人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

MG6330複合プリンターを使用中です。
◎質問=印刷カートリッジ下の本体部分で「インクの垂れを吸収するスポンジ」が張ってありますが。インクで膨らみプリント用紙を汚します。そこでスポンジをピンセットで抜いて洗ったが今度は入らなくなりました。再びスポンジをセット(入れる)方法を教えて下さい。
◎もう一つの質問:上記のスポンジなしでもプリントは汚さずにできますか。
◎メーカーへの要望:このインクの垂れを吸収するスポンジ問題はキャノンに限らず他メーカーの製品でも常に発生します。新型もよいのですがこのような使用上常に発生する不都合の解消と改善を要望したい。廣田
廣田


※OKWaveより補足:「キヤノン製品」についての質問です。

A 回答 (2件)

本体を分解して入れます



>◎もう一つの質問:上記のスポンジなしでもプリントは汚さずにできますか。

インクが吸収できないので汚れます。

要望はメーカーに言いましょう、ここはそーじゃないから
    • good
    • 0

プリンタの修理屋です。



まず、誤りを指摘しておきます。

この場はメーカーとは全く関係ない、個人が回答しています。
メーカーへの要望ならメーカーに伝えてください。

また、個人情報はどんな理由があっても書かないところですし、場合によっては違反になります。


肝心の質問ですけど、そこのスポンジはフチ無し印刷を行なったときにはみ出すインクを吸収するためのものです。
インクで膨らむようなら、フチ無し印刷を大量に行なっているという事かも。
汚れが発生するような事例はないわけではありませんけど、問題が発生するのは稀です。
インクが付いたスポンジにホコリがからみついて余計に膨らんだ感じになる事もあります。

外してしまったスポンジをセットするのは非常に大変です。
分解しなければ作業は難しいかも知れません。

メーカーのスタンスとしては、先ほど書いたとおり、稀な現象であるがゆえに、修理で対応するという事で、ユーザーが触るという事は考えていません。

外してしまったスポンジは、溝の形に合わせて押し込んでいくしかありません。
蓋を開けて、インクが出てきたら、電源コードを抜きます。
インクを右端に押し込んで左の端から形を合わせて押し込んで行きます2/3程度押し込んだらインクを引き出して左の置くの方に押し込みます。
右側に空間が大きく開くのでスポンジを押し込んで行きます。


また、こういう現象が発生した場合の対処ですけど、スポンジを外す必要はありません。
普通のティッシュで押すようにしてインクを吸い取る程度で充分なはずです。
浮いたスポンジもこれで引っ込むはずです。
念を入れるのでしたら、さらにウェットティッシュで拭いてやればよいです。

こうすると、インクに絡み付いていたホコリなども取れますのでね。


ただ、本質的な問題は解決しません。
2008年以降のキヤノンのプリンタはキャリッジ部分(ヘッドを載せた部分)が金属のレールの上をスライドしています。
従来は丸いシャフトだったのですけど、コストダウンのためにプレスした金属のレールに変更されています。
金属レールの場合、面で当たるために、潤滑グリスが劣化してくると、摩耗が急速に進みます。
写真印刷は通常文書に比べてキャリッジ部の往復回数が多くなり、摩耗が多く進むことがあります。

こうなってくると、キャリッジ全体が下がってくるわけですから、スポンジを埋め込んだところ(プラテンといいます)との隙間が小さくなり、擦れやすくなります。

酷使された機体では、かなり下がってしまっていることもあります。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリンターの故障 印刷が二重になる、ずれる

プリンターの印刷がブレる(歪む)ようになってしまい困っています。

テキスト印刷の場合、正常に印刷される行と、歪んで印刷されてしまう行があります。
上半分と下半分がずれるような形になります。

画像の印刷の場合、全体が二重にブレてぼやけたような印刷になってしまいます。

個人で直せるものなのか、教えてください。
電源等は正常です。
機種はCanon Pixus 320i です。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

原因は2つ考えられます。
一つはエンコーダーという半透明なフィルムが汚れて、ヘッドの位置を拾えなくなっていること。
電源を切って、本体のふたを開けると、左右にシャフトが1本、そのすぐ上にゴムのベルトが1本、その手前に幅5mmくらいのグレーのフィルムが張ってあるはずです。
ティッシュを指に巻いて、フィルムを挟んで左右に1往復程度、拭いてください。
たいていは直るはずです。

もう一つの原因ですが、こちらの場合はどうしようもありません。
元々、ローコスト設計で耐久力のない作りで、フレーム部分が磨耗の影響を受けて、寸法が狂って来ることがあります。
通常の個人の使用であれば、ほとんどありえないのですが、会社などで過酷に使われると時々見かけます。

確率としては、前者95%、後者1%というところでしょう。

なお、この機種は部品設定がほとんど無く、修理に出すと現品交換になります。
ただ。320iは在庫もなくなったようで、最近は別の機種での対応になります。

QCanonPIXUS MG6330のエラー

CanonのPIXUS MG6330 を使っています。
三ヶ月前に購入しました。

今日印刷しようと電源を入れたところタッチパネルにエラー番号5012

プリンタートラブルが発生しました
以下の対処を行ってください
1.印刷を中止し、本製品の電源を切る
2.本製品の電源を入れ直す
解決しない場合は、取扱説明書を参照し、修理を依頼してください

と出ました。
電源を入れなおし(コンセントも抜きました)再起動してみましたが変わらずです。

結婚式を三週間後に控えており、これから印刷するものがたくさんあって困っています。
修理に出すと一ヶ月とか戻ってきませんよね?
代替とかってあるのでしょうか?

ネットで調べましたが自分で直すことのできるエラーでは無さそうですよね。
プリンターの修理などに詳しい方、見ていましたら回答お願い致します。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

この機種からエラーコードが少し変更されました。
ユニットの構造などが微妙に変わって、エラーの意味が少々変化したという感じなのでしょうけど、それは我々にとっても意味がありません。

修理は定額修理が基本になってしまい、大きめのユニット交換が基本です。
ユニット内部の詳細の故障内容を示されても、ユニット交換でしか対応が出来ませんので、詳細な表示はほとんど意味がないというわけなのです。
昔のように、細かい部品が出ていれば意味もあったのですけどね。


詳細の解説は控えますけど、故障したのはスキャナユニット。
おそらく、生産時点でのバラツキなどによって早々に故障をしてしまったと思われます。
本来、保証書というものは、こういったことに対応するためのものですから、保証内に発生してよかったと言う見方も出来ます。
1年半程度で発生すると、修理する側も非常につらいです。

ユーザーの使い方とかで発生するようなものではありません。(故意の破損は別ですけど)


プリンタは大量生産されている機械で、残念ながら100%の良品という事はありません。
人間が作っている以上、必ず不良が発生すると考えられます。
そのため、保証書というものが付いています。
ちなみに、この機種での同様の故障の報告は聞いたことはありません。
ある程度の数量が発生すると、メーカーから注意の連絡がきますが、そういうものはありません。

プリンタの修理屋です。

この機種からエラーコードが少し変更されました。
ユニットの構造などが微妙に変わって、エラーの意味が少々変化したという感じなのでしょうけど、それは我々にとっても意味がありません。

修理は定額修理が基本になってしまい、大きめのユニット交換が基本です。
ユニット内部の詳細の故障内容を示されても、ユニット交換でしか対応が出来ませんので、詳細な表示はほとんど意味がないというわけなのです。
昔のように、細かい部品が出ていれば意味もあったのですけどね。


詳細の解説...続きを読む

QエプソンPM780Cで紙詰まりと同時に長細いスポンジが取れて出てきた

タイトルどおりで、紙詰まりを起こしていて長細いスポンジがひっかかって取れてしまいました。スポンジは全体に真っ黒に染まっています。その後は、文字がかすれてほとんど読めない印刷状況です。
 それまでにも、印刷すると黒いインクが紙を汚してばかりで、きれいに印刷できない状態が続いていました。
 もともと、新しい物に買い換える予定でしたが、PM780Cは人に譲る約束をしていました。 
 もし修理に出したらいくらぐらいかかるでしょうか。お金があまりにかかるなら、相手に断らなければならないので、ご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

PM-780Cのヘッドクリーニング用のスポンジは幅2cmくらいでプラスティックの枠に収められていますので違いますね。

細長いスポンジとの事ですので、ふち無し印刷時の余分なインクを吸い取るためのスポンジですね。スポンジを押さえている黒いプラスティックの部品があったはずですが一緒に取れてしまったのでしょうか。

これが無いと、用紙とヘッドの間隔が開きすぎて、鮮明な印刷が出来なくなります
スポンジの交換くらいでしたら、修理は技術料込みで3000円位ではないでしょうか。修理は最高でも1万5千までで2週間ほどかかります。

気になるのは、紙詰まりのほうです。
あまり煩雑に紙詰まりするようなら、そちらの修理も必要になります。私も同じ機種で紙詰まりを起こした時は、修理代3000程度でした。

修理に出す際、先に見積もりを出してもらう方法もありますよ。販売店によっては、見積もりを出すだけでも有料な店もありますので、先に問い合わせをしてみましょう。

Qキャノンプリンタ MG6130を使用しております。

キャノンプリンタ MG6130を使用しております。
普通に印刷していて、3枚目に入るところで突然エラーが出ました。 B200とあり、サービスへ修理に出してくださいとあります。
何もしてない状態で突然とまってしまったので、、、。
プリンターなので、純正のインクを使用していないとか紙を挟んだとか・・・そういったこともしていません。

いろいろサイトを調べたところ、過去の機種で自力で直した方もいて、
初期化するとエラーデータが消えたとかありました。

MG6130で初期化はできるのでしょうか。

修理には1万+3千円かかるといわれたので、だったらもう新しいのをかったほうがいいのか。
ぼったくり?と思ってしまいました。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

残念ながら、修理に出していただくしかないでしょうね。
あとは、購入時期の問題になりますけど、保証期間が残っていればそれを使うとか。

なお、修理代金は総額はほぼ一緒ですけど、内訳は違います。
定額修理の代金が、11,550円、それに引取サービスを使うと、+1,575円となります。
https://repair.canon.jp/sc/html/ScxbESelectMethod.jsp?i_grp=0302&i_model=PIXUS%20MG6130-BK

キヤノンの窓口が近くにあるようでしたら、持ち込めば修理代だけで済みます。

純正インクを使用されていたという事なので、バラツキによる部品不良、インクが少ないまま使い続けた等の理由が考えられるのですけど、原因の特定が出来ないのが普通です。


「初期化するとエラーデータが消えたとかありました」と言うのは、ネットで広まっているガセネタといっても良いでしょう。誰かの書き込みを見て都合よく解釈してどこかに書き込んで、それが広まったと思います。
たしかに、今回のB200エラーも含めて、電気系のトラブルは、ごく軽い初期段階では何かをすると復活することがありますけど、大半は再発して動かなくなります。
極めれ稀に、そのまま使える場合もありますけど、数百台に1台あるかどうかという程度。

エラーは、その原因を取り去れば勝手に復帰します。
廃インクのエラーだけは例外的に部品交換後にメモリをリセットしなければなりませんが、これが広まったのでしょう。


なお、ひとつだけ試してみてください。
現在は、ヘッド部分がロックされていない可能性が高いはずなので、電源を切った状態で、インク取付部分に指を引っ掛け、中央まで引っ張りだしてください。
インクを取り出し、インクの周りのグレーの枠を引き上げ、プリントヘッドを取り出します。

枠を閉じて、スキャナ部を閉じ、電源を入れます。
この状態で、「ヘッドが装着されていません」吐出ればヘッドだけの故障という確率が高いです。(80%くらいと思います)
どこかでプリントヘッドを調達すれば、ご自分で直すことも不可能ではありません。

ただ、それでメイン基板も不良だった場合は大きなロスになります。
最初から修理に出したほうが確実でしょうね。

プリンタの修理屋です。

残念ながら、修理に出していただくしかないでしょうね。
あとは、購入時期の問題になりますけど、保証期間が残っていればそれを使うとか。

なお、修理代金は総額はほぼ一緒ですけど、内訳は違います。
定額修理の代金が、11,550円、それに引取サービスを使うと、+1,575円となります。
https://repair.canon.jp/sc/html/ScxbESelectMethod.jsp?i_grp=0302&i_model=PIXUS%20MG6130-BK

キヤノンの窓口が近くにあるようでしたら、持ち込めば修理代だけで済みます。

純正インクを使用されて...続きを読む

Q黒インクのみが印字できない。Canon Pixus

Canon Pixus iP4300 を使ってます。

海外に住んで、東京に出稼ぎ生活して、プリンターを8ヶ月使わず、帰国後印刷しようとしたら
黒9のみ印字できません。強力クリーニングやノズルチェックパターンを印刷しても一番上の黒が全く印字されません。純正黒を日本の友人におくってもらったんですが、やはり駄目でした。

ヘッド位置を手動で調整できるんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヘッドを取り外し早急に水洗いしてください。方法はググればいくらでも見つかるでしょう。手遅れにならないうちに実行が肝心です。

Qプリントヘッドの種類が違います と表示される

プリントヘッドの種類が違います と表示される
今使っているプリンタはCanonのMP610です。
今日突然 プリントヘッドの種類が違いますと表示され、印刷できなくなりました。
どうすれば治りますか?
早急にお願いします

Aベストアンサー

新品なら初期不良品→交換
ヘッドの清掃で直した事例
参考URL

参考URL:http://bbs.kakaku.com/bbs/Main.asp?SortID=4815105

Q廃インクパッド吸収パッドリセットツールの設定方法

廃インクパッド吸収パッドリセットツールの設定方法を教えて下さい。型番EP-804A MyPORTALからの設定がわかりません。

Aベストアンサー

こちらで解説されていますが、この作業は正規の手順では無い為
最悪プリンタが使えなくなるリスクがあります。
良くお考えの上、実行されることを勧めます。
http://blogs.yahoo.co.jp/siryu1964/7926873.html

Qプリンターの分解

プリンターを分解して廃棄しようと思ってるのですが、ひっくり返してみても、
ドライバーなどが使えるネジが見当たりません。唯一見つかったネジは、ネジカバー?のような
ものがあり、はずすことができないようになっています。
メーカーはキャノンで型番BJS530です。
時々「分解しました」という回答を見るのですが、みなさんどうされているのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

ご指名を受けたプリンタの修理屋です。

他の方が書かれているように、プラスチックのツメで引っ掛けています。
ツメのあるところは6箇所で、そのうち4箇所は場所が表示されています。
残りの2箇所は内側にあり、少々コツが必要になります。
廃棄前提であれば、「エイ、ヤ!」と引っ張っても取れるとは思います。

その後いくつかの作業は必要ですが、上のカバー、下カバー(底ケース)、メカユニットの3つに分けられます。
メカユニットは、シートフィーダー、パージユニットなどのユニットに分けられ、さらに分解することも可能です。
一部、調整が必要な部分もあり、修理では分解禁止とされている部分もあります。

守秘義務もございますので、このあたりまでにしておきますが、分解して捨てるよりも、オークション等に出してみても良いのでは?

メカユニットを外すと、廃インク吸収体が出てきます。
パージユニットもそうですが、廃インクでかなり汚れますので、分解はお勧めできません。


不燃ごみの捨て方は市町村によってかなり差がありますが、私の住む街では指定ゴミ袋に入ればOKというルールがあり、プリンタであればそのまま捨てても、もって行ってくれるようです。(私は商売ですので、全く別のルートがあります。実はここ数ヶ月は買ってもらえます。数がある程度まとまる必要はありますけど。)
お住まいの市町村のゴミ出しルールを確認されてはいかがでしょう。


最後になりますが、キヤノンに限らず、はめ込み式の商品は非常に多くなっています。
レーザープリンタでもかなり多く使われています。
こういった場合、全部ではありませんがツメの位置は表示されていますので、その辺りからアタックしていきます。
半分浮いた状態になりますので、少し引っ張ってやると、引っかかっている部分が推測できます。
全くの新製品や他社の製品の場合、こんなことをしてツメの強度を読み、力の入れ加減を確認していきます。

どうしても力づくでこじ開ける部分もありますが、大抵は無理せずに外せます。
プラスチックの気持ち、とは言いませんが、部品を壊さずに上手に外すのが、我々にとって最大の命題です。

ご指名を受けたプリンタの修理屋です。

他の方が書かれているように、プラスチックのツメで引っ掛けています。
ツメのあるところは6箇所で、そのうち4箇所は場所が表示されています。
残りの2箇所は内側にあり、少々コツが必要になります。
廃棄前提であれば、「エイ、ヤ!」と引っ張っても取れるとは思います。

その後いくつかの作業は必要ですが、上のカバー、下カバー(底ケース)、メカユニットの3つに分けられます。
メカユニットは、シートフィーダー、パージユニットなどのユニットに分けら...続きを読む

Qプリンタ廃インク満杯に至る期間について

永年(10年)エプソンMJ-6000Cのプリンタを使用しておりましたが、WindowsVistaのドライバソフトがないのと、インク残量の表示ができないので手放しました。
後継機種としてエプソンのPM-3700CまたはPM-G4500を候補にしています。これらの機種は、廃インクタンクが設置されて、それが満杯になると修理に出さなければならないようですが、大体どの程度の使用で満杯になるのでしょうか、例えば縁なし印刷を使用しない場合は、5年程度もつとか、縁あり印刷の場合は1年程度とか、の目安が判ればありがたいので、ご存知の方は教えてください。
できれば廃インク装置のないプリンタがあればと思っていますが、それは無理なのでしょうね。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

誤解がひとつあるかも知れません。
キヤノンもエプソンも方式に差はなく、廃インクはフェルト状のものに吸収されています。タンクと言うようなものはありません。
キヤノンでは廃インク吸収体、エプソンでは廃インク吸収パッドと表現しているだけで、どちらもサービスマンによる作業が必要と言う前提になっています。
廃インクの量はセンサ等で見ているわけではなく、クリーニングの回数などからカウントしているだけです。
廃インク吸収体を交換した後はメモリをリセットする必要があります。

どこで仕入れたのか、リセット方法をネットで公開している方がいるようで、廃インク吸収体を交換せずにリセットだけして使っている人もいるようです。
キヤノンの場合は「廃インク」と表示が出てしまうので、そういう人は多いかも知れません。私もそういった機械にめぐり合ったことがあります。
少し傾けただけで廃インクがこぼれて大変なことになりました。

ですから、エプソンの表現もそれなりの合理性はあるわけです。

廃インクの量はクリーニングの回数のほか、アルコール分の蒸発による減少分も計算しています。ですから使用方法によっては長く使えることもありえます。
また、昔のプリンタのほうが廃インク吸収体のサイズは大きい傾向があり、それも幸いしたと思われます。
また、A2対応と言うのも大きなファクターだったでしょう。
最近の機種でも可能な限り大きなスペースはとっているとは思いますが、A3とかA2などの筐体が大きな機械のほうが圧倒的に有利です。
また、高速化と高画質化でクリーニングの回数(時間当たり)は増える傾向にあります。
さらにプリンタは修理せずに買い換えるのも恒常化してしまい、必要以上のキャパは持たせても意味がなくなっているのも現実です。

プリンタの修理屋です。

誤解がひとつあるかも知れません。
キヤノンもエプソンも方式に差はなく、廃インクはフェルト状のものに吸収されています。タンクと言うようなものはありません。
キヤノンでは廃インク吸収体、エプソンでは廃インク吸収パッドと表現しているだけで、どちらもサービスマンによる作業が必要と言う前提になっています。
廃インクの量はセンサ等で見ているわけではなく、クリーニングの回数などからカウントしているだけです。
廃インク吸収体を交換した後はメモリをリセットする必要...続きを読む

Qエンコーダーフィルムの取り付け位置を教えてください

使用しているプリンターは CANON PIXUSiP2200です。

子どもがいたずらをして、エンコーダーフィルムがはずれてしまいインクカートリッジの動きがおかしくなってしまいました。
フィルムの端にひっかけるような穴があいているのですが、完全にプリンターから外れてしまっていて取り付ける場所が見当もつきません。

取り付け位置や手順など、ご存知のかた教えてください。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

これは外装カバーを外さなければ直せません。
また、悪いことにこの機種は部品を交換する前提の設計ではないため(本体故障のときは現品交換で対応していますので)、分解も少々手こずる可能性があります。


私もほとんど分解した記憶が無いのですけど、プラスチックのツメとビスで固定していた記憶があります。


人気Q&Aランキング