最新閲覧日:

プロパンガス等を貯蔵・運搬する容器を、日本では

ボンベ(Bonbe:ドイツ語)

と呼ばれている。
英語では

ガスシリンダー
(Gas cylinder)

である。
なぜ日本では、ドイツ語の「ボンベ」が広く使われるようになったのだろうか?

「なぜ日本は「ボンベ」が使われるのか?」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

    「爆弾」を意味するドイツ語(英語の bomb と同じ)が輸入されて来たのは、下記と一緒に来た訳です。

医者が使う酸素などの入れ物に使われたから、平和な入れ物の意味が残ったのでしょう。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4% …

ドイツ語やオランダ語の方が、カテーテル(アメリカの看護婦が[kǽθətər]と言うのが何か分かるまで数秒かかりました)やアレルギーが、キャサターやアラジーより言いやすいのは僕だけでしょうか。

    なぜ日本は「バイト」が使われるのかも同じ答えです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

言葉は難しい・・・。

お礼日時:2014/04/03 11:03

本当にどうしてでしょうね。


この手の容器はドイツ語では「Flasche」(ビン)と言い
ますが。

ビールビン、ワインのビン、ジュースのビン ・・・などと
まったく同じの「ビン」と言います。つまり、各種ガスの
入ったその手の容器はGasflasche「ガースフラッシェ」です。
サイズや形には関係なく。

プロパンガス、病院で使う酸素、溶接用のガス・・・などの
容器はすべてGasflascheです。日本語のイメージでは、ビンは
ガラス製やプラスティック製ですが、ドイツ語では、あの頑丈な
金属製のガス保管容器も、ビン・Flascheです。

Bombeはドイツ語では基本的には「爆弾」(英語のBomb)
の意味でしか使いませんが・・・

もちろん、比ゆ的には、爆弾発言とか、莫大な量について
「・・・爆弾」「爆弾みたいな・・・」とは言いますが、
通常、ガスの容器としては、Flasche・ビンです。

この方式の容器が日本に入ってきた頃、その形が「砲弾」を
を連想させる時代だったのか、実際、「爆弾」の形がガス用
の容器に似ていたからなのか。どうなのでしょう。
学術的、文献的な証明ではなく、思いつきで書いて申し訳ない
ことですが。

(あることばの一面だけを見たり、偏った使い方で取り入れら
れるのは外来語一般の宿命かも知れませんね。数あるドイツ語
からの外来語のなかでも、類似のもの、「どうして広く使われ
るようになったのでしょうか」と訊きたい例は、は他にも
いくつかありますね。
わずかな例でですが、

アルバイト: 日本語で使われる「副業」や「バイト」「臨時雇い」
の意味では、近年、ドイツ人は英語で「Job」といいます。少し
皮肉な感じがしますが。公的機関でも「Jobcenter」(日本語では
ハローワークに当たりますか)という時代です。

カルテ: これはもう病院や医者による病歴などを記したものの
意味で限定的になっていますね。ドイツ語には、その意味では
まず使われない。
乗車券、入場券、定期券、などと言うときの「券」には、いつも
~karteがつきますね。

アイゼン:(鉄)山岳用語的になっていますね。
シャーレ:(深皿、どんぶり)これは化学の実験器具のイメージ。
ザイル:(ロープ)これも山岳関係専用みたいな感じですね。
ヤッケ:(ジャケット)上着の意味で使う場合がほとんど。日本語の
ヤッケの意味では、現代のドイツ人はアノラックと言う(共に外来語
ですが)。

これらの言葉も、ボンベ同様、一面的な広がりのような感じがします。

事物の一面だけを取り入れたり、誤用しているうちに、立派な日本語
になったということでしょうか。

どなたか日本語専門の方のお応えに期待いたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

画像を貼り付けましたが、”爆弾”に似ているから?

お礼日時:2014/04/03 11:04

ボンベは酸素溶接に必要な酸素を供給するために始まった(ようです)



http://books.google.co.jp/books?id=PdBzvQSG9JwC& …

酸素工業ニ関スル調査
農商務省工務局 - 1921
によれば、日本で最初に酸素を作ったのが日本酸素、1921年段階でもっとも供給量が多かったのが 帝国酸素。

日本酸素は
http://www.tn-sanso.co.jp/jp/company/message.html
http://www.azbil.com/jp/corp/history/pdf/history …

というように、元々ドイツに空のボンベを戻して(ドイツで充満させて)いた状況から日本でも充填させようとして業を始めた会社

帝国酸素はフランス系の会社
http://www.jp.airliquide.com/ja/air-liquide-japa …

bouteille < 日本語的には ボトルの語源
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

日本酸素が、最初にドイツとの取引を始めた事から、全国に広まったのでしょうか?

といっても、回答にあった帝国酸素は「シリンダー」ですね。

言葉は難しい・・・。

お礼日時:2014/04/03 11:10

>なぜ日本では、ドイツ語の「ボンベ」が広く使われるようになったのだろうか?



想像ですが、日本に入ってきている外来語で
ドイツ語は医学、化学用語として入ってきているものが
多いので、その流れでは。
(もしかしたら登山用語からかも)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

言葉は難しい・・・。

お礼日時:2014/04/03 11:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q~ の読み方 ドイツ語。 ドイツ語ではなんと読めば良いのでしょうか。 例えば 18~30才だと日

~ の読み方 ドイツ語。

ドイツ語ではなんと読めば良いのでしょうか。

例えば 18~30才だと日本語では
18「から」30才ですよね。

重さ~重さ、体積~体積 単位は変われど、ようは数字~数字のとき どう読めば良いのでしょうか。

お教えください。

Aベストアンサー

bis かな?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報