人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

小学3年生息子の質問です。
科学にお詳しい方、宜しくお願い致します。

数日前に
ダイヤモンドはマグマに溶けないの?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8889629.html
をご質問させて頂きました。

燃焼と融解がちがう事に気がついたり、
面白い動画を教えて頂き喜んでいたのですが…、

マグマに溶ける溶けない以前に、
ダイヤモンドが、いつどのようにできたががちゃんと知りたいと言います。

本人は、
【はじめは】
地球ができる時に、小惑星がぶつかる圧力でダイヤモンドとかその他の鉱石ができて、
どろどろのスープみたいなマグマの中に浮かんでた。
しばらくして中心から遠い地球の表面は固まりだしたんだけど、マグマはパワーがあって、
表面の隙間から噴火をしてて、それでマグマといっしょに吹き上がって地上に出てきたダイヤモンドや地面でそのままマグマと固まって埋もれてしまっていたダイヤモンドとかを、いまみんなは見つけて使っている。
と、思っていました。

【マグマに溶けないの?の質問の後】
マグマの中にダイヤが固体で浮かんでいるのはおかしい。
ほかの宝石もみんな液体でどろどろしてる。それがマグマで、噴火した時に液体から固体に変
わったって事かな?
マグマは、地球ができる時の圧力でできたいろんな物質が、固体じゃなくて液体で溶けてる物。
だから冷やされれば固体になる。
だから、地面の上にあったり、他のものといっしょに固まっているものを掘ったりして人間は使っている。
…という事は…
今噴火してる火山のマグマからダイヤモンドが取れないのは、
今の地球には酸素があって、燃えてしまうから。
と、考えた様です。


【しばらくして…】
なんだか違うのかな…
もしかしたら、
マグマっていうのは、周期表にでてる全部のいろな元素がつまってるものの事で、
それが液体でどろどろしている??
だからまだダイヤモンドとかルビーとかはマグマのなかにはなくって、
材料の元素だけあるだけ???
それが、噴火で圧力がかかった時にくっついてダイヤモンドとか黒鉛とかルビーとかになって、
地球の表面にでてきて、酸素がなかった頃の地球では燃えないから、
固体のダイヤモンドのままで、燃えないで済んだのを見つけて今の人間がつかってる…
…ってことかなぁ??

何だか…わけわからんくなった・・・。

そもそもさぁ~
なんでマグマって熱いわけ?
地球ができた時は酸素がなかったんでしょ。
って事は、燃えてて熱いんじゃないんだよね。
今だってマグマには酸素はないんじゃない?
太陽みたいに 核融合してるってこと?

熱くなるのは、燃焼と核融合の他にもあるってこと????

疑問噴出の様です。

何卒よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

あぁ、以前ご質問の息子さんでしたか。

今度は地球に興味持ってるんですね。

No.2補)
> 『マントルからマグマへ流れる時の圧力や温度でダイヤモンドができ、
確かマントルの中で材料の炭素が多い部分で結晶化がおきるものとされていたかと。
物質によって結晶化する条件(温度&圧力)が異なるので、炭素を含む岩から炭素が溶けだして丁度ダイヤモンドの結晶化にいい条件の所で集まりながら結晶化した物。不純物を含むこともあり、場合によっては黄・ピンク・青といった色味がかったダイヤモンドができることもあります。ピンクや青は希少価値が高いですね。

> それが太古の地球で噴火し、地球表面や表層に押し上げられたダイヤモンドを、
> 私たちが発見して利用している。
地殻変動によっ地下で地面が割れ、そこにマグマ流れ込んで一気に上昇して来る時に巻き込まれて地表近くまで出てきた跡が、ダイヤモンド鉱床となってます。これがゆっくり上がってくると途中の圧力変化で変質してダイヤモンドではない、わりとありふれた石になってしまうそうですが。

> でも、今から噴火するマグマの中のダイヤモンドは、今の地球には
> 酸素があるから燃えてしまうので、新しい噴火でダイヤモンドを人間が手にすることはない。
マグマの流れが地表まで到達しなければ、酸素に触れることも無いので燃える事はないと思います。地下1kmよりちょっと浅い所で止まってくれれば、希望が持てそうですね。そんな大規模な地殻変動があったら相当大きな地震が起きるでしょうけど。
なお、ロシアには数千万年前に巨大隕石がぶつかった時のショックで地表近くまで噴き出してきたとみられるダイヤモンド鉱山があるそうです。掘って売ったら流通量が増えて希少価値が下がっちゃうから掘らずにそのままにしてあるそうです。
他にも、地球以外の惑星や衛星にもダイヤモンドが大量に眠っているという説がありますね。


おまけ)
NHKサイトへのリンクを付けておきます。
http://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_ …
ダイヤモンドに酸素を吹きつけながら加熱すると燃えます。もちろんダイヤの構成物質は炭素ですから、
二酸化炭素になって跡形もなく消え失せます。
以前、関西の深夜人気TV番組で「ダイヤモンドで松茸を焼いて食べる」というのもありましたね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

すっきりした様です!

今日一日…何も予定がなかったもので、
なぞとき!を読んだり、こちらOKwaveとにらめっこしながら、
のんびりと過ごしておりました。

NHK動画も拝見させて頂きました。
「あ~燃えていく~!」
と、喜んでおりました。

ありがとうございました。

ダイヤモンドの引火点が気になる様で、
知りたいと思う物質の[凝固点・沸点・引火点・発火点]
などが、めいいっぱい載ってる本を買ってほしいと申しております。

理科年表
http://www.amazon.co.jp/%E7%90%86%E7%A7%91%E5%B9 …

とか
よくわかる身のまわりの現象・物質の不思議 (理科年表シリーズ マイ ファースト サイエンス)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%88%E3%81%8F%E3%82 …

のどちらかを買ってあげれば、載っているのでしょうか?

鉄やダイヤモンドの溶ける温度とか…気体になる温度とか…引火する温度…(自然)発火する温度…
など、

知りたいことが 漢和辞典みたいに引いたらすぐわかる本が欲しいと申します。

上記のどちらかの本を購入れば
息子の知りたい数値が載っていますでしょうか。

何度も申し訳ありません。

お礼日時:2015/01/17 15:21

>上記のどちらかの本を購入れば


>息子の知りたい数値が載っていますでしょうか。

どちらも見たことが無いです(^^;
近隣の(できれば大きめの)図書館に出かけて、司書の方に「レファレンス(図書案内)をしてもらうのが一番いいです。
「こんな事を調べたいのですが」って相談したら、載っている本を紹介して貰えます。残念ながら図鑑類は館外の持ち出しができない事も多いのですが。
いろいろ子供向けの本も紹介してくれるので、興味が増して大変な事になるかもしれませんが(^^;

たとえその図書館に無くても、他館にあれば数日で取り寄せて貰えますし、学校の図書館でも「図書館の先生」がいる所なら図書館同士のネットワークに加盟している事もあり、書名が分かっていれば他館から取り寄せて貰えることもあります。

レファレンスデータベースの参考リンクを付けておきます。

参考URL:http://crd.ndl.go.jp/reference/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
明日図書館の司書さんに伺ってみます!

お礼日時:2015/01/17 16:56

No.6です。


 少し説明不足でした。
 マントルとは軽い地殻の下にある鉄などを主体とする塑性をもつ物質です。マントル対流によって地殻はマントルに取り込まれます。また地殻構成地質は水を含んでいますからマントルの熱で容易に溶けてしまいます。また、それは軽いためにマントル内を上昇していき、さらには地殻の割れ目にもぐりこみマグマとなります。そのマグマが冷えて岩石となる。
 それが適当な時間をかけて冷却されると過剰に炭素を含んでいた場合に炭素が結晶します。--早すぎると結晶が小さいし、遅すぎるとグラファイトになる。
 地球深部でゆっくり固まると深成岩、上昇して早く固まると火山岩
 ⇒火成岩 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E6%88%90% … )

 花崗岩はマントルが時間をかけてゆっくり固まったために結晶が大きい。同じ組成で早く固まると流紋岩になる。ダイヤモンドの母岩であるキンバリー岩が早く固まると"かんらん岩"になる。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

やっとわかりました!

ORUKA様には、いつも詳しいご説明を頂戴していながら、
こちらの素養不足で、なかなか理解できず…

他のご回答者様とご回答が違う様な受け取り方をしてしまい、

「あ。分かった!(かも?)」
の後に、
ORUKA様のご回答を拝読させて頂きますと、
「あれ~。違うみたい…???」
の様な状態に陥っておりました。
(あれ~?〇○様も専門的な知識をお持ちだし…ORUKA様もお詳しいし…化学は歴史と違って色々な学説…とかは少ないはずで…。という事は、私の理解がどこかちがうのよね…。と…。)

理科系素養もですが読解力も怪しいもので、
行間が読めないと申しますか…

ORUKA様は、
他の回答者様方が、素養乏しい母にも分かる様、はっしょってご説明下さっている部分を、
事実や言葉にこだわってご回答下さっていたのですね。

親子だな…と思いますのが、
マントルからダイヤモンドができようが、
マグマの状態からできようが…
『微妙な圧力・温度下で生成された。すごいな~。』
で、大きくなった時の楽しみ にできればよいのですが…

母の私が、
この方はこう説明して下さっていてね…
この方はこうで…
と、要約してあげていますと、
「ちょっと待って、書いてあるの見せて!」
と、親の私がつまづいている箇所で、息子も???となる様で、
「え~。書いてあることが違う~!」
「わかんない!わかんない!」
となっておりました。

なんとなく理解できたと申しますか、
[こんな感じでダイヤモンドはできた]
というイメージができた様です。

ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/17 15:03

No.4です。


 なら、砂糖をお湯に溶けるだけ溶かしてそれを冷ますと砂糖の結晶が表れます。
・・・ダイヤモンドも同様で炭素を含む岩石が溶けて冷やされたとき解けきれなくなった炭素が結晶になる。
 ミョウバンの結晶づくりでも・・
 それだけでよいのじゃないかと。

 また、温度による相変化は試験管と硫黄を買ってきて実験するとよいかも・・。

 マントルには炭素はほとんどありません。マントルではなくマグマ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0% … )です。
 マグマは水を含んだ地殻の岩石が熱によって溶けてできる( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0% … )
 地殻の岩石のうちで炭素を多く含む地層がマグマになった
 炭素は先カンブリア期の藍色細菌などの光合成生物によって濃縮されたのかもしれない
 せっかく結晶化しても徐々に温度が下がれば黒鉛(グラファイト)になる。
 地殻の岩石が溶けるためには温度が必要
 その温度は地球内部からもたらされた
 熱源は崩壊熱( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84% … )と地球創生時の運動エネルギーが熱エネルギー変わったもの
 熱崩壊は重原子核がより安定な形に変わる時に余剰なものが放出--質量が減少する。E=mc²
 
 私が小さいころ母に質問をぶつけたら、直接は答えず可能な事は徹底的にさせられました。豆腐がなぜ固まるかと聞いたら豆腐作り、米について聞いたらたらいで田んぼを作らされた、食品がどこでできるか聞いたら一年間買ってきたものの原産地表示をすべて集めて整理させられた、温度を聞いたら温度計を買ってきた・・・。とうとう音を上げて、小6のクリスマスには顕微鏡、小6では岩波の科学の事典( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E5%B2%A9% … )を・・。そして「子供の科学」・・・それに載っている実験や工作はすべて試してきた。中学時代は自宅は化学実験室に、高校時代は電子工作にもはまった。無線機もテレビも作りましたね。
 
 大事な事は、疑問を持ったらそれを説明する推論を行い、実験や観察で実証すること---それが科学(science) を狭義な意味での科学( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%91%E5%AD%A6% … )なのです。知識を得たことで満足して疑問や興味を失ってしまわないように注意してくださいね。
 あなたがお母さんなら失敗はないと思いますが・・・(^^)

 
 
 
 

この回答への補足

何度もご回答有難うございました。

ORUKA様のお母様の様には、とてもできそうにありません…。
私には、せいぜい、本人が参加したがりそうなロボット教室やサイエンスカフェを見つけてあげる程度が日々の生活での限界かと…。(頭&体調的に←病持ちなもので…)

そのような学習環境に導かれたお子様がORUKA様の様な博学な方に成長されるのですね。

実験も…手のかかるものは、
「ママは体がしんどくてお片付けが大変だから…我慢して…」と言ってあまりさせてあげないもので、
息子は、専ら[かがくる]などをみながら妄想の世界(苦笑)の様です。

お豆腐づくりやお米作り!…息子が聞いたらうらやましがります。



ダイヤモンドの件ですが
[マントルには炭素はほとんどありません。マントルではなくマグマ]
というところでつまずいておりまして…今咀嚼中でございます。
(残念ながらリンクのHPにはつながりませんでした)

マントルについてサイトで調べましたら
[先カンブリア時代に生じた世界的な造山運動により生成された。このため、分布は大陸奥地の古い地質条件が保たれている地域に限られる。《岩石の材料はマントル起源で》、ごく短時間のうちに地表付近まで噴出した激しい噴火により生成したものと考えられている。]

[マグマがもってきたもの
 《マントルの岩石は捕獲岩(ほかくがん)としてマグマにもち上げられてくる》ことがあります。一番地下深くからくるマグマは、キンバーライトとよばれるダイヤモンドをふくむものです。キンバーライトは… …キンバーライトのマグマは、すごいスピードでマントルや地殻をつきぬけて上がっていきます。…]

どうもこのあたりが理解できないで躓いている様です。
もう少し咀嚼してみます。お時間を下さいませ。

ご回答ありがとうございまいした。

補足日時:2015/01/16 22:35
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/17 15:25

 「物質と元素」「同素体」などの化学の基礎、マグマやマントルという地学の基礎、温度や圧力という物理の基礎を身につけていない段階で説明するのは困難(教えるほうも聞くほうも)ですし、分かった積もりになるのが一番怖いです。


 よって、小学生向けに説明するなら
1) ダイヤモンドは地殻変動でマグマ内でできる。
 (必要な基礎知識)
  マグマは水を含む地殻の岩石が高温で融解した物でマントルとは組成が異なる。マントルとは直接関係ない。
  その地殻の岩石は炭素を多く含む堆積岩--石炭のうち無煙炭,グラファイトを含むとベスト。決して隕石ではない!!。キンバーライトと呼ばれる鉱石に含まれる。
  ⇒キンバーライト - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3% … )

2) 炭素は様々な構造をとるがそれは温度・圧力の環境により、どの構造かが決まる。
  硫黄の同素体の実験をすることで学ぶ★
 高温・低圧ではグラファイトが安定。高圧だとダイヤモンド構造
 ゆっくり上昇すると圧力低下でグラファイトに戻るので急冷される必要がある。
  溶かした硫黄を急冷するとゴム状硫黄になり、それを放置すると斜方硫黄になる。
  高温で安定な単斜硫黄を放置すると斜方硫黄になる。
   理科での定番実験なので経験あるかと・・
  ⇒硫黄 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84# … )
 炭素が結晶になるのは、いわゆる再結晶と同じ仕組み。溶融していた炭素が結晶をつくる。

3) 地球内部は高温である。
 原因は崩壊熱と圧力。崩壊熱とはウランなどの自然崩壊することによる発熱と、生成時の衝突エネルギーが残っている。物理(エネルギー保存則と原子核崩壊)
 ・・・風船を膨らませると暖かくなる。
 ・・・注射器をふさいでぎゅっと押し付けると熱くなる。
  これも中学校で実験して学ぶ。
4) 造山運動によって地殻は地殻の底のほうに移動する。(造山運動)

 概略だけですが、すべてを説明するためには知識ではなく、きちんと理解していかなければなりません。理科--科学ほほは知識ではありません。不思議なことをどう説明すればよいかと言う手続き・手法なのです。これらについてよく知っていれば知識として与える事はできると思いますが、それは科学ではなく歴史の年号や漢字を覚えるのと同じ知識でしかありません。
 大事な事は、それを理解するためには理科をきちんと順序だてて学んでいく必要があるのです。不思議は不思議として心に持ち続けることこそ大事なのですよ。上っ面の知識だけを与えて納得してしまえば、不思議を"ひも解こう"という意欲を失わせてしまいます。
 それは中学・高校と学んでいくときっと分かるよ・・・でよいのじゃないかと。

 理数系を得意なまま成長してほしければ、知識を与えるのではなく。どう考えればよいかを教えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

ORUKA1951様の仰っている事はごもっともで…。

私は、自分がわからないという理由で、息子には、
「大きくなったら学校で教えてもらえるはずだからそれまで待ちなさい。
科学って、いろんな事を積み上げて理解していかないとわからないはずなんだよ…。」
と、疑問をそのままにしていた時期があったのですが、

こちらのOKwaveでお教え頂き、息子の理解できる範囲で答えてあげた事で、
[勉強したらわかる]という満足感を得まして、その後もサイエンスカフェや天文台に出向いては、わかりやすく教えて下さる研究員さんにくっついて【知識】を仕入れて来るようになりました。
([勉強したら]と申しましても、親切な方々の分かり易いご説明を、ちいさな頭でう~んう~ん言いながら理解しているだけなのですが、親はその理解しょうとする努力を嬉しく思っております。)

仰るとおり、[知識]を与えるだけでは、上っ面の知識でおわり、[ひも解こうという意欲を失わせる]事もあるのかもしれません。

しかし、今、息子は [知りたい] という気持ちがいっぱいなもので、
母の私はそれを助けてやりたいと思っております。

どう考えるか…までは、息子にはまだまだ先の様に思えます。

それでも、
私がまとめて伝えてあげたOKwaveで頂いたご回答を咀嚼し、
あ~でもない。こ~でもない。と、考えてはおりました。

大雑把にでも息子の疑問をすっきりさせてあげたい。
[上っ面のただの知識]に終わってしまっても、それはそれで良しと思おう…
という考えに至ってしまいます。

今後も、「そんな事はきちんと科学を学んでからじゃないと…」
と思われる質問ばかりさせて頂いてしまう事と思います。

ORUKA1951様のお持ちになっている教育意識とは異なってしまいますが…、

何卒お目こぼし下さいませ。

お礼日時:2015/01/16 14:58

科学に関心の深いお子さん、素晴らしいですね。


温度と圧力についてもご理解なさっているでしょうか?
全ての物質は、温度と圧力によって存在の形態(相)を変化させますね。
ダイヤモンドは炭素の結晶と言うことも、ご理解の様子。とても小学生とは思えません。
マグマについての理解はイマイチでしょうか。マグマとは、高温で溶け出した岩石や金属の集まりです。必ずしも圧力を必要としません。
地中深くにはマントルという岩石があります。マントルはとても高温高圧でありながら、マグマのような溶けた状態ではありません。温度と圧力の状態で、元素の結晶構造が変化するため、堅さも変化するのです。結晶構造などと言う言葉、理解が難しいでしょうか? その辺は何とか上手く説明して上げて下さい。
雪も結晶構造を持っています。根雪の深い部分ではザラ目状で、固まってしまっていますが、新雪はふかふかと柔らかいですね。この辺りが結晶構造の変化です。
ダイアモンドの成因は、マントルが地中の何らかの圧力の急激な変化で地表付近まで沸き上がり、温度と圧力の変化で丁度ダイアモンド状態の炭素の結晶が出來上がるのです。マグマの中では、圧力の不足で却って出来にくいのです。
その辺の所、上手に説明して上げて下さい。今すぐには理解できなくても、「結晶構造」という言葉を知って貰うだけで十分です。理解が進むためには、関連する物理の諸現象を総合的に理解する必要があり、そのためには時間も必要ですから。
地球内部に核融合はありませんし、高温高圧下の炭素の集まりを燃やし切るほどの酸素も存在しません。
「結晶構造」の他に、「熱力学」という言葉も知って貰えれば好都合です。
いずれ学業が進めば、避けて通れない言葉であり理論ですから、ママには分からないけど、僕が理解できるようになったらママにも教えてね、とお答えして置いて十分です。ママから教わるより、その方がお子さんの励みにも成ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

【マントルが地中の何らかの圧力の急激な変化で地表付近まで沸き上がり、温度と圧力の変化で丁度ダイアモンド状態の炭素の結晶が出來上がるのです。マグマの中では、圧力の不足で却って出来にくいのです。】

→マグマからというより、
マントルからマグマへ押し上げられる時にできるのですね!

【マグマとは、高温で溶け出した岩石や金属の集まりです。必ずしも圧力を必要としません。】
→マグマは岩石や金属が溶解(液体状)しているもの。

と理解できました!!

ありがとうございました。

息子は、サイエンスカフェ(この間のチキンには参加できませんでした…と申し上げると、あれ?とお思いになるかもです)で仕入れた知識や、学習漫画などから得た断片的な知識をくっつけながら、質問してきますのと、お恥ずかしながら、その子供が仕入れてきている知識すら、母の私にないので、質問されるたびに、「どこに書いてあったの?誰から聞いたの?どうしてそう思うの?」と、聞き取り調査をしながら、こちらにご質問させて頂いております。
知識・教養豊かな方々にお助け頂けている事で、なんとか息子の質問に向き合ってやれております。今後ともよろしくお願いいたします。

丁寧なご回答をありがとうございました。

お礼日時:2015/01/16 13:31

地球は昔、ドロドロの熱い球でした。

今でもマグマが熱いのは、冷えていないから。
お鍋を加熱して火から降ろし、新聞紙や毛布で包んで余熱調理なんてのがありますが、あんな感じ。
周囲を既に冷えた地面と空気が覆っているから、宇宙に熱が逃げて行きにくい。布団にくるまっているような状態なんですね。

短期的にはマントルなどの動きによる摩擦での発熱もありますが、結局は数十億年かけて冷えていくものと見られています。太陽が膨張して飲み込まれるのが早いか、地球の内部の熱が冷めるのが早いかってところですね。

先に摩擦と書きましたように、酸化とは無関係に熱は生じます。基本的に圧力がかかれば、それだけでも熱が出ます。

さて、ダイヤモンドは地下140km付近で(もちろん上に100km以上の厚みで地殻が乗ってるんですから高圧です)、温度は1000度くらいの条件のところで出来るとされています。1000度ってのはこの深度としてはちょっと温度が低めのところに相当します。
酸素が無ければ燃える事はありませんが、温度が高くても低くても結晶構造が変わり、価値のない石墨(鉛筆の芯みたいな物)などになっちゃいます。
日本のように火山も多く、地下のマントルが活発なところでは温度が高いので、ダイヤモンドは算出しません(小麦粉並みに小さい粒なら見つかっている)。

マントルの底あたりまでは、基本的に個体が多いとされています。でも圧力が高いので、粘土のような感じで変形しいながら動いています。ダイヤモンドは粘土みたいになった石の中で出来、そのまま流されていっていつしか地表近くまで運ばれてきたもの。今世界に出回っている物は恐竜達がいた時代よりもっと前、10億年以上昔に出来た物ばかりで、「新しいダイヤ」はまだ地面の底で流され中。10億年後には会えるかな?

マントルから更に深くなっていくと圧力も温度も上がって元素のスープ状態になってきます。鉄主体で個体に近い内核の周りをドロドロの金属系の外核が覆っていて、その外にマントルがある感じだろうと言われていますが、誰も見に行けないから、地震の波の分析など間接的な事柄を証拠としてそうじゃないかなーって言われてるわけですが。



最近は人工的に高温高圧条件を再現してダイヤモンドを作る技術が発達してきています。
今では「遺骨」から炭素を取り出して合成ダイヤモンドに加工してくれるところもありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今朝送信させて頂いたと思っていましたお礼コメントが送信されていませんでした!!
すみません!

CCT様!!
ご回答ありがとうございます。

その節は大変お世話になりました。
その後も、息子はもっぱら理科系疑問続出の様です。

燃焼と溶解が違う事に気がついた様で、
引火点・発火点などに辿りつきました。

私は脳の血管がやられていて、
一度に数個のコメントを咀嚼することができないもので、
頂いたご回答を一つづつ理解しながら、次に頂いたご回答の理解に進んで…
という(普通のかたからは)非効率的な拝読の仕方をさせて頂いております。

CCT様へお礼と新たな質問をお書きしていたのですが、
理解ができていなかった箇所が、あ!とわかり、
スッキリした感じで、書き直しさせて頂いております。

『マントルからマグマへ流れる時の圧力や温度でダイヤモンドができ、
それが太古の地球で噴火し、地球表面や表層に押し上げられたダイヤモンドを、私たちが発見して利用している。
押し上げられなかったダイヤモンドは今もマグマの中を漂っている。
でも、今から噴火するマグマの中のダイヤモンドは、今の地球には酸素があるから燃えてしまうので、新しい噴火でダイヤモンドを人間が手にすることはない。』

母の私はこのような理解に至りました。

間違っていなければ嬉しいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/16 13:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サイトのご紹介ありがとうございました。
二番目のサイトに書いてありそうなのですが…
広告がかぶっていて消せず読めない様です。残念…。

お礼日時:2015/01/16 00:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学 ダイアモンド マグマで溶けないの? 小3息子

小3の息子の質問です。

化学にお詳しい方、
小学生&化学的知識の全くない母でも理解できる様、ご教授頂けましたら有難いです。
よろしくお願いたします。

(1)『ダイヤモンドは地球誕生時に小惑星が衝突していく時のエネルギーで、炭素が高圧高温になってくっついてできた。
マグマの中にあったダイヤモンドが、繰り返される火山噴火の時に地表にでてきていた。
人間がはじめて見つけた時は、ちょっと光るきれいな石だなぁって思われてただけで、金よりずっと後になって、みんなが欲しい!欲しい!って言い出して、値段が高くなった。』

・・・と、仕入れてきた様なのですが、

『マグマは4000℃~6000℃あるはずなのに、なんで溶けないわけ?』
『ダイヤモンドは火事で燃えたら炭になるっていうじゃない?』
『おかしいよ。』

と言います。

調べてあげましたら
ダイヤモンドの融点は3550℃、沸点は4800℃でした。


(2)『ダイヤモンドは物質の中で一番硬いって本に書いてあったはずなのに、テレビでカーボンナノチューブはダイヤモンドの2倍の硬さって言ってたよ。どういう事???』

(3)『しかもね、「ダイヤモンドは硬いけど、とんかちで簡単に粉々にできます。」って言ってたんだ。粉々にできるなら硬くないじゃん。[硬い]って、どういう意味で大人はつかってるの?』

と・・・3つ疑問がある様です。

母の私も[大人]ですが、わかりません…。

お手数をおかけいたしますが、ご回答よろしくお願い致します。

小3の息子の質問です。

化学にお詳しい方、
小学生&化学的知識の全くない母でも理解できる様、ご教授頂けましたら有難いです。
よろしくお願いたします。

(1)『ダイヤモンドは地球誕生時に小惑星が衝突していく時のエネルギーで、炭素が高圧高温になってくっついてできた。
マグマの中にあったダイヤモンドが、繰り返される火山噴火の時に地表にでてきていた。
人間がはじめて見つけた時は、ちょっと光るきれいな石だなぁって思われてただけで、金よりずっと後になって、みんなが欲しい!欲しい!って言い出し...続きを読む

Aベストアンサー

スポンジとガラスがあったとします。
指で押すとスポンジはへこみますが、ガラスはへこみません。
ハンマーでたたいてみると、ガラスは粉々に割れてしまいました。

ガラスは粉々になってしまいましたが、普通はガラスの方が硬いっていいますね。
一般的には、力を加えて変形しない方が硬いといいます。

粉々に割れるかどうかは、靱性という性質で硬さとは別の性質です。


ページの下の方にビッカース硬さで金属とダイヤモンドの比較があります。
ダイヤモンドの方が金属よりかなり硬いことがわかります。
それでもハンマーで割れてしまいます
http://www.toishi.info/metal/hardness.html


トリビアの泉という番組でほんとにダイヤモンドを砕いたみたいです
http://youtu.be/BvyLnlJ9doY

Q石灰水に息を吹き込んだとき

石灰水に息を吹き込むと白濁しますよね。でもさらに息を吹き込むと透明になっていくのはなぜなのですか?
また、白濁した時の化学反応式は
Ca(OH)2+CO2→CaCO3+H2O
ですけど、息をさらに吹き込んで白くなった化学反応式はどうなるのですか?

Aベストアンサー

息を吹き込み続けると、水が酸性になって炭酸カルシウムがその水に溶けてしまうからです。

参考URL:http://www.calfine.co.jp/museum_character.html

Qおもしろい業界用語隠語教えてください

知合いから聞いた話ですが、某百貨店では店頭で店員同士が「食事いきます」とか「トイレ行きます」とか言うのをお客さんに分からないように「1番いきま~す」とか「お花いきま~す」とか言うらしいです。
別件ですが、某大手家電メーカーでは、電話をした時「○○さんおられますか?」「すいません。○○はただいま出張しております。」「あっそうですかいつ頃お帰りですか?」「恐らく30分くらいでかえってくると思いますが・・・」おいおいそれは単に席をはずしているだけじゃないか!!ところがその会社の人みんな同じ言い回しを使っているらしい。これなんかも一種の業界用語なんでしょうか。
昔私自身ある客先の経理担当者に「お宅の請求書まちがっているよ。仲間(提携関係で販売価格が一般価格より安いこと)なんだから、赤黒入れて(返品値引伝票をいれて一旦請求を0に戻して改めて請求書を起こし直すこと)鏡(合計請求書のこと)直しといて・・・」といわれてなんのこっちゃと思ったことがあります。

ぜひ笑える業界用語、言いまわし、隠語などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

下記のサイト「不可侵情報」をお読みください。
飲食店の業界用語を集めたものです。
面白いのは次の用語です。

【口開け】
その日、一番最初に来店したお客様のこと。
【10円指名】
店の女の子あてに電話をかけてくるが、店にはこないこと。
【つめしぼ】
冷たいおしぼりのこと。普通、オシボリは温かいのが出てくるが、夏場は冷たいおしぼりが飛ぶようにでる。
【枝葉】
常連のお客様の連れ
http://www.siregenuine.com/detail.htm

参考URL:http://www.siregenuine.com/detail.htm

Qカンガルーの誕生日は?

カンガルーの誕生日は?人間でも猫でも犬でも普通お母さんのお腹から出てきた日が誕生日になりますよね。じゃあカンガルーとかコアラとかお母さんの袋で大きくなる赤ちゃんはいつが誕生日になるんでしょうか?やっぱりお母さんのお腹から出てきた日でしょうか?

Aベストアンサー

カンガルーの出産時の胎児は1グラムにも満たないほど小さく、また、出産後直ちに自分で袋の中に這い登って入るために、長い間出産の記録(観察)もありませんでした。1900年代の後半になって、辛うじてビデオ撮影に成功した事例が1~2例ありますが、それが観察例のほとんどすべてと思います。

カンガルーは、それほど出産が観察できないために、便宜的に母カンガルーの袋から子供が完全に出た時点を誕生としているようです。出産から袋から出るまでの期間はおよそ5~6ヶ月だそうです。

Q「東南アジア諸国連合」をアルファベットで略すとどう表すんですか?

「東南アジア諸国連合」をアルファベットで略すとどう表すんですか?

Aベストアンサー

ASEAN

Q金(Au)を人工的に作れない理由を教えてください。

素人なので変な質問をしているかも知れませんがご容赦ください。

すべての物質は基本的に中性子、陽子、電子でできていてその組み合わせが各物質の種類だと、化学の教科書にあったのですが、金に限らないかもしれませんが、なにか反応を起こさせるなどして人工的に物質を作り出したりできるのでしょうか。できない場合その根拠などお教えいただけたらありがたいです。

 素人の勝手な憶測ですが、宇宙はビッグバン当時は水素とかヘリウムとかしかなく、恒星等の内部で高熱や重力により核融合などで重い物質ができてくるというのを聞いたことがあるのですが、人工的に核融合とかを起こさせて金を作れないのでしょうか?

稚拙な質問ですみません。誰か参考意見をいただければ幸いです。

Aベストアンサー

他の方も書かれていますが、「作れない理由」ではなくて、「作らない理由」になります。

作ることは可能のようですが、やはりコスト面だそうです。
太陽は現在、水素をヘリウムに変える核融合の反応で輝いています。現時点での太陽のエネルギーでさえここまでです。
超新星爆発を起こす際は、どんどん核融合を行った物質が、最後に重い「鉄」になったときに、星の中心めがけて落下するときの衝撃波が星の外側を吹き飛ばすそうです。そのときに、核融合よりもさらに大きなエネルギーを発生するので、「鉄」以降の元素はそこで作られると言われています。超新星爆発の残骸のガスの中に、コバルトなどの鉄よりも重い元素が確認されているようです。

ところが「金」のようなもっと重い元素は、超新星爆発程度のエネルギーでは作られないと聞きました。まだエネルギーが足りないとのこと。
では「金」などのさらに重い元素はどうやってできるかと言うと、「ハイパーノバ」と言われる、スーパーノバ(超新星爆発)を起こす星よりもさらに大きな質量を持った星の最期に起こる、とんでもないスケールの爆発で作られるのではないかと考えられているそうです。

地球上でそのような高エネルギーの場をつくるのは極めて困難だと思います。極限られた空間で、一瞬しかそのような場は作れないと思います。従って、設備にかかる費用も莫大なものになると思いますが、想像すらできません。

我々が普段目にする「金」にもし口があれば、「お前はどこの星の生まれだ?」と聞いてみたいものです。それらの金が金になるのにどれだけの高温と圧力を受けたのか、そしてどこにあった星から来たのか・・・。
なんだか夢のある想像ができると思いませんか。

他の方も書かれていますが、「作れない理由」ではなくて、「作らない理由」になります。

作ることは可能のようですが、やはりコスト面だそうです。
太陽は現在、水素をヘリウムに変える核融合の反応で輝いています。現時点での太陽のエネルギーでさえここまでです。
超新星爆発を起こす際は、どんどん核融合を行った物質が、最後に重い「鉄」になったときに、星の中心めがけて落下するときの衝撃波が星の外側を吹き飛ばすそうです。そのときに、核融合よりもさらに大きなエネルギーを発生するので、「鉄」以...続きを読む

QDoとDoesの使い方

DoとDoesの使い方がよくわかりません。
それで、問題集をやっていたのですが、
( )Mark and judy study jyapanese?
の質問文の( )に入るのはDOとDOESどちらですか?
私はdoを入れたのですが、なんとなくでよくわかっていません。
どなたか、英語がものすごく苦手な自分にも分かるようにDOとDOESの使い方を教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですよ。難しく考えないことです。
 
主語が「I」と「YOU」以外の単数(一人、一つのもの)ならDoesを使います。これだけです。 

 ・主語が単数(一人、ひとつ)ならDoesで、複数(二つ以上)はDoです。
 ・「I」と「You」は例外です いつでもDoです。

この場合主語はMark and Judy(二人)で複数ですから、正解はDoです。

 中1で完全にわかることは難しいので、このくらいの覚え方でいいと思いますよ。あきらめずに続けていれば、だんだんとわかります。たくさんの例文を暗記していくと、はじめ質問者様のように、混乱することもありますが、あきらめずに暗記を続け、文法問題を少しずつこなしていくと整理がついてきます。気になったら学校の先生にすぐ教えてもらうことです。一番安くて身近ですから。
頑張ってください。

Q子供の友達の親に言ってしまいました。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、ひどいときはその子が嫌いな子は家に入れるなと言う始末、うちは5時までが遊び時間と決めていたのでその子にも言っていたのですが、私は5時半までだからと何回言っても聞いてくれずそれどころか延長するように言ってきます。(最終的に追い出しましたけど・・・)

毎回だめと注意し厳しく言ったのですがなかなか帰ってくれず約束守れないなら出入り禁止にしようと考えたのですが娘が一番気に入っているお友達だったのでそれもできずどうかと迷いましたが、親に時間のことだけは手紙を書いてお願いしてみました。すると怒られたらしく時間を守ってくれるようになりました。しばらくは良かったのですが、最近まただんだんと時間がきても帰らなくなり延長をしてと毎回行ってくるのでもう聞き流して時間がきたら帰らしてました。

親に毎回言うのも嫌だし毎日そうしていたのですが、この前子供に今日は用事があるから遊べないと伝えてといった日があって娘が学校の帰りに言ったらしいのですが「私も一緒に行くから大丈夫!」と何回断ってもだめだったそうです。たまになら許せますが毎回です。

子供も少しあきれた様子でもう嫌だといっていました。でもさすがに来ないと思っていたのですが、けろっとした顔で遊びに来てました。「今日は遊べないって言ってなかった?」と聞くと「うん、聞いたけど私も一緒に行くから大丈夫」というのです。

一緒には連れて行けないので帰るよう促したのですが「何で?」と帰ってくれる様子もなく注意しても聞くどころか笑っていてうちの娘のほうがごめんなさいと泣いて私に謝っていました。たぶんなめているんだろうとも思いましたが次からは約束守るように言ってその日は公園で遊ばせるようにしました。

おかげで予定も狂ってしまいイライラしました。子供の言うことで腹を立てるのも大人げないのですが、今までのこともありどうしても我慢できず親に電話しその日のことを説明し用事があるときは来ないようにお願いしました。

ところが違う意味にとられたのかその子が親から2学期始まるまでおうちに遊びに行くのも呼ぶのも禁止にされたそうです。そこまで言ったつもりはないのですが相手もいい気がしなかったのでしょう、結果的に娘に寂しい思いをさせてしまいました。自業自得ですが我慢してれば良かったのにと反省しています。注意しても聞かない子にはどう接したらいいんでしょうか?またどう我慢してますか。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、...続きを読む

Aベストアンサー

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で大きなトラブルになってしまいました。

それ以降、私も反省し、遊ばせるときにはなるべく親同士も一緒に顔を合わせることにしました。
子供の友達と、そのママを家に一緒に呼ぶのです。
うちはマンション住まいなのですが、ドタバタとするような時は
『下の人に迷惑だからドンドンしないでね~!』と注意します。
するとだいたいの親が『こらっ○○!気をつけなさいよ~!』と怒ります。
そうして最近では価値観が合うママとは、子供だけ預かって遊ばせたりもするようになりました。

ちなみにその子は親が一緒に遊ぶ時間を作れないので、少し可哀相かもしれませんが
放課後、休日に遊ぶことを3年生になるまで禁止しました。
もちろん、学校内で遊ぶのは構わないし、私もその子に会えば普通に接します。
ちなみに3年生までと区切りをつけたのは、ある程度の分別がつくようになるまでの期間を子供に明確に説明したかったためです。
息子もさすがに懲りたようで、約束はきちんと守っています。

私がこのくらいの年齢の頃はもっと自由に遊んでいた記憶があって、
自分の息子にも同じ感覚でいたかったのですが、時代の流れでしょうかそれがとても難しいことなのだと思い知らされました。
時には娘さんに寂しい思いをさせてでも、親がトラブルを回避してあげるべきだと思います。

質問者さんは電話して正解だったと思いますよ。
相手の親もきっと今までの行動から察して厳しく言ったのではないかと推測しますが、
万が一相手が気分を害してしまっていたとしても、いっそのこときっぱり割り切ってしまいませんか?
親同士の価値観が違うのだ、と。
ここで我慢しているとそのうちもっと大きなトラブルになる可能性が高いと思います。

息子の学校では、女の子は2年生の終わり頃には仲良しグループを作りはじめ、
3年生になるとグループ同士の対立なんかもたびたび起こっているようです。
もし可能であれば、娘さんに今からでも他のお友達と仲良くするように
言葉が悪いかも知れませんが誘導してあげるのもひとつの手かとも思います。

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q最近「カミングアウト」ってよく聞くけど、どういう意味?

最近テレビなどで、「カミングアウト」という言葉をよく耳にします。
国語辞典にはのっていませんでした。
どういう意味なのか非常に気になります。知っている人がいれば、
教えてください。

Aベストアンサー

<coming out of closet>(押入から出てくる)と言う比喩表現
に由来するとされ、元々は同性愛者が自分自身が同性愛である事
を他人に伝えることでした。
最近では性同一障害を感じている人々、HIV感染の人々につい
ても用いられる様子ですが、実際には広く一般の人も含めて、
自分自身について言い難いことを他人に勇気をもって伝えること
を指して使われているようです。

参考URL:http://www.be-senior.com/inpaku/active/imadoki/ka.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング