新しく貿易業(商品の輸出入)を始めたいと思っているのですが、必要な資格、手続き、条件、気を付けなければいけないポイント等を教えてくだざい。
現在は別の業種の有限会社の事業目的を変更して、貿易業を行いたいと考えています。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こちらのセミナーが大変役に立ちます。

個人向け輸入ビジネスのスタートアップについて基礎中の基礎から学ぶことができるというものでして、貿易業の取りかかりにはうってつけではないでしょうか。参加者の大半は貿易の未経験者どころか、英語も自信がないというかたばかりなので、安心してイチから貿易の何たるかを知ることができます。

 私は貿易業をすでに営んでおりまして、このセミナーに参加したときには新たな知識の習得のつもりで行ってみました。大変に分かり易い内容で、なるほどこれなら誰でも始められそうだ、という気分になります。講師の方も親切で熱い方なので、楽しく受講できると思いますよ。輸出入貿易に関する全ての面においてサポートを受けることのできるサービスを提供しているので、事業の進捗具合によって利用する内容を検討してみてもいいでしょう。

 なお、貿易事務の具体的な講義については、曽我しのぶさんという方の講義がわかりやすくてオススメです。この方の講義は大人気で、すぐに席が埋まってしまいます。セミナーはジェトロや銀行などの主催で行われています。もし、お近くで開催される機会があれば、事務担当の方と参加されてみてはいかがでしょうか。

 あとは、とにかくお近くのジェトロに足を運んでみてはどうでしょう。いろいろな資料が閲覧できますし、有用なセミナーなどの情報が手に入ります。中には無料や低金額で参加できる物もありますので、見逃す手はありません。

参考URL:http://www.importpreneurs.com/
    • good
    • 4

雑貨類ですと,相手に「どうしても欲しい」と思わせるものでないと買い手が


つかない場合が多いですから,じゅうぶんなマーケティングでもって,できること
なら,別媒体でフォローの広告をするのがよいと思われます.

もちろん,「そこでしか買えない」という印象を持たせられれば,じゅうぶん
本格的な商いになると思います.

基本的には,日本語をそのまま外国語に訳したサイト・デザインは,外国人には
通用しないといわれます.
あたかも,欧米と日本のテレビCMの表現手法の違いのようです.

つまるところ,”どうしたら海の向こうの人が自社を信用してくれるか?”,
それを念頭に置きながらサイトを構築するのがコツだというのが私の持論です.

たとえば,もしも独自ドメインを使われるなら,ドットコムやドットjp よりも
”co.jp”がいいかもしれません.取得条件が,日本の法人に限られるからです.

いろいろ試されていくことでしょうが,もしも苦労が多いと判断した場合は,
e-bay(http://www.ebay.com/)に出品して,探りを入れるのも一法です.


▼ジェトロ ”ネット貿易ハンドブック”
http://www.jetro.go.jp/se/j/tamatebako/jitsumu/b …

▼日本ベリサイン
https://www.verisign.co.jp/

▼e-bay の日本語ヘルプ
http://pages.ebay.com/jpn/help/index.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
現在、商品企画、マーケティング、広告、デザイン関係の仕事をしていますので、これらの分野に関しては心配していないのですが、貿易の実務に関して、アドバイス頂きましたサイトで勉強してみます。

お礼日時:2001/06/10 02:02

はっきり申し上げますと,klusonさんのご質問は,範囲が広すぎるというか,


漠然としています.
たとえば,この質問の「貿易業」のところを,「お店」に置き換えてみると,
その漠然さの度合いがおわかりいただけると思います.
いくら貿易の可能性は無限にあるといえども,単なる流通の一形態にすぎない
わけですから,あるていど,アドバイスの的を絞り込めるような方向性を
示していただければ助かります.

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
確かにおっしゃる通りですね。
今考えているのは、主にネット(ホームページ)通じて、日本の商品を主にヨーロッパ&北米に個人販売及び小売り業者を対象に卸し販売しようというものです。商品は主に日用雑貨と考えています。
いわゆる日本の商品を海外へ販売ということなので貿易というレベルではないのかも知れませんが。

補足日時:2001/06/09 15:31
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貿易業を営む(起業)ためにはどうすればよいでしょうか?現在浪人生です。

 僕は今浪人1年なのですが、今まさに人生の非常に大きな(おそらく人生で最大の)分岐点にたっています。
と言いますのは将来の夢について深く考えた結果、いわゆる世間通りのレールの上に沿ったやり方では僕の夢は決して実現しないからです。その将来の夢と言うものが "限りなく大きな財産を貯蓄する事を目標とするため「将来的には」貿易会社を営みたい。(そしてできれば世界を回れるような仕事)" と言う事なのですが、これがまた難しく一体何をどうすればよいのか全く分からない状態です。
 そこで質問させて頂くのですが、上記の夢を実現させるためには具体的にはどんな資格があるでしょうか?
自分なりに調べてみたのですが米MBAはどうでしょうか?ただ、米MBAを取得すれば世界の会社で働けるらしいですが夢である"大きな財産を築くため貿易会社を営みたい"という事が本当にできるのでしょうか?

Aベストアンサー

 ABC_CBAさん こんばんは

 現在浪人生との事ですが、近い将来はどうするつもりですが??大学に進学する予定ですか??それとも何か違う事を考えていますか??ともかく今は色々な事を勉強する時期だと私は思います。夢を実現する為の起業をするのは多分10年位は先の話だろと思います。それは起業する為にはそれなりの費用がかかり、それを貯めなければならないからです。

 夢は「大金持ちになりたい」と言う事ですが、全ての起業をする人たちはお金持ちになる事を夢見て起業しています。そしてほとんどの人達は、毎日死ぬほど頑張って何とか生活が成り立つと言うのが実情なんです。そう言う時代で有りながらも、大金持ちになった人なった人(例えばフォーブスに名前が載る様な世界的な大金持ちの人)を勉強する事に何かのヒントがあるんだろうと思います。
 例えばマイクロソフト社のビル・ゲーイツ氏もアップルコンピュターの創始者のスティーブ・ジョブス氏とスティーブ・ヴォズニアック氏も、大金持ちになりたいと言う夢を持って起業したものの、果たして大金持ちになれるかどうか解らない状態で起業したんだろうと想像します。彼らの場合は、彼らが出来る事・したい事を純粋に一生懸命仕事としてしただけだと思います。その仕事が単に時代のニーズに合っただけなんだと思います。
 アップルコンピュターの場合は、スティーブ・ジョブス氏の自宅の駐車場を改造した小さな仕事場で,自分達が使いたいコンピュターを作ると言う事からスタートして、今の大企業が有るわけです。それが単に時代がコンピュター化して行くと言う時代背景にまさに合っただけなんです。ですから、ABC_CBAさんの場合も自分には何が出来るかと言う事を見つめる事。または、何をしたいかと言う事を見つめる事(もちろん夢見たいな事ではなくて、現実性がある事で・・・)そしてその出来る事・したい事の中で、時代のニーズに合うもの(一歩だけでも時代を先読みをして・・・)を見つける事だと思います。

 大金持ちになる方法として貿易会社を起業するとした場合、最初は小さな小さな会社からのスタートですから、社長と言えども御自ら動いて買い付け等をする事になります。その時に必要なのが語学です。世界的に言うと、日本語を話せる人はほんの僅かです。最低でも世界標準語化している英語は話せるように勉強しましょう。その上で中国語を話せるようになると良いと思います。
 商売を成功させる鉄則の1つが、仕入れ値が安く質の良い物を安価で売る事と私は考えています。それを成り立たせる為には、日本みたいな労働賃金の高い所で生産された商品ではなく、中国・東南アジア等の労働力の安い所で生産された製品と言う事になります。そう言う所には、既に架橋と呼ばれる中国系の商売上手な人たちが進出している可能性が高いでしょ。と言う事を考えると中国語を話せるようにする必要が高いと思います。

 資格については,私は貿易会社の事を全く知りませんので何にも言えません。起業するにはタイミングがあると私は考えています。私の場合は小さな小さな薬局を5年前に開局しました。大学に入った当時から薬局開局を夢見て勉強し薬剤師の資格を取りました。5年前父が病死し、父が営んでいた時計・眼鏡の店舗をどうすると言う話になった時に、これぞチャンスと言う事で開局したんです。それと同様に、ABC_CBAさんも起業できるチャンスが来る時があるかと思います。そう言うチャンスの時には、資格側からABC_CBAさんに近づいて来ると思いますよ。資格がABC_CBAさんに近づいて来るとは、簡単に資格が取れる様になると言う事ではなくて、起業(貿易会社)に必要な資格が解ると言う事です。そうなってから資格を取られても遅くないと私は思います。


 長々書きましたが、お解りになりましたでしょうか??

 ABC_CBAさん こんばんは

 現在浪人生との事ですが、近い将来はどうするつもりですが??大学に進学する予定ですか??それとも何か違う事を考えていますか??ともかく今は色々な事を勉強する時期だと私は思います。夢を実現する為の起業をするのは多分10年位は先の話だろと思います。それは起業する為にはそれなりの費用がかかり、それを貯めなければならないからです。

 夢は「大金持ちになりたい」と言う事ですが、全ての起業をする人たちはお金持ちになる事を夢見て起業しています。そしてほとん...続きを読む

Q貿易会社ってどうやって作るんですか??

貿易会社を作る際にどのような手続きが必要なのでしょうか? 

法人(貿易会社)としての許可、届出、その他の法手続きを簡単に教えてください。

全くの素人なので、参考のサイトもあれば教えてもらえると助かります。

Aベストアンサー

金融機関で外為担当経験者です。
貿易の基礎知識なら下記URLをご覧になるようお勧めします。
ジェトロ(JETORO)HP「輸出入実務の流れ」http://www.jetro.go.jp/basic_trade/


海外業者への販売(輸出)、海外業者からの仕入れ(輸入)は基本的に個人でも法人でも自由に出来ます。

ただし、取り扱い商品によって規制を受けます。武器弾薬、麻薬等薬物は厳重な規制を受けます。
食品関係=食品衛生法、医薬品・化粧品類=薬事法、動植物=ワシントン条約や検疫法、どの分野の商品を取り扱うかによって、各省庁の許認可・届出が必要な場合があります。

法人設立は通常の有限会社法・商法(株式会社、合資会社、合名会社等)の手続きにより商業登記すればよいです。税務署・都道府県・市町村に開業届け、労働基準監督署・公共職業安定所・社会保険事務所にも届出が必要です。

また銀行など外国為替取扱い金融機関取引は不可欠です。輸出L/C受取、輸出手形買取・取立、輸入L/C開設、輸入ユーザンス利用、為替先物予約利用など与信取引が出来るかどうかもポイントです。

参考URL:http://www.jetro.go.jp/basic_trade/

金融機関で外為担当経験者です。
貿易の基礎知識なら下記URLをご覧になるようお勧めします。
ジェトロ(JETORO)HP「輸出入実務の流れ」http://www.jetro.go.jp/basic_trade/


海外業者への販売(輸出)、海外業者からの仕入れ(輸入)は基本的に個人でも法人でも自由に出来ます。

ただし、取り扱い商品によって規制を受けます。武器弾薬、麻薬等薬物は厳重な規制を受けます。
食品関係=食品衛生法、医薬品・化粧品類=薬事法、動植物=ワシントン条約や検疫法、どの分野の商品を取り扱うか...続きを読む

Q貿易の仕事に必要なものは何ですか?

貿易の仕事に就きたくて貿易実務の勉強をしています。本当に実務の仕事にこの貿易実務検定が必要なのかはなはだ疑問なのですが。通関士の資格も必要ですか。英語はどのレベルが必要ですか。貿易の仕事に必要なものを教えてください。実務に関わった方の体験談が聞ければ光栄です。

Aベストアンサー

英語力は高ければ高いにこしたことはありませんが若い方なら最初はTOEICで550点くらいあればいいんじゃないでしょうか。恋愛映画を字幕なしで鑑賞する力よりも商品説明や交渉事を流暢ではなくとも正確に行う英語力のほうが重要です(後述します)。

貿易の仕事につきたい、ということですが派遣等で貿易実務(輸出の買取書類を作成する等)ならば貿易実務検定に合格していることは有利でしょう。また資格をとる、とらないは別にして貿易のおおまかな流れを知る上で時間があれば勉強しておいてもいいと思います。通関士は乙仲をめざす以外は特に資格として必要ではありません。

勉強は実務が一番ですがそれができない環境の場合、机上の独学としてはじめての人に一番のおすすめは商業英語検定試験ですね。英文自体が古臭いものが多く、そのままでは実務に役立てることは難しいですが自然にLC,船積み案内、ディスクレなどの用語を勉強すうことになるので貿易実務の初歩知識としてもある程度の有効性はあると思います。

「狭い意味での貿易実務」をやりたいのか「貿易営業」をやりたいのかで助言は変わってきます。貿易営業は最後には商品知識と営業センス、それとそれらを英語(もしくは相手国の言葉)で表現できることがもっとも重要になります。

英語力は高ければ高いにこしたことはありませんが若い方なら最初はTOEICで550点くらいあればいいんじゃないでしょうか。恋愛映画を字幕なしで鑑賞する力よりも商品説明や交渉事を流暢ではなくとも正確に行う英語力のほうが重要です(後述します)。

貿易の仕事につきたい、ということですが派遣等で貿易実務(輸出の買取書類を作成する等)ならば貿易実務検定に合格していることは有利でしょう。また資格をとる、とらないは別にして貿易のおおまかな流れを知る上で時間があれば勉強しておいてもいいと思...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q個人で輸出したい

こんにちは。よろしくお願いいたします(礼)

実は仲介として海外に日本の中古品を輸出する予定で動いています。全くの副業感覚で、会社名義でなく個人名義でやるつもりですが、初めてなのでどうしたらよい分かりません。どこに相談したらよいかも良く分かりません。対国内側の仕入先は個人売買で良いでしょうか?領収書とか求められたときは個人名義で出しても大丈夫でしょうか?また、海外の買い手に対しては、お金の送金など振込みは個人名義の口座で大丈夫でしょうか?ものの数がかなりあるので、税関に引っかかったりしないのか心配です。また、これって売買取引となるので、個人でも確定申告(青?白?)とかもしないとだめでしょうか?年度末の税金申告などをやはりやらないといけないでしょうか?

毎日ネットや本とか探してますが、なかなか出てきません。途方にくれていますので、どなたか良きアドバイスをください。もし相談できる所がありましたら是非教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

副業感覚とはいえ新ビジネスを立ち上げようとされるのは立派と思います。色々大変な面があると思いますが成功すれば独立企業ができるのでは。

ただNO.3さんが言われているように
<基礎知識と実務経験がなければ、かなりリスキーです。
と思います。貿易はリスクとの戦いともいえますから。

ビジネス詳細分からないので、一般論で気がついた点を指摘します。
会社組織にせず個人でやられている人は珍しくないので、基本的にはこの点問題ないと思います。もちろん税務手続きをしないといけません。銀行口座・通帳等は、別のを新しく作る方がいいと思います。社名でないですが、トレード名をつけたほうがいいか。

輸出型起業でついて回ることですが、最初は消費税の還付を受けることは無理。仕入時加算の消費税は戻ってきません。(前年度までに課税業者の届出を税務署にすれば新年度から課税業者になり還付権利が生じるのですが)

通関の際、各商品の非該当証明が必要です、これはどうされますか? 入手できないと、なかなか大変ですよ。

資金繰りのこと指摘の回答者がおられますが、前金を受け取ってから仕入先に支払うべきでしょうね。

正確に言うと、本取引は、古物商の資格が必要かもしれません。(自信なし)

あと、どんなんか形でも、見積・契約の作成、通関時の英文invoice、packing list等の作成が必要ですね。通関業者、運送業者の選定も。これも慣れが必要な部分。

上記を総合的に解決に近づけるには、小さい貿易商社や、貿易コンサルタントをしている人に相談するのが一番いいと思うのですが。インターネットだけでは最適者にめぐり合えるかどうか。私が手伝たいくらいです。やはりJETRO相談がいいか。

ところで質問者さんは、その商品や仕入先に強いのですか?向け先国に?貿易実務に?多分どれか1つに接点があってのビジネス化の運びでしょうが。ぜひ頑張ってください。

副業感覚とはいえ新ビジネスを立ち上げようとされるのは立派と思います。色々大変な面があると思いますが成功すれば独立企業ができるのでは。

ただNO.3さんが言われているように
<基礎知識と実務経験がなければ、かなりリスキーです。
と思います。貿易はリスクとの戦いともいえますから。

ビジネス詳細分からないので、一般論で気がついた点を指摘します。
会社組織にせず個人でやられている人は珍しくないので、基本的にはこの点問題ないと思います。もちろん税務手続きをしないといけません。銀行口座...続きを読む

Q海外にあって、日本にない面白いサービス(仕事)は?

初めまして。

質問カテゴリーがここでいいのが気になりますが、
海外旅行に沢山行ってらっしゃる方々の集まるカテゴリーということで
質問させていただきました。

タイトルそのままで恐縮ですが、海外にあって、日本にはない面白いサービス(仕事)は何があるのか興味があります。
また逆に、パチンコのように日本にはあって、海外にはないサービスもあれば教えてください。

Aベストアンサー

実際見たわけでなくて、新聞やテレビの海外話題で見ただけですが、
インドのムンバイにはお弁当配達屋さんがいるんだそうです。

各家庭からお弁当箱を預かって職場に届ける。
空になったお弁当箱をまた各家庭に届ける。

ぶら下げる取っ手の付いた銀色の筒型のお弁当箱を大量に運びます。

ええと、ダッバーワーラー、ダバワーラーと言うのだそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%83%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC
http://www.namasute-mumbai.com/dabah.html
http://japan.zdnet.com/blog/iida/2006/11/23/entry_27015109/

Q食品輸入業についてアドバイスをお願いします

食品輸入業について知りたいです。
最近日本にも海外から多くの食品、特に日持ちのする缶詰、瓶詰め、
スナック菓子、などいろいろあると思います。
日本で見かけたことのないものをもちろん輸入し販売したいと思う
のですが、、、、
こういったものは起業する場合、自分でルート開拓するよりは、
日本の輸入業者を探したほうが賢いやり方なのでしょうか?
また買い付けはやはり自分で現地に足を運ぶしかないのでしょか?
アドバイスよろしくお願いします

また何か規制があるのでしょうか?規制があった場合
審査などは長くかかるのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします

Aベストアンサー

punpkinさん、初めまして。食品輸入を2年程前にはじめました。

ルート開拓とは販売先のことですか?それとも仕入先のことですか?もし販売ルートを独自に築かれるのであれば 時間とコストがかかります。物流ルートをかますのであれば 人脈と信頼関係が必要です。

仕入れの場合は 国内の輸入元から仕入れする場合と 直接海外の会社から購入する方法があると思います。後者の場合 やはり現地の会社との関係が重要になってくるので 必ず現地に足を運ばれるべきだと思います。現地の仕入先の会社も 製造元の場合と問屋の場合で この必要度は変わってくるでしょう。どちらにしろ 日本の市場への理解があまりない場合(ほとんどの会社は理解していないと考えた方がいいです) 現地の会社への教育も重要になります。頻繁に情報を送り教育し 日本国内の事業が行いやすいようにしましょう。海外の会社は日本はよく分からない国、信用できない人種と閉鎖的な考えを持っているところが少なくありません。

食品の場合 食品衛生法が絡んできます。これは厚生省で管轄されています。食品輸入の多くの場合 一番問題になるのが 食品添加物です。海外では使用が認められていても日本では認められていなかったり使用量が制限されているものがあります。特に缶、瓶、スナック菓子等は添加物に気をつけなければなりません。日本の食品衛生法で認められていない添加物を使用している食品を輸入することはできません。また食肉製品などは別に農水省から許可を得なければなりません。このような規制に関しては お近くの厚生省食品監視課(東京だとお台場にあります、ネットで検索可能)や動物検疫所に相談されるのが一番だと思います。お近くの役所の場所がわからなければ 成田空港や関空にもあるので問い合わされてもいいかと思います。

規制があるので 審査に時間がかかるということはありません。必要書類が全て揃ってあれば問題はありません。食品の種類によっては 検査を必要とするものがあり 役所の指定する検査機関で検査を行いますが 検査費用は輸入業者持ちです。検査に要する時間は1週間以内です。うちで取り扱っている製品は検査が必要なのですが 1品目2万7千円 検査費用がかかっており 10品目で27万です。1年に1回この検査を行わなければなりません。でもこれは全ての食品に必要とされることではありません。

まず何を輸入したいのか、どういうルートで販売されたいのか、どういう仕入れルートを使うのかを整理されて 厚生省にご相談ください。厚生省でも内容がはっきりしないと分からないので 原材料と製造工程が書かれた書類を持って行ってください。サンプル商品が手元にあれば それも持っていかれたほうがいいです。 

通関に関してですが 輸入量が増えてくるまで自己通関されるのがいいです。コストが浮くだけでなく 通関や輸入に関する知識も随分増えますよ。

今輸入業者として一番懸念されるのは 円安です。$1.00=130円ですからね。200円になるという予測もあるので そうなったらどう対処すればいいのか 今から仕入れ会社に少しずつ心の準備をしてもらおうと努力中です。

如何なる業種の起業も決して簡単ではありませんが 自己実現のため お互いにがんばりましょう!他に私で分かりそうなことがあれば またアドバイスします。

punpkinさん、初めまして。食品輸入を2年程前にはじめました。

ルート開拓とは販売先のことですか?それとも仕入先のことですか?もし販売ルートを独自に築かれるのであれば 時間とコストがかかります。物流ルートをかますのであれば 人脈と信頼関係が必要です。

仕入れの場合は 国内の輸入元から仕入れする場合と 直接海外の会社から購入する方法があると思います。後者の場合 やはり現地の会社との関係が重要になってくるので 必ず現地に足を運ばれるべきだと思います。現地の仕入先の会社も 製造...続きを読む

Q総合商社を設立したい!

無理ですかね?(^^; 総合商社設立するのって・・・でもそういう大きな会社つくってみたいんです、だけど資金とかノウハウとか・・・なんか総合商社って色々な事業をやっていて、それらすべての知識というかノウハウというか、やっぱり全部必要なんですかね?「お金さえ用意できていれば大丈夫なんじゃないの」って、誰か言ってたけど、でもそのお金も集めるの大変ですよね・・・

Aベストアンサー

大きな会社を作りたい、いいじゃないですか~
頑張りましょう!判っていらっしゃるようですしネ

資金
企業経営の根幹を成すものですから、大切です。

ノウハウ
企業の営業利益一般を誘導手段として大切です。

知識
無知は企業経営にとって罪悪です。

信頼
起業するならば貴方の世間からの信頼が必要です。



短期的には残念ながら無理でしょう。
大量の資金を保有されているのであれば双日を買い占めてみたらいかがでしょう?

他の方も書いていらっしゃいますが、
「唯一無双な商権」の確立を確保した後、その商権を軸として裾野を広げてゆくしことになるでしょう。

但し、soboyaさんの仰る総合商社のイメージが私のものと異なり、街角で不特定多数の顧客を相手に多種の物品を販売する商事会社、であるならば、その限りではありません。

頑張りましょう。
夢を見つけたなら、計画的に追いかけ続けないと
「ただの遠吠え」になってしまいますよ

Q何か個人で商売を始めたいのですが。

今私は26歳(男)、会社勤めをしています。
それとは別に将来のため何か商売を始めたいと思っています。
今の自宅を自宅兼事務所(狭いですけど)として、そして今の会社を続けながらできるものを考えています。
開業資金は当てがあるのですが資格とか経験とか何もありません。
今、無い知恵絞って考えているのがチラシ、口コミ、ネット(これから勉強)による宣伝での健康食品販売業です。思いつきですが。
ノウハウから決まりごとまで何も解りませんが、たとえうまくいかなかったとしても、たとえ長く続かなかったとしても必ず開業したいんです。(諸事情は別の話になるのであえて触れないことをお許しください)
もし軌道に乗るようならもちろん続けたいと思います。
どうすれば商売始められますか?
何が必要なのでしょうか?
何を用意すればいいですか?
本とか見ても難しく、皆さんのほうがよっぽど噛み砕いて教えていただけてわかりやすいので質問させていただきました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

会社を経営しています。具体的には海外家電の販売と、マーケティングのコンサルティング(こっちが本業)をしています。

【必要なこと】
ビジネスとして成り立つためには、具体的な商品、その商品の仕入先(との契約)、その商品の売り先(を見つけるための広告や集客施策)、その商品のデリバリ、その商品の代金回収の5つが必要です。

1.具体的な商品
  健食は止めた方がいいでしょう。(理由は後述)
  片手間でビジネスをするなら、1回の取引で5万円~10万円の
  売上になる単価の高い商品がいいと思います。
  もちろん、商品知識や「この商品のどこがいいか」という
  セールストークも必要です。

2.仕入先
  在庫を抱えずにお客様からの注文がある都度発注する
  「受注発注」で取引することが理想的です。
  取引も掛取引(=月末で締めて請求書をもらう)がベスト。
  ただ、個人相手にこんな条件で取引してくれる会社は
  まずありません。
  現実には最初に現金である程度の在庫を購入して、
  仕入先との実績を作らないと、難しいでしょう。

3.売り先
  例えばYahooに登録したり、インターネット広告を
  出す場合、最近では「法人でないとダメ」というケースが
  増えてきています。
  個人で片手間ビジネスなら、ブログとメルマガ、ヤフオクの
  3つを組み合わせるところからスタートでしょう。
  ショッピングモールに出店すれば、お客様が集まると思うのは
  大間違いです。よっぽど商品力がない限り、不可能です。

4.デリバリ
  ヤマトは、まず個人とは契約してくれないでしょう。
  佐川急便もどうだか。当初個人でスタートする場合は、
  「一般のお客様」と同じ条件での運賃をとられるでしょう。
  つまり、この時点で商売上のハンデが生まれていることを
  認識する必要があります。

5.代金回収
  法人であれば佐川やヤマトと代引の契約が出来ますが、
  個人では???
  ヤフオクのエスクローサービスなどを利用するのが
  いいでしょう。(手数料はかかりますが。。。)
  取りっぱぐれをある程度リスクとして許容できる利幅があれば、
  郵便振替等や銀行振込もありです。


【用意するもの】
・商材、商材、商材
これが決まらなければ、何もスタートできません。後は一度ご自身でヤフオクなどで購入してみてはどうですか?
そのときの出品者の対応やどんなメールのやりとりをするのか、お客様側に立って経験するといいでしょう。

・ホームページやブログといった商品説明
商品案内用のホームページがあればいいのですが、ホームページの作成は覚えるのに時間がかかります。今ならブログを使って商品毎に「使用体験レポート」を掲載してもいいでしょう。

・注文の受け皿
メールアドレスやホームページ、あるいはヤフオクといった注文を受け取るための「受け皿」も必要です。もちろん電話・FAXも注文の受け皿になります。仮にお客様とはインターネットでやりとりするにしても、仕入先がIT化されていなければ発注はFAXになります。
ビジネスになると、法人でなくても「特定商取引法」の対象となります。基本的に住所や電話番号を公開することになるので、自宅とは別の電話回線にしておくことをおすすめします。

・ボイスメールサービス
エブリネットというボイスメールサービスは片手間ビジネスにおすすめの決定版です。原理はケータイの「留守電」みたいなもので、オプションで専用の電話番号をもらえます。そこに電話がかかると、メールで知らせてくれます。FAXもセンターで預かってくれます。当社でも休日は会社の電話をエブリネットに転送しています。

・業務フローと伝票
受注→受注確認→商品引当→出荷→売上計上→代金回収
発注→支払→商品入荷
などといった、業務フローを自分なりに設計して、それに必要な伝票類を整備しておかないと、業務がパンクします。逆に頭の中で覚えてられる程度の物量だと、ビジネスにはなりません。具体的な作業手順を考えておく必要があります。

【その他】
・人脈
最近はヒト・モノ・カネ+情報という表現がされていますが、情報を持っているのはヒトです。そういった意味で人脈はとても重要です。人脈とは単に名刺交換しただけの知り合いの数ではありません。「あなたのビジネスを手伝ってくれる知り合いの数」です。今のうちに、色々な会社の経営者に会って話を聞くことをおすすめします。一番簡単な方法は、経営者団体に入会することです。

・会社設立も視野に入れておく
人脈を作る上で、会社という「箱」や肩書きという「ラベル」は重要です。その意味での会社の設立も視野に入れておく必要があると思います。
参考までに確認株式会社の設立についてのURLを掲載しておきます。これはどちらかというとビジネスが軌道に乗って、独立する場合におすすめの内容です。
「箱」としての会社、あるいはビジネスが軌道に乗っても会社を辞めないつもりなら、有限会社もしくは合資会社の設立がいいでしょう。コストパフォーマンスは合資会社が一番です。最近は合資会社も認知度が高くなってきており、IT系でも合資会社が増えています。
法人であればインターネット広告やショッピングモールなど、ビジネスの手段が増えることは間違いありません。

【最後に】
・インターネットショップの「成功のカギ」
インターネットショップは80%が月商100万円に満たない「負け組」と言われています。その原因は、「わざわざ探して購入する価値のない商品を販売している」か「インターネットの活用が出来ていない」か、その両方かです。

・健食は止めた方がいい理由1
健康食品は「儲かる商材」というイメージがありますが、1人の顧客がリピーターにならないと利益が出ない商材です。また単価も安いため、数をさばく必要があり、片手間のビジネスには不向きです。健食の会社のコンサルティングをしたことがありますが、相当な設備投資をしないと儲かる構造にはなりません。

・健食は止めた方がいい理由2
また競合他社がどのくらいあるのかという視点も重要です。例えばグーグルで検索すると、「健康食品」だと約7,680,000件のページがヒットします。これだけ競合が多いと、個人が片手間に取り組むのでは、「ニッチな商材を手がけて、それがブームになる」といった幸運でもない限り、まずほとんどが失敗するでしょう。

・健食は止めた方がいい理由3
健康食品は広告表現が「薬事法」で規制されます。特にヤフーやその他のインターネット広告では、広告の文言やホームページの中に薬事法に抵触する表現があると、掲載されません。実際、当社ではあるショッピングモールで化粧品の販売を計画しましたが、薬事法を遵守するとショップのページが「これじゃ、誰も買わないだろう」という表現にしかならないため、最終的に出店を取りやめました。

以上、長くなりましたが、最終的に意思決定するのはあなたです。ビジネスの成功を祈ります。

会社を経営しています。具体的には海外家電の販売と、マーケティングのコンサルティング(こっちが本業)をしています。

【必要なこと】
ビジネスとして成り立つためには、具体的な商品、その商品の仕入先(との契約)、その商品の売り先(を見つけるための広告や集客施策)、その商品のデリバリ、その商品の代金回収の5つが必要です。

1.具体的な商品
  健食は止めた方がいいでしょう。(理由は後述)
  片手間でビジネスをするなら、1回の取引で5万円~10万円の
  売上になる単価の高い...続きを読む

Q通関士の方教えてください。

現在24歳サラリーマンをしております。通関士に興味があります。仕事は福祉の営業をしております。毎日仕事が遅く残業代もゼロです、最近は手に職をつけようおもってます。通関士の求人状況と給料が知りたいです。ネットで検索しても年収も全然がわかりません。求人も全然でてきません。どなた実態おしえてください。

Aベストアンサー

元通関士です。

通関士は手に職とまではいかないかもしれませんが、取得するとプラスにはなると思います。現職ではなく転職するにおいて。
もちろん関係ない職種もいっぱいありますが少なくともマイナスにはなりません。

取得において一苦労はあるので履歴書にかける喜びは大きいし、評価してくれる人はくれますよ。

通関士試験というのに合格してそれだけでは通関士とはいいません。
通関士として税関のほうに登録申請し、登録されたら晴れて通関士です。だから合格者で、通関の仕事をしているけど通関士ではなかったりもします。
1つの事業所で1名以上の登録をしていないと通関業者の看板をおろさないといけないので、逆にいえば合格者を全員通関士として登録する必要がないからです。
通関業者の免許をもっていない会社でも通関士試験の合格者を求めることがあります。
例えば商社など知識として必要なので全員に取得を義務つけるところもあるそうです。(通関士の資格自体は他人の荷物を通関するときに必要なのであって自社通関では必要ないので)
専門の通関業者でなくとも自社で輸出輸入しているところは多いですよ。そんなところでは評価されるはずです。

専門の通関業者なら1日に50件以上、輸出、輸入申告書をさばくこともあれば倉庫業などの傍ら、1日に1件、月に数件だったりすることもあります。だから事業所によって本当にさまざまです。
ちなみに私はたいてい5時すぎには帰宅できてました。

司法試験、会計士税理士レベルなら月日を無駄にするおそれがあるので受験を迷うのもわかりますが、通関士の試験は働きながら半年もあれば取得可能なので考えるより前に合格を目指すといいような気がします。それで働きながら転職をさがしてもいいわけですし。

なじみのない内容なのでとっつきは悪いですが様は慣れです。過去問題がすんなりできるようになり、ポイントをおさえれば合格すること自体は結構簡単です。勉強内容や、また実務に入ると難しいことはたくさんありますけどね。

求人状況や年収については「職安」といれて検索すればハローワークインターネットサービスのサイトがでてくるのでそこで検索するといろんな会社の月収などわかりますよ。
キーワードをいれる欄があるのでそこに「通関」といれてください。結構でてきます。東京、横浜、神戸など特に多いと思いますが地方の田舎の県でもありますよ。

マイナス意見にへこまずにぜひがんばってください。まだ24なんて本当に若いですよ。質問者さんがうらやましいです。

元通関士です。

通関士は手に職とまではいかないかもしれませんが、取得するとプラスにはなると思います。現職ではなく転職するにおいて。
もちろん関係ない職種もいっぱいありますが少なくともマイナスにはなりません。

取得において一苦労はあるので履歴書にかける喜びは大きいし、評価してくれる人はくれますよ。

通関士試験というのに合格してそれだけでは通関士とはいいません。
通関士として税関のほうに登録申請し、登録されたら晴れて通関士です。だから合格者で、通関の仕事をしているけど通...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング