92歳の母ですが、転倒により、左大腿部頚部骨折し、2ヶ月間リハビリを続けていましたが、その後、車椅子よりずり落ち右大腿部転子部骨折してしまいました。いずれも、接合手術を施し現在、リハビリ拒否も有る事から、寝たきり状態です。担当医は、右大腿部転子骨折手術前に、術後、単独歩行は不可能との診断でした。家族として、なんとか、リハビリにより歩行回復を願っていますが、歩行回復の為の良い、リハビリ方法を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

骨粗しょう症を患っていれば、今おそらく大腿骨頭は人工関節になっていると思うのですが、そこがひっつかないのでどのみち歩行不可となってしまいます。

御年92歳ともなると、慌ててカルシウム剤を飲んでも急に骨は強くならないですからね。

転倒による大腿骨頭骨折が、寝たきりの原因のナンバーワンなんです。で、それを防ぐためには年寄りになる前から運動の習慣を持って下半身の筋肉を鍛え、骨が簡単に折れないようにカルシウムをきちんと食べるしかないのです。よくテレビで80歳や90歳になっても元気なお爺ちゃんやお婆ちゃんがいますが、ああいう人はもう若い頃からずーっと怠けずに体を鍛えているのです。「ローマ(老婆)は一日にして成らず」ってことですね。

あと、リハビリはキツいです。寝たきりだとどんどん筋肉が衰えて関節も硬くなってしまいます。それを頑張ってリハビリしなければならないのですが、それは「また私は自分の足で歩くのだ」という本人の鉄の意志なくしてあり得ません。本人の心が折れてしまったら、なかなか難しいのはありますね。
    • good
    • 0

おはようございます。


介護職です。

素人がリハビリをすると、変な形で余計に痛みが残る場合があります。

病院には専門家(理学療法士や作業療法士等)がいますので、家でもできるリハビリ方法を学んで実践するのがいいと思います。

私にも質問者さんのお母様よりも年上の祖母がいますが、2度の大腿骨骨折から復活して、今では一人でも歩けます。

ただ、本人のやる気次第ですので、現状はリハビリよりも社会復帰への意欲向上ですね。

お母様の年齢から質問者さんの年齢を計算すると、無理なリハビリは共倒れの危険がありますので、介護保険のサービスを活用することも検討できますよ。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qくるぶしの先端(腓骨)の骨折 治癒期間

腓骨の先端を骨折して一週間経ったのですがギブスのかかと部分にプラスチックのものをつけてもらいました
医者は歩いても良いと言っていたのですが、歩くことで治るのが遅くなったりはしないのでしょうか
病院で聞いておくべきだったのですが忘れてしまい早く知りたいのでわかる人がいましたらお願いします

Aベストアンサー

去年腓骨骨折をしました

私は手術だったのですが
手術とギプス固定とで悩み
色々と骨折について調べました

私はかかと付きのギプスは使いませんでしたが
固定バンドのようなもので
術後すぐ歩いていいと言われました

手術で骨を固定していない人は
余り余分な歩行はしない方がいいと思います
ただ
動かしてはいけない方向は
ギプスで固定しており
ひねらなければ大丈夫ということだと思います

私の場合も
いくら歩いてもいいがくれぐれもひねってしまわない様に
と再三の注意を受けました

腓骨は支える骨なので
歩行で大きくは動かないそうです
体重がかかればそこそこ痛いので
まずいくらい歩いてしまうことはできないと思います

ギプスの固定の範囲で無理せずにということだと思いますよ

お大事に


ちなみに
骨と骨を真っ直ぐつけようとするビタミンKは
納豆に入っていて
4日間で1口でもいいから食べたらいいんですって!

余談ですが

Q大腿骨骨頭頚部骨折

85歳の母が今日、転倒し大腿骨骨頭頚部骨折で個人病院に入院しました。ただ、手術が立て込んでるとのことで、主治医に会えるのも一週間後ぐらいで、オペに至ってはその後に当然なりそうです。手術は骨折後直ぐにしなくてもいいのでしょうか。老人の骨折は手術を早くして、早くリハビリを開始した方がいいと聞いたことがあるのですが。
現在海外で明日にも帰国するつもりですが、その前に情報をいただければ助かります。
場合によっては直ぐに転院先を探す必要があるかもしれません。

Aベストアンサー

准ですが看護師です。
状況がいまいち飲み込めていませんが、リハビリは早いほうが良いのは確かです。
廃用症候群などになる可能性もありますし、褥瘡の可能性も、QOL(生活の質)やADL(日常生活動作)の低下、場合によっては認知機能の低下も充分に考えられます。

ですが、緊急を本当に要するのであれば手術は即時行われています。
この点で、緊急性は高くないと判断されているのでしょう。
また、重要な点ですが高齢者(特に女性)は骨の癒合率が非常に低いです。
カルシウムの吸収率も低いですし、恐らく骨は結構スカスカの状態だと考えられます。
となると、骨同士をくっつける手術を選ぶよりは大腿骨頭の置換術という手術を選ぶと思われます。
御存知かも知れませんが、骨であった物を金属に置き換える手術です。
レントゲンも見ていないし、骨折の程度も分かりませんので経験でしか話せませんが。
この可能性が高い理由としては、骨同士をプレートやビスで留めたりしても、スカスカの骨では強度が足りません。
と言うことは、些細なことでまた折れる可能性が高いのです。
となると、折れた部分自体を入れ替えて頑丈にした方が、次に折れにくくなります(脱臼がややしやすくなるデメリットなどもあるのですが)。
なので、それを念頭に置いているからかも知れません。
置換術でなくプレート固定などで行けると判断されてる場合であっても、癒合が遅い=回復も遅い、だから急がなくても良い、こう判断されている可能性があります。

ですが。
これはどこの病院でもよくある話です。
私が以前いた病院は、一ヶ月近く待って手術(置換術)を受けたという方もいました。
また、結局置換術も回復も見込めない(要は、体力が持たない)からと言うことで簡単につなぎ合わせてそのまま退院された方もいました(車椅子生活になりましたが)。
ですから、決して無下に扱っているわけではないと考えられます。

まぁ、疑問としてはその個人病院の規模と医者の人数、そして地域の評判ですね。

細々としたところを言いますが(長くて済みません)。
医者との面接は一週間後であっても、回診はあるはずですし、看護師が看護記録や医者からの指示簿を持っているはずです。
電話では個人情報のため答えてくれることはありませんが(いくらでも偽れますので)、出向いて看護師に直接聞いてみるのが良いかもしれません。
今後の方針とか、本人の言葉とか、色々な情報が詰まっていますから。
それは身内であれば申請すれば見られます、開示義務がありますから。
それで見せようとしないのであれば、転院した方が良いです。
見せていただけたら、存分に質問した方が良いですよ(看護師では分からないこともありますが、内線で確認してくれることもありますから)。

回復を祈ります。
済みません、私の考えしか話せなくって。

准ですが看護師です。
状況がいまいち飲み込めていませんが、リハビリは早いほうが良いのは確かです。
廃用症候群などになる可能性もありますし、褥瘡の可能性も、QOL(生活の質)やADL(日常生活動作)の低下、場合によっては認知機能の低下も充分に考えられます。

ですが、緊急を本当に要するのであれば手術は即時行われています。
この点で、緊急性は高くないと判断されているのでしょう。
また、重要な点ですが高齢者(特に女性)は骨の癒合率が非常に低いです。
カルシウムの吸収率も低いですし、恐らく骨は結構ス...続きを読む

Q鬱病の治癒期間は決まっているのでしょうか?(担当医から不審に思われています)

タイトル通りです。
病院に行きましたら、「もうそろそろ治ってもいい頃なのに・・」と
不審そうな顔で、見られました。これで2回目です。
休職して1年、鬱病で通院しだして2年ほど経ちます。
そこは、「精神科・心療内科」ではなく、
東洋医学をベースとした「内科」です。
休職しているため、先生には傷病手当の書類を書いていただいています。
しかし、症状もちゃんと伝えていますし、嘘を言ってるか、そうでないか
見ればわかると思うのですが。。
私も、こんな人にお願いして書いてもらうのは本当に嫌でたまらないので
働こうと思うのですが、日常生活もままならない日が多々ありますので
すごく不安です。
私が症状を話しているときの目つきと言ったら。。本当に嫌気がさし
怖くて、泣いたことが2回あります。何といえば良いか。。
懐疑、侮辱、敵対。。このような目です。
日常生活の困難を言った後で、「働けない?」とか聞かれます。
もう本当に嫌です。鬱病はどれくらいで治癒するのでしょうか?

Aベストアンサー

quiet-lakeさん、はじめまして。
仕事が原因の鬱病で、1年以上休職して治療中の30代男性です(仕事への復帰見込みは立っていません)。

まず、鬱病の治療期間に決まりなど無いでしょう。他の病気と違って検査や数値で何かを判断できる病気では無いですし、何をもって「治った」と定義するのかも個々の患者によって異なるのではないかと思います。その代わりに、この病気は医師による適切な治療に加え、自分自身で過去の自分(治療を始めた頃、あるいは間違いなく鬱病で無かった頃の自分)と現在の自分を比較して、どのくらい回復しているかをを自覚することが必要であると考えます。よって私個人としては、自分で「もう大丈夫!」と自信を持って言えるようになるまでが治療期間だと思って治療を受けています。

次にquiet-lakeさんの主治医の先生についてですが、先生がなされている治療内容については意見するつもりはありません(というかできません)。
しかし、私がquiet-lakeさんの立場であれば、主治医の先生の言動には不信感を持ちます。私が常々思っているのは、メンタル系の病気の治療においては、医師との信頼関係を築くことが非常に重要であるということです。実際、私も治療開始から3ヶ月ほどは主治医に心を開けず回復しているフリをしてしまい、実際には症状が改善されませんでした。しかしある事をきっかけに主治医を信頼できるようになり、ナマの自分をさらけ出すことで治療方針や薬の処方を見直して頂き、一気に回復が早まった経験を持っています。ナマの自分をさらけ出す、これは主治医を信頼していないとできません。

現在のquiet-lakeさんには主治医の先生への信頼感はありませんよね(ご質問の内容からすれば当然です)。であれば、まずはセカンドオピニオンとして『信頼できそうな専門医』の診察を受けることをお勧めします(本当は『信頼できる専門医』と言いたいのですが、それは一朝一夕では判断できませんからね)。その際は現在受けている治療内容を説明し、主治医および治療に関する疑問や不満を話して、その医師の意見を伺いまよう。その意見にquiet-lakeさんが納得されたのであれば、転院された方が良いと思います。また、行ってみた病院で『信頼できそうな専門医』に出会えなかったら、出会えるまで病院巡りを続けても良いと思います(それほどまでに医師との信頼関係を築くことは重要だと私は考えるからです)。ただし、その間も現在の主治医から処方された薬は必ず服用し続けて下さい。

ただ、「ではどの病院に?」と問われると申し訳ないのですがお答えすることはできません。個人によって医師との人間的な相性も異なりますし、通院可能な条件が分からないためです。その代わりに、病院紹介サイトを2つ紹介しますので参考になさって下さい。
http://health.yahoo.co.jp/hospital/index.html
http://www3.medweb2.ne.jp/

あと、
>休職しているため、先生には傷病手当の書類を書いていただいています。
>こんな人にお願いして書いてもらうのは本当に嫌でたまらないので働こうと思うのですが、日常生活もままならない日が多々ありすごく不安です。
私も傷病手当によって何とか生活していますが、「主治医に書類を書くお願いをするのが嫌だから働こうと思う」というのは本末転倒です。
傷病手当は病気で働けないから受給されるのであって、その病気で働けないことの証明のために主治医の記載が必要なだけですから。
くれぐれもこの事で無理に働こうなどと考えて、その不安から余計なストレスを受けることは止めましょう。

いずれにせよ、鬱病は適切な治療を続けていればいつかは治る病気です。
「止まない雨は無い」「明けない夜は無い」、これは私が信じている言葉です。

この回答が少しでもquiet-lakeさんのお役に立てれば幸いです。

quiet-lakeさん、はじめまして。
仕事が原因の鬱病で、1年以上休職して治療中の30代男性です(仕事への復帰見込みは立っていません)。

まず、鬱病の治療期間に決まりなど無いでしょう。他の病気と違って検査や数値で何かを判断できる病気では無いですし、何をもって「治った」と定義するのかも個々の患者によって異なるのではないかと思います。その代わりに、この病気は医師による適切な治療に加え、自分自身で過去の自分(治療を始めた頃、あるいは間違いなく鬱病で無かった頃の自分)と現在の自分を比較し...続きを読む

Q頚椎損傷で四肢が半麻痺してる人が水中歩行リハビリ?

友人が4年前に怪我をして、頚椎損傷で首から下が麻痺しています。かろうじて左手が少し動く程度です。ハサミのような箸で不自由ですが食事は自分で摂れます。左手でカップを持って水を飲むことも可能です。
壁のバーを持っての摑まり立ちは2~3分は出来ます。腰位の高さの障害者用の歩行器で1~2分は歩けます。
ベッドと車いす間の移動は、自分で出来ます。
身体的には、「膀胱瘻」をしています。入浴の際もカテーテルと小便を溜める袋は外せないそうです(多分これが一番ネックになると思います)。
年齢は70歳、男性です。
現在、普通のデイサービスとリハビリ・デーサービスへ通っています。

その友人が「プールだったら少しは楽に歩けるんじゃないかな?!」と言ってきました。僕は今以上の回復は無理だと思っているのですが、本人は年齢も考えずに意欲満々です。
本人のイメージでは、リハビリのための温水プールでの歩行訓練のようなものを、思い浮かべているのだと思います。
    (競走馬のそういう施設は知っています。)
上記のような障害を持っているのですが、そういった事をすることは可能でしょうか。
本人はすっかりその気になって居りますが、どんな方法があるかをお教えください。
本人は個人的にやって頂くのを希望しているようです。
宜しくお願い申し上げます。

友人が4年前に怪我をして、頚椎損傷で首から下が麻痺しています。かろうじて左手が少し動く程度です。ハサミのような箸で不自由ですが食事は自分で摂れます。左手でカップを持って水を飲むことも可能です。
壁のバーを持っての摑まり立ちは2~3分は出来ます。腰位の高さの障害者用の歩行器で1~2分は歩けます。
ベッドと車いす間の移動は、自分で出来ます。
身体的には、「膀胱瘻」をしています。入浴の際もカテーテルと小便を溜める袋は外せないそうです(多分これが一番ネックになると思います)。
年齢は7...続きを読む

Aベストアンサー

リハビリを実施する際のリスク管理はどうなんですか?ADLはどうなんですか?どの当たりで障害されていますか?既往歴・現病歴は?といった問診事項も明記出来ない訳ですから、こんなところで質問するより、さっさと地域の脊損専門病院に受診されたらどうですか?

回答の答えは
>リハビリのための温水プールでの歩行訓練
は物理療法・水治療法と呼称します。めぼしい大病院に電話をかけ「リハビリ用の歩行プールがありますか?」と聞いてみて下さい。あればリハビリの可否を判断してくれます。

Q疑われる病名と治癒期間は?

知人のことで伺います。
43才 男性で日頃からかなり激務です。
平均睡眠時間は5時間ぐらいです。

23日に風邪気味のようで頭痛がするといっており
25日 やや熱があるようだ
26日 午後 快復したようだ
と言っていましたが
27日の朝 起きたら右半身が麻痺しているので
病院へ行きました。
以前から血圧が高く日常生活には気をつけていました。

どのような病気が疑われ、治癒にはどのぐらいの期間が掛かるのでしょうか。一般的な回答で構わないので教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

脳卒中で運ばれたとしたら最初に集中治療室(ICU)に入っているとは思いますが。
脳卒中でも軽いものから重いものまで様々で、最悪の場合は死にいたる場合もありますので、一般論としても答えにくいです。
脳出血や脳梗塞で発症してすぐだと、手術をしてICUに数日入ることが多いです。
同じICUに入るのでもすごく重症で人工呼吸器をつける位だと、数日どころではないですし、命にかかわる場合も多いですから、病状を聞いてみないと一概には言えないと思います。
あくまで一般論ですが、高齢者よりは43歳と若い方の方が回復も早く、病態も軽い場合も多いのですが、それ以上に脳がどのくらい大きなダメージを受けたのか、という事の方が重要なので何とも言えないです。

Q原付を運転中に飛び出してきた歩行者を避けようとして転倒

私の妻が、原付を運転中に横断歩道ではない道路で急に飛び出してきた歩行者を避けようとして肩から転倒しました。
その歩行者は妻を救急車が来ると名前を告げずに帰ってしまいました。(妻も激痛のあまり聞くのを忘れていたそうです。)
病院で検査をすると、手術を行っても今後、腕を90度以上あげることはできないだろうと診断されました。
もしその歩行者を見つけた場合(事故現場のすぐ近くの店舗に勤務している様です。)、慰謝料を請求することは可能でしょうか?
もし可能なのであれば、いくら位の金額が妥当でしょうか?
また、慰謝料の請求はどの様に請求すれば良いでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

弁護士に相談したほうが良いと思いますが、民事訴訟ですよね。確か

その飛び出してきた人は見つかれば大丈夫だと思いますが。。。

見つからないと話は進展しませんし。。。

どうぞお大事に

Q腰椎椎間板ヘルニアの治癒期間の目安について

今まで、多くの方にアドバイスいただいており誠に有難うございます。同じようなタイトルで、少しくどいかなと危惧しておりますが、気にならなければ、教えてください。

1ヶ月前に、腰と足のしびれで、夜も眠れないくらいで病院受診し腰第2,3と第4,5の間の椎椎間板ヘルニアと診断され、約2週間自宅療養しました。その後、多少のしびれは、あるものの会社に出勤しております。発症後、1ヶ月経過し、痛みレベルで申しますと、発症時の痛みを、10としますと、今は2前後のレベルです。行動範囲は、最小限にとどめており、会社と自宅の往復程度範囲内で、普通の生活ができております。ただ、やはり通勤で30分ほど歩きますと、鎮痛剤を飲むほどではありませんが、足のしびれが少しでてきており、まだ本調子ではないという状況です。休みの日など、家で、じっとしていますと、しびれは、ほとんどありません。一般的に、2ヶ月から半年で、治癒することが多いと本には書いてありますが、私の状況ですと、どれくらいをみておけばよろしいでしょうか。ご教示いただければ有難いと存じます。

Aベストアンサー

正直、こればっかりは何ともいえませんよ。

また、治癒をどこまで行ったら治癒とするかで変わりますし・・・

神経痛に対し、日常の痛みレベルが2程度(最大値10)なら、ある程度緩解している(上出来)の部類だとおもいます。ただ、その2にしても満足のいく2なのか、不満の2なのかで評価は分かれます。
治療する側としては「よくできてる」とおもいますし、患者さんの側では「まだまだ、もうちょっと」と思われるところだとおもいます。

日常生活で、これ以上悪くならないように、各種指導事項を遵守していければ、もう少し緩解度もあがるかとおもいますが、これがあまり長く(質問によれば6ヶ月以上?)続くようなら、現時点の治療と生活ではそれまでだとおもいます。

その時点で、次のステージにいくか(例えば手術をするかしないか、もう少しそのまま様子をみるか など)を考えていくことになるのではないでしょうか。

お大事にしてください。

Q骨折後のリハビリについて

先週骨折しました
左手の人差し指の付け根で手の甲にあたるところです
手首に近かったせいで、手首から指までギプスで固定されてしまいました
1ヶ月でギプスを取る事が出来ると言われたのですが
関節を固定するとその後リハビリが必要と聞きました
リハビリってどれくらいかかるんでしょうか?
私は剣道をやっているため、
左手の手首が動かせないと竹刀を振る事ができないんです
部活に参加できないだけで他のライバル達に追い抜かれそうで
怖いのに、リハビリでさらに完治までに時間がかかってしまうと
思うと、非常に不安です。
どなたか教えてください

Aベストアンサー

幸い左手だったので
右手に比べて支障は少なかったです。

ただ、寝ているときや、PCのキーボードを打つ際に
無意識に指をぐっと動かしてしまい
よく『痛!』ってなったりしてました。

Qひょうそ(初期)の治癒期間は?

先日、3歳になる娘が足の親指の爪からバイ菌が入り炎症を起こしてしまいました。

4/20皮膚科にかかり、
飲み薬の抗生剤
・ファロムドライシロップ 10mg 100mg
塗り薬の抗生剤
・アクアチムクリーム1%
を処方されました。

4/27に再受診したところ、
腫れはひいているもののまだ赤い腫れがあり、押すと痛いようなのでもう一週間分同様の薬を処方されました。

次は5/2に受診予定なのですが、ひょうそはたとえ軽いものでも治癒に時間はかかるのものなのでしょうか??

完璧に治癒するのが一番ですが、
まだ小さいので、抗生剤を飲ませ続けることに少々抵抗があります。。。

皮膚科の先生に聞けば良いことなのですが、
なにしろつっけんどんで必要のないことは話さない(必要であることも話さない)ような先生なので(診察時間10秒程度)少し不安です。

経験者の方、わかる方いらっしゃいましたら
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

完全に腫れと痛みが無くなるまで服用した方がよさそうですね。
塗り薬は飲み薬と抗菌成分が違うので、きちんと塗ってあげてください。
皮膚上面から膿が見えていますか?見えている様であれば排膿した方が良いのですが
3歳のお子さんにメスによる切開や穿刺を行うのは苦痛ですし大変だと思うので薬で治療という
形を取っているのだと思います。
瘭疽は安静にする事が必要な疾患ですが、乳幼児は安静にする事が難しいので
治療が長引く事が多いです。抗生剤は原因菌が残っている状態で止めると良くありませんので
担当の先生がもう大丈夫と言うまで治療を続けてください。

Q右利きの人が右手を骨折したらリハビリ!?

右利きの人が右手を骨折した場合リハビリをするそうですが、しなきゃどうなるんですか?

僕だったら「左手使うの慣れてるからからリハビリはしません」と言っても通用するのでしょうか?

Aベストアンサー

私(右利き)も以前右手を複雑骨折したことがあります。
“複雑”骨折なので腕を引っ張っただけではつながらず、手術をして中に金具を入れて固定しました。
ですので、手術した翌日からピクピクと動かしても大丈夫でした。それがリハビリになっていたようで、特別リハビリなんてしませんでしたけど、今では普通に使えてます。
なので、リハビリをするか否かはご自分で決めたらいいと思います。
でも、しばらく聞き手を使わないと前までのように使えないので、自分なりのリハビリはした方がいいと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報