・生活保護者
・グループホームで生活

上記の方がグループホームで医療機関に受診した場合、医療費の出所ってどこなのでしょうか?
(例えば歯が痛くなり、普段は滅多にしない歯科受診をしたとか、毎月定期的に受けていない受診をした場合など)

生活保護費?から支給されるお金から引かれるんでしょうか?

医療などに詳しい方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

グループホームへの入所は


在宅での生活保護 という扱いになるので
医療費は、税金から出る。
    • good
    • 0

生活保護担当者に連絡をし、


医療券を発行してもらいます。
この医療券を持って、
診察を受けると、免除になります。
又、緊急の場合は、
診察の際、生活保護者の旨を伝えて、
後日持参することで、診察を受けることが出来ます。
が、病院により、駄目なところもあるので、
注意が必要です。
参考にしてください。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
再度の質問ですが、
ちなみに医療券を後日発行という場合は、勿論とりあえずその場で受けた診療代金を支払うのでしょうか?
その場合、幾らくらい払うのでしょうか?
確か生活保護の方って保険証を持っておられないですよね?

補足日時:2014/12/10 22:22
    • good
    • 0

まず、自分で支払います


後に、市役所(区役所)に請求すると戻って来ます
生活保護費から引かれる事はありません
詳しくは、生活保護を受けてる役所の担当者に確認
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になります。

お礼日時:2014/12/10 22:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高額医療費と医療費控除

今年、入院したのですが、高額医療費と医療費控除は両方申告した方が良いのでしょうか?医療費控除の申告のみでは損するのでしょうか?
ちなみに、一ヶ月で支払った額は、医療費自己負担額が15万円で、その他、差額ベッド・交通費を含めると19万円です。

Aベストアンサー

出来るなら両方した方がいいと思いますよ。

医療費控除は年に10万以上医療費を負担している方が
納付した税金を幾らか還付してもらえるものです。
(確定申告後に)
この場合
 1年間に払った医療費-保険金等(高額療養費請求で
 支払ってもらえた金額も含む)=10万円以上
になることが条件ですので、あえて「出来るなら」という
書き方にさせて頂きました。

私が以前入院した時は医療費控除も対象になりましたので
両方申告をしましたよ。

参考URL:http://www.mykomon.jp/kakutei_iryohi/,http://insurance.yahoo.co.jp/report/0502_01_2.html

Q高額な医療費・医療制度について質問です。

初めまして。先日、尿管結石で入院中のことですが、人工透析や腎臓移植で入院されてた方々と知り合いになり、高額な入院費について保険が効く効かないや会社が全額負担してくれるから貸付にしたなど、様々な医療費問題について話しました。
ただ、無料で治療はできないのはわかりますが、出来るだけ治療費を抑えたいのは患者としての心情・本音だと思います。多少、経済的負担が軽くて済むとわかってれば「ベットの空きがないから退院してほしい」という病院側のプレッシャーに対し1個人が対応できるとも思います。
今後、経済的負担を軽くする為、自分の身を守る為に、医療費や医療制度を勉強したいのですが、どこから入ればいいのかわかりません。切り口があれば教えて頂けないでしょうか?社会保険労務士の勉強などすれば保険や医療費、医療制度の知識がつくのでしょうか?
御回答、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

医療について、一般の方が、損をしない給付あるいは有利な給付を受けることを目的として学習するのに、社会保険労務士の勉強をするのはあまりお勧めいたしません。

理由は、社会保険労務士の書籍では、試験に出るところイコール重要ということを前提としています。一般的にどうでもいいようなことが重要だったりすることが珍しくないのです。

一般の人向けの、医療制度について書かれた書籍がよいのではないかと思います。
ただ、年金ほど多数の出版物があるわけではないので、手頃な良書があるかどうかがわかりません。

医療、医療制度、社会保険、健康保険などをキーワードにネットで書籍を探してみる、
図書館で探してみる、
大きな本屋さんで探してみる。
などの方法で探してみてはいかがでしょうか。

尚、インターネットで学習することは、やめておいた方がいいと思います。
理由は、ネットの情報は玉石混淆です。出版物と違って、誤ったことを何のチェックもうけずに掲載していることも有り得るからです。
それと、体系だてて学習するには適しません。
ネットの利用に関しては、釈迦に説法かもしれませんね。

もし、なかなかいい書籍は見つからない、という場合には、社会保険労務士の書籍でも学習は可能ですが、その場合には、普通は知らなくていいようなことは取捨選択して読んでください。
社会保険労務士の学習でいいところもあるにはあるんです。
健康保険と労災の関係
健康保険と年金の関係
などについても知識が得られます。

ちなみに、当方は社会保険労務士の学習により知識を得ました。

最後に、質問にあります、人工透析について
人工透析が必要な慢性腎不全患者の場合は、「費用が著しく高額な一定の治療として厚生労働大臣が定める治療」に該当し、
ひと月1万円を越える部分は高額療養費として健康保険から支給されます。国民健康保険も同じです。
同様の疾病に、後天性免疫不全症候群(HIV)があります。

医療について、一般の方が、損をしない給付あるいは有利な給付を受けることを目的として学習するのに、社会保険労務士の勉強をするのはあまりお勧めいたしません。

理由は、社会保険労務士の書籍では、試験に出るところイコール重要ということを前提としています。一般的にどうでもいいようなことが重要だったりすることが珍しくないのです。

一般の人向けの、医療制度について書かれた書籍がよいのではないかと思います。
ただ、年金ほど多数の出版物があるわけではないので、手頃な良書があるかどうかが...続きを読む

Q減価償却費はそんなに引かれるの?

実は先日借家人の過失で貸していたマンションが全焼しました。
借家人損害賠償保険を適用することになり、現状復帰の為の支払いの見積もりを出してもらったのですが、なんと減価償却費を20%、約110万も差し引かれた計算書がきました。
そうなると、自分で100万持ち出さないとリフォームができなくなります。
どうしても納得できないのです。これは仕方ないものなのでしょうか?
どなたか対応策などご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えていただきたいと思います。

・リフォーム後に売却を予定しています。
・担保になっている為ローンの返済もかなりあり、その残債も追いつかない状態でさらに100万は難しい状況です。
・売却するのにも時間を要しますのでその間の家賃も入りません。(見舞金20万で対応してもらうとのこと)
・マンションは築30年経っています。賃貸してからは13年です。その間に手入れはしています。
・見積もりは相手方の保険会社手配の鑑定人が作成したものです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Q1
ご自身でマンションに火災保険はかけておられますか?

Q2
「借家人の過失で貸していたマンションが全焼しました」
とありますが、どのような出火原因だったのでしょう?

Q医療費について

来週出産予定の者ですが健診にかかったお金と出産費用で10万超える場合は確定申告で多少は戻ってくるのでしょうか?その場合、健診にはだいたい10万円、出産と入院費で40万円ぐらいかかるとおもうのですがいくらぐらい戻ってきますか。ちなみに出産育児一時金というのも申請するつもりです。教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

かかった費用から、一時金をもらった分を引いた残りが医療費用として申告可能です。1年間にかかった、他の医療費や医薬品の購入なども合算して10万円を超えた分。

このお金が戻ってくるわけではありません。

この金額を所得から引いて、所得税を計算しなおし、すでに納めた(給料などから天引きされた)所得税との差額が戻ってくる、ということです。

おおまかに言って、医療費が20万円かかるとすると、10万円を越える分で10万円の申告をすると、所得が10万円低くなりますので、その所得税分ということで、10%分、1万円くらいもどる感じになります。

Q高額医療費について。

現在入院中です。20日間程の入院で医療費がどのくらいになるのかはわかりませんが私は無収入なので規定の7万いくら以上という条件より下回る金額だったとしても高額医療費の請求は出来るものでしょうか。その場合いくら位の医療費が対象になってくるのでしょうか。退院後に年金減額や障害厚生年金などの手続きをするつもりなのですが先に行っていた方が請求時には有効になるのでしょうか。どなたか詳しい方がいましたら簡単にご説明、アドバイス頂ければと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

あなたが低所得者という前提で話します。
健康保険の「高額療養費」は低所得者の場合自己負担額が35,400円を越えたとき対象となります。
病院の領収書のうち保険診療分のみが対象です。

例えば1ヶ月の入院の費用の領収書の金額のうち保険診療分が60,000円だったとします。
自己負担限度額の35,400円を超えていますから対象となります。

(自己負担額)60,000円-(自己負担限度額)35,400円=(高額療養費)24,600円
この場合は24,600円が高額療養費となります。


余談ではありますが・・・
「高額療養費貸付制度」というものがあります。
これは、高額療養費を申請している間支給されるまでには2~3ヶ月かかりますので、医療費は高額なため当座の支払いに困る場合に利用できる貸付制度です。
国保などは市町村ごとに多少違いはありますが、高額療養費として支給される額の8割程度を貸付け、支給される高額療養費で清算するしくみです。
詳しいことは、あなたの保険者(市町村役場、社会保険事務所など)にご確認ください。

参考URL:http://www.kokuho.or.jp/kokuho/kougaku/

あなたが低所得者という前提で話します。
健康保険の「高額療養費」は低所得者の場合自己負担額が35,400円を越えたとき対象となります。
病院の領収書のうち保険診療分のみが対象です。

例えば1ヶ月の入院の費用の領収書の金額のうち保険診療分が60,000円だったとします。
自己負担限度額の35,400円を超えていますから対象となります。

(自己負担額)60,000円-(自己負担限度額)35,400円=(高額療養費)24,600円
この場合は24,600円が高額療養費となります。


余談ではありますが・・・
「高額...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報