ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

江戸時代には現在の千代田区、中央区、江東区、台東区にあたる場所がよく出て来ます。
渋谷は今では非常に賑わっている街ですが、時代劇では聞いたことがありません。どういう街だったんでしょうか? また赤坂や六本木はいかがでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

江戸時代の渋谷は、諸侯や寺領のほかは幕府の直轄地として統治されていました。


渋谷の丘はほとんどが武家屋敷で、低地の水田地帯には農家が点在し、宮益坂と元広尾には商家がありました。
渋谷の地域は、江戸市街の繁昌にともない、江戸の郊外地として代官や村役人の支配をうけ、人々は名主の絶大な権力と五人組の連帯責任の中で生活していました。

渋谷の語源についてはいくつかの説がありますが、定説はありません。
•昔、この付近は入江であり、「塩谷の里」と呼ばれていました。
その「塩谷(しおや)」が「渋谷(しぶや)」に変わったとする説。
•平安時代の終わりごろ、このあたりの領主は河崎重家でした。
河崎重家は京都の御所に侵入した賊を捕えました。
この賊の名を渋谷権介盛国といいま した。
そこで、堀川の院は、河崎重家に「渋谷」の姓を与えました。
このことから、重家の領地であった谷盛庄が「渋谷」に変わったとする説。
•この地を流れる川の水が、鉄分を多く含み、赤さび色の「シブ色」だったため「シブヤ川」と呼ばれていたとする説。
•渋谷川の流域の低地が、しぼんだ谷あいだったからとする説。

以上、全て渋谷区のHPから。


赤坂には大昔海が奥深く入り込み、坂の下は海でした。長い間に海が徐々に引いて陸地となり、低地は耕作地となり高台とつなぐ坂道ができて、現在の街の原形ができました。「赤坂」の地名の由来は、その昔、現在の赤坂離宮(旧・紀伊徳川屋敷跡)のある高台で、茜が多く取れたことから茜山と呼ばれ、その坂を茜坂(赤根坂)と言っていました。その「あかねさか」の音が詰まって「あかさか」になり、付近一帯を赤坂と呼ぶようになったと言われています。
赤坂の本格的な始まりは徳川家康の入府に始まります。江戸城の造営に際し、江戸城の西に位置する赤坂台地に紀伊徳川家(現在の赤坂離宮・迎賓館周辺)をはじめ大身の旗本や大名を配置して江戸城西の守りを固めました。低地を流れる川は江戸城外堀として整備し、溜池は一時、江戸の水瓶として利用されていました。その名残が現在も「溜池」の地名として残っています。江戸城入り口に赤坂見附門が置かれ、門を出たすぐの坂下には幕下藩士、城内で働く職人方や庶民が住み、坂の上の高台は大名や旗本の屋敷町となって、その形が現在にも受け継がれています。

以上、赤阪五通り商店街のHPから。




「 六本木 」 という地名の由来には諸説あるようです。


[ 説 : その一 ]
その昔、六方庵という大屋敷があり、その庭に六本の松の木があったためにこう呼ばれたという説。

しかしながら、現在は、この大屋敷も六本の松の木も存在していません。

地名の由来は六本の木があったからだと伝えられるが、位置は不明と、文政11年 ( 1828年 ) に地元の名主が幕府へ差し出した文書に書かれていたそうです。


[ 説 : その二 ]
「 六本木 」 という土地は、江戸城にそう遠くない場所で、武家屋敷が多くあったそうです。

その中に、 「 上杉 」 、 「 朽木 」 、 「 青木 」 、 「 片桐 」 、 「 高木 」 、 「 一柳 」 という大名家があり、どの家も 『 木 』 に関係している苗字を持っていたので、そこから転じて、 「 六つの木の付く名前の家がある 」 から、 「 六本木 」 となったという説です。




ヒント
上杉家は、出羽米沢藩上杉家中屋敷 ( 飯倉片町 )
朽木家は、丹波福知山藩朽木家上屋敷 ( 赤坂今井谷 )
片桐家は、大和小泉藩片桐家下屋敷 ( 麻布鳥居坂 )
高木家は、河内丹南藩高木家中屋敷 ( 麻布笄橋 )
一柳家は、2家あるが、播州小野藩 ・ 伊予小松藩ともに佐久間小路 ( 西新橋 ) に上屋敷があってこれが最も近い。

つまり6大名家の江戸屋敷が揃って六本木地区にあったことはないらしい。


[ 説 : その三 ]
市三坂を登った高台には、昔、五本の榎が高くそびえ、品川沖からもよく見えたので漁師の道しるべとなっていたそうです。

この辺りは、武蔵野の雑木林で大木が生い茂げる土地でした。

その土地に、源氏に追われた平家の6人の落武者が逃れて来て力尽き、五本の榎の幼木を墓標がわりに植えて切腹し相果てたが、1人は肯んぜず、さらに落ち延び、一本松に至ってついに力尽き腹を屠して果てた。

そこで村人が供養してやり、五本榎と一本の松を入れ合わせ六本木といったという説。


[ 説 : その四 ]
江戸六方の男伊達がこのあたりに住んでいたので、六方気という言葉が訛り、いつのまにか六本木になった。

六本木という名の起源 ・ 由来については不確かな言い伝えが複数あります。


◯本木という地名
地名は、自然の形態、地形や土地柄、土壌、植物や産業、農鉱業から転じた名前が命名される場合があります。
六本木のように◯本木という地名は、全国各地に点在しているようです。
一本木 ( 北海道、埼玉県、富山県、長野県 )
二本木 ( 新潟県 )
三本木 ( 青森県 )
五本木 ( 東京都 )
七本木 ( 三重県 )
特に二本木、三本木が日本各地に多いようです。

遠方から見て、台地上の六本の松が目立ち、ごく自然に 「 六本木 」 という地名になった可能性があります。


麻布区史には
「 今の六本木辺に昔六本の松があったことに因ると云ひ、又一説に六本の榎があった為めと傳へる 」 と記されているようです。


“ どこに六本の木があるやら ”
江戸の初期の随筆集に、六本木というが、 “ どこに六本の木があるやら ” と書かれている文献もあったそうです。
“ 木は元々と生えていないのです ”
四つ木にも四本の木は生えていません。
それどころか、古くは日本橋の伝馬町あたりが六本木と呼ばれていたそうです。
馬をつなぐ木が横にならべてあったので、四つ木とか六本木とか呼んだらしいのです。


江戸時代に入ってから 「 六本木 」 が形成
六本木が一つの町として形成され たのは、江戸時代に入ってからのこと。

徳川 秀忠 二代将軍夫人の葬儀に功績のあった僧侶たちが、夫人の火葬場であった六本木の地を寺地として受領して起立したもの。

人気のない寂しいこの地に4つの寺を建て、門前町を開いたことに始まります。


真相は一体どの様なものなのでしょう。



以上、Yahoo知恵袋「 六本木 」 地名 由来の真相は?に対するnsawc_nfwsさんの回答。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/01 13:25

宮益坂の両側は渋谷宮益町と呼ばれるポツポツ人が住んでいる程度の街でした。


この宮益坂は富士見坂と呼ばれていました。
坂の途中に大きな一本松が生えていました。
遠くに富士山が見え、眼下には中渋谷村の風景が広がり向かい側に道玄坂が見えました。
現在の山手線の東側の道路は川でした。
現在の宮益坂との交差点の場所に宮益橋という橋が架かっていました。
高札場がありました
現在の109の辺りは中渋谷村と呼ばれていました
小さな川が流れ、畑や田圃が雑木林の間に広がっているのどかな田園風景が広がっていました。
時代劇の舞台にはなり難い風景ですね。
道玄坂というのは、江戸時代よりも前に、ここに道玄と呼ばれる山賊がいて追い剥ぎなどをやっていたことに由来します。

溜池山王駅の付近は文字通りおおきな溜池でした
現在の特許庁はこの池の中になります
溜池山王から赤坂見附までの道路はこの溜池に繋がるお濠でした。
永田町駅の付近に城門(赤坂御門)がありました。
これが赤坂見附の名前の由来です
付近は赤坂裏伝馬町と呼ばれる町人街でした。
お城の門の前では時代劇を作り難いでしょう。
明治時代以降には、千代田線の赤坂駅から赤坂見附へ抜ける道路一帯には高級料亭が並んでいました。
いわゆる料亭政治の舞台となっていた一帯です。
高度成長期には、赤坂の料亭で食事をして銀座へ二次会で飲みに行くというのが、サラリーマンの憧れの姿でした。
若者や外国人には縁のない街でした。

溜池山王の横の首都高沿いに六本木へ向かう両側は大名の江戸屋敷が並んでいました。
六本木駅横の麻布警察の辺りは御書院与力同心大縄地と呼ばれる今で言えば公務員の官舎団地でした。
現在の六本木から麻布へかけての一帯は大小の大名の江戸屋敷や幕府の役人の公務員団地や旗本の屋敷などがビッシリと建っていました。
これでは時代劇の舞台には不向きです。
六本木界隈が賑やかな街になったのは昭和30年代の後半ぐらいからです。
渋谷に比べれば新しい繁華街です。

江戸時代の地図は下記のサイトで見ることができます。

古地図 - goo 地図
map.goo.ne.jp/history/

蛇足
江戸の街というのはお考えになられておられるほど広い街ではありませんでした。
何分にも移動手段はひたすらテクテク歩くだけの時代です。
「本郷もかねやすまでは江戸のうち」などという川柳が残されています。
渋谷、新宿、池袋など山手線の周辺は、現在で言えば農村の光景が広がっていたとお考えください。
目黒は筍の産地でした。

時代劇の舞台になるご指摘の地域は町人が主体となっていた街です。
赤坂や六本木はいわゆる武家地でした。
武家が占有していた面積は江戸と呼ばれる地域の約六割~七割を占めていました。
全国の大名の江戸屋敷が大半を占めていました。
例えば、現在の日比谷公園は長州毛利家の屋敷でした。
大名屋敷というのは半端な広さではありません。
単に殿様が住んでいるだけではなく、現在で言えば県庁がそっくり存在していて、そこに務める人もその中に住んでいました。
毛利家もここだけではなくあちらこちらに屋敷を構えていました。
他の大名も同様に複数の屋敷を所有していました。
大名屋敷は長い塀で囲まれていますから、武家地へ足を踏み入れると両側に延々と塀が繋がり、通りには猫の子一匹いないような街が広がっていました。
このような街で時代劇をやろうとしても無理でしょう。
ひたすら逃げる奴を追いかける以外に作りようがありません。

明治に入ってこの屋敷地が売りに出されて取り壊されて次々と道路が作られました。
東京は明治維新、関東大震災、第二次世界大戦の空襲、東京オリンピックと何度も造り替えられた町です。
江戸時代の面影はそれこそ虫眼鏡で探す程度しか残っていません。
浅草浅草寺の裏手も浅草田んぼと呼ばれて田んぼが広がっていました。
その田んぼの真ん中に遊郭を作りました。
官許の遊郭を市街地から隔離したということです。

両国橋というのも元々は隅田川が武蔵と下総の国境だったことに由来します。
吉良上野介が殿中で切られた後に屋敷を現在の皇居前から本所松坂町へ移されたのも、幕府が江戸町奉行所の管轄外に放り出したことによるものです。
このままではただでは済まないだろうと考えて取られた処置です。
何が起きても代官一人が腹を切ればいいだけで、幕閣に影響はありません。
本所や深川などの隅田川の東側一帯が江戸町奉行所の管轄に組み入れたのはそれ以降です。

江戸名所図絵と呼ばれる書籍があります。
もしお近くの図書館にあればご覧下さい。天保前後の江戸の風景が詳細に描かれています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

>現在の六本木から麻布へかけての一帯は大小の大名の江戸屋敷や幕府の役人の公務員団地や旗本の屋敷などがビッシリと建っていました。これでは時代劇の舞台には不向きです。

なるほどー。非常に興味深い話でたいへん勉強になりました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/01 13:41

落語に「黄金餅」という話があります。

名人といわれた古今亭志ん生の十八番として知られた話です。
これは死人(お葬式)の話なんですが、死んだ人を麻布にある木蓮寺というところに運ぶところの道順の説明がこの落語のハイライトのひとつとなっています。
んでね、この木蓮寺、「麻布絶口釜無村にあった」と説明されるのです。そう、村。木蓮寺は田舎の村の中のオンボロ寺って設定なんです。麻布六本木界隈は、江戸時代は何もない村だったのです。当然さらに郊外になる渋谷なんていったらもう論外です。

渋谷という名前を見ると分かりますが、「谷」ですね。今でも渋谷に行くと分かりますが、渋谷駅周辺が一番低くなっていて、周囲は坂ですよね。宮益坂や道玄坂などは駅の方向に向かって下り坂になっています。NHKも駅より高い場所にあるでしょ。だから昔は水が溜まる場所、つまり湿地帯に近くて日本のような高温多湿な気候の国では決して暮らしやすい場所ではなかったのですよ。湿気がたまりますからね。

だから実は1980年代まで渋谷ってダサかったのです。九州から上京してきたサザエさん一家は、当初渋谷に住みます。その後世田谷に引っ越すのですけどね。その当時の渋谷の描かれ方は、「郊外の東京の外れで、治安も不安な地域」です。戦後の渋谷は愚連隊が仕切っていたというのもあったんですけどね。
最近はちょっと地味ですが、渋谷東急に「東横のれん街」っていうちょっと田舎くさい垢抜けない一角があるのをご存じですかね?かつての渋谷はそういうところだったのですよ。

その「東京の田舎」渋谷がサブカルチャーの発信地となったのは、というのは今回は江戸時代のご質問ですからやめておきますね。江戸時代に話を戻せば、当時の渋谷は窪地であまり人が住みたがらない目立たない村だった、となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>実は1980年代まで渋谷ってダサかったのです。

そうなんです。私は1960年代を渋谷で過ごしましたが、当時渋谷は上野や池袋と同じ普通の繁華街でした。それが1980年代の終わりごろからだんだん若者やファッションの街になりました。109とかスペイン坂とかとなりの竹下通りなどそういうものが影響したんですかね。

先日田園都市線にのったらすごく混んでいたのですが、大半が渋谷で降りてしまい、がらがらになりました。今は極端に若者ばかり集まる街になっていますね。

私としては貴方のご回答が一番ピンときましたが、一つ前の回答者が詳しい詳しい回答をくださったのでベストアンサーはそちらに回します。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/01 13:35

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%8B%E8%B0%B7% …


現在の東京都渋谷区一帯も領地としており、後には分家が在住した。

現在の神奈川県の有力御家人 渋谷氏の分家が住んでいたので、渋谷。

http://www.geocities.jp/ynycr674/yuisho.html


基本的には大正期に私鉄が作られ、関東大震災を期に西部に移住が起こったので、起点となる渋谷駅周辺が発達した。
ということになります。

※ ちなみに東京の私鉄は川から砂利を運ぶことが初期の主要な資金源だったので、多摩川に向けて、現代人の目では無駄・過剰投資のように私鉄が走っています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>基本的には大正期に私鉄が作られ、関東大震災を期に西部に移住が起こったので、起点となる渋谷駅周辺が発達した。

そうですか。震災で西部が発展したんですか。興味深いですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/01 13:24

東京の地名は江戸時代にあったものの名前が場所になってることが多いですね


たとえば お台場ってのは幕府の砲台=台場があったのでお台場だし

六本木は松?だったかな何か大きな木が六本立ってたので六本木だそうです
赤坂は風俗街を示す「赤線」で囲まれた一帯だったので赤坂
渋谷は 渋い谷で昔は湿地帯だったそうです
御徒町は徒歩武者の屋敷があったし秋葉原は葉っぱの茂る原野だったからその名前が付きました(秋葉っ原→秋葉原)
新宿は新しく整備された宿場なので新宿です
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうですか。
名前のつけかたって昔はシンプルだったんですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/01 13:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治神宮のある場所に明治神宮ができる前は何があったのでしょうか?

明治神宮ができたのは明治天皇が死んでからだと思うのですが、
いま明治神宮のある場所は明治神宮ができる前は何があったのでしょうか?
どうなっていたのでしょうか?
もともと緑地だったんですかね?
今の代々木公園を含めた辺りが元々緑地でその一部を明治神宮に
したのか、
それとも、
もともとは普通の街並みだったのでしょうか?
もともと家や道があった場所を緑地にしてその一部を
明治神宮にしたのでしょうか?

どなたか詳しい方よろしくお願します。

Aベストアンサー

こんにちは。
江戸時代に彦根藩井伊家(無論直弼などが出たあの井伊家です)の下屋敷であったことは既に他の方が仰っている通りです。
その敷地面積は十八万二千三百四十二坪という広大なものでした。
付近には摂津岸和田藩下屋敷と伊予西条藩下屋敷がありましたが、前者は岸記念体育館の辺り、後者はNHK放送センターの辺りですから、明治神宮と代々木公園の相当な部分が彦根藩下屋敷であったと考えて良いのではないでしょうか。

>wikipedia に乗っている井伊家屋敷跡の石碑は、
東京都千代田区にあると書いてありますが、
厳密にどこにあるのでしょうね。???代々木公園広いし!
こちらは彦根藩の上屋敷跡ですね。
ちょうど憲政記念館(千代田区永田町)のある辺りで代々木公園内ではありません。

かの地が彦根藩下屋敷で無くなったすぐ後のことはわかりませんが、明治神宮を創建するに当たっては明治天皇に所縁の深い「南豊島世伝御料地」を主体とするかの地が選ばれたそうですので、恐らく明治の間はずっと御料地であったのでしょう。
また代々木公園のほうは「代々木御苑」と呼ばれて明治天皇夫妻も良く訪れたそうですから、御料地に含まれる一角であったと考えて良いのではないでしょうか。
つまり彦根藩下屋敷でなくなった後もあそこが「普通の街並み」になったことはないということですね。
いくら明治天皇を祀るお宮を建てると言ってもその為に既にある街並みをどうにかするのは大変です。
ですからそのような手間のかからない「御料地」から選ばれたということではないかと思います。

こんにちは。
江戸時代に彦根藩井伊家(無論直弼などが出たあの井伊家です)の下屋敷であったことは既に他の方が仰っている通りです。
その敷地面積は十八万二千三百四十二坪という広大なものでした。
付近には摂津岸和田藩下屋敷と伊予西条藩下屋敷がありましたが、前者は岸記念体育館の辺り、後者はNHK放送センターの辺りですから、明治神宮と代々木公園の相当な部分が彦根藩下屋敷であったと考えて良いのではないでしょうか。

>wikipedia に乗っている井伊家屋敷跡の石碑は、
東京都千代田区にあると書...続きを読む

Q夫が部落出身である可能性が高いです

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセールスで度々来ていました。
母は時々物を買っていて、私と知り合う2年前から夫を知っていました。
その間、彼氏がいなかった私の写真を見せていたのは知っています。よく母から、「面白いお兄さんがいて○○(私)に会ってみたいと言っているけれど、どうする?」と言われており、その一年後に初めて3人で食事に行きました。
付き合いはそこからです。
付きあってから度々悩まされたのは、他人に対して暴言を吐いたり道路の真ん中で車を止めて怒ったりすることでした。
(先日も駐車場の枠外にとめていた車の人に暴力団のような言葉を吐いていたので知らない顔をして子どもと逃げました。)
私にも暴言や暴力(年に数回)があり、何度も別れようと思ってきました。
しかし、夫にも優しい所があり、初めての人でしたので夫がすべてだという気持ちがあり、結局結婚に至りました。
何かがおかしいと思ってきたのは結婚してからのことです。
毎週夫の実家に行くごとに義父母から親戚の職業を耳にしてきましたが所謂部落の方が多い職業についており、部落の方と結婚している人がとても多いのです。
また、義父は自営業をしていますが暴力と酒癖が悪く部屋中のものを壊したり、年に数回は義母の顔にあざができるほど殴るので本当に恐ろしいです。
本人たちの口から「部落」という言葉は結婚してからは何度となく聞いていますが、自分たちは違うというニュアンスで話してきます。
差別があるから夫のいとこは子供をつくらないし、結婚もしないとも聞かされてきました。
私が少し調べた結果は義父が部落出身のようです。
調べるきっかけとなったのは私の職場に夫がやくざまがいの電話をしてきたことでした。
それは、私の仕事用携帯に職場の男性のアドレスがあっただけのことでした。私的なメールは一切しておらず、上司から同僚まで全ての電話番号とアドレスが入っています。
夫はそれを浮気だと勘違いして、会社に怒鳴りこみの電話をしてきました。しかも妊娠初期の事でした。
その後出産の為辞めることとなりましたが、会社の上司から夫のことをかなり詳しく聞かれた上でそれとなく言われました。
本当にショックで血の気が引きました。
その後、義父母や夫がよく口にする地区をネットで検索してみると、全て部落に当てはまる地区で自分が住んでいる地区も昔はそうだったと知りました。
本当にショックでした。
冒頭に「悔しい」と書いたのは騙されたと感じるからです。
結婚前に夫の性格や暴力のことで母や親戚から反対されながらも結婚を選んだのは私です。
でも、墓場まで持って行こうとした夫が許せません。
私に話していたら結婚は迷ったかもしれない。
でもきっと結婚していたと思うんです。
それなのに純粋な気持ちでずっと夫を思ってきたのに隠し通そうとしている夫は裏切り者です。大嘘つきです。
夫を許せません。
結婚するまでは部落の人がいるのかどうかも知りませんでした。そして、部落が何かもよくわかりませんでした。
しかし、少しずつ勉強したり地区や周りの人間を見ていく中で分かったことがあります。それは差別する人間だけが悪いのではなく、差別される側にも問題があるということです。
義父や夫の親戚の会話は人間の血が通っていなくて、私にはとても理解ができません。酷い言い方かも知れませんが、気が狂いそうになるほど見ず知らずの他人を悪く言ったり暴言を吐きます。
私が言われることもあります。
今、人生にとても悩んでいます。こどもが小さいので母子家庭は厳しいかもしれませんが、穏やかな暮らしがしたいです。
夫とも義父母とも一切の縁を切ってこの土地からも逃れたい・・普通の考えをした人間と関わりあって生きたい。これが正直な気持ちです。
簡単にはいきませんが、何も考えずに生活しようとしても夫や義父が何か言動を起こす度にうんざりしている自分がいます。
まとまりの無い文章ですみません。
経験談やアドバイスなど、皆さんの考えをお聞かせ下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませんしね。

この事案からまったくかけ離れた所で生活している物が
当事者に対して簡単に「差別はいけません」とは言い難いです。

関わった物の苦しみは関わった者しか分かりませんね。

輪の中に身を置くという事で、私は単なる個人の人格だけの
問題でもない気がします。

生活の環境と言う物は、個人の主観に大きく影響します。

周りを取り囲む人々が同じ価値観で接してくれば、少なからず
感化されますからね。

さて、問題は今後ですよね。
離婚されるなら身を隠す必要があると思いますよ。

今までの言動・行動を見ても旦那様自身がこの事をかさに
人を威圧する性格が見受けられます。
そういう境遇が持たしたら性格かもしれませんが、実際問題
多少危険である事は覚悟する必要があると思います。

出来れば御実家のご両親にもきちんと相談されて、考えうる
対応を模索しておく必要があると思います。

それでも先を考えれば、行動する価値は十二分にあると思います。
今は×1も珍しくありません。
心穏やかな生活が迎えられると良いですね。

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませ...続きを読む

Q江戸時代以前の江戸

江戸時代以前の江戸とはどのような所だったのでしょうか?

歴史に殆ど登場しないので、太田道灌が江戸城を築城したことくらいしか知りません。

徳川家康は当時無名だった江戸をなぜ選んだのでしょうか?

Aベストアンサー

 もともと江戸は、寂しい漁村に過ぎず、江戸という地名も「入江の門戸」の村を意味していました。

 鎌倉時代に江戸氏がこの地と関わりを持ちましたが、とくに長禄元年(1457)に上杉氏の家宰太田道灌が江戸城を築いてから城下町が出来ました。

 その江戸城は、戦国時代には小田原の北条氏の一支城となり、遠山氏が上代を務めて支配していました。

 家康が天正18年(1590)に江戸に入府した頃は、「町屋なども、かや葺きの家百ばかりもあるかなし」で、「城も形ばかりに、城のようにこれもなく」というありさまだったということです。 

 なお、徳川家康が江戸を選んだのではなく、豊臣秀吉から領地替えを命じられ、苦渋の思いをしながら江戸に入府したのです。

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qエルサレムに、なぜ3宗教の聖地が在るのですか?

エルサレムでは、紛争が延々続いていますね。
あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。
世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。
それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか?
たまたまエルサレムに3聖地が混在するだけなのですか? あるいは、歴史上や宗教上で、何か慨依性を持っているのですか?

Aベストアンサー

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ(イスラエル)の地にやってきて、神様は「よーしお前ら、ここをお前たちに与える」と畏れ多くもありがたくおっしゃいました。しかしそこは当然先住民がおりまして、「なんか、先に住んでる人がいますけどこれはどうすればいいですか?」と伺いましたところ、「お前たちに与えたから殺しちゃってオッケーよ」とおっしゃいました(本当)。かくして彼らはそこにユダヤ人国家を作りました。ユダヤ人がイスラエルを「約束の地」と呼ぶのはそういうことです。
そんなこんなの経緯は旧約聖書に書かれています。

さて、ユダヤ教徒はエルサレムに神様を祭る壮大な神殿を作りました。その頃がユダヤ教とユダヤ王国の絶頂だったといえるでしょう。その後神殿は破壊されてしまい、その一部が残るのみとなりました。その遺跡が「嘆きの壁」と呼ばれるところで、そこでは常に敬虔なユダヤ教徒が祈りをささげていますが、そのお祈りの内容は、「神様、あの栄光の日々がまた訪れますように」というものです。その「また訪れてほしい栄光の日々」とは3000年くらい前の話なんですけどね。

ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。
ユダヤ教徒の歴史では、そういう「ユダヤ人受難のとき」にはエリヤとか神様の言葉を預かる「預言者」が登場して人々を導きました。ユダヤ教徒たちは、そういう「救世主」が出てくることを待ち望んでいたのです。

そういったタイミングに登場したのが、ナザレ生まれのイエスでした。イエスはユダヤ教史上、というか宗教史上において革命的な言葉を発しました。「ベイベー、愛だぜ」と。彼は、あの神様のことを「父ちゃん(アバ)」と呼びました。後になんだかんだでイエスは神の子となりました。マリア様が処女のまま神の子を受胎したお話はご存知でしょ?
それがどれだけ革命的であったのはまた別の機会に譲るとして、「憎みあうより、愛し合おうぜ」と言い出したイエスは人々からローマ帝国を排除する指導者となることを熱望されましたが、「だから俺は憎みあうのは嫌なんだよ。愛し合おうぜ」といって人々を失望させ、エルサレムからすぐ外に出たところのゴルゴタの丘で十字架にかけられてしまいました。
その後、実は一度もイエスと会ったことがないパウロが「イエスは救世主(キリスト)だったー!」と言い出してキリスト教が誕生します。なお、旧約聖書では「救世主はベツレヘムに生まれるよ」と書いてあったので、イエスはベツレヘムで生まれたことになりました。
当然のことながら、キリスト教にとってエルサレムは「イエスが十字架にかけられた場所」ですので極めて重要な聖地であります。

そのイエスが十字架にかけられて50年くらい経ったとき、「もう我慢ならねえ、ローマ人は出ていけ!」とユダヤ人は反乱を起こしました。それ以上にブチ切れたのはローマ人です。「人が下手にでてりゃあ属州のくせにでけえ態度をしやがって。ローマ帝国の恐ろしさを骨の髄まで教えたるわ」と本気で怒り、反乱を鎮めただけではなく、何かとややこしい神殿を破壊し、「ややこしい神を信じてるお前らはこの辺りに住むんじゃねえ」とユダヤ人をパレスチナから追放しました。
これがディアスポラです。以来約2000年、ユダヤ人はイスラエルの地に再びユダヤ人の国を再興することを願いながら世界中でお金を稼ぐこととなります。

時代はずーっと下りまして、メッカの洞窟で、青年ムハンマド(マホメット)の前に大天使ガブリエルが現れて「君が預言者だよーん」と告げました。イスラム教の誕生です。ムハンマドの元にガブリエルを派遣したのはあの、例の、何かとややこしい「神様」でいらっしゃいます。そういや、マリア様の前に「あなたは神様の子を宿したよ。おめでとう」と告げに来たのもガブリエルでした。ガブリエルさんはどうもややこしいお仕事を何度もされているようです。
ムハンマドのあまりに偉大な足跡に関していちゃもんをつけると冗談抜きでアルカイダから死刑宣告されてしまいますので、それについては割愛します。
イスラム教にとって最も重要な聖地は、ムハンマドが神の啓示をうけたメッカです。しかしムハンマドは一神教教徒なわけですから、「死ぬまでに偉大な神殿があったエルサレムで死にたいなあ」と当然といえば当然で、ややっこしくなることを願います。
そして、そのエルサレムの地で天に旅立ってしまったのです。エルサレムはイスラム教にとっても「教祖様が入滅された場所」となってしまったのです。

かくして、エルサレムの地はユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が俺の場所だ、いいや俺の場所だと大変にややこしい場所となってしまいました。

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ...続きを読む

Q山手線を一周の所要時間を教えてください。

友人からの何気ない問いでしたが、気になっております。お分かりになりましたら、ご回答の方を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

山手線は
大崎駅~五反田駅=2分
五反田駅~目黒駅=2分
目黒駅~恵比寿駅=2分
恵比寿駅~渋谷駅=2分
渋谷駅~原宿駅=3分
原宿駅~代々木駅=2分
代々木駅~新宿駅=2分
新宿駅~新大久保駅=2分
新大久保駅~高田馬場駅3分
高田馬場駅~目白駅=2分
目白駅~池袋駅=2分
池袋駅~大塚駅=3分
大塚駅~巣鴨駅=2分
巣鴨駅~駒込駅=2分
駒込駅~田端駅=2分
田端駅~西日暮里駅=2分
西日暮里駅~日暮里駅=1分
日暮里駅~鴬谷駅=2分
鴬谷駅~上野駅=2分
上野駅~御徒町駅=2分
御徒町駅~秋葉原駅=3分
秋葉原駅~神田駅=2分
神田駅~東京駅=2分
東京駅~有楽町駅=2分
有楽町駅~新橋駅=2分
新橋駅~浜松町駅=2分
浜松町駅~田町駅=3分
田町駅~品川駅=3分
品川駅~大崎駅=3分
となり、一周するのに64分程かかります。また電車によって所要時間は若干変わって来るので、これは参考ということにしておいて下さい。

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q今の東京の土地は昔はどのくらいが海だったのですか?

TVで今の東京の土地の多くは、特に湾岸に近いところや、今では東京湾からもかなり離れているところでも、昔は海だったと聞きました。
特に江戸時代?くらいに埋め立てられたと紹介されていましたが、

今の東京で何区あたりが元は海で埋め立てられた土地なのでしょうか?
教えてください。(うる覚えですが、TVでは港区とか、葛飾区とかも江戸時代以前は全部海だった、ような気がします。間違っていたらすみません。)

あと、その大々的な埋め立て事業はいつ行われていたのかとかも教えてください。
もしリンクなど知っていらっしゃったら貼って頂けると嬉しいです。。
お願いします。。<m(__)m>

Aベストアンサー

東京湾の埋め立ては、家康の江戸入府(1590年)直後から始まっていますが、最初は江戸城の築城工事に伴う堀の掘削土で埋め立てが行われました。当時江戸城の東側は海に面しており、この時に埋め立てられたのが今の丸の内、八重洲地域です。 その後1603年から江戸城北部の台地を切り崩して、日比谷入り江の南部一帯が埋め立てられました。 今の日本橋、京橋、新橋、築地地区です。 大体今の国道15号線がそれまでの海岸線でした。 因みに江戸が大都市に変身するとともに、多くの生活ごみが排出されるようになりましたが、1655年に江戸市中でのごみ処理例が出され、今まで適当に捨てられていたごみを、全て墨田区左岸河口の永代島に集めるようになりました。 その後の江戸湾の大々的な埋め立ては、その永代島に集められたごみが使われるようになったとのことです。

Q東京の街で芸能人をよく見かける場所はありますか?

こんにちは。

来週ディズニーシーに行って、帰りの日に夕方まで東京にいます。
どこに行くかよく決めてはいませんが、表参道、青山、銀座など街をブラブラしようかなと思います。
そこで、お尋ねしたいのですが・・

高級ホテルとかではなくて普通に芸能人をよく見かける場所などご存知ですか?
できたら、お笑い芸人やご年配の方ではなくて、TVによく出てくる人がいいです。
ミーハーな質問なのですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

普通に街中で偶然見かけるということはあるでしょうが、”よく見かける”というような場所はどうでしょう・・・あるのかな?
強いて言えば青山・麻布・銀座あたりでしょうか。渋谷も意外と遭遇率高いかもしれません。
一番遭遇するのはやっぱりテレビ局の前ではないかと。
遭遇というより”出待ち”になるのでしょうが。(^_^;)


人気Q&Aランキング