個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

巷ではシムワッシャーを使用する事によりドライブプーリーのクリアランスが拡がりドリブンプーリーのより外側を使えるようになり加速が良くなるという話がまかり通ってるようですが本当にそうでしょうか?

もしその理論が正しいならシムワッシャーを使用しない場合、エンジンが掛かってない時やアイドリング状態でもドライブ側にベルトのテンションが掛かってる事になりますよね…

ベルト交換をされた方ならご存知と思いますが、ドライブプーリーを締め付け後ベルトが噛んでないか確認する筈です。つまりシムワッシャー無しでもドライブ側のクリアランスは確保されてるので、それ以上拡げたところでドリブン側に影響がでる筈ないのです。

私が思うシムワッシャーを使用する事で加速が良くなるメカニズムとは、ドライブプーリーのクリアランス拡張によりドライブプーリーがベルトにミートするタイミングに遅れが生じ、その為エンジンの回転数がいくらか上がったところでミートする為だと思うのですが、皆さんはどのように見解されてますか?

A 回答 (2件)

概ねNo1の人と同じ見解なのですが…質問者さんはちょっと思い違いしていますね。



車種や個体差にもよるので一概には言えませんがノーマル状態ではドライブプーリーの中心部からやや離れたところにベルトはセットされます。
恐らくベルトの曲がりがきつかったり減速比が大きすぎると耐久性の問題が出てくるのでマージンを取ってると思われます。

またベルトがある程度噛みこむのでドリブンプーリーが最小に閉じることはありません。
シムで落としこみをするとベルトがドライブの中心部により近づきそれにともなってドリブンもより最小に閉じた状態に近づきます。
あまりやりすぎると本当にドリブンが最小に閉じてベルトが外にはみ出しケースに接触するようになります(経験済み)

マジックで線を引いてどこからどこまで使ってるか確認すると良いです。
繰り返しますが車種や個体差にもよるのでなんとも言えません。

>つまりドライブプーリーはアイドリング状態で空転してるのです。
>でなければスターターを回して瞬間から走りだし、停止した瞬間にストールしてしまう事になります。

空転していません、一緒に回っています。
ドリブン側には"クラッチ"がありますのでストールすることもありません。

ただし長年の使用でベルトが伸びたり細くなったり、或いは間違った長さのベルトを組んだりすると空転することも考えられます。

ケースを開けて確認してください。
本当に空転してるならメンテ不良です。

あまりいいHPが見つかりませんでしたがURLの例ではノーマルプーリーから社外プーリーに変更することで落としこみが増えた結果ドリブンでの張り出しが増えているのが判ると思います。
シムによる調整でも同じことです。

参考URL:http://minkara.carview.co.jp/en/userid/625592/ca …
    • good
    • 1

いわゆる「落とし込み」のことですよね?


ノーマルでも落とし込んでもベルトを挟み込んでいますよ?
シムを入れる事で、当たる位置がより回転中心に近づく。
その分、ドリブン側の当り位置は外周方向へと移動しますよね。
低回転時ローギヤードになる→加速がよくなる。

シムを挿入=プーリーボス長を長くする→プーリー~フェイス間が広がる
→Vベルトは広がった分回転軸方向へ移動する→よりローギヤになる

クリアランスという見方は不適当では?
ベルトとフェイス面間にクリアランスは無いと思います。
あったら滑ってしまう。

>ドライブプーリーを締め付け後ベルトが噛んでないか確認する筈です

どこへ噛み込むのです?
初期状態はすでにベルトは加圧された状態になりますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
ドリブンプーリーが最小に閉じた状態(外周を目一杯使用した状態)ではドライブプーリーは最大に開いた状態となりますよね

この状態でベルトはドライブプーリーにテンションが掛からない長さに設計されてます。
つまりドライブプーリーはアイドリング状態で空転してるのです。
でなければスターターを回して瞬間から走りだし、停止した瞬間にストールしてしまう事になります。

お礼日時:2015/01/22 12:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイスピードプーリー組む事によるメリットデメリット

50CCの原付にハイスピードプーリー組む事によるメリットデメリット教えて下さい。

あと、上記品物に純正のウェイートローラーでも違いは分かりますか?
燃料調も必要になってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にエンジンのパワーを上げない限りと、ただのギヤ比を変えてるだけに過ぎません。簡単に言うとどの範囲を使うかになります。

エンジンのパワーを上げるには。50ccのままなら
ガソリンを食わしてやることです。そうなるとやることはたくさん出てきます。吸気や排気、ガソリンとオイルの量などそれにともなう耐久性など課題はおおいです。

低速を少し上げるには
軽量クラッチを使ってパワーロスをなくすことはできます。このとき、ウエイトローラーのセッティングが軽いものに変わるので、おおよその重さのローラーを買い集めて自分でセッティングを出さないといけません。

遠心クラッチのバネを強くするだけでは。飛び出しが強くなるだけでさほどかわりません。つながりにもラグがでますし

40キロの谷はローラーを新しいのに買えればよいです、あとベルトが減ってくると最高速が落ちます。
強化ベルトというものも売ってます。

片減りするのはなぜ決定的にはわかりませんが。多分同じ位置にローラーが居続けて(全開時が長いとか)、そこに癖がついてしまうと私は思ってますが。

基本的にエンジンのパワーを上げない限りと、ただのギヤ比を変えてるだけに過ぎません。簡単に言うとどの範囲を使うかになります。

エンジンのパワーを上げるには。50ccのままなら
ガソリンを食わしてやることです。そうなるとやることはたくさん出てきます。吸気や排気、ガソリンとオイルの量などそれにともなう耐久性など課題はおおいです。

低速を少し上げるには
軽量クラッチを使ってパワーロスをなくすことはできます。このとき、ウエイトローラーのセッティングが軽いものに変わるので、おおよ...続きを読む

QシグナスXのパワーチューンについて

シグナスX(2010年FI仕様)に乗っています。普免からAT小型を丁度去年取りました。国内仕様のノーマルですが、信号待ちの出足は自分としてはかなりいい(大きいバイクに乗れない影響でそう感じているかもしれませんが・・・・・)と感じます。ただ40km~60km/hの加速が変速が早いせいで鈍い傾向です。台湾仕様やWRを軽くしたシグナスは加速力がすごいそうで聞いています。台湾仕様車、または国内仕様でもWRを軽くしたシグナスに乗っておられる方、40km/h~60km/hの加速力やスロットルの再び捻った時のレスポンスについても教えてください。

追  シグナスは125ccのなかでは最高速は高い方なので、加速重視でも問題ないです。アップダウンの多い通学路や、今後タンデムもするので、きびきび走れるようにしたいんです。皆さんの意見を参考に僕も春にチューンしたいと思います。

Aベストアンサー

基本的な構造や働きはどのスクーターでも殆ど同じです。
ノーマルだと40km~60km/hが鈍いのは変速が終了する後半の領域の特徴で、このトロさは、変速比が高くなる(ハイギヤ化)につれて、トルクカムの溝の角度が変速終期に近づくほど変化するため、キックダウン効果が減少する領域に入るからです。
変速が終了すれば、エンジンの回転数上昇に伴って増速しますが、変速が終了するまでは、そのようにフィーリングが変化します。

取りあえず、お手軽にフィーリングを変えるのであれば、ウェイトローラー(WR)を軽いものに替えると、かったるい領域を上の速度領域に持って行くことが出来ます。(例えば、かったるい領域を60km/h以上の領域に持って行くような感じです。)

WRをノーマルの12g(1個の重量。6個必要。)から台湾仕様と同じ9gに替えるだけでも随分感じが変わると思います。(8.0~8.5g位も良いかも?)

この設定でも、もし再加速が不満なら、トルクカムの交換を考えた方が良いかも知れませんね。
クラッチ周りのスプリング交換は、どういう設定をしたいのか?によっても違いますが、停止時からの動き出しに不満がなければノーマルのままの方がクラッチシューやベルトを痛めず耐久性もあります。

↓以前、WR設定の効果をごく簡単に答えてますのでご参考にしてください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6436330.html

基本的な構造や働きはどのスクーターでも殆ど同じです。
ノーマルだと40km~60km/hが鈍いのは変速が終了する後半の領域の特徴で、このトロさは、変速比が高くなる(ハイギヤ化)につれて、トルクカムの溝の角度が変速終期に近づくほど変化するため、キックダウン効果が減少する領域に入るからです。
変速が終了すれば、エンジンの回転数上昇に伴って増速しますが、変速が終了するまでは、そのようにフィーリングが変化します。

取りあえず、お手軽にフィーリングを変えるのであれば、ウェイトローラー(WR)を軽...続きを読む

Qスクーターのウェイトローラーについて質問です。

スクーターのウエィトローラーについて質問です。

ウェウトローラーが

1:軽いほうが低速では強いけど高速になるには重さが足りずなかなか最高速まで行くのに時間がかかる

2:重いと低速ではすぐ中速ギアになりやすく、低速域での加速がイマイチになる。
そのかわり重い分プーリーを押し出す力が強く、より高速ギアになれるので高速が伸びる

で合ってるでしょうか?

Aベストアンサー

簡単な例示的なモデルで説明してみます。
某50ccスクーター:最高出力回転数8000rpmで60km/h出るとします。
無段変速機の変速中の回転数は一定とします。

ノーマル状態では、30km/hで変速は終了し、その時の回転数(変速中も同様)は4000rpmで、変速終了後は回転数の上昇に従って増速して行きます(30~60km/h・4000~8000rpm)。

ウェイトローラー(WR)を軽くすると、変速中の回転数が4000rpmより高くなり、例えば、変速域の回転数を6000rpmになるようにWRをセットすると、変速終了が45km/hになり、その後は回転数の上昇に従って増速して行きます(45~60km/h・6000~8000rpm)。

さらにWRを軽くして、変速域の回転数を8000rpmギリギリにして、なおかつ変速終了とトップスピード到達を同じにすることも出来ます。

さらにさらにWRを軽くすれば、8000rpmでは変速終了までプーリーを押し広げることが出来なくなる(最終変速比にならない)ため、はじめの加速は良くても8000rpmでは60km/hに到達できなくなります、軽すぎると最高速が落ちるのはこういう原理です。

※実際には、変速終了の最後のところが厳しいため、理論よりも重いWRが必要なことが殆どです。

先の回答者の補足のような内容になりますが、エンジンの性能にもよりますが、4000rpmで加速するのと6000rpm以上で加速するのと、どちらの方が力強く加速ができそうかだいたいイメージできますよね?
ちまたで言われる「伸び」というものが、変速速度域を言うのか、変速終了後の速度上昇を言うのか、どちらであっても上記に書いて有るとおりです。

最後に、加速性能や最高速にはWRが転がるスロープの形などプーリーの構造やトルクカム働きなどのほかエンジンのパワーバンドも相乗的に影響するため、上記のとおり機械的に設定したからといって実際にはこのようなキレイな数値化できませんが、原理的にはこのような働きとなります。

簡単な例示的なモデルで説明してみます。
某50ccスクーター:最高出力回転数8000rpmで60km/h出るとします。
無段変速機の変速中の回転数は一定とします。

ノーマル状態では、30km/hで変速は終了し、その時の回転数(変速中も同様)は4000rpmで、変速終了後は回転数の上昇に従って増速して行きます(30~60km/h・4000~8000rpm)。

ウェイトローラー(WR)を軽くすると、変速中の回転数が4000rpmより高くなり、例えば、変速域の回転数を6000rpmになるようにWRをセットすると、変速終了が45km/hになり、その後は回...続きを読む

Qなぜウェイトローラーの重さを分けるのですか?

よく14g×3個と10g×3個でセッティングしましたという記事を見ますがなぜ分ける必要があるのでしょうか?12g×6個でいいんじゃないでしょうか?何か違いはありますか?

Aベストアンサー

こんばんは

15年もののホンダDIOのウエイトローラ(以下WRと略します)を交換しましたが、少し希望のものがなく軽めのものを使い、峠越えには良いのですが燃費が気になっています。

で、少し興味があり考えてみました。以下述べることはドシロウトの推察です。

その1
基本的にWRの遠心力の大小が変速に関与します。また、たぶん?遠心力はWRの重さの2乗に比例するとおもいます。
WRの遠心力をFとすればF=k・m^2(kは比例常数、mはWRの重さ、m^2はmの2乗を示します)
よって12g6個では F1=12^2・6k=144x6=864k
14gと10gでは F2=14^2・3k+10^3・3k=888k
よって12g4個の場合とは14g3個と10g3個では変速の力が3%程度微々たるものですが異なると思います。

その2
普通は手持ちの関係で傾向を見るには良いアイデアと思いますが、元々同じ重量を使うものに異なる重さのWRを使う場合はたぶん重いWRの使用部分の摩耗が過大になると思いますので通常は同じもの6個がいいとかんがえます。

以上 推察です。

Qプーリーボスの内側にグリスを塗ってもいいですか?

ボスの外側にグリスを塗るのはダメですが内側に塗るのは大丈夫ですか?
クランクシャフトとボスの摩擦抵抗を減らす効果はありますか?

Aベストアンサー

>ボスの外側にグリスを塗るのはダメですが

オイルシール付のものは内径部にグリス溜まりがあり、
常に潤滑しているタイプもあります。
スリーブタイプは私は塗りません。
スリーブとはそういうものと思っています。

>内側に塗るのは大丈夫ですか?

ボスはクランク軸方向に数mmスライドするだけです。
回転方向の摩擦はクランクやプーリーと同回転なのでほぼ無いでしょう。
また、若干のクリアランスを保って作られています。
塗るとすればスプラインにスレッドコンパウンドを極薄く塗る程度。

Qハイスピードプーリーは低速が落ちますか?

ハイスピードプーリーをつけると少なからずノーマルより低速域の加速が落ちると考えて宜しいですか?そのためウェイトローラーを少し軽くしたとしても今度はベルトを上まで押し上げられず最高速が出ないのでハイスピードプーリーの意味がなくなってしまうという感じでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

大体そんな感じですがこればかりはやってみなければ分かりません
上手くセッティング出来ればパワーバンドをキープした加速が得られます
安価な部品ですから悩むより実行してみてはどうでしょう
評判の良いプーリーに推奨より1g重い(トータル6g)Dr.プーリーのウェイトローラーを
騙されたつもりで組み付けてみてください恐らく再びノーマルに戻す事はないでしょう

Qスクーターのギアオイルは交換しないとどうなるの?

昨日、乗り始めてから初めて、スクーターのギアオイルを交換してみました。
走行11,500kmのホンダ スペィーシー250(MF01)です。
下部の排出ドレンがクラッチを外さないと出てこないのか見あたらなかったので
入れる方からバイクを寝かせて無理やり排出させ新しいオイルを入れました。

○出てきたギアオイルはセメントぽい灰色をしていて交換時期にきていたとは
思いましたが、そこで疑問に思ったのが、エンジンオイルとは違い高熱にさらされ
たり ピストンのような燃焼部分が無いギアオイルとは交換する事で然程効果が
あるのでしょうか?
○スクーターのギアオイルの場合、量さえ減ってなければそれで充分なようにも
思いますが、いかがでしょうか?
○エンジンオイルだけきちんと交換し、ギアオイルを交換しなかった場合 何か
不都合は出るのでしょうか?
○通常の交換サイクルは何キロ毎でしょうか?
○交換時完全には抜けず2/3程度の交換でしたが問題ないでしょうか?

以上細々した内容ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際の話、スクーターのギアオイルはあまり交換されません。
もちろん交換すべきものですが、現実には無交換で一生を終える場合も珍しくありません。
中古車の販売整備でも換えない場合も少なくなく、入っていればOKと考えるショップもあります。
オーナーズマニュアルにも交換時期は書かれていない場合もあります。
そのくらい不都合が出にくい所なんでしょう・・・たぶん。
でも、私は換えます。自分のですから。

Qスクーターで強化Vベルトを使う理由

理由は何がありますか?私が考える以下の理由であってますでしょうか?
○切れにくいので長持ちする
○磨り減りにくいので長持ちする
○熱による伸び縮みが少なく、いわゆる熱ダレというのを起こしにくい
○伸びが少ないのでトルクをしっかりと伝えられる

なお普通に乗る分においては古いベルトから強化ベルトに交換することによって体感できるほどのものはあるでしょうか?

Aベストアンサー

強化ベルトは耐久性は純正より劣ると思います。

基本ストリート使用でなく競技用として捉える製品。
瞬間的な荷重には強いが、経年劣化はかえって短いものも。
純正同様延びるし磨耗もします。
中には粗悪な原材料、作り、管理のものもあります。

街乗りを主とした改造車はノーマルを敢えて使う場合が多いと思います。

Qクラッチ クラッチスプリング スクーター

クラッチスプリングを強くすると出足は良くなるけどアクセルを余計にまわさなければならないといわれました。クラッチスプリングを強くしてはいけないバイクとかつよくすることでまれる危険性があれば教えてください。

Aベストアンサー

一般にエンジンの出力は高回転であるほど高出力なので、クラッチスプリングを強化してクラッチミートの回転数を上げれば高出力の回転域でクラッチが繋がるのでスタートが速いです。

レースの映像とか見たことありますか?
誰もアイドリングからスタートしてないですよね。エンジンを吹かしてレッドまで回転を上げてクラッチをスパっと繋いで発進します。(特にオフ車の場合)

ただ、街乗りでの低速の微妙なアクセルコントロールはやりにくくなります。(常に高回転でクラッチが繋がるために急発進)

No1さんが仰る通りスクーターはバランスです。
MT車のように自分でクラッチ操作が出来ないので。

いい例が2stマシンでのチャンバーの交換。
チャンバー交換で低回転は弱くなり、高回転の出力が上がった。
だけどウェイトローラーの軽量化をしなかったために変速ポイントが低トルクの3000回転あたりで加速が悪い。
ウェイトローラーを軽量化して5000回転で変速するようにしたら物凄く加速が改善された。
など。

MT車であれば自分で変速する回転数を制御出来るので不要なんですが・・・、自動変速のスクーターはきちんと調整してやらないと音だけ煩いノロマなマシンの出来上がりです。

一般にエンジンの出力は高回転であるほど高出力なので、クラッチスプリングを強化してクラッチミートの回転数を上げれば高出力の回転域でクラッチが繋がるのでスタートが速いです。

レースの映像とか見たことありますか?
誰もアイドリングからスタートしてないですよね。エンジンを吹かしてレッドまで回転を上げてクラッチをスパっと繋いで発進します。(特にオフ車の場合)

ただ、街乗りでの低速の微妙なアクセルコントロールはやりにくくなります。(常に高回転でクラッチが繋がるために急発進)

No1...続きを読む

QディオZX軽量クラッチ 軽量アウターの効果って?

規制前ライブディオZXに乗っています。
軽量クラッチ、軽量アウターにする効果について教えてください。
軽量クラッチは高回転でのクラッチミートの他に利点はありますか?
同様にアウターを軽量化する利点はありますか?
軽量化すると加速が良くなりそうですが・・・
逆に悪くなる点があったら教えたください。
最高速が落ちるとか もしくは悪くなる点がないとか・・・

Aベストアンサー

>軽量クラッチは高回転でのクラッチミートの他に利点はありますか?
それ以外にはアイドリングからクラッチミートまでの間のレスポンスが良くなることが期待されます。というか、ミートポイントが上がればその分だけミートポイントに到達するまでの時間が長くなりますから、それを埋めるためにはレスポンスが良くならないと間が空いてしまいます。
とはいえそれは僅かな時間のことですし、エンジン特性次第では関係ないといって良いことです。しかし、高回転型にセッティングされたエンジンではそのちょっとの違いが気持ちよさや速さに影響します。
クラッチミート後は、ハウジングの軽量化による差なんて駆動の負荷の大きさからすれば無視できる程度の微々たる物です。

>逆に悪くなる点があったら教えたください。
シューの減りが早くなるかもしれません。社外品に変えるくらいなんだから耐久性なんて関係ないでしょうけどね。また、極低速の動きがギクシャクして乗りづらくなることもあります。(他の部分も含めたセッティング次第です。)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング