水田からメタンが発生すると本で読んだのですが、なぜですか?また、牛のゲップからも発生するそうですが、どうしてですか?詳しく解説しているURLを教えて下さい。
また、永久凍土の中にはなぜメタンが含まれているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

以下のサイトは参考になりますでしょうか?


http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/mgzn003.ht …
(WG III TAR Mitigation of Climate Change)
農業関連での「温暖化効果ガス」は二酸化炭素と亜酸化窒素のようです。

http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jssspn/kaishi/fkaisi6 …
(日本土壌肥料学雑誌:第69巻(1998年) 第3号)
この号には
「水田から発生するメタンの起源とその土壌中での動態」
のタイトルの論文が学会賞受賞しているようです。
この中に詳細が記載されているのでは・・・?

以下の参考URLサイトでは「メタン細菌」が簡単に説明されてますが、参考になりますでしょうか?

専門的に知りになれたければ以下の成書は参照下さい。
http://www.jssp.co.jp/f_micro_ecol/seitai20.html
(微生物のガス代謝と地球環境)

牛のゲップではありませんが、
http://myuu.cc.affrc.go.jp/press/H10/1998/1998-3 …
(新しいメタン発酵を活用した畜舎汚水浄化システム)
最近の新聞情報ですが、北海道の江別市で家畜糞によるメタン発酵(・発電)が計画(?)されているようです。

ご参考まで。

 

参考URL:http://www.t3.rim.or.jp/~thama/QA/items/seibutu4 …
    • good
    • 0

聞きかじりの知識で申し訳ないのですが、有機物が分解される際に、



酸素が十分に存在する状態では
二酸化炭素、硝酸などの高酸化状態に、

酸素が十分に存在しない場合には
メタン、アンモニアなどの低酸化状態に

分解されると言う話を聞いた覚えがあります。
うしさんのおなかの中の事情は分かりませんが、
水田の泥の中、永久凍土の中などはいかにも酸素が少なそうですよね。

ちなみに気体であるはずのメタンがなぜ海底などに大量に
たまっているか?という疑問に対しては
メタンハイドレートという水和物が生成しているそうです。(↓)

参考URL:http://www.jnoc.go.jp/c_methane.html
    • good
    • 0

牛のゲップに限らず、人間のゲップやオナラにもメタンは含まれています。

牛の場合はセルロースを分解するので量が多い。
永久凍土にかぎらず、有機物を含んだ土壌はメタンを発生します。
凍土の場合は、温度が低くて小動物も少ないし、分解スピードが遅いので、有機物のたまったのがメタンの元になります。ただ、メタンの発生スピードも遅いはずですが、温暖化で凍土が解けてくると、大量発生になるといわれています。
    • good
    • 0

メタン・ガスは有機物が微生物によって分解され発生するもので、もともと自然界にある程度存在していたものです。

最近注目を浴びる様になったのは、メタン・ガスが地球温暖化に拍車をかけていると分かったからです。
水田では同じ土を何百年間も使用するので土の活性化のために有機物を大量に使用します。(堆肥、レンゲ、藁、など)これが地熱で醗酵し微生物によって分解されメタン・ガスを放出します。廃棄物も大量になると底の方で同じ現象が起こります。牛などの草食動物もたくさんの草を食べるので胃の中でメタン・ガスが発生しゲップとなって大気中に放出されることが知られています。

永久凍土によって太古に地中に閉じ込まれていたメタン・ガス(地中に埋没した
植物が地熱と微生物の働きでガス化)が、地球温暖化により氷が溶け、メタン・ガスが大量に大気中に放出され、更に地球温暖化を促進することが問題となっています。

下記URLを参照してください。

www.agri.pref.kanagawa.jp/nosoken/kikaku/nsk-news/no11/methan.htm

ss.knaes.affrc.go.jp/genti/genti/gen5908.html

www.lowtem.hokudai.ac.jp/nenpou/1998/kanrei-sogo.html
    • good
    • 0

水田からメタンが発生するのは


土の中にいるバクテリアが稲の切り株や、わらなどの有機物を分解をしてメタンガスが出ているんです。

牛のげっぷも草などを食べて消化する段階で消化酵素の影響でメタンガスが発生しているんです。
特に牛の場合は反芻などをするために胃の構造がメタンをげっぷとして出しやすくなっているそうです。

永久凍土の場合左記の例と同じようにバクテリアなどで分解され発生したメタンガスが表面を覆っている厚い凍土に塞がれて表出されなかった物がたまっているんです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空気より重い二酸化炭素がなぜ温室効果に?

地球温暖化はCO2が地球の周りを覆い温室効果が強くなるため、と聞いていますが、そもそもなぜ空気より重いCO2が上空を覆うことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214418222
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=17966

温室効果といっても、上空に二酸化炭素がたまっているのではなくて、空気全体に分布しています。

Qメタンの発生源はどんな土地?

こんにちは。

ある有名な報道局のHPに温室効果を説明するページがあって、
この現象にもっとも大きな影響を与える物質としてCO2とメタンの名がが上がっていました。
さらにメタンの主な発生源として田んぼが上げられていたのですが、これではなんだか米が主食の私は肩身が狭い気がします。
田んぼからメタンが空気中に放出されるのは間違いないのだと思いますが、全地表に占める田んぼの責任は大きいのでしょうか?放牧も家畜の糞尿がメタンの直結していそうな気がします。また、普通の畑とは何が違うのでしょうか?
ご存知の方ぜひお教えください。

Aベストアンサー

>全地表に占める田んぼの責任は大きいのでしょうか?
そんなに大きくないですよ。田んぼって世界にアジアの特定にしかないですから。東南アジアは水作で田んぼじゃないですし。
メタンは微生物の排出物なので、栄養の多いところはどこでも多いのです。植物がよく育って、栄養が染みこんだり流れでない場所。それが田んぼ。
畑は下に染みこむので、土が吸収してしまうのです。

全地表で言えば、沼や湿地の方がはるかに多いですし、田んぼ以上の栄養を持つマングローブの林もありますしね。
栄養があって植物のよく生える場所だから、メタンもCO2も植物がよく分解するので、排出より吸収能力の方が高いのです。田んぼは稲刈りすると吸収がなくなってしまうんですよ。

放牧は、糞尿より牛のゲップのほうが環境に悪いというデータがあります。牛は胃が四つもあって反芻するので、ものすごいメタンとCO2を含んだゲップを出します。
牛を全部ブタにするだけで、排出温室ガスは2/3になると聞いたことがあります。

Q爆発下限濃度について

粉塵爆発の条件に爆発下限濃度がありますが、爆発下限濃度について教えてください。

Aベストアンサー

 要するに、空気中の濃度がこの値以下ならば爆発の危険がない、ということです。 

例えば、

空気中の粉塵濃度が
 石炭: 35 mg/L
 硫黄: 35 mg/L
 アルミ: 35 mg/L
 石鹸: 45 mg/L
 ポリエチ: 25 mg/L
を越えると爆発の危険があります。

と、危険物取扱者の教本には載ってます。

一般に 20mg/L 以下では粉塵爆発は無いらしいです。(下記URL参照)

参考URL:http://www.hosokawamicron.co.jp/line-up/index3/contents/132/main.htm

Q水田整備と水生生物 水生生物に配慮した水田整備にはどんなものがありますか? できれば4つほど知りたい

水田整備と水生生物
水生生物に配慮した水田整備にはどんなものがありますか?
できれば4つほど知りたいです
専門の大学生の方、農業の専門家、農家
どのような方でもいいので解答お願いします

Aベストアンサー

まずは水生生物の生態について調べてみよう。

そうすれば答えを導くことができるでしょう。
がんばれ。

・・・
夏休みの自由研究かあ。
全部他人にやってもらうような事はやめようね。

Q内燃機関について。(燃焼温度)

今内燃機関の勉強をしているのですが、
燃焼速度などの説明はよくかかれているのですが、
ふつうに燃焼温度という言葉が出てくるためよくわかりません。
学校の図書館で、燃焼温度について調べたのですがそれでもなかなかでてきません。
どなたか、燃焼温度について知っている人や、燃焼温度について詳しく載っているホームページを知っている人は教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

物質が燃えている、または物質を燃やしているときの温度のことじゃないんですか?それでは意味が通じないですか?
同じ物質を燃やすときでも大気下と酸素を供給した場合とでは燃焼温度に差がでますね。

Qトリハロメタンの基準値と、発ガンの可能性量

トリハロメタンの基準値はどのように定められているのか、どこで定められているのかを教えてください。
ある講演会では、2リットルの水を毎日飲み続けて発ガンする人が、10万人に1人、ということをおっしゃっていました。
おそらくこれが、水道法の0.1mgなのでしょうか。

また、トリハロメタンは何gほど摂取すると発ガンの可能性があるのでしょうか。
人にもよると思いますが、基準のようなものがあれば教えてください。

ホームページなども教えていただけたらうれしく思います。

Aベストアンサー

手元の「水と健康」 (林俊郎著, 日本評論社) にいると
・WHO の基準 (クロロホルム 0.2mg/L) は (飲む量は知らないけど) 発がんリスク 1/10万を考えた設定
・カナダの基準 (総トリハロメタン類 0.35mg/L) は「1日 2L 飲んだときの発がんリスクを 1/250万/年」とみた値
だそうですから, 「0.1mg/L × 2L/日で発がんリスク 1/10万」はありうる値ですね. この本では (計算仮定は示されていませんが) 「基準値内の水を 1日に 2L ずつ一生涯飲み続けても, 10万人に 4人が発がんするにすぎない」と書かれてますが.
あと, クロロホルムなどは「動物実験において大量投与した結果, がんが見付かった」ということで「発がん性あり」と分類されているのですが, ヒトに対する発がん性については確認できていないみたいです.
あ, WHO の水質基準値は「トリハロメタン類の総摂取量のうち 20% が水道水からの摂取」と想定して決められたそうです.

Q爆発下限界について

LEL%についてなんですが、ガス検知器に表示されている目盛りについてなのですが、100%になったら初めて爆発の危険があるという事なのですか?100%以下なら爆発の危険は無いということなのですか?教えてください

Aベストアンサー

検知した場所においてはそういうことです
検知器の目盛りに危険範囲が示されているはずです
爆発限界内に入っていなくても検知器の危険範囲にあれば作業をしてはいけないということです

Qなぜ電気を使うとCO2が発生するの?

なぜ電気を使うとCO2が発生するの?


家電を使うとCO2が発生すると最近良く耳にします。
自分なりに調べた結果、

「電気を作る方法には、火力発電、原子力発電、水力発電などがあり、
このうち火力発電所では、石油や石炭や天然ガスを燃やすので、
二酸化炭素が発生する。」とありました。

家電を使用している「自宅でCO2が発生」しているのではなく
発電所が電気を作る為に、「発電所でCO2が発生」していると意味でしょうか?

Aベストアンサー

家庭に入って来ている電線の源をたどって行きますと、発電所に行き着きます。
発電所では電気エネルギーを作り出しています。
次のURLをクリックして参考にして下さい。
その主な方法を図入で解説しています。

[火力発電所]
http://www.tepco.co.jp/custom/LapLearn/teacher/document/chapter_2/23-24-j.html
[原子力発電所]
http://www.tepco.co.jp/nu/knowledge/system/index-j.html
[水力発電所]
http://www.tepco.co.jp/custom/LapLearn/teacher/document/chapter_2/27-28-j.html
[その他/太陽光発電/風力発電/地熱発電/その他]
http://www.tepco.co.jp/custom/LapLearn/teacher/document/chapter_4/47-48-j.html

Q【メタンガス】地球温暖化で地下、地中に存在していた固形のメタンガスが海中温度が上がり溶け出して気化し

【メタンガス】地球温暖化で地下、地中に存在していた固形のメタンガスが海中温度が上がり溶け出して気化して地上の空気中にメタンガスが今まで眠っていた動いていなかったメタンガスが吹き出すと言われています。

空気中に地下にあったメタンガスが吹き出してくると地球はどうなりますか?

なぜメタンガスが増えると地球温暖化になるのですか?

地球温暖化になるからメタンガスが増えるのでは?

メタンガスが増えると気温が5℃上がって、大雨、大風も増えるという。

メタンガス放出によって雷は1.5倍になるそうです。

なぜ増えるのか教えてください。

Aベストアンサー

「メタンハイドレート」でお調べ下さい。

Q微生物株の培養を含む実験をするにあたり読むべき本

微生物株の培養を含む実験を新しく始めることになりました。
今まで微生物を扱う実験をしたことがないので、本を読んで勉強したいと思うのですが、
基本的なことがきっちり書いてあるお勧めの本があったら教えていただけませんか?

あと、寒天培地などの培地をオートクレーブで滅菌する際に、プラスチックの平底フラスコを使うのはなぜでしょうか?ねじ口付きのガラス瓶ではいけないのでしょうか?

一度に二つ質問してしまいましたが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

微生物培養の操作については人や動植物に感染するもの以外はそれほど難しくないので
実際に操作してコンタミがないように慣れていくしかないと思いますが
外に出せないものについてはそれぞれマニュアルがあると思いますのでそちらを精読する必要がありますが
大学であればハンドブックなり、実験マニュアルなりの本があるとおもうのでどれでもいいので
それで基本的なことを覚えれば充分かと思います

オートクレーブですが、スクリュー式の滅菌用ガラス瓶でも作れますけど
わざわざそんなたいそうなものを使う必要がないからではないでしょうか?
どうせ滅菌がおわればすぐに平板展開するわけですからふたは必要ありませんから
しっかりとコンタミしないような栓がしてあればいいわけです
クリーンベンチから近いなら2重にしたアルミホイルを下のほうまでかぶせるだけでコンタミしませんからね
しかし、平底フラスコは珍しいですね、通常は混ぜやすい上に最後まであまり傾けずに中身を出せる
三角フラスコを使うものですけど

マニュアルを探すのもよいのですが、なぜ、なんのために、その器具を使うのか自分で考えて納得していれば
応用がきいてくるようになりますよ

微生物培養の操作については人や動植物に感染するもの以外はそれほど難しくないので
実際に操作してコンタミがないように慣れていくしかないと思いますが
外に出せないものについてはそれぞれマニュアルがあると思いますのでそちらを精読する必要がありますが
大学であればハンドブックなり、実験マニュアルなりの本があるとおもうのでどれでもいいので
それで基本的なことを覚えれば充分かと思います

オートクレーブですが、スクリュー式の滅菌用ガラス瓶でも作れますけど
わざわざそんなたいそうなものを使う必...続きを読む


人気Q&Aランキング