はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

日本語を勉強中の中国人です。「段」と「行」の違いは何でしょうか。私が「行」を使うところは、日本の方が「段」を使うようです。たとえば、添付写真の中の雨靴を言う時に、私は「1行目」、「2行目」などを使うのに対して、日本の方は「1段目」、「2段目」などの表現をするようです。私の「1行目」、「2行目」という言い方は間違っているのでしょうか。日本語の「段」は普通どのような時に使うのか、教えていただけないでしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

「「段」と「行」の違いがよくわからないので」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

> 日本語の「段」は普通どのような時に使うのか、教えていただけないでしょうか。



例示の雨靴の並びのような場合は、「段」を使うのが自然でしょう。
ここでは現物の写真が並んでいるので、陳列棚に商品が並んでいる様子が連想されます。
棚板の縦位置は「○段」で表しますから、「上段の左端の靴を見せて下さい」などと言って目当ての品物を指示するのが普通だからです。
これが写真ではなくて平面に描かれた絵や記号などの並びだったら、「列」を使っても良いと思います。
しかし「行」を使うのは非常に不自然です。
すでにご回答にあるように、ふつう「行」は文字や文章でだけ使うものだからです。

> 「行」と「列」の定義も混乱です。「横の並び」を「行」と言い、「縦の並び」を「列」と言う私の考え方は間違っているでしょうか。

私も時々混乱してしまうことなのですが、質問者さんのこのお考えは、ある場合には正しいのですが、別の場合には当てはまりません。

まず、横並び=「行」、縦並び=「列」が正しいのは、数学での「行列」の定義の場合だけです。
Excelの「行・列」もこれに習っていますね。

しかし日本語には元々縦横の向きに固定した並びの数え方は無いと思います。
ですから「横並び=行、縦並び=列」に当てはまらない場合が沢山あります。

1)ふつう「行」で数えるのは文章の行数ですが、この場合は文章が縦書きか横書きかの違いで、行数を数える方向も縦横が当然変わってきます。

2)並んだ実際の事物を数える場合には「行」は使わず、「列」を使います。
その事物が縦に並んでいるか横に並んでいるかの違いで、数える方向も縦横が変わってきます。
特定のものを指示する場合には「○列めの前(右)から○番目」のように言います。

> 表の中の横の一直線のスペースは何と言うのでしょうか。「行」と言いますか。

特に名前は無いと思いますが、あえて言うなら「区切り行」でしょうか。

いつもながら質問者さんの日本語はお見事です。
そればかりか、日本語ネイティブの私などが日頃見過ごしてしまっているいろいろな事について興味深く気付かせて頂くことが多いので、新鮮な感性のご質問をいつも楽しみにしています。
「「段」と「行」の違いがよくわからないので」の回答画像9
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に回答していただき誠にありがとうございます。おかげさまでわかるようになりました。絵までも作ってくださり感激です。わかりやすいですね。勉強、頑張ります。

お礼日時:2014/09/08 11:24

No.4です


わざわざお礼を記入頂きありがとうございます
お礼の中に追加のご質問がありましたので、説明させて頂きます。

行、列の言葉そのものについては他の回答者さんの回答をご覧下さい。
数学用語がPC用語になり、今や若者の常識になっていることがご理解いただけるかと思います。

>右から〇列目、奥から△列目、などと左右や前後から数えます」というお言葉の意味は縦の一直線のことを言っているでしょうか。それとも横の一直線のことを言っているでしょうか。
囲碁の碁盤上の全面に石が並んでる姿をイメージして下さい。
右端から数えた場合には、目的の石がある場所では、結果として縦方向に石は並んでいることになります。
(縦に一列に並んでいる、という言い方をします。整然と並んでいるのを一列に並んでいる、という表現をします
つまり右から数えているのは、縦に並んでいる石の並びが幾つ並んでいるのか数えていることになります。
(縦にに一列に並んでいるのが〇列並んでいる、という言い方になります)

奥から、つまり相手の側から数えると、結果として石が左右に並んでいる並びをいくつあるかのを数えていることになります。
(左右に一列に並んでいるのが、△列並んでいる、という言い方をします)
この場合の「奥」に対して自分の側を言う場合は「手前」と言います。

添付写真の長くつの場合は左右には整然と並べられていますが、上下で見た場合にはジグザグになってしまっています。
このような場合は整然と並んだ並びの方を優先して上から〇列目の右から△個目の長靴という言い方をします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご丁寧に教えていただき誠にありがとうございます。おかげさまでよく理解できました。

お礼日時:2014/09/08 11:28

エクセルの表やリレーショナルデータベースでいう、「行」と「列」は英語のROWとCOLUMNを日本語で「行」と「列」という言葉に翻訳(置き換え)したものです。



なので、日本語本来の意味とは必ずしも一致しないんです。

EXCELの表の横一直線は「行」です。縦一直線は「列」です。EXCELなどの表ソフト、リレーショナルデータベースがIT以外でも一般的になってきたので、他でも同じように使う人も多いです。

もともとの日本語には、行、列に縦、横の区別はありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再びありがとうございます。おかげさまで理解できました。

お礼日時:2014/09/08 10:56

数学や、そこから派生したもの(コンピュータ等)では


matrix = 行列
row = 行
column = 列
という訳を使っています。
これはいわば専門用語(technical term)であって、元来の日本語とは少し違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2014/09/08 10:52

元来、日本においては(No.1の方がおっしゃるように)五十音図の呼び方と一致した、ものでした。



 わ ら や ま は な た さ か あ   ←ア段
 ゐ り い み ひ に ち し き い   ←イ段
 う る ゆ む ふ ぬ つ す く う   ←ウ段
 ゑ れ え め へ ね て せ け え   ←エ段
 を ろ よ も ほ の と そ こ お   ←オ段

 ワ ラ ヤ マ ハ ナ タ サ カ ア
 行 行 行 行 行 行 行 行 行 行

 従来、日本語は縦書きでした(その点は中国でも同様でした)。それにしたがって縦を「行」と呼び、「横」を「段」と呼んできました。五十音図が基本という意味ではなく、すべてがそういうふうになっていました。階段やはしごの段は横と決まっていました。
 行列の「列」は「並ぶ」という意味があるだけで、縦横は決まっていませんでした。区別したいときは「縦列」「横列」と呼びました。行列は「デモの行列」のように「縦に」なるのは、「行」に縦の意味があるからです。ご一行という時も横に並ぶ意識はなく、「縦並び」だったはずです。

 ところが、横書きが主体になったおかげで、意識がちがってきました。横書きの「一並び」も一行と呼び出したから、混乱が起きました。おまけに「エクセル」が「行」と「列」で縦横を呼び出したから、使う人は混乱しましたが、しかし若い人は適応力で乗り越えています。

 日本人が欧米文化に接したときに、混乱が起きましたが、やはり外国人も日本という異文化に接する時は受け入れなければならないこともあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に回答していただきありがとうございます。おかげさまでよくわかりました。

お礼日時:2014/09/08 10:46

    #1です。

補足です。

>>「行」と「列」の定義も混乱です。「横の並び」を「行」と言い、「縦の並び」を「列」と言う私の考え方は間違っているでしょうか。

    日本語では間違いです。

>>たとえば、表の中の横の一直線のスペースは何と言うのでしょうか。「行」と言いますか。

    いいえ、「段」といいます。

>>縦の一直線のスペースは何と言うのでしょうか。「列」と言いますか。     
    
    書いた文字なら「行」、その他では「列」、あわせて「行列」とも言います。

    下記に五十音の図があります、上から下へが「行」、左右が「段」です。
    https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BA%94%E5%8 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。難しいですね。

お礼日時:2014/09/08 10:44

行は漢字本来の意味とは離れて極めて限定して使われています。


行は文書についてのみ使われます。
行は文字の並び以外のものには使いません。
添付写真のように、写真そのものについて、被写体の並びをいう場合には列を使います。

文章で段という言葉が使われるのは、文字の並びを表すのではなく、文章の区切りを表します。

>日本語の「段」は普通どのような時に使うのか
階段の段数が一番基本のイメージです。
この延長線上で棚や机の引き出しなどの上下の位置をあらわすときに使われます、
商品が陳列されている場合には、「下から〇段目の棚に置いてある物」という意味を省略して「下から〇段目の物」と言い表します。
階段からのイメージですから行は使いません

平面上での並びはあくまでも列で表し行は使いません。
添付写真のような画像はあくまでも平面です。
(右から〇列目、奥から△列目、などと左右や前後から数えます。)
列の長いものを行列と言い表します。
「チケット売り場に行列している」「門の前に行列ができている」などと使います。

段はこのように物の位置を表す以外に、柔剣道や囲碁将棋などの技量のランクとして使われています。
これも階段からのイメージです。
極めて特殊なのは歌舞伎など日本古来の演劇などの、説話の区切りとして使われます。
忠臣蔵などのように幾つもの説話が組み合わされてできている場合には、その説話一つ一つを〇段目と言います。

行と列については、元来は数学の用語として使われていた使いかたがあります。
この使い方をPCのエクセルなどの表のセルの位置を表すのに転用されて使われています。
本来の日常語とは別の使い方です。
日常語では縦の列、横の列と言い表し、行は使われません。

この回答への補足

補足いたします。

「行」と「列」の定義も混乱です。まさにエクセルの表が頭に思い浮かびます。「横の並び」を「行」と言い、「縦の並び」を「列」と言う私の考え方は間違っているでしょうか。たとえば、表の中の横の一直線のスペースは何と言うのでしょうか。「行」と言いますか。縦の一直線のスペースは何と言うのでしょうか。「列」と言いますか。中国語に影響されたかもしれません。概念は混乱です。

補足日時:2014/09/07 11:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に教えていただき誠にありがとうございます。大変詳しいですね。とても参考になりました。日本語の場合、横の並びを「列」と呼べることはわかりました。

補足欄以外に、もう1箇所補足させていただきます。
「右から〇列目、奥から△列目、などと左右や前後から数えます」というお言葉の意味は縦の一直線のことを言っているでしょうか。それとも横の一直線のことを言っているでしょうか。

お礼日時:2014/09/07 11:31

とても綺麗で、丁寧な日本語を使われていますね。




○「行(文章など)」の場合


  ああああああああああああああああああ ⇐ 1行目
  いいいいいいいいいいいいいいいいいい ⇐ 2行目
  うううううううううううううううううううううう ⇐ 3行目

○「段」の場合

基本的には、「階段」や「棚」の上に並んでいる様な物と考えて下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
階段・棚 ああああああああああああああああ ⇐ 1段目
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 階段・棚 いいいいいいいいいいいいいいいい ⇐ 2段目
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 階段・棚 ううううううううううううううううううううう ⇐ 3段目
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ですので、添付されていた「雨靴」の場合は。
単なる言葉の並びでは無くて、「3つの固まり」に分かれて表示されているので。
棚や階段の上に、物(文字)が置かれて並んでいると言う事です。

 上の段(1段目) ・ 真ん中の段(2段目) ・ 下の段(3段目)


ご相談者が、「黒色の雨靴」が欲しい時は。

「真ん中の段(2段目)」の「黒い雨靴」を下さいとなります。

この回答への補足

補足いたします。

「行」と「列」の定義も混乱です。「横の並び」を「行」と言い、「縦の並び」を「列」と言う私の考え方は間違っているでしょうか。たとえば、表の中の横の一直線のスペースは何と言うのでしょうか。「行」と言いますか。縦の一直線のスペースは何と言うのでしょうか。「列」と言いますか。

補足日時:2014/09/07 11:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に教えていただきありがとうございます。わかりやすいですね。わかるようになりました。

お礼日時:2014/09/07 11:12

通常は「行」は文字などの並びか、表の場合などにしか使わないですね。



物が積み重なっている様子をいう場合は、「段」を使いますね。

この回答への補足

補足いたします。

「行」と「列」の定義も混乱です。「横の並び」を「行」と言い、「縦の並び」を「列」と言う私の考え方は間違っているでしょうか。たとえば、表の中の横の一直線のスペースは何と言うのでしょうか。「行」と言いますか。縦の一直線のスペースは何と言うのでしょうか。「列」と言いますか。

補足日時:2014/09/07 11:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2014/09/07 11:08

日本語では横の並びを「段」と言います。

五十音の「ア段」は、アカサタナハマヤラワです。

    日本語では縦の並びを「行」と言います。五十音の「カ行」は、カキクケコです。

    雨靴で右上の赤い靴とその下の小草花は、同じ「行」にあります。黒白格、黒色、小草花は、同じ「段」にあります。

   行は、普通原稿等の「書いた文字」に使います。カタログ等、図の場合は、「列」を使うことが多いと思います。

     文法用語の、五「段」活用と言うのは、五十音図の5つの段に「あいうえお」と広がっているからで、サ「行」変格活用(略して「サ変」)は、サシススセセと、サ行に広がっているからです。

この回答への補足

補足いたします。

「行」と「列」の定義も混乱です。「横の並び」を「行」と言い、「縦の並び」を「列」と言う私の考え方は間違っているでしょうか。たとえば、表の中の横の一直線のスペースは何と言うのでしょうか。「行」と言いますか。縦の一直線のスペースは何と言うのでしょうか。「列」と言いますか。

補足日時:2014/09/07 10:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。大変参考になりました。五十音図ですか。長年日本語を勉強しましたが、恥ずかしいことに、その並び方は頭にはっきりと思い浮かべませんでした。どちらが縦なのか、どちらが横なのか、頭の中でぼんやりしております。

お礼日時:2014/09/07 11:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q▲△帳簿に書く時どっちがマイナスでしたっけ?

▲と△ですが、どっちがプラスかマイナスか教えてください。

Aベストアンサー

マイナスを表記するときだけ、△を使うケースがあります。確定申告書がそうです。
どちらか一方の場合は、プラスには無表記、マイナスには△か▲、両方使うときはプラスで△、マイナスで▲でしょうか。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/


人気Q&Aランキング