ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

処理速度なんですが、
CUP、メモリ、各自の性能と比例すると思うのですが、
CUPの性能がメモリ自体の性能を上げるということはあるのでしょうか。
ご存知の方がいたらご教授下さい、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

CUP(カップ)になっていますが・・・CUPのメモリだと計量カップになってしますよ。

というのは、冗談で、本題です。

Q/CPUの性能がメモリ自体の性能を上げるということはあるのでしょうか。

A/どういう意図で質問されているのかが不明です。

たとえば、オーバークロック(定格の動作周波数を超えて稼働させること)するのであれば、CPUのベースクロックが上がり、さらにメモリコントローラーもそれに従ってベースクロックが変化する場合、メモリの転送性能が向上することはあります。ただし、それは自作PCの一部で行われることであり、一般的なユーザーがほいほいとやって、極端に性能を引き上げるといったことはできません。

強いていえば、数パーセントも引き上げることがあれば、万々歳です。もちろん、そのマージンに対応したメモリが必要であり、オーバークロック耐性に強いメモリを購入する必要があります。また、CPUもオーバークロックに対応した、ベースクロックをアンロック(定格の動作周波数を変更できる製品、Intelなら4770KなどKが後ろにつく型番が該当)化した製品が必要です。

まあ、ほかにもCPUがというよりは、CPUがサポートするメモリの種類(メモリコントローラーのサポートメモリ)との関係がありますので、性能を上げると判断するかどうかは別として、あがったように仕様(記載上の性能)上では見えることがあります。ただし、普通はないことですが、たとえばDDR2-800がDDR3-1333になったからといって、実際に動作している状況でその差を感じるほど性能が上がったと実感できることは絶対にありません。

まあ、よほど長時間の処理を行う場合は、1時間で1分(1/60の短縮)といった短縮はできるかもしれませんが・・・。


Q/メモリとCPUの関係性とは何ですか?


A/CPUはCentral Processing Unit(セントラルプロセッシングユニット)の略で、中央演算処理装置です。簡単に言えば、大きな計算機です。計算できる桁数(64bitプロセッサなら1844京6744兆・・・ほどの数値が扱えます。電卓は優れた製品でもせいぜい12桁ぐらいですから、すごい値です)が多く、しかも使える命令の数が複雑で多くあります。それをCPUといいます。


では、メモリとは何か・・・正式には主記憶装置(Main MemoryまたはPhysical Memory)と呼ばれます。
これは、きっと多くの人が知らない言葉です。主記憶装置と呼ばれるものにたいして、コンピュータでは、補助記憶装置と呼ばれる物があります。それは、ハードディスクドライブ(内蔵固定ディスクドライブ)や、フラッシュドライブ(SSD/Solid State Disk)、CDやDVD、BDなどありとあらゆる記憶媒体で、長期保存ができるものを補助記憶装置といいます。

多くの人は、主記憶というとメモリーよりハードディスクやSSDに対してそうだと実感するかもしれませんが、本来主記憶は、CPUと直接的にデータがやりとりできる唯一の記録デバイスとなります。
ただし、主記憶メモリはある欠点があり、絶対に補助記憶装置の代替ができません。それが、補助記憶と主記憶がある理由なのです。

何かご存じですか?

それは、メモリの名称を知るとわかるのです。一般に主記憶に使われるメモリは、DRAM(ディーラム)と呼ばれます。Dynamic Random Access Memoryの略で、随時書換動作の必要なメモリという意味があります。どういう意味かわかりますか?このメモリは、電気が流れている一定の時間のみデータを電気信号として保持する特徴があり、電気の流れが止まるとデータが電気の流れとともに逃げていくのです。まあ、これは、電池に対してコンデンサ(抵抗装置)などの特性に似ています。
電池は溜める役割を持ちますが、抵抗装置はただの回路に比べて長く電気をとどめる傾向があります。しかし、一定の時間がたつと、電気が逃げていきます。

その一定の時間でデータが消えるのがDRAMです。だから、DRAMではデータが消える一定の時間になる前に、データの保存されているセルやバンク(データを保存する最小の箱)に対して、リフレッシュと呼ばれる作業を行いデータを保持するのです。だから、通電状態以外ではデータの保存ができないのです。

しかし、このDRAMはとても製造が楽で、しかも速度が補助記憶装置に比べて数十倍も速いとよい点があるのです。そのため、補助記憶でデータをやりとりするより、主記憶でデータをやりとりする方が、効率的で安定した動作ができるため、主記憶にDRAMが使われます。

そして、補助記憶に大事なデータは書き出す仕組みが生まれました。


ちなみに、L1(Level Oneの略、一次のこと、FirstやFastと呼ばれることもある)、L2(Level Twoの略)、L3(Level Threeの略、Intel Core iではLast Levelと呼ばれる、ちなみにCPUによってL4も存在する、数字が小さいほどALUやFPUに近い場所にあり動作命令発行時間が短い)といったキャッシュはまた別物です。

これは、Intel 486DX(SX含む)世代から搭載されたSRAM(Static Random Access Memory)と呼ばれるメモリです。少量のデータを記録するだけでも、大量の半導体面積を使うという欠点があり、DRAMの代用として使われることはありませんが、読み出しや書き込みの指示を出してから、実際にその作業が行われる間の時間が、メモリの中では群を抜いて速いため、主にCPU内蔵の緩衝装置(バッファ)として使われています。


この上でメモリとCPUの関係をいえば、CPUは実際に命令を実行する実行装置です。
メモリは、補助記憶から必要な命令を集め、CPUに送るための作業台やダムのような役割をしています。どういうことかというと、CPUの中は、最新のものなら毎秒で2層のブルーレイディスク(50GB)1枚分のデータ(厳密にはそれ以上の製品も多い)を一度に扱える車線(道路でいえばですが、PCでは帯域という)と速度があります。

しかし、ハードディスクやSSDは前者なら、最高速でもきれいに整列したデータを読み取ったとしても、0.2GB~0.3GBもいけばすごい早さというぐらい。SSDでは、0.4~0.8GBぐらいが限界でしょう。SSDの速度は、CD1枚を1秒で読み取れるかちょっと余るかという速度です。

この速度で補助記憶からCPUに直接データを送ったら、CPUがいくら高速でも、その処理の恩恵はほとんど受けられなくなります。なぜなら、データが届くまで待つ時間が長くなるからです。さらに、機器毎に速度が違い、アクセスの仕方も違うため、それが演算の仇となります。


そこで生まれたというのは、事実とは異なりますが、そういう問題を埋めたのが、メモリという緩衝装置(バッファ)です。これが、主記憶装置と呼ばれる理由でもありますが、共通にデータのやりとりができ、速度はCPUの3割~5割ほどと比較的高速であるため、CPUの待ち時間を抑えることができるのです。(L1やL2などのキャッシュは、CPUの内部速度と一緒になるとともに演算装置であるALUやFPUに直結またはすぐ近くにあるため、より高速ですが容量が少なくなります。そのため、キャッシュメモリは繰り返し同じ処理をする場合に効果的に機能します。尚L1はたいていレジスタ前にあるTBLなどの直前、L2やL3は外部へつながるメモリコントローラまたはFSBのそばにあります。)

これは、A2サイズの机でA3の資料を広げる場合と、A1サイズの資料を広げる場合に似ています。
資料より小さな机なら、その都度みたい部分だけを広げる必要があり、不便です。作業効率も落ちます。しかし、資料の方が机より大きければ、全体を一望して確認でき効率が上がります。
それが、メモリとCPUの関係です。

基本的にCPUがメモリ(コントローラー)に指示を出すため、CPUの性能が物理的に向上すれば、メモリの速度も上がる場合があります。ただし、全く性能が変わらないCPUがメモリの性能を勝手に高めることはありません。また、CPUで使えるメモリの性能がが1~5の範囲で、1のメモリを使った場合、1のメモリを2や3として使えるわけではありません。

あくまで、5の性能を発揮するのは5に対応したメモリが必要となります。
    • good
    • 13

CPUは処理を行う演算装置、脳みそやね。

メモリはフリーズさせない為の肺活量と言ってもいい。分野が全く異なるので、互助関係は無い。
    • good
    • 3

一般のコンピュターのメモリーは2種類あります



 CPUに内蔵されているメモリー(キャシューメモリー)
  インテル系のCPUには、L1、L2、L3のキャシュメモリーがあります。これは、CPUと同じ速度で動きます。但し値段は高いです。

 したがって、CPUのキャシュメモリーはCPUの性能(CPUクロック)と比例します。


 次に、CPUと専用バスでつながっているメモリーです PC-1333とかPC-1600とか呼ばれる規格のメモリーです。

 このメモリーが転送速度がCPUの処理より大幅に遅いのが特徴です。その代わり値段は安いく容量がでかく成ります。

 動画などのエンコードでは、膨大なメモリーへの転送(読み書き)が発生します。CPUがなんぼ性能があっても、メモリへの転送が間に合わなく成りCPU処理に待ったが掛ります。

 この待ちの制御をしているのが、マザーボードのCPUであるチップセットです。メモリなどが効率よく転送するかは、このチップセットの性能にかかってきます。

 またマザーボードによっては、ダブルチャンネル(2倍の速度でメモリー転送できる)、トリプルチャンネル(3倍)などあります、


 したがって、CPU、メモリー性能 マザーボードの性能、チップセットの性能が絡んで来ます。、

 
    • good
    • 1

 CPU性能がメモリー性能を引き上げる事はありませんが、CPUに内蔵されているキャッシュメモリーの容量が大きいと、メモリーが多少遅くても、キャッシュ効果で演算性能が上がります。



 これは同じ演算命令を繰り返すとわかりますが、キャッシュに保存したデータを読み出す為に、メモリーからの読み出し速度よりも数倍速くなるので、演算速度が向上するわけです。

 ただし、演算性能以外はメモリー速度に大きく依存します。その為、メモリーが遅いとデータ転送速度が遅くなり、処理性能に影響します。

 古いソフトを最新型のパソコンで動かすと、驚異的な速度で動くのは、ソフトが使用するメモリー容量がキャッシュ容量よりも少ない為に、ほとんど全てのメモリーがキャッシュ効果で高速化するのが原因です。

 キャッシュ容量が(3MB~16MB)あれば、キャッシュ容量よりもサイズが小さなソフトは最高速で動くと判断しても良いでしょう。逆に大量のメモリーを消費するソフトではキャッシュ効果はあまり影響しません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
CPUのキャッシュ効果でメモリの負荷を下げ、全体の処理速度が上がるということはありそうですね。
ただ、これもキャッシュ容量と消費するメモリ量とによって、効果が無い場合もあるということで、一概には言えないのですね。
とても参考になりました、ありがとうございます。

お礼日時:2014/04/16 19:46

CUPの性能がメモリ自体の性能を上げるということはありません。


ただし、CUPの性能によりメモリの性能を100%までは引き出せないということはあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、少なからず関係性はあるということですね。
ご回答ありがとうございます、感謝致します。

お礼日時:2014/04/16 18:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QメモリーとCPUどちらを優先すべき

ノートPCを購入する場合に、 Core i7でメモリー4Gの物と Core i5でメモリー8Gの物ならどちらが性能的に上(どちらを購入すべき)なのでしょうか?

Aベストアンサー

そのCore i7の仕様次第かな。

Core i7 3517UとかCore i7 3537Uなど、末尾の英字が"U"の製品だとしたら、Core i5搭載の製品を買った方がお得な場合もあります。
末尾の英字が"U"のCore i7は超低電圧版のCPUなので、性能的にはCore i5と比べて大した差が無いんですよ。
多少の性能差はありますが、Core i5→Core i7での価格差に見合うほどの差はありませんので、コストパフォーマンス的に微妙なんです。
こういった場合、少しでも高性能なら価格は気にしないって人以外には、Core i5搭載機種の方をおすすめしています。

ですが、Core i7 3610QMとかCore i7 3630QMなど、末尾の英字が"QM"のなら、Core i7搭載を選んだ方がいいです。
末尾が"QM"のCore i7は4コア/8スレッドの製品なので、2コア/4スレッドの製品しか存在しないCore i5と比べると2倍近い性能差があるんです。
ノートパソコンのCPUは後から交換するのは難しいですし、購入する時点で少しでも性能が良いものを選んだ方がいいですよ。
メモリなんて、4GBあればとりあえずは問題なく使えるし、後から増設する場合も+4GBで2千円~4千円もあれば可能ですからね。

そのCore i7の仕様次第かな。

Core i7 3517UとかCore i7 3537Uなど、末尾の英字が"U"の製品だとしたら、Core i5搭載の製品を買った方がお得な場合もあります。
末尾の英字が"U"のCore i7は超低電圧版のCPUなので、性能的にはCore i5と比べて大した差が無いんですよ。
多少の性能差はありますが、Core i5→Core i7での価格差に見合うほどの差はありませんので、コストパフォーマンス的に微妙なんです。
こういった場合、少しでも高性能なら価格は気にしないって人以外には、Core i5搭載機種の方をおすすめしていま...続きを読む

QCPU使用率とメモリの物理メモリの意味教えてください

CPU使用率とメモリの物理メモリの意味教えてください。
(タスクバマネイジャー、パフォーマンスにあるグラフ変化)
サイドバーにあるメーターは何を注意すれば良いのですか?

Aベストアンサー

ガジェトのメーターは現在のシステム状況を確認できる物の1つと考えてください。大きいメーターはCPUの使用率でプログラムを起動したり
アプリケーションを実行すると動きます。車のメーターと同じでレッドゾーンがありますがCPUの場合は100%使用率になる事は良くありますので一時的に振り切っても心配はありません。
ただあまり振り切った状態が続くのであれば、CPUの負荷がかかりすぎですので、CPUを乗せかえるか、パソコン自体の買い替えが良いかと。
小さいメーターは今搭載しているメモリーの現在の使用率です。
メモリーが1GBとして、30%なら333MB使用中ということです。
こちらは、振り切った状態が起こるようならメモリ不足ですので
早めに増設をお勧めします。

Qメモリは4GBで充分ですか? PC初心者

こんにちは。
タブレットPCまたはノートパソコン(Win8 64bit)の購入を考えている者です。
メモリについて質問があります。

使用目的としてはゲーム(将棋などのボードゲーム) をしながら動画サイトで動画・音楽の視聴などです。
私が購入を考えているPCですと購入後のメモリ増設ができません。
色々と調べてみると「4GBで十分」という意見や「8GBは積んでおいた方が良い」という意見が混在していました。

家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC(Windows7 homepremium 64bit)で試してみました。
ニコニコ動画30分の動画1つ+いつもしているゲームを起動→2.1GB~2.2GB
ニコニコ動画30分の動画×5つのウィンドウで同時再生+いつもしているゲームを起動→2.8GB~3.0GB

これを見てみると4GBで足りているようです。
しかし、PCは数年たつとメモリ不足になり動作が重くなるとよく聞きます。
あとあと増設できない分、「その時のために初めから8GBを積んでおいた方が良いのか」とかなり悩んでいます。

皆さんはどれくらいのメモリを積んでいますか?
また、そのメモリが必要となるような作業とはどのようなものなのでしょうか。

回答よろしくお願いします。

こんにちは。
タブレットPCまたはノートパソコン(Win8 64bit)の購入を考えている者です。
メモリについて質問があります。

使用目的としてはゲーム(将棋などのボードゲーム) をしながら動画サイトで動画・音楽の視聴などです。
私が購入を考えているPCですと購入後のメモリ増設ができません。
色々と調べてみると「4GBで十分」という意見や「8GBは積んでおいた方が良い」という意見が混在していました。

家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC(Windows7 homepremium 64bit)で試してみました。
ニコニ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい判断ですね。
通常は4Gで足りると思います。
ただし、これは将来に重くなったときに、入らない常駐ソフトをはずせる
知識がある場合です。
それがなければすなおに8Gにするか、少々遅くなってもがまんするかです。
4Gあれば使えなくなると言うことはないでしょう。


>家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC(Windows7 homepremium 64bit)で試してみました。
>ニコニコ動画30分の動画1つ+いつもしているゲームを起動→2.1GB~2.2GB
>ニコニコ動画30分の動画×5つのウィンドウで同時再生+いつもしているゲームを起動→2.8GB~3.0GB

上記はあくまで目安程度の数字にすぎません。
年収400万円の人と年収800万円の人がハワイ旅行にいったとき、食事やオプションツアーなどが
異なるので、費用総額がかなり変わるはずです。
同様に、Windowsは現有メモリーにオ.維持手メモリーを使います。
ですから、他のマシンでのメモリー占有率はあくまでも目安程度のものです。

QCPUのコア数とクロック数とメモリ

「CPUのコア数とクロック数」という質問(http://okwave.jp/qa/q6089006.html)で

クロック数は「車の速度」、コア数は「高速道路の車線」

という説明がされていましたが、
この二つにメモリを加えるとどういったイメージで説明できるでしょうか?

どなたか説明お願いいたします。

Aベストアンサー

私はCPUに車の例えは少しおかしいと思います。
車に例えるのは通信回線とかバス(CPUやメモリ間のデータ通信経路)の方が合っていると思うけど、だからメモリの例えが上手く噛み合わない。

私ならCPUを会社に例えます、コア数が社員の人数、クロックが社員の作業の速さで、メモリ(主記憶装置)は作業場の広さに相当します、
この作業場が広いほど一度に多くのデータを置けるので作業効率が上がります。
これが狭いと、いちいち倉庫(ハードディスクなどの補助記憶装置)との間でデータの出し入れが増えるので遅くなります。

Q違う規格(クロック、周波数)のメモリを付けても可?

(1)
DDR3-1066という指定のあるUPUに、DDR3-800のメモリを取り付けても問題ないですか。

(2)
DDR3-1066という指定のあるUPUに、DDR3-1600のメモリを取り付けても問題ないですか。

Aベストアンサー

(1)メモリ操作速度が下がるだけです

(2)問題ないがエクスペリエンス7.6だとしてDDR3-1600をつけたとしても
   DDR3-1600に対応したCPUでなければ体感はしにくい

ただDDR3にDDR3-800はないのでDDR2の方だよね、LGA775マザー対応マザーなら
取り付けられるだろうけど1155には取り付けられません、そもそも規格外ですし。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qメモリ容量UPで、逆にCPU負荷が上昇・・・

こんばんは。知見をお持ちの方のアドバイスを頂ければ幸甚です。

ノートPCのメモリを4GB→8GBへ換装したら、起動した直後はCPU負荷が5分くらいの間100%、その後アプリを何も起動していないアイドル状態でも常時70%以上のCPU負荷がかかるようになってしまい、殆ど何もできなくなるという状態になってしまいます。

マシンは以下のような構成です。

<1台目>
・PC: Lenovo G560 0679-2HJ (CORE-i3搭載ノートPC)
・交換前メモリモジュール: エルビーダ製PC3-8500(DDR3-1066) 2GB ×2枚

<2台目>
・PC: Lenovo G560 0679-2UJ (core-i5搭載ノートPC)
・交換前メモリモジュール: 元々搭載されていたもの 2GB ×2枚

<新規メモリモジュール>
・Transcend JetRam PC3-8500(DDR3-1066) 4GB JM1066KSN-4G ×2枚
 ( Amazonで購入しました。http://amzn.to/p73hI9 )

以上の構成で、元々挿さっていたメモリ2枚を抜いて、新規メモリ2枚を挿し、4GBを8GBにすると、PC2台とも同じ現象に陥り、使い物にならなくなります。PCのプロパティでメモリ容量を確認すると、両方ともちゃんと8GB認識されていました。
諦めて元のメモリに挿し替えるとPCの不具合は無くなり、元通りに動作するようになります。
( アイドルではCPU負荷0% )

Lenovoのマニュアルを見る限りでは、最大8GBまでの増設ができるようなのですが。
( こちらでマニュアルが見れます→ http://bit.ly/n8UfKz )

せっかく買ったメモリが役立たずではがっかりです。orz

 ・メモリとマシンの相性が悪かったということで諦めるべきか
 ・メモリの不良が疑われるのでメーカーにクレームを入れるべきか
 ・PCの設定で確認すべき所などがあるのか
 ・その他すべきこと

適宜アドバイスを頂ければ有難いです。
どうかよろしくお願い致します。

こんばんは。知見をお持ちの方のアドバイスを頂ければ幸甚です。

ノートPCのメモリを4GB→8GBへ換装したら、起動した直後はCPU負荷が5分くらいの間100%、その後アプリを何も起動していないアイドル状態でも常時70%以上のCPU負荷がかかるようになってしまい、殆ど何もできなくなるという状態になってしまいます。

マシンは以下のような構成です。

<1台目>
・PC: Lenovo G560 0679-2HJ (CORE-i3搭載ノートPC)
・交換前メモリモジュール: エルビーダ製PC3-8500(DDR3-1066) 2GB ×2枚

<2台目>
・PC: ...続きを読む

Aベストアンサー

 おはようございます。

 他の方も書いてらっしゃるように相性問題かと思われます。

済んだことを書いても仕方ないのですが、トランセンドさんのメモリにはいくつか種類があり、オーバークロック耐性のあるメモリの他に、機種との相性を検証したメモリと今回購入されてトラブルに見舞われておられる廉価版のJetRamとがあります。

質問者さんの買われたメモリ JM1066KSN-4G
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00432QWCQ/?ie=UTF8&tag=985236478-22&linkCode=ur2&camp=247&creative=1211

トランセンドのウェブサイトからLenovoのG560シリーズで検索して出てきたメモリ
TS512MSK64V1N
http://www.amazon.co.jp/Transcend-204PIN-%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88PC%E7%94%A8%E5%A2%97%E8%A8%AD%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA-DDR3-1066-TS512MSK64V1N/dp/B002R8D9EC

当然ですが下の方が少々お高い結果となっています。

 いくらか対策をされると思いますが、一つ問題があるとすれば相性であると認識出来た場合です。他に原因があればいいのですが。
相性問題の場合はJetRamシリーズは廉価版の汎用メモリのため、トランセンドさんではその意味においてメモリの交換等は考えていらっしゃらないということです。
実際にトランセンドさんにお聞きされた方がいらっしゃいました。
http://www.206rc.org/item/3106/category/10
アマゾンでの商品ページには永久保証とありますが、これはあくまでメモリ自体の保証であり、相性保証はその範囲内にないそうですから、その点ではメーカー保証は効きません。

 ただそれだけだと非常に残念な話になりますので、一つ。
ノートPCでもBIOSは表示出来ると思います。起動直後にF**つまりファンクションキーいずれかを連打することにより表示される画面です。
メーカーによって異なりますのでご確認の上で表示させて下さい。
 次にExitの画面を出します。
その中で「Load Setup Default」(日本語の場合は判りませんが多分「設定を初期値に戻します」のような文言かと)を選んでエンターキーを押します。
次に「Exit & Save Changes」(保存して終了というような意味です。)
すると「Yes No」か「はい いいえ」のいずれかが出てきて選べると思いますのでいずれの場合も「Yes か はい」を選んでエンターキーを押してください。
再びリセットされて起動が始まります。ノートの場合はそれほど何か設定をされているということは無いと思いますが、何か変更されていたのであればもう一度BIOS画面に入って設定してください。この場合の終了も「Exit & Save Changes」→「Yes か はい」で再起動して下さい。
 これらは所謂自作機の場合のパーツ変更やトラブルがあった時に、工場出荷時ではなく最後にBIOSを更新した辺りの標準構成を再現し保存し再起動を行うものです。
 あくまでBIOS部分の初期化であってパソコン全体の初期化ではありませんから、ハードディスクの中身まで消されるということにはなりません。
一部旧い機種でそういった項目があったかもしれませんが、上述の方法ではハードディスクの内容までは消されることはありません。

 これでも駄目な場合はやはり相性を考えるのがよろしいかと思います。
その場合は追加で対応メモリを購入する必要があると思います。
その時にはどのメーカーでも対応検索等を利用して、ノートパソコンに対応したメモリを検索した後、そのメモリの型番で検索をかけるとアマゾンさんのようなページも現れると思います。その中から利用したいものを選んで購入されるのが一番いいと思います。

長文になりましたが、早い解決をお祈りしております。

 おはようございます。

 他の方も書いてらっしゃるように相性問題かと思われます。

済んだことを書いても仕方ないのですが、トランセンドさんのメモリにはいくつか種類があり、オーバークロック耐性のあるメモリの他に、機種との相性を検証したメモリと今回購入されてトラブルに見舞われておられる廉価版のJetRamとがあります。

質問者さんの買われたメモリ JM1066KSN-4G
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00432QWCQ/?ie=UTF8&tag=985236478-22&linkCode=ur2&camp=247&creative=1211

トランセンドのウ...続きを読む

Q物理メモリの使用割合が83%って大丈夫でしょうか

PC:ノートのNEC製Lavie LL900/C
OS:XP SP2
CPU:Pentium M(1.73GHz)
メモリ:512MB
HD:Cの空き25G、Dの空き35G

セキュリティーソフト:マカフィー(90日お試し版)
備考:余計な常駐ソフトの停止や、XPの設定をシンプルなものに変更するなど、一般的なメモリの省力化は行っています。

以上のような環境なのですが、IEとOEが起動している状態で『メモリの掃除やさん』の画面を見ると、

使用割合 83%
物理 394.0/478.5MB
頁  363.7/1121.4MB

という表示になっており、
この「使用割合」が少し高すぎる気がするのですが、問題ないのでしょうか?
もし、健全な状態ではなければ、解決策を教えてください。

起動時でも、すでに70%位になっています。

初めての質問なので、情報が不足していましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのソフトは物理メモリの合計に対する物理メモリの使用量の割合を「使用割合」として表示しているようですね。

Windows XPでは、物理メモリの空き(物理メモリの合計から使用量を差し引いたもの)が50MB前後になるまでどんどんメモリを使っていきます。そのとき、メモリの上には「いつ捨てても良いデータ」がどんどん溜まっていきます。そして、空きが50MBを切るくらいになると、ようやく「捨てても良いデータ」を捨て始めます。

物理メモリの合計が478.5MBあって、そのうち空きが50MBになった状態というと、使用割合はおよそ90%です。つまり、使用割合が90%前後になるまで使用割合がどんどん増えつづけて正常だということです。現在の83%という数字は全く問題ありません。ご心配なく。

なお、例えば使用割合が95%になったとしても、それが直ちに異常ということにはなりません。

メモリをどんどん使っていって、物理メモリの空きが10MB前後になるとWindows XPの動作はだいぶ緩慢になります。使用割合で言うと98%前後です。ですので、常時このくらいの数字が続くようになったら「そろそろメモリが足りないんだな」と判断すればいいです。

そのソフトは物理メモリの合計に対する物理メモリの使用量の割合を「使用割合」として表示しているようですね。

Windows XPでは、物理メモリの空き(物理メモリの合計から使用量を差し引いたもの)が50MB前後になるまでどんどんメモリを使っていきます。そのとき、メモリの上には「いつ捨てても良いデータ」がどんどん溜まっていきます。そして、空きが50MBを切るくらいになると、ようやく「捨てても良いデータ」を捨て始めます。

物理メモリの合計が478.5MBあって、そのうち空きが50MBになった状態というと...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

QCeleron、Coreの違いは?

こんにちは。
PCのCeleron、Coreの違いを教えてください。
CPUの動作周波数GHzなども関わってくると思いますが、
呼び名が違うCeleron、Coreの内容が知りたいです。
Celeron、Coreの何千Mは数字が多い方が性能が良いようで。
また、CeleronよりCoreの方が良いのかと。
Coreでも i3 より i5 の方が動作向上になると思いますが。

詳しく分かる方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

CPUの比較は、世代をまたぐと、非常に複雑になるので
基本的な概念だけを、まず理解しましょう。

原則として、CPUはブランディングされているものです。
ですから、CoreiはCore2やCoreよりも新しい新世代のものとして
より高性能のCPUブランドとなっています。

実際に、技術的に高速化が進んでおり、同じ動作周波数でも
コアあたりの性能が向上しています。


それに対して、Celeronは低価格CPUのブランドですから
「とにかくCeleronは嫌だ」という人もいますし…
あまり性能を求めない層にとっては
Celeronは手軽でお買い得なブランドとして受け止められたりもします。

現在のCeleronは、2,3世代のCeleronに比べれば
デュアルコア化していますし、2,3世代前のCore2Duoより高性能の場合もあります。

Pentiumは、Coreシリーズが出てくる前は、パーソナルのハイエンドがPentiumでしたから
「とにかくPentiumを買っておけばいい」という層がいるので
あえて、CeleronとCoreiの間に、Pentiumというブランドを復帰させています。
Celeronでも充分だけど、Pentiumブランドを支持する人にとって、これは良い選択肢です。


ともかく、CeleronやPentiumは、名称の歴史は10年以上ですから
単に、Celeronと言っても、その性能を推し量ることはまったくできないのです。


そういったブランディングがあるので、基本的には
上級ブランドのものは、同じクロックでは性能が上となります。

これはCPUアーキテクチャーの差や、CPUキャッシュの量の差
メモリーとのインターフェイスの速度の差などから生じます。


ただ、コア数が多いからこそ、上級ブランドであり高速という場合もあります。
(たとえば典型的にCore2QuadとCore2Duoがそういう関係でした)

しかし、実際にはソフトウェアの処理内容によっては
デュアルコアの効果が期待できず、上級ブランドでありながら
処理性能が同等になることもありえます。

CPUキャッシュが多くても、処理内容によっては
速度差は小さくなります。

ですから、細かいところを気にして比較しても
気に病むだけ無駄という場合もあります。

私は、メインのパソコンは動かしっぱなしで
エンコードや動画再生などを行いながら、さらに負荷の高い処理をしたりもするので
Core2Duoから買い換えるなら、4コアは欲しいなぁ…と考え
実際、パーツ販売店に行ったら、4コアでお買い得そうなものがCorei5 2405Sだったので
それとM/Bとメモリーを揃えて、購入しました。

ほかのCPUとの比較なんか、あんまり難しく考える必要は無いと思っています。
それは、市場原理が、お買い得なものを自然に作り出していくからです。

まぁ、完成品PCで考える場合は、考える要素がGPUやメモリーなど
より複雑な要素が必要になるので、CPUの差は、あまり難しく考えないほうが楽ですよ。
多少の性能差は、スペック厨とかベンチマーク厨だけが気にしてればいいんです。


より正確にCPUを選ぶためには

自分が、どういったソフトをどう使うのか?
そこに、マルチコアやHTによる多スレッド環境がどのくらい有効なのか?
速度低下の原因となるものが、どこにあるのか?

いろんな要素を、充分に把握する必要があります。

あるいはCPUのランクを落としてでも
メモリーをより多くしたほうがいい場合もありますし
CPUもメモリーもそこそこのまま、SSD+HDDにするほうが良い場合もあります。


ノートPC特有の問題としては、CPUもGPUも換装できないという基本則があります。
(例外はありますけどね)

ですから、Celeronなどを選ぶ場合は、ちょっと踏み込んで
CPU内蔵GPUが何か?そこも確認しておきましょう。

似たような性能の二つのCeleronやPentiumなどの間で
実際には、GPU性能に格差があるような場合もあるのです。

CPUの比較は、世代をまたぐと、非常に複雑になるので
基本的な概念だけを、まず理解しましょう。

原則として、CPUはブランディングされているものです。
ですから、CoreiはCore2やCoreよりも新しい新世代のものとして
より高性能のCPUブランドとなっています。

実際に、技術的に高速化が進んでおり、同じ動作周波数でも
コアあたりの性能が向上しています。


それに対して、Celeronは低価格CPUのブランドですから
「とにかくCeleronは嫌だ」という人もいますし…
あまり性能を求めない層にとっては
Celeronは手...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング