膵臓のランゲルハンス島の「島」って何ですか?ランゲルハンスという人が発見したんですよね。漢和辞典で調べても関係ありそうな字義はありませんでした。誰か教えてください。
もう一つ質問があるのですがホルモンでフィードバック現象というのがありますが有名なので言えばチラコイドとか糖質コルチコイドですがほかにもいろいろありますよね。でも考えてみたらすべてのホルモンでフィードバック現象を行っている気がするんですがどうなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「ランゲルハンス島」についてだけ。


「島様の構造体、膵島ともいう」と、平凡社世界大百科辞典にありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

百科事典という手がありました気づきませんでした。わざわざしらべていただいてありがとうございました。

お礼日時:2001/06/09 00:13

フィードバック調節、これはホルモンでは必ずあると断言していいです。


でないと、量に関係なく分泌しっぱなしってことになりますからね。
正のフィードバックと負のフィードバックがあり、前者はさらに分泌を促進する、後者は分泌を抑制するようなフィードバックです。
また、中枢に近い位置からフィードバックを行うのを短環フィードバック、遠い位置からだと、長環フィードバックといいます。
例えば、視床下部から1,糖質コルチコイド分泌ホルモン促進ホルモンがだされ、脳下垂体から2,糖質コルチコイド分泌ホルモン、副腎皮質から3,糖質コルチコイドが出されますが、2→1は、短環フィードバックで負のフィードバック、3→1は長環フィードバックで、負のフィードバックになります。
というように、ほとんどのホルモンは、血中濃度によりフィードバックで分泌が抑制、促進されるようになっています。
    • good
    • 0

 ランゲルハンス島は膵臓に存在します。

私がこれに関して知っていることは糖尿病に関係することです。インスリンは糖代謝を制御しているホルモンで´ランゲルハンス島´のB細胞で生産され血液中に分泌されます。このインスリンが遺伝子の突然変異やインスリン受容体遺伝子の変異により作用しなくなると炭水化物、脂質、タンパク質の代謝が行なわれなくなり血中グルコース濃度が上がり、糖尿病になります。また生活環境、ストレス、肥満や糖の取り過ぎも糖尿病の原因となります。
    • good
    • 0

全てかどうかはわかりませんが,多くのホルモンの生合成や分泌ではフィードバック抑制が働いています.そしてこの抑制機構はホルモンに限りません.もとの意味はoutputの信号を一部inputに戻し制御すると言う意味で,これを生体内の酵素反応の制御機構に当てはめたものです.すなわち,ある生合成系や分泌系でその系の最終産物が反応系の最初に戻って抑制することをfeedback inhibitionというわけです.はじめて,feedback inhibitionと名付けられたのはロイシンの生合成系だったと記憶しています.


制御機構にはこのような最終産物が直接系を抑制する機構と他の因子を介して抑制する機構があるということです.
    • good
    • 0

「島」というのは「島状に小さく点在している」ところからつけられたものです.ドイツのランゲルハンスが命名したものを日本語で島と訳した

のです.だから漢和辞典には載っていないでしょう.英語ではislets of Langerhansとかislands of Langerhansといいます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういわれてみると納得しました。ありがとうございました。
できればもう一つの質問にも答えていただけませんでしょうか?

お礼日時:2001/06/09 00:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女人禁制

和歌山県の高野山はかって女人禁制でしたが、いつごろ、どのような理由で女人禁制にしたのでしょうか。
また、撤廃したのはいつごろ、どのような理由なのでしょうか。

女人禁制は、建前では空海の開山以来からかもしれませんが、女人堂を建てて女性はここまでと規制したからには、山上の寺院まで参詣する女性がいたからではないか、と思ったからです。
江戸末期の紀行文(現代語訳)を読んでみますと、下男を連れた女性が、女人堂で案内人を頼んで堂々と山上巡りをして宿坊に泊まった例があります。
女性向けの「御守り」が山上で売られていることから、女性も普通に高野山参りができたと推測しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

女人禁制は実のところ、よく分かっていないのです。
wikiの記述が比較的詳しかったので挙げておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E4%BA%BA%E7%A6%81%E5%88%B6

神道、仏教、道教、密教それぞれの説があるようですが、このうち仏教は違うと思われます。
理由は当時の仏教が呪術から宗教へと進化していたからです。

wikiにも書かれているように日本の女人禁制は霊山信仰や修験道によるところが大きく、
つまり結界内に女人が入ることを忌み嫌う風潮があったのです。
神道、道教、密教それぞれが呪術を主体とした宗教であり、
真言宗も真言に代表されるようにチベット密教(唐密)の流れを汲む宗派です。

おそらくは仏教(呪術仏教)が入ったとされる6世紀半ば以前に、
神道方面で女人禁制のしきたりがあり、それと仏教が習合したと考えるのが自然でしょう。

高野山の解禁にはこんなエピソードがあったようです。
http://www.reihokan.or.jp/yomoyama/various/addition/reco/top/011.htm

女人禁制は実のところ、よく分かっていないのです。
wikiの記述が比較的詳しかったので挙げておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E4%BA%BA%E7%A6%81%E5%88%B6

神道、仏教、道教、密教それぞれの説があるようですが、このうち仏教は違うと思われます。
理由は当時の仏教が呪術から宗教へと進化していたからです。

wikiにも書かれているように日本の女人禁制は霊山信仰や修験道によるところが大きく、
つまり結界内に女人が入ることを忌み嫌う風潮があったのです。
神道、道教、密教それ...続きを読む

Q糖質コルチコイドの作用について

生物学、医学、生理学にお詳しい方、教えてください。


血糖値を増加させる方向に働くグルカゴンは、グリコーゲンの分解を促し、糖新生を促進して血糖値を上昇するかと思います。
しかし、糖質コルチコイドは、肝臓の糖新生、グリコーゲン産生を増大させ、末梢細胞のグルコース消費を抑制して、血糖値を上昇させると本に記載がありました。

ここで、教えていただきたいのですが、糖質コルチコイドは本当に、グリコーゲン産生に働くのでしょうか?血糖値上昇に対して、グルカゴンのグリコーゲン分解は、合目的的なような気がするのですが、糖質コルチコイドのグリコーゲン産生は、インスリンのように、血糖値低下に働く機能も有すということなのでしょうか?

糖質コルチコイドの末梢細胞のグルコース消費を抑制する機能というのは具体的にどのようにしてなされるのでしょうか?
例えば、グルコースとランスポ-ターの転写調節因子として働き、その遺伝子の発現抑制などに働くのでしょうか?


また糖質コルチコイドには、コルチゾール、コルチコステロン、コルチゾンなどがあるかと思いますが、様々な糖質コルチコイドの種類が存在する意義は、進化的に言えば、機能のバックアップという解釈でよろしいのでしょうか ?
もしくは、コルチゾール、コルチコステロン、コルチゾンは機能がそれぞれ異なり、バックアップ以外の機能が存在するのでしょうか?
コルチコステロンや、コルチゾンの分泌に障害がきたしても、コルチゾールが正常に分泌されれば、生体にとって問題はないものなのでしょうか?

大変恐縮ですが、お詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

生物学、医学、生理学にお詳しい方、教えてください。


血糖値を増加させる方向に働くグルカゴンは、グリコーゲンの分解を促し、糖新生を促進して血糖値を上昇するかと思います。
しかし、糖質コルチコイドは、肝臓の糖新生、グリコーゲン産生を増大させ、末梢細胞のグルコース消費を抑制して、血糖値を上昇させると本に記載がありました。

ここで、教えていただきたいのですが、糖質コルチコイドは本当に、グリコーゲン産生に働くのでしょうか?血糖値上昇に対して、グルカゴンのグリコーゲン分解は、合目的的な...続きを読む

Aベストアンサー

中立説ではありません。リンクさせる義理がないと言っているのです。独立性の側面を指摘できればと思います。


低血糖回避システムなどと題して以下の文章がネット上で使い回されていました。

>『
1.血糖値が約80mg/dl 以下になると、インスリンの分泌が極端に低下します
2.70mg/dl 以下になると「空腹感」があり、あくび、悪心などの症状になります
3.約65-70mg/dl で、グルカゴン、アドレナリンが大量に放出され始めます
4.約60-65mg/dl で、成長ホルモンが放出され始めます
5.最後に60mg/dl 以下で血糖値を上げるホルモンコルチゾールの分泌が始まります
6.血糖値50mg/dl 以下は大脳のエネルギー代謝が維持できない、危険な状態です。無気力、倦怠感、計算力減退などとなり、 40を切ると、冷や汗、動悸、震えなどがあらわれます。』

これから思うに、コルチゾールは血糖を微調整するような合目的のホルモンではないということです。
強いて目的論でホルモンを分ければ、インスリンとグルカゴンが拮抗的に血糖調節機能を担っていると表現できると思います。
その他のホルモンは、血糖値に関して非常に結果論的な関係性になると思います。

糖質コルチコイドとグルコースの抹消での取り込みの関係については言明されている物が見当たりません。詳細が分かっていないのでしょう。

インスリンはGLUT4を膜表面に移動させる事で、強烈な効果を発揮できますが、GLUTに関しては、その移動量の前に、その発現量の差がありますね。両者を分けて考えるべきでしょう。糖質コルチコイドがGLUT4を標的遺伝子として、その産生を促進する作用があったとしても、実効性として合目的的に矛盾しません。膜表面に移動しなければ効果がないのですから。上記の状況を考えれば目的論の完成度もへったくれもありません。最終兵器です。他方において不都合な点があっても、主目的にかなうものならば、使えるものは何でも使うべきです。副作用無視で医学的に多用乱用されるのは実は自然の本式のやり方と同じなのかもしれません。

糖質コルチコイドと血糖の関連性は、肝臓に対して糖新生を促進させるという関連性にとどめるのが一番無難のような気がします。インスリンやグルカゴンを除くホルモンは、血糖値に主導されるものではありませんよね。多彩な標的遺伝子が存在します。
血糖値も危機的状況の一つという域になれば反応するということです。警察官と軍人の出動する次元の差としてもいいかもしれません。それこそ目的があるとすればその目的(存在意義)が違うのです。

中立説ではありません。リンクさせる義理がないと言っているのです。独立性の側面を指摘できればと思います。


低血糖回避システムなどと題して以下の文章がネット上で使い回されていました。

>『
1.血糖値が約80mg/dl 以下になると、インスリンの分泌が極端に低下します
2.70mg/dl 以下になると「空腹感」があり、あくび、悪心などの症状になります
3.約65-70mg/dl で、グルカゴン、アドレナリンが大量に放出され始めます
4.約60-65mg/dl で、成長ホルモンが放出され始めます
5.最後に60mg/dl 以下で血糖値を...続きを読む

Q女人禁制 

女人禁制
って何処でしょうか?

 昔よりだいぶ甘くなっていますが・・・
現代でも日本で一ヶ所?
 どこなのか 識者様
教えて頂けませんでしょうか? 

Aベストアンサー

既に回答で挙げられていますが関西だと奈良県の「大峰山」(修験道の聖地)
ジェンダーフリーを叫ぶ基地外ババアが過去に何度か山上に上っていますが
完全に自己満足で地元住民からは非難を受けています。

それと祇園祭の長刀鉾は女人禁制ですが、放下鉾もおなじく女人禁制を守っています。
女性が乗った後で鉾が倒れたので芯木が折れて昔より少し高さが低くなりました。
(小学校の同級生に囃し方がいて子供のときに教えてもらった)

話はそれるけど今年の山鉾巡航大丈夫かなあ・・・。
『放下鉾の祇園囃子「黄信号」 昨年の巡行トラブルめぐり』
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130427/wlf13042716590025-n1.htm

Q糖質コルチコイドのホスホリパーゼA2活性阻害について

表記の機序を教えてくれませんか?また、参考になるサイトがあったらアドレスを教えてほしいです。

Aベストアンサー

>またアラキドン酸カスケードの阻害の機序はどのようになっているのでしょうか?

アラキドン酸カスケードの阻害を簡単に書いてみました。

膜リン脂質
↓(1)ホスホリパーゼA2作用
アラキドン酸
↓(2)シクロオキシゲナーゼ作用、他
プロスタグランジン、トロンボキサン、ロイコトリエン

ホスホリパーゼA2は糖質コルチコイドによって誘導されるリポコルチンにより(1)の部分でアラキドン酸生成を抑えます(結果としてプロスタグランジン、トロンボキサン、ロイコトリエンは生成されなくなります)。

すでに生成されてしまったアラキドン酸からはシクロオキシゲナーゼの働きでプロスタグランジン、トロンボキサンが生成しますが、非ステロイド系の抗炎症剤によってシクロオキシゲナーゼが抑制され、プロスタグランジン、トロンボキサンが生成しなくなります(ただし非ステロイド剤はリポキシゲナーゼを阻害しないのでロイコトリエンの合成には関与しません)。

要はアラキドン酸カスケードの阻害は2段階です。ステロイド剤はリポコルチンによって(1)の部分で作用しアラキドン酸自体を抑える。非ステロイド剤はアラキドン酸までは作らせてしまうが、(2)の部分で作用しプロスタグランジン等の生成を抑える、といった感じでしょうか。

非ステロイド剤よりステロイド剤のほうが効くのは、アラキドン酸カスケードの元を叩くからなのでしょう。

グリセロールの2位の件はよく分かりません。ごめんよー。

>またアラキドン酸カスケードの阻害の機序はどのようになっているのでしょうか?

アラキドン酸カスケードの阻害を簡単に書いてみました。

膜リン脂質
↓(1)ホスホリパーゼA2作用
アラキドン酸
↓(2)シクロオキシゲナーゼ作用、他
プロスタグランジン、トロンボキサン、ロイコトリエン

ホスホリパーゼA2は糖質コルチコイドによって誘導されるリポコルチンにより(1)の部分でアラキドン酸生成を抑えます(結果としてプロスタグランジン、トロンボキサン、ロイコトリエンは生成されなくなります)。

す...続きを読む

Q女性が女人禁制の山に登れば?

奈良県に現在も女人禁制の山があります
もしこれを破って女性が登った場合に
罪とかに問われるのでしょうか?

Aベストアンサー

不法侵入(住居侵入)の対象は、「人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船」であり、建物というのが前提ですから、単なる山であれば、無断で立ち入っても犯罪にはらないでしょう。

奈良県の山の場合山頂にある寺は住居や人の看取する建造物ですが、山全体を寺の建物の一部と考えるのは無理です。

ちなみに、奈良県のその山は、何年か前に外国人女性が強行登山をしています。そのときも、登山道は公道であり、立ち入りは法律上問題ないということになっていたと思います。

Qランゲルハンス島の細胞について

こんにちは。

ランゲルハンス島の細胞の反応についてなんですが

高血糖の場合、すい臓のランゲルハンス島β細胞が刺激され
インスリンが分泌されるとなっています。(壱)

低血糖の場合、ランゲルハンス島α細胞が刺激され、
グルカゴンが分泌されると書いています。(弐)

それで、問題でグルカゴンとインスリンについて書きなさい、とあったんですが

教科書にある答えは

グルカゴン:低血糖をβ細胞が直接感知して、また低血糖を感知した間脳視床下部から
交感神経の刺激で分泌され、肝臓でのグリコーゲンからグルコースへの分解を
促進して血糖量を増加させる。(参)

インスリン:高血糖をα細胞が直接感知して、また高血糖を感知した間脳視床下部から
副交感神経への刺激で分泌され、グルコースの細胞内への取り込みや
肝臓でのグリコーゲン合成を促進し、血糖量を減少させる。(四)

となっています。

壱を見ると高血糖の場合はβ細胞が関係あるように書いてあるんですが
β細胞が関係あるのは参を見るとグルカゴンのように思われます。
でも実際は分泌されるのはインスリン。

また弐を見ると低血糖の場合α細胞が関係しているように書いていますが
α細胞が関係しているのは四のようにインスリンだと思われます。
でもこっちは実際分泌されるのはグルカゴン。

壱と参、弐と四、書いてあることが矛盾しているように思えます。
α細胞が感知するとインスリン。刺激されるとグルカゴン。
β細胞が感知するとグルカゴン。刺激されるとインスリン。
というのはおかしくないでしょうか?
あたまがこんがらがってどちらがどちらだかよく分かりません。

この部分がよく分からなくてたずねさせてもらいました。
どなたか分かりやすく教えていただけないでしょうか?
おねがいします。

こんにちは。

ランゲルハンス島の細胞の反応についてなんですが

高血糖の場合、すい臓のランゲルハンス島β細胞が刺激され
インスリンが分泌されるとなっています。(壱)

低血糖の場合、ランゲルハンス島α細胞が刺激され、
グルカゴンが分泌されると書いています。(弐)

それで、問題でグルカゴンとインスリンについて書きなさい、とあったんですが

教科書にある答えは

グルカゴン:低血糖をβ細胞が直接感知して、また低血糖を感知した間脳視床下部から
交感神経の刺激で分泌され、肝臓での...続きを読む

Aベストアンサー

ミスプリでしょう。
まず、まちがいないでしょう。

Q役者は女人禁制の時代あり?

古ギリシャやローマ時代の円形劇場での演劇に女性が登場した事は寡聞にして知りませんが中世演劇者は女性の役柄を男性が勤めました。
これは洋の東西を問わず共通であったと思われます。

1.役者は女人禁制だったのでしょうか?
2.このような風習はいつ頃始まったのでしょうか?
3.女優の始まりはいつ頃だったのでしょうか?

舞台の照明が蝋燭に頼っていたのと電灯照明の採用と関係がありますか?

大道芸人などには女優がいたことは承知しています。

Aベストアンサー

大衆の娯楽である歌舞音曲や大道芸は別として、演劇のルーツは宗教儀礼の一部であり、神殿などで演ずるものでした。神聖な宗教儀礼は穢れを忌避します。

しかし、女性には生理(出血)があります。血は、洋の東西を問わず、神聖な場所では忌避すべき不浄のものとされていました。往時、女優が存在しなかった理由はこれです。女優が存在しなかったことと、神社は神域が女人禁制であったことは、穢れを忌避するという共通の理由に基づいています。

Qホルモンの正のフィードバック機構で正しいのはどれか

1 血圧上昇時の心拍数減少
2 体温上昇時の発汗
3 分娩時の子宮収縮
4 食事後のインスリン上昇

Aベストアンサー

医学は全くの素人です。理学での説明は、ネガティブフィードバックとは、恒常性(一定の状態を維持するしくみ)を保つ仕組みです。

1は、心拍数が減少することにより血圧が上昇することを防ぎます。
2は、発汗することにより体温の上昇を防ぎます。
4は、食後に血糖値が上昇するのをインスリンで低下させています。

3は、オキシトシンが子宮筋の収縮を増強しますが、子宮の収縮の刺激が、下垂体後葉に伝わり、さらにオキシトシンを分泌させます。その結果、オキシトシン分泌→子宮収縮→オキシトシン分泌 というポジティブフィードバック(正のフィードバック)が働き、子宮は胎児を娩出し、収縮し切るまで収縮し続けるのです。

Q日本を構成する4島の名称は北海道島、本州島、九州島・四国島?

日本は本州・九州・四国・北海道の4つの大きな島と、その他の島から成り立っていますよね。本土を構成する4つの島の名称は、なんと言うのでしょうか?
本州島・九州島・四国島・北海道島で良いのでしょうか?
単に正式名称が、本州・九州・四国・北海道で良いとすればなんで島と付かないのでしょうか?
イギリス本島ですらグレートブリテン島と言うのに、日本本土だけ○○島と付かないのは異例な気がします。

Aベストアンサー

こんにちは。回答させていただきます。

本州と九州についてですが、もともと「州(す)」とは土砂が堆積して陸地のようになり、水面から出ている所を表す言葉で、事実上「島」と同義です。そのため、「本州」・「九州」は「本島」・「九島」のようなニュアンスがあります。蛇足になりますが九州は、筑前・筑後・豊前・豊後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩の九か国にちなんでおり、九つの国でできた島であったことから「九州」と名づけられたようです。本州と九州はメインの島と周辺の属島を含んだ「地域」をさす言葉としても機能しており、今日ではこちらの用法のが普遍的に用いられるため、「島」本体を表現する印象が薄くなってしまったようです。

四国は「四国島」という名前が存在します。ですから、四国は行政区画の名前、四国島は島の名前という使い分けができます。

北海道という言葉は、日本列島四大島の一つ。また、その周辺の属島を含む地方。というように定義されており、これも本州や九州と同様にそれだけで島の名前になります。詳しいことは知りませんが、北海道地方と島を同一視した時代背景からこのような呼び名になったのだろうと予想されます。

ところで、グレートブリテン島とは日本名であり、英名ではGreat Britain Islandと表現されるわけではありません。(Great Britainだけです)世界的に見ても~島という名がついている島は多くはないように感じます。これは日本人が独自に、地域と島を区別する目的で作った便宜的な用法であるように思うのですが、これについてはまったく裏づけや確証がありません。あくまで予想です。

後半は不要な文章で失礼いたしました。ご参考にしていただければ嬉しいです。

こんにちは。回答させていただきます。

本州と九州についてですが、もともと「州(す)」とは土砂が堆積して陸地のようになり、水面から出ている所を表す言葉で、事実上「島」と同義です。そのため、「本州」・「九州」は「本島」・「九島」のようなニュアンスがあります。蛇足になりますが九州は、筑前・筑後・豊前・豊後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩の九か国にちなんでおり、九つの国でできた島であったことから「九州」と名づけられたようです。本州と九州はメインの島と周辺の属島を含んだ「地域」をさ...続きを読む

Q鉱質コルチコイドはACTHの支配を受けますか?

鉱質コルチコイドの分泌量を直接支配しているものは何なんでしょうか。
昔は,「浸透圧が低下するとACTHの支配の下で分泌量が増加し…」しかしこれは糖質コルチコイドにも鉱質コルチコイドと同様な作用があるためで,糖質コルチコイドはACTHの支配を受けていても鉱質コルチコイドは受けていないのではという疑問があります。

2つのホルモンは副腎皮質とはいっても別な組織から分泌されます。鉱質コルチコイドが分泌されます副腎皮質球状帯細胞にACTH受容体が存在するのでしょうか。

受験生の質問に答えながら長年の疑問が解決できていません。ご教示ください。

Aベストアンサー

ACTHは主に糖質コルティコイドの分泌を促進します。
鉱質コルティコイドの分泌刺激は「レニン―アンギオテンシン系」という特化した仕組みが主要な調節を行っています。
レニンは腎臓の特殊な細胞によって作られ、血中の前駆タンパク質を消化してアンギオテンシンI, アンギオテンシンIIを生じ、これが鉱質コルティコイドの分泌を促進します。

参考URLを見ると、ACTHは主に糖質コルティコイドだけれど、鉱質コルティコイドの分泌も刺激するように読めますが、
http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/kasuitai/acth.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%AF%E8%85%8E%E7%9A%AE%E8%B3%AA%E5%88%BA%E6%BF%80%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3
こちらの解説を読むと、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%B3
糖質コルティコイド、鉱質コルティコイドの分類は主な作用で便宜的に分けただけで、本質的には同様の作用をもつということなので、どちらもACTHの影響を受けるというのは納得できるところです。

ACTHは主に糖質コルティコイドの分泌を促進します。
鉱質コルティコイドの分泌刺激は「レニン―アンギオテンシン系」という特化した仕組みが主要な調節を行っています。
レニンは腎臓の特殊な細胞によって作られ、血中の前駆タンパク質を消化してアンギオテンシンI, アンギオテンシンIIを生じ、これが鉱質コルティコイドの分泌を促進します。

参考URLを見ると、ACTHは主に糖質コルティコイドだけれど、鉱質コルティコイドの分泌も刺激するように読めますが、
http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/kasu...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報