詳しい方がいましたら教えてください。
平成21年10月にアパートで一人暮らしの母が病気になり私と住むことになりました。
11月いっぱいでアパートを出ることを大家さんに伝えると
家賃が滞納(6っヶ月)してることがわかりました。
アパートの連帯保証人は私の主人がなっており
滞納した時点で保証人(主人)に連絡してくれなかったのか?
(契約書には三ヶ月滞納で退去もしくは保証人に連絡と記載)
と問いただすと質問には答えてくれず「少しづつでもいいから払ってほしい」とのことで
母の年金から滞納分は少しづつ払う約束(口約束)をしました。
翌月(12月)に母が亡くなりました。

その後も私が毎月少しづつ大家さんの口座に滞納分を払っていましたが
大家さんからは領収書や残高、敷金等詳しい内訳のお知らせはなく
支払うのをやめていまいました。
半年ほど経った頃、大家さんから請求があり1、2度振込ましたが残高等の連絡はなく
また、振込をやめてしまいました。

そして今回、大家さんから一括の請求がきました。(約40万円)
契約書には三ヶ月滞納で退去もしくは保証人に連絡と記載とありますが
滞納分は全額払わなければいけないのですか?
契約書通りに連絡してくれれば半年も滞納しないで済んだのに
と思ってます。

つたない文章ですいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#2です



あくまで相手側に非があるという考え方ですね、

対応が悪かったのは質問者様側としか読めません。
>現状復旧費用は敷金だけでは足りないけど勘弁してあげるわ。
事実確認したのでしょうか?
本当に敷金以上にかかったのか。

>家賃の滞納額は引っ越しの際メモ帳に金額を書いて渡されました。
これがあるなら、いくら払ったのかは質問者様側で把握が出来るはず、
何でもかんでも相手側がしてくれると思うのが間違い。
また、分割で滞納家賃返金するなら、文書交わすのが普通でしょう、大家側は滞納事実があれが今回のように法的回収が図れます、逆に支払った事実は支払った方で証明が必要になります。

権利の上に眠るものは保護に値せずです。

>大家さんが可哀そうと思うなら尚更相談してほしかったです。
住んでいる分には逃げられないし、最悪そのアパートで亡くなれば何とか回収できるかもと思っていたけど、引っ越すことになったので全額請求したと考えられます。

連帯保証人に電話しても無視されたりもしますから。


>私の落ち度も十分理解した上で相談させて頂きました。
読み取れません。
    • good
    • 0

お母様、残念でしたね。



領収書や内訳の催促はしていたのでしょうか。
一括請求にしても内訳の記載はありましたか?

保証人ですから、滞納分は払わなくてはいけないでしょう。
あなたのご主人が支払いを拒否しても、相続人であるあなたに支払い義務が生じます。

相続放棄の手続きはしていますか?
亡くなってから3ヶ月以内に手続きしなければいけませんので、やっていなければ負の財産も相続になりますので、支払い義務が生じます。

いずれにしても、アパートも慈善事業でやっているわけではありませんので、連帯保証人、もしくは法定相続人に支払い義務があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

昨日、領収書、請求額の内訳の記載を催促しました。

相続放棄はしていません。
滞納分の三ヶ月は仕方ないですが、大家さんと私は全く面識がないわけではないので
契約書通り一言、相談や連絡をくれればと思ってます。

ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/14 12:21

>その後も私が毎月少しづつ大家さんの口座に滞納分を払っていましたが


払っている事実があるので支払い義務が生じます。

>大家さんからは領収書や残高、敷金等詳しい内訳のお知らせはなく
敷金については退去時清算です。
その際に現状復旧費用等を敷金から差し引いて滞納家賃分に充てるなどの話し合いはしなかったのでしょうか?

相手がいってくるのを待っていたなら質問者様にも非があります。

口座振り込みなら振り込み依頼書などが領収書の代わりになるので、別途領収書が必要なら要求しなければ相手は発行する義務がありません(要求されたら発行義務がある)。

それと、滞納家賃額はお母様が引っ越しをする際に確認していないのでしょうか?
明細書と言っても家賃滞納額がはっきりわかって、振り込んだ金額の記録を取っていれば、容易にわかると思いますが。

>契約書通りに連絡してくれれば半年も滞納しないで済んだのに
お母様が支払いできない状態になっていたことを知らないのもどうかと思いますけど。
契約では若しくはなので、3ヶ月滞納による退去は可哀想なので温情措置をした、すぐに払えるからといわれそれを信じた結果こうなったと開き直られたらなにもい返せないと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

大家さんからは領収書や残高、敷金等詳しい内訳のお知らせはなく
敷金については退去時清算です。
その際に現状復旧費用等を敷金から差し引いて滞納家賃分に充てるなどの話し合いはしなかったのでしょうか?
>言葉は忘れましたが、現状復旧費用は敷金だけでは足りないけど勘弁してあげるわ。
滞納分は分割でいいから払ってね。的な内容の話はありました。

昨日、領収書を要求いたしました。
ネットバンキングの為、パソコン等の故障も考え要求しています。

家賃の滞納額は引っ越しの際メモ帳に金額を書いて渡されました。

母が家賃を払えない状態になっているとは全く知りませんでした。
私の落ち度も十分理解した上で相談させて頂きました。
大家さんが可哀そうと思うなら尚更相談してほしかったです。

ご意見ありがとうございます。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/14 11:59

まず お母様が亡くなられたんですね~ ご愁傷様です



元気を 出してくださいね。


家賃が幾らのアパートに住んでいたんでしょうか?

貴女は 少しずつでも 何度か支払ったんですよね~

なのに 一括で40万円の請求。。

かなりの 高額家賃になるんですが。。。


敷金は 入居時に払っているでしょうから 請求される事自体が 不自然ですし

契約書に 3ヶ月で連絡。。とあるのに しなかった落ち度が 家主に有ると思います


詳細を 伝えてもらって 落ち度を指摘するべきですよ。

まるで 死人にくちなし。。って感じがします 凄く失礼な家主だと思いますよ

詳細を 教えてもらえないなら 法的手段も視野に入れたほうが 良いと思います

下記に 自治体が推奨している ところのURLを 貼り付けておきますね。

あと 市役所で 「無料法律相談」が有る場合がありますので

確認してみて 有れば そこで相談してみてはどうでしょうか?


       参考URL

  http://www.houterasu.or.jp/index.html?utm_source …

この回答への補足

お気遣い、情報ありがとうございます。

家賃は7万5000円ぐらいだと思います。
敷金も払っています。

昔ながらの支払い方法で、家賃を大家さんに届けに行くといった感じです。
アパートの更新は不動産屋が間に入ってますが
それ以外は大家さんとのやりとりだったらしいです。

母が亡くなる4ヶ月前に父が亡くなり
2ヶ月後に母が救急搬送され寝たっきり状態になりました。
実家と私の家は車で1時間~1時間半ほどかかり
私が仕事もしていたので離れてる母を看ることができず
母を退院させ1ヶ月程ですが亡くなるまで自宅で介護していました。
毎日が忙しく大家さんに詳しい話を聞いていなかったので
私にも落ち度はあるのですが
家賃を三ヶ月滞納した時点で連絡があれば
滞納分を払い同居や若しくは何らかの援助ができたと思います。
例え、半年間滞納していても私も承知していることなので
納得もできます。

昨日、大家さんに簡易書留で支払が滞った理由、お詫びと
内訳や残高、領収書の明示を請求しました。
返事が着次第、相談に行ってきます。
ありがとうございました。

補足日時:2014/05/14 08:29
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家賃の支払いの領収書について

毎月、家賃を振り込みにて支払っています。引き落としはしてくれないとのことで、振込みにしているのですが、手数料が結構かかります。
それで、ネット銀行で振込みすることにしましたが、口座番号はうちこめるけれど、相手先の名前は提示されないようで、不安です。
この場合、きちんと受け取ったという領収書のようなものは発行してくれるものなんでしょうか。管理会社は普通、家賃の受け取りの領収書は発行していないものなんでしょうか。

Aベストアンサー

 大家しています。

> 振込みにしているのですが、手数料が結構かかります。

 その通りと思います。全く無駄金です。同じ銀行の同じ支店なら手数料はかかりませんので、大家や管理会社が近くの銀行に振込先の口座を開いて、居住者の方もそこに口座を持てば手数料はかかりません。私の場合はそうしていますので、大家さんか管理会社にそのようにお願いしても良いのではないかと思います。

> きちんと受け取ったという領収書のようなものは発行してくれるものなんでしょうか。管理会社は普通、家賃の受け取りの領収書は発行していないものなんでしょうか。

 3万円以上の領収書には収入印紙200円が必要です。何もなく、お互いが信頼していれば銀行の振込み票で事足りますので、全く無駄なお金です。ですから、初期費用をお振込み頂いた際や、更新料のお振込み
以外の通常の家賃に関しては領収書は出していません。まぁ、どうしても必要と言われれば出しますが、収入印紙代と郵送料をどう家賃に転嫁するか考えだす大家さんもいるでしょう。居住者の皆さんからその要望が出たら結構な金額になります。

 私の利用しているネットでの振込み(新○銀行)では振込みの受付票が印刷できます。『領収書ではありません。』との記載がありますが、○月○日○時○分までの記載がありますので、何かあれば銀行は振込みの事実を証明するでしょうから、これで足りると思っています。

 大家しています。

> 振込みにしているのですが、手数料が結構かかります。

 その通りと思います。全く無駄金です。同じ銀行の同じ支店なら手数料はかかりませんので、大家や管理会社が近くの銀行に振込先の口座を開いて、居住者の方もそこに口座を持てば手数料はかかりません。私の場合はそうしていますので、大家さんか管理会社にそのようにお願いしても良いのではないかと思います。

> きちんと受け取ったという領収書のようなものは発行してくれるものなんでしょうか。管理会社は普通、家賃の受...続きを読む

Q家賃滞納契約書なしの賃借人。メールで、荷物を処分してくれと送ってきて夜逃げ。荷物の処分は?

入居して一年の賃借人。知り合いの頼みで入居。契約書も、敷金もなし(お金がないというので)禁止のペットを了解した代わりに、退去時は全面改装するという約束(口約束)をしていました。
その間に家賃一ヶ月半しか入金がありません。退去と家賃及び修繕費を知り合いを通じて連絡しました。すると、逆ギレ。次の日、知り合いの方に荷物を処分してくれとメールで通知してきて、早朝、ペットを連れて夜逃げ。
知り合いの人が中を見たら、荷物とゴミが残されていました。早く処分して、部屋を改装しないとペットの尿のにおいなど、すごくてたまりません。次の方に貸すことも出来ません。メールでの処分依頼は無効でしょうか?

Aベストアンサー

 おはようございます。
 なんだかきちんと質問を読んでいない回答があるので、私の意見を記しておきます。
 私は本人が処分することを、
1.メールであっても、
2.また大家であるあなたに直接ではなくとも双方の知り合いである者に依頼している、
のだから、その知人の立会いの下で処分することは可能だろうと思います。

 ただしこれは私の個人的な見解で、法律の条文に則ったものではありません。どちらかと言うとこれはここのカテゴリー「法律」
http://oshiete1.goo.ne.jp/c306.html
または http://okwave.jp/208/c306.html
の方が良いと思います(以上は内容は全く同じですが、入り口が異なっています。登録したサイトによっては利用が出来ません。いずれか一方にはアクセス出来ると思います)。
 こちらの質問のURL
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=5241699
を貼り付けた上で、そちらで再質問し、同時にこれを締め切るのが良いでしょう(同じ質問を締め切らないまま別カテゴリーで繰り返すのは利用規約に違反します。また先の質問を明示しておかないと回答者が困る場合が往々にしてあります)。
 過去の質問ではこのようなものがあります。差し当たり見つかったもののみ読んでみました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa703646.html
本件の場合契約書なし、保証人無しです。しかし共通の知人が保証人に近い立場ですし、本人の処分の依頼はそちらに行っているわけです。その人にきちんとした処分に関する書類を書いてもらった上で、立会わせて(この場合責任問題としてその知人には立ち会ってもらうのではなく、「立ち会わせる」という表現をするべきです)、始末すれば良さそうです。
 知人には改修費の支払いと始末の手伝いくらいは最低でもさせるべきだと感じますが、それは各人の気持ち次第ですから、これ以上は言いません。
 逆に一切の書類が無かったということで、借り手側は法的に全く保護される立場では無いかもしれません。つまりその者はあなたの善意で部屋を貸してもらえたのであって、あなたはその部屋の留置物を保持する義務は無いという解釈が成り立つ可能性もあります。
 とにかくきちんと判る人の意見を待ってください。

 大変でしょうが、無事に済むとよいですね。

 おはようございます。
 なんだかきちんと質問を読んでいない回答があるので、私の意見を記しておきます。
 私は本人が処分することを、
1.メールであっても、
2.また大家であるあなたに直接ではなくとも双方の知り合いである者に依頼している、
のだから、その知人の立会いの下で処分することは可能だろうと思います。

 ただしこれは私の個人的な見解で、法律の条文に則ったものではありません。どちらかと言うとこれはここのカテゴリー「法律」
http://oshiete1.goo.ne.jp/c306.html
または ...続きを読む

Q支払い済み家賃の領収書がなく、簿記上に計上されてない

会社で倉庫を借りていますが、家賃として払っている領収書を10数年分もらっていません。(いくら払ったかはだいたいで計算できます)
そのため、会社の簿記上にその分のお金があるようになってますが実際は家賃として払っているのでお金は残ってないのです。
おそらく支払先の税金対策のため、領収書を出してもらえてないのだと思います。

もし過去にさかのぼり領収書をもらったとして、どのように処理ができるのでしょうか。
またもらえなかった場合は、実際ないのに簿記上にあるように見せかけているお金はどうなるのでしょうか。


ワンマンでやっている経営のため、不透明な部分を説明してもらえない状態です。
今からできることは、どうすべきでしょうか・・・困ってます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家賃発生の事実と家賃支払の事実は、いずれも簿記上の取引に該当し、仕訳を切る対象となります。そのため、毎年、地代家賃計上の仕訳と、支払の仕訳を切るべきでした。

領収書は、仕訳の証憑のひとつであって、それに過ぎません。領収書があろうと無かろうと(もっと言えば証憑があろうと無かろうと)家賃発生・家賃支払があったことには変わりないのですから、領収書の有無と仕訳の有無とは無関係です。

証憑が気になるのであれば、領収書が無くても、契約書などで補完できます。発生・支払の事実が確実にあるのならば、証憑については、工夫次第で何とかなるものです。

今回行うべき処理としてお勧めしたいのは、過年度分につき、「前期損益修正損/現金預金」(金額の大きくないときは「地代家賃/現金預金」でも可)という仕訳を切った上で、借方費用につき損金不算入とする処理です。こうすれば、当期の処理をも適切に行うことで、実際の現預金残高と帳簿上の現預金残高とが一致するはずです。

Q母が個人で寺院墓地を購入したが、父が違う寺院の檀家になってしまい、母の

母が個人で寺院墓地を購入したが、父が違う寺院の檀家になってしまい、母の没後、墓を変えるように求められています。
お墓は母が10年前に購入し、その際に形だけ檀家になっていたようです。
また、父が檀家になっている寺院に墓地はありません。
宗旨は墓地の有るお寺も、父の檀家のお寺も同じ浄土真宗本願寺派(西本願寺)なのですが、檀家が違うだけでお墓も変えなければいけないのでしょうか?
母の遺言で、どうしてもそのお墓(その寺院ということではなく)に入りたいと言っていましたので、何とか叶えてあげたいと思っています。
何か良い方法はないでしょうか。詳しい方いらっしゃいましたら、ご回答頂ければと思います。

Aベストアンサー

今のお寺は”商売”ですから、
どちらかのお寺を選ぶしかありません。

お母さんのお墓(墓地?)を選ぶのなら、そちらの檀家に。

お父さんのお寺を選ぶのなら、新しいお墓地を探します。

Q家賃やプロバイダ料金など、領収書や明細がないものを経費に計上するには

自宅で事業所を開業しました。

家賃やプロバイダ料金などを案分して経費に計上したいのですが、
領収書や明細がないものは、どのように証明したら良いのでしょうか?

代金振り込みは、クレジットカードからの自動引き落としだったり、ネットバンクからの振り込みです。

Aベストアンサー

補足します。
家賃は事業専用床面積÷全体床面積でいいと思います。
ポイントは「専用」である部分だけという点です。
事業と家事の共用部分は経費計上できません。
理由は家事関連経費の経費相当分は「事業を遂行するにあたって、家事用より負担が増加した金額」とされるためです。逆に言えば「事業をやめると負担が減る部分の金額」ともいえます。

つまり、共用部分は事業をやっててもやってなくても負担額に変化ないので経費計上できません。

同じ意味で定額制プロバイダ料金も経費計上できません。もちろん事業専用に家事用と別回線を引いている場合は、事業専用分は計上できます。

Q平成30年で平成が終わることになれば 来年成人を迎える人が平成最後の年の 成人になるわけですよね?

平成30年で平成が終わることになれば
来年成人を迎える人が平成最後の年の
成人になるわけですよね?
当たり前すぎる質問かもしれませんが
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

不謹慎でありますが、もし、御高齢の天皇陛下が今年、お亡くなりになられましたら、今年が平成の最後になります。

平成30年で終わらされる、どっかの新聞が特ダネとして早とちりで書いただけで、政府も皇室も、もし生前退位となると、どのような法手続きをしなければならないかを、考え始めたばかりです。皇太子さまご夫妻に男子がお生まれにならなくて、女性天皇もって議論し始められたところで、男子誕生で、女性天皇議論はどこかに消えてしまったのと同じで、平成は現天皇が生存されている間は、平成です。

ご高齢で業務に差し支えるようになれば、昭和天皇のときと同じように、皇太子が天皇陛下の名前で行事を代行すればいいだけです。

Q必要経費 領収書と家賃について

給与(100万くらい)と報酬(120万くらい)で生活している者です。還付申告をする時に領収書を集めるほどいいと本で書いてあります。給与の方は非常勤として学校に定期的に通勤(週に1、2日)しており、交通費は別途頂いています。報酬の方の仕事内容としては、主に家で原稿を書いたりするものです。人によっては家賃や電話なども全額とはいわないまでも半額もしくはそれ以下で必要経費としていると聞きました。少ない収入なのでなるだけ税金を少なくしたいのですが、家賃なども必要経費になるのですか。
原稿を書いたり講義にいったりするときに必要な交通費や本代など必要経費で提出できるものでしょうか。
何もわからないのでよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

給与は給与所得、原稿収入は事業所得になりますが、経費については分けて考えます。

給与所得。
給与所得者の場合、経費相当分として「給与所得控除」という控除が有り、「給与収入-給与所得控除=給与所得」となりす。
支給される交通費は、交通機関を使う場合、月額10万円までは非課税です。
従って、基本的には家賃や書籍代、交通費などの経費は控除出来ません。

事業所得。
事業所得は、収入から経費を引いた額が利益(事業所得)となります。
経費については、自宅で行なっている場合は、光熱費など生活と共通するものについては、使用面積比など合理的な基準で按分して、事業分は経費として処理できます。
又、賃貸の場合の家賃・自己所有の場合の建物の減価償却費も使用面積比で按分して経費に出来ます。
自宅外で行なっている場合は、家賃や光熱費は経費として処理できません。
書籍や交通費などは経費として処理できます。

その他、事業所得の経費については、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2210.htm

又、事業所得を青色申告にすると、記帳方法によって最大55万円の青色申告特別控除など、税制上の特典があります。
青色申告の特典と申請方法は、下記のページをご覧ください。
http://www.joho-yamaguchi.or.jp/icci/html/zeimu/aosin.html

なお、お近くの商工会か商工会議所(地域によっていずれかが有ります)へいくと、記帳や経費についての指導や相談を無料で受けられます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1350.htm

給与は給与所得、原稿収入は事業所得になりますが、経費については分けて考えます。

給与所得。
給与所得者の場合、経費相当分として「給与所得控除」という控除が有り、「給与収入-給与所得控除=給与所得」となりす。
支給される交通費は、交通機関を使う場合、月額10万円までは非課税です。
従って、基本的には家賃や書籍代、交通費などの経費は控除出来ません。

事業所得。
事業所得は、収入から経費を引いた額が利益(事業所得)となります。
経費については、自宅で行なっている場合は、光熱...続きを読む

Q家賃の滞納

恥ずかしい事ですが、22歳の息子(フリーター)が家賃の滞納をしています。
すでに7ヶ月の滞納で大家さんから「裁判所に手続きをして取り立てる」と保証人の私に言ってこられました。
アパートを借りているのは息子ですが、私は保証人として家賃の支払いも請求されました。
払わなければ、鍵を変えて入室禁止にするとも言っています。
実は、以前にも5ヶ月分の滞納をしてて、その時はこちらで支払いをしたのですが、さすがに今度は簡単に払えません。
本人と連絡が取れずに、困っている状態です。

この場合、裁判所からの取立てになれば、保証人としてどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1の方の仰るように連帯保証人になっておられる可能性が高いですね。

先ず裁判所へ話が行くまでに大家と話合が必要ではないでしょうか。

裁判所が介在すると次のような手続きになると思います。

裁判所で支払命令が出るか、訴訟で原告の言い分が通れば原告は令状をもらって、裁判所の執行吏を伴って連帯保証人である質問者さんの財産を押さえることが出来ます。  (洋服、電話、生活に必要な家具等、仕事、生活の必需品は押さえられません。)

財産が無くてもサラリーマンなら給料の25%を押さえられます。(年金は押さえることが出来ません。)  

手遅れですが、保証人、連帯保証人になるとはどう言うことかよく認識しておられなかったのでしょうか。

調停と言う方法もあります。  こちらの経済状態を考慮して最終的には払い易い分割払いにしてくれるかも分かりません。  調停中は相手側と会うことなく調停委員が事情を訊き解決に向かって話を進めてくれます。  事情によっては無利子で長期分割払いに話がまとまるかもしれません。

Q印紙の張られていない家賃の領収書

 6年間、賃貸で借りていた借家を転居する事になりました。 家賃は\46,000-を手渡しで、その都度領収書を発行してもらっていましたが、そのほとんどに収入印紙が貼られていません。(一年半くらいに1枚、\200の印紙が貼られている事がありましたが。)
 これって、脱税になるのではないでしょうか? また、私が脱税に問われる事はないのでしょうか?
 退去期限が迫っています。 是非、助言をお願いします。
 

Aベストアンサー

印紙税は文書を作成した側が課税され納税するものなので、
受領したほうは脱税とは関係ありません。

また印紙の有無は文書の有効性とは無関係です。
契約書・領収証などの印紙が貼ってなくても無効とはならず有効です。

Q家賃滞納の件

自分の持ち家を不動産屋に任せて七年経ちます。二年ぐらい前から家賃が時々滞ったり振り込んだりの繰返しで、合計6ヶ月分未払いで困っています。「借主が脳梗塞で倒れ体が不自由になり経営していた会社も倒産、保証人とも連絡が取れず消えちゃっている見たいだ、あまり強く言うと自殺も考えられ家の価値が落ちる可能性も、内容証明と言う手でやって見ます」と不動産屋側の答えで何か引っかかります。手ぬるい感じも...。このままだと、未払い幅と時間だけが過ぎて行くだけで解決するのかなと思っています。裁判はしたく有りません。便りのない不動産屋プロらしくないとも思い、すこし問題かと?。何かよい手はないでしょうか?

Aベストアンサー

私なりに対処した時の方法を書かせて貰います。
最初に、不動産屋との契約内容を調べなおす。(家賃の回収まで契約しているのか等)
次に、借主に直接電話、手紙などで連絡を取る。(直接会うのは、取りあえず保留)
次に、保証人を確認して、保証人から連絡して貰う。
最後に、保証人に支払って貰うようにし、借主に退去してもらう。
簡単な流れは、この様にしたのですが、所々問題が出てきます。
現在住まわれている所と、物件は、離れているのでしょうか?
近くなら見に行くのも有りだと思いますが・・・
本当なら、不動産屋に催促して貰うのが良いのですが、書かれている内容だと、信用できないので、自分で行動したほうが良いと思います。
しかし、不動産屋が手を引くという事も考えられますので、自信が無ければ、弁護士等に相談するのが良いと思います。
弁護士にも注意してください、着手金だけ取って、後は其のまま、等と言う事の無い様に。
裁判は、お奨め出来ません、最後の手段という事にして下さい。(お金は要らないので、取り合えず退去して欲しい時等)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報