【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

潜水艦を攻撃する手段として爆雷がありますが、なぜ駆逐艦や巡洋艦は搭載できて戦艦や空母などの大型艦艇には爆雷は搭載できなかったのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

搭載しようと思えば搭載できますが、戦艦や空母に搭載しても割に合わないからやらなかっただけですよ。



潜水艦を戦艦や空母が追いまわそうとしても、でかい図体だと旋回加減速が遅くてなかなか捕まえられません。
それに潜水艦に相撃ち覚悟で魚雷打たれた日には、空母一隻と潜水艦一隻ではまったく割に合いません。
そもそも空母を潜水艦から守るために駆逐艦がいるのに、危険な空母が前面に出てきてはなにがしたいんだかわかりません。あとでかい船だと聴音も不利になりますね。

そういうわけで空母や戦艦が潜水艦あいてに爆雷ばらまく位置まででていくのがありえないので搭載していないだけですよ。爆雷投射機って艦の中で一番誘爆の多い弱点でもありますし。


なお巡洋艦の場合、だいたい軽巡クラスですが爆雷装備もめずらしくないですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%8D%81% …(%E8%BB%BD%E5%B7%A1%E6%B4%8B%E8%89%A6)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、機動性の問題と割に合わないという事ですね…
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2015/01/01 19:40

『艦これ』だから






だと思ったんだw
    • good
    • 1

>なぜ駆逐艦や巡洋艦は搭載できて戦艦や空母などの大型艦艇には爆雷は搭載できなかったのでしょう?



 大和や武蔵も新造時から爆雷を搭載(九五式爆雷10個)してますけど…。大概の艦艇は一応持っている…。
 (乗員の証言も有る。まあ、魚雷を装備してる戦艦がある位ですから…。)

 まあ、他の回答者産の仰るとおり有効活用できるかどうかは別問題です。
 (対抗手段がまったく無いよりかは有った方が、乗員の士気も維持できるので…。)

 ちなみに、大和型戦艦はあのバルバス・バウに零式水中聴音機(現代の軍艦の標準装備位置)を備えています。
 (速度低下を覚悟の上でわざわざ載せた…。)

 流石に砲撃戦の真っ最中とかの、砲塔旋回時の騒音(水圧機等)は、聴音の妨げに成ったようですが、通常時は騒音発生源から聴音機を遠ざける事が出来るなど有利な点がありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大型艦も実は装備していたとは驚きました。
大和は聴音機まで持っていたのですね…
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2015/01/01 19:42

他の方も仰っていますが戦艦のような大型艦艇は小回りが利かず、太平洋戦争以前は22~24ノット程度の低速艦も多かった為、不適とされたのだと思います。


ソナーなどが充分な性能を持っていなかった時代は、数隻で潜水艦がいると思われる海域に爆雷を投下する戦術が一般的でした。
こうした理由から数を揃えられ、小回りが効き高速な駆逐艦に任務が割り当てられたのだと思います。

旧日本海軍の駆逐艦は艦隊型駆逐艦としての能力を強く求められたため、爆雷などの対潜装備はあまり無かったのですが、魚雷に機銃弾が命中、誘爆を起こして一瞬で轟沈と言う例もいくつかあります。

日本でも長門型以前の戦艦は建造時には魚雷発射管を装備(艦上では無く喫水線下に発射管がある)していましたが、防御上の問題、実戦での効果を疑問視され改装などで撤去されています。

戦艦に爆雷を装備したとしても実際に役に立ったかは疑問ですし、むしろ防御上のデメリットが大きかったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、装備してもあまり役に立たない上に危険だったという事なのですね
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2015/01/01 19:46

mirandal さん、こんばんは。


空母や戦艦はスペースがあるから搭載はできるでしょうが、いざ使用するときには潜水艦を追跡しなければならないので大変です。
それは、やはり駆逐艦や巡洋艦のほうが速度や小回りが利くからです。それにもともと巡洋艦や駆逐艦は戦艦や空母を護衛するのが任務ですから、潜水艦からの魚雷攻撃を阻止するために駆逐艦や巡洋艦に爆雷を装備するのは当然です。
特に駆逐艦は小回りと速度に優れているので、対潜水艦作戦の主役といっても過言ではありません。
詳細は下記のURLを参照ください。

駆逐艦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A7%86%E9%80%90% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、役割が違うということですね…
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2015/01/01 19:48

戦艦や空母が単独行動をする事がないので


それぞれに課された作戦目標に必要でかつ効率的な運用の為に取捨選択しているだけでしょ
    • good
    • 0

できないのではなく、そういう用途に使わなかったから。

機動性に優れた艦艇に搭載した方が使い勝手がいい。大型艦艇は単独で行動することはないので、わざわざ小回りが利かないものに積む必要はない。
    • good
    • 0

艦船にはそれぞれに攻撃対象が想定されてるからでしょう。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦艦から潜水艦を攻撃する方法

「U-571」という映画を見ました。
駆逐艦?が、潜水艦を攻撃するのですが、その方法がとても原始的でした。
水深何メートルで爆発するかをセットしたドラム缶のような爆弾を沢山落とすのですが、ぜんぜんあたりません。
潜水艦めざして魚雷のようなものを発射すればよいのにと思ってみていました。
当時はレーダー技術も未熟だったようです。

さて、現在では戦艦から潜水艦を攻撃するのにどのような兵器がありますか?
潜水艦の音や熱を感知して追尾する魚雷のようなものを積んでいますか?

Aベストアンサー

地上で爆弾が爆発したとき、直撃で無いとしても粗末な小屋のような物は、爆風で被害があるかも知れませんが、戦車の様な強固なものは、ほとんど無傷になるでしょう。
これは、空気が緩衝帯となって爆風を和らげてしまうために、爆弾の持つ威力が充分に伝わらないからです。
しかし、これが水中になるとちょっと違ってきます。
空気よりも何倍も密度が濃い水の場合は、爆発などで強いエネルギーを受けると、そのままあまりロスしないで伝播していきます。
従って、地上の様に限りなく命中精度を上げていかなくても、ある程度の近さまで近寄って爆発すれば、相手にかなりの被害が与えられます。
まして、潜水艦は水上艦艇より下にいるので爆雷を投下すれば、基本的には潜水艦向かって沈んでいきます。
非常に手軽で効率のいい攻撃方法になります。
当時の潜水艦の水中での攻撃武器は、魚雷しか無いので真上にいる水上艦艇は攻撃できませんし、深深度を航行していれば発射管を開く事も出来ないでしょう。

電子機器の発達していない当時の魚雷は、基本的に真っ直ぐにしか進みません。
水上艦艇を攻撃する時には、水面近くで相手の動きを読んで発射すれば、右か左しか逃げ場は無いので、あたる率は高くなるし扇状に何本か同時に打てば、当たる率はもっと上がります。
しかし潜水艦の場合には、水中に向けて発射したとしても、上下左右と逃げ場があるのであたる率は水上艦艇よりも低いでしょう。
また、真っ直ぐにしか撃てない魚雷を、水中の潜水艦めがけたその角度で発射することは、魚雷発射管の構造上不可能でしょう。
また、発射できたとしても命中の可能性は低く、また爆雷の様に爆破深度をセットしておいても、雷速の早い魚雷では行き過ぎてしまい、離れた所で爆発する事も考えられるので、高価な魚雷を使うよりも手軽な爆雷の方が、効果は高かったと思います。

現在は、相手の音を探知して自分で目標に向かって進んでいく、"アクティブ・ホーミング魚雷"や有線誘導弾などが開発されているので、魚雷による効率的な潜水艦攻撃も可能です。

海上自衛隊などでは、アスロックシステムを使い、水上艦艇から潜水艦を攻撃する事が出来ます。
アスロック(ASROC)はAnti Sub-marine ROCketの略で、甲板からロケットエンジンの付いた魚雷を打ち出し、潜水艦近くの海面にパラシュートで着水させて、そこからは魚雷自身が潜水艦を探知して追跡・命中するようになっています。
http://www.jda.go.jp/JMSDF/data/equip/photo/main11.htm
http://www.yuri.sakura.ne.jp/~right/equipment/jmsdf/weapons/asrocsum/asrocsum.html&no=4

地上で爆弾が爆発したとき、直撃で無いとしても粗末な小屋のような物は、爆風で被害があるかも知れませんが、戦車の様な強固なものは、ほとんど無傷になるでしょう。
これは、空気が緩衝帯となって爆風を和らげてしまうために、爆弾の持つ威力が充分に伝わらないからです。
しかし、これが水中になるとちょっと違ってきます。
空気よりも何倍も密度が濃い水の場合は、爆発などで強いエネルギーを受けると、そのままあまりロスしないで伝播していきます。
従って、地上の様に限りなく命中精度を上げていかなく...続きを読む

Q戦艦大和の主砲発射時 甲板での衝撃は?

以前、なんらかの本で戦艦大和の主砲発射時、甲板上で生身の人間はその衝撃に耐えられない。(ウサギを金網に入れ実験したところすべて死んだ)という事を読んだ記憶があります。映画「男たちの大和」では、機銃座の兵員はヘルメット以外なんの防具、耳栓などしていないようなのですが、主砲の三式弾打ちまくっていましたね。実際のところどうだったのでしょうか?

Aベストアンサー

映画は観ていませんが、主砲発射時に剥き出しの機銃座にいれば吹き飛ばされてしまうので、そんなシーンがあったのなら、それは映像表現上の嘘でしょう。
大和の場合、主砲発射の衝撃と爆風があまりにも激しいので、高角砲や高射機銃座等は全てドームで覆う設計を施してあります。後期の改修で露天式の物も取り付けられましたが、これを使用するのは、飽くまで主砲を使用しない時だけです。主砲発射の際には、甲板に警報が出て、機銃要員は最寄のハッチから甲板の下に退避するのです。
余談ですが、大和の前にも、戦艦長門が竣工した際(大正時代)、主砲(40センチ砲)の一斉射撃を行った時、艦橋最上部の露天艦橋に人が立っている事が出切るかどうか、志願者を募って実験したそうですが、全員柱にロープで体を繋いでから一斉射撃を行った所、射撃の瞬間に吹き飛ばされて床や壁等に叩き付けられ全員失神。気が付くと軍服のボタンが爆風ですべて弾け飛んでいたそうです。それ以前の日本海軍では、戦闘時の指令部は露天艦橋で指揮を取るのが日露戦争以来の伝統でしたが、これを機会に防御の施された艦橋内で指揮を取るように改まったと言います。

映画は観ていませんが、主砲発射時に剥き出しの機銃座にいれば吹き飛ばされてしまうので、そんなシーンがあったのなら、それは映像表現上の嘘でしょう。
大和の場合、主砲発射の衝撃と爆風があまりにも激しいので、高角砲や高射機銃座等は全てドームで覆う設計を施してあります。後期の改修で露天式の物も取り付けられましたが、これを使用するのは、飽くまで主砲を使用しない時だけです。主砲発射の際には、甲板に警報が出て、機銃要員は最寄のハッチから甲板の下に退避するのです。
余談ですが、大和の前にも...続きを読む

Q第二次世界大戦頃までの戦闘機乗りの生還率は?(撃墜王の事が知りたいです)

撃墜王なる言葉がありますが
調べて見ると5機墜とすと与えられた称号らしいです、もちろん諸説ありますが
5機墜とす位は熟練パイロットなら出来るのでは?なんて思いましたが
たぶんこれはTVゲームしてる感覚で捉えての結果だと思います
全然ピンときません
生涯戦闘で5機でエースなんて呼ばれるって事は
ものすごく生還率が悪かったと予想出来るのですが・・・

撃墜王って呼ばれるにはかなり大変だったのでしょうか?
また太平洋戦争までの生還率など
素人に解りやすく教えて頂ければ幸いです
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

直接的な回答ではありませんが、
アメリカ軍の集計では
・エースは総パイロットの1%に満たない
・しかし、全撃墜数に於けるエースのシェアは40%位
・トップ・エースは生存率も高い(米軍の場合、20傑中戦死者は3人だけ)
という結果が出ています(これがアレグレッサーなどの摸擬空戦を重視する訓練へと繋がっていく)。

 つまり、パイロットになると、大体は戦果を上げることなく敵に喰われる。その時点で運が良いか、技量がいいものは生きのこり、やがてエースになるか、運が良いだけでなんとか生きのこる「その他大勢」になるか、という事になるわけです。

 ただし、生存率に関して言えば、国によって条件が異なり、落とされても歩いて自陣に返ってもう一回出撃、なんて恐ろしいことが平気で起こるWW2のドイツ(3桁級がゴロゴロ。肋骨負っても再出撃した奴もいた)、ローテーション態勢がしっかりしていて、それほどスコアを伸ばせないアメリカ、洋上を長距離侵攻が多く必然的に死にやすい日本など、「その国の事情」があるので、一概には言えません。

 なお、現在ではそもそも空戦自体がほとんど発生しないので、撃墜経験のあるパイロットの方が希少です。最後のエースは1986年のイラン空軍人でした。もう20年以上前の話です。

直接的な回答ではありませんが、
アメリカ軍の集計では
・エースは総パイロットの1%に満たない
・しかし、全撃墜数に於けるエースのシェアは40%位
・トップ・エースは生存率も高い(米軍の場合、20傑中戦死者は3人だけ)
という結果が出ています(これがアレグレッサーなどの摸擬空戦を重視する訓練へと繋がっていく)。

 つまり、パイロットになると、大体は戦果を上げることなく敵に喰われる。その時点で運が良いか、技量がいいものは生きのこり、やがてエースになるか、運が良いだけでなんと...続きを読む

Q船は皆女性扱い?

戦艦とか、船、乗り物はよく女性扱いされますが、大和やビスマルクみたいな男の名前の船でも女性扱いされたのでしょうか?
少し調べてみたらビスマルクは彼女ではなく彼と呼ばれていたとある一方、ビスマルクはあくまで性なので女性扱いされていたとかいろいろあるので確信が持てません。
詳しい方、どうか教えてください。

Aベストアンサー

気になって、調べてみました。戦艦ビスマルクのドイツWikiの書き出しは
Die Bismarck war ein Schlachtschiff ・・・ビスマルク(女性)は戦艦(中性)
だった・・・とあります。

なぜ船の名前が女性なのかについては、数え切れない数のQ&Aが有りました。
<なぜOtto(男性名) von Bismarckさえも船名なら女性なのか?>の類です。

結論は無いようですが、一応参考になりそうな意見です。
MDR1ラジオ テュービンゲンで紹介されたものの要旨です。
1.船を女性と見ていて海を支配していたイギリスの習慣を引き継いだ、
2.古代エジプトで船が幸福をもたらす女性的な存在とされていた、
3.男だけの船乗りが、女性の同伴者を渇望していた。
例外は、皇帝 Wilhelm II. が命名した"Der Imperator"やカソリック聖人に
ちなんだ船名等だそうです。
http://www.gutefrage.net/frage/schiffe-haben-meist-weibliche-namen-warum-und-was-ist-mit-u-booten

他の記事(Time)では、ローマ時代に既に船名は女性であった事が考証されていいます。
そこでは<フランスでは「変態的」に男性である>とも書かれています。

結論の無い議論を延々と繰り返しているようですので、一つ興味ある説を紹介します。
1.「彼女」はある一人の「男」に操舵されなければならない。
2.監視されていない瞬間に「彼女」は権力を握る。
3.「彼女」は積まれ過ぎるのを嫌う。
4.所有者が変わると「彼女」は新しい名前に変わる。
5.「彼女」はいつも服装(艤装)に金が掛かる。
6.「彼女」には所有者が考えた以上に維持費が掛かる。
7.「彼女」はある「男」を奈落の底に引込むかも知れない。
8.「彼女」は出かける(出港)前に、白粉し着付け(手入れ)をしなければならない。
9.年と共に「彼女」は費用効率が低下する。
ある女性船員の回答です。
http://blog.zeit.de/zeit-der-leser/2010/06/17/leser-fragen-warum-sind-schiffe-weiblich/

乗組員がビスマルクを「彼」と呼んでいたとの記事は見つかりませんでした。
様々な意見の中には<船は荒れる海から船員を保護してくれる「子宮」的な意味が
有った>と言うものもあります。水兵は当時としては教育レベルの高い方なので、
船は「女性」である事や呼称も統一されていたと推測します。もし「彼」と
言う記事が有ったら、「珍しいから記録された」可能性も有ります。

気になって、調べてみました。戦艦ビスマルクのドイツWikiの書き出しは
Die Bismarck war ein Schlachtschiff ・・・ビスマルク(女性)は戦艦(中性)
だった・・・とあります。

なぜ船の名前が女性なのかについては、数え切れない数のQ&Aが有りました。
<なぜOtto(男性名) von Bismarckさえも船名なら女性なのか?>の類です。

結論は無いようですが、一応参考になりそうな意見です。
MDR1ラジオ テュービンゲンで紹介されたものの要旨です。
1.船を女性と見ていて海を支配していたイギリスの習慣を引き...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

QWin8.1環境で、CPU使用率が妙に高い

先日Win8.1に更新し、気が付くと以前に比べ
ファンの音がやや煩いように思い、タスクマネージャを
見てみると他に何もプログラムを立ち上げていないのに
16~17%程度で推移しています。

「ネットワークアダプタのIPv6機能を切る」
「タスクスケジューラから自動更新を切る」

など、ネット上でよく見られる策は試しましたが、全く効果がありませんでした。

また、このようなサイトで質問を書いているだけのような
軽い処理だけをしている時でも、常にCPUのブースト機能が働き
高クロック(3.05Ghz)で固定されています。

Win8に変えた当初から使用するソフトに変更はなく、
その時はアイドル時のCPU使用率はせいぜい1%程度でした。

どなたか、Win8.1環境におけるアイドル時のCPU使用率を
下げる方法をご存じの方がおられましたら、教えて下さい。

よろしくお願いします。

~PC仕様~
OS:Win8.1
CPU:i7 860 定格
RAM:16GB
M/B:GA-P55A-UD3R(rev1.0)
VGA:Radeon HD6870
HDD:WD10EALX 1TB
SSD無し

先日Win8.1に更新し、気が付くと以前に比べ
ファンの音がやや煩いように思い、タスクマネージャを
見てみると他に何もプログラムを立ち上げていないのに
16~17%程度で推移しています。

「ネットワークアダプタのIPv6機能を切る」
「タスクスケジューラから自動更新を切る」

など、ネット上でよく見られる策は試しましたが、全く効果がありませんでした。

また、このようなサイトで質問を書いているだけのような
軽い処理だけをしている時でも、常にCPUのブースト機能が働き
高クロック(3.05Ghz)で固定されて...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

当方環境はWindows7ですが、8.1なら話が通じるかと思いますので。
スタート → プログラムとファイルの検索 のようなボックスがあれば services.msc と入力して サービス を立ちあげます。
その中で Windows Search というサービスがあればダブルクリックします。
スタートアップの種類で 無効 を選択します。サービスの種類 で 停止 をクリックしてOKボタン

これで状態を確認してみてください。
*ちなみに、このサービスはファイルやフォルダの検索を高速化するサービスなので、高速検索を使用したいなら下記URLにある代替ソフトを使用してください。

http://www.gigafree.net/utility/desksearch/everything.html

以上で改善されなければ、以下参照してください。

http://www.eripyon.com/mt/2013/10/windows_8_1_cpu_heavyload_10016.html

http://fpanapc.fan.coocan.jp/xoops/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=423&forum=2

こんばんは。

当方環境はWindows7ですが、8.1なら話が通じるかと思いますので。
スタート → プログラムとファイルの検索 のようなボックスがあれば services.msc と入力して サービス を立ちあげます。
その中で Windows Search というサービスがあればダブルクリックします。
スタートアップの種類で 無効 を選択します。サービスの種類 で 停止 をクリックしてOKボタン

これで状態を確認してみてください。
*ちなみに、このサービスはファイルやフォルダの検索を高速化するサービスなので、高速検索を使用し...続きを読む

Q双胴船にしない理由はなんでしょう?

全長200メートルのひゅうが型護衛艦(いわゆるヘリ空母)を考えると、同じ全長200メートルで甲板面積を広く取るためには細身の船体を二本つないで、双胴船にすれば良いと思います。

実際のところ、広い甲板面積を必要とする航空母艦に関して世界をみわたしても、双胴船にして広い甲板面積を確保している例は見当たりません。

双胴船にするメリットを考えてみると、
1.甲板の横幅を確保し、ランウェイ(2本?)と広い駐機場・エレベーターを確保するのに有利
2.同じ全長、同じ排水量の艦船同士で比較すれば、細身の船体を二本つかう双胴船の方が、横幅の広い単胴船よりも造波抵抗を少なくでき、燃費に有利。通常兵器で作戦行動期間を延長できる。
3.2万トン級の艦船ならば、どのみち機関は二重化されるので、双胴船の機関二重化も、大きなコスト増にはならない。
4.スタビライザーの被弾など、非常事態においてもローリングが少なく、着艦安全性は高い。

しかし、現実の世界には双胴船の空母は建造されません。

私が気付かない根本的な理由がありそうなのですが、その理由が知りたく質問しました。

船舶の設計や研究をされている方から技術的なアドバイスを頂ければありがたいです。

全長200メートルのひゅうが型護衛艦(いわゆるヘリ空母)を考えると、同じ全長200メートルで甲板面積を広く取るためには細身の船体を二本つないで、双胴船にすれば良いと思います。

実際のところ、広い甲板面積を必要とする航空母艦に関して世界をみわたしても、双胴船にして広い甲板面積を確保している例は見当たりません。

双胴船にするメリットを考えてみると、
1.甲板の横幅を確保し、ランウェイ(2本?)と広い駐機場・エレベーターを確保するのに有利
2.同じ全長、同じ排水量の艦船同士で比較すれば、細...続きを読む

Aベストアンサー

私も素人であり詳しくはありませんが、考えられる幾つかの理由とデメリットを書いてみます。

1.双胴船の建造・運用実績がない。軍艦は血税で出来ているので実績のないものを簡単に作るわけにはいかない。試験艦を建造するにしても作って散々テストした後『あんまり使い物になりませんでした』では許されない。税金を無駄に使ったとして誰かが糾弾され責任を取らされる。日本では試験艦の建造そのものが多大な政治的問題を生む。

2.運動性能が落ちる。
下の動画のように空母と言えどもこれほどの運動性能を要求される。
https://www.youtube.com/watch?v=d4KnCqcTEOU
双胴船にこれは厳しい。
また、直進するのであれば造波抵抗は少なくなるが、旋回する時には船のサイドに掛かる水の抵抗は増えるため回避運動時には抵抗になるだけである。

3.甲板面積を大きく取るために艦幅が広くなるなら入渠できるドックが限られてくるため運用効率が落ちる。戦時下で遠く離れたドックまで点検・修理・改修に向かうのは非効率すぎる。場合によってはドックの順番待ちをしなくてはならない状況になる。入渠できるドックを増やすにも多大な費用が掛かる。

4.艦載機の離発着の運用効率を上げるならばそれに見合うクルーの増員も必要になる。
F1のピットストップが他のレースに比べて速いのはシステムや器具が優れているのではなく、単純に作業する人員が多いだけである。乗艦しているクルーの人数が増えれば食料等の補給の面で長期の作戦行動には不向きになる。

5.日本のヘリ空母のような対潜作戦を目的とした場合、速度の遅い相手に航空機の離発着の速度を上げてもたいした効果はない。
音速を超える航空機を相手にするならば即応性をあげることに意味はあるかもしれないが、時速100キロ以下の相手に発着時間が5分延びた所であまり影響はない。発着時間の短縮よりもヘリの速度を上げたほうが効果が高く、開発によってヘリコプターの航行速度を上げれば、その効果は軍全体に波及する。

6.今後の軍事的な方向性として、軍用機(ヘリも含む)は無人化・小型化の方に進む可能性が高く、広い
発着甲板を持つ大型艦よりも、少ない人員で運用できる中型艦・小型艦が増えてくると予想される。
この場合、一つの艦に大勢のクルーを乗せ離発着の効率が高い空母を一艦配備するよりも、トータルの人員は増えるが、離発着の効率が低く、かつ航空機の搭載数が少ない空母を二艦配備する方が運用効率が高いようになるでしょう。これには実績もあり建造・修理・点検が簡単な(構造上簡単なのではなく、実績が多く蓄積されているので情報が豊富・スタッフが慣れていると言う意味で)単胴船の方が向いていると思われます。

こんなところでしょうかね。
意外と双胴船にするメリットは無いと思います。

私も素人であり詳しくはありませんが、考えられる幾つかの理由とデメリットを書いてみます。

1.双胴船の建造・運用実績がない。軍艦は血税で出来ているので実績のないものを簡単に作るわけにはいかない。試験艦を建造するにしても作って散々テストした後『あんまり使い物になりませんでした』では許されない。税金を無駄に使ったとして誰かが糾弾され責任を取らされる。日本では試験艦の建造そのものが多大な政治的問題を生む。

2.運動性能が落ちる。
下の動画のように空母と言えどもこれほどの運動性能を要求さ...続きを読む


人気Q&Aランキング