プロが教えるわが家の防犯対策術!

「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。
なので、雑誌などではホーンスピーカーを褒めるとき、
「ホーンくささがなく」っと表現されるときが時々あると思います。

しかし、「ホーンくさくない」と前置きしながら、
「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、
ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

それとも、いかにもメガホン的な音のことをホーンくさいというのでしょうか。

私はメインスピーカーはバックロードホーンなのですが、
店員さんはそのことを忘れていたようで、
「バックロードホーンは音が不自然で大嫌い、
音が遅れてでてきている感じがしてジャズはダメだね」っと言ってました。

でも、そんなことをいってしまったら、
バスレフも後面開放も平面バッフルも個性が強いと思います。
なにもホーンだけがそんなに言われることもないと思うのです。

っとなると、「密閉スピーカー」が素直な音の代表なのでしょうか。
DIATONEや昔のVIVTORなんか想像してしまいます。
ベストセラーの10Mや1000Mも密閉ですよね。
いまでは密閉スピーカーは珍しい存在のような気がします。

昔はベストセラーがあった密閉式はなぜ少なくなってきているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。



当然です(^_^;)……「くさい (臭い)」という言葉が「悪い」意味を持っていますので……。

「香水臭い」という言葉から「香水の良い匂いがする」とは思わないでしょう?……「悪い臭いがする」と思う筈です。

では「Horn の香り高い音」と言ったら「悪い Image」を持ちますか(^_^;)?


>「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

いいえ、少なくとも「悪い」という意味ではありません。

「Horn 特有の……」という言葉には「良い意味」も「悪い意味」もなく、単に特徴を言い表しているだけのものです。

「如何にも Horn らしい……」という言葉の後には大抵の場合、良い印象の説明が付くものでしょう。

「如何にも Horn らしく、悪い音がする」と言う人は滅多にいない筈で「Horn 嫌い」の人は「Horn のような変な音がする」と言う場合はあっても Horn Speaker の音を聴いて「如何にも」などという言葉を最初に付けることはないと思います。……日本語としても変でしょう?


>「バックロードホーンは……音が遅れてでてきている感じ」

これはあくまでも「感じ」「聴感上の感覚的なもの」であって、実際には Backload Horn の方が高速です。

例えば 40Hz 1W の信号を 40Hz で 80dB SPL/m (at1W) の Speaker Unit に入力した時、Speaker Unit はいきなり 80dB/m の音圧を出せるものではなく、最初の 25msec (1/40 sec) では 70dB/m ほど、次の 25msec では 73dB/m ほど……と徐々に振幅が大きくなって数百 msec ほどで 80dB/m の音圧に達します。

しかし Backload Horn や Bass Reflex の型式の Enclosure では最初の 25msec で生じた 70dB/m の音圧でも 6dB とか 10dB といった量の共鳴が加わりますので 80dB/m の定格出力に達するまでの Attack (立ち上がり) 時間は密閉型よりも短い、高速のものになります。

但し、逆に Attack 以降の Decay Sustain Release は共鳴が加わっていますので Overshoot 気味になったり尾を引いたものになり、それが「歯切れの悪さ」や「Boomy」と感じられ「音が遅れて出てきている」という「感じ」になるのでしょうね。……そのため、Horn 型や Bass Reflex 型の Speaker System を駆動する Amplifier には制動力 (Dumping Factor) の高い Solid State 型、特に FET (Filed Effect Transistor) 型との相性が良いことになり易いでしょうね。


>昔はベストセラーがあった密閉式はなぜ少なくなってきているのでしょうか。

真空管式 Amplifier は Dumping Factor が 10 もないものが多かったのですが、高額の Output Transofrmer を不要にすることによって安価に製造できる Transistor 式 Amplifier になってからは歪率を改善するために NFB (Negative Feed Back) を大きくかけるものが流行し、結果として Dumping Factor が高くなり、小口径でも低音を伸ばせる Backload Horn や Bass Reflex 型式の Speaker System を市場に投入し易い環境になったからではないかという気がします。

見方によっては超並列動作のようでもある MOS-FET (Metal Oxydal Semiconductor - FET) や IC (Integrated Circuit) 素子が用いられるような時代になると NFB をかけなくても充分に低い歪率や非常に高い Dumping Factor を得られるようになりましたが、初期の Power FET、例えば V-FET などの時代は (Dumping Factor だけの要因ではないのかも知れませんが) NFB 量の少ない、裸特性が良質の素子が使われている筈の Amplifier なのに「どうにも音がもたつく」感じに悩まされた経験があります。……おかげで PHILIPS (MARANTZ) の Amplifier を 3 度も Grade (Step) Up して散財させられました(^_^;)。


>「密閉スピーカー」が素直な音の代表なのでしょうか。

駆動させる Amplifier によりけりでしょう。

「密閉型 Speaker System は低 Dumping Factor 値の Amplifier と相性が良い」というのはあくまでも私が使用してきた Speaker System と Amplifier との組み合わせに於いて「私好み」の音がするものだけに言えたことであって決して普遍的な論ではありません。

「YAMAHA NS1000M や NS10M を Transistor Amplifier で馴らすのは良くない」なんてことは決してなく、むしろ真空管式 Amplifier で両 Speaker System を鳴らす方が変と言うか、難しいでしょうね(^_^;)。

どんな音を良い音とするかは人それぞれであり、結果的に良い音と感じる組み合わせが最も良い組み合わせなのですから Speaker System の Enclosure 型式も Amplifier との相性も定型的なものなどなく、人それぞれでしょう。

ただ、真空管式から Transistor 式、FET から IC へと Amplifier 型式 (素子型式) が変化してきたことと、Compact でありながらも低域を伸ばした小型低能率 Speaker System の普及とは無関係ではないだろうと思います。


>いまでは密閉スピーカーは珍しい存在のような気がします。

Powered Speaker System ならば密閉型の System を Amplifier で補正した方が狙い通りのものを開発し易い気がするのですが、確かに最近は密閉型が少ないですね。……狙い通りの音に追い込む開発費などかけずに安易に低域を出しやすい Enclosure と試聴による追い込みなど殆ど無い、計算だけで作った Amplifier を組み込んだような安価な System が多いからなのかも知れませんが……。

例えば Amplifier は D 級にして「補正は全て Digital 演算部の Software Algorithm で追い込む」なんてものがあっても良いと思います。……まぁ PC Audio 派は Amplifier の前段階である PC で既にやっていることですが(^_^;)……。


個人的に現在、最も興味深いのは D 級 (T 級) Amplifier ですね。

私は小型 Backload Horn (……と言うよりも Labyrinth 型) Super Woofer を駆動させていて、その性能に充分満足していますが、小型 Full Range Speaker を駆動させている方はまだまだ不満が多く、慣れ親しんだ FET 系の Amplifier に較べると未だに信用し切れていません(汗)。……でも、次に買い換える時にはやはり Compact で使い易い、より進化した D 級 Amplifier に手を出すのだろうなぁ(^_^;)。

素敵な Audio Life を(^_^)/

この回答への補足

日本語は難しいですね。
ホーンくさいっという言い方はホーンの短所を言うときにつかって、ホーンらしいっというのはホーンの長所を言うときにつかうのですね。

私のモノラルスピーカーも平面バッフルにユニットをつけて、 /˄˄\ このように板をユニットの前にとりつけております。これだけでもだいぶホーンくさいです。

バックロードホーンは遅れているっということはないのですね。
ホーンからでてきている時には十分な音圧に達しているっということなんでしょうか。
共振があるから遅れてる感じがする。っということなんですえね。

私もバックロードホーンだけは、なぜかトランジスタアンプを選んでいます。
一番聴きやすかったので。

密閉型に限らず、アンプとの相性とスピーカーの出来なんですね。
時代の変化にともなって、アンプも変わってきているし、スピーカーも変化していってるのですね。

補足日時:2014/11/02 16:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/02 16:57

はじめまして♪



密閉型が良い、、、とは限りませんねぇ。
(私個人は好きですが。)

単に、密閉型のほうが適切な容積と強度を持たせれば、大きな弱点がない、と言えるだけでしょう。

ホーン型等はといても難しく、一応の理想的設計を行っても、強い共振等で癖が有る音と成る事が少なく有りません。
適度な癖は「特徴」として良い方向に理解される事も有りますが、好まない人には好まない癖、として「ホーン臭い」なんて言い出したりします。

バスレフ型も、大昔の教科書に沿って設計しますと、周波数特性的には良いのですが、かなり強い癖が出てきて、「バスレフ臭が強い」なんて言われます。
現代は、周波数特性がフラット、という指標だけでバスレフ設計を行い事は少なく、バスレフ固有の特徴を生かしながらも、好まれない強い癖を表に出さないように考えられた設計が一般的です。

『後面開放も平面バッフルも個性が強いと思います。』
この点は、私個人の考えとは違いますねぇ。

スピーカーユニットおよび箱、という範囲だけなら、後面開放型や平面バッフルは、スピーカーユニットの組成を最も素直に引き出してくれる、と感じています。
問題は、室内に設置した場合、後ろ側にもかなりの音が出ているため、その音が反射したり回り込んだり、という事で、なかなか扱いは難しい方式、と思いますよ。

そう言えば、Diatoneはエンクロージャーキットとして、Victorは既製品とエンクロージャーキットとして、バックロードホーンも販売していた事が有ります。
YAMAHAのバックロードホーンは記憶に有りませんが、中高域ならホーン型も存在しましたし、後面開放型も過去には存在しました。(楽器用などには、今も一部存在します。)

近年、言われてみますと密閉型スピーカーは製品数が少ないですねぇ。
密閉型の場合は、小容積で空気バネもユニット制動に、というユニットと箱が一体設計で成立する方法と、単体ユニットに対して適切な容積の箱を組み合わせる(一般的には大きな箱に成る)という方向が有ります。
前者の場合はスピーカー設計=ユニットと箱の総合設計 という事で製品のシリーズラインナップを柔軟に組み替え出来にくく、後者の場合はユニット口径に対して箱がでかい、製造も輸送もこすアップに成りがち、という弱点が有ります。

バスレフタイプの場合は、バサウレフダクトの開口面積やダクト長を微調整してチューニングが出来やすいので、設計製造時の試作段階で、あまりコストを掛けずに済ませられます、また箱の形状や容積変化に対してもダクトの調節で、そこそこのバランスに追い込みやすいのもバスレフのメリットでしょう。同じユニットでも大中小など、スピーカー製品のシリーズ化が比較的行いやすく成ります。

現在、スピーカーユニットまで自社開発する企業は、かなり限られています。
このため、ユニット製造メーカーからユニットを購入し、箱に取り付けて自社製品としてスピーカーを販売する方が多い。そうなると、箱に収めて試聴をして、、ユニットに手を加えるのが難しいので、箱側でチューニングしやすいバスレフ方式が多く成った、という推測も可能でしょう。

本当は、ボンボンと共振による低域感、この個性を好むユーザーも多いから、というのも有ると思います。
(メーカーは、自社の理想と違っても、良く売れて利益が出る製品を作らないと、企業として生き残れませんからね。。。)

エンクロージャー方式にはいろいろな形式が有りますが、みなそれぞれに良い点と弱点が有って、得られるサウンドにもそれぞれ傾向はあります。良い/悪い というのではなく、単にその時代ごとに造りやすかったり、良く売れたり、という時代背景も関わっているのでしょう。

ホーン型は、振動する空気が圧縮されて、思いのほか振動エネルギーが強い部分が有るため、重くて頑丈なホーンでも固有共振や内部反射の繰り返しなどで、強い個性(癖)を伴ってしまう事が有る、これらを回避するには、相当な試作実験を行い手間とコストをかけなければ、なかなか良質なサウンドが得られにくいのと、指向性が一定範囲に集中するため、一般家庭等では音の反射やのそたの影響が出やすく、セッティング等の取り扱いもそこそこ技量がないと、、、、

一つの音響理論としては、理想的なスピーカー方式なんですが、弱点をカバーするのが実用上楽ではない、というのは事実ですね。
(うまく、ツボにハマると魅力的な音が得られるんですけれど、、難しい。)

追伸:10センチのフルレンジで、推薦箱は6リッター/バスレフ これを実行容積1.5リッターほどの小型密閉としてみたら、テレビ音声用には好都合なバランスが得られた事もある(笑)
スピーカー工作では、たまにはこういう異例な事も有るので、面白い物です。

この回答への補足

他の回答者様にも書いておりますが、平面バッフルはじつは一番好きで、素直だと思っております。
でも、部屋に入れた場合、設置場所やつかいこなし、前後から音がでている。っということなどから、「個性的」っという部類に入れさせていただきました。
商品数もほとんどないことから、平面バッフルは一般的ではないと勝手に判断しました。
申し訳ありません・・・。

数年前までVICTORのバックロードホーンを実は持っていました。
FOSTEXのユニットを入れて、でも音はあまり好みではありませんでした。

ユニットを製造するスピーカーメーカーが少ないから、箱で調整する。っというのは、なるほど!っと思いました。

皆さんの回答をみていると、密閉だから、バスレフだから、っというのはあまり気にしない方がいいのかもしれませんね。ただやはりバックロードホーンはあまり人気がないように感じます・・・。


その時代背景や、メーカーの都合、流行りすたれ、など諸事情があるんですね。
個性が強いスピーカーは条件が重なれば、何物にも代えがたい音がでるかもしれないですが、そうそう簡単なことではないんですね。
密閉はその点はそこまでシビアではないっということなのでしょうか。

私はバスレフのスピーカーを作ったことは何回かありますが、成功したことがありません。
それで去年、結構立派で背の高い20cm用のバスレフBOXをつくったんです。
補強も沢山入れて、絶対にうまくいくと思い込んでました。
しかし、出てきた音はひどいものでした。
全く低音の音程が聴こえないで、ただただズンズンとしかならなかったです。
ショックでショックでハードオフに箱を売りました。ただみたいな買取値でした。

それ以来、バスレフがトラウマになっています。

補足日時:2014/11/02 18:40
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/02 18:40

こんにちは。


低音での話ですね。
いつものようにまとまりの無い文書を書いてみます。

>昔はベストセラーがあった密閉式はなぜ少なくなってきているのでしょうか。
時代が、Hi-Fi(High Fidelity ハイファイ)Audioから、General Audioへ変化し、要求がすっぴんの忠実な音から、小型化し安上がりで上手に化粧された印象の良い音、を求めるように変わった(あるいは商業的に変えた)為でしょう。その中で小型化に不利な密閉型が淘汰されてきた。のでしょう。
私は、未だにHi-Fiから抜け切れません。
時代もまた、「やっぱり素肌がいいよね」とHi-Fiへ揺れ戻し始めてる感じがあるので、期待してるんですけどね。

バックロードホーン製作記事が結構有ります。
http://blogs.yahoo.co.jp/freebrains/33035561.html
どうしてそんな特性になりやすいのかという理論的なシミュレーションが
http://www.asahi-net.or.jp/~wz9k-itu/bhsim.html
中高音は波長がユニットサイズやバッフル面と比較して短いし反射等複数の到達経路があって補われますので、机上理論のような激しい山谷にはなりませんが、いわゆる低音域にははっきりした谷が出易いのがバックロードホーンの特徴(個性)の一つということになるでしょう。
バックロードホーンの開口部を塞いでいって、最後には密閉して測定したのが、こちらのページです。
http://www1.kcn.ne.jp/~bamba/simulation/exitfilt …
密閉は一見素直そうですが、100Hz以下がさっぱり出ていませんので、これも偏った音です。

バスレフにはバックロードホーンのような位相問題は無いですが、中音域に現れるポート鳴き(気柱共鳴)と風切り音が出る場合があります。

密閉型は、箱内に閉じ込められた空気がエアダンパとして働き、最低共振周波数が高くなります。それだけ低音が出にくいという事になります。

ここまでは周波数特性の話、音にはもう一つ大切な過渡特性がありますが、すでにHALTWO氏が説明済みです。
密閉型は常に負荷が多く掛かった状態で箱が小さいほどスピーカーの振幅による内圧が高くなりブレーキになります。振幅が抑えられますので小型密閉箱では低音を出しにくい、のです。また、やわな箱では内圧によって振幅しますのでキャビネットも発音体になり、複雑な位相干渉や音質劣化に繋がります。キャビネットの物理的強度がより必要という事です。一般にはバスレフの変形と思われているパッシブラジエーター(ドロンコーンとも言う)は積極的に内圧を音源に利用する(位相が反転して駆動元のスピーカーに同期するところが素晴らしい)方法で、PCスピーカーのような超小型スピーカーで多く利用されてます。

それぞれ、おおまかな特徴がありますが、キャビネットの創りが大事で取り付けるスピーカーがその利点を活かせるものでなければ欠点だけが目立つものになってしまうでしょうね。
なんでもかんでも密閉箱に入れれば素直になる訳じゃありません。
過渡特性的にはギターアンプのように後面開放型のほうが素直でしょう。
密閉型は音楽の低音域程度の再生には確かに有利に働きますが超低音はアンプを組み合わせた出来の良いバスレフも過渡特性が良いし、優位性は苦しいと思います。

密閉型のサブウーハーを何点か探してみました。漏れは当然あるでしょうが、廃盤品は外してます。
http://www.fostex.jp/products/pm-submini/
http://www.fostex.jp/products/pm-subngb/
http://www.fostex.jp/products/cw200a/
http://www.fostex.jp/products/cw250a/
http://jbl.harman-japan.co.jp/product.php?id=sub …
http://www.elac.com/en/products/Subwoofer/MicroS …
http://www.elac.com/en/products/Subwoofer/SUB_20 …
http://www.elac.com/en/products/Subwoofer/SUB_20 …
http://www.elac.com/en/products/Subwoofer/SUB_20 …
http://dynaudioprofessional.com/en/bm-series/bm- …
http://dynaudioprofessional.com/en/bm-series/bm- …
http://www.piega.jp/products/ps2.html
http://www.kef.com/html/jp/showroom/hi-fi_series …

特に現在のBBCモニターを納めているDYNAUDIO(デンマーク製)のBM14S IIはこのサイズの密閉型で18Hz~250 Hz ±3dBを仕様としちゃうところが凄いですね。密閉型では超低音が再生できない訳でもないようです。

この回答への補足

こんなにたくさんのURLをつけてくださりありがとうございます!
バックロードホーンってこんなに周波数に山谷があるんですね・・・。
私の使っているメインのスピーカーはC40の国産箱なのですが、同じような感じだとしたらショックですね・・・。
私も穴をグラスウールでふさいだことがありますが、正直音が軽い感じでした。
悪い音だとはおもいませんでしが、ここまで低音が下がってしまうのですね。
しかし、バックロードホーンだからといって、100Hz付近があんなに落ち込むのはちょっとすごいですね。
ショックを受けております。

趣味のオーディオから家電のオーディオになったら、お化粧した音が好まれるのでしょうか。

パッシブラジエーターがついたスピーカーは「KEF 104」を使っていたことがありますが、すごい弾力と伸びのある低音でした。ジャズ喫茶にあってもいいんじゃないかと思うくらいの音でした。
Yamahaのca-2000があんなにKEFにハマるとは思いませんでした。

サブウーハーをこんなにたくさん教えてくださりありがとうございます。
これまた保存版にさせていただきます。
ELACは下向きの密閉なんですね。上級機は上下の2発なんでしょうか。

KEFも再生が15Hzまで可能なんですね。しかし重さとデカさがすごいですね・・・。
その点Dynaudioは、あの大きさで18Hzですか、重さも軽いですね。
内蔵アンプもすごいW数っというわけでもないですね。

密閉だから・・・っということは言えないんですね。
現実的なサイズと予算からだとfostexの200Aがとても興味がわきました。

補足日時:2014/11/02 18:15
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/02 18:15

ホーンは、ホーン鳴きと呼ばれる共鳴現象が嫌われているのですが、ホーンの音はホーン鳴きだけではないので、別にホーン鳴きを抑えてかつホーンの音を引き出しているという表現がおかしいとは思いません。



私は平面バッフルが理想だと思っています。まぁ理想というだけで現実に理想の平面バッフルを作るのは難しいのですが、その妥協の産物がスピーカーボックスだと私は認識しています。
日本では密閉信仰がひどいと感じますが、バスレフの方が上だと思います(性能というか機能というか)。ダイアトーンなども名器にはバスレフが多かったような・・

この回答への補足

ホーンの良さ=ホーン臭さ
っと言う意味ではない。っということなんですね。
私は、ホーンの個性はすべて、「ホーン臭さ」だと思っていましたしそれが好きです。

ホーン臭くないのに、ホーン特有の音色っという表現は、私にはどうも違和感がありました。
でも、「ホーンらしさ」っということなんですね。

私も平面バッフルを個性的といいながら、本当は一番素直な音ですし好きです。
でも、部屋に入れた場合、なかなか設置が難しいですし、大きさや補強が6畳間や8畳間の一般家庭と相性はどうなのかな。っという意味で個性的な部類にいれました。
商品にも滅多に平面バッフルはありませんし・・・。

ダイアトーンの名器にもバスレフが多かったですか?
私の勉強不足です。申し訳ありません。

補足日時:2014/11/02 17:38
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/02 17:38

どうなんだろう、硬くてクソデカい板で作った平面バッフルが


ひょっとして一番素直なのかも?
スピーカユニットに加わる負荷は小さいし、十分な面積さえ取れば
低音もしっかり出るはずだし、板鳴りは補強リブをいっぱい入れれば
解決できると思う。

さて、話を質問に戻すと密閉スピーカーでしっかりと低音を出すには
a)洗濯機ぐらいの大きさの箱に大口径ウーファーを付ける。
b)そこそこのサイズの箱にダンピングを利かせたスピーカーユニット
を入れ、グラスウールをいっぱいぶち込んで高出力アンプで鳴らす。

の2つじゃないかと思います。
ただ、b)のそこそこのサイズの箱と言っても、それなりにデカく
なりますので今の流行じゃないんでしょうね。

この回答への補足

私も質問文に「平面ばっふル」や「後面開放」もクセがあるっと書きましたが、平面バッフルが一番クセはないと思っています。ユニットの音がストレスなく素直に鳴ると思っています。
しかし、部屋に入れた場合、平面バッフルや後面開放は設置が難しいですし、補強やバッフルの大きさが一般家庭ではどうなんだろう?っと思い、個性的な部類に入れてしまいました。

密閉スピーカーはやはり「大きさ」と「パワー」が必要なんですかね。
それだど、30~40kgにはなりそうですよね。
今ではあまり流行らないのでしょうね。処分もこまりますし・・・。

補足日時:2014/11/02 17:28
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/02 17:28

>>いまでは密閉スピーカーは珍しい存在のような気がします。


最近のスピーカーはほとんどが小型でせいぜい十数リットルの容量です。
これで低音を出そうと思えばどうしても密閉型では無理があります。
半導体アンプで手軽に大出力が出るので小型で低能率のスピーカーでも実用的な音量がだせること、住宅事情で昔のようにオーディオ装置を家具のような気分で設置することはなくなったというような事情が影響しているのかなと思います。

密閉スピーカーが一番素直な音なのでしょうか。と言われると少なくとも自作スピーカーの世界では箱の容量を十分にとれば一定以上の音は出るので密閉型は素直な、というよりは無難な音になります。
バスレフは測定器がないアマチュアにはなかなか最良の性能が出せません。
これに比べればメーカーは十分な測定器や無響室を使って最適設計ができるでしょうから、密閉が有利と言うこともないのだろうと思います。
少なくとも今の売れ筋の小型製品ではバスレフの方が有利です。

雑誌に載るホーンというのは高音用ユニットですね。
中音までホーンにすると小型では無理ですから。
高音用ユニットの場合はホーンと言ってもかなり強固に作れ、ホーンのサイズも小さいので「ホーンくさい」と言うことは感じないと思います。中音以下では丈夫なホーンはかなり重量も重くなりますので、手軽なものは「ホーンなき」が出るかもしれません。これがホーンくさいと言われる要因かもしれませんが、いまそのような製品はほとんど見かけないと思いす。

実は私は中高音はホーンで低音は密閉型、これに大型の箱に入れた重低音用のスピーカー(これはオンケン型というバスレフです)の構成です。ホーンはピッチで十分な制震をしています。
自分分で聞く限りはホーン鳴きは感じません。ホーン独特の繊細かつ歯切れの良い音はコーン型にはないものを感じます。

私はホーンだとか密閉型などの形式にはこだわらない立場で、自分によいものを探すうちにこうなったと言うことですが、単純に形式でどうのこうのと言うことはあまり賛成しないという意見です。

この回答への補足

住宅事情で、小型化はわかります・・・4月に引っ越した時、「BOSEのラジカセで十分」と同居人にいわれました(笑)
興味がない人にはそのとおりだと思いますね。

自作を前提に考えるなら、密閉が素直っというよりも「無難」な音・・・。
欠点もないけどあまり個性もない。ということなのでしょうか。
わかるような気がします。

yosifuji20様のシステムは、高音がホーンで、低音が密閉型、重低音用はオンケン型(横にスリットがついている箱ですか?)。色々な種類が混在しておりますね。

ホーン鳴きを抑えるために、ちゃんと振動を抑えているのですか?
雑誌でしかみたことがありませんが、あのストレートホーンでしょうか。

どれがいい。っと決めつけずに、適材適所なんですね。
色々と試したほうがいい。っということですね。

単純にどれが良いっと言うことはあまり賛成しない・・・確かにおっしゃるとおりだと思います。

補足日時:2014/11/02 17:22
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/02 17:22

>> 「ホーンくさくない」と前置きしながら、「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

//

まさに、そうでしょう。噴飯ものですが、本人は至って真面目なので隠れて大笑いしてあげて下さい。結局、自分に都合が悪い(好みに合わない)場合は否定的に表現し、都合が良い(好みに合う)場合は肯定的に言っているだけです。

>> バスレフも後面開放も平面バッフルも個性が強いと思います。 //

そうですね。「バスレフ臭い音」というのは、バスレフ方式を貶す(そして自分がご贔屓の密閉型や、バックロードや、電波ゆんゆん宇宙の不思議パワー方式を褒めちぎる)ときの代表的な言い回しです。まあ、「平面臭い」という表現はあまり聞きませんが...

>> 「密閉スピーカー」が素直な音の代表なのでしょうか。 //

そうでもないと思います。カットオフが単純で位相が回転しにくいという意味では「素直」ですが、「出来の悪い密閉」よりは「出来の良いバスレフ」の方が聴感上は好ましいでしょう。

一昔前は、NS-10Mに代表されるように密閉型のモニタースピーカーが一世を風靡しましたが、現代のスモールモニターは大半がバスレフです。もちろん密閉のモニターも少なからずありますが、「音が良いから」というより、「今まで慣れてきた音からいきなり変わると勘が狂う」という側面が大きいように見えます。

半分は邪推ですが、かつては真空管しかなかったため、あまり電磁制動に期待できず、小口径でブン回すスピーカーは作れませんでした。結局、低音を稼ぐには大口径しかなく、機械的な制動が中心だったので、勝手に共振するバスレフは扱いにくかったのでしょう。

成功しているかどうかは評価が分かれますが、ヤマハのサブウーファーは小口径+バスレフで半ば強制的にバスレフをねじ伏せようという発送です。負性インピーダンスアンプを使ってスピーカーを無理やり電磁的にねじ伏せて、バスレフでブイブイいわせます(ので、典型的な「バスレフ臭い」音になる訳ですが)。

また、PMCなどが採用しているTLS(トランスミッション・ライン・システム)もアンプがそこそこ強力であることが前提でしょう。気柱共鳴による周波数特性の暴れを、大量の吸音材とスピーカーの制動力で押さえ込む必要があるからです。ちなみに、PMCもスタジオモニターで有名ですね。

まあ、冗談まじりで「密閉型は正義(笑)」とか言うことはありますが、設計さえ良ければ、代表的なエンクロージャー方式(といっても密閉かバスレフくらいですが)の間で優劣はないでしょう。密閉だと設計が単純なので、手間をかけずに作りたいときは密閉で「妥協」することはありますが。

技術的に問題があっても、それが好みに合えば良いとも言えます。バックロードなんかはその典型ですね。周波数特性がグチャグチャになるので到底ハイファイ(高忠実度)ではありませんが、独特の音が気に入ったのであれば他に代え難い魅力を持つことになるでしょう。

バックロードを貶して密閉を褒めちぎる人も、同じ穴の狢です。一見して欠点らしい欠点がないので、やり玉に挙げられにくい(勝ち逃げしやすい)だけという気がします。低音を稼ぐには巨大化せざるを得ないという重大な欠点があるものの、「おっきいことはいいことだ」といった風潮があるので、黙殺されているという点でも(口喧嘩レベルでは)有利でしょう。

この回答への補足

確かにバックロードホーンをよくいう方は少ないですね。
実際に使っていると、そんなに悪いこともないんですが・・・。

密閉は勝ち逃げですか・・・(笑)

PMCは私も使用していましが、ハイパワーのアンプが家ではなくて、真空管アンプをつなげましたが、それでも家庭で使用するには十分のダンピングのある低音がでました。
17cmウーハーなのに、38cmのJBLにまけない音をだして本当に感動しました。
あれは手放すんじゃなかったなぁって思います。

出来の悪い密閉よりは、出来のよいバスレフですか。確かにおっしゃるとおりですね。
素晴らしい小型スピーカーってありますよね。

Yamahaのサブウーハー使っていますが、やはりそうなのですね。
低い音はでていますが、それが音楽的なのか効果音に重点をおいているのか・・・。

補足日時:2014/11/02 10:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/02 10:16

僕は大きい容量の箱の密閉が理想と思います

この回答への補足

大きな箱の密閉スピーカーって確かに聴きやすいですよね。
なんにでもあう。っという感じがいたします。

補足日時:2014/11/02 10:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/02 10:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカー内部に貼る吸音材の量

スピーカー組み立てキットを購入してを組み立てております。今は内部に吸音材を貼っている段階です。一般的に内部に貼る量はどれくらいなのでしょうか?
くみたてキットの説明書によると「吸音材はお好みで裏蓋内部にお貼りください」としか書いてありません。ですが、説明書どおり裏蓋内部に貼っただけでは、吸音材がかなり余ってしまいます。内部の壁全体にも吸音材びっしり貼ったほうが良いですか?逆に貼りすぎは良くないでしょうか?

Aベストアンサー

結論的に言うと、「場合による」です。エンクロージャーの形式(密閉、バスレフなど)、容量、形状、ドライバの性能、音質の好み、吸音材として用いる物の特性など、様々な要因が関わるので、「この量で正解」というのはありません。

吸音材の効果は、大別すると3つに分けられます。

1つは、見かけ上の共振先鋭度を下げる効果です。感覚的に言えば、クッションが増える分だけ「見かけ上の容量が増える」ということです。密閉にしろ、バスレフにしろ、エンクロージャーの容量を変えると低域での共振点が変わります。その結果、低音がどこまで延びるか(とその延び方)が変化します。

もう1つは、中高音の吸収です。バスレフのようにエンクロージャーに穴が空いた構造だと分かりやすいですが、その「穴」から中高音が漏れ出します。吸音材でこれを軽減することができ、干渉を防いで音質を改善することができます。

構造との関係で言うと、平行面は「合わせ鏡」のようなもので、音波の反射が強くなるため、特定の周波数での共振が起こります。従って、逆に、平行面の少ない構造(たとえば卵形のような)であればピーク、ディップは生じにくくなり、これを抑える目的で使う吸音材は、少なくても済むと言われます(だからといって、全く不要というのは論理の飛躍ですが)。

一方で、吸音材は、その構造、材質、分量などによって、吸音率が異なります。たとえば、低音は素通りするけど高音は吸収しやすいとか、低音は反射するけど高音は吸収しやすいとか、低音は吸収するけど高音は反射しやすいとか、様々です。また、特に低音を吸収するには分量(層の厚さ)が必要で、「分量に関係なく、あらゆる周波数の音を均一に、効果的に吸収できる吸音材」というのは、ありません。つまり、本来なら「何~何Hzの音を何dB減衰させたいから、xxxxを何mmの厚さで使う」という厳密な設計と、実測による調整が必要なのです。複数の吸音材を使い分けることも少なくありません(ときどき「xxxxが最高の素材で、これさえ使っとけば万事オーケー」的なことを言う人がいますが、にわかに信じ難いです。単に、その人が、その吸音材を使ったときの音が好きなだけでしょう)。

また、「理屈の上での最適値」と「聴感上の好適値」は異なることが多いです。たとえば、「吸音材を使うとフン詰まりのような音になるから使わない主義」の人がいるかと思えば、「正面以外の音は一切出さないべきだからエンクロージャーそのものを吸音素材で作るべき」という人さえいます。

という訳で、どんな吸音材を、どれだけ、どこに入れるのが良いのかは、ケースバイケースと言わざるを得ません。

一般的な(教科書的な)設計をしたエンクロージャーであれば、「平行面の片側を覆うように入れる」のが普通です。量的に多すぎず、少なすぎず、かつ、上述の平行面で起こる共振をある程度抑えられるからです。

もっとも、実際にはトライ&エラーで調整していくしかなく、逆に考えれば部屋や置き場所に応じて低音の出過ぎ、少なさを調整できるとも言えます。とりあえずは教科書的な入れ方をしておいて、様子を見ながら調整すれば良いでしょう。

結論的に言うと、「場合による」です。エンクロージャーの形式(密閉、バスレフなど)、容量、形状、ドライバの性能、音質の好み、吸音材として用いる物の特性など、様々な要因が関わるので、「この量で正解」というのはありません。

吸音材の効果は、大別すると3つに分けられます。

1つは、見かけ上の共振先鋭度を下げる効果です。感覚的に言えば、クッションが増える分だけ「見かけ上の容量が増える」ということです。密閉にしろ、バスレフにしろ、エンクロージャーの容量を変えると低域での共振点が変わりま...続きを読む

Q密閉式スピーカーの吸音材ってなぜ必要?

密閉式スピーカーの吸音材ってなぜ必要なのですか?吸音材を入れると音の歯切れが悪くなるのですが、密閉式ほど吸音材が必要と言われる意味が分かりません。密閉式スピーカーの吸音材ってなぜ必要かが分かる方、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

No.4です。
綿、グラスウール、不織布、スボンジなどいろいろ試してみて、音色がつきにくいのはカーボンです。全くつかないわけではありませんが、ほかの市販吸音材と比べると聴感上かなり差があります。
炭(木炭)を輪切りにしてコーキング材で内壁に貼り付けるだけです。

Q安価で音の良いフルレンジユニットを探しています。

16cmのフルレンジユニットでスピーカーを自作しようと思っているのですが金も無いし離島のためにいくつもユニットを買ったり店に行って聞き比べる事ができません。
そこで自作オーディオファンの先輩方にご教授いただければと思い投稿しました。

希望としては価格は一つ7000円くらいまでで音に厚みがあり聞いていて面白みのある音を希望しています。(あまり詳細に書くと選択幅を狭めてしまうのではと思いあえて抽象的な表現にしました)

実際に音を聴いたことがあって「これは良いよ」と思うものがあれば理由も含めて教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして♪

16cm、ロクハンユニットは子供の頃からいくつも試していますが、現行品ならフォステクスのFF165WKと言う新製品は試してみたいですねぇ。
他に、FE164は所有してますが、マグネット強化とコーン変更のFE166Enにも興味有りです。

基本的に、16cmと言う時点で、日本製品からの選択となってしまいそうです。
どうしても、海外製品は、5”、8”、10”、12”、15”(12cm,20cm,25cm,30cm,38cm)
などがメインでしょうから、、、

昔の製品ですと、ダイヤトーン1本、パイオニア1ペア、フォステクスのFPやUP,FE、FFシリーズ(各ペア)、テクニクスの16F100は今も7本完動状態です。(16F100はPA用で、8本所有ですが、1本は一昨年逝ってしまいました、、涙)

ちなみに、過去のユニットですが、16F100は多少荒削りですが、浸透力が高い音で、好みの一つです。PA用なので低域も高域もそこそこ妥協しているためか、楽器の種類や奏法の違い等をはっきり表現してくれます。(アラさが有るので、クラシックなどには向かないかも、、)

私は、いろいろ違う音が楽しみなので、スピーカー工作を子供の頃から趣味の一つとしています。 御質問者様はどのような聴き方でたのしまれるのでしょう? 
近年は、もっと小口径のユニットを中心として、マルチウエイ化の方をより楽しんでいます。

日本語の「歌」物では、10cmとか12cmの方が発音等が自然な感じに思っています(まぁ、しばらくすると、また大口径ユニットも恋しく成るんでしょうかねぇ。)

ユニットも、箱との組み合わせや、アンプとの相性、なにより聴く自分の感性に合うように長期的にチューニングによって、かなり評価は違ってきますね。

御質問の文章から、気になっているユニットが有りそうですが、どのようなユニットかとっても興味がありますよぉ。
自分が信じたユニットなら、十分に使いこなすよう、いろいろ工夫して、納得のサウンドを目指してください。 

はじめまして♪

16cm、ロクハンユニットは子供の頃からいくつも試していますが、現行品ならフォステクスのFF165WKと言う新製品は試してみたいですねぇ。
他に、FE164は所有してますが、マグネット強化とコーン変更のFE166Enにも興味有りです。

基本的に、16cmと言う時点で、日本製品からの選択となってしまいそうです。
どうしても、海外製品は、5”、8”、10”、12”、15”(12cm,20cm,25cm,30cm,38cm)
などがメインでしょうから、、、

昔の製品ですと、ダイヤトーン1本、パイオニア1ペア、フォステクスのFP...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Q8cmフルレンジで最強は?

はじめまして。
とあるところで、タイムドメインのスピーカを聴く機会があり、それがどうやらfostexの8cm?ということを
webなどで知りました。それで8cmに興味をもちました。ちょっと自作で遊んでみようかなと思いまして、
8cmユニットをさがしているのですが、
fostexなどでは、FE87E,FE83E,FF85kなど、
他社からも数種類でているようですが、6Nシリーズなどはオークションなどでみかけますが、高価で手がでません。1本5000円程度を上限として、8cmユニットの
特色と、ずばり、お勧めユニット、最強ユニットを
おしえていただけませんか?

Aベストアンサー

個人的に、タイムドメインのスピーカーの音は好きではないのですが...

最強ユニットといっても、何をもって最強とするかにもよると思います。また、、8cm ないし 3inch のフルレンジスピーカーは私が知っている限りで20~30機種くらいはあると思いますので、全部聴いたうえでずばり推薦というのは、このサイズのユニットに相当入れ込んでいる人でなければ難しいと思います。

FE83E は、特にその前身である FE83 は、8cm フルレンジのロングセラーとして不動の地位を築いてきました。私も1ペア持っていますが、カラッと明るいキャラクターです。
FE87E は、FE87 の新世代ですが、こちらは FE83 系を防磁型にしたタイプで、多少音色に違いがあるそうです。私は使ったことがありません。

FE85K は Fostex の新世代型のユニットで、かなり強力な磁気回路と独特のエッジが特徴になっています。個人的に使ったことはありませんが、他の人が使っているのを聴く限り、勢いのある、前に飛んでくるサウンドですが、私には元気の良すぎるガキ大将的な音に聞こえました。

Fostex の限定ユニットは聴いたことがありませんが、どちらかというと長岡式バックロードホーンのための特種ユニットという気がします。

個人的には、8cm もしくは 3inch のフルレンジユニットで、かつ1発5000円までとなると、Hi-Vi Research の M3N か B3S を推しておきます。TangBand の W3-582SB も、多少甘い気はしますが、悪くはないと思います。

個人的に、タイムドメインのスピーカーの音は好きではないのですが...

最強ユニットといっても、何をもって最強とするかにもよると思います。また、、8cm ないし 3inch のフルレンジスピーカーは私が知っている限りで20~30機種くらいはあると思いますので、全部聴いたうえでずばり推薦というのは、このサイズのユニットに相当入れ込んでいる人でなければ難しいと思います。

FE83E は、特にその前身である FE83 は、8cm フルレンジのロングセラーとして不動の地位を築いてきました。私も1ペア持っていますが...続きを読む

Qスピーカーのバスレフポートが背面と前面では

DALI  ZENSOR1 26900円(Amazon)
バスレフポート 背面

DALI  LEKTOR 1 37700円(Amazonn)
バスレフポート 前面

両方のスピーカーを、壁から2メートル離した所に置いて聞いた場合、バスレフポートが背面にあるのと前面にあるのとでは、音にどのような違いがあらわれるのでしょうか?

ツヤ感とかですか?

私はロック等は聴かず、
ショパンやモーツァルトなどをよく聴きまして、
“雰囲気で聴かせる”ようなスピーカーが欲しいと思っているのですが。

Aベストアンサー

ZENSORとLEKTORとではドライバユニットなども異なるので、単純比較はできません。

バスレフポートの位置に関する一般論で言えば、

フロントにポートがある場合、
(1) バッフルに凸凹があるのと同じなので、高音の回折の原因になります。端的に言えば、歪みの原因になります。
(2) ポートから中高音が漏れだすため、ドライバ自体からの直接音に干渉する原因になります。これも、端的に言えば歪みの原因になります。

リアにポートがある場合、
(3) 壁に近づけると、壁とエンクロージャーの隙間がポートの延長として働くなどの影響があり、ほんらい意図されたのと異なる結果となることがあります。

もっとも、現代のスピーカーは「周りに何も物がない状態」を理想として設計されているため、ポートがリアにあろうとなかろうと、壁に近づけて設置するのはあまり良くありません。従って、どちらかと言えばリアにポートを付ける方が弊害が少ないと言えます。

ただし、これは設計者の決断であって、ユーザとしては「聞いてみて良いと思えばポートがフロントだろうがリアだろうが関係ない」訳で、あまり気にしても意味はないでしょう。「頭でっかち」になるより、実際に聞いてみる方が重要ということです。

ZENSORとLEKTORとではドライバユニットなども異なるので、単純比較はできません。

バスレフポートの位置に関する一般論で言えば、

フロントにポートがある場合、
(1) バッフルに凸凹があるのと同じなので、高音の回折の原因になります。端的に言えば、歪みの原因になります。
(2) ポートから中高音が漏れだすため、ドライバ自体からの直接音に干渉する原因になります。これも、端的に言えば歪みの原因になります。

リアにポートがある場合、
(3) 壁に近づけると、壁とエンクロージャーの隙間がポートの延長とし...続きを読む

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Q低音増強する方法。

引っ越してからとくに、「小さい口径」のユニットが好きになっています。

大型の低音にはかなわないものの、歯切れの良さ、音の広がり。っという点で、
小型スピーカーに魅力を感じています。

その中でも、密閉箱や平面バッフルが非常に好きです。
なんというのか・・・低音を箱で加工していないような音が好きです。
ちょっと前まではクセのある音がいいと思いましたが、
どうも小口径の素直な音?が、音楽を楽しむのにいいのではないかと思うようになりました。

しかし、低音がある程度ないと、音楽を聴いていても物足りないのも事実です。

私の部屋では、平面バッフルのバッフル板を大きくすることはもう無理です。
しかし部屋の「壁」を利用すればいいのではないかと思いました。

奥行10cmにも満たない小さな密閉箱の中に10cmフルレンジを入れ、
壁に密着させて使用した場合、壁はバッフル板の代わりになるでしょうか。

壁を利用する以外に低音を増やす方法ってあるでしょうか。

箱を上手に響かせるようなスピーカーも作れませんし、
サブウーハーも私には難しいです・・・。

Aベストアンサー

>> ようするに、壁を利用しても低音感が増すけども、低音は伸びない。っということですね。 //

「伸びない」の趣旨が分かりませんが、単に聴感上の低音が増えるという訳ではなくて、物理現象として現実に低音の音圧が上がります。

ものすごく単純にいうと、つまり壁があらゆる周波数の音波を100%反射すると仮定すると、壁に密着させた場合、低音域が+6dB増強されます。壁と床(天井)なら+12dB、壁2つ(背面と右または左)と床(天井)なら+18dBです。

たとえば、無響室において、スピーカー単体で鳴らした場合と、背面に大きな板を密着させた場合とでは、これに近似した結果が得られるでしょう。どの帯域で影響があるかは、板の大きさによります。ただし、壁の場合は、その大きさが変わるということは部屋の大きさも変わる訳なので、より複雑です。

また、厚さ50cmのコンクリート壁ならともかく、石膏ボードや木材の壁の場合は壁自体が振動して、その後ろにエネルギーを逃がしてしまったり、内部損失によって消失させてしまうので、理屈通りではありません。

いずれにせよ、スピーカーのすぐ後ろに大きな壁を作れば、物理的に低音の音圧が上がります。音圧が上がるということは良く聞こえるようになるということなので、結果的に、より低い帯域まで聞こえやすくなる場合もあります(オーディオ的には、それを「低音が伸びる」と表現することもあります)。

この現象は、根本的には無限大バッフルと同じですが、「エンクロージャ方式としての」無限大バッフルとは観点というか、スポットを当てる部分が異なります。その意味で無限大バッフルの代わりにはならない、ということです。

一般的に、スピーカーの設計においては、そうした「周囲の環境による周波数特性の変化」を除外します。そうでないと、不確定要素が多すぎて設計できないからです。従って、一般に「スピーカーの周波数特性」というのは、無響室において、スピーカーの周囲に何も物体がない状態での特性を指します。だからこそ、一般的に、「スピーカーは壁から離しましょう」と言われる訳です。密着させると、設計時に想定されたよりも低音が強調されてしまうからです。

逆に、自作の場合、それを考慮に入れて設計することも不可能ではありません。ある程度の計算やシミュレーションと、あとはトライ&エラーになりますが、「密閉箱を壁に密着させて低音を補う」という前提で設計するのはアリでしょう。現実的には、容量の異なる密閉箱をいくつか試作して、聴感で決めていくことになるでしょう。

>> ようするに、壁を利用しても低音感が増すけども、低音は伸びない。っということですね。 //

「伸びない」の趣旨が分かりませんが、単に聴感上の低音が増えるという訳ではなくて、物理現象として現実に低音の音圧が上がります。

ものすごく単純にいうと、つまり壁があらゆる周波数の音波を100%反射すると仮定すると、壁に密着させた場合、低音域が+6dB増強されます。壁と床(天井)なら+12dB、壁2つ(背面と右または左)と床(天井)なら+18dBです。

たとえば、無響室において、スピーカー単体で鳴らした場合...続きを読む

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

Q平面スピーカーはなぜ少ないのでしょうか。

SONY SRS-015っという小さな平面スピーカーを3千円で買いました。

ちょっと驚きました。
プラスチックで、しかもあの小さな箱ですが、音は素晴らしと思いました。

ユニットだけとりがし、平面バッフルに入れたいくらいです。
クセのない音がでるのではないかと期待してしまいます。

平面スピーカーってFALや景山式っという有名どころしかしらないのですが、
なぜ今は主流ではなくなってしまったのでしょうか。

ペアで10万円くらいでもし売れるなら需要は沢山あるような気がします。

素人考えですが、
円形よりもエッジは張替やすいような気がしますし、
センターキャップをへこまされることもないですよ。
メンテナンスもしやすいように思うのですが・・・。

Aベストアンサー

再び iBook-2001 です♪

コメント頂きました
『スピーカーを分解改造して平面振動板スピーカー実験とは・・・すごい話ですね。』
いやいや、子供の工作レベルの話。

通常のスピーカユニットにスプレー缶の発泡剤を充填させ、平らに成るように手を加えたり、ボイスコイルボビンから円錐状の駆動部を延長させてスタイロフォームや発布スチロール板を動かしてみたり、という程度の話です。
(平面振動板スピーカーでも、基本構造としては同じ手法を用いた製品が存在します。)

コンデンサータイプやリボン型は、駆動方式が違うため、そもそも円錐のコーンや、球面状のドームが利用出来ません、この他に基本動作がダイナミック型ですが薄膜にエッチング技術でコイルに相当する導線をプリントし、平面駆動とした手法が存在します。
(ただ、基本原理として振動板の前後に対極するマグネットが必用なため、大型は無理、ヘッドホンとしては現在も少数ですが存在しています。)

通常のダイナミック型スピーカーは、丸い形のコイル(ボイスコイル)が動くため、その振動を伝える筒(ボイスコイルボビン)に振動板を取り付け、均等に振動させるには円錐形のコーン型が、最もムリが無い構造なのです。

理想と言う考え方には、幾つもの方向が存在し、一つの理想を追求すると、その弱点を克服するのが案外難しい、、、このため、弱点が少ない方向で造った方が、実用面ではメリットが大きいという事でしょう。

でも、デメリットが在ってもチャレンジし続ける、という開拓精神が無くなったら、人間の進歩も止まってしまうんじゃないでしょうかねぇ。

大手企業は企業の存続という、利益追求が最重要ですから、余裕が無い運営企業は研究開発に過大な費用や人員投入が出来にくく成ります、将来性が高く理恵w機が得られる見込みが有る分野に特化し、ソレ以外は撤退、というのも企業としては生き残って行く為に必用なのかもしれません。

過去のビデオテープでβマックス敗北により、大きなスピーカー工場を手放してしまったソニー、プレステで大成功をしテレビ生産の基礎開発を後回しにして、今では主力だったはずのテレビ事業が足枷となっているソニー。また企業として大きく再生し、独自技術で頑張ってくれるのを期待しますね。

今はPanasonicの松下(オーディオブランドはTechnics)とか、日立のオーディオブランドローディー、Pioneerやこの他、いろんな企業やブランドが「平面振動板」にチャレンジし、その中でハイエンド製品だけで終わったり、バリエーション豊富にラインナップを揃えたり、形だけの平面でお茶お濁したり、と、様々在ったようです。

ソニーは、大きな振動板に対しては多数の駆動という方向が得意で、逆に言えば小さい振動板に対しては単純な造りで良い音を得る方向にノウハウが蓄積出来たのだと思われます。
まぁ、結果論ですが、今でも超小型スピーカー、PC用等はサイズの割りに高価で重い製品には、多くのファンが存在します。

今では、小口径でその割には大きなセンタードーム、という形状で、小口径の平面振動板よりも低コストで良い音が得られる、というノウハウが身に付いたようで、この分野ではスピーカー製造の根底技術等を引き継いでいるようです。

過剰にブンブン響く低音の量感メインじゃなく、多少量は少なくとも信号本来の低音感を再現する、という方向で、近年の安価なサラウンドスピーカーとは違うもの。
本質的には良いスピーカーですが、最近の「重低音が最も強いスピーカー、ヘッドホン」なんて言う人にはまだ理解出来ない、安価で効率よくコストダウンした隠れた良品を入手されたのですから、平面振動板という無く外観だけではなく、利用環境や使われ方も想定した上で、過剰な演出音では無く、素直な音に合わせた(チューニングした)というサウンドが気に入ったという事だと想います、良い製品に巡り会い、さらにその良さを大きく感じ取れたのですから、御質問者様は、ほんとにラッキーだったのでしょう。

再び iBook-2001 です♪

コメント頂きました
『スピーカーを分解改造して平面振動板スピーカー実験とは・・・すごい話ですね。』
いやいや、子供の工作レベルの話。

通常のスピーカユニットにスプレー缶の発泡剤を充填させ、平らに成るように手を加えたり、ボイスコイルボビンから円錐状の駆動部を延長させてスタイロフォームや発布スチロール板を動かしてみたり、という程度の話です。
(平面振動板スピーカーでも、基本構造としては同じ手法を用いた製品が存在します。)

コンデンサータイプやリボン型は、駆...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング