仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

おはよごじゃいます。
タイトルそのままエポキシ樹脂を溶剤で溶かしことができますか?
溶かすできる溶剤があったら教えてください。
おねがいします!

A 回答 (3件)

>では、硬化前のモノマー状態のことを溶かす溶剤にはどんなものがありますか。


 モノマーによります。水溶性のものでしたら水で、そうでなければ有機溶剤で溶かすか、界面活性剤で分散させて水にコロイド---分散系---として溶液にする。
 硬化剤はアミンなどが使われますので一般的には水で溶けるでしょうが、水は反応のストッパーとして働くこともあるし、エポキシ基の特性上溶液や界面活性剤と反応することもあります。
 そのため、一般的な回答はありません。エマルジョン--分散系で設計するのでしたら、モノマー(主剤)、開始剤(硬化剤)ともに厳密に設計する必要があります。
    • good
    • 6

硬化したエポキシ樹脂は溶剤では溶けません。


樹脂には長鎖のポリマーどおしが分子間力(ファンデルワールス力)で結びついている物と、網目状に共有結合で結びついた反応硬化型があります。
 後者の場合は基本的に溶かすための溶剤はありません。

 硬化前のモノマーの状態だと溶かすことが出来ますが・・

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
では、硬化前のモノマー状態のことを溶かす溶剤にはどんなものがありますか。
もう一度お願いします。

補足日時:2014/04/08 19:18
    • good
    • 3

普通の溶剤では無理です。


エポキシ樹脂は分子が網目状にアミド結合した固い樹脂です。
アクリル系の樹脂などとは根本が違います。

アミド結合を分断できる溶剤などがあればいいのですが、
聞いたことはありません。

1つの方法としては「固すぎる」ことを利用することです。
通常は接着されている物よりも固いことが多いです。
ですから、瞬間的な衝撃や超音波などにはかえって弱いものです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラスチックを溶かせる物

少しだけプラスチックを溶かしてみたいのですが、シリコーンオイルで、プラスチックの少々のデコボコは溶かせますか?

また、他にプラスチックが溶けるものを教えてください。

Aベストアンサー

プラスチックと言っても、その種類は膨大で金とアルミどころではない違いかがあります。
何に使われているものかでおおよその見当は付きますから、それを教えてください。
もっとも強力な溶剤としては ⇒ジクロロメタン( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%B3 )でしょうが取り扱いが面倒です。
 また、乾燥したからと言って元に戻らない場合も多いです。作業上も突出したところよりも凹んだところが犯されやすいという問題が・・・
 よって、基本的には刃物で削るかサンディングです。熱軟化性樹脂の場合は冷却を忘れないように・・

Q【プラスチックを溶かす方法】を教えて下さい

セット物を購入しなかったのが良くなかったのですが

ほうきの持ち手(棒)が
ちりとりの棒を収める為の溝に収まりません。

そこでプラスチックのちりとりの溝を深くしたいと考えています。

厚みのあるプラスチックを溶かす方法はないでしょうか。
宜しく願いします。

Aベストアンサー

1 荒っぽい方法

お湯では無理でしょうね
先の方には申し訳ないですが
耐熱温度が記載されておれば それ以上の熱が必要となります。

持ち手と同じか それ以上の太さの鉄などの棒があれば・・・
コンロであぶって 適当な温度を見計らって
押し当てる。

押し当てられた場所は必ず溶けて流れ落ちます。
足元にも注意です もちろん手元も

そーっと引き抜けば
または 少しさめるまで待って その棒を回しながら引き抜けば
きれいに形としては収まるはずです。

ただ焦げ目が残ります
その棒が覚めた時にその棒に紙ヤスリを両面テープで巻きつけて
こすり合わせれば 多少は見やすくなるかも・・・。


2 大人しいやり方

ドライヤーであぶり 箒の棒を押しあてて棒を回す(この棒は温めない)
時間をかければチリ取りが柔らかくなり変形しやすくなりますので
その時がチャンスです。

そのあとは すぐに冷水につけてくださいね
形ができたら両方を離す 
まず少しは広がります

2-3度チャレンジすれば 何とか収まるようになります。

 

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q硬化樹脂から試料を取り出す方法

研磨をする際に硬化樹脂(アクリル及びエポキシ)を使用しています。
研磨が終わったあとに試料だけ取り出したいのですが、うまく試料を傷つけずに取り出すことが出来ません。
そこで質問なのですが、何か薬品を添加することにより硬化樹脂だけを壊す方法はありますか?
時間はかかっても構いません。

Aベストアンサー

う~ん、ポリエステルですか・・・
医薬系で使われてますよね。
アクリルより溶解性が高い、とはあまり思えませんけど。
樹脂包埋による試料研磨は、基本的には包埋した試料はそのまま使い捨てであることが暗黙の了解なのだと思います。
試料が無機物の場合は知りませんが、有機物の場合、取り出す、という話は聞いたことがないので。
あと、溶媒ですが、THF(テトラヒドロフラン)ってご存知ですか?
ほとんどの樹脂が、アセトンよりも高い溶解性を示します。高分子関係ではよく使っています。でも、体にはよくない物質なので(アセトンも体にいいとは言えませんが)使う時は必ず換気しながらとなりますが、困ったら使ってみて下さい。

Qエポキシ樹脂の耐メタノール性

一般的にエポキシ樹脂の耐溶剤性は高いと思われますが、
エポキシ硬化物をメタノールに長期間浸漬すると強度低下が起こる
という問題があり、耐メタノール性が高いエポキシの主剤や硬化剤
を探しています。官能基数が多いと吸湿率が高いということはわかったのですが、耐メタノール性につながるのかどうか?はわかりません。
現在、クレゾールノボラック型を使用していますが、よりメタノールに
強い構造とはどういう構造が考えられるでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

硬化剤次第で用途はかわりますね。

アミン型エポキシ樹脂は特に構造材料、複合材料用途に、広く応用されています。

こちらのサイトはいかがですか?
専門メーカーの商品案内ですが、お探しの用途が見つかれば幸いです。
http://www.nscc.co.jp/tohtokasei/seihin_index.html
http://www.jers.co.jp/products/index.html

Q「PHR」という単位について

 樹脂の配合などにおいて添加剤の添加量を示すのに「PHR」や「phr」という単位を見かけるのですが、正式にはどういう意味なんでしょうか?

 自分としては「%」のつもりで解釈しているのですが、少し不安になってます。

 何かの略称とは思うのですが、それも判別がつきません。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語で「重量部」と言います。
樹脂の場合は P= per、H= hundred 、R = resin を表し、ゴムなら最後が R= rubber となります。

主の樹脂やゴムの重量を100として、その他配合、添加する物の重量を数字で表示します。
100分率の%と似ていますが、結果としてはその比率は違いますので、要注意です。

例えば、配合する物の合計が10であれば10÷110=約9%となりますが、仮に副樹脂を40として、
その他を代えなければ、10÷(100+40+10)=約6.6%となり、場合によっては、
大きく性質が変わる可能性があります。

Q粘度の単位換算について教えてください。

今接着剤の粘度について調べています。
粘度の単位でmPas, cP, cpsとありますが、cpsをmPas, cPへ変換する方法を教えてください。
もしかしてcpsとはcPasのことでしょうか?

Aベストアンサー

MKSとcgs系の記号の区別が紛らわしいのでご注意下さい。

〔MKS(m,kg,s)系の場合〕
圧力の単位:N/(m^2) =Pa(パスカル)
粘度(次元は 圧力×時間)の単位:Pa・s(パスカル秒)

〔cgs(cm,g,s)系の場合〕
圧力の単位:dyn/(cm^2)
粘度の単位:dyn・s/(cm^2) =P(ポアズ)

ここで、m=(10^2)cm、N=(10^5)dyn であることを使うと、
P = 0.1 Pa・s

したがって、
cP(センチポアズ)= 0.01 P = 0.001 Pa・s = mPa・s

cpsはセンチポアズの別表記法と思います(私としては、counts per second の方を連想してしまいますが、、)。

Q融点とガラス転移温度の違い

融点とガラス転移温度の違いが良く理解できません。分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

高分子やってるものです。おそらく質問にでてくる融点は普通いわれている融点ではなく、高分子特有のTmといわれているほうの融点ですよね?
板ガムを考えていただけるとわかりやすいと思います。ガムってそのまんまだと引っ張ってもぶちぶちきれちゃいますよね?でも口の中でかむとひっぱっても伸びるようになります。この引っ張っても伸びる性質に変わる温度が高分子における融点です。次にガムを寒いところもしくは冷凍庫に入れてみてください。常温のガムは折り曲げてもたたまれるだけなのですが、低温におかれたガムを折り曲げようとすると割れてしまうと思います。このぱきぱきの状態になってしまう温度がガラス転移温度です。
食品保存容器とかラップに耐熱温度がかかれていると思いますが、よくみるとなぜか上と下の両方の温度限界がかかれていると思います。上の方の温度限界(融点)になると溶けてしまうのはまあ想像がつくのですが、下の方の温度限界(ガラス転移温度)になるとぱきぱきになって容器が割れてしまうので書かれているのです。

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報