何故、リスク回避で円が買われるのでしょうか?
特に、金利が大会わけじゃない。
むしろ、金利が低いからこそ、円を買うと言うこと自体が、損になるにもかかわらず。
この、リスク回避の円高は、何を求めているのでしょうか?
リスク回避と言いますが、回避先の円の方がキャリートレード的な部分からも、リスクが大きいような気がします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(Q)リスク回避の円高は、何を求めているのでしょうか?


(A)リスク回避で円高になっているのではなくて、
リスク回避の「ため」に他の通貨から円に切り替えているので、
必然的に円高になっているのです。

では、どうして、リスク回避のために円を買うのか?
ということを考えると、リスク回避とは何か?
ということです。
これは、FX取引のようなマネーゲームではなくて、
銀行預金のように現物を持っているのですよ。

例えば、質問者様が、1億USドルを持っているとします。
今、ウクライナ問題で、世情が不安定になっています。

最悪、戦争が起きて、国がなくなる=通貨が紙切れになる
ということを回避するためには、どうすれば良いか、
ということです。
つまり、その国の通貨を手放して、別の国の通貨に替えればよい
ということです。

なので、かつては、有事の米ドル買いと言われていました。
では、今、どうして米ドルを買わないのか?

それは、インフレを恐れてのことです。
万一、欧州で戦争が起きた時、米軍がそれに参加するとなると
まずは、戦費が必要です。
ですが、今の米国は、高額の戦費負担に耐えられません。
となると、国債を発行して、しのぐしかない。
そうすると、国債の価値が下がって、金利が上昇します。
つまり、インフレが起きる。
質問者様の持っている1億ドルがたちまち、
9千万ドル、8千万ドルの価値に下がってしまいます。
これでは困るので、とりあえず、どこかに回避したい。
ということを考えた時、円が候補にあがるのですよ。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答、本当にありがとうございました。
また、よろしくお願いします。

お礼日時:2014/08/13 18:12

簡単に言えば、戦争危機など経済に影響を及ぼす事象が発生した時に、今後確実に下落する資産(為替に限らず株、商品、債券。

。。)、あるいはその可能性のある資産については、とりあえず売却したいと思いますよね。 その時、売却した代金をどうするかということです。 一番影響を受けにくい資産で、とりあえず保有しようという流れが円やスイスフランに流れてくるわけです。 ただ戦争がはじまったら一般的に米ドル買いが優勢になるようですが、定説のようですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、本当にありがとうございました。
また、よろしくお願いします。

お礼日時:2014/08/13 18:12

それは明らかに間違っています。


「高金利通貨は長期的に下落していく」と言う為替の基本常識をご確認ください。
金利の高い通貨は長期のチャートで見ると大きく下落しています。

金利云々ではなくて、退避通貨としてJPY、CHFなどがあります。
何かあると、退避通貨として買われるって言う事は、それだけ周りの通貨が買えない状況(つまり、消去法でJPY、CHFへ)になるのです。
だから、JPY、CHFと言うのは消去法として買われています。

CHFはご存じのとおり、長期トレンドでは強くなってきた通貨として知られています。
CHFも金利が低いからで、金利の低い通貨は長期的には強くなっていきます。
金利が低いって事はそれだけ通貨の信頼があるって事の裏返しでもあります。
信用の無い通貨は金利を高くしなくては誰も買ってくれません。

外国為替とは、非常に高機能で、各国の経常収支差を調整する、金利差を調整して金儲けを難しくする機能などがあります。

最終的な判断は自己責任です、質問者様の方でも考えて慎重にご判断ください。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答、本当にありがとうございました。
また、よろしくお願いします。

お礼日時:2014/08/13 18:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円に内接する多角形の面積の公式

円に内接する多角形の面積の公式
円に内接する多角形の面積の公式

円に内接する三角形、四角形の面積を求める公式はありますが、(それぞれヘロン、ブラーマグプタの公式)
円に内接する多角形の面積を求める公式はあるのでしょうか。

あるとすれば、その公式の名前、あるいはその公式が載っているURLを教えてください。
ないとすれば、なぜないのか(つくることの不可能性)を知っていれば教えてください。
取り合えず、あるかないかだけでも教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

5角形以上でも各辺の長さが既知なら、外接円は決まると思いますよ。

外接円の半径が決まれば当然面積が決まります。

多角形の各辺の長さをa1,a2,・・・,an、
外接円の半径をr、
各辺に対応する中心角をθ1,θ2,・・・,θnとすると、
θ1+θ2+・・・+θn=2π
sin(θk/2)=(ak/2)/r、cos(θk/2)=√(r^2-(ak/2)^2)/r (k=1,2,・・・,n)
面積Sは、
S=Σ[k=1~n]ak*r*cos(θk/2)/2
=Σ[k=1~n]ak*√(r^2-(ak/2)^2)/2

問題は、rが求められるかどうかですが、
sin(θ1/2+θ2/2+・・・+θn/2)=0
を加法定理で分解し、
sin(θk/2)=(ak/2)/r、cos(θk/2)=√(r^2-(ak/2)^2)/r
を代入して、rに関する方程式にして解けばいいはずです。
でも5角形以上で解けるかどうかは難しいでしょうね。
数値解析で求めるなら可能ですが。

Q円買い・ドル買いのリスク回避

米雇用指標が予想比悪化したことからダウ平均が大幅下落すると、リスク回避的な円買い・ドル買いが行われることがあるとのことですが、なぜそんなことがおこるのでしょうか?


 1つは米の雇用統計が悪ければドルの価値は下がると考えられドルは売られるのではないでしょうか? なぜドル買いがリスク回避になるのでしょうか?例えば今この時に売ることは安く売ることになるのでそれを避けて高い時に売ろうということなのでしょうか?ただそれならば
今後ドルの価値が上がることを見越してのことになると思いますが、
もっとドルの価値が安くなればさらに負担が多くなりリスクも増えることにならないでしょうか?

 もう1つは米雇用指標が予想比悪化したことからダウ平均が大幅下落した時に、なぜ円買いがリスク回避になるのでしょうか?例えばそれは今後、相対的に円の価値が高まることが予想されるので今、円を買っているということなのでしょうか?
 もしそうであるなば、前段の話に戻るのならばドルは今売られるべきと考えられ矛盾してしまいます

始めの「米雇用指標が予想比悪化したことからダウ平均が大幅下落すると、リスク回避的な円買い・ドル買いが行われる」との説明はあるFX会社の配信のニュースを元に書いたものなので信頼は出来ると考えているので、理解できず困っています。

長文で申し訳ありませんが、よろしくお願いします

米雇用指標が予想比悪化したことからダウ平均が大幅下落すると、リスク回避的な円買い・ドル買いが行われることがあるとのことですが、なぜそんなことがおこるのでしょうか?


 1つは米の雇用統計が悪ければドルの価値は下がると考えられドルは売られるのではないでしょうか? なぜドル買いがリスク回避になるのでしょうか?例えば今この時に売ることは安く売ることになるのでそれを避けて高い時に売ろうということなのでしょうか?ただそれならば
今後ドルの価値が上がることを見越してのことになると思い...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。
一般的に言われている事としてお答えいたします。

その時の相場にもよるのでしょうが
今の相場ではリスク回避=円買い・ドル買いに
傾く様です。
この場合のドル買いとは円以外のユーロやポンド
高金利通貨に対してドルを買うと言うことです。
何故か・・・

世界の経済はアメリカを中心に動いています。
そして世界中の投資家は基軸通貨のドルを元手に
世界に投資しています。
つまりドルを他通貨に換えて運用している訳です。
その状態からリスクを回避して元のドルへと還流させるようです。

リスク回避のための円キャリートレード・ドルキャリートレードの
手じまいといった所でしょうか。
円もドルも超低金利ですからね。

円は全面高・ドルは円以外の通貨に対して全面高。

私自身、この説明には首を傾げたくなりますが
一般的には以上の様に説明されています。

Q円の面積について

ひもを使って円を作り、その面積を測るとします

1cmのひもを使って円を作るのと
2cmのひもを使って円を作るのと
・・・

このような形で紐の長さを1cmずつ長くしていくと
円の面積は一定で増えていくんですか

それとも100cm→101cmの紐の場合は

1cm→2cmの紐の時と比べて
面積が多めに増えるんですか

Aベストアンサー

円周は、2×円の半径×円周率
円周の長さをL、円の半径をr、円周率をπと書いて、
L=2πr
→r=L/(2π)

円の面積は、円の半径×円の半径×円周率
円の面積S=r×r×π=L^2/(4π)
となる。

LをL+1と長くすると、L^2と(L+1)^2=L^2+2L+1だから、
面積の差は(2L+1)/(4π)となって、元の円周の長さが大きいほど面積が大きく変化します。

Qリスク回避の円買い優勢

リスク回避の円買い優勢
というニュースが流れましたが、
この場合のリスク回避とは簡単に言うとどういうことですか???

Aベストアンサー

3大通貨

EUR,USD,JPY
今は
EUR,USD,GBP?になったかな。それでもまだ円は上位です。


ようするに

アメリカは特にダメ
欧州もダメ
残りはアジア。ってことで円!
中国元は規制が多く手が出せない。

ということです。

中国がよくなると、同じアジアってことで円買いになります。


少し前北朝鮮が、ミサイルの発射実験。
とかニュースが流れると、地形学的リスクということで円売りになりました。
別に着弾して被害が出たわけでもないのに。

Q円の面積について

直径80cmの円面積があるとして、円の下から8割の高さの面積を出すにはどうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

計算面倒くさいので他の回答者さんにお任せしますが、たぶん円の8割の高さ(64cm)で真横に線を引いた時の下側の面積という意味だと思いましたので、その内容で回答します。

解き方としては、中心から円周まで40cm(半径)と高さが24cmの直角三角形の面積。
ピタゴラスの定理で上の三角形の1辺の長さを求めて直角三角形の角度を三角関数から算出
高さ64cmのところに引ける中心からの扇形の面積が求められるはずなので、扇形の面積から三角形(×2)の面積を引けば2割の高さの部分の面積が求められるので円の面積から引けば計算終了

Qリスクゼロのスワップ金利?

初心者です。宜しくお願いします。

FXのブログやHPでよく紹介されているのですが、
リスクゼロでスワップ金利を得る方法とは本当でしょうか?

:::トレード方法:::

スワップ金利が異なる2つの業者を使用する。

スワップが高い業者で買いポジションを立てる
スワップが低い業者で売りポジションを立てる

両業者とも同じ値幅でSTOP注文をする

スワップの差額を得る

STOPにひっかかれば、プラスで決算した方の資金を移動

以上を繰り返す。

見入りは少ないのはわかるのですが、本当にリスクはゼロなのでしょうか?詳しい方教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

同値で決済するなら、為替差損はゼロですが、手数料分はマイナスです。手数料がかかる会社のほうが、スワップが高い傾向があることは、ご存知と思います。
なお、レバレッジは関係ないと思います。低いほど、長持ちはするでしょうが、ストップロスを入れてしまえば、レバレッジを調整する意味もなくなります。
リスクというか欠点は、資金効率が悪いと思われることです。

Q円の面積の重なり

円の面積について質問です。
得意なかた、ぜひ教えて下さい。

円を半径の1/6の距離、移動させます。
元の円と、移動後の円は、どれだけの面積が重なっていますか?

Aベストアンサー

もとの円を
x^2+y^2=r^2...(1)
とします。また中心を(1/6)rずらした円を
(x-r/6)^2+y^2=r^2...(2)
とします。(1),(2)を連立させた式で二円の交点が出ます。容易に判るように(1)-(2)から
x=r/12...(3)
半径の1/6をずらしたことからこれは自明です。重なり部分は交点を通るx=r/12の線に対して線対象の弧で囲まれた部分です。動かす前の円についてのx=r/12からx=rまでの面積の2倍と考えればよいことがわかります。
従って
I=2∫(r^2-x^2)^(1/2)dx...(4)
をだして、これを2倍すればよいと判ります。積分に2がかかっているのはx軸に対して上下の面積を合計するからです。
x=rsinθ...(5)
とすると
dx=rcosθdθ...(6)
であり、x=r/12→rに対してθ=arcsin1/12→arcsin1です。(4)の積分は、
I=2*r^2∫cos^2θdθ...(4)'
となり、cos^2θ=(cosθ+1)/2を使えば
I=r^2[(1/2)sin2θ+θ](θ=arcsin1/12→arcsin1)
=1.4043r^2...(4)''
これを2倍すれば求める面積ですから2.8086r^2となります。元の円の面積3.1416r^2の89.4%となります。

もとの円を
x^2+y^2=r^2...(1)
とします。また中心を(1/6)rずらした円を
(x-r/6)^2+y^2=r^2...(2)
とします。(1),(2)を連立させた式で二円の交点が出ます。容易に判るように(1)-(2)から
x=r/12...(3)
半径の1/6をずらしたことからこれは自明です。重なり部分は交点を通るx=r/12の線に対して線対象の弧で囲まれた部分です。動かす前の円についてのx=r/12からx=rまでの面積の2倍と考えればよいことがわかります。
従って
I=2∫(r^2-x^2)^(1/2)dx...(4)
をだして、これを2倍すればよいと判ります。積分に2...続きを読む

Qインフレリスクと政策金利

初めまして!どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

FOMCがFF金利、公定歩合を共に0.25%下げましたが、
FRBの声明文では、尚インフレリスクがある事を示唆しており、
インフレリスクより金利を大幅に下げられなかった経緯がありました。

しかしなぜ、インフレリスクが高まれば金利を上げる必要があるのでしょうか?

私としては、金利を上げれば物価が上昇し、さらにインフレを加速させてしまうように思えてしまいます…。

ぜひ、教えて頂けたらとぞんじますm(_ _)m

Aベストアンサー

世の中の経済活動は、モノ・サービスを、おカネを出して買う、という形で行われます。モノ・サービスと、おカネを比べて、前者が多くなればデフレ、後者が多くなればインフレになります。
インフレリスクがあるということは、後者(おカネ)が多く出回りすぎているということです。だから、金利を上げれば、企業などがおカネを借りるのを控え、世に出回るおカネが減り、インフレを抑えられるという理屈です。

Q円の面積 小学校で、どう教わりましたか?

昭和40年代に小学校へ入学して卒業した世代の者です

小学校で円の面積は次のように教わった記憶があります。

・円を中心から細かく分割する
・半径に添って切って、扇形のギザギザ状態にする
・それを二分割して、ギザギザを合わせてくっつける
・ギザギザを物凄く細かく細かくすると、長方形になる
・長方形の高さは、円の半径
・長方形の底辺は、円周の半分なので、直径×円周率(3.14)÷2
・円を長方形化したので、長方形の面積が円の面積
・長方形の面積は、底辺×高さなので、半径×直径×円周率(3.14)÷2
・直径÷2=半径なので、式を整理すると
※ 円の面積=半径×半径×円周率(3.14)

以上、こんな感じでした

小学生時代は何だかインチキ臭いなぁ(笑)と思いましたが、正確な数学的な円の面積は、高校生になって積分を教わるまで知りませんでしたが…

皆さんは、小学生時代に、どう教わりましたか?
年代も一緒に教えて頂けると幸いです

また、現代はどう教えているのかも別途お願いします

Aベストアンサー

 いわゆる「詰め込み世代」なんですが、円の求積公式自体は「ともかく覚えとけ」でしたね。

 その上で、いろいろ説明があったように記憶しています。以下、算数を超える用語も使います。

1.πr^2は、その円に外接する正方形の面積を考えると4r^2で、4より小さいπが正方形よりどれだけ面積が小さいかを表している。

2.お示しのような長方形への変形。

3.次のような三角形への変形。
 ・円を細かい同心円に分割する(○→◎みたいな感じ)。
 ・円に真上から中心まで、スパッと切り込みを入れる。
 ・切込みから同心円を真っ直ぐに伸ばしていくと三角形ができる(○→◎→△)。
 ・三角形は、底辺2πr、高さrだから、面積は(1/2)×2πr×r=πr^2。

>また、現代はどう教えているのかも別途お願いします

 教科書出版社の一つ、啓林館のサイト(「算数用語集」内のもの)では、以下のように解説しています。

http://www.shinko-keirin.co.jp/keirinkan/sansu/WebHelp/06/page6_15.html

 正方形と円の比較から入って、仰るような円を長方形に変えてみる手法が用いられていますね。

 いわゆる「詰め込み世代」なんですが、円の求積公式自体は「ともかく覚えとけ」でしたね。

 その上で、いろいろ説明があったように記憶しています。以下、算数を超える用語も使います。

1.πr^2は、その円に外接する正方形の面積を考えると4r^2で、4より小さいπが正方形よりどれだけ面積が小さいかを表している。

2.お示しのような長方形への変形。

3.次のような三角形への変形。
 ・円を細かい同心円に分割する(○→◎みたいな感じ)。
 ・円に真上から中心まで、スパッと切り込みを入れる。
 ・切...続きを読む

QFX初心者中の初心者です。ドル円、 1000通貨を1ロット買うとします。必要証拠金が4600円と書い

FX初心者中の初心者です。ドル円、
1000通貨を1ロット買うとします。必要証拠金が4600円と書いてあります。これはレバレッジが25倍なんですか?計算のやり方を、教えてください。
また必要証拠金が、5000円預ければ足りるというかたと、足りないというかたがいますがそのちがいを教えてください。

Aベストアンサー

必要証拠金は業者ごとに、また毎週異なりますからその業者のルールを調べてください。私が取引している業者だと
レート x 通貨数量 x 4%(25倍なので1/25=0.04)
= 114.1 x 1000 x 4%
= 4564
100円未満を切り上げて4600円が最低の必要証拠金となります。
4600円しか入金せず、もし1ドル114.09円と1銭下がると10円の評価損になるので有効証拠金は
4600 - 10 = 4590
となり
有効証拠金 ÷ 必要証拠金 < 100%
となり強制的にロスカットされてしまいます。
つまり最低の証拠金では取引できないということになります。
4600円で取引はできます。でも何もしないまま決済されておしまいです。1日に1円の変動なんて当たり前にあります。5000円でも足りません。損切り貧乏になりたいのなら少ない証拠金でどうぞ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報