『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

御多忙の処恐ですが、基本的に「オーディオは音を良くする為にはアースを取った方が良い」と
言われましたが私の住んでいる処は7階建ての6階なので直接土の地面からアースを取ることが出来ません「取れなければ取らなくても良い?」との話も聞いた事が有りますが如何な物なのでしょうか 壁のコンセントにはアースが接続されているとも聞きますがやはり心配なので伺いたいのですが 上記私の住まいの様な場所で簡単に電源アースを取る方法をご教授願います。

尚、オーディオに関しては土素人な者で宜しく先輩諸氏のお教えを伺いたいと思いますので宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

コンセントAC100Vは片側がアース接地になっています、200Vの場合は100V+100Vのセンターアースです。


オーディオに於いて言われるほどアースは重要でないのではないかと思われます、アース接地のやり方が悪ければ全く無意味な場合もあるからです、地面の湿度が低ければアースにならないのと、工作機械などがそのアースラインを使用している場合は、アース線経由で工作機械やエアコンのノイズが回って来る事さえあります。
そう考えると地面に数か所のアース杭を打ち込み単独でアースを6階まで引く工事をする必要がありますが、あまりに高額なので、その位なら1KVAのノイズカットトランスなどをお使いになった方が良いかと思います。
http://fa-ubon.jp/product/category_nct_i1_denken …
またオーディオにおける電源など上をみればいくらでもあります、例えば2mの3Pテーブルタップコンセントが50万とかRCAケーブルだって2mでステレオでコネクターを付けて5万とかスピーカーケーブルだって1m当たり1万なんてのは良くあります。
つまりは自分のオーディオシステムが20万なのに50万のテーブルタップは意味無いというかそれなら70万のシステムを買った方が音が良いと思えます。
そう考えると、究極まで行きついた人たちの話を基準にしてしまうのはどうかなと思います、ケーブルでアースで音が変わる、確かに変わります(音が良くなるかは別問題です)が、だからといって、他にお金をかければもっとよくなる要素があるのに、変化の少ないケーブルやアースにお金をかけるのは、あまり良い方法とは思えません。
    • good
    • 4

基本的に日本国内で販売されているオーディオ機器のほとんどは


アースを取らなくても問題なく使えるようになっています。

オーディオに関しては土素人な者で~とおっしゃっているので今は気にしなくてもよいです。

他の方のご意見にもあるように今はハードのアップグレード、ソフトの充実に資金を注いだほうがよいです。

なお6階にお住まいとのことなので無理にアースえ音っても効果は低いと考えられます。
またアースラインも一般家電品とは別系統で取る必要があります。
そうなると費用もばかになりません。
だったらハードのアップグレードに回したほうが音質向上につながります。
    • good
    • 4

オーディオのアースは一般的なアースとは違いケースなどの金属部分をアースして周囲のノイズが内部に及ぼす影響を防ごうというものです。


ですからオーディオ専用にアースを取る必要があります。
たとえ電源コネクタが3Pになっていてもアース部分は内部では接続されず浮いている場合が多いです。
なので無理に取る必要はありません。
ただ、コンセントからのノイズを防ぐためにノイズフィルターつきのタップを使うといいかもしれません。
    • good
    • 2

 「音をよくするため」というよりは、「他の機器からのノイズを防ぐため」と考えた方がよいと思います。

私自身も、「アースを取ったら音がよくなった」という経験したこともありませんし、そこまでの耳も、リスニング環境も持っていませんので。

 マンション4階に住んでいます。
 セカンドセットとして、書斎(という名の物置)のデスクトップにもセットを置いていますが(通常はStaxのイヤースピーカを使用)、ノートパソコンを持ち込むと明らかにノイズが乗ります。このため、コンポーネントのアースを接続し、部屋のエアコンのアースに接続すると、ノイズは消えました。音がよくなったかどうかは・・・分かりません。少なくとも、ノイズは消えて、音は悪くはなっていないようです。
 ということで、私はこれで使用しています。

 エアコンなどの「雑アース」はかえって有害、という意見を聞きますが、部屋の中のノイズ環境よりも、これらのアースを使った方がまだまし、ということもあり得ますので、一概に「使ってはいけない」ということではなく、「使えるものは何でも使ってみる、結果で判断する」ということでよいのではないかと思います。
 「アースを取ってみたが何も変わらない」ということなら、取らなくてもよいということです。
    • good
    • 1

電気洗濯機などの場合は、感電や漏電対策で繋ぎますが、オーディオの場合は装置同士の電位を同じにするために繋ぎます。

例えばターンテーブルとアンプの電位が違うとノイズ(サー音)が乗ります。装置同士をアース線で繋ぐと消えます。CDプレーヤーでも同じでしょう。私は装置間をアース線で繋いでいますが、接地アース線は繋いでいません。
    • good
    • 3

  オーディオのアースは、オーディオだけで使う専用にしないと意味が無い。

他の機器がつながっていると、そこ機械から出ている雑音などが回って来ます。コンセントには、他の機器が繋がっています。電子レンジなどが繋がれいると、凄い高周波ノイズが回ってきます。したがって、マンションではアースには、繋がない方が良いです。
    • good
    • 0

マンションでも洗濯機あたりのコンセントにはありそうですが、


ない場合は地面まで接続されていそうな、蛇口など利用できるかも知れません
接地抵抗計で測ってみないと有効かどうかは判断できません。

オーディオの音質は製品がどれぐらいのものかにもよりますが、
なアースがなかったらないで、いいものはいい音質で聴けます。
理想的にはアースをとったほうがいいとは思います。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオーディオ用接地、接地抵抗の目標値は幾らが適切?

アース棒を仮に1本試験的に用意して、効果があると
確認されたため
オーディオ用に接地工事を工事業者さんにお願いしようと思っています。
もう工事業者さんと費用の面では
お話したのですが接地抵抗の目標値を幾らにしますか?
と聞かれました。

このサイトの中でも 100Ωというかたと
10Ωといううかたとが、あったように思いますが
(読み落としていたらごめんなさい)
何方が適切なのかいまいち判りません?

何方か
実際にオーディオ用に
接地工事をされたかたは
いくらにされましたか?

教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

オーディオ用途ですので10Ωを選択してください。
家庭用コンセントについているアース端子は感電防止が目的ですので、特に注文が無ければ300V以下の低圧用として接地抵抗100Ωで工事されます。用途は洗濯機や電子レンジなどですね。
これだと、電柱のトランスアースから引き込まれている線(コンセントのコールド側)を利用した方がましです。持ち込みPAの際には電源同様に分電盤のコールド配線からアースを取ります。
アースを取らないとノイズが出るような機材は、できるだけローインピーダンスでノイズを逃がす必要があります。そのアース線からノイズが入り込んでは元も子もありません。
コールド線アースは既に試されているのだと思いますが。

私宅は高層マンションなので、鉄骨アースになりますが、オーディオ用には壁のアース端子は利用していません。
闇雲にアースを取れば良いというものではなく、アースを取ることによって逆効果(ループアース)も有りますので、ケースバイケース、でも跡付け工事は困難なので、万一に備えて低インピーダンスのアースを用意しておけば、最良のアースを選択できる、という考え方になるでしょうね。

オーディオ用のアースについて、このサイトの解説が参考になるでしょう。
http://www.2ndstaff.com/recommends/dengen/5473

こんにちは。

オーディオ用途ですので10Ωを選択してください。
家庭用コンセントについているアース端子は感電防止が目的ですので、特に注文が無ければ300V以下の低圧用として接地抵抗100Ωで工事されます。用途は洗濯機や電子レンジなどですね。
これだと、電柱のトランスアースから引き込まれている線(コンセントのコールド側)を利用した方がましです。持ち込みPAの際には電源同様に分電盤のコールド配線からアースを取ります。
アースを取らないとノイズが出るような機材は、できるだけローインピ...続きを読む

Qコンセントにアース線がない場合は?

 先日、オーブン・電子レンジを購入いたしました。本体にアース線が付いており、アース線をコンセントに接続するように書いてありますが、コンセントにアース線を接続する所がありません。それに、延長コードを使用していますので、仮にコンセントまでアース線を引いて来れても接続できません。どうすればいいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子レンジの接地は当初電波の漏れは箱を大地と同電位で輻射防ぐの意味と感電の意味が有りました、輻射は簡易接地は?です、「「これは難しい理論でシールドルームと同じです、」ですがパソコン等デジタル機器にノイズ止める可能性は有ります、これは地デジ等デジタル機器に影響も有るかも知れません
最近の住宅で感電は無いでしょう
接地工事は資格要りますが、レンジに昔同封のアース棒地面に刺す行為は資格要りません
あくまで資格とは接地極お工事です、これには法に見合った接地抵抗測定が有るからです。
洗濯機は水を使いますので、水道の接地とで感電が有るのでアースは必要ですが、レンジは乾燥した床材で触るので感電は有りません、メーカーはPL法で責任区分してますが、「故に自己責任範囲」
女性の場合、妊娠の場合はレンジの近くに寄らないことが良いですね。

Qアースを取り付られない場合の応急方法

 アースの取り付けの必要な食器洗い乾燥機を買ったのですが、アースがありません。工事を頼むのも面倒なんですが、アース工事を行わずに放電させられる方法はありませんか?。

Aベストアンサー

#3です。

 延長専用ではないですがアース線は電気屋さんで売ってますよ
 緑色の線が多いですね。
 値段も数百円です。

 接合部分をねじり合わせてビニールテープで繋げばしばらくはもつでしょう。
 (永久ではないです)

 早めに電気屋さんで工事してもらいましょう。

QXLRケーブル 音質的にメリットはあるのでしょうか

私の愛用している300Bシングルアンプ。
XLR端子がついております。
これを活用してみたくなりましたが、今の環境で使うとなれば、
XLR出力がついたプリアンプやアッテネーターを購入するしかありません。
それか変換ケーブルだと思います。

でも、変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が
違うだけでメリットはないと思ってしまいます。

XLRケーブルの音質的メリットってあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない //

その通りです。

XLRケーブル(以下、特に断らない限り3ピンのもの)は、バランス接続に使用します。すなわち、出力がバランス(差動)、入力もバランスの場合にだけ、意味があります。出力がアンバランスである以上、バランス入力に繋いでも実態はアンバランス接続のままです。

もっとも、一般家庭では、そもそもバランス接続をするメリットがありません。バランス接続が有利なのは、端的にいえばノイズ耐性が高いからです。業務用分野では数10~100m近い配線を引き回す上に、照明や舞台装置の電源が大きなノイズを出すので、バランス接続でないと実用に堪えません。

普通の家庭では、実用上問題になり得るノイズ源はせいぜい電子レンジくらいで、長さも10mに満たないので、アンバランス接続でも問題ありません。もし問題がある場合でも、まず引き回しを工夫してノイズ源から遠ざけるのが先決です。

内部の回路構成が差動型のオーディオ機器の場合、アンバランス→バランス変換の回路を省くことで最良の音質になると謳った製品もありますが、「メーカーがそう言うんだから、多分そういうものなんでしょ」としか言えません(メーカーとしてはその方が良い音だと考えていても、聞く人によっては感想が異なるでしょう)。

いずれにせよ、(真空管にはあまり明るくありませんが)シングルアンプなのでバランス入力はアンバランスに変換した上で増幅されるのではないですか? その「変換回路による色付け」に期待するかどうか、ということになります。

-----

蛇足ながら...

ピンの割当ては、現在では1: GND、2: HOT、3: COLDが標準ですが、古い製品の中には2: COLD、3: HOTという割当てがあります(逆相になるだけで家庭では特に問題ありませんが、業務用だとミキシングや複数スピーカーを使用する場合に困ります)。近年でも、「敢えて」3番HOTという接続をしている製品があるので(特に家庭用)、ちょっと注意が必要です。

1つのコネクタでステレオのバランス接続をする場合は、普通は5ピンのXLRコネクタを使います。というか、4ピンで2チャンネル分のバランス接続をしようとすると、本来GNDに割り当てるべき1番ピンを信号線に使うことになるので、コネクタの使い方としては「誤用」です。

アンバランス出力→(変換コネクタ)→バランス入力は、原則として問題なく行えます(前記の通り、当然ながらアンバランス接続になります)。

バランス出力→(変換コネクタ)→アンバランス入力は、原則として御法度です。出力側の回路構成によっては故障の原因になります。トランス出力、疑似バランス出力、もしくは保護回路が入っている場合は大丈夫ですが、正体がハッキリしないときは使えないものとして扱う必要があります。

バランス出力・入力をトランスで行っている場合、アンバランス接続にするとインピーダンスマッチングの問題が生じる可能性があります。

>> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない //

その通りです。

XLRケーブル(以下、特に断らない限り3ピンのもの)は、バランス接続に使用します。すなわち、出力がバランス(差動)、入力もバランスの場合にだけ、意味があります。出力がアンバランスである以上、バランス入力に繋いでも実態はアンバランス接続のままです。

もっとも、一般家庭では、そもそもバランス接続をするメリットがありません。バランス接続が有利なのは、端的にいえばノイズ耐性が高いからです...続きを読む

Qスピーカーにアースを接続することについて

スピーカー端子にアースを繋げる場合
シングルワイヤリングで、アンプから接続する予定ですが、

アンプからのみアースを地面に這わせて、
スピーカーとアンプの間をアース線を通しているケーブルでつなぎ、スピーカーの下のオーディオボードの下に絶縁性のシートをしいて、スピーカーからアースを接続しないほうが、グランドループを形成せずにすむでしょうか?

アース線の通っているスピーカーケーブルが見つからないのですが、スピーカーとの電位差をなくす必要はないのでしょうか?

それと、一般的なケーブルは線を剥きだしていない限り、微量でも電流が地面に流れたりはしないでしょうか?それとも、絶縁性のシートか何か引いたほうがよいのでしょうか?

アースについて、専門的な知識を持っている方におしえていただきたいです。

簡単に説明できることではないと思うのですが、基本的な考え方などを教えていただけるとありがたいです。ちなみに、以下のサイトで少し知識をかじりました。

http://www.audiodesign.co.jp/blog/?cat=17

Aベストアンサー

とりあえず、普通につなげばOKです。

スピーカーは結構大きな電力を受けます、なのでループは気にしなくてOK.
また、スピーカーの端子は一方はアースで一方は信号電圧、と決まっているわけではありません。

なので、指定されたつなぎ方以外は保証外ですし、メリットもありません。

あと、ケーブルは通常被覆ありますので、気にしないでいいです。
裸のスピーカーケーブルはないでしょう、接触したらショートですからね。

とりあえず「勉強」が目的なら自分で最初からやってください。
結果が必要なら普通にすればOKです。
なんとなくのオカルトが好きなら実験して下さい、私は止めません。

Q電源ノイズの除去について

先日、X-S1のノイズについて質問したものです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8079701.html
↑前回の質問


ノイズの原因については、はっきりと断定できたわけではないのですが、電源ノイズということに絞って対策を取ろうと思います。

それでネットで色々調べたのですが、どうにもチンプンカンプンで、結局どの方法が最善なのか分からずじまいです。

とりあえず、ノイズを除去するのが目的なのだから、ノイズフィルター付きのタップを使用すれば良いと考えたのですが、色々なサイトにノイズフィルターは音質を低下させると書かれていました。
できればそれは避けたいです。

それで、とあるメーカーのシールド重鉄タップというのが気になったのですが、値段が1万近くと、今の自分にはちょい厳しいです。

予算はできれば3千円、無理して5千円といった感じなのですが、やはりそれ以上の出費は覚悟するべきでしょうか?

なにか安価で済ませる効果のあるノイズ除去方法というのはないのでしょうか?

宜しくお願いします。

先日、X-S1のノイズについて質問したものです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8079701.html
↑前回の質問


ノイズの原因については、はっきりと断定できたわけではないのですが、電源ノイズということに絞って対策を取ろうと思います。

それでネットで色々調べたのですが、どうにもチンプンカンプンで、結局どの方法が最善なのか分からずじまいです。

とりあえず、ノイズを除去するのが目的なのだから、ノイズフィルター付きのタップを使用すれば良いと考えたのですが、色々なサイトにノイズフィルタ...続きを読む

Aベストアンサー

前回の質問を読みましたし、私も前回の質問にお答えしました。
内容がクリーナーだったので、クリーナーのことしか書きませんでした。

私が思ったことは、電源が原因であれば、CDだけにその症状がおこる
っということはないと思うのです。

ラジオを聴いても、他の音源を聴いても、電源のノイズが原因なら
同じくノイズの症状はでると思うのです。

そして、音をなにも出さない状態で、アンプのボリュウムをかなり上げてみてください。
たぶん、無音か小さな音で「サー」っとなる程度だと思います。
電源ノイズが原因であれば、質問者様の書いていた「プチプチっという音」がでると思います。

まず、パソコン、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、蛍光灯、・・・などなど、
一回、すべての電気コードを抜いてコンポだけ再生してみてはいかがでしょうか。
それで、CDが正常に動作すれば、電源が原因でしょう。

あと、隣の家の人と仲が良ければ、となりの人の家にコンポを持って行って、
正常に再生できるかどうか確かめさせてもらうとわかると思います。
なかなか隣の人に「コンポを再生させてください」っとは言えないかと思いますが・・・。


ノイズっというのは、原因を特定するのがとても難しいものです。
簡単にAC電源とは言えないですし、CD、アンプ、自体がノイズを発生していますし。

あと電源のノイズが原因でCDを読み取らないことはないと思います。
それは、CDプレーヤーか、CDに傷や曇りがある。のではないでしょうか。

私も中古でONKYOのINTECシリーズのCDプレーヤーを3台購入したことがあります。
そのなかで1台だけ、CDをなかなか読み込まない、10曲以上になると音が割れる。っという状態でした。
安かったので、中をあけてみました。

良く見ると、ピックアップの調整つまみが3つありました。
もう手元にないので、なんというつまみかハッキリとおぼえてませんが、ピックアップの下にひとつ、
あとは、基盤に「ゲイン」と「フォーカス」だったと思いますが、小さなボリュームみたいなものがありました。
その3つをほんのちょっとまわすだけで、再生しなくなったり、再生したりします。
この3つを程よく調整するのは、非常に時間がかかりましたが、結果的には直りました。

なので、質問者様のコンポも、もしかするとピックアップの
調整がうまくいっていないのではないか・・・。っということも考えられます。

昔、CD-Rを読み込めたり、読み込めなかったりするCDプレーヤーがありましたが、
それも中をあけて、基盤についているつまみをほんのちょっと回したら、普通に再生できました。
そのCDプレーヤーはひとつしか、つまみを見つけることができませんでした。
きっともっとあるんだと思いますが直ったのでよかったです。

なので、質問者様の「プチプチノイズ」「音が割れる」「読み込まない」
っという症状から考えて、素人では手に負えないのではないかと想像します。

ノイズ対策グッツはとても高いです。
一番のノイズ対策は、音楽を聴くときには、家電製品をコンセントから抜くことです。
しかし、それは現実的ではないです。

もし、隣の家から大量なノイズを発している機械があり、
それが電源を汚している原因だとしても、それはどうすることもできません。
そうなったら電柱から分離してもらうしかないです。

電柱の上の乗っかっているバケツのような形をしたものが、送電線からやってきた
6600ボルトの電流を家庭用の100(または200)ボルトに落とすトランスです。
ここから電流が各家庭にいってます。
各家庭をよくみるとそのトランスあたりから電線がつながっています。
このバケツは1個で十数世帯を余裕でカバーするそうです。

このトランスを自分専用にすると、周りの家庭から電源の影響をうけない、電流や電圧も安定する。
っということで10年近くまえに、たまに記事にでてました。
ジャズ評論家の「寺島靖国」さんが実際にやっています。

しかし、そんなことはできない(やらない)のが普通です。

あとは、ブレーカーの分電盤をオーディオ専用をひとつ作り、
そこからオーディオ用の電源をとる人もオーディオマニアの方にはたくさんいます。
家電製品の影響をうけずに、オーディオにすこしでもキレイな電源を届けるためです。


ちなみに、今までお使いのコンポはありましたか?
もしあったのであれば、そのときはCDに不具合はありましたか?
そういうことも含めて、保証期間内なのですから、お金を使う前に、
「本当に電源ノイズが原因」なのか、「コンポ本体の問題」なのか
確認作業をした方がよろしいかと思います。

そして、どうしても改善しないというのであれば、
返品も視野にいれてみてはいかがでしょう。

前回の質問を読みましたし、私も前回の質問にお答えしました。
内容がクリーナーだったので、クリーナーのことしか書きませんでした。

私が思ったことは、電源が原因であれば、CDだけにその症状がおこる
っということはないと思うのです。

ラジオを聴いても、他の音源を聴いても、電源のノイズが原因なら
同じくノイズの症状はでると思うのです。

そして、音をなにも出さない状態で、アンプのボリュウムをかなり上げてみてください。
たぶん、無音か小さな音で「サー」っとなる程度だと思います。
電源ノイズ...続きを読む

Qターンテーブルのアース線

ターンテーブルをAVアンプに繋げたいのですが、アンプまで2mあります。
電源コードと赤白コードは延長できたのですが、
アース線って延長できるのでしょうか。
何を買ってくれば良いでしょうか。
ご存じの方教えて下さい。

今はアースを接続していないのでブーンとノイズがなりっぱなしです。

Aベストアンサー

はじめまして♪


最初に、アースがあるターンテーブルからの信号は、他のケーブルなどと違いとても微小電力を送るため、できたら延長など避けることが第一です。

アース線は乱暴に言えば電気が通れば一応機能します。(針金でも ね♪)

実際には出来るだけ電気抵抗が少ない太い電線を用いたいのですが、実用上から細い方の電源用延長コードや、安いスピーカーコードが適していると思います。

電気店やホームセンターで「アース線」を探すと、緑色で細いけれど硬い電線が目に付きます。これは屋外用に適した単線の導体のため、針金のように硬いので頑丈ですが、扱いにくいと思います。

また、アース線の延長にはコネクターなどが無いので、ずれたりしないように半田付けするなど細工してください。ここの接続が不安定だと不規則なノイズなどで悩まされてしまう可能性が高いからです。

また、アースを延長したのに、まだノイズが残っている状態の場合ですと、延長した信号ケーブルがフォノ用で無い影響も考えられます。
根本的には先に書きましたが、延長しないセッティングを目指すべきだと思います。(ターンテーブル間近にイコライザーアンプを置き、ラインレベルに増幅してからAVアンプまで延長させ、AVアンプのライン入力AUX等に接続など、、、)

はじめまして♪


最初に、アースがあるターンテーブルからの信号は、他のケーブルなどと違いとても微小電力を送るため、できたら延長など避けることが第一です。

アース線は乱暴に言えば電気が通れば一応機能します。(針金でも ね♪)

実際には出来るだけ電気抵抗が少ない太い電線を用いたいのですが、実用上から細い方の電源用延長コードや、安いスピーカーコードが適していると思います。

電気店やホームセンターで「アース線」を探すと、緑色で細いけれど硬い電線が目に付きます。これは屋外用に...続きを読む

Qオーディオのアース線として使えるコード

 否定される方が多いのですが、自分の環境ではどうやらエアコンのコンセントにあるアースにオーディオのアースを接続しても、音が明瞭になる気がします。勿論ノイズも発生しません。アースループは絶対起こらないように工夫しています。結果、CDPにアースを施すと良い事が判明しました。(海外性でアースする事が前提だったからなのか、その真相は不明ですが。)

 前置きが長くなりましたが、このアース線がホームセンターで購入した物でVVFコードの中身のような固い緑色の線です。これを壁から垂らすと目立つし、取り回しも大変です。資格もなくコードを壁に打ち付ける事も出来ません。そこで、せめて普通の柔らかい、色もあまり目立たないコードで同じ事が出来ないかと考えています。例えば部品屋で売っているリード線のような細い物や、安価なスピーカーコードを割いて使う等。こういう事をしてはだめでしょうか?

 また、このアース線がアンテナのような作用をしてノイズを拾うような事があるかもしれませんよね?これについても何か簡単な対策が出来ないかと考えています。最初から同軸ケーブルを使うといいでしょうか?フェライトコアでは高周波しか取れないと聞きます。可聴帯域に有効な対策があればご教授ください。

 素人で誤り等あるかもしれません。回答よろしくお願いします。

 

 否定される方が多いのですが、自分の環境ではどうやらエアコンのコンセントにあるアースにオーディオのアースを接続しても、音が明瞭になる気がします。勿論ノイズも発生しません。アースループは絶対起こらないように工夫しています。結果、CDPにアースを施すと良い事が判明しました。(海外性でアースする事が前提だったからなのか、その真相は不明ですが。)

 前置きが長くなりましたが、このアース線がホームセンターで購入した物でVVFコードの中身のような固い緑色の線です。これを壁から垂らすと目立つ...続きを読む

Aベストアンサー

アースの取り方の最良点(と思われる)が判明したら、それを維持することが必要です。
目的のアース線は商用電源供給や漏電対策が目的ではありませんから、「コードを壁に打ち付ける事」は制約はありません。
対策を確認されたアース線が「VVFコードの中身のような固い緑色の線」であれば、同等のコードを用いてください。より細いものはダメです。「安価なスピーカーコード」でも内部導線部分が同等な「撚り線ならば撚り線、単線ならば同じ太さの単線」構造になっていれば変化は無いはずです。

オーディオ系に関しては同軸ケーブルの出番は無いはずです。有るとすれば単なるシールド線ですが、アンバランス信号接続で使われます。できるだけ短くするのがシールド側の電位差発生(ノイズ根源)排除に有効です。
フェライトコアは可聴周波数を越えた高周波機器(電波放送受信機器など)には有効ですが、オーディオ機器に関しては疑問です。

ともかく、試行錯誤ででも、最良状況を確認されたのであれば、同等の処置をしたほうが懸命です。
「結果、CDPにアースを施すと良い事が判明しました。」とは、システム接続や各機器アース配線を図示した場合、「アースループは絶対起こらないように工夫しています。」を満足するならばそれが最良です。多くの失敗は、実際を図示できない(余計な配線がある、経路が違う、など)が原因です。

アースの取り方の最良点(と思われる)が判明したら、それを維持することが必要です。
目的のアース線は商用電源供給や漏電対策が目的ではありませんから、「コードを壁に打ち付ける事」は制約はありません。
対策を確認されたアース線が「VVFコードの中身のような固い緑色の線」であれば、同等のコードを用いてください。より細いものはダメです。「安価なスピーカーコード」でも内部導線部分が同等な「撚り線ならば撚り線、単線ならば同じ太さの単線」構造になっていれば変化は無いはずです。

オーディオ系に関し...続きを読む

Qフォノ入力からのノイズ

フォノ入力からのノイズに困っています。(アンプはソニーTA-F555ESR)
アンプの経年変化によるフォノ入力の劣化が原因かと考えていますが、
レコードプレイヤーを正規にフォノ入力した場合のみノイズが発生する事がわかりました。
ボリュームを9時以降回した辺りからノイズが目立ち始めます。ハムノイズのような音です。しかもレコードプレイヤーの電源は入れていないにも関わらずです。
ほかに試した事を紹介すると、
CDプレイヤーをCD入力ないしは別のライン入力した場合はノイズはありません。
CDプレイヤーをフォノ入力した場合、ボリュームのみの操作でもノイズはありません。
(音を出した場合は当然歪んでしまいますが。)
レコードプレイヤーをCD、ないしはライン入力の場合、ボリュームのみの操作でも
ノイズは出ません。(音を出した場合は当然音は小さい音で鳴りますが。)
ちなみにレコードプレイヤーは電源、アームのインナー、
音声のケーブル類を交換してあります。
どのような事がノイズ発生の原因として考えられるでしょうか?
やはりアンプの経年変化による劣化が原因でしょうか?
宜しくご回答のほどお願いします。

フォノ入力からのノイズに困っています。(アンプはソニーTA-F555ESR)
アンプの経年変化によるフォノ入力の劣化が原因かと考えていますが、
レコードプレイヤーを正規にフォノ入力した場合のみノイズが発生する事がわかりました。
ボリュームを9時以降回した辺りからノイズが目立ち始めます。ハムノイズのような音です。しかもレコードプレイヤーの電源は入れていないにも関わらずです。
ほかに試した事を紹介すると、
CDプレイヤーをCD入力ないしは別のライン入力した場合はノイズはありません。
CDプレイヤーを...続きを読む

Aベストアンサー

プレーヤーをメンテナンスされたことと挙げられた症状から以下の点が疑われます。

・音声ケーブルの+線か-線のどちらかがトーンアームに接触している

・アース線がトーンアームとの接触が不十分

・音声ケーブルとアース線が接触している

ケーブル類を交換されたとのことから端末処理やはんだ付けの不備が考えられます。
そのためにプレーヤー側でハムノイズを誘引しているのでしょう。
そう考える要因が
「CDプレイヤーをフォノ入力した場合、ボリュームのみの操作でもノイズはありません。」
からです。
アンプ側の経年劣化であれば何を繋いでもノイズは出るはずです。

プレーヤーの音声ケーブル、トーンアーム内部コードそれぞれを今一度チェックしてみてください。
たった一本の素線がはみ出していたのが原因だったりします。

Q壁コンセントの交換について(アースが取れない)

壁コンセントを変えると音がかなり良くなるとのことでCSE CON-1というのに交換しようとしたのですが、家の壁コンセントの中を見てみると黒と白の線が2本あります。
それを付け替えればいいと思うのですが、交換したいCSE CON-1がアースつきの(ホスピタルグレードというのでしょうか)緑の線がついていて、取り付ける場所がないんです。
電気屋さんに依頼するつもりで聞いてみたのですが、
アースをつけられる所がないと交換する意味があまりないと言われました。(材質的なものでは良いかもしれないが、効果は体験できないとのことでした。)
家は築約8年の団地で、普通の一般家庭の壁コンセントには(穴が二つ)アース(三つ目の穴)はついてないと思うのですが、やはりアースが取れないようでは交換しても効果が得られないのでしょうか?

Aベストアンサー

壁コンセントの交換は、かなり音に影響を与えます。アースがとれていようがとれていまいが、コンセント(レセプタクル)の交換だけで、場合によっては機器を変える以上の変化が出ることも多々あります。(同様に、電源ケーブルの先についているプラグを変えることでも音が変わります。)

アースに関してですが、私の環境では繋がっていません。2階なので工事が面倒ですし、何より大掛かりになりますし、もう建物自体が新しくはありませんから、その辺りは気にしないことにしています。
ちなみに、エアコンや洗濯機など他の電器と共用すると、かえってそのノイズが流れ込んで不都合であるという意見もあります。下手なアースならしない方が良いとも聞きましたので...

兎も角、レセプタクルの交換だけでもずいぶんと効果はありますから、有資格者に依頼して、交換してもらってください。ケーブルは「ちび黒ホットのシロ長アース」だそうです。つまり、向かって下にアースピンの差し込み口がくるように設置し、左側が長いので白い線(中性線)、右側が黒(ホット)です。
(シロ=アースというのは、中性線が柱上トランスでアースされているからです。ただし、これを保安用アースとして流用したり、機器のアースとして使うことはできません。危険です。)

ちなみに、このレセプタクルでも、ものによって音がコロコロと変わります。CON-Iは使ったことがありませんが、個人的には、この手の先駆けともいえる松下のWN-1318(実際には、医療用として以前からあったもの)で十分という気がします。(「○○な音になります」的な製品は妙な色がつくように思います。)

壁コンセントの交換は、かなり音に影響を与えます。アースがとれていようがとれていまいが、コンセント(レセプタクル)の交換だけで、場合によっては機器を変える以上の変化が出ることも多々あります。(同様に、電源ケーブルの先についているプラグを変えることでも音が変わります。)

アースに関してですが、私の環境では繋がっていません。2階なので工事が面倒ですし、何より大掛かりになりますし、もう建物自体が新しくはありませんから、その辺りは気にしないことにしています。
ちなみに、エアコンや洗...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング