仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

経営・マーケティング方面の卒論を書きたいのですが、テーマがいまいち決まらずにいます。残り半年間しかないことも考えて、出来るだけ既存のデータ、資料を用いて作成したいです。
ご知恵のある方アドバイスの程お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問内容が、漠然としすぎです。


それに、やはり、回答者#1さんと同じで、ズルを考えている人に加担するのは、良心呵責を感じます。


>出来るだけ既存のデータ、資料を用いて
既存データや資料が何を指すのかが分かりません。

データとは、
過去の授業で集めたアンケートデータですか?
あるいは、官庁が発表している統計データですか?

資料とは、
読み込んだ論文・論文集ですか?
過去に課された課題の際にWebからダウンロードした資料等ですか?
指導教官・授業担当教官指定の教科書ですか?


>テーマがいまいち決まらずにいます
”いまいち”という事ならば、複数の候補があるわけですよね。
指導教官と話し合うのが、正攻法だし、常識的だと思います。


>ご知恵のある方アドバイスの程お願いします。
私には、知恵というほどのものはありません。

ただし、自分ならば、この分野で選ぶであろうテーマが二つあります。

一つ目は、
「第2(発泡酒)、第3のビールは、ビールメーカーの経営全体を改善させたのか?それとも、悪化させたのか?」


二つ目は、
「多種多様化するヨーグルトは、(商品開発別・経営戦略別に)どのように消費者に受け入れられてきたのか?」

の二つです。


スーパーマーケットの各売り場に行けば分かりますが、上記の二つは、本当に多種多様な商品が売られています。(ビール類の計画的陳腐化は、頻繁に行われています。)。それらの特徴を、精査し、なおかつ、商品の変遷を時系列で表せれば、そこそこのレポートは書けます。(ビールメーカーの寡占状態に言及した新聞記事は、大量にあります。大学図書館で検索してみてください。また、ビールメーカーの財務諸表もネットで入手できるはずです。)


それなりのレポートで骨が作れたならば、後は、指導教官に相談しに行って、肉付けの充実をはかれば済みます。


マーケティングが専攻の学生さんならば、とにかく、「売り場」から何かを着想されるといいと思いますよ。
    • good
    • 0

それを考えるのも卒論の内なので、指導教官とよく相談して決めてください。



「手抜きしたいので協力して!」ってことですよね、解ります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒論のネタ探し

 卒論のネタを探しています。流通、マーケティングに関することでテーマを絞りたいのですが、何か不思議だと思うこと、疑問などがあれば参考にしたいので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、卒論のネタは想像以上に転がっているものです。
フィールドワークをやりたいなら
「出店戦略の比較」などはどうですか。同じコンビニエンスストアでも立地の着眼点は異なります。
デスクワーク派なら
「大手量販店の販売管理比率に見る経営戦略の差」
「小売業の構造的変化(商店街の消長とナショナルチェーンの消長)」なども面白いよ。
外資系流通業の研究なんてのはどうですか?
話題の西友+ウォルマート、コストコ、メトロ、トイザラスなどなどの戦略比較。
WR率の変化からみる流通構造の変革も面白いしね。
あとITやSCMに目を向けるのも面白い。
これは取材型の研究になるかな。
とりあえずこの程度にしておきましょう。
がんばってね。

Q卒論のテーマが決められない・・

 最近(去年から)、卒論のことで頭がいっぱいで、周りのことを考えられません。
昔から人と接する時は、反射的に笑顔になるのですが、友達・彼氏に会っても空元気で、

「卒論進んでる?」「さっさと適当に書いちゃえばいいんだよ」とか、
「卒論でお前は、いったい何がやりたいんだ?」など、

卒論の話題を聞かれると、意識しても笑えなくなり、気を落としてしまい、
周りに気を遣わせてしまいます。

それと、些細なことでも傷ついてしまいます。

父に電話で、「卒論はどうだ?」と聞かれて、「2ヶ月考えて、新しく決めたテーマも、先生と話し合って、変えないといけなくなった」と伝えて、「え?何、じゃあまた振り出し?」と言われただけで、涙が出てきてしまいます。

母は、私の弱気な発言に嫌気がさしていて、留年してからは、聞いてもくれません。

去年は、教育実習、介護体験、就活、卒論などで、精神的に参っていて、卒論が進まない不安・焦りで不眠、過眠、無気力、そしてまた焦りの繰り返しで、咳払いがとまらず、普段はおとなしめの性格なのに、大声で怒ったり泣いたりと、おかしな状態でした。

そんな状態だったので、卒論が完成できるか不安で、「後期休学したい」と言ったのですが、親や教務課の人からは「逃げない方がいい」と反対され、卒論を続けましたが、テーマもあやふやで決められず、今年の3月に、留年してしまいました。

留年してから、テーマを変えてやり直すことに決め、また図書館に頻繁に通って、「論文とは?」という基本的なところから勉強し直しました。
先生から、学術論文をたくさん読め、と言われ、今まで50本くらいは読んだのですが、それなのにテーマが決められません。


前、よく知らない教務課の人に、

「そんな性格だから、卒論のテーマも決められないんだ。」
「やっても、出せないのが一番最悪だよ。」

と言われ、
去年、4ヶ月毎日のように図書館に通って必死でやろうとしていたのに、何も知らない人に、簡単にそう言われて、悔しくて泣いてしまい、過呼吸になりました。

しかし、最近は、こんなにもテーマが決められなくて、教務課の人に言われたように、自分はダメな性格なんだ・・・と落ち込んでしまいます。

親に授業料を払ってもらっているので、やらなければ!!と思うのですが、やらなければ!!と思うと、余計自分が何をやりたいのかが見えないです。。。

前期の卒論提出まで、3ヶ月を切っているのに、テーマが決らず、絶望的です。
うちのゼミでは、調査をしなければならないので、半ば、前期卒業を諦めてしまっています・・・

何が言いたいのか、わからない長文文章になってしまいましたが、

どうしたらいいのかわかりません・・・・何かアドバイスをお願いします!!(>_<)

 最近(去年から)、卒論のことで頭がいっぱいで、周りのことを考えられません。
昔から人と接する時は、反射的に笑顔になるのですが、友達・彼氏に会っても空元気で、

「卒論進んでる?」「さっさと適当に書いちゃえばいいんだよ」とか、
「卒論でお前は、いったい何がやりたいんだ?」など、

卒論の話題を聞かれると、意識しても笑えなくなり、気を落としてしまい、
周りに気を遣わせてしまいます。

それと、些細なことでも傷ついてしまいます。

父に電話で、「卒論はどうだ?」と聞かれて、「...続きを読む

Aベストアンサー

 教務課の人が何を言おうと、研究する苦労はまじめに研究しようとする人にしかわからないと思います。ご両親がその辺を理解できないのも、ある意味仕方ない面があるのかもしれません。

 とはいえ、何とか気持ちが楽になるアドバイスを、と考えさせていただきました。(調査という言葉から、文系の研究室をイメージしています)

○テーマ(というか「問い」)が、よい論文かどうか決める要素の7~8割を占めるので、そこで苦労しても不思議はない

○まじめに書こうとしすぎる人ほど書くのが難しくなる
 卒業さえできればよいとか、なるべく手抜きをして書こうとする人ほどあっさり論文を書いてしまったりします(質はともかく)。逆に、自分のやりたいことと完璧にマッチする、すばらしい水準のものを書こうとすると、それだけでプレッシャーだと思いますよ。
 自分に要求する水準を、少し下げてはいかがでしょうか。ひとまず制限ある時間と資源を使って、書けるものを書く、というふうに。あなたは大変まじめそうな方なので、そう思ってもいい加減な論文にはならないでしょう。

○テーマを選択する基準
 大きく分けると、(1)自分の興味関心が持てそうな分野から探す、(2)学問分野の流れのなかで、論点になっている部分から探す、ということでしょうか。これは自分に合いそうな方法を選ばれたらよいでしょう。

○卒論に求められる水準、許容範囲を把握する
 これは研究室によってかなり異なり、ひどいところでは2冊の本を混ぜながら写すだけで通ったりするので、先輩のものなどを見てみてください。
 ただ、基本的に卒論はほとんどの場合お蔵入りして日の目をみません。周りの人がいかに誇らしげに話を振ってきたところで、広い目で見れば所詮その程度です。あまり気にされないように。

 最後に、何をやるにしても体が資本ですから、健康に十分注意して作業してください。前期に卒業するメリットが絶大でなければ、多少余裕をもてる後期卒業でもいいのではないでしょうか。半年分の授業料くらい、働けばすぐに返せますよ。

 教務課の人が何を言おうと、研究する苦労はまじめに研究しようとする人にしかわからないと思います。ご両親がその辺を理解できないのも、ある意味仕方ない面があるのかもしれません。

 とはいえ、何とか気持ちが楽になるアドバイスを、と考えさせていただきました。(調査という言葉から、文系の研究室をイメージしています)

○テーマ(というか「問い」)が、よい論文かどうか決める要素の7~8割を占めるので、そこで苦労しても不思議はない

○まじめに書こうとしすぎる人ほど書くのが難しくなる
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報