現在ゼミで「カルフールは日本で成功できるか」というテーマで研究していますが
1.カルフールは全国(海外・日本)でどこに何店舗展開しているのか
2.その経営実績はどのくらいなのか
についてのはっきりとしたデータが手に入りません。
またカルフールが公開しないのか私の調べ方が悪いのかわかりませんが、決算データもありません。もし決算のデータがあればそちらも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足です。



サイト上では日本の店舗は1店舗(幕張)だけになっていますが、ご存知のように既に3店舗ありますね。

幕張の他、南町田(神奈川)、光明池(大阪)の2店舗が既に開業済みです。
    • good
    • 0

その企業のサイトにあたってみるのが一番(→参考URL)。


日本語のページはないけれど、英語なら何とか読めますよね。

下側の "Our Stores" が店舗数ですね。全世界で 1898 店舗、
日本には1店舗だけですね。

また、下側の "Financial News" を選んで、上側の "annual report"
で見られるのが(読んでませんけど)決算データになるのではないでしょうか?

# 日本で成功できるかどうかは、さっぱり分かりません (^^;

参考URL:http://www.carrefour.com/
    • good
    • 0

英語でよければ、以下のURL(カルフール本社)でアニュアルレポートのダウンロードができます。


日本単体の経営成績という点では、カルフールジャパンが非公開会社であるため、公には決算を公表していないと思います。
私も以前一度、カルフールジャパンの経営に関してフランス本社に問い合わせをしてみましたが、全く回答ありませんでした。(英語で質問したからかな?)

とりあえず、アニュアルレポートをご覧になって、必要なデータがないか確認してみて下さい。

参考URL:http://www.carrefour.com/en/index.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q決算期が違う会社の決算を比較する際の注意点を教えて

決算期が違う会社(例えば3月決算と6月決算)の決算(財務諸表)を比較したいとき、どのような点に注意すれば言いでしょうか?
当方、簿記1級勉強中っていう程度の会計知識です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 決算期が違う会社(例えば3月決算と6月決算)の決算(財務諸表)を比較したいとき、どのような点に注意すれば言いでしょうか?

何のために比較するの? というのが問題です。
3月決算と6月決算なら、例えば固定資産税など税金のタイミングが少しずれていたり、有価証券等の時価評価時点が違うので単純に金額比較をする際には気をつけなければならなかったりします。

財務健全性などの観点からならば、注意はあまり必要ありません。
ただ、決算が1年ではない場合(例えば6月決算から3月決算にした場合には9カ月しかない決算期ができることがある)には、業績を単純に比較できません。

Q【リスクを取らないと成功しないって本当ですか?】リスクなしで成功することはあり得ない話なのでしょうか

【リスクを取らないと成功しないって本当ですか?】リスクなしで成功することはあり得ない話なのでしょうか。

Aベストアンサー

リスクなしで成功するなら、
計画性と下準備が必要だと思います。

Q半期決算の決算方針について

民間会社の現場の経理部門に身を置くものです。
今年から、9月末で半期決算を行うことになった旨、決算を担当する本社の部署から通知がありました。また、この半期決算は、3月末の年度末決算並みの決算方針で半期決算を行うとのことでした。
最近では、半期決算とか四半期決算とか、年度末以外にも決算を行う企業が増えていますが、私の会社でも、今回初めて年度末決算以外に決算を打つことになりました。
ところで、決算方針上、これら年度末決算以外の決算と、年度末決算との違いはあるのでしょうか?やはり半期決算とはいえ、決算方針上は、年度末決算とは何ら変わらないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

違いがあります

年度末決算は、会計士など必要な監査を受けた決算ですが
半期決算とか四半期決算は、簡易決算です
会計士など必要な監査を受けてない決算です

したがって
半期決算とか四半期決算は、簡易決算は、監査を受けたときに修正されることもありますので、当然差異がでます

Q日本カルフールはなぜ撤退したの?

 世界小売業2位のカルフールは一度日本に上陸したと思いますが、どうもわずか5年で日本市場を撤退したと聞いています。そもそもなぜこんなに早く日本を撤退したのかを教えてもらいたい。

Aベストアンサー

理由はいろいろあるのでしょうが、第一に店舗づくりが日本に合ってなかったと思います。

質問者さんは旧カルフールの店舗を利用したことがおありでしょうか?
食品を買いに行くのに、途中で家電売場を通り、自転車売場を通り、衣料品売り場を通り…などというように、買い物をするのにひどく不便な売場だったのです。これでは普段の食事の買い物をしようというお客さんは敬遠します。

また、他の回答者さんも言ってるように、品ぞろえも日本に合ってなかったんでしょうね。

Q6ヶ月 円 LIBOR の過去実績(長期)

現在賃貸物件建設に関して、30年返済での借り入れを検討しています。
今現在で通常の銀行借り入れでは、5年固定で2%を割るレートが利用できそうですが、ファイナンスから6ヶ月円LIBOR+定率(2.2%)の提示を受け迷っています。
借り入れ金利での損益分岐点は8%程度なので、30年と言う期間を考えれば通常金利では危険な気がします。
銀行間取引のレートと言う意味から、LIBOR 連動の方が長期的には安定していて有利な気がするのですが、銀行から10年程前に円LIBORが6%以上になっているグラフを見せられました。
確か円LIBORはそんなに歴史が無い様に聞いていたので、確信が持てなくなってしまいましたが、過去のデーターは何かの読み替えと言う事はないでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLをご覧いただき、Historic BBA Libor ratesをご覧になると10年以上前から、日本円についても提示されていたのがおわかりになると思います。

でも歴史がないとご記憶なのでしたら、LIBORではなく、TIBOR、それも日本円TIBORと勘違いしているということはないですか?(たしかユーロ円TIBORは日本円TIBORより前から出ていたような気がしますが...)

もしTIBORのことでしたら、全銀協のHPをご覧になるといいと思います。

参考URL:http://www.bba.org.uk/bba/jsp/polopoly.jsp?d=141


人気Q&Aランキング

おすすめ情報