(1)時に及んで当に勉励すべし歳月は人を待たず。
(2)過ぎたるはなほ及ばざるがごときなり。
(3)人生意を得て歓を尽くす須らく。
(4)曲学して世に阿ること無かれ。
(5)忠言は耳に逆らへども、行ひに利あり。
お願いします。

A 回答 (2件)

(1)「光陰は矢の如し」「青年、老い易くして学成り難し」「一寸の光陰も軽んずべからず」・・・若い内にこそ学べるだけ学んでおけ。


(2)「帯に短く襷に長し」・・・間尺に合わない。役立たず。
(3)「友遠方より到る、また嬉しからずや」「盃を累て深更に至る」・・・楽しめる時に楽しみ尽くすべし。
(4)「曲学阿世」・・・学問を曲げて世におもねる。原発安全神話。
(5)耳に痛いことを言ってくれるのが本当の友達。後々の為になる。
    • good
    • 1

テキトーに。





及時當勉勵 歳月不待人
今を楽しめ
http://kanshi.roudokus.com/zasshi-touenmei.html


過猶不及
どっちもどっち
http://kanbun.info/keibu/rongo1115.html


人生得意須尽歓
オレの酒が飲めぬか?
http://www.fukudat.com/wiki/ja/%E5%B0%86%E9%80%B …


無曲學以阿世
出る杭は打たれろ
http://kanbun.info/koji/kyokugaku.html


忠言逆於耳 而利於行
良薬は口に苦し
http://r-yakuzaishi.net/blog/%E3%80%8C%E8%89%AF% …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恐竜が絶滅し暫らく経った後から、人類が誕生する前の、約6000万年の間、哺乳類の種類は増えたのですか

1.約6600万年前に恐竜は全滅しました。恐竜という足かせがなくなり、哺乳類は活躍できおそらく種類が増えたと思います。
2.一方、約700万年に誕生した人類は、幾つかの哺乳類を絶滅させたようですね。
お聞きしたいことは、約6600年前からの、最初と最後を除いた約6000万年の間、哺乳類の種類は増えたのでしょうか?

Aベストアンサー

今読んでいた本(※1)に、似たようなことが書いてあった(対象は哺乳類ではない)のですが、考古学界でも意見が分かれているようです。
結論的には、徐々に増えて行ってる派が優勢のようです。ただ、カンブリア爆発に見られるように大量絶滅などの後に種が一気に増えて、その後は個々の絶滅と分化でほぼ同じ程度の状態が続くと考えている学者も少なくないようです。
後者は特に、ワンダフルライフという本で紹介されたように、初期の爆発時により多くの系統が生み出され、その後一部(半分くらい?)の系統は絶滅し残った系統がその中で分化していく、という系統樹の形を反転させるような考え方で、今でも人気がありますね。
ただ今では、絶滅したと当初考えられていたものに現生種があると判明したり別のグループの一員と考えられるようになったりと、系統樹を反転させたほど減ってはいない、また海底の生命の跡(生痕化石)からの種類の遷移などは徐々に増えていくことを支持している様といったことから、上記のように徐々に増えていく派が主流となっているようです。


※「生物はなぜ誕生したのか」、原題は A New History of Life(邦題のセンスないだろ)。2名の共著なのですが、あきらかに1名は文章が下手というかドヤ顔したくてゲスい文章になってる感じ(科学者センスが低い)で、オススメするのはどうかとも思うのですが、最新の研究が紹介されてたりする部分は評価できます。

今読んでいた本(※1)に、似たようなことが書いてあった(対象は哺乳類ではない)のですが、考古学界でも意見が分かれているようです。
結論的には、徐々に増えて行ってる派が優勢のようです。ただ、カンブリア爆発に見られるように大量絶滅などの後に種が一気に増えて、その後は個々の絶滅と分化でほぼ同じ程度の状態が続くと考えている学者も少なくないようです。
後者は特に、ワンダフルライフという本で紹介されたように、初期の爆発時により多くの系統が生み出され、その後一部(半分くらい?)の系統は絶滅...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報