(予)混合燃焼と拡散燃焼ってなんですか?
違いを知りたいのです。

A 回答 (3件)

私も頭が、整理できていなかったので、便乗して調べてみました。



予混合燃焼・・・ガスと空気(酸素)を混合してから噴出し燃やす。
拡散燃焼・・・・空気(酸素)中にガスを噴出し燃やす。

予混合燃焼と拡散燃焼を組み合わせたブンゼン式燃焼もあり、この場合は混合する空気を一次空気、拡散燃焼に使う空気を二次空気と呼びます。

「ブンゼン式燃焼の別名が予混合燃焼」という記述も有り、又、別の資料では、「拡散燃焼を使わず予混合燃焼のみのもの」が予混合燃焼と取れる記述も有ってここの所は明確では有りません。

参考URLは以下の通り

http://www.sci.hyogo-u.ac.jp/imafuku/nensyou/nan …
http://www.city21.co.jp/tecnica/mame.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明どうもありがとうございました。
あとお礼遅れてどうもすいません。

お礼日時:2001/06/05 14:45

補足です。


ブンゼンバーナーの場合、(予)混合する1次空気の割合を変化させることが
できます。

まったく1次空気を入れない場合、炎はオレンジ色です。
この時は拡散燃焼が起こっています。このオレンジ色の炎を外炎といいます。
ここで、少しずつ1次空気を入れていくと噴出口に青い炎が現れます。
この青い部分は予混合燃焼が起こっている部分で、内炎といいます。
ブンゼンバーナーを使用する場合は通常外炎が消失するまで1次空気を
割合を増加させます。
なので、ブンゼン式燃焼は「予混合燃焼と拡散燃焼を組み合わせることが
できるが、通常は予混合燃焼のみの状態で使用する」と言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

燃焼が違うと炎の色も違うのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/05 14:48

ガスバーナーの事でしょうか?



予混型は、空気と燃料ガスがあらかじめ混合されていて、燃焼室やトーチの先で燃えるものです。

拡散型は、燃料ガスのみが燃焼室やトーチに送り込まれ、そこで空気と接して拡散し、空気と混ざって燃えるタイプです。

同じ原理でエンジンなどでもあると思います。

参考URL:http://www.city21.co.jp/tecnica/mame.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ありません。
何しろパソコンは学校でたまに使う程度なもので。
おかげで違いがわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/05 14:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

グラスウール λ 0.036-0.052 W/mk
空気 λ 0.02 W/mk

なぜ空気より熱を伝えやすいグラスウールの方が部屋が温くなるのでしょう?

Aベストアンサー

グラスウール自体に保温性が有る訳じゃありません。
グラスウールの中に抱え込まれて、対流できないようにされた空気の層で、保温しているんです。
発泡スチロール(スチロール樹脂を発泡させて閉じ込めた空気)、プチプチシート、ダウンベスト(水鳥の綿毛が抱え込んだ空気)などみな同じ原理です。

Q燃焼ってなんでしょう・・・?

燃焼ってなんでしょう・・・?

炭素が酸素とくっつくときに炎が出るのが燃焼なのでしょうか。

じゃあ炭素が無いときは燃焼は起こらないのでしょうか。

というか炎って何だろう・・・。

と疑問だらけになってます(^_^;

燃焼って何か教えてください!!

Aベストアンサー

引き続き#2の者です。

すでに書かれていますが、炎は気体の燃焼です。
上や木などが燃える場合、物体そのものも燃えますが、熱によって炭素などを
含む可燃性ガスも発生します。このガスが燃えている範囲が炎として認識されます。

一方、スチールウールやマグネシウムがなぜ炎を上げないか? と言えば、
「その温度では気化しないから」です。
ご承知のとおり物質は温度よって「固体」「液体」「気体」にいずれかの
状態をとります。水は0度以上で固体から液体に、100度で液体から気体に変化しますが、
我々が日常使用できる火力では金属を気体化させることはおろか、液体化させることも
難しいでしょう。
(ちなみに鉄の融点(液体化する温度)1535度、沸点(気体化する温度)2750度です)

よってスチールウールやマグネシウムの燃焼実験では、炎は上がりません。

Q熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率の大きな物質(例えば銅、アルミニウム、鉄、・・・など)は電気伝導率も大きく、
熱伝導率の小さな物質(例えばアスベスト、ガラス、発泡スチロール・・・など)は電気伝導率も小さい。
これは常に成り立つのでしょうか。
またこの熱伝導率と電気伝導率の関係性は物理的に解明されているのでしょうか。
 

Aベストアンサー

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている)、相当量米国から輸入されているはずです(米国の一企業の独占)。次にAlNとかSiCが絶縁材料で熱伝導率が高いため注目されていますが、AlNは熱膨張係数が若干小さいこと、SiCはご存じ半導体でBeOを添加して絶縁性を得ていましたが(開発当時は、日本の世界的発明ともてはやされました)、それでもAlN以上に電気特性が良くないこと、それとやはりBeOが問題となり今はあまり使用されていないはず。最初の方がお答えになったダイヤモンドは熱伝導、絶縁性ともに極めて良好ですが、熱膨張係数があまりに小さすぎ、半導体とのミスマッチがひどく、大型チップへの対応ができないため、その用途は極めて限られてているはずです。

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている...続きを読む

Q混合気体の燃焼と体積

水素、アセチレン、一酸化炭素の混合気体Aがある。A50mlに酸素60mlを加えmこれらを完全燃焼させたところ体積は37.5mlになった。燃焼後の気体を水酸化ナトリウム水溶液に通すと堆積は12.5mlになった。Ani含まれていた。アセチレンの体積は何mlか。

燃焼の反応式は、それぞれ次のようになる。
H2+(1/2)O2→H2O
C2H2+(5/2)O2→2CO2+H2O
CO+(1/2)O2→CO2
・・・以下省

教えてほしいところ
この反応式を使って、連立して答えを求めていました。
しかし、熱化学反応の式でないので係数が分数って駄目じゃないんですか??
なぜ、間違った係数で計算しているのに答えが求まるんでしょうか???

Aベストアンサー

係数は整数という、化学反応式の約束事からは逸脱していますが、反応に関与する物質量の比については間違っていないからです。

Q金属の熱伝導率

金属の熱伝導率を調べております。
黄銅より銅の方が、熱伝導率が高く熱を伝わりやすい事は分っているのでが、逆に冷めるのは熱伝導率が高いと放熱しやすい(冷めやすい)のか教えて下さい。

Aベストアンサー

熱の移動には、伝熱、対流、放射が有ります。
熱伝導率は同じ材質内を熱が伝熱する場合の係数です。
金属から空気に熱が移動する場合は次の通りで、熱伝導率は直接には関与しません。
・放射:NO.1様のご説明によります。
・伝熱:金属と空気間の<熱抵抗>という係数が関与します。
・対流:空気側の対流によって金属と接している空気の温度が下がり、伝熱も増えます。
対流には<熱伝達率>という係数を使います。

Q混合物質の燃焼

混合物質の燃焼
炭素Cと硫黄Sの混合物10gを完全燃焼させると、二酸化炭素CO2と二酸化硫黄SO2の混合物30gが出来た。はじめの混合物中に硫黄は何gあったか。
ただし、炭素と硫黄の燃焼反応は
C+O2→CO2 S+O2→SO2

と言う問題があります。
どこからどのように手をつけて良いかわかりません。
考え方と途中式を教えていただけないでしょうか?(答えは4gです)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ごくごく単純な連立方程式の問題ですよ。
中学校でさんざんやったあれです。

りんごとみかんを合わせて10個買ったら750円でした。
りんご1個は100円、みかん1個は50円です。それぞれ何個買いましたか?
と全く同じ種類の問題ですね。

求めたい量をx,yとおくことと、あとは反応式の係数と反応する物質の物質量の関係から簡単に出ます。
さて、何をx,yにしますか?

Q熱伝導率 わかりやすく教えてください。

熱伝導率が 高いということはどういうこと、望ましい時はいつ。
熱伝導率が低いということはどういうこと、望ましい時はいつ。

手をあてて、あったかく感じる時は、
熱伝導率が低いということはなのでしょうか?

例をあげて、わかりやすく教えて。

Aベストアンサー

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは、ウールの熱伝導率が低いからだ」と考えているのならこれは中々に微妙です。

もちろん『セーター』の熱伝導率が低いため、人の体温が外気に奪われにくくなるので暖かいという事になります。また『ウール』自体の熱伝導率もそれなりに低いと思います。
ところが、実は『ウール』そのものよりもウールの間に捕らえられた『空気』の熱伝導率が低い事の方がセーターの暖かさの秘密だったりします。
例えば北国でガラス窓を二重にしたりするのは、間に(熱伝導率の低い)空気の層を作る事によって、室内の熱が外へ逃げないようにする工夫だったりします。

そういった事に注意しさえすれば、触ってみた感じから熱伝導率を大雑把に比べる事も出来るだろうと思います。

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは...続きを読む

Q係数比較(?)がわかりません。混合気体の燃焼の問題

問題
エタンXmol,水素Ymol,酸素2molを内容量20.0lの密閉容器に封入し、点火して内容物を完全燃焼させたところ、水0.72mol,酸素1.30molおよび二酸化炭素が残った。X,Yの値を求めよ。

どうしても理解できない考え方があり、それがわかれば解決できるので、そこを教えてください。-は減少、+は増加を表します。

C2H6+7/2*O2→2*CO2+3H2O・・・・・(1)     (-X,-3.5X,+2X,+3X)
H2+1/2*O2→H2O・・・・・・・・・・(2)    (-Y,-0.5Y,+Y)

上のカッコ内のX,Yがわかりません。左辺のエタンと水素は酸素と燃焼しているので減っていることぐらいしかわかりません。さらにH2Oの物質量について3X+Y=0.72、O2の物質量につい2.00-3.5X-0.5Y=1.3という式があります。言いたい事はわからなくもないのですが、なぜX,Yをひとつの式にまとめることができるのでしょうか。

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

#3様の補足を見ました。
難しく考えすぎです。

3X+Y=0.72について(全ての項が水の量に関係)
(エタンの燃焼で生成した水の量)+(水素の燃焼で生成した水の量)=(生成した水の量の総量)
(エタンの燃焼で生成した水の量)=3X …式(1)より
(水素の燃焼で生成した水の量)=Y …式(2)より
たまたま水の生成量の式がXとYの関数であっただけ。

2.00-3.5X-0.5Y=1.3について(全ての項が酸素の量に関係)
(最初の酸素の量)-(エタンの燃焼で減少した酸素の量)-(水素の燃焼で減少した酸素の量)=(残った酸素の量)
(エタンの燃焼で減少した酸素の量)=3.5X …式(1)より
(水素の燃焼で減少した酸素の量)=0.5Y …式(2)より
たまたま酸素の減少量の式がXとYの関数であっただけ。

--------------

例えば1個150円のりんごX個、1個100円のみかんY個
合わせて8個で1000円出したらおつりが50円だった。
式を立てると…
X+Y=8 …(1)
1000-150X-100Y=50 …(2)
ほら、個数の式(1)でも金額の式(2)でもXとYが登場しますよね?
しかも今回の質問の式とも似ていませんか?
同じ式内で同時に扱うことができるのは、個数も金額もXとYの関数だからです。

#3様の補足を見ました。
難しく考えすぎです。

3X+Y=0.72について(全ての項が水の量に関係)
(エタンの燃焼で生成した水の量)+(水素の燃焼で生成した水の量)=(生成した水の量の総量)
(エタンの燃焼で生成した水の量)=3X …式(1)より
(水素の燃焼で生成した水の量)=Y …式(2)より
たまたま水の生成量の式がXとYの関数であっただけ。

2.00-3.5X-0.5Y=1.3について(全ての項が酸素の量に関係)
(最初の酸素の量)-(エタンの燃焼で減少した酸素の量)-(水素の燃焼で減少した酸素の量)=(残った酸素の量)
(エ...続きを読む

Q熱伝導率について

現在、熱伝導率について勉強しているのですが、薄膜について考えていたら詰まってしまたため、お教えください。

例えばφ10mm, 長さ10mmの円柱があるとして、その熱伝導率が100W/mKとします。
この円柱側面に熱伝導率が500W/mKの材料を1μmコーティングしたとします。
この時、コーティングされたAの熱伝導率を求めるための理論式に確証が持てません。

私は単純に、熱抵抗R = l /λA(lは長さ、λは熱伝導率、Aは断面積)とおいて、円柱と膜(厚さ1μmの筒)の合成抵抗、1/R合=1/R1+1/R2として考え求めたのですが、この合成した熱抵抗と未処理の円柱の熱抵抗との比をとると限りなく1に近い値となりました。つまり、1μm程度では熱伝導率への影響はないという結果となってしまいました。

しかし実際は薄膜により熱伝導率が向上したというような話をよく聞きます。
おそらく私の考え方(計算方法)が間違っていると思います。

ご指摘いただけると幸いです。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3次元の熱伝導率を計算したことがあります。通常の数値解析では薄膜部分にメッシュを切るのが極めて困難(ほしい情報は薄膜内部と直下の基材部の温度分布)なため(薄膜が基材に比べあまりにも小さいため)相当工夫をしないと計算できませんでした。ただ、少なくとも定常熱伝導の場合は薄膜による温度分布は考慮する必要がないことを確かめています。
ただし、実際にこのような基材を加熱して表面温度を測定すると、被覆の有無でその温度は有意な差がでるということは、わりとよく知られて事実で、よく被覆したことによる熱伝導率変化と間違えられる方が多数いらっしゃいます。
小生は、この現象は、被覆したことによって、表面の輻射率がかわり、周囲との輻射による熱の授受に大きな差が出てくるためと考えております。

熱伝導という現象はマスが重要なため10mmΦにたいし1μというマスではまず影響がでないというご質問者の回答は正しいと思います。

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3...続きを読む

Q拡散係数は拡散方向によって異なる?

拡散係数を測定する際、上方向、下方向、水平方向への拡散係数は等しくなるでしょうか?
重力が働くため、違うようにも思うのですが。。でしたら、便覧などに載っている拡散係数の値とはどのような値なのでしょう?

Aベストアンサー

拡散係数は、溶媒中の分子がその溶媒中をブラウン運動(分子の熱運動)によって移動する距離で決められています。
分子自身のブラウン運動に基づく移動だけを考えるため、重力は考慮されていません。
したがって、重力を無視できるくらい軽い分子(または粒子)でないと、拡散係数を実験的に正確に求めることはできません。
とはいっても地球上でやる以上、重力を逃れることは不可能に近いので、下記のURLのようなプロジェクトが実施されるわけです。

参考URL:http://www.nasda.go.jp/press/1997/07/sts83_970730_t03_j.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報