行っているという感じです。

勤務医と開業医の年収の差が問題になっていますが、問題になっているならば何故勤務医の方は開業医にならないのでしょうか?
開業するとは莫大な借金を背負うということは理解しています。
しかし、混雑している病院のすぐ近くに作れば自然と患者は流れて来るはずです。
仮に軌道に乗らず倒産したとしても医師免許は残りその後勤務医として
働き直せることを考えると素人目にはリスクは低いように思えるのですが。

現役の医師の方の声をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

都内で開業している医者です。

メディアで、「開業医のほうが年収がいいから、開業医の報酬を減らして勤務医に回せ」といっている馬鹿な人たちを見るたびに、心が痛みます。
あの人たちが言っている「年収が高い開業医」というのは、「法人格を持っている病院の院長」のことをさしています。
そういう統計なのですから、しかたありません。
ひるがえって、町の診療所は、個人で開業しているところが多いのです。
これは個人事業と捉えられ、統計に入っておらず、年収も勤務医と変わらない人たちが多くいます。
私自身も、勤務医時代のほうが年収は高かったです。
はるかに。

しかし、わたしは自分の好きなように治療をしていきたいし、患者さんとの時間を大切にしたいから、1日に診察する患者さんを減らしてまで、予約制で診療しています。

開業医のほうが儲かるから勤務医に報酬を回せと、言っている勤務医の皆さんは、なぜ開業しないのでしょうか。
それは、明らかに開業するのには大きなリスクがあるからです。

開業するには大きなお金が必要で、わたしはそれまで10年以上働いてためた貯金をすべて使いました。
しかも、機械を買うのに、負債をかなり抱えています。
もしこけたら、勤務医に戻って負債をかえしていく気力が出るかどうか。
また、勤務医と違い、何か起こった責任はすべて自分に帰ってきますから、なにか問題が起きれば、医師免許自体に影響が起こる可能性もあります。
そして、いまは開業すれば患者が集まる時代ではないのです。
開業しても患者が集まらず、赤字続きの医者もいます。
儲かっているのは、一部の医者なんです。

勤務医を続けるのは、そういった実際を知っているからで、それなのに勤務医の報酬を増やしてほしいと発言しているのです。
開業医のほうが恵まれていると思うのなら、一度開業してみろよ。
勤務医にはそういいたいですね。

愚痴・・・も軽く入っていますかね。すみません。
ただ、私は開業してつらい思いをすることも多いですが(稼ぎは少ない、集客に悩む、スタッフの教育が難しいなどなど)、それでも開業して良かったと思っていますよ。

都内で開業している医者です。

メディアで、「開業医のほうが年収がいいから、開業医の報酬を減らして勤務医に回せ」といっている馬鹿な人たちを見るたびに、心が痛みます。
あの人たちが言っている「年収が高い開業医」というのは、「法人格を持っている病院の院長」のことをさしています。
そういう統計なのですから、しかたありません。
ひるがえって、町の診療所は、個人で開業しているところが多いのです。
これは個人事業と捉えられ、統計に入っておらず、年収も勤務医と変わらない人たちが多くいま...続きを読む

Q裁判官 検察官 医者 教授 官僚

貧乏人がなれるんでしょうか?坊ちゃんが率って高いんじゃないですか?
どう考えても坊ちゃんのがなりやすいでしょう。
というか底辺貧乏人があがいても、小さいころから浜学園とかにいってる人間に勝てないでしょ。
努力すればなんとかなる?本当にそうなんでしょうか?
みんな努力頑張りながら生きてます。釜ヶ崎の日雇い派遣労働者も必死で働いています。そもそも頑張ればなんとかなるなら釜ヶ崎の日雇い派遣労働者はいないでしょ?努力は当たり前です。頑張ればなんとかなるならみんな金持ちになっています。
どう思いますか?
尚、上から目線の都合の良い事だけ言う人はご遠慮下さい。

Aベストアンサー

貧乏人はたしかになるのは大変ですが、なれないわけでは有りません。
また「頭がいい」とすべてを選べるわけでもありません。法学部に向いている頭もあれば、医師に向いている頭もあり、特に外科医は頭だけでなく手先の器用さも必要なようです。

坊ちゃんがなりやすいのは「子供の頃から高度な教育を受けているから」ではありません。子供の頃から、将来そういう仕事に就くために必要な道筋が良く見えているからです。

もし「子供の頃から高度な教育」が必要なら、日本以外ではない貧しい国家から大量の留学生がアメリカに渡りそれなりの成果を挙げていることの説明がつきません。
小学校教育すらまともに機能していない国からも多数留学しているからです。

「がんばればなんとかなる」というのはたしかに嘘というか、誤解の多い表現です。貧乏であれば、どれほど優秀でも家庭の事情で進路を諦めることもあるでしょう。
しかし、だからと言って日雇い労働者と高度な職業についている人の努力がまったく同じである、と考えるのもおかしいと思います。

高度な職種につく人々は、たしかにそれに特化した勉強や努力を怠らず、目標に向かって邁進したからこそその地位に辿り着いたわけです。もちろん、同じだけ努力をしたけど、結果そこに至らずに脱落した人もいる、という事実もそこにはあるわけです。

私の知り合いに、ちり紙交換屋からリサイクル業大手の社長に上りつめた人がいます。彼は1代でリヤカーを引くちり紙交換から、海外貿易を行うリサイクル業の社長にまで上り詰めたのです。
もちろん貧しい家庭で生まれ、学もそれほど無かった人です。

では、その当時同じような境遇でちり紙交換をしていた多くの人は、社長になれたでしょうか。いまだにちり紙交換を日雇いのようにやっている人も多いでしょう。

つまり、成功する人は幸運があったとしても、それだけの努力をして金持ちになっているのです。

本気で頑張れば、どのような境遇でも「金持ち」は無理でも、そこそこ幸せな生活が送れる、ぐらいにはなれますよ。

そこに辿り着けないのは、よほど自分ではどうしようもないほど不運だったか(確かにそういう人もまれにいます)、努力が結果として足りないか、のいずれかでしょう。

貧乏人はたしかになるのは大変ですが、なれないわけでは有りません。
また「頭がいい」とすべてを選べるわけでもありません。法学部に向いている頭もあれば、医師に向いている頭もあり、特に外科医は頭だけでなく手先の器用さも必要なようです。

坊ちゃんがなりやすいのは「子供の頃から高度な教育を受けているから」ではありません。子供の頃から、将来そういう仕事に就くために必要な道筋が良く見えているからです。

もし「子供の頃から高度な教育」が必要なら、日本以外ではない貧しい国家から大量の留学生が...続きを読む


人気Q&Aランキング