OSはubuntuを使いたいので、OSなしのノートPCがほしいのですが
価格.comを探したけど見つかりません。
こんな商品はないでしょうか?
無いとすればうまい方法がありますでしょうか?
皆さんの知恵を頂けましたらうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

マウスコンピュータの法人向けモデルにあります。


法人向けモデルですが、個人でも購入可能なはずです。
でも、OS無しでも大して安くなりませんよ。
OS有の安いPCを買ってHDDをフォーマットしたほうが選択肢が広がるんじゃないかと思います。

http://www.mouse-jp.co.jp/business/osless/
    • good
    • 2

>拝見しましたが見つかりませんでした。



え~そうだっけ?
と思って見てみたが、確かにトップにデカデカとは書いてませんけど
よく見れば、BTOのオプションでOS無し設定が可能なモノも有りますけど?

ノートPCのラインナップページ(http://www.faith-go.co.jp/gwpc/notebook.php)で
後半1/3付近にある「15X8100-i7-ZEB 」以降に並ぶ各製品には「OSなし選択可能」と記載されている
実際にカスタマイズページを開けば、OSの選択しに「無し」というのもある


ショップ系のサイトを小まめに探せば、選択肢が無いわけではない
    • good
    • 1
    • good
    • 1
この回答へのお礼

OS LESS で検索したらいっぱい出てきました。ありがとうございます。

http://www.pc-koubou.jp/search.php?keywords=OS+L …

お礼日時:2014/05/03 13:50

残念ながら、新品のノートPCで、OS無し製品はありません。



例外的に、ノートPCのベアボーン製品も無いわけでは無いので
それらには、OS無しの販売もあるかもしれません。
ただ、ベアボーンノートPCにノートPCである必然性や魅力を感じないので
お薦めしませんし、実際にそんな販売があったかすら確認していません。


私自身、MS-DOSからOS/2に移行し、そこからLinux系OSに来たので
ノートPCについては、OS無しのものを基本的に探し続けてきましたが
それは、OSの対応を考慮した選択という、面倒な条件がありました。

一度だけ、OS/2用のPCMCIAコントローラーデバイスドライバーが
クレジットカードが無いと入手できないという詰み方をしたことがありましたが
そのTP240も、友人のところでは、Linuxでは普通に使えていたので
Linuxのほうが、OS/2よりも対応範囲は広くなったなぁとは思います。


ですが、特に最新世代については対応できていないことがあるので
仮に売られていたとしても、誰かが動作確認する前は
安易にLinux用として購入すべきでは無いかもしれません。

たとえば、うちはUbuntu10.04LTSを使っていた時に
NVIDIAのGPUとHDDを、Corei5のシステムに組み込んで、そのまま起動できましたが
実際には、Corei5の内蔵GPUは、10.04LTSでは対応していませんでした。

まぁ12.04LTSに移行して、今はNVIDIAは抜いて動かしていますが
同じようなことは、最新CPU+12.04LTSでもおきるかもしれません。
(14.04LTSなら対応できるようなこともあるのかもしれません)


また、ノートPCなどの内蔵カメラは、実際にはUSB UVC規格であることが多いのですが
昨日Xubuntu14.04LTSで、VGC-LA73DBの内蔵カメラが
少なくともデフォルト動作では動かないことがわかりました。がっかりです。


とはいえ、Pentium4時代に比べれば、SiSやVIAのチップセットは皆無で
AMDかintelのチップセットがほとんどとなったので
動作しない機種は少なくなったとも思います。

なお、うちの中古やジャンクPC群の中では
ONKYO C101ではカーネルオプションを追加しないとタッチパッドが動きませんし
工人舎PAではタッチパネルもタッチパッドなどもまともに動かせていません(充分な調査はしていません)

手持ちのPCを試すなら、どんなPCでも試す価値があるかもしれませんが
新規に購入するならば、問題が無い機種を選ぶことをおすすめします。


なお、自分の持ち歩くノートPCとしては、ThinkPad X60s(Core Duo L2300/1.5GHz)を使っています。

ThinkPadは伝統的にLinux系OSで困ることが少ない傾向があります。
無難な構成であり、技術者が好んで使い、Linux関連技術者の協力も盛んなのでしょう。


X60sでは、デバイスドライバーの追加作業はまったく行なっていません。

自動認識まかせで、正常なモニター表示、外付けモニターとのデュアルモニター、回転表示ができますし
サウンド機能、ミュート,ボリューム+-ボタン、トラックポイントとそれを使った縦横のスクロール
有線LAN,無線LANも正常動作しています。

内蔵カメラは無いモデルですが、指紋認証機能も、追加ソフトを導入すれば利用できます。
適切な設定を行えば、普通にハイバネートレジュームも可能です。


なお、正確にはUbuntuではなく、軽量版のLubuntu13.10を入れています。
そろそろSSDへの換装と、14.04への移行を検討中ですが
Xubuntuにしようかとも思っているところです。

LubuntuはLTSが無かったので、随時更新していて、LTSのあるXubuntuを検討していましたが
Lubuntuも14.04からLTSとなったので、Xubuntuと同等に3年サポートになりました。

UbuntuやKubuntuは5年サポートなので、X60sよりも若干高性能の機種なら
UbuntuやKubuntuを選ぶほうがいいのかもしれません。


GPU搭載モデルを検討するなら、ATIよりもNVIDIAのほうが対応が良いとされています。

まぁ、ノートPCで、グラフィックの酷使やファイル操作とかろくにやりませんから
GPUもGUIも、最小限のもので充分だと思っています。
    • good
    • 3

ヒットしましたよ・・・


http://kakaku.com/used/pc/ca=0020/s1=0/

CPU、Core2Duoが良いかな・・・

御節介のついでに・・・
Ubuntu の情報誌 Ubuntu Magazine Japan の記事が公開されてます。
http://ubuntu.asciimw.jp/

Vol,08 がUbuntu12.04LTS の特集をしてますので、目を通されたら宜しいかと・・・

この回答への補足

中古でしたか。新品が欲しかったので見落としてました。

補足日時:2014/05/02 14:51
    • good
    • 0

「ノートパソコン OS無し」でWeb検索してみる。


というのはやってみたんですかね?

マウスコンピュータが既に回答に出ているので、パソコン工房とか。
https://www.pc-koubou.jp/pc/notebook_osnone.php

どのUbuntuを使うつもりかは不明ですけど、場合によってはドライバとかの問題で使えないデバイスが出てくるかも知れない。ということはお忘れ無く。
# 無線LANとか、ちょっと不安ですかねぇ…。まぁ、CentOS使うよりマシかと思われますが。
    • good
    • 0

「Faith」というショップブランドなら、OS無しの設定があったような気がする

この回答への補足

拝見しましたが見つかりませんでした。

補足日時:2014/05/02 07:41
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qosなしのパソコンを買ってしまったのですが…

こんにちは、ご観覧ありがとうございます。

ついこの間、通販でosなしのパソコンを買ってしまいました。
初心者なので、よーし!パソコンつけるぞ~!!と電源をつけたら
何やら英単語がいっぱい出てきてそれ以上は何もおきませんでした…

調べてみるとそのパソコンはosなしでosがないから
そんな風になっていたので、windows7のosを買おうと思いますが
osにはアップグレード版となにもないosがありましたが、どちらを買ったらいいのでしょうか?

それと、osを買ってインストールしただけでちゃんとパソコンは使えるのでしょうか?


何卒お願いします。

Aベストアンサー

OSは通常版でもアップグレード版でもない第三の道、DPS版というおまけ付きなのに場合によってはアップグレード版より安い値段のものを買うのがいいと思います。セットにするバーツを使い回しが出来るものとセットで買えば、通常版とさほど使い勝手は変わりません。なお、アップグレード版は仮にアップグレード元のWindowsVistaやXP持っていても、クリーンインストール時はOS2回分インストールしなければならず発狂ものの時間がかかるので自分は絶対にお勧めしませんね。とりあえず参考URLをご覧下さい。原則メモリやマザーボード、CPUなど規格が進化したら使えなくなるものでなく、USB拡張カード(等PCIカード)、内蔵ドライブ、SSD等の規格に左右されないものがお勧めです。安いパーツとのセットなら、通常アップグレード版以下の値段で買えます。

ちなみに、デスクトップ型でOS抜きで売っているようなPCなら、そしてジャンクレベルで古いものでなければまず、ほとんど全てのドライバーをWindows7が持っているので、ないしWindows7が自動的にインターネットで取ってきてしまうので、OSだけで動かないのは、あくまで自分の予想ですが80%の確率でサウンドカード(結果音出ませんけどw)のみだと思います。つまり、サウンドカード以外のドライバーを用意する必要に迫られるのは20%程度ということですね、個人的予想ですが。サウンドカードの場合、下手するとメーカーサイトにもWindows7版のドライバーが無い可能性がけっこうありますので、その場合はVistaのドライバーを無理やりあててみて、ダメなら対応カードの新調となります。これは覚悟して下さい。

一方ノートPCだと若干面倒で、これはメーカー独自規格でつくっているものばかりなので、けっこう自分でドライバを当てる必要がある機器が多いです。ノートの場合は、必ず先にLAN(NIC)のドライバーを用意しておいて下さい、そして一番最初に当ててネット接続を可能にして下さい、後からドライバーを入手するのに圧倒的に便利です。

いずれにせよ、サウンドカードを含めれば何らかの対応をする必要が残る可能性は充分ありますが、ちゃんと検索したりここで聞いたりすれば、初心者でも対応は特に難しくありません。既に購入してしまっているPC(返品は不可能と言う前提で)に、私は否定的な意見を返すことには大いに疑問です。PCにOSをインストールして使えるようにすることなど、ここで聞くスキルを持つ人にとっては誰にでも出来ることです。まずは、DSP版もしくは通常版Windows7を購入して、インストールを始めてみることをお勧めします。

参考URL:http://www.pc-koubou.jp/goods/dsp_windows7.php

OSは通常版でもアップグレード版でもない第三の道、DPS版というおまけ付きなのに場合によってはアップグレード版より安い値段のものを買うのがいいと思います。セットにするバーツを使い回しが出来るものとセットで買えば、通常版とさほど使い勝手は変わりません。なお、アップグレード版は仮にアップグレード元のWindowsVistaやXP持っていても、クリーンインストール時はOS2回分インストールしなければならず発狂ものの時間がかかるので自分は絶対にお勧めしませんね。とりあえず参考URLをご覧下さい。原則メモリ...続きを読む

Qos無しのパソコンにubuntuインストール

図書館でxpパソコンubuntuを取り込めばまだ使えると言う本を見つけました 後日リサイクルショプでlenovo
s10-2と言うパソコンを購入しました 本の付録のubuntu14,04lts64ビツト版を外付けのdvdドライバーに  セツトし取り込もうとしましたがdvd回転するだけで取りこめません bios設定変更がまずいのかdvdに原因があるのか他にまだ設定が必要なのかわかりません ますたくの初心者ですよろしくお願いします。

Aベストアンサー

PCサポートの専門家です。

入手したPCは、CPUがインテル® Atom™ プロセッサー N280のようです。
http://ark.intel.com/ja/products/41411/Intel-Atom-Processor-N280-512K-Cache-1_66-GHz-667-MHz-FSB

このCPUは64bit対応ではありませんので、64bit版のOSはインストールが出来ません。
また、PCの能力から言ってUbuntu14.04のUnityでは重過ぎると思います。

このPCを生かすためには、Ubuntu派生のOSである LinuxMintが最適かと思います。
メモリは1GBでも良いですが、出来れば最大の2GBまで拡張することを
お勧めいたします。

現在のバージョンはLinuxMint18でUbuntu16.04(LTS長期サポートバージョン)
ベースとなっておりサポート終了まで約5年間あります。
Ubuntu14.04のサポート期間は2019年までです。

また、LinuxMintはインストール時に64bit対応CPUでなくとも、32bit版、非PAEで
起動でき、起動後にデスクトップアイコンからインストール作業が
出来ます。

インストール方法ですが以下リンク先よりISOを入手、ISOイメージライティング
でインストールDVDを作成します。

https://linuxmint.com/edition.php?id=219
(一覧国旗のどこからダウンロードしても良いです)

作成したDVDからブートします。
起動メニューが出てきたら必ずForce PAEを選択してください。
OSが起動したらデスクトップのインストールアイコンをクリックして
進めていくだけです。

インストールに関しては下記を参照してください。
http://linuxmint-jp.net/
http://linuxmintjp.jimdo.com/

最後に、Linuxをインストールするに当たって、現OSの入ったHDDを
初期化してしまうことになります。

あとで以前のOSに戻らなくなることもありますので、事前にリカバリ
ディスクなどを準備してください。

以前のOSに戻さなくてもいいというのでしたら、Linuxを新規
インストールされても問題はないと思います。

以上、ご参考まで

PCサポートの専門家です。

入手したPCは、CPUがインテル® Atom™ プロセッサー N280のようです。
http://ark.intel.com/ja/products/41411/Intel-Atom-Processor-N280-512K-Cache-1_66-GHz-667-MHz-FSB

このCPUは64bit対応ではありませんので、64bit版のOSはインストールが出来ません。
また、PCの能力から言ってUbuntu14.04のUnityでは重過ぎると思います。

このPCを生かすためには、Ubuntu派生のOSである LinuxMintが最適かと思います。
メモリは1GBでも良いですが、出来れば最大の2GBまで拡張することを
お...続きを読む

Q最新ノートPCでLinuxは動作しますか?

corei7+メモリ8GB位を搭載している最新のパワーノートPC(Windows8がインストールされている)にCentOSやubuntuをDVDから起動してインストールする事を考えています。Windowsは使いません。
恐らく動作はすると思っているのですが、若干不安です。HPやDellなどの新しいノートPCでこのような
経験をされた方はおられますか?

Aベストアンサー

> >64ビット対応のLINUXで、日本語を使用できるようなものは今のところないようで、32ビットで我慢しないといけないかもしれません。

> ubuntuでもfedoraでも64ビット対応のLINUXで日本語は使用できます。
そうですか。
入力メソットで、IBus設定してすぐ使えましたか。

64ビット対応のLINUXで日本語は使用できますか。
ご存知かと思いますが、「Ubuntu12.10日本語Remix」版は、32ビット対応ですね。
64ビットのパソコンは32ビット版も包含しますので、インストール、起動、稼働はします。
よって何も問題は生じません。

問題は、内蔵HDDの2TB超えのGPT形式の場合に、32ビット版でインストールできるか、起動、稼働できるかです。
それとメーカー、電気店の無償保証の問題ですね。
日本語対応は問題ないということですね。
これは知らなかったです。

内蔵HDDの2TB超えない場合は、MBR形式で、32ビット対応のLINUXはほとんどすべて大丈夫でしよう。
Windows8を入れないという条件であれば。
もしこれが、Windows8と共にデュアルブートという話になれば、当方の質問と同じになることです。

内蔵HDDを余分に一つ購入して、内蔵CD/DVD-ROMデバイスを外し、そこに内蔵HDDを増設しました。
BIOSの起動順位と、Boot Modeの、UEFI と Legacyの切り分けで、Windows8とLINUXの切り分けして遊んでいます。
Windows8はそのまま、増設してHDDは、MBR形式、32ビット対応のLINUXを好きなだけ放り込める環境になりました。
CD/DVD-ROMデバイスは、USB接続外付で我慢しています。

> >64ビット対応のLINUXで、日本語を使用できるようなものは今のところないようで、32ビットで我慢しないといけないかもしれません。

> ubuntuでもfedoraでも64ビット対応のLINUXで日本語は使用できます。
そうですか。
入力メソットで、IBus設定してすぐ使えましたか。

64ビット対応のLINUXで日本語は使用できますか。
ご存知かと思いますが、「Ubuntu12.10日本語Remix」版は、32ビット対応ですね。
64ビットのパソコンは32ビット版も包含しますので、インストール、起動、稼働はします。
よ...続きを読む

Qなぜubuntuは32bit版が推薦?

なぜUbuntu Linuxでは32ビット版が推薦されるんですか?もう64ビットのパソコンが普及しているこの時代なのに。

せっかく64ビットのパソコンあるのだから64ビット版を使いたいですよね。確かに動作はあまり変わらないですが。

理由がわかりません。

Aベストアンサー

64bitの環境が整備の途上なので、壁に当たる事が多く、初心者は直ぐ行き詰まる
可能性が大きいのです。

PAE(メモリ拡張機能)で32bitでも4GB以上のメモリが使用出来ますので、
64bitを使用する優位性が薄れます。

QLINUXが簡単にインストールできるノートPC

LINUXが簡単にインストールできるノートPCを教えてください。
【希望】
・LINUXの種類はなるべくメジャーなものがいいです。
・ノートPCはできるだけ小さく、新しい機種が望ましいです。
・Windowsとデュアル利用前提です。

Aベストアンサー

価格帯を考えないと、推奨とか無理ですね。
HP2133は、小さく安く、それでいてそれなりの解像度を持つという点で
CPU性能の低さの割に、評価の高い機種だったと記憶しています。

ですから、現行のネットブックへの買い替えは、安易に進めると
CPU性能は大幅強化されたとしても、画面を狭く感じるはめになります。


ところが1366x768画面を持つ小型モデルとなると
価格の幅が、けっこう大きく開いたりします。安いものは限られます。

Lavie Light BL350に、Ubuntuがすんなり入ったというブログ記事があるんですが
詳細がわかりません。まぁ無線LANもintelのようですから、行けそうだとは思います。
http://kakaku.com/item/K0000346132/


なお、メモリー1GBが弱みといった趣旨のレビューがあるようですから
Linuxは、Ubuntuよりも軽量版のLubuntuのほうがいいかもしれません。

私はたまにしか使いませんが、ネットブック(AspireOne 150)では
壊れたメモリーモジュールを1GBのものに交換したにも関わらず…

ハイバネートレジューム待ちを短くするために
メモリーは512MBしか使わない設定で動かしています。
Lubuntuでウェブを利用するくらいなら、512MBでも普通に使えます。
(厳密には1GBあるほうがキャッシュとして機能する分、若干速いはずですけどね)

価格帯を考えないと、推奨とか無理ですね。
HP2133は、小さく安く、それでいてそれなりの解像度を持つという点で
CPU性能の低さの割に、評価の高い機種だったと記憶しています。

ですから、現行のネットブックへの買い替えは、安易に進めると
CPU性能は大幅強化されたとしても、画面を狭く感じるはめになります。


ところが1366x768画面を持つ小型モデルとなると
価格の幅が、けっこう大きく開いたりします。安いものは限られます。

Lavie Light BL350に、Ubuntuがすんなり入ったというブログ記事があるんです...続きを読む

QUbuntu・・・ユーザ名を変更したい

Ubuntuはインストール時に設定したアカウント名が適当すぎたのでユーザ名を変更したいのですが可能でしょうか?

Aベストアンサー

usermodコマンドを使用すればできるはずです。
root権限が必要です。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/031adduser.html

QWindows7のライセンス認証がなぜか2台通る…

タイトルだけだと意味不明なので経緯説明します。

まず、Windows7のノートパソコンAを買いました。
次にHDDを換装してWindows7再インストール
外した古いHDDはWindows7入ったまま放置
しばらくして別のノートパソコンBのHDDが故障。
先ほどのHDDと交換。
電源を入れると普通に起動。
コントロールパネルのシステムを確認すると、
「3日後に自動ライセンス認証される」との表記確認
「すぐにライセンス認証する」をクリック
すると、何の問題もなく認証が通りました。

で、いまもノートパソコンAは使えています。
ノートパソコンABともにシステム欄には「ライセンス認証されています」と表示されています。

これは、そのまま使えるんでしょうか?
ライセンス1個で使えるパソコンは1台だけが当たり前だと思うのですが・・・。不思議です。
どなたか詳しい方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3番ですが、やはり同系列のモデルどうしですか。
この場合、パソコン本体にライセンスを証明するシールが貼ってあると思うので、パソコンにライセンスはあり、リカバリディスクは単なるメディアなので問題なく使えると思います。
私もリカバリメディアを作る前にHDDがお亡くなりになったことがあり、メーカーから購入しましたがライセンスは新しく発行されることはなく、当然かなり安く売っていました。
メーカーもいちいち作ってるわけではなく、コピーを大量に作って付属品として売ってるだけなので、同じモデルなら中身は一緒だと思う。
ソフトはメディアを買うのではなくライセンスを買うものですから、ライセンスがある人ならダウンロード販売で購入しようが、どうしようが正規のものなら問題なく使えるべきと考えます。

QLinuxパソコンを安く手に入れたい

Linuxパソコンを安く手に入れたい
 1台のLinuxサーバーに、TomcatとPostgreSQLの両方をインストールして色々と実験してみたいのですが,windowsなどが入っていない比較的性能が良いパソコンはどこで購入できますか?

Aベストアンサー

やめましょう、もっと安くやる方法でいくらでもあります。

まず、お使いのパソコンのハードディスク容量はいくらですか。
十分にに余裕があるなら、パーティションを切りましょう。

このフリーソフトでパーティションを切ります。

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeuspart/

私も、使っています。

次に、仮想ディスクトップ用のソフトを入れる

https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/5_0

パソコンの処理能力により、メジャーバージョン3~5です。

VMwareを起動して

お好きなLinuxをいれて(Ubuntu12は、パソコンの性能がよくないと動作が遅いです。Unityがいまいち)

私は、Linux Mint 13(13はTLSです。)を入れています。Ubnutuの資産を使えるからです。

作ったパーティションにインストールします。

これで、一台でWindowsとLinuxを切り替えて使えます。

絶対にGRUBでのデュアルブートはやめましょう。

fix mbrをできないと、Windowsが起動しなくなります。

参考までに。

やめましょう、もっと安くやる方法でいくらでもあります。

まず、お使いのパソコンのハードディスク容量はいくらですか。
十分にに余裕があるなら、パーティションを切りましょう。

このフリーソフトでパーティションを切ります。

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeuspart/

私も、使っています。

次に、仮想ディスクトップ用のソフトを入れる

https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/5_0

パソコンの処理能力により、メジャーバージョン3...続きを読む

QUbuntuはWin7と比べて軽いですか?

PemMの古いノートパソコンにWindows7SP1かUbuntu12LTS(アップデートでPEA回避)のインストールを考えていますが、どちらが軽く動きますか?

Aベストアンサー

PentiumMのPCに、1万円以上もするWindows7を買い足すことは
それがあと何日動き続けるか?という点においてオススメしません。

1万円が、半年で無駄になっても、痛くも痒くも無い人は
そもそも、もうPentiumMのPCを使い続けようとは考えないでしょう。


「自分で軽くすることが出来なければ」
これは典型的なWindows特有の常識を…他のOSにも押し付けた考え方です。

たとえば、Windowsにはいくつかのエディションがありますが
エディションごとの重さはほとんど変わりません。

ですから、手作業で軽量化するのが習わしですし、そういった玄人のために
nLiteのようなツールもありますが、それで作ったディスクイメージを
配布することができないし、OEM版搭載PCに、共通に利用することもライセンス上できません。

これでは「自分で軽くすることが出来なければ」という考え方に囚われるのも仕方ないことです。


本題ですが、UbuntuはPentiumM搭載のPCでは実用的では無いくらい重いでしょう。

現在ではUbuntuはVista,7がそうであるようにGPUの力を使ったGUI表示を採用しています。
12.04LTSではUnity2Dも選べますが、この時点でPentiumMで軽く動作するとは言いがたいものです。


ですが、Linux系OSのようなオープンソースOSがWindowsのような融通の効かないOSと比べて
大きく違うことが、柔軟に派生版が成立し、また自由に配布できることです。

Ubuntuには、Kubuntu,Xubuntu,Lubuntu,Edubuntu,Ubuntu Studioといった公式の派生版があります。
これらも、単純に、標準のGUIより別のGUIが良いといった思想から
誰かが取り組んだものですが、それを配布する自由があるのです。

つまり「誰かが軽くしたものを使えば良い」これがLinux系OSの場合の常識です。


具体的には、LTSであるXubuntu12.04LTSが軽量版としては有用なものです。

標準的なGUIはシンプルなもので、不足を感じることもあるかもしれませんが
PentiumMより古いPentiumIIIでもそれなりに動きますし
必要であれば、LibreOfficeのようなソフトを追加して運用することもできます。

XPに降りかかった、SATAへのインストール,GPT対応,AFT対応
アプリケーションごとのボリュームコントロールやバランスコントロールなどの障壁が
Xubuntu12.04LTSには、あたりまえのように無いのです。
(実際リリース時期が10年違うのだから、あたりまえなだけなんですけどね)


XubuntuがUbuntuの公式の派生版として受け継いでいるものは
Ubuntuのための日本語化の成果が、多くの部分で継承されることです。

当然、Ubuntu用のアプリケーションソフトなどが共通のリポジトリーから導入できるので
Ubuntuでできることで、Xubuntuではできないことはあまりありません。

単純に、GUIの使い勝手の違いが大きいわけですが
軽量であることが、そのデメリットを相殺するか、より上回る場合もあるでしょう。


そもそも、Windows8は、どこをどうやってもNXbit無しのPC向けのパッケージはありませんが
Ubuntu12.04LTSのPAE必須という特徴は、Xubuntu12.04LTSでは解消されており…

旧版からのアップデートという手間をかけなくても、PAE非対応のPCに
Xubuntu12.04LTSのインストールディスクからインストールすることができます。


さらに、XP SP3が出た際には、XPユーザーでも
SP3のインストールディスクは、改めて買わなければ入手できませんでしたが…

Ubuntuではポイントリリースという枠組みがあり
2012年4月にリリースされたUbuntu,Kubuntu,XubuntuなどのLTS版に
時期LTS版が出るまでの間に、数回の更新版インストールディスクイメージが提供されています。

また、Hardware Enablementによって、13.10のカーネルの機能を取り込み
12.04LTSの環境のまま、新しいカーネルの機能を利用できる場合もあります。
(Windowsでは後継バージョンのOSカーネルを流用することはできません)


Xubuntu12.04LTSの場合は、たとえば、このサーバーに置かれています。
http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/12.04/release/

普通はxubuntu-12.04.3-desktop-i386.isoで行けますが
場合によっては、GUIを使わずにインストールできる
Alternate版(xubuntu-12.04.3-alternate-i386.iso)のほうが便利です。


なお、日本特有の問題として、XubuntuにはUbuntuのように
日本語Remixディスクが提供されていません。

それでも、世界共通のディスクでも、GUIのインストーラーは日本語で利用できますし
(CDからの起動当初、Shiftキーを抑えておくと言語選択メニューが出ます)
インストール後のメッセージに従って追加インストールすれば、実用的な日本語環境が整います。

日本語Remixに追加されているパッケージは
Ubuntu Japanese Teamのサイトから導入することもできます。
http://www.ubuntulinux.jp/


そのほか、日本語特有の注意点はありますが
日本語で生じる問題のほとんどは
Windows向けの海外製ソフトの場合よりも深刻な問題になりにくいはずです。

慣れると、解決方法があるのがあたりまえと考え対処する人が多く
そういった解決できる問題は、わざわざネットで発表されていないことが多いのは
Linuxに慣れていない人にとっては不便かもしれませんが
解決方法があるのが前提として考えるほうが、前向きと言えるでしょう。


なんかあったら、それについて質問してもいいでしょうし
Ubuntu Japanese Teamなどに報告することで
改善されることもあるかもしれません。

PentiumMのPCに、1万円以上もするWindows7を買い足すことは
それがあと何日動き続けるか?という点においてオススメしません。

1万円が、半年で無駄になっても、痛くも痒くも無い人は
そもそも、もうPentiumMのPCを使い続けようとは考えないでしょう。


「自分で軽くすることが出来なければ」
これは典型的なWindows特有の常識を…他のOSにも押し付けた考え方です。

たとえば、Windowsにはいくつかのエディションがありますが
エディションごとの重さはほとんど変わりません。

ですから、手作業で軽量化するのが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報