(予)混合燃焼と拡散燃焼ってなんですか?
違いを知りたいのです。

A 回答 (3件)

私も頭が、整理できていなかったので、便乗して調べてみました。



予混合燃焼・・・ガスと空気(酸素)を混合してから噴出し燃やす。
拡散燃焼・・・・空気(酸素)中にガスを噴出し燃やす。

予混合燃焼と拡散燃焼を組み合わせたブンゼン式燃焼もあり、この場合は混合する空気を一次空気、拡散燃焼に使う空気を二次空気と呼びます。

「ブンゼン式燃焼の別名が予混合燃焼」という記述も有り、又、別の資料では、「拡散燃焼を使わず予混合燃焼のみのもの」が予混合燃焼と取れる記述も有ってここの所は明確では有りません。

参考URLは以下の通り

http://www.sci.hyogo-u.ac.jp/imafuku/nensyou/nan …
http://www.city21.co.jp/tecnica/mame.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明どうもありがとうございました。
あとお礼遅れてどうもすいません。

お礼日時:2001/06/05 14:45

補足です。


ブンゼンバーナーの場合、(予)混合する1次空気の割合を変化させることが
できます。

まったく1次空気を入れない場合、炎はオレンジ色です。
この時は拡散燃焼が起こっています。このオレンジ色の炎を外炎といいます。
ここで、少しずつ1次空気を入れていくと噴出口に青い炎が現れます。
この青い部分は予混合燃焼が起こっている部分で、内炎といいます。
ブンゼンバーナーを使用する場合は通常外炎が消失するまで1次空気を
割合を増加させます。
なので、ブンゼン式燃焼は「予混合燃焼と拡散燃焼を組み合わせることが
できるが、通常は予混合燃焼のみの状態で使用する」と言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

燃焼が違うと炎の色も違うのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/05 14:48

ガスバーナーの事でしょうか?



予混型は、空気と燃料ガスがあらかじめ混合されていて、燃焼室やトーチの先で燃えるものです。

拡散型は、燃料ガスのみが燃焼室やトーチに送り込まれ、そこで空気と接して拡散し、空気と混ざって燃えるタイプです。

同じ原理でエンジンなどでもあると思います。

参考URL:http://www.city21.co.jp/tecnica/mame.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ありません。
何しろパソコンは学校でたまに使う程度なもので。
おかげで違いがわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/05 14:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二段燃焼と希薄予混合燃焼について

物理学というよりも燃焼工学なのですが、どこで質問したらよいのか分からなかった為、ここで質問させて頂きます。

燃焼におけるNOx低減技術として二段(多段)燃焼や希薄予混合燃焼があります。

テキストには二段燃焼は拡散燃焼バーナの部類に含まれていて、予混合燃焼バーナではありませんでした。

これら両者は同じものなのでしょうか?
それとも違うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 あまり詳しくは無いのですが…
 その2つの方式は全く異なるもので、ある意味、真逆のアプローチによって、NOx低減という目的を達成しているとも言えると思います。
 NOxは、窒素と酸素を含んだ酸化性のガスが、高温となった際に、窒素と酸素が反応するために発生します。
 ですから、ガスの温度が高温とはならない場合や、酸素不足の還元性ガスの場合には、NOxの発生は少なくなります。

 二段(多段)燃焼は、理論空燃比と比べて、1段目の燃焼では燃料の比率が大過剰となる様に、空気量を少なくした状態で不完全燃焼を行う事で、燃焼ガス温度を低く抑えると共に、燃焼ガスを還元性とする事によって、1段目の燃焼時におけるNOxの発生を抑制します。
 こうして得られた不完全燃焼ガス中に、理論空燃比よりも過剰な量の二次空気を吹き込んで、一酸化炭素や炭化水素等の未燃成分を速やかに完全に燃焼させた上で、燃焼ガスを過剰の空気で速やかに希釈して温度を下げる事で、燃焼ガスが酸素過剰であると共に高温でもあるという状態となっている時間を短くし、窒素と酸素の反応時間を極小化する事で、2段目の燃焼時におけるNOxの発生を抑制します。
 最初から、大過剰の空気で拡散燃焼を行ったのでは、燃料や空気の温度が低く、混合しただけでは燃焼が進まないため、バーナーという、「拡散燃焼を行う事で炎を保持する機具」を用いて燃焼させざるを得ず、火炎中に温度のムラが生じてしまうため、火炎中に必ず高温となっている部分が生じてしまうので、NOxの発生を抑制出来ないのではないかと想像します。

 希薄予混合燃焼は、燃焼前に予混合器において、理論空燃比と比べて空気の量が過剰な混合気(希薄混合気)を作り出しておき、それを燃焼させる方式なのですが、希薄混合気は理論空燃比と比べて燃料の濃度が低過ぎるため、そのままでは火炎を保持する事が困難です。
 そこで、混合気とは別個に、小流量のバーナーを使って、通常の拡散燃焼によって、高温の炎を作り出し、その炎を主燃焼器中に導かれた希薄混合気の中に吹き込む事で、安定的に燃焼を行わせます。
 小流量のバーナーの部分ではNOxが発生するものの、小流量であるが故に、その部位における発生量は多くなく、主燃焼器中の混合気の燃焼においても、混合気中に含まれている燃料の割合が少ないため、燃焼温度は低くなり、NOxの発生は抑制されます。

【参考URL】
 環境影響評価情報支援ネットワーク > アセスメント技術 > 環境保全措置に関する情報 > 検索キーワード集で調べる > 発電所事業における大気質に対する環境保全措置 > 二段燃焼方式の採用
  http://www.env.go.jp/policy/assess/4-4preservation/02_keyword/hozen06_f01.html

 神鋼環境ソリューション > 製品紹介 > 下水処理 > 高効率二段焼却炉
  http://218.251.127.242/product/gesui/koukouritsu.html

川崎重工 ガスタービンビジネスセンター > 技術情報 > 低NOx技術/希薄予混合燃焼方式
  http://www.khi.co.jp/gasturbine/tech/gasturbine/no.html#no02

 astamuse(アスタミューゼ) > 言語:日本語 > 発明 > 公開国:日本 > 2007年 > 09月 > 13日 > 公開番号:2007232311
  http://patent.astamuse.com/ja/published/JP/No/2007232311/

 あまり詳しくは無いのですが…
 その2つの方式は全く異なるもので、ある意味、真逆のアプローチによって、NOx低減という目的を達成しているとも言えると思います。
 NOxは、窒素と酸素を含んだ酸化性のガスが、高温となった際に、窒素と酸素が反応するために発生します。
 ですから、ガスの温度が高温とはならない場合や、酸素不足の還元性ガスの場合には、NOxの発生は少なくなります。

 二段(多段)燃焼は、理論空燃比と比べて、1段目の燃焼では燃料の比率が大過剰となる様に、空気量を少なくした状態で不...続きを読む


人気Q&Aランキング