私、45才の妻子もちです。
今年1月に、仕事中に交通事故で骨折の重傷となり、
つい先月末に退院してきました。
しかし、受傷から4ヶ月経過しても骨の癒合が進んでおらず
現在も、松葉杖をついた生活を送っていて
早く、社会復帰したいのですが
いまだに目途が立っていない状況です。

退院後、私の行きつけ整形外科に外来で
見ていただいたところ
『これは、あと数ヵ月癒合が進まない』と診断され
『早期癒合を進めるためにも酸素カプセル治療は?』
と薦められました。

しかし、労災では治療が認められない為
損保会社へ確認したところ
『初めてなケースなので、薦めてくれた整形外科主治医に
医学的見地で文書による見解を求める』とのんきな回答がありました。

そこで教えていただきたいのですが


今回、酸素治療カプセルの治療を導入に関する治療費は
損保会社では認めてもらえるのでしょうか?
1ヶ月のコストは7,500円です。



ちなみに、通常の治療費に関しては、労災適用されおり
その他保障不足分については、相手方と自分の保険で
過失割合に応じて負担しています。
セーフス治療も導入済(超音波治療)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>今回、酸素治療カプセルの治療を導入に関する治療費は


>損保会社では認めてもらえるのでしょうか?
>1ヶ月のコストは7,500円です。

混合診療になるでしょうから、労災の保険もすべて元に戻されます。
全額自由診療になります。
まぁ、実質的に保険会社も認めない可能性は高いですね。

医者は儲けになるから、0.001%でも効果が有りそうなら貴方に勧めます。
上手くあなたが口車に乗って自由診療にすると言ったら、労災の安い治療費ではなく、治療開始にさかのぼって自由診療に出来ますからね。

ただ、最後に保険会社が、その治療の効果は認められない。とされたら、あなたは損する方向になると思いますのでその覚悟をして臨まれた方が良いと思います。
保険会社の担当者は詳しく知らなくても、保険会社のうらには、医大などの元教授などの医療に詳しいスタッフが大量にいます。
その人たちが権威と肩書きから効果が無いと言う意見書を付けてくれば、裁判でも勝ち目が無くなりますからね。
その時になっても、貴方の主治医が裁判で正当性を立証してくれるかどうかと言う所になってきます。
大抵の医者は、最初は調子のよい事を言って居ても、交通事故の賠償裁判になると、一気に逃げ始めます。
下手するとその医師の恩師などが反論の意見書を書いてきたりもしますからね。
過失割合がある時は大失敗する可能性もありますので、ご注意されて下さい。


>セーフス治療も導入済(超音波治療)

それも、聞いてるんだか聞いてないんだか、実感が出来る物じゃないんですよね。
超音波振動で、骨の接続部に振動を与えて、架橋骨を出来易くすると言う物ですが・・・これは健康保険などで認められている治療になります。

1月の事故で、まだ架橋が見られていないと言うのは遅いですね。
骨折端が末に丸まって架橋骨が出来にくい状態になって居るのではないでしょうか?
そうなってたら、ベッカムカプセル(高気圧酸素カプセル)も穴理効果はないと思います。
切開して。骨端を削って縫合すると言う治療のほうが早いと思います。

通常、3か月架橋骨が見られなければ。切開して骨端を削ると思うのですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
自腹覚悟で治療してみます。
ちなみに、頸骨匕骨上下1/3ずつ骨折
していますが、仮骨は多少見られます。
まだ、手術の話しはこれからだと思います。

お礼日時:2014/06/14 10:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルカリ性体質に酸素カプセル等は、逆効果になるの?

---------------------------------------------------------------------------------
参考HP  http://www.suko-clinic.jp/column.html
の、第2項の文書中の8行目からなのですが、

我々の身体はややアルカリ性で、水素イオン濃度(pH)が7.35~7.45の間に厳密に保たれる様に調整されています。
この調整機能に大きく貢献しているのが呼吸で、“酸性”に傾けば呼吸を減らし炭酸ガスの働きでアルカリ性になる様にし、
“アルカリ性”に傾けば酸素を取り入れ酸性になる様に働きます。肉を食べたからと言って、決して“酸性”にはなりません。

米や芋など“糖質”の物は、エネルギー=カロリーとして使われずに余ると、 不完全燃焼を来たしその結果“乳酸”を生じ、
身体は酸性となります。激しい運動をした後、筋肉が“こわばる”のは“乳酸”が溜まるからなのです。
 身体が“酸性”になると、酸素が細胞内に取り込まれなくなり“ガン”などの“変性疾患”を来たします。
---------------------------------------------------------------------------------
の箇所なんですが、

1、酸素カプセル、高圧電位治療器、サプリメント等、の結果、細胞が活発になる、つまり酸性化した体を弱アルカリ性体質にしてくれる。
ということは、わかるのですが。

2、だったら、逆に、非常に健康体な弱アルカリ性体質の人が酸素カプセル等を利用すると、
弱アルカリ性以上にpH値が上がってしまうので、逆に体が反発してpH値を下げるために、酸性化するために
pH値を下げようと働くのではないでしょうか?

この2、なんですが、
3、
つまり、「弱アルカリ性体質の健康体の人」が2の 「酸素カプセル等」を使用する度合いによっては、結果的には、バクチうちの様なもので逆効果になってしまうのではないでしょうか?
ただし、毎日毎日、pH値測定機器にて「酸性」と測定された場合のみに酸素カプセル等を使用するということでしたら分かります(一般家庭でこんな測定をすることは不可能ですよね)。

素人的解釈で間違い箇所もあるかと思いますが、
ご教授の程を、よろしくお願い致します。

---------------------------------------------------------------------------------
参考HP  http://www.suko-clinic.jp/column.html
の、第2項の文書中の8行目からなのですが、

我々の身体はややアルカリ性で、水素イオン濃度(pH)が7.35~7.45の間に厳密に保たれる様に調整されています。
この調整機能に大きく貢献しているのが呼吸で、“酸性”に傾けば呼吸を減らし炭酸ガスの働きでアルカリ性になる様にし、
“アルカリ性”に傾けば酸素を取り入れ酸性になる様に働きます。肉を食べたからと言って、決し...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)酸素カプセル、高圧電位治療器、サプリメント等、の結果、細胞が活発になる、つまり酸性化した体を弱アルカリ性体質にしてくれる。
ということは、わかるのですが。

(A)わかっていない。
酸性化した体をアルカリ化するのは、呼吸であって、食べ物ではない。
しかも、その呼吸の調節機能は、肺自体にあるものであり、
空気の成分が問題なのではない。
酸性の食べ物を食べても、体が酸性にならないのと同じ。
酸素濃度の低い高地にすんでいる人の体のphは、アルカリ性が強い……
なんてことはない。

(Q)非常に健康体な弱アルカリ性体質の人が酸素カプセル等を利用すると、
弱アルカリ性以上にpH値が上がってしまうので、逆に体が反発してpH値を下げるために、酸性化するために
pH値を下げようと働くのではないでしょうか?

(A)ありえない。
酸素カプセルに入ったから、人体のphが変わると言うことはない。

結論
病気でもない限り、食べ物や空気など外部の環境で、
体のphを変化させることは不可能です。

Q45才独身女性実家暮らし

私は45才独身女性で、実家暮らしです。
仕事は派遣で不安定。
もう一生独身かと思います。
実家から出た事がありません。
しかし既婚の兄弟がいずれ同居すると、私は邪魔者だし、この年で実家暮らしに恥ずかしさはあります。
独立すべきとは思うのですが、正直怖い。
年老いた両親と離れるのも寂しい。
一人になるのも新しい町にいくのも全て不安。
親はまだしばらく実家でいいと言ってくれますが、やはり甘んじていてはダメですか?

Aベストアンサー

ご両親の老後の面倒を全て貴女が看ると言うのが前提であれば、既婚の兄弟に同居はしなくて良いと言えますが、貴女にその覚悟と甲斐性がありますか?
更に、その先を考えなければなりません。

ご両親が天命を全うされた後は、面倒を貴女が看たと言っても実家に住まわせてもらっていたので、ご両親の遺産相続は法的に全て平等に分配を了承しましょう。
そして問題は貴女の老後の面倒を誰が看るのかです。
そこまで考えていますか?

個人的には、ご両親が「しばらく実家に居ていい」と言ってもらっている間に自立するように準備するべきだと思います。
貴女が自立しないと後から責められるのは貴女ではなくて、「貴女を甘やかして育てた!」と言われるご両親になりますよ。

Q格安酸素カプセルって効果ある??

教えてください!!先月モトクロス練習中に左足のスネを骨折してしまいました。仕事も休む事になり又、今年の残りレースに出れなくなってしまい落ち込んでいました。しかし、高濃度酸素カプセルやベッカムカプセル等の情報を聞き大変興味を持ちました。一般的なサロン等では1時間約5,000円等があるのですが、インターネットで1時間1,500円というネットカフェを見つけました。確実性を考えれば前者なのでしょうが、決してお金持ちなわけではない私には1,500円は非常に魅力です。沢山通えますし。しかし、効果がなかったり粗悪だったりしたのでは意味を成さないわけですし、どうしようか悩んでいます。皆さんのご意見お聞かせ下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

酸素カプセルの効果はわかりませんが、骨折でしたら超音波療法というのがあります。「骨折 超音波」で検索するといろいろ見つけられると思います。
一例 http://fracture-net.jp/new_medical.html
http://www.47news.jp/feature/medical/news/1212supersonic.html

Q45才からの転職

私は以前建築職人をしていましたが41歳の時に脳出血を患い右半身まひになり元の仕事に戻ることはできなくなりました。4年半闘病生活とリハビリに頑張り何とか体は動くようになりました。昔みたいに体を使う労働は無理ですけれど事務系か管理系のしごとをしたいと思っているのですがパソコンのスキルも初心者で、45歳の私でも出来る仕事はあるでしょうか?何か資格を取りたいと思いますが、いい知恵をお貸しください。現状生活も困窮しているので何卒宜しくお願いします。

Aベストアンサー

かなり厳しい世の中ですが、可能性は0ではありませんから、希望を持ってやっていくしかないです。

資格を持っていても、どこも雇ってくれません。一緒に働きたいと思えるような人でないと雇ってくれないので、自分の魅力をアピールし続ける。それしかないです。例えば、自分はパソコンのスキルはあまりありませんが、職人として厳しい鍛錬を積んでいますので、必ず貴社にとって有用な人材になれますとか、あるいはリーダーを勤めていた経験があるなら、人を動かすのなら任せて下さい等とアピールします。新卒ではなく、中途採用ですから、そこの経験を問われますから、自分の出来ることを、事実以上におおげさにアピールし続けます。これを繰り返していけば、いつかは採用の連絡がきます。

ちなみに私は、15年ほど医療系精密鋳造技術の職人を勤めていましたが、今は全く畑の違うIT業界の管理系の業務に就いています。資格もないですが、そこでエクセルを初めて知りました。でも今は誰にも負けない実力は身についています。アクセスとかVBA、SQLとかは独学で習得して、うちの課で役に立てるようなツールを自作して使わせています。管理系、事務系って技術に疎い人が多いから、返って有利かも知れませんよ。でも、入るまでは大変でした。私は何度も不採用の通知をたくさんもらいましたね。。

かなり厳しい世の中ですが、可能性は0ではありませんから、希望を持ってやっていくしかないです。

資格を持っていても、どこも雇ってくれません。一緒に働きたいと思えるような人でないと雇ってくれないので、自分の魅力をアピールし続ける。それしかないです。例えば、自分はパソコンのスキルはあまりありませんが、職人として厳しい鍛錬を積んでいますので、必ず貴社にとって有用な人材になれますとか、あるいはリーダーを勤めていた経験があるなら、人を動かすのなら任せて下さい等とアピールします。新卒...続きを読む

Q高気圧・高酸素カプセルのある病院@関西

 質問のタイトルのとおり、関西(できれば大阪か兵庫)で、治療用の高気圧・高酸素カプセルを使用しておられる病院を探しています。

 当方、仕事柄、極度の肩こりで悩まされております。そこで、数年前から、生活習慣・食生活の見直しや自身で各部位のストレッチ、通院(内科・神経科・眼科等)、投薬、湯治、鍼灸、あん摩・マッサージ、チタンやゲルマニウムを含むアクセサリー等、様々なものを試して参りました。
そんななか、少し前の話になりますが、新聞(読売?)で、高酸素カプセルの記事があり、それを思い出したこともあり、先日、近所の酸素カプセル専門サロンに行って試したところ、非常に効果を感じることができ、仕事もはかどっております。
 ただ、酸素カプセル専門サロンでは、その効果を感じることができたものの、正直、何度も頻繁に通えるよう
な価格ではない(60分で6,000円)ため、非常に困っております。
 
 そこで、皆様に質問でございます。
(1)関西(できれば大阪・兵庫)で、治療に高酸素カプセルを使用しておられる病院(※健康保険が利用できることが前提でございます)または、上で紹介させていただいたサロンの価格より安くで利用できるサロン
(2)診療・利用にかかる費用の概算
(3)その他、高気圧・高酸素カプセルで何か、ご存知な事柄
以上、3点、ご存知でございましたら、ご回答、よろしくお願いいたします。

 質問のタイトルのとおり、関西(できれば大阪か兵庫)で、治療用の高気圧・高酸素カプセルを使用しておられる病院を探しています。

 当方、仕事柄、極度の肩こりで悩まされております。そこで、数年前から、生活習慣・食生活の見直しや自身で各部位のストレッチ、通院(内科・神経科・眼科等)、投薬、湯治、鍼灸、あん摩・マッサージ、チタンやゲルマニウムを含むアクセサリー等、様々なものを試して参りました。
そんななか、少し前の話になりますが、新聞(読売?)で、高酸素カプセルの記事があり、それ...続きを読む

Aベストアンサー

二度目の回答です。

民間の酸素カプセルについてお教えいただき、ありがとうございました。
やはり医療用の装置に比べ、圧と酸素濃度が低めに作られているようですね。
リラクゼーション効果として考えるなら、このくらいの装置のほうが向くのかもしれません。
医療用のほうは(私自身も経験しましたが)慣れないとかなり耳に違和感を感じます。

下記に、私の知る範囲での大阪・兵庫県下の高気圧酸素治療装置設置施設を挙げておきます。

>純酸素加圧方式/空気加圧下の酸素吸入方式の別でご紹介いただければ幸いです。
とありましたが、下記のほとんどは純酸素加圧方式(1人用)と思われます。
空気加圧式の大型装置は(推測ですが)大学病院レベルにしか無いはずです。

大阪府)「大阪大学付属病院」「大阪労災病院」「医療法人脳神経外科 日本橋病院」
「イツミ内科医院」「医療法人 医誠会 医誠会病院」
兵庫県)「兵庫医科大学病院」「医療法人財団 樹徳会 上ヶ原病院」
「脳神経外科 枚田クリニック」「社会保険神戸中央病院」「二見病院」「高橋病院」

またこれらの施設の全てが現在も稼動状態かどうかは分かりかねますので、その点はご了承ください。
また前回の回答でも述べました通り、
定められた適応疾患以外でも受け入れてくれるかどうかは、病院の方針(医師の方針)によります。
病院に直接問い合わせ・または診察を願うよりは、
現在の症状の程度をよく知る主治医やかかりつけ医から紹介状を書いてもらう事が、
一番スムーズな方法ではないかと思います。

選択肢の一つとしてご検討ください。
症状が軽快しますこと、お祈りしております。
   

二度目の回答です。

民間の酸素カプセルについてお教えいただき、ありがとうございました。
やはり医療用の装置に比べ、圧と酸素濃度が低めに作られているようですね。
リラクゼーション効果として考えるなら、このくらいの装置のほうが向くのかもしれません。
医療用のほうは(私自身も経験しましたが)慣れないとかなり耳に違和感を感じます。

下記に、私の知る範囲での大阪・兵庫県下の高気圧酸素治療装置設置施設を挙げておきます。

>純酸素加圧方式/空気加圧下の酸素吸入方式の別でご紹介いた...続きを読む

Q交通事故の怪我の治療で過失割合が45対55の場合

どなたか、お詳しい方、教えて頂けますでしょうか?
お願いします。

去年、交通事故に遭ってしまい、怪我で11日間入院し、現在も通院で治療中です。
医師には後遺症が残ると言われていますが、頑張って治したいと思い、
リハビリを続けています。

こちらは原付バイクで相手は軽自動車、
過失割合はこちら55対相手45になり、物損に限り、示談書を交わしました。
この過失割合は保険会社同士で話し合いの結果決まりました。

物損は上記の過失割合で納得したのですが、怪我の治療について
こちらの保険が家族のファミリーバイク特約で、自身の怪我の治療費は出ないタイプでした。
相手の方は幸い無傷でした。

ここからが本題です。
現在、相手の自賠責保険を使わせてもらい治療を続けているのですが、
病院に支払った金額はすでに120万円を突破しており、現状200万円に到達しています。

相手の保険会社はSB1損保なのですが、過失割合が50対50以上でないと
怪我の治療費は一銭も払わないと言われました。

そのようなことが許されるのでしょうか?

私は事故についてはお互いの不注意であると思っているので起きてしまったことは
仕方がないと思い、事故の相手がこれまで一度も私のところにお見舞いに来なかったことも
相手の保険会社の対応が非常に悪くても我慢して来ました。が、SB1損保には連絡もして来ない上に
50対50でないと治療費は払わないと言われ、本来持つべきでない憎しみが湧いて来てしまって
仕方がありません。

任意保険会社は50対50以上でないと被害者に対して治療費を出さないことが許されているのでしょうか?

どうか、どなたか、お知恵を分けて頂けないでしょうか。

宜しくお願い致します。

どなたか、お詳しい方、教えて頂けますでしょうか?
お願いします。

去年、交通事故に遭ってしまい、怪我で11日間入院し、現在も通院で治療中です。
医師には後遺症が残ると言われていますが、頑張って治したいと思い、
リハビリを続けています。

こちらは原付バイクで相手は軽自動車、
過失割合はこちら55対相手45になり、物損に限り、示談書を交わしました。
この過失割合は保険会社同士で話し合いの結果決まりました。

物損は上記の過失割合で納得したのですが、怪我の治療について
こちらの保険が家族のフ...続きを読む

Aベストアンサー

50対50以上でないと治療費を出さないのではなくて、50対50以上でないと任意保険対応をしないのです。
つまり、加害者側の過失が50%未満の場合は、積極的には任意保険会社が動かないということで、これは損保会社共通のルールになっています。

何故なら、任意保険は自賠責保険と違って過失相殺をするからです。
たとえば50対50の場合ですと、治療費などの総額が240万円を超えてはじめて任意保険の出番となりますので(240万円×50%=120万円←自賠責保険の枠)、ほとんどの場合自賠責保険の枠内に収まるということと、病院から請求されるままに保険会社が支払いを続けると、払いすぎになるケースが生じるからです。(最終過失相殺しないといけませんので)

質問者さんの場合は、治療費などの総額から55%分が過失相殺されて支払われることになります。
逆算すると、治療費などの総額が約267万円以上にならないと任意保険の出番がないということになります。
もちろん、これ以上の金額になれば任意保険からは支払われます。ただし、過失相殺されますので大した金額にはなりませんが・・・。
※任意保険の過失相殺は、自賠責保険の枠120万円を上回った分に対してではなく、全体に対して行われます。

あと、治療費がかなり高額になっていますが、健康保険は使われていますか?
交通事故でも健康保険は使えますので、使わないと損です。

50対50以上でないと治療費を出さないのではなくて、50対50以上でないと任意保険対応をしないのです。
つまり、加害者側の過失が50%未満の場合は、積極的には任意保険会社が動かないということで、これは損保会社共通のルールになっています。

何故なら、任意保険は自賠責保険と違って過失相殺をするからです。
たとえば50対50の場合ですと、治療費などの総額が240万円を超えてはじめて任意保険の出番となりますので(240万円×50%=120万円←自賠責保険の枠)、ほとんどの場合自賠責保険の枠内に収まるということと...続きを読む

Q酸素カプセル

酸素カプセル

意見、感想を聞かせてください。
酸素カプセルを利用したことのあるかた何でも
いいので聞かせて下さい。

Aベストアンサー

疲れがヒドイと頭痛がするのですが、薬と違って自然な感じで治りました。
中で少し寝たせいかもしれませんが、かなり疲れが取れた感じがあります。
ただし、駅のホームの椅子に座って寝てもスッキリするので酸素のせいかどうかは?

豆知識ですが、酸素カプセルを置いている整形外科では怪我の治療なら保険適用をしてもらえるので、
続けて行う予定があるなら、古傷が痛むと申告して酸素カプセルを利用すれば安く済みます。

Q大腿骨骨頭頚部骨折

85歳の母が今日、転倒し大腿骨骨頭頚部骨折で個人病院に入院しました。ただ、手術が立て込んでるとのことで、主治医に会えるのも一週間後ぐらいで、オペに至ってはその後に当然なりそうです。手術は骨折後直ぐにしなくてもいいのでしょうか。老人の骨折は手術を早くして、早くリハビリを開始した方がいいと聞いたことがあるのですが。
現在海外で明日にも帰国するつもりですが、その前に情報をいただければ助かります。
場合によっては直ぐに転院先を探す必要があるかもしれません。

Aベストアンサー

准ですが看護師です。
状況がいまいち飲み込めていませんが、リハビリは早いほうが良いのは確かです。
廃用症候群などになる可能性もありますし、褥瘡の可能性も、QOL(生活の質)やADL(日常生活動作)の低下、場合によっては認知機能の低下も充分に考えられます。

ですが、緊急を本当に要するのであれば手術は即時行われています。
この点で、緊急性は高くないと判断されているのでしょう。
また、重要な点ですが高齢者(特に女性)は骨の癒合率が非常に低いです。
カルシウムの吸収率も低いですし、恐らく骨は結構スカスカの状態だと考えられます。
となると、骨同士をくっつける手術を選ぶよりは大腿骨頭の置換術という手術を選ぶと思われます。
御存知かも知れませんが、骨であった物を金属に置き換える手術です。
レントゲンも見ていないし、骨折の程度も分かりませんので経験でしか話せませんが。
この可能性が高い理由としては、骨同士をプレートやビスで留めたりしても、スカスカの骨では強度が足りません。
と言うことは、些細なことでまた折れる可能性が高いのです。
となると、折れた部分自体を入れ替えて頑丈にした方が、次に折れにくくなります(脱臼がややしやすくなるデメリットなどもあるのですが)。
なので、それを念頭に置いているからかも知れません。
置換術でなくプレート固定などで行けると判断されてる場合であっても、癒合が遅い=回復も遅い、だから急がなくても良い、こう判断されている可能性があります。

ですが。
これはどこの病院でもよくある話です。
私が以前いた病院は、一ヶ月近く待って手術(置換術)を受けたという方もいました。
また、結局置換術も回復も見込めない(要は、体力が持たない)からと言うことで簡単につなぎ合わせてそのまま退院された方もいました(車椅子生活になりましたが)。
ですから、決して無下に扱っているわけではないと考えられます。

まぁ、疑問としてはその個人病院の規模と医者の人数、そして地域の評判ですね。

細々としたところを言いますが(長くて済みません)。
医者との面接は一週間後であっても、回診はあるはずですし、看護師が看護記録や医者からの指示簿を持っているはずです。
電話では個人情報のため答えてくれることはありませんが(いくらでも偽れますので)、出向いて看護師に直接聞いてみるのが良いかもしれません。
今後の方針とか、本人の言葉とか、色々な情報が詰まっていますから。
それは身内であれば申請すれば見られます、開示義務がありますから。
それで見せようとしないのであれば、転院した方が良いです。
見せていただけたら、存分に質問した方が良いですよ(看護師では分からないこともありますが、内線で確認してくれることもありますから)。

回復を祈ります。
済みません、私の考えしか話せなくって。

准ですが看護師です。
状況がいまいち飲み込めていませんが、リハビリは早いほうが良いのは確かです。
廃用症候群などになる可能性もありますし、褥瘡の可能性も、QOL(生活の質)やADL(日常生活動作)の低下、場合によっては認知機能の低下も充分に考えられます。

ですが、緊急を本当に要するのであれば手術は即時行われています。
この点で、緊急性は高くないと判断されているのでしょう。
また、重要な点ですが高齢者(特に女性)は骨の癒合率が非常に低いです。
カルシウムの吸収率も低いですし、恐らく骨は結構ス...続きを読む

Q高気圧高濃度酸素カプセルについて

酸素カプセルについて質問をしたいのですが、私はマッサージ店をしていまして、酸素カプセル(ハード型)を導入しようかどうか迷っているのですが、導入されておられる方で、実際に集客の効果(リピート率)はあるのでしょうか?
また、酸素カプセルを利用された事のある方はその効果などは(体験の予約を取りましたのでもう少ししたら体験できるのですが・・。)実感できますか?(1回で、もしくは何回か入らないと効果は実感できないとか・・。)

メリットは、色々なホームページを見てわかるのですが、耳が少し痛む以外に何かデメリットはありますか?(設置をしている店舗が少ないような気がするので・・・)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かなり効果が有ります。
近くにあれば、週1程度で使用したいです。

もっとも、病院で本格的なのを時々使わせてもらっているが、それと比べると雲泥の差ですが。

Qお骨を違う骨壷に移し変えたい

今月の初め、父が亡くなりました。とある会館で葬儀を執り行い、
そちらで用意された骨壷にお骨を納めました。
しかしつい先日、遺品を整理していると父の書いた原稿が出てきて、
そこに「●●の壷を終の棲家として骨壷にしたい」といったことが
書かれてありました。骨董品の収集が趣味であり、各地に出かけ
ては好みの品を買い集めていた父が特に気に入っていたものでした。

できれば遺志を尊重して父が指定した壷を骨壷としたいのですが、
遺族とはいえ勝手にお骨を移し変えるのはやはりよくないことなの
でしょうか。
アドバイスいただければ嬉しく思います。よろしくお願い申し上げ
ます。

Aベストアンサー

特別なことは必要ありません

生身の体を動かすと思って丁寧に移せば大丈夫です

頭蓋骨等を上に置くので、お盆等を用意して、きれいな紙か布を敷き、主要な骨はそこに仮置きすると順調に行くと思います

生きていると思って言葉をかけながら行えば万全でしょう

お父様ですから、多少の手違いはあっても許してくれると思います


人気Q&Aランキング