ちょっと変わったマニアな作品が集結

卓球暦3年の裏裏のドライブマンです。
ラケットはコルベルスピードをつかっているのですが
バックのラバーが決まりません。

ラクザ7を使っていて回転はかけやすく気に入っているのですが
ラケットが重くなってしまい思うように振り切れません。

似た感触でできるだけ軽いラバーを探しているのですが
なにかないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

コルベルスピード 90g と重めです。

インナーフォース・ZLC も最初その位で気に入っていたのに、去年は 83g 位に軽くなってました。今、ホームページ見ると 89g とマシになってます。90g で注文したのに、1番 近いのが 86g だったので仕方なしに使ってるのですが、買い直そうかなぁ

コーチは 「ラケット・ラバーは振れるんだったら、重ければ重いほど良い。威力が増す。中から厚、厚から特厚に変えていくのは慣れるけど。重いのに慣れたら、軽くできない」 と言って、中から厚、厚から特厚にしました

スクールに入る前は 「僕は軽いラケット、ラバーでないとダメだ」 と思い込んでて、重量指定をして軽いラケット探したり、ラバーでも軽いの重量指定してお店が問屋さんからすごい嫌がられたと言ってました

でも、僕は素直なので、コーチから言われたことは、「エッ! 無理」 と思いながら、できるまでします。ラバー重いのに変えた数日は 「僕には無理では?」 と悩んでましたが、慣れます

ただ、コーチによっては、「特厚はレシーブで弾みすぎ、コントロールが難しい。打った感覚が鈍い」 と 厚に戻すよういうコーチがいたり、僕よりはるかに上手な選手で 「厚使ってたけど、重くて中にした」 というおばさんがいたりするので、人それぞれ自分にあった重さがあるのかもしrませんが、、、

そういうコーチ、おばさんの打ち方を見てると、動きが硬いです

腕力で打ってる感じがするので、見ていてこっちが疲れそうです

手とかぶらんぶらんで脚の体重移動、体の回転で打つと腕は全然 疲れないので、力を抜いて打つ打ち方を心がけると重くても大丈夫です

ラクザ7に似たラバーというと、ラザント パワーグリップ、テナジー05、オメガVプロ、エボリューションMX-P どれも良くてお勧めです。重いという人もいますが、僕にはどれも重さの違い感じません。ラクザ7ソフト、アルヘルグは僕には柔すぎました

ankotappuri さんが今、特厚ならラクザ7 厚にするとかでも良いと思います
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとございました。

確かに動きかたいとよくいわれます…
そこも見直したいとおもいます!

お礼日時:2014/10/12 22:10

昨日、アルヘルグをインナーフォースにはり、クラブの新しいラバー好きの上手な人と打ってみました。

その人の意見は柔らかいとのことで時々ネットしてました。僕が使っても、フォアでの飛距離が小さいでした。サーブの回転もテナジー、ラクザ7と比べると少ないです。でも、ゲームでは強打は決まるし、特に問題ありません。友達、コーチとは来週、検討予定です
    • good
    • 2

↓ラクザ7ソフト、アルヘルグは僕には柔すぎました



アルヘルグ、もう使ったんですか?
    • good
    • 5

LO


VEGA
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
ヴェガもいいラバーですよねー。

お礼日時:2014/10/12 22:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卓球 バック面ラバー お薦め

中一の卓球部員です
長期休みを切っ掛けにカットマン(もとはドライブマンです)からドライブマンに転向しようと思い
攻撃型のラケットとラバーを買おうと思ったのですが
バック面のラバーがなかなか決まりません
そこで、お薦めのバック面ラバーを教えていただけないでしょうか?(できればニッタクで)
ラケットはニッタクのバイオリン
フォアラバーはニッタクのファスタークG-1です
カットマンだったので後ろから打つ癖ができているので
できるだけ高弾性のものがいいです
今のところ候補は
ファスタークs-1
キョウヒョウシリーズ
スレイバーです
スピンとコントロールを重視しています
予算は4000円程度です(バック面ラバーの)
回答をお待ちしております

Aベストアンサー

バック面のラバーは一般的に柔らかめがいいと言われています。フォアと比べてバックは強いボールを打つのが難しいため食い込みやすい柔らかいスポンジのラバーの方が回転もかけやすく安定した打球ができると思います。
その理屈からすると候補の中から真っ先に外すべきは硬い粘着ラバーのキョウヒョウです。おそらく上級者でもバックに粘着ラバーを使用している人はほとんどいないと思います。またスレイバーも硬めなので質問者様が初級レベルならおすすめできません。ただし、スレイバーELかFXならスポンジがソフトなのでいいと思います。
おすすめのラバーですが、これは質問者様のレベルによって変わります。
卓球を初めて間もないならフレクストラがかなりおすすめです。柔らかくてつかいやすいですし、バックドライブの習得にはもってこいです。
とりあえずバックでドライブをうてるようになった、というくらいでしたらマークファイブかスレイバーEL、エクステンドがおすすめです。
さらに上達してくればヴェガヨーロッパなどはかなりおすすめです。値段の割に高性能で回転もスピードも満足できると思います。
ラバーはレベルに応じて変えていくのが上達への近道かと思います。
参考になれば幸いです。

バック面のラバーは一般的に柔らかめがいいと言われています。フォアと比べてバックは強いボールを打つのが難しいため食い込みやすい柔らかいスポンジのラバーの方が回転もかけやすく安定した打球ができると思います。
その理屈からすると候補の中から真っ先に外すべきは硬い粘着ラバーのキョウヒョウです。おそらく上級者でもバックに粘着ラバーを使用している人はほとんどいないと思います。またスレイバーも硬めなので質問者様が初級レベルならおすすめできません。ただし、スレイバーELかFXならスポンジが...続きを読む

Q粘着ラバーに合うラケット(シェーク)は?

高弾性やテンション系に浮気していた元粘着ユーザーです。
「いろいろなラバーを使ってみよう」ということでしばらく粘着から離れていましたが、久々に友人のキョウヒョウで打ったところ、「やっぱり私の筋肉ドライブ(笑)に付き合ってくれるのは粘着しかない!」との結論に達しました。

前置きがアレな感じになりましたが、本題に入らせていただきたいと思います。

ラバーを粘着に変えるのに合わせてラケットも買い換えようと思います。 いくつか候補を絞りましたが、どのラケットが粘着ラバーと相性が良いでしょうか?(もちろん、これら以外のラケットで良さげなものがあればご紹介ください)
・粘着時代に使っていたラケットの後継、孔令輝スペシャル
・ユーザーの評価良し、ティモボル・スピリット
・同じく、コルベル・スピード
・たまには奮発(笑)、バイオリン

私の戦型は前~中陣の回転重視の両面ドライブ、ラバーは両面キョウヒョウ(PRO2)あたりを考えています。
よろしくお願いします。

……友人から「プロで両面粘着なんてあんまりいないよ」「単調になる」とか言われても、自分で打ってて楽しいければいいんですー

高弾性やテンション系に浮気していた元粘着ユーザーです。
「いろいろなラバーを使ってみよう」ということでしばらく粘着から離れていましたが、久々に友人のキョウヒョウで打ったところ、「やっぱり私の筋肉ドライブ(笑)に付き合ってくれるのは粘着しかない!」との結論に達しました。

前置きがアレな感じになりましたが、本題に入らせていただきたいと思います。

ラバーを粘着に変えるのに合わせてラケットも買い換えようと思います。 いくつか候補を絞りましたが、どのラケットが粘着ラバーと相性が良い...続きを読む

Aベストアンサー

世界最高レベルの中国選手は粘着ラバーユーザーが多いですよ。
ニッタク天極3等も御勧めします。
ニッタクの粘着ラバーはスポンジが硬いので、中強打すれば飛びます。
粘着ラバーの欠点に重いが有ります。
なので一般的にラケットは軽量で弾む物が良いのかと。
記された中ですと孔令輝スペシャル(平均重量84g、スピード:ファースト)も良いでしょうね。

参考URL:http://eshop.butterfly.co.jp/html/item/001/002/item1433.html

Qテナジー05 テナジー64両方使った人

質問です。テナジー05と64を使った人に質問です

-前置き-自分の戦型、使用ラケット(当時)

(1)ドライブの「感触」「回転量」「スピード」「自在性」

(2)サーブの「感触」「回転量」「自在性」

(3)上回転&レシーブの「自在性」

(4)自分の使ってみての感想

これらを05と64を比較しながら教えてくださいおねがいします

Aベストアンサー

中3でシェーク裏裏ドライブ型です。
現在はティモボル・ALCにキョウヒョウ3NEO(特厚)とテナジー64(特厚)を使っています。
テナジー05はおととしの12月から去年の12月まで使ってました。

では本題に。

(1)
ドライブの感触は
05が球持ちが良く、本当に「ひっかける」という感じでした。
64は05よりも少し球離れが速くて、若干05よりスピードのあるボールを打てます。
どちらかというと64のほうが打球感が柔らかく感じました。
はっきり言って、パッケージに書いてある通りでした。
回転量は05のほうが上です。
05は両面、64は現在バック面に使ってますが、バックドライブをして
「回転かかってる」という感覚を持てました。
64も回転はかかるんですが、05には劣りますね。
64に変えてからはスピードは出るようになりましたが、
ゆるいバックドライブでも回転のかかってた05とは違い、64でゆるく打つとやっぱり軽々と返されます。
自在性は、05のほうが上ですかね。
05のほうが打っていて安定します。

(2)
サーブの感触はドライブと同じく05のほうがひっかけてるという感覚があります。
回転量も05のほうが上だと思います。
ただ、自在性という点では、個人的には64かなと思います。

(3)
上回転というのは普通にフォア、バックで打つということでしょうか?
自在性はフォアだと05、バックだと64かな。
64はバックのほうが使いやすいです。
レシーブは、ストップ・ツッツキの切れ味は05のほうが上です。
フリック、台上ドライブは64のほうが上です。
チキータはどちらかというと05のほうがやりやすいと思います。

(4)
05はやっぱり「回転がかかるな~」というのが第一印象でした。
両面05を使っていて、ループドライブなんかしたら相手はオーバーミスばかりしてました。
半年ぐらいは「ずっと05を使っていこう!」と思ってましたが、
秋ぐらいになってスピードに物足りなさを感じ64に変えました。
64を最初に使った感想は「球が速い」ということでした。
05は球持ちが良すぎて、引き合いなどになると思いきったボールが出せませんでしたが、
64にしてからはスピードのあるボールが打てるようになりました。
それに、64はブロックもやりやすかったです。


長々しく、かなり個人的な意見も多かったと思います。すみません。

僕の前に回答した人たちがおっしゃってるように
実際に打ってみることが一番です。
打ってみて「こういう感じなんだ」というのを体で覚えるのがいいと思います。
でも、実際に打つことができないならこういうふうに質問してみるのもいいと思います。
ただ、質問の回答はあくまでも参考程度に。

ラバー選び、楽しんでくださいね!

中3でシェーク裏裏ドライブ型です。
現在はティモボル・ALCにキョウヒョウ3NEO(特厚)とテナジー64(特厚)を使っています。
テナジー05はおととしの12月から去年の12月まで使ってました。

では本題に。

(1)
ドライブの感触は
05が球持ちが良く、本当に「ひっかける」という感じでした。
64は05よりも少し球離れが速くて、若干05よりスピードのあるボールを打てます。
どちらかというと64のほうが打球感が柔らかく感じました。
はっきり言って、パッケージに書いてある通りでした。
回転量は05のほうが上...続きを読む

Qテナジー使用について

自分はテナジーを貼っていますが、最近ネットでテナジーは初、中級者は使ってはいけないなどという言葉がよく目につくようになりました。
上達しなくなるだとか。

・・・自分はどうなんだろうかという疑問が生じてきました。
なのでわかっている方に質問させていただきます。
ずばり、どのレベルになったらテナジーを使ってもいいのですか。
初級者、中級者、上級者の区切りはどこですか。
自分は市16(最高8)、中信16、県32のものです。
まだ、使ってはいけないのならどんなラバーがいいですか。
まだまだ高弾性ラバーで十分でしょうか。

自分はコントロールラバーから高弾性、テンションといろいろ使い、上達?と時と共に回転量、スピードなどに不満を持つようになりました。
先輩に「お前テナジーでいいんじゃね?」といわれていテナジーに乗り換えてから回転量、スピードともに満足しています。しかし、完全に生かしきれているかはわかりません。

これからも卓球を続けていきたいので良い選択をしたいです。

質問たくさんになってしましました。難しい質問かもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言ってしまえば、自分の使いたいラバーを使えば良いんじゃね?w

それじゃアレなんで、テナジーってオート(自動)で回転掛かっちゃうだろ?
自分で努力して回転かけようとしなくなる…結局ラバー頼りになる。
手打ちでもそれなりの球打てるしなwww
その奥の「領域」に踏み込まなくなる可能性が出てくるんだな。

因みにさぁ、テナジーでイレギュラーバウンドする位のドライブ、打てる?
最大回転をかければ、その位は出来るし、それ位の技術を持ってないとテナジーの真のポテンシャルを引き出すのは難しいな。


初級・中級云々、人各々だからなぁ区分けなんて。
自称中級の初級者がウジャウジャしてるしなwww

俺の考える中級は、一通りのショットと技術を、安定して駆使出来る者かな。
その中でも全国クラス以上を上級とみてるけど。


実際、県上位クラスでないと、使いこなせてないんじゃないかとは思うけどね。
多分、その成績では何使っても大して違いは無いと思う。君の住んでるトコが強豪ばかりなら話は別だけどwww

Q特殊素材ラケットは上達の阻害!?

特殊素材ラケットは上達の阻害!?
掲示板を見ていると初心者には特殊素材ラケットは上達の阻害になるという意見をよく目にします。どの位のレベルに到達すれば特殊素材ラケットを使用しても良いとなるのでしょうか?例えば、フォアラリーが100回、バックラリーが100回などご意見御座いましたら教えてください。ちなみに現在使用しているラケットはプリモラッツカーボンを使用しています。バックハンドブロックで対ドライブを止めることは出来るのですが、弾こうとするとオーバーしてしまい悩んでおります。オーバーするのであれば面をもっと被せるのが基本だと思いますが、木材合板に戻そうかとも考えております。皆様のご意見宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が空いてきました。(keykeykeykeykeyには何故か申し訳ない気がするのですが)
 
 カットを考えていると、王輝選手の技術説明でカットの変化をつけるのに、切る方法はラケットの下部でボールを捉えボールの後ろを切り下ろす。切れていないカットはラケットの上部でボールを捉え擦り切る距離を短くするのです。
 通常のロング打法やドライブなどはラケットのスイートスポットでボールを捉えることが原則ですが、カットはラケット面のどこでボールを捉えるかが大切なことだと気付きました。そうすれば中心部にスイートスポットが集約されている用具は?
 ラケットのどこでボールを捉えてもスイートスポットのない用具の方が合理的ではないでしょうか。サーブの方法でもこのような方法で変化をつける人がいます。

 現状、考え方がまとまっていませんが一言で片付けられない思いを持ち始めました。

 日卓に契約選手のカットマンは一時期ビオンセロを使用と添え書きがしていました。最近はティルナです。何故、ウィルトリアではないのでしょうか?それが疑問の始まりでした。

 

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が...続きを読む

QVEGAシリーズで皆さんのお勧めのを教えてください

中学2年の卓球部員です。
今度、今まで使っていたTENERGY05(両面)が高いのでVEGAシリーズの何かにしようと思っています。
自分的には、”VEGA ASIA” ”VEGA EUROPA”のどちらかにしようと思っています。
EUROPAは回転はかかるけど、やらかすぎるらしく、ASIAはよく知りません。
戦型は、前陣で両ハンドドライブをしするぐらいです。
僕に会ったVEGAシリーズを教えてくださいお願いします
両面同じでもいいし、違ってもかまいません。
もちろん全然違うラバーでもいいです。
注文が多いですが回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アジアはヨーロッパと同じシートでスポンジはプロと同じ硬めのスポンジです。
私も両面ヴェガなのですがフォアはアジアでバックはヨーロッパを使用しています。
以前はフォアにプロを貼っていたのですが自分には少し硬すぎると思いスポンジの硬度は同じでもシートは柔らかいアジアにしたところだいぶ使いやすくなったと感じました。
私の意見としては質問者様が当初に検討されていたフォアアジア、バックヨーロッパがヴェガシリーズで選ぶなら最も無難かと思います。どのラバーのシリーズでも同じだと思いますがまずは中間的な性質のものから試した方がいいと思います。例えばフォアドライブを打った時アジアでは柔らかくて擦るドライブが打ちずらいと思われた場合はよりシートが硬いプロにすればいいですし、もっとラバーに食い込ませたいと思ったらスポンジの柔らかいヨーロッパ(バックに貼ってあれば反転して試せます)にすればいいわけです。
ヴェガは低価格ですがとても性能のいいラバーなので技術が確かなら両面テナジーの人にだって試合で勝てると信じています。といっても何故か両面テナジーの人は本当に強い上級者か単なる道具マニアの初級者に二極化されているような気がしないでもないですが。
話がそれましたが参考になれば幸いです。

アジアはヨーロッパと同じシートでスポンジはプロと同じ硬めのスポンジです。
私も両面ヴェガなのですがフォアはアジアでバックはヨーロッパを使用しています。
以前はフォアにプロを貼っていたのですが自分には少し硬すぎると思いスポンジの硬度は同じでもシートは柔らかいアジアにしたところだいぶ使いやすくなったと感じました。
私の意見としては質問者様が当初に検討されていたフォアアジア、バックヨーロッパがヴェガシリーズで選ぶなら最も無難かと思います。どのラバーのシリーズでも同じだと思いますがま...続きを読む

Qラバーの貼り方

これまで何度か、自分でラバーを張り替えてるのですが、張り終えた後、ピン球を弾ませると、鈍い音がして、弾みません。
強めに打つと弾みます。

また、ラバー保護用の粘着シートを付けたままだと、軽い音でコンコンと弾みます。

見た目浮いてる感じはないのに、自分の貼り方が悪いのか、教えてください。
特に、ラバーをラケットに貼るときのコツなどです。

インターネットや参考本などもいろいろ見て、自分なりに理解したつもりですが、なんか納得できてません。
できれば、特別な道具を使わないで貼りたいです。

ラバーはエクシズ F-1 21です。

【私の貼り方】
1.グリップ側だけをラケットに当て、グリップとラバーがくっつくように慎重に位置を合わせる。
  この時ラバーが左右に傾かないように、中心を合わせるように位置決めする。
2.グリップ側から少しずつラケットに乗せていき、同時にラバーフォームの筒を使って、転がせるように押さえていく。
  この時の力加減は少し強めに押さえています。
  また、ラバーを手で伸ばすようには引っ張らず、ラバーの弾力のまま重ねていってます。
3.ラケットの先まで押さえたら、ラケット全体をまんべんなく、グリップ側から、ラバーフォームの筒を何度か転がすように少し強めに押さえていきます。
4.終わったら、最後に雑誌など少し重量のあるもので1時間~2時間程度押さえています。

上記の事を表面、裏面とも行っています。


この中で、わからないのは、力加減だったり、何か注意点などがあるのでしょうか?
左右に引っ張りながら張った方がいいとか?

いつまでたっても貼り方がうまくならず、困っています。
ネット動画などは簡単にはってるように見えるのですが..

弾みが悪いのはラバーの性能ではなく、自分の貼り方が悪いんじゃないかと思っています。
上手な貼り方やコツみたいなのがあれば教えてください。

よろしくお願いします。

これまで何度か、自分でラバーを張り替えてるのですが、張り終えた後、ピン球を弾ませると、鈍い音がして、弾みません。
強めに打つと弾みます。

また、ラバー保護用の粘着シートを付けたままだと、軽い音でコンコンと弾みます。

見た目浮いてる感じはないのに、自分の貼り方が悪いのか、教えてください。
特に、ラバーをラケットに貼るときのコツなどです。

インターネットや参考本などもいろいろ見て、自分なりに理解したつもりですが、なんか納得できてません。
できれば、特別な道具を使わないで貼りたいで...続きを読む

Aベストアンサー

接着剤を塗る量も関係していると思います。
私も質問者様と概ね同じように貼っています。
ただ、貼り終えた後に重りを乗せるのは不要かと思います。
私はフリーチャック2を使用していますが、ラバー、ラケット共に満遍なく塗れる範囲内でなるべく薄く塗るようにしています。後は乾いたらグリップ側を合わせてラバーを貼りラバークリーナーの缶をローラー代わりにして圧力をかけ過ぎないように前後左右に転がし空気が入らないように着けています。
参考になれば幸いです。

Q卓球 バック ラバー

卓球歴4年目の高校生男子です。戦型はシェーク裏裏の攻撃型です。
バックのラバーを何にしようか迷っています。
今の用具は、ラケットはインナーフォースALCで、バックのラバーはラウンデルです。
ラウンデルで問題はないのですが、もっといいラバーがあればなと思っています。なければそのままラウンデルを使う予定なんですが笑
いろいろ調べてるとヴェガシリーズの、ヨーロッパとエリートがバックに向いてるらしいんです。
テナジーに近くて安いというのでいいなと思うのですが全くどんなラバーなのか分かりません。
なにかその2つのラバーについて知ってることがあったら教えてください。
とくに
・重量
・台上のプレーが安定しやすいか
・バックドライブは安定しやすいか
です。ほかにもいろいろ知りたいです。
で、それを踏まえて
・ラウンデル
・ヴェガヨーロッパ
・ヴェガエリート
のどれがオススメか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヴェガヨーロッパは私も発売当初からバックに使用していますが、回転もかけやすいですし性能も価格にも満足しています。
感覚的なことなので誰もがそう感じるか分かりませんが、球離れはテナジー64より速いと思いました。
重量は少し重めの部類ですが、テナジーよりは軽いです。(ヴェガシリーズのなかで比較してもヨーロッパとエリートはソフトスポンジなので軽く、プロとアジアはハードスポンジなので重い)
ラウンデルと細かく比較できれば良かったのですが、ラウンデルは少し使わせてもらったことがあるだけだったので重量などはよく分かりません。ただ、ラウンデルもバックドライブがとても打ちやすいと思いました。
結論としてはラウンデルのままでもいいと思いますが、ヴェガヨーロッパも試す価値は十分にある、ということです。
また、他のおすすめラバーとしてヤサカのエクステンドがあります。個人的にはバックドライブの安定感と使いやすさでいえばラウンデルやヴェガより上だと思います。
参考になれば幸いです。

Qグリップテープについてのルールは?

こんにちは、シェークハンドでピンポン がんばっています。
大きな悩みがあります。それは、シェークハンドのグリップに汗が付いて滑ってしまう事です。グリップテープを巻きましたが、汗を吸ってじきにテープの粘着を落ちて剥がれやすくなります。また、汗を吸って清潔感もなくなります。それよりグリップ側が、テープに染み込んだ汗とラケットの柄にも染み込み二重に重く感じられます。
そこで質問です。
最近になってある地元の職人さんが、あるプロスポーツ選手からも認められている滑り止めがある事を発見しました。これは、卓球のラケットにも抜群です。手作りの手触り感は、すばらしく肌理の細やかさ・耐久性・加工性どれをとってもいままでのグリップテープの次元を超えています。しかし、いくら良くてもこのテープを貼って卓球の試合に出たら失格では意味がありません。ラケットグリップ部位に貼るものに何か規定がありますか?知っている方、教えて下さい。

Aベストアンサー

写真で見る限り、全く問題ありません。
むしろ、メーカーにこのタイプのグリップテープを発売してもらいたいくらいです。
これで文句をつけてくる人はまず居ない筈です。
使用可能かどうかは、公認品であるかどうかにかかわらず、最終的にはその大会の審判長に委ねられます。
もし試合相手がいちゃもんを付けてきたら、審判⇒審判長まで上告して争いましょう。f^_^;
必ず勝てます。

Q前陣ドライブ型 テナジー

こんにちは。中2で卓球をしています。

前陣での両ハンドドライブ型です。


食い込ませてスピードのあるドライブで、一発で抜くのが主な得点源です。

自分は非力なので、あまり硬いラバーでは食い込ませる事ができません。今もヴェガヨーロッパを使っています。

ヴェガではスピード不足と感じてきたので、フォア面のラバーをテナジーに替えようと思ったのです。

そこで質問なんですが

(1)テナジーで一番柔らかいのは64と聞きますが、ヴェガアジアぐらいでしょうか?

(2)05と64では台上のやりにくさはかなり違うものなのでしょうか?それともほぼ変わらないのでしょうか?

(3)非力なのでなるべく軽くしたいので、中を貼るつもりですが、中では十分に食い込まないでしょうか?

県大会ベスト8レベルのものです。

駄文ですいません。

Aベストアンサー

初めまして。

私の観点で回答させていただきます。



(1)テナジーで一番柔らかいのは64と聞きますが、ヴェガアジアぐらいでしょうか?

  → 半年前程前に逆の変更しました。

   <バックハンド>
    【変更前】テナジー64(特厚) → 【変更後】ヴェガアジア(特厚)

     感想:(1)ほとんど同じ打球感です。違和感はあまり感じませんでした。
        (2)引っかかりが、若干64の方がありました。
        (3)寿命はヴェガアジアの方が短かったです。

     結果:ほぼ同じラバーと感じました。

        64の方が優れたラバーと思いましたが、金銭面を考慮しヴェガアジア
        に乗り換えました。



(2)05と64では台上のやりにくさはかなり違うものなのでしょうか?
  それともほぼ変わらないのでしょうか?

 → 全然違います。

  <05>:引っ掛ける技術がやり易いです。
       ― (1)切るツッツキ
       ― (2)ストップ
       ― (3)チキータ
     
  <64>:弾く技術がやり易いです。
       ― (1)フリック(払い)
       ― (2)流しツッツキ

    結果:自分としては、トータル的に台上は05の方が優れていると思います。

       過去に中国ラバーを使用したことがありますが、とても台上がやり易かったです。
       05は中国ラバーと近い感覚で台上ができる!というイメージです。



(3)非力なのでなるべく軽くしたいので、中を貼るつもりですが、中では十分に食い込まないでしょうか?

  → 一番難しい質問と思いました。

    自分の「ラケットの重さ」のとらえ方を超簡単に書くと以下となります。


    (1)ラケットを軽くする(中にする):スイングスピードUPで多彩な球種に対応できる
          :切り返しが早くなるので多彩な球種に対応できる
                     :台上がやりやすい

    (2)ラケットを重くする(厚にする):回転がかかる
                     :相手の威力を殺さず返球できる
                     :相手コートの深い場所に返球できる


   結果:個人差がかなりあると思いますが、県大ベスト8レベルでしたら、
      十分技術がお有りと思いますので、厚をおすすめします。

      理由をざっくりまとめると、格下には軽いラケットの方が勝ちやすい。
      格上に挑みたいなら、ある程度重量のあるラケットでないと苦しい。
      ですかね・・・。
      あくまでも、私のイメージですが。

      いずれにしても、相手の戦系や得意な技術によってラケットの重さの、
      有利/不利がかなり変わってくるので、一概には言えないですね。

      ベストは重いラケットでも高スイングで振れる!だと思います。(矛盾してますが)
      トッププレーヤーはやってますよね・・・。
      



長々と回答してしまいましたが、参考になればと思います。

初めまして。

私の観点で回答させていただきます。



(1)テナジーで一番柔らかいのは64と聞きますが、ヴェガアジアぐらいでしょうか?

  → 半年前程前に逆の変更しました。

   <バックハンド>
    【変更前】テナジー64(特厚) → 【変更後】ヴェガアジア(特厚)

     感想:(1)ほとんど同じ打球感です。違和感はあまり感じませんでした。
        (2)引っかかりが、若干64の方がありました。
        (3)寿命はヴェガアジアの方が短かったです。

     結果...続きを読む


人気Q&Aランキング