膵臓のランゲルハンス島の「島」って何ですか?ランゲルハンスという人が発見したんですよね。漢和辞典で調べても関係ありそうな字義はありませんでした。誰か教えてください。
もう一つ質問があるのですがホルモンでフィードバック現象というのがありますが有名なので言えばチラコイドとか糖質コルチコイドですがほかにもいろいろありますよね。でも考えてみたらすべてのホルモンでフィードバック現象を行っている気がするんですがどうなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「ランゲルハンス島」についてだけ。


「島様の構造体、膵島ともいう」と、平凡社世界大百科辞典にありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

百科事典という手がありました気づきませんでした。わざわざしらべていただいてありがとうございました。

お礼日時:2001/06/09 00:13

フィードバック調節、これはホルモンでは必ずあると断言していいです。


でないと、量に関係なく分泌しっぱなしってことになりますからね。
正のフィードバックと負のフィードバックがあり、前者はさらに分泌を促進する、後者は分泌を抑制するようなフィードバックです。
また、中枢に近い位置からフィードバックを行うのを短環フィードバック、遠い位置からだと、長環フィードバックといいます。
例えば、視床下部から1,糖質コルチコイド分泌ホルモン促進ホルモンがだされ、脳下垂体から2,糖質コルチコイド分泌ホルモン、副腎皮質から3,糖質コルチコイドが出されますが、2→1は、短環フィードバックで負のフィードバック、3→1は長環フィードバックで、負のフィードバックになります。
というように、ほとんどのホルモンは、血中濃度によりフィードバックで分泌が抑制、促進されるようになっています。
    • good
    • 0

 ランゲルハンス島は膵臓に存在します。

私がこれに関して知っていることは糖尿病に関係することです。インスリンは糖代謝を制御しているホルモンで´ランゲルハンス島´のB細胞で生産され血液中に分泌されます。このインスリンが遺伝子の突然変異やインスリン受容体遺伝子の変異により作用しなくなると炭水化物、脂質、タンパク質の代謝が行なわれなくなり血中グルコース濃度が上がり、糖尿病になります。また生活環境、ストレス、肥満や糖の取り過ぎも糖尿病の原因となります。
    • good
    • 0

全てかどうかはわかりませんが,多くのホルモンの生合成や分泌ではフィードバック抑制が働いています.そしてこの抑制機構はホルモンに限りません.もとの意味はoutputの信号を一部inputに戻し制御すると言う意味で,これを生体内の酵素反応の制御機構に当てはめたものです.すなわち,ある生合成系や分泌系でその系の最終産物が反応系の最初に戻って抑制することをfeedback inhibitionというわけです.はじめて,feedback inhibitionと名付けられたのはロイシンの生合成系だったと記憶しています.


制御機構にはこのような最終産物が直接系を抑制する機構と他の因子を介して抑制する機構があるということです.
    • good
    • 0

「島」というのは「島状に小さく点在している」ところからつけられたものです.ドイツのランゲルハンスが命名したものを日本語で島と訳した

のです.だから漢和辞典には載っていないでしょう.英語ではislets of Langerhansとかislands of Langerhansといいます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういわれてみると納得しました。ありがとうございました。
できればもう一つの質問にも答えていただけませんでしょうか?

お礼日時:2001/06/09 00:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女人禁制

和歌山県の高野山はかって女人禁制でしたが、いつごろ、どのような理由で女人禁制にしたのでしょうか。
また、撤廃したのはいつごろ、どのような理由なのでしょうか。

女人禁制は、建前では空海の開山以来からかもしれませんが、女人堂を建てて女性はここまでと規制したからには、山上の寺院まで参詣する女性がいたからではないか、と思ったからです。
江戸末期の紀行文(現代語訳)を読んでみますと、下男を連れた女性が、女人堂で案内人を頼んで堂々と山上巡りをして宿坊に泊まった例があります。
女性向けの「御守り」が山上で売られていることから、女性も普通に高野山参りができたと推測しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

女人禁制は実のところ、よく分かっていないのです。
wikiの記述が比較的詳しかったので挙げておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E4%BA%BA%E7%A6%81%E5%88%B6

神道、仏教、道教、密教それぞれの説があるようですが、このうち仏教は違うと思われます。
理由は当時の仏教が呪術から宗教へと進化していたからです。

wikiにも書かれているように日本の女人禁制は霊山信仰や修験道によるところが大きく、
つまり結界内に女人が入ることを忌み嫌う風潮があったのです。
神道、道教、密教それぞれが呪術を主体とした宗教であり、
真言宗も真言に代表されるようにチベット密教(唐密)の流れを汲む宗派です。

おそらくは仏教(呪術仏教)が入ったとされる6世紀半ば以前に、
神道方面で女人禁制のしきたりがあり、それと仏教が習合したと考えるのが自然でしょう。

高野山の解禁にはこんなエピソードがあったようです。
http://www.reihokan.or.jp/yomoyama/various/addition/reco/top/011.htm

女人禁制は実のところ、よく分かっていないのです。
wikiの記述が比較的詳しかったので挙げておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E4%BA%BA%E7%A6%81%E5%88%B6

神道、仏教、道教、密教それぞれの説があるようですが、このうち仏教は違うと思われます。
理由は当時の仏教が呪術から宗教へと進化していたからです。

wikiにも書かれているように日本の女人禁制は霊山信仰や修験道によるところが大きく、
つまり結界内に女人が入ることを忌み嫌う風潮があったのです。
神道、道教、密教それ...続きを読む

Qランゲルハンス島の細胞について

こんにちは。

ランゲルハンス島の細胞の反応についてなんですが

高血糖の場合、すい臓のランゲルハンス島β細胞が刺激され
インスリンが分泌されるとなっています。(壱)

低血糖の場合、ランゲルハンス島α細胞が刺激され、
グルカゴンが分泌されると書いています。(弐)

それで、問題でグルカゴンとインスリンについて書きなさい、とあったんですが

教科書にある答えは

グルカゴン:低血糖をβ細胞が直接感知して、また低血糖を感知した間脳視床下部から
交感神経の刺激で分泌され、肝臓でのグリコーゲンからグルコースへの分解を
促進して血糖量を増加させる。(参)

インスリン:高血糖をα細胞が直接感知して、また高血糖を感知した間脳視床下部から
副交感神経への刺激で分泌され、グルコースの細胞内への取り込みや
肝臓でのグリコーゲン合成を促進し、血糖量を減少させる。(四)

となっています。

壱を見ると高血糖の場合はβ細胞が関係あるように書いてあるんですが
β細胞が関係あるのは参を見るとグルカゴンのように思われます。
でも実際は分泌されるのはインスリン。

また弐を見ると低血糖の場合α細胞が関係しているように書いていますが
α細胞が関係しているのは四のようにインスリンだと思われます。
でもこっちは実際分泌されるのはグルカゴン。

壱と参、弐と四、書いてあることが矛盾しているように思えます。
α細胞が感知するとインスリン。刺激されるとグルカゴン。
β細胞が感知するとグルカゴン。刺激されるとインスリン。
というのはおかしくないでしょうか?
あたまがこんがらがってどちらがどちらだかよく分かりません。

この部分がよく分からなくてたずねさせてもらいました。
どなたか分かりやすく教えていただけないでしょうか?
おねがいします。

こんにちは。

ランゲルハンス島の細胞の反応についてなんですが

高血糖の場合、すい臓のランゲルハンス島β細胞が刺激され
インスリンが分泌されるとなっています。(壱)

低血糖の場合、ランゲルハンス島α細胞が刺激され、
グルカゴンが分泌されると書いています。(弐)

それで、問題でグルカゴンとインスリンについて書きなさい、とあったんですが

教科書にある答えは

グルカゴン:低血糖をβ細胞が直接感知して、また低血糖を感知した間脳視床下部から
交感神経の刺激で分泌され、肝臓での...続きを読む

Aベストアンサー

ミスプリでしょう。
まず、まちがいないでしょう。

Q高橋大輔氏はオリンピックを辞退すべきでは?

日本スケート連盟のダブルスタンダード、高橋大輔氏はオリンピックを辞退すべきでは?
高橋大輔選手のオリンピック選出は、なぜですか?過去の実績で選ぶなら日本選手権など開く必要なしで
海外ランキングだけで選べば良いのに、選定基準がいい加減すぎると思いますが??
ダブルスタンダードはアスリートの目標を惑わせるように思いますが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

>高橋大輔氏はオリンピックを辞退すべきでは?
 違法行為を働いた織田なら辞退すべきでしょうが、
 別に高橋には辞退すべき汚点は無いと思います。

>選定基準がいい加減すぎると思いますが??
 ポイント、成績のみで選考するなら選考委員が不要になる。
 ある意味、選考委員の保身ワザ(ポイント)と言えなくもない。

>海外ランキングだけで選べば良いのに
 競馬をイメージすると判り易いか。
 競走馬は、ほぼ血統で決まる世界だが(故に種付け料がベラボーに高い馬がいる)
 「それで全て勝てるか」と問えば「否」となる。
 故に、直前の状態を見て馬券を買っている訳です、勝ちに拘るギャンブラーは。

 高橋君の種は上物、直前(昨日)の状態は万全ではないが
 「本番に向けて調整が出来れば小塚よりは上に行く」と読んだのでしょう。

Q「歩く鳥」と「跳ぶ鳥」、何が違う?

公園で見かけるハトやカラスは地上を移動するとき主として両足を交互に前後させて歩きます。これに対してスズメなど小鳥は一般に両足を揃え、ぴょんぴょんと跳ぶことによって移動します。小さくてもインコの仲間は歩きます。
「歩く」と「跳ぶ」は何によって別れるのですか。多分「跳ぶ」方が骨格に大きな負担があるのだと想像しています。
専門家志向ではないので時間を割いての本格的なお答えでなくて十分です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

面白いご質問だったので、私も少し調べてみました。下のHPを見てまとめたところ、こんな感じでした。

・鳥は「歩く」方が基本で、「跳ぶ」は枝から枝への足運びが地上でも応用されたものである。
・「跳ぶ」のは陸鳥だけで、しかも樹上性の鳥に限られる。
・「跳ぶ」は素早く動き回るのに適しているが、「歩く」よりエネルギーを多く必要とするので、大型の鳥や長距離の歩行には適していない。
・カラスやヒバリのようなスズメ目では、巣立ち直後は「跳ぶ」が、その後には「歩く」ようになるものが多い。

>多分「跳ぶ」方が骨格に大きな負担があるのだと想像しています。
歩く鳥にはダチョウなど大型のものもいますが、跳ぶ鳥ではイワトビペンギン(体重 3kg)が最大のようなので、質問者さまがお考えのように、やはり体への負担も大きいのでしょうね。

以前、TVでペンギンのドキュメンタリーを観たのですが、彼らはあのよちよち歩きで、思いのほか長距離を移動することに驚きました。一見すると不器用な歩き方ですが、意外とエネルギー効率が良いそうです。面白いですね。

参考URL:http://akaitori.hp.infoseek.co.jp/aruki.htm

面白いご質問だったので、私も少し調べてみました。下のHPを見てまとめたところ、こんな感じでした。

・鳥は「歩く」方が基本で、「跳ぶ」は枝から枝への足運びが地上でも応用されたものである。
・「跳ぶ」のは陸鳥だけで、しかも樹上性の鳥に限られる。
・「跳ぶ」は素早く動き回るのに適しているが、「歩く」よりエネルギーを多く必要とするので、大型の鳥や長距離の歩行には適していない。
・カラスやヒバリのようなスズメ目では、巣立ち直後は「跳ぶ」が、その後には「歩く」ようになるものが多い。

...続きを読む

Q島唐辛子と石垣島ラー油

いつもお世話になります。
先日、夫が沖縄旅行のお土産として、島唐辛子(泡盛に唐辛子が浸かっているもの)と石垣島ラー油(辺銀食堂というメーカー)を買ってきてくれました。
とりあえずチヂミに垂らしてみたり、冷奴につけてみたりしたのですが、他に使い方が思い浮かびません。
何かこういうレシピあるよ~とか、これにかけると美味しいよ~、というアドバイス、有りませんでしょうか??
(変わった使い方でもOKです!)
宜しくお願い致します◎

Aベストアンサー

ペンギン食堂の石垣島ラー油は私も何本か持っていますが、私はラーメンに垂らして食べます。あれは中身がドロッと出てくるのでよく振ってちょっと多めに出してます。

辺銀食堂の「面白レシピ」です。
http://penshoku.com/main/recipe/

島とうがらしの漬かっている本体は、カレーや炒め物に細かく刻んでアクセント的に使います。刺身しょう油に入れてもいいです。

Q薬理学でいう、「~拮抗作用」と「抗~作用」とはどう違うのでしょうか?

薬理学でいう、「~拮抗作用」と「抗~作用」とはどう違うのでしょうか?
意味合いの違いがわからなくて困っています。
どなたかわかる方教えていただけないでしょうか?
具体的な例などあげていただけるとさらに有り難いです。

Aベストアンサー

薬学部出身ではありませんが、おそらく生物系全般に共通する言葉だと思いますので。

>~拮抗作用
対象となる菌と同じ環境に生育し、相手の生育を抑える(ように見える)菌の働きを、拮抗作用と呼びます。
簡単な例だと、腸内の悪玉菌の生育を抑えるビフィズス菌が挙げられます。
ビフィズス菌は悪玉菌を直接殺しているわけではありませんが、活動を抑え、生育場所を奪って生育を抑えます。

>抗~作用
抗酸化作用が有名で、毒素(や毒になる物質)を無効化する働きを指します。

Q賢島(三重県)に2時間居られます。

賢島(三重県)に2時間居られます。

この間に「ここだけは見ておけ」を紹介してください。

松阪で昼にステーキを食べて、その足で賢島に向かう予定です。

分からないままに計画していますが、
13時に食事が終わって、宿(宇治山田)にチェックイン(18時頃を予定)するまでを
賢島で過ごそうと思っています。
→その結果、賢島に居られるのが2時間くらいかな、と。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

近鉄賢島駅のすぐ隣に「志摩マリンランド」がありますよ。
鳥羽水族館がだだっ広いのに対し、志摩マリンランドは手頃な広さでオススメです。

時間が合えば、約50分で英虞湾を周遊する「賢島エスパーニャクルーズ」でもいいかもしれません。
こちらも近鉄賢島駅からすぐです。

Q感染症でいう「分離」と「検出」って?

感染症で「起因菌として~が検出された」とか「分離菌の薬剤感受性は」という言葉が良く出てきますが、
患者からまず菌が分離されて、それを調べると起因菌はXXだったというようにわかるんでしょうか?
それとも検出と分離は同じですか?

Aベストアンサー

 感染症の診断に関わる仕事をしています。ウイルスの方が専門です。

 検出とは検体の中に病原体を見つけること、分離とは検体から病原体を取り出すことを指しますが、意味合いは大きく異なります。
 根本的に異なるのは、分離は「病原体の培養」を伴うのに対し(すなわち病原体を増殖させる)、検出は伴わない、という点です。
 この差が何を意味するかというと、厳密には分離でなければ「病原体の存在」を証明したことにはならない、ということです。

 例えばインフルエンザを例にとりますと、医者でインフルエンザの検査をするのは検査キットを用いて、患者から採取した鼻腔スワブなどの検体の中に「インフルエンザウイルスの一部の抗原(多くはNPという核蛋白質)の存在を"検出"」しているわけです。
 この場合、例えば極端な話、検体中のインフルエンザウイルスが全て死滅していて感染力がなくても、検査では陽性になります。

 それに対し分離とは、同じ鼻腔スワブなどの検体を培養細胞に接種します。検体中にウイルスがいれば、ウイルスが増殖して細胞を破壊する現象(細胞変性効果:CPEといいます)が見られます。そのCPEを起こしたウイルスがインフルエンザウイルスであるかどうかは、結局抗インフルエンザ抗体を用いて「インフルエンザウイルス特有の抗原を"検出"」することによって行うのですが。

 ノロウイルスだと分離培養系が確立していないので、大半のケースではPCRという、遺伝子の特定の配列を増幅させる手法によって検査されています。この場合も、「ノロウイルスの遺伝子を"検出"した」という表現です。

 つまり「検出系」の検査では、その病原体のパーツ(抗原だったり遺伝子だったり)の存在を証明することまでしかできません。
 それに対し分離培養では増殖まで確認しているわけですから、「感染能を持った丸ごとの病原体の存在」を証明していることになります。

 で、検出と分離の意義的な差なのですが、診断系が確立している感染症については差はありません。というか「検出のみで確定診断が可能とされている感染症においては」ですが。
 例えばインフルエンザは医療現場での検査キットを用いた"抗原検出検査"が陽性であれば、インフルエンザと診断できます。(逆の検査陰性をもって"インフルエンザではない"という診断はできない)
 ノロウイルスでは分離培養系が確立していないため、吐瀉物や下痢便などの検体からPCRでノロウイルス遺伝子を検出する検査で陽性となれば、ノロウイルス感染症と診断されています。

 ただ、未知の感染症や重大な感染症に対しては、検出の信頼性は分離に比べるとかなり劣ります。

 例えば鳥インフルエンザでは、簡易検査(実はヒトのインフルエンザ診断用のキットを使っています)陽性では、「確定」とはなりません。むろん状況的に疑わしい場合は、もう高病原性鳥インフルエンザであるという前提で動いていますが、法的に「高病原性鳥インフルエンザ」と確定し、移動制限や殺処分などの命令が出せるのは、ウイルスが分離されてそのウイルスがH5やH7であることが確認された後ということになります。
 アジアで鳥インフルエンザがヒトに感染して多くの人が亡くなっていますが、これらも全て患者からウイルスが分離された上での診断です。

 インフルエンザなどの多くのケーススタディを経ている感染症では、この状況でこの検体からこのウイルスの抗原が検出されればほぼ間違いなく診断できる、というノウハウが確立しているので「検出」のみで診断が可能、ということです。

 ということなので、例えば専門家同士の会話や学会発表などで、「起因菌として~が検出された」という表現はまずあり得ません。
 患者から得た検体を検査する→有意な菌やウイルスが分離される→その病原体が"原因"であることを証明する、という手順が必要になりますから。
 また、「検出」という言葉を使うのなら、例えば「インフルエンザウイルスが検出された」という文章もまずあり得ません。インフルエンザウイルスの"何が"検出されたのか通じませんから。まあ、インフルエンザの検査キットならもう常識として、そういう端折った言い方をしても良いでしょうが。

 新聞報道などではかなり混乱した使い方をされているので判りにくいこともありますけどね。

 感染症の診断に関わる仕事をしています。ウイルスの方が専門です。

 検出とは検体の中に病原体を見つけること、分離とは検体から病原体を取り出すことを指しますが、意味合いは大きく異なります。
 根本的に異なるのは、分離は「病原体の培養」を伴うのに対し(すなわち病原体を増殖させる)、検出は伴わない、という点です。
 この差が何を意味するかというと、厳密には分離でなければ「病原体の存在」を証明したことにはならない、ということです。

 例えばインフルエンザを例にとりますと、医者で...続きを読む

Q火山の噴火でできた島

利尻島は火山の噴火でできた島とききました。
人が住む島の中で、一番最近噴火でできた島はどこで何年前くらいに噴火した島でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

とりあえず、1779年~の桜島安永噴火の時にできた「新島」に
人は住んでいますが・・・。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%B3%B6_(%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E7%9C%8C)

他の例は寡聞にして知りません。ごめんなさい。

Q動物で「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「旨味」以外の味覚を持つものはいる?

人間には「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「旨味」の五種類の味覚受容体しかありません。動物のなかで、人間のこれら5種より味覚受容体が多いと推定はされていますか?たとえば、○○という動物には味覚受容体「萌味」(たとえばの話です!)がある、ということは推定されていますか?

Aベストアンサー

○○という動物の舌に受容体(らしき物)が発見されたとして、、、、、

その受容体を刺激すると「萌」の味(たとえばの話です!)がするかどうかは、証明のしようがありません!!!


人気Q&Aランキング