被リンクサービスを検討しています。

被リンク業者のサイトを見て回っているのですが、その中で被リンクのプラチナリンクは信用できそうだと思ったので質問をさせてください。

数多ある被リンクサービスの中で返金保証が付いているのはプラチナ被リンクだけです。本当にサービスに自信があるので被リンクのプラチナリンクは返金保証を付けていると思いました。

被リンクのプラチナリンクのSEO施策実績も豊富ですし「最後の安心安全な被リンク提供サービス」と言っているので、被リンクサービスを受けてペナルティを受ける心配もない。

私は被リンクのプラチナリンクにはかなり期待していますが、みなさんの意見も聞きたくて質問してみました。

被リンクのプラチナリンクで間違いないですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

SEO対策の専門家です。



ずいぶんと被リンクのプラチナリンクについて期待しているようで申し訳ないのですが、私の率直な感想を言うと

・プラチナリンクの返金保証についてですが返金保証を受けるための条件についてはどこにも説明がない。
・SEO施策実績については本当にプラチナリンクが上げたのかどうかこちらで調べる方法がない。
・プラチナリンクは最後の安心安全な被リンク提供サービスと言っていますが、その根拠が分からない。

私から見るとプラチナリンクはツッコミどころ満載の業者です。

被リンクのプラチナリンクは危険
http://hilink-kiwameru.blogspot.jp/2014/12/blog- …
という記事は読みましたか。
    • good
    • 0

必読


 ⇒ウェブマスター向けガイドライン - ウェブマスター ツール ヘルプ( https://support.google.com/webmasters/answer/357 … )
≫品質に関するガイドライン - 具体的なガイドライン
≫次のような手法を使用しないようにします。
≫・・・【中略】・・・
≫ ・リンク プログラムへの参加

 そこから先はあなたの判断で・・

【引用】____________ここから
品質に関するガイドライン - 基本方針
・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
・ユーザーをだますようなことをしない。
・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイト
 や Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうか
 が判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなく
 ても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
・どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになる
 かを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[ウェブマスター向けガイドライン - ウェブマスター ツール ヘルプ( https://support.google.com/webmasters/answer/357 … )]より
    • good
    • 0

なぜこれほど短い質問文の中に当該サイトの名前を7回も登場させる必要があるのでしょうか。


かなりの高い確率であなたが当該サイトの管理者、あるいは関係者で、まさに「自サービスのSEOのため」に必死に質問されていることと推測します。その上で、当該サイトの有り余る猜疑点を回答することはできますよ。
もしあなたが本当に純粋にこのサービスを検討されているのであれば、疑わしい点はぜひとも聞きたいでしょう。しかしながら、私の推測通り、当該サイトの関係者であれば、都合の悪いことは書かれたくないでしょう。胡散臭いサイトを広告するのにはそれぐらいリスクが伴うということになりますが、どうしますか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペナルティを受けない被リンク

SEO対策に効果がある被リンクについて質問します。

私が運営しているサイトに被リンクを付けることを検討しています。被リンクを付けることでサイトの検索順位を上げてアクセス数を増やしたいと思っています。しかし、下手な被リンクを付けるとペナルティを受けるという話を聞くため困っています。

ペナルティを受けずに被リンクを付けるコツはありますか?


※コンテンツが良くすることで順位が上がるというホワイトハットSEOを試してみましたが、目立った順位の上昇はありませんでした。優れたコンテンツを作ることでナチュラル被リンクが付いて、順位が上がるという話も聞きますが、現実的にはナチュラル被リンクはそんな簡単には付かないことが分かりました。順位を上げるためにはどうしても被リンクは必要だと考えています。

Aベストアンサー

最近では被リンクによる上位表示の効果が小さくなったと言われていますが、私は被リンクの効果が出るための条件が厳しくなったと思っています。厳しい条件をクリアーすれば被リンクは効果が出るため、被リンクを上手に活用できていないライバルを出し抜くことができると考えています。そういう意味では被リンクの効果は以前よりも大きくなったという感触さえあります。事実、日頃からツイッターで何人かアフィリエイターのつぶやきを読んでいますが、私が見聞きする限りでは稼いでいるアフィリエイターほど積極的に被リンクを活用しています。


さて、本題です。

khaiofguさんはペナルティを受けずに被リンクを付ける方法を教えて欲しいとのことですが、そのためにはどういう被リンクを付ければペナルティを受けるのかを知っておく必要があります。ちまたでよく言われている、ドメインやIPを分散すればいいとか関連性のある記事の文中からリンクすると良いと言われていますが、それは被リンクの効果を高める手法であってペナルティにかからない手法ではありません。

結論を言うと、一つのブログの中に多数のリンクを詰め込むリンクの付け方をするとペナルティを受けます。自作自演で被リンクを付ける人は自分のサイトにばかり被リンクを付ける傾向があります。グーグルはそういうところを見てペナルティを課します。

具体的に説明します。ペナルティを受けないように被リンクを付けるコツは「発リンク組み合わせ分散」です。一昔前は、1記事に10リンクづつ詰め込んでも順位が上がっていましたが、そういうリンクの付け方は発リンクの組み合わせが固定されているため、一発でペナルティを受けます。

そこで考え出されたのが1記事に1つだけリンクする手法ですが、これも今では安全とは言えません。googleはブログ全体を見るからです。1記事1リンクでも同じサイト群にばかりリンクしていたらペナルティを受けます。被リンクサービスの99%は、被リンク対策専用のブログを使い回しているため高確率でペナルティを受けます。

それではどうすればペナルティを受けずに被リンクを付けることができるのか。1つのサテライトブログに1つだけリンクを付けてください。すなわち一つの記事の中に一つだけリンクを付けて投稿します。それ以降の記事は全部リンクなしで投稿してください。このリンクの付け方がもっとも安全です。なぜなら発リンクの組み合わせが存在しないからです。一般的に「1ブログ1リンク」と言われています。

ただし、1ブログだけ運営しても効果はたかが知れているので、1ブログ1リンクでサテライトブログをなるべくたくさん運営してください。できれば100ブログ以上運営するのが望ましいでしょう。そうなると非常に手間がかかりますが、手間をかけないと思うように順位が上がらないという点においてはライバルと条件は同じです。面倒でも手間をかけた人間が勝ちます。挑戦する価値はあります。

1ブログ1リンクで被リンクを付けてくれる業者も少ないですが存在します。ヒマはないがお金はあるという方は、そういった業者を利用することも一つ方法です。

最近では被リンクによる上位表示の効果が小さくなったと言われていますが、私は被リンクの効果が出るための条件が厳しくなったと思っています。厳しい条件をクリアーすれば被リンクは効果が出るため、被リンクを上手に活用できていないライバルを出し抜くことができると考えています。そういう意味では被リンクの効果は以前よりも大きくなったという感触さえあります。事実、日頃からツイッターで何人かアフィリエイターのつぶやきを読んでいますが、私が見聞きする限りでは稼いでいるアフィリエイターほど積極的...続きを読む

Q被リンクの効果ですが、同じジャンルのサイトからの被リンクの方が効果があ

被リンクの効果ですが、同じジャンルのサイトからの被リンクの方が効果があるのでしょうか?
例えば、「ダイエット」についてのサイトを持っていたとして、このサイトにリンクをもらうわけですが、さまざまなカテゴリー(テーマ)からリンクをもらうのと、ダイエットや美容といった同じジャンルのサイトからたくさんリンクをもらうのとでは、数は同じでもSEOとしては効果に差はあるのでしょうか?
それとも、数が同じであれば差はないのでしょうか?
ただし、ページランクについてはここでは考えないとします。
もし、同じジャンルからたくさんリンクを受けている方が効果があるのなら、ちょっと対策が変わってきます。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じジャンルから支持されていると、それだけで、そのコンテンツとの類似性が高いと判断される部分はあると思います。どれくらいの重さがあるのかはわかりかねるところではあります。
あとは、リンクに使われるアンカーテキストでしょうか。

Q被リンク販売会社で悩んでます。下手に、被リンクに手を出すと、逆にランク

被リンク販売会社で悩んでます。下手に、被リンクに手を出すと、逆にランクが下がると聞きました。そういったことは実際にあるのでしょうか?だとするとお金を払って順位が下がるというのは、考えものです。何か比較的安心な被リンク販売会社があればお教えください。
現在、具体的にはseopack(http://seopack.jp/)を検討しておりますが、こちらは大丈夫でしょうか?または今後ここと契約することで、スパム扱いになる可能性はあるでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>被リンク販売会社で悩んでます。下手に、被リンクに手を出すと、逆にランクが下がると聞きました。そういったことは実際にあるのでしょうか?

価値のないサイトからのリンクだと下がる場合があります。
リンクの増え方なども重要です。


>何か比較的安心な被リンク販売会社があればお教えください。

利用した事がありませんのでわかりません。


>現在、具体的にはseopack(http://seopack.jp/)を検討しておりますが、こちらは大丈夫でしょうか?

seopack(http://seopack.jp/)について調べてみましたが、「SEO対策」というキーワードで「圏外」でした・・・ 自サイトを上位表示できない会社を信用できますか?

Qアガルンデス(被リンクサービス)申込前に質問

アガルンデスという被リンクサービスに申し込むことを検討しています。

「アガルンデス」はなぜこんなにも効果が表れるのか?
1.高品質のサイトからのリンクを提供
2.IP・ドメイン分散
3.被リンクの増加スピードが調整できる
4.高品質のオールドドメイン
5.有効的なアンカーテキストの貼り付け
という説明を読んでアガルンデスの被リンクサービスは本物だと感じました。

それを裏付ける高品質な被リンクだという上位表示の実績も豊富です。

アガルンデスという業者は信用できそうだと思いました。

私はアガルンデスの被リンクサービスに申し込んでサイトの順位が上がって売上も増えてウハウハの人生を想像しています。

アガルンデスの被リンクサービスについてみなさんはどう思いますか?
私はアガルンデスに申し込む気マンマンなので、なるべく前向きな回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

被リンクサービスのリスクについてはご存知ですか?

私はアガルンデスの被リンクサービスは受けたことがないので、ペナルティを受けるかどうかは判断ができませんが、以下のURLが参考になると思います。

ペナルティを受けない被リンク
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8677868.html

Q被リンクを無料で増やすためのサービスはありませんか

アフィリエイトをはじめました。

サイトはある程度作れるようになり、内容もそれなりに専門的でいいものと自負していますが、ページを作ったところでなかなか検索上位に行きません。結局、被リンクを増やしていかないと上位は難しそうですが、予算もないので、どうしようかと思案中です。

被リンクを無料で増やすためのウェブサービスなどをご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

簡単にいうと、以下の施策を、上から順番に、狙ったページごとにやっていくと、何ヶ月かするうちに上位表示できます。

1 仕組み上、危険性のほぼない、自然な被リンクを増やす系のサービスに
  最初に登録しておく
 →先にこれらを登録しておくことで、この後の自分の作業中にも
  勝手に被リンクを増やしていってくれます。

 ・被リンクZ http://www.netcom-ir.com/
 ・リンクMAX http://www.linkmax.biz/
 ・リンクシステム http://www.link-get.info/


2 中小検索エンジンに、過度にならない範囲で登録する。
 →注意点を列挙しておきます。

 ・サイトの規模にもよりますが、
  1サイトについて30~50くらいまでの登録にとどめるべきです。
 ・手でやっても良いですが、面倒なので、
  GOD http://god.edge1.jp/ のような、
  一括登録ツールを用いてもいいと思います。
 ・ツールを使うときは、毎日2~3サイトずつ、計画的に。


3 相互リンクを依頼する。
 →注意点を列挙しておきます。

 ・こちらも、多すぎるのはかえってマイナスなので、20~30くらいまでが限度です。
 ・それくらいまでなら、むしろ「自然な被リンク」として評価され得ます。
 ・アンカーテキストはバラすことが大切です。でも基本はキーワードズバリです。
 ・相互リンク自動申請ツールを用いたほうがいいと思います。
  手でやるのはなかなか大変です。
  ツールについては、Links http://infomiracle.net/Links/index2.html
  は結構便利でした。
  ほかにも色いろあるようなので、調べてみて、
  予算的に折り合いが付けば、どれでも良いと思います。
 ・一括申請ツールを用いるときも、集めたリストに対して一気に申請せず、
  週に100とか200ずつの申請にとどめたほうが良いです。
  五月雨式にリンクが増えるのが最も好ましいということです。


4 無料ブログをサテライトして大量に作って自サイトへのリンクを張る
 →注意点を列挙しておきます。

 ・各ブログは10ページ以上。各サイトから自サイトへの発リンクは3本以下。
 ・できるだけ多くの種類のブログサービスを用いる。
 ・サテライトブログ同士はある程度相互リンクしても大丈夫ですが、やり過ぎないように。
 ・アンカーテキストは狙ったキーワードそのものズバリを半分。あと半分はそれをベースに単語を入れ替えたり、周辺ワードを付加したりして分散してください。
 ・記事はメインサイトと同分野が好ましいです。記事を作るのは大変なので、
  外注を使うとラクです。
  今は1記事100円以下でも外注できるので、予算がない場合でも利用しやすいです。
 ・外注を探すなら
  ランサーズ http://www.lancers.jp/
  クラウドワークス http://crowdworks.jp
  が便利です。

頑張ってください。

簡単にいうと、以下の施策を、上から順番に、狙ったページごとにやっていくと、何ヶ月かするうちに上位表示できます。

1 仕組み上、危険性のほぼない、自然な被リンクを増やす系のサービスに
  最初に登録しておく
 →先にこれらを登録しておくことで、この後の自分の作業中にも
  勝手に被リンクを増やしていってくれます。

 ・被リンクZ http://www.netcom-ir.com/
 ・リンクMAX http://www.linkmax.biz/
 ・リンクシステム http://www.link-get.info/


2 中小検索エンジンに、過度にならな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報