きのう中間テストが終わり、テスト期間中ようやく押さえていた読書欲を満たしていこうと思っています!(変な日本語だ…)
気分を新たに!って感じで、今まで読んだことのない作家さんの本にも挑戦してみたいのです。
そこで、みなさんのおすすめの本(小説)教えてください。
ジャンルはほとんど何でも好きなのですが、女子高生の恋愛モノ(ちょっとヒネた考えを持った子の話)とかは少し苦手です;
でもおもしろければ挑戦してみたいです。
ちなみに、テスト前までは湯本香樹実さんや島田荘司さん、新井素子さんなどの本を読んでいました。

よろしくお願します。(*^v^*)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 SFが中心になってしまいますが・・・・



 「第6大陸」 少しだけ未来の日本の民間企業が月基地を作るお話です。夢もありますし、とても面白かったです。

 菅浩江さんの「永遠の森 博物館惑星」も、ちょっとノスタルジックな感じの中にも、ステキなお話が詰まっていました。

 既読かもしれませんが、茅田砂胡さんの作品はいかがですか?「レディ・ガンナー」のシリーズや「デルフィニア戦記」がお薦めです。

 多少、好みが分かれてしまうのですが、津守時生さんも面白いです。「喪神の碑」「カラワンギ・サーガラ」が、お薦めです。他の作品はかなり好みが分かれます。女性向け同人誌みたいな感じでも大丈夫であれば、「やさしい竜の殺し方」も面白いです。

 ライトミステリと言うことで、風見潤さんの作品もお薦めです。「幽霊事件」シリーズと、「京都探偵局」のシリーズが有名です。主人公は同じですが、「幽霊事件」は大学時代、「京都探偵局」は卒業後です。

 新本格派の作品に興味があれば、綾辻行人さんや太田忠司さんがお薦めです。綾辻行人さんは「館」シリーズが有名です。
 太田忠司さんは、もう少し取っつきやすく、「狩野少年」シリーズや「霞田兄妹」シリーズが出ています。狩野少年シリーズの主人公は、小学校6年生の少年です。霞田兄妹の方は。兄は、ライトノベル作家で、妹は少女漫画家です。どちらもとても読みやすいです。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
>SFが中心になってしまいますが・・・・
たぶんあまり既読数は多くないのですが、世界観に惹かれるものが多かったです。
このジャンル(SF)でどの作家さんから手をつけていいかわからなかったのでとても嬉しいです☆

>「第6大陸」 少しだけ未来の日本の民間企業が月基地を作るお話です。夢もありますし、とても面白かったです。
夢のあるおはなし大好きです!
後味の悪いものはちょっと苦手かな…考えさせられるおはなしっていうのは面白いのですが。

>菅浩江さんの「永遠の森 博物館惑星」も、ちょっとノスタルジックな感じの中にも、ステキなお話が詰まっていました。
タイトルからしてわたしの趣味にジャストミート!!な感じです!
おもしろそう~可愛いっぽそう~。
御紹介していただいた本、どれも興味がかきたてられるのですが、わたしがあと特に気になったのは、「狩野少年」シリーズです。
子供が主人公のおはなしが好きなので、ご紹介していただけてとても嬉しかったです。
全部にお返事できなくてスミマセン;

ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/27 23:56

新井素子さんを読んでいたというところから、作家さんをお一人推薦します。


北村薫さんです。覆面作家さんとして登場してから、その本の内容の素晴らしさ、新しさに驚いたものです。ありきたりのサスペンスではなく、日常生活から不思議が生まれてくるのに退屈な文章ではなく。
心ひきつけられる構成、言い回し、魅力ある登場人物。やさしいまなざしが感じられるのに、現代の矛盾や問題にも何気にその文体にまぎれていて面白いと思います。
お薦めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
わたしは読書の範囲があまり広くないのでみなさんに教えてもらってこれから勉強していこうと思います!
北村薫さん、お名前は聞いたことがあります。(こればっかりだ~…)

>ありきたりのサスペンスではなく、日常生活から不思議が生まれてくるのに退屈な文章ではなく。

こういうの大好きです。
さりげない感じっていうのかな…心にすっと入るような文章(頭にもあてはまるのですが;)が好きなので、北村薫さんもはまってしまいそうです。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/27 23:46

日本人じゃありませんし、かなりジャンルが違うようですが、


ディックフランシス
ジャックヒギンズ
パトリシアコーンウェル
って完全に自分の趣味ですけどね。
ワイルドスワンなんかも好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
色々な方のお薦めの本を知ることができて嬉しいです。(そして読むのが楽しみ!)
パトリシアコーンウェルさんは「検屍官」という本を書いていらっしゃる方でしたっけ?
まだ読んだことはないのですが、おもしろそうだな~と思ってました。
そのほかの人たちのお名前は初めて聞いたのですが(すみません全然詳しくないのです;)、順番に読んでいこうとおもいます。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/27 23:37

西尾維新の「戯言シリーズ」なんかどうでしょうか?


目が点になりますよ、おもしろくて。
好みは分かれるとは思いますが、ためしに読んでみてください。
できれば・・・とゆうか、是非。
ほんとに面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
西尾維新さん、一度聞いたことがあるような気がします。(思い出せない…)
「戯言シリーズ」読んでみようと思います!
シリーズものだいすきなので楽しみです。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/27 23:30

正直なところを言います。

島田荘司さん、新井素子さんは、、うすっぺらくて落ち込んだときに流し読んでいました。

おいくつかは判りませんが、夏目漱石、太宰治、森鴎外、ドストエフスキーなど・・・ここらへん全部読まれるのはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
色々な方の意見が聞けて嬉しいです。
やっぱり人それぞれ好みがありますね~(^v^)
ちなみにわたしはいま高校生です。
夏目漱石、太宰治さんの作品はいくつか読んだ事があります。
すごい新鮮に感じました。
森鴎外、ドストエフスキーさん等はお名前は聞いたことがあるのですが(有名な方たちですよね。)まだ読んだ事はないのでメモしときます!

ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/26 22:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q島田荘司さんの「ギリシャの犬」

「ギリシャの犬」のプロローグは、本編にかかっているのでしょうか?
関係あるのでしょうか?
判る方いらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しく御願します!!!!!!

Aベストアンサー

犯人の共犯のギリシャ人が、人質を入れるプラットフォームを作っていたところを、近くの子どもに見つかって追い払うシーンですね。
私は講談社文庫版を持っていますが、船宿の名前も出ていますし、屋形が固定されていないことや、タイヤなどが置いてあることが記述されていますので、間違いないでしょう。
ひょっとして、そういうことを聞きたいのではありませんでしたか?

Q新井素子さんの作品を、探しています。

新井素子さんの作品を、探しています。

新井素子さんの作品で、印象に残っている言葉があります。
内容はうろ覚えなのですが。。。。

小説は自分(=作家)や読者のためではなく、
キャラクターという曖昧な存在の幸せのために書く……

というようなものでした。
もしかしたら「あとがき」とか「エッセイ」だったかも……
どの作品に載っているのか、ご存じの方はいらっしゃいますか?
どうぞ教えてください!

Aベストアンサー

「・・・・・絶句」ではないですか?作中のヒロイン新井素子の言葉だったりして...

Q乙一さん・村山由佳さん・山田詠美さんの本

最近本が好きになってきた18歳・女です☆

乙一さん・村山由佳さん・山田詠美さんの本で、おすすめのものを教えて下さい!

ちなみに、乙一さんの本の中ですでに読んだものは
 ○未来予報
 ○手を握る泥棒の物語
 ○平面いぬ。
 ○BLUE
 ○はじめ
 ○石ノ目
 ○はじめ
 ○失はれた物語
です。
山田詠美さんの「A2Z」は今読んでいる途中です。

上記以外のものでお願いします!
 

Aベストアンサー

山田詠美さんについてのみお答えしますね☆乙一さん読んだことないし、村山由佳さんはおいしいコーヒーの入れ方シリーズしか読んだことないのでf^_^;

●僕は勉強ができない…私が読書好きになるきっかけとなった本なので、ぜひ読んでみてください☆勉強はできないけど女にモテる17歳の高校生、時田秀美くんが学校で窮屈さを感じながら成長していく話です。ma_riさんが今読んでらっしゃるA2Zの主人公の夏美さんの会社の先輩である時田仁子さんの息子さんのお話です。もちろん仁子さんも出てきます♪
●放課後の音符(キイノート)…女子高生の8編の恋のお話です。私がこれを読んだのは、あなたと同じ18歳だったのですが、もっと早く出会いたかった本でした!毎回恋の主役となる女の子は違うんだけど、8編通して語り手となっている女の子が、まわりにいる素敵な女の子を見て成長していくのが素敵です。
●ベッドタイムアイズ…やっぱり山田詠美さんを語る上で欠かせない一冊です。読む前は母から「」いやらしい本って言われてたんですが、すごく純粋な感じがして最後は号泣しました。私の友達に貸したら4回読んで3回泣いたらしいです(笑)
●ANIMAL LOGIC…↑の友達に借りて読んだのですが、色んなこと(黒人についてとか)を考えさせられました。これも泣いちゃいました。結構長いので、登場人物の名前を覚えているのが大変なのですがf^_^;

以上、一応4冊挙げてみました☆他の作品もオススメなのでぜひぜひ読んでみてくださいね♪

山田詠美さんについてのみお答えしますね☆乙一さん読んだことないし、村山由佳さんはおいしいコーヒーの入れ方シリーズしか読んだことないのでf^_^;

●僕は勉強ができない…私が読書好きになるきっかけとなった本なので、ぜひ読んでみてください☆勉強はできないけど女にモテる17歳の高校生、時田秀美くんが学校で窮屈さを感じながら成長していく話です。ma_riさんが今読んでらっしゃるA2Zの主人公の夏美さんの会社の先輩である時田仁子さんの息子さんのお話です。もちろん仁子さんも出てきます♪
●放課後の音符...続きを読む

Qいぜん読んだ本探してます。外国人作家の本です。

(1)作家は外国人。(2)テロかなんかで崩壊した建物。(3)主人公の女性A(平凡)が、偶然同じ建物にいた女性B(美人)と間違われて(ぶつかったかなんかして、カバンかなんかが入れ替わってしまったからかな?)、搬送された病院で火傷した顔をBさんの顔に整形されてしまう。(4)女性Bの家族が現れ、この時口が利けず体も不自由だったAさんは、Bさんと勘違いされて病院から屋敷に連れて行かれる。(5)怪我の状態は、顔や体が傷ついていて包帯だらけで自力で動けず、口も利けない。筆談するシーンも・・。(6)屋敷で食事や清潔など全ての世話をしてくれる青年は、Bさんのことが嫌いで嫌々お世話してたんだけど、Aさんと接するうちにだんだん惹かれあっていき悩む。(7)勘違いが露見し・・たのかな?あとは忘れちゃいました!
とっても読みたいよ~。ぜひぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お探しの本とぴったり合致はしませんが、かなり重なる小説があります。
NY生まれのウィリアム・アイリッシュ作「死者との結婚」です。
あまりにも有名なミステリ「幻の女」の作者ですね。私の好きな作家の一人です。
あらすじは以下のとおり。

男に捨てられた身重の女性Aが列車で同年代のB夫妻と知り合う。
AがB夫人の持ち物をたまたま身につけさせてもらったその時、列車が転覆事故を起こす。
B夫妻は亡くなるが、Aは持ち物からB夫人と間違われ、裕福なB氏の遺族に引き取られる。
身寄りのないAはお腹の子供のために、良心の呵責に悩まされつつも、真相を隠しB夫人として生きていこうとするが、Aの世話をする義理の弟(B氏の弟)は真実を知っているのか、辛くあたる。
しかし、いつしかお互い惹かれあい…

お探しの話しとかなり近いように思うのですがどうでしょう?
民放の2時間ドラマにもなって驚いたこともありますが。
以前はハヤカワミステリの文庫で読めました。図書館なら必ずあると思います。
この作品以外もアイリッシュは名作ぞろい。「暁の死線」が私のお気に入りです。

お探しの本とぴったり合致はしませんが、かなり重なる小説があります。
NY生まれのウィリアム・アイリッシュ作「死者との結婚」です。
あまりにも有名なミステリ「幻の女」の作者ですね。私の好きな作家の一人です。
あらすじは以下のとおり。

男に捨てられた身重の女性Aが列車で同年代のB夫妻と知り合う。
AがB夫人の持ち物をたまたま身につけさせてもらったその時、列車が転覆事故を起こす。
B夫妻は亡くなるが、Aは持ち物からB夫人と間違われ、裕福なB氏の遺族に引き取られる。
身寄りのないAはお腹の...続きを読む

Q村上龍さんの本でお薦めの本

小説ではなく、エッセイ等でお薦めの本があればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

○『すべての男は消耗品である』(角川文庫)
 美人は三日で飽きる」というのはブスの自殺を救うための嘘である・・・などタイトルを裏切らない過激な内容のエッセイ集である。良くも悪くもバブルの臭いが鼻につく。シリーズがあと何冊かあったと思う。

○『龍言飛語』(集英社文庫)
 「消耗品シリーズ」の反動か・・・ワイン、セックス、F1、自衛隊、サッカー・・・・何なんだこの自信は!!面白いです。

○『フィジカル・インテンシティ―日本サッカーが初めて世界に曝された』(光文社文庫)
 サッカーファン必読の書(?・・・もう古いか)。中田ヒデへの熱き思いは分かるが・・・ちょっと!

 村上龍の文章は小説でもエッセイでもすばらしいのである!! 小説の方がいいとは思うけれど。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報