平安時代の貴族(上流社会)の葬儀、葬礼ってどんな感じだったのでしょう?詳しい資料とか、論文、その他の情報があったら、教えてください。平安期の物語、随筆などにもでているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

Yahoo掲示板


 http://messages.yahoo.co.jp/yahoo/index.html

この中の、ホーム>芸術と人文>歴史>日本史
 http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=topics&bo …

の、「トピックの作成」リンクをクリックして書き込めます。

但し、既に登録されているトピック数が多いと、新たなトピック作成ができない場合があります。特に日本史は人気が高いのでなかなか書き込めないかもしれません。
それでも書き込みたいときは、「質問コーナー」みたいな一般的なトピックや関連するトピックに乗り込んでみましょう。

もちろん、ユーザー登録は必要です。
 http://edit.my.yahoo.co.jp/config/login?.src=mb& …
    • good
    • 0

#4で回答したものです。



田中久夫先生は民俗学の方ですね。民間信仰の研究などが中心でしょうか。
ご存知かもしれませんが「御影史学論集」という雑誌の代表をなさっています。

記憶によると栄華物語は臨終までの記述に詳しかったと思います。
でも、ぶっちゃけた話、平安時代なら物語・随筆級の資料は漁り尽くされて
いるので、他の論文に引用されている部分のフォローで十分かもしれません。

公家の日記の類を読むと断片的ですが具体的な情報が多く、断片的なだけに
想像力を働かす余地があり、論文を書く上では面白いかもしれません。

ネット上では、『小右記』など幾つかの史料の全文検索が、
東大の史料編纂所のデーターベースから行えます。
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

卒論ですか。教えてgooでは限界がありますよね。
印象ですが、Yahooの掲示板のほうがマニアックな回答が返ってくるように思えます。

では、ご健闘をお祈りします。

この回答への補足

すいません。この件のyahooの掲示板について教えていただけたら、よいのですが。。。。
パソコンに詳しくないのでよろしくお願いします。ご迷惑をおかけします。

補足日時:2001/06/05 20:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっさくチャレンジしてみます。ゼミの先生からも、文献少ない!と言われていたので、おちこんでました。だから、とても役に立ちます。ほんとにありがとうございました。またご協力いただけたらうれしいです。

お礼日時:2001/06/05 19:54

#1ですが、下の2つも先ほど見たところ、読めましたが・・・・。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。いま、アクセスをしてみたら届きました。さっそくプリントしました。

お礼日時:2001/06/04 21:00

平安時代は、(1)土葬から火葬へ、(2)「墓参り」の発生、(3)葬式仏教の起こり、という葬儀史上の転換期にあたり、研究の対象としては面白いところでしょう。



ただ、そのため、一概に説明しにくいのですが、一般的には、死者がでると、北枕にし数珠などを持たせ、枕元に火を灯し香を薫き、僧に読経させる。夜に牛車に棺を乗せ、山作場(火葬場)へ運ぶ。僧に読経させながら火葬にし、骨を拾い、埋葬する。という感じでしょうか。

土葬時代の風習が残っていたりして、なかなか複雑なところなのです。

「祖先祭祀の研究」田中久夫、弘文堂、などが詳しいでしょうか。でも、手に入りにくいかも知れません。

確認してませんが、「国文学解釈と鑑賞」別冊の3冊、
平安貴族の環境 / 平安時代の儀礼と歳事 / 平安時代の信仰と生活
などに載ってたかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。卒論で役立てたいと思います。田中久夫先生は論文を調べていたらよくでてこられます。その分野の方なのでしょうか?田中先生に絞って考えてみようと思うのですが。。。

お礼日時:2001/06/04 18:24

 少なくとも『源氏物語』などでは、火葬が現れます。

鳥部山(とりべやま)が火葬場としてポピュラーです。「煙が空に向かって伸びていく」といったモチーフの和歌も多いと思います。徒然草にも、「鳥部山の煙が、消え果てない習ならばこの世はさぞつまらないだろう」といった文章がありますが、それも「人が死なないものだったら」ということの謂いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがうございました。文学には疎いので。。。物語とか随筆はホントに苦手なんですけど。。。でも、ありがとうございました。参考になります。

お礼日時:2001/06/04 18:28

源氏物語の藤の裏葉あたりで紫の上が死ぬ辺りに何かなかったでしょうか?


私が習った中では家から死人を出すと縁起が悪い所の騒ぎではなかったらしくもうこりゃだめだという辺りで道端に捨てに行ってからすとか犬に死体を始末させていたという話がありました。
これは絵巻物の説明で習ったので全てがそうだったとは言い切れないですが田辺聖子の現代語訳(何の本かは忘れました)にもそういう話がありました。
物語よりいろんな話を集めたような(宇治拾遺物語とか今昔物語とか)に載ってると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。源氏物語にはでていそうなのですが、貴族はそういう所はあまり残さないと聞いています。ちなみに道長の栄華物語は、、、先生お薦めなんですけど。。。読んだ方がいいですか??

お礼日時:2001/06/04 18:32

以下のページは参考になりませんか。



日本葬儀史(上古江戸)
http://www.sekise.co.jp/sougi/institut/199112.html

日本葬儀史(上古・江戸時代)
http://www.sousai.com/hp/institut/rekisi/hist04. …

お墓の歴史
http://www.nakagawachi.co.jp/sougi/hot/q16.html

神道と仏教並存の真相
http://home.att.ne.jp/blue/atelier/Inoue-sanNiho …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。上の2つはのぞいてみました。
下の2つは、みれなかったです。でも、この2つでかなり参考になりました。
卒論に使うので。。。。ほかに情報があったらよろしくお願いします。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/04 18:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受験期直前期のやる気 もう直前期ですから、やる気最高潮で疲れなど感じず無双モードで毎日勉強というのを

受験期直前期のやる気

もう直前期ですから、やる気最高潮で疲れなど感じず無双モードで毎日勉強というのを想像してたんですが、何故かそうもいかないです。そんなもんでしょうか。。

Aベストアンサー

無双モード、なれたらいいですね。そういうときは一呼吸置いて、計画を立ててみましょう。この時期に入ると、今までやってきた勉強をもう一度振り返ることも大切になってきます。今まで使ってきたノートや教科書を見直したり…。
試験当日のイメージをする事も大切です。入試スタイルに合わせ、当日の時間配分などを考えて見ましょう。
そうしたことを十分にしてから、残された時間を効率的に使いましょう。息抜きも大切に!
一度冷静になって着実に足を進めることを考えて見てください。
応援しています!

Q一次資料と二次資料

図書館における一次資料と二次資料のついて、
一次資料・・・一般的な書籍・論文
二次資料・・・書誌、索引、抄録、文献目録など一次資料を得るために必要な資料
と、概要だけは分かったのですが具体的な例がどうにも浮かびません。
この二種類の資料について分かりやすい具体的例を教えてください。

Aベストアンサー

「分かりやすい具体的例」とのことですが,たとえばこんな例で分かりますか?

書誌・文献目録の例:『星の本の本』(地人書館)
索引:『雑誌記事索引』(国立国会図書館)
抄録:『科学技術文献速報』(JST=科学技術振興機構)

これでももしピンと来ないとすれば,今までそういった2次資料を目にしたことがないからだろうと思います。
まずは,図書館のレファレンス資料コーナーに行って,これらに該当する実物を実際に手にとってパラパラとめくってみてください。分からなかったら司書さんに聞いてください。
大学図書館ならどれも必ずあるはずですし,公共図書館でもそれなりに大きいところ(市立の中央館クラス以上)ならあると思います。
雑誌記事索引は,95年以降はオンライン版やCD-ROM版になってしまっていますが,2次資料だなあということを実感するのであれば,冊子体を見た方がいいと思います。

なお,索引というのは本のおしまいに付いている索引ではなく,「いろいろな本の内容を探すための本」です。
(まあ,巻末索引も「その本の内容を探すための道具」ですので,索引には違いありませんが,「2次資料」としての索引は,他の「1次資料」を探す道具ということになります。)

「分かりやすい具体的例」とのことですが,たとえばこんな例で分かりますか?

書誌・文献目録の例:『星の本の本』(地人書館)
索引:『雑誌記事索引』(国立国会図書館)
抄録:『科学技術文献速報』(JST=科学技術振興機構)

これでももしピンと来ないとすれば,今までそういった2次資料を目にしたことがないからだろうと思います。
まずは,図書館のレファレンス資料コーナーに行って,これらに該当する実物を実際に手にとってパラパラとめくってみてください。分からなかったら司書さんに聞いてく...続きを読む

Q修士論文等は公開論文?

工学部の修士論文についてです。これは一般的には公開論文なのでしょうか?亡父の研究室に膨大な量の論文が保管されております。彼は生前、指導教官でした。先日大学職員より、遺族は全てを引き取るように言われましたが、同時に大学に帰属するものだ、とも言われました。

問題は元学生が、これらの論文内容を自分らのものとして指導教官の名前を削除し、他の学生のものまで自分のように扱い、公表しています。

Aベストアンサー

私が居た大学院では修士論文は2種類執筆していました。
 1)大学に残す身内向けの資料集的修士論文(膨大な資料付き論文)
 2)公的に公開する正規の修士論文(対外発表用の要旨集)

1の方は公的な文書ではなく専攻あるいは研究室の所有物であり、自由に処分できます。
その代わり、非公開文書ですので参考文献として公式に引用することはできません。
2の方は公的な学位論文として提出されており、国会図書館などにも保管されています。
こちらは公開文書ですので公式に参考文献として引用も出来ますが、名前を改竄して自分の論文のように扱ったりしたら社会的に問題となります

亡父様の大学ではどのように修士論文を執筆していたかによって、判断が変わるところではないでしょうか?

Q論文・小論文・レポート書き方強化

 文章の書き方の強化をしたいと
考えています。

学生の頃は添削の学校など多数あったのですが
卒業後なかなか添削してもらう所がなく
本を見たりすることしかできません。
もしお勧めの学校(大阪)。本などありましたら
よろしくお願いします。

後ポイントなど情報もよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

集英社新書の「ホンモノの文章力」(樋口裕一・著)が一番お勧めです。

あとは日本語の書き方としては岩波新書の「日本語練習帳」(大野晋・著)。広辞苑作成に携わった大野晋の本は他書も面白いのですが、同じ岩波新書の「日本語の教室」も面白く読み易いです。

Q論文の参照する場合、論文著者の書き方

レポートでネイチャー、サイエンスなどの英語雑誌の参照を最後に記す場合、著者はどのようにすれば良いのでしょうか? 10人、20人も著者がいたりしてすごい字数になってしまいます。

et alで「など」の意味になるらしいのですが、et alの前に代表させるのは何人にするべきなのか、また誰を書けばよいのか、わかりません。

そんなに厳密にやる必要はないレポートなのですが、後学のためご教授下さい。

Aベストアンサー

英語論文の場合、投稿規程というものがあって、表記の仕方も全て規則があります。
統一したルールはなく、雑誌によってルールがことなります。
これは各誌ホームページで投稿者向けに公開しています。

~秒をあらわすのに sec にするか s にするか
~時間をあらわすのに h にするか hr にするか、そのような細かいことまで全て規定されています。

なので、A誌に投稿して不採択になった論文を、B誌に投稿するときは改めてB誌の規定にそって
校正しなければなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報