ちょっと変な質問です(カテゴリはここでいいのか不安ですが・・・)。
初夏から真夏にかけて、北東北では側溝(どぶ)などでミミズの投身自殺(?)が多く見受けられます。
なにしろ、側溝のそこが「どざえもん」になったミミズで白っぽくなるほどです。
側溝にたどり着く前に力尽き、アスファルトの上で干からびてたりもします。
そんな現象も東北だけかなーなんて思ってたんですが、千葉に転勤してきたら、結構道路の上でミミズが干からびています。側溝が露出していないために、ミミズの投身自殺が目に付かなかっただけのようです。
もしかして、日本全国(あるいはミミズが生息する全世界)で、この現象を見ることができるんでしょうか?
なぜ、ミミズはこのような行動をするのでしょう?
そしていつミミズは投身自殺を実行しているんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こちらは和歌山県ですが、ミミズの干からびた死骸や側溝で白くなっている死骸はよく見かけました。


過去形で書いたのは、最近では舗装と溝蓋が整備されて、見かけないようになったからです。
特に雨上がりに多く見受けられたので、私見として浅い土中が雨水で飽和状態になりおぼれるのを恐れたミミズが表面に出てきて帰れないままに右往左往して死んでしまった、と言うのが真相ではないかなどと考えました。
ミミズだけでなくナメクジも雨上がりには良く出てきますね。
彼らも極たまに舗装の上で黒く干からびて死んでいます。
土中でのミミズ(生き物)のテリトリーの問題もあるのではないでしょうか。
恐らくは、生存競争の結果ではないかと思われます。
増えすぎた同種生物は淘汰されるのが原則でしょうね。
ああいった死骸も他の生物の餌となるので必要なものかもしれませんね。
以上、勝手な想像でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
御礼が遅くなってしまって申し訳ありません。
参考になりました。
私としては、やたらと暑い日に多く見かけたので、暑くなると増えるのかなぁと思っていました。でも、考えてみると、雨の日はあまり外に出ないし、雨の後の晴れの日ってたいがい蒸し暑かったので、「やたらと暑い日に多く見かけた」と記憶したのかもしれません。

お礼日時:2001/06/13 14:31

私が聞いた理由では、雨に空気中の二酸化炭素や窒素酸化物が溶けた酸性の水がミミズを苦しめるという事です。


土の中に染み込んだ酸性雨から逃れようとして地表に出てもミミズに逃げ場はありません。何か悲しい・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
酸性雨が関係あるんですか?
なんか、ミミズさんに申し訳なくなってきました。

お礼日時:2001/06/13 14:39

それが見られるのは大体雨のあとじゃありませんか?



間が降ってミミズがいる穴に雨水が入ると、ミミズが呼吸ができなくなって穴から地表に出てくるんですが、その時、穴が見つからずに、誤って側溝に落ちたりアスファルトの上に出て、ひからびて死ぬなんてことが起こるんだそうです。

参考:平凡社世界大百科事典
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
参考になりました。
平凡社の百科事典に書いてあったんですね。
実家にあります(お世話になったなぁ)。実家にいたころは、ミミズの投身自殺を不思議に思いながらも、このことに関しては百科事典を手に取ることはありませんでした(書いていないと思い込んでいたんです。しっかり記述があったとは・・・恐るべし平凡社世界大百科事典!!!)。
今は、手元にないので、OKWebで皆様に質問させていただいた次第です。

お礼日時:2001/06/13 14:37

どこで教わったか覚えていないのですが小さい時、夏になって土の中がみみず的に暑くなって逃げているうちに土の中より暑いアスファルトの上に出てしまって逃げ切れなくて死んじゃうって聞きました。



東京の多摩地区の方で勤めている時、通り道に高架になっている高速道路横の緑地があって、暑くなるといっぱいダイブして渦巻きになって干からびているのがいました。
そこは高い所にしか土がないので落ちたのはみんな死亡です。
生きているミミズは平気なのですが、結構怖かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答、ありがとうございます。
お礼が遅くなって、申し訳ありません。
結構、集団で死体が転がっているとミミズといえども、怖いですよね(あ。いや、ミミズも同じ生き物なんですけどね)

お礼日時:2001/06/13 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオイルショック時代のような節電が見受けられないわけ

現在では、店舗では24時間営業も珍しくなくなり、テレビも深夜・早朝はもちろん、フィラーで24時間放送を行う局も珍しくありません。
しかし、オイルショック時代は店舗の繰上げ閉店、ネオンサインの節電消灯、テレビの深夜放送取り止めといった事例が見受けられました。

現在では地球温暖化が叫ばれ、石油価格も上昇しているだけに、オイルショック時代並みの節電を行う必要があるのではと思います。
もちろん現在はオイルショック時代と変わった部分もたくさんありますので、オイルショック時代と全く同じにやれば悪影響は必至ですが、ネオンを消す時間を早める、閉店時刻を早めて節電するなどは今でもできそうです。テレビも、オイルショック時代と全く同じにするのは無理でも、24時間放送取りやめや深夜・早朝番組の縮小ぐらいは、できるのではと思います。
なぜ、オイルショック時代のような節電は、今はしていないのでしょうか?

Aベストアンサー

原油価格高騰は確かですがそれほど逼迫していないからだと私は考えています。
オイルショックは第四次中東戦争とイラン革命が原因でした。直接的に石油の生産量や流通量が激減した訳です。
今回の高騰は需要拡大に供給量の増加が追いつかないことで想定されていた高騰です。
また、価格の問題ですがニュースで言っている世界指標のニューヨーク商取引所の価格が60ドルでも日本が輸入するのはドバイ石油が指標になっているので60ドルより安いわけです。
日本の大手石油は代替エネルギーの開発で数年のスパンではなく、十年単位では価格が下がるとも言っています。
日本のエネルギーの石油依存度もオイルショック当時の8割から5割以下まで低下していますし、物価を考えると二次ショック当時のガソリン175円は現在の220円相当だと言われていますので125円ではかなり安いとも言えます。
以上のような事で逼迫感が無いわけです。
むしろ怖いのは石油価格が直撃する中国経済やインド経済などの影響で日本からの輸出に影響し日本経済が打撃を受けることです。

Q近所の小川(どぶ川?)の水質汚染

我が家のすぐ近くに小川(どぶ川?大きい側溝?)があります。そこの水が汚く,ヘドロのようなものもたまっており,臭いです。蚊も大発生です。近所の子どももそこで遊ぶようなことは絶対にありません。

どうにかしたいのですが,何か私にできる良い対策法はありませんでしょうか。少しでも小川をきれいにしたいのです。

・ 市役所にはお願いをしてもなかなか何もしてくれません。
・ 市は下水道が完備でなく,簡易汚水処理の施設が我が家にはあります。その他の家はよくわかりません。
・ 臭い小川はコンクリートで側面が固められています。
・ 水面には油(?)が浮いており,ジャンボタニシとぼうふらがたっくさんいます。

めだかが泳ぐ,とまでは言いませんが,臭くないふつうの川にしたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お住まいの地域で、環境を取り扱っている大学はありませんか?
地域に根付いた研究活動をやっていれば、相談にのってくれると思います。

私の大学では、近くの川で研究として川の浄化をしている研究室があります。
研究目的・費用の問題などがあるのでそういったことは無理かもしれませんが、相談するだけでだいぶ違うと思います。

自治会・市民団体・学生 など、水質浄化の活動をしている人達はどこかに必ずいるはずです。
知人や、町内会の方々に声をかけ署名を集めてみたり、また集まった人々で話し合いなどを開いてみたらどうでしょうか?
関心のある人がいなければ難しいかもしれませんが・・・^_^;

参照先の水耕栽培ならネットで作り方などあるかもしれません。
一人でやるのはちょっと大変そうですね。

参考URL:http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20050928&j=0048&k=200509281777

Q春から初夏にかけて落葉する木(常緑広葉樹)について

シイ・カシ・クスなどの常緑広葉樹は、春から初夏にかけて
新葉と交代に旧葉が落ちるのだと聞きました。
これらの落ち葉は、秋の落ち葉のようにある程度枯れ、褐色に
色付いた状態で落ちるのでしょうか。
それとも常盤木の名に逆らわず、あくまで緑味を帯びたままの
状態なのでしょうか?
御存知の方がおられましたら、御教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

うちの周りに「棒ガシ」が植えてありますが、毎年、今頃の時期になるといっせいに葉を落とします。色は一応薄茶色なのですが、うまくいえないけどちょっと秋に落ちる落ち葉とは違う感じ・・・です。
もともと分厚い葉ですが、落ちても水分が抜けきれていない感じがします。
あとはわずかに赤みを帯びた若葉が枝から萌え出ます。

落ちた葉は色こそ褐色ですが、質感は緑の時に近い、というのが答えになるでしょうか?

Qミミズの鳴き声

みみずは、鳴くのですか。教えて下さい。

Aベストアンサー

このサイトによると、ヂーと鳴くそうです。
多分、その声も聞けると思うので聞いてみて下さい。
http://www02.geocities.co.jp/Technopolis/1301/mimizu/mimizu06.htm

でも、一般的には鳴かないとされているそうです。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=64892

参考URL:http://www02.geocities.co.jp/Technopolis/1301/mimizu/mimizu06.htm

Qミミズはどうして・・・・

この季節になるとミミズが道端で干からびているあまりにも可愛そうな姿が
よく見かけられますが、
あれってなんなんでしょうね。
ミミズ君はどうして熱いアスファルトの地面をわざわざ横断しようとするんでしょうか?
ほとんどが途中で力尽きてしまうのを知らないにしても・・・。
熱い地面に出て何で引き返さないんでしょうか。
そもそもミミズって雨が降りそうになると地上に出てくるんですよね?
でもこのごろは(私の住んでいるところは)雨なんて全然降らないし・・・。
もしかしてじめじめしてるから?でしょうか。
知っている方・・・いらっしゃいましたら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

本当の理由はミミズにしか分からないのですが、一般にはミミズが
移動するのは、雨で住みかが侵されたときか、季節が変って太陽の位置が変り直射日光を浴びて地中の温度が上がったり、土が乾燥した時と考えられています。ミミズは土を口から取り込み、土に含まれる栄養を取り入れているので、どちらのケースも生存を脅かされるわけです。畑を離れると回りはコンクリートやアスファルト張りの道路などで死ぬ危険率が高いのですが、引き返しても距離が長すぎたり(夜明けに這い出しても途中で陽が高くなるとか)道路と畑の間に凹凸があって超えられない場合もあります。ほとんどの場合は引き返す判断をする前に温度が高くなり死亡するものと思われます。防護策としては、ミミズの住む畑に草やゴザ、堆肥などを入れ日陰をつくって上げることです。でも水害は避けられませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報