ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

奇跡的な生還をされたようですけど、今回の打ち上げも帰ってこれそうですか
宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

帰還の可能性を確立(%)で、となりますと、その数値を下げる要因は膨大にあり計算も困難かと思われるほど難しい挑戦かと思います。



が、わずかであれその可能性にかけて取り組んできて、無謀、確率0ではないことは初代はやぶさが語ってくれました。

経験した点を改良、改善した上での今回のはやぶさ2。
帰ってくることを願うばかりです。

確かに言えるのは「確率0ではない」ことだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

地球救うのは日本になれると良いですよね、それには宇宙知らないといけませんから
帰ってこれるように応援したいですよね。

お礼日時:2014/12/03 10:28

別に帰ってくるのが任務ではなかったんですよね。

本来の任務はイトカワに着陸してその砂を回収してくるのが目的でした。ところが肝心のボックスに砂粒は一粒もなく、逆さにして叩いたら隅っこから微粒子が落ちてきてそれをもって半ば無理矢理に「目的達成」としたわけですよ。
ただし、宇宙を高速で動いている宇宙の規模から考えると微細な小惑星に上手く合わせて着陸したという時点で大変な偉業であるともいえます。

だから仮に帰ってこれなくても今後の科学の研究と進歩に寄与したなら失敗とはいえませんし、無事に帰ってきたとしても成功とはいえないということもあろうかと思います。

いくらだったか忘れましたけど、結構な予算がつぎ込まれているんですよね、はやぶさ2。「科学のための予算削減は科学を理解していない愚者の行為だ」という人も世間にはいますけど、カネをかければ科学は発達するわけじゃありません。同じお金をかけるなら、難病の研究に充てるほうがいいという意見だってあるでしょう。
あくまで個人的意見ですが、JAXAの権益の象徴にしか見えません。まあ、私は「人類は宇宙の資源まで食い物にする権利はない」と考える立場なので宇宙開発関連には冷淡だというのはあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

お礼日時:2014/12/04 08:15

はやぶさ  510kg


はやぶさ2 600kg

どこが違うんだろう?
今回は失敗と予想します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょと太ってしまったのですか、細身のほうが動き良いですよね
失敗しなければ成功につながりませんよね、失敗から学べれば
成果も後からついてくるので、失敗でも許してあげるよ。

お礼日時:2014/12/03 10:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング