親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

ハイスピードプーリーをつけると少なからずノーマルより低速域の加速が落ちると考えて宜しいですか?そのためウェイトローラーを少し軽くしたとしても今度はベルトを上まで押し上げられず最高速が出ないのでハイスピードプーリーの意味がなくなってしまうという感じでいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

大体そんな感じですがこればかりはやってみなければ分かりません


上手くセッティング出来ればパワーバンドをキープした加速が得られます
安価な部品ですから悩むより実行してみてはどうでしょう
評判の良いプーリーに推奨より1g重い(トータル6g)Dr.プーリーのウェイトローラーを
騙されたつもりで組み付けてみてください恐らく再びノーマルに戻す事はないでしょう
    • good
    • 2
この回答へのお礼

加速力をキープするために1g重くするとは、自分の思っていた軽くすると全く反対で驚きました。Dr.プーリーのなせる業なのでしょうか。純正が14gなのですがハイスピードプーリーについているWRが10gなんです。なので11gのDr.プーリーを入れてみればいいのでしょうか。せっかくなので試してみたいと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/18 18:04

付属の10gウェイトローラーの加速が重いと感じるならDr.プーリーは増量せず同様に10gでセッティングした方が良いかもしれません

    • good
    • 2
この回答へのお礼

そのハイプリはまだ購入して試したわけではないのですが純正が14gなのにそのハイプリについているWRが10gなんです。ということはおそらくそのハイプリをつけると低加速が非常に落ち込むのではないかと。ということは仰るとおり10gのDrプーリーで低加速を維持しつつDrプーリーの後半の重さで高速域まで押し上げるほうがいいかもしれません。色々試してみたいと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/19 06:12

そうでもない。



フェイス面の傾斜、ランプレの出来、トルクカムの溝
センタースプリング、エンジン性能(出力特性)すべて絡んできます。

非力な動力なのに、ただプーリー替えただけでは
加速性能を奪ってしまうでしょう。
引っ張れば変速比変えた分伸びるでしょうが、
たかが知れた差。

加速重視だが上もの場合、プライマリにシム入れて
ベルトをより落とし込んだりというやり方も。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たしかに全てを考えるとWRの分をセンタースプリングでまかなうこともできますし、角度なども考えると組み合わせが100通りくらいできそうなのでやってみるしかないのですね。お金も時間と手間もかかりますがベストセッティングに挑戦してみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/18 18:07

メーカーによってちがうと思います プーリーの形状も見た目にさまざまです


私は昔マロッシのプーリーに変えたことあるんですが最高速が10キロ延びたこと以外、全域ノーマルのほうが良くて戻しました
    • good
    • 4
この回答へのお礼

最高速が10キロ伸びたって他が落ちたらあんまり嬉しくないですよね。ハイプリにあまり期待しないで自分なりのセッティングを見つけ出したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/18 18:08

プーリーのメーカー種類によって変わってきます。


ローラー室内の傾斜を変えることによって同じローラー重量でも変速特性は変わります。
ランププレートの形状も同様です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ローラー室内の傾斜は盲点でした。プーリー面の角度だけが違う(純正よりも急になっている)だけとばかり思っていました。そう考えると今のウェイトローラーのセッティングも検証を1からやり直しですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/18 18:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイスピードプーリー組む事によるメリットデメリット

50CCの原付にハイスピードプーリー組む事によるメリットデメリット教えて下さい。

あと、上記品物に純正のウェイートローラーでも違いは分かりますか?
燃料調も必要になってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にエンジンのパワーを上げない限りと、ただのギヤ比を変えてるだけに過ぎません。簡単に言うとどの範囲を使うかになります。

エンジンのパワーを上げるには。50ccのままなら
ガソリンを食わしてやることです。そうなるとやることはたくさん出てきます。吸気や排気、ガソリンとオイルの量などそれにともなう耐久性など課題はおおいです。

低速を少し上げるには
軽量クラッチを使ってパワーロスをなくすことはできます。このとき、ウエイトローラーのセッティングが軽いものに変わるので、おおよその重さのローラーを買い集めて自分でセッティングを出さないといけません。

遠心クラッチのバネを強くするだけでは。飛び出しが強くなるだけでさほどかわりません。つながりにもラグがでますし

40キロの谷はローラーを新しいのに買えればよいです、あとベルトが減ってくると最高速が落ちます。
強化ベルトというものも売ってます。

片減りするのはなぜ決定的にはわかりませんが。多分同じ位置にローラーが居続けて(全開時が長いとか)、そこに癖がついてしまうと私は思ってますが。

基本的にエンジンのパワーを上げない限りと、ただのギヤ比を変えてるだけに過ぎません。簡単に言うとどの範囲を使うかになります。

エンジンのパワーを上げるには。50ccのままなら
ガソリンを食わしてやることです。そうなるとやることはたくさん出てきます。吸気や排気、ガソリンとオイルの量などそれにともなう耐久性など課題はおおいです。

低速を少し上げるには
軽量クラッチを使ってパワーロスをなくすことはできます。このとき、ウエイトローラーのセッティングが軽いものに変わるので、おおよ...続きを読む

QシグナスXのパワーチューンについて

シグナスX(2010年FI仕様)に乗っています。普免からAT小型を丁度去年取りました。国内仕様のノーマルですが、信号待ちの出足は自分としてはかなりいい(大きいバイクに乗れない影響でそう感じているかもしれませんが・・・・・)と感じます。ただ40km~60km/hの加速が変速が早いせいで鈍い傾向です。台湾仕様やWRを軽くしたシグナスは加速力がすごいそうで聞いています。台湾仕様車、または国内仕様でもWRを軽くしたシグナスに乗っておられる方、40km/h~60km/hの加速力やスロットルの再び捻った時のレスポンスについても教えてください。

追  シグナスは125ccのなかでは最高速は高い方なので、加速重視でも問題ないです。アップダウンの多い通学路や、今後タンデムもするので、きびきび走れるようにしたいんです。皆さんの意見を参考に僕も春にチューンしたいと思います。

Aベストアンサー

基本的な構造や働きはどのスクーターでも殆ど同じです。
ノーマルだと40km~60km/hが鈍いのは変速が終了する後半の領域の特徴で、このトロさは、変速比が高くなる(ハイギヤ化)につれて、トルクカムの溝の角度が変速終期に近づくほど変化するため、キックダウン効果が減少する領域に入るからです。
変速が終了すれば、エンジンの回転数上昇に伴って増速しますが、変速が終了するまでは、そのようにフィーリングが変化します。

取りあえず、お手軽にフィーリングを変えるのであれば、ウェイトローラー(WR)を軽いものに替えると、かったるい領域を上の速度領域に持って行くことが出来ます。(例えば、かったるい領域を60km/h以上の領域に持って行くような感じです。)

WRをノーマルの12g(1個の重量。6個必要。)から台湾仕様と同じ9gに替えるだけでも随分感じが変わると思います。(8.0~8.5g位も良いかも?)

この設定でも、もし再加速が不満なら、トルクカムの交換を考えた方が良いかも知れませんね。
クラッチ周りのスプリング交換は、どういう設定をしたいのか?によっても違いますが、停止時からの動き出しに不満がなければノーマルのままの方がクラッチシューやベルトを痛めず耐久性もあります。

↓以前、WR設定の効果をごく簡単に答えてますのでご参考にしてください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6436330.html

基本的な構造や働きはどのスクーターでも殆ど同じです。
ノーマルだと40km~60km/hが鈍いのは変速が終了する後半の領域の特徴で、このトロさは、変速比が高くなる(ハイギヤ化)につれて、トルクカムの溝の角度が変速終期に近づくほど変化するため、キックダウン効果が減少する領域に入るからです。
変速が終了すれば、エンジンの回転数上昇に伴って増速しますが、変速が終了するまでは、そのようにフィーリングが変化します。

取りあえず、お手軽にフィーリングを変えるのであれば、ウェイトローラー(WR)を軽...続きを読む

Qスクーターのウェイトローラーについて質問です。

スクーターのウエィトローラーについて質問です。

ウェウトローラーが

1:軽いほうが低速では強いけど高速になるには重さが足りずなかなか最高速まで行くのに時間がかかる

2:重いと低速ではすぐ中速ギアになりやすく、低速域での加速がイマイチになる。
そのかわり重い分プーリーを押し出す力が強く、より高速ギアになれるので高速が伸びる

で合ってるでしょうか?

Aベストアンサー

簡単な例示的なモデルで説明してみます。
某50ccスクーター:最高出力回転数8000rpmで60km/h出るとします。
無段変速機の変速中の回転数は一定とします。

ノーマル状態では、30km/hで変速は終了し、その時の回転数(変速中も同様)は4000rpmで、変速終了後は回転数の上昇に従って増速して行きます(30~60km/h・4000~8000rpm)。

ウェイトローラー(WR)を軽くすると、変速中の回転数が4000rpmより高くなり、例えば、変速域の回転数を6000rpmになるようにWRをセットすると、変速終了が45km/hになり、その後は回転数の上昇に従って増速して行きます(45~60km/h・6000~8000rpm)。

さらにWRを軽くして、変速域の回転数を8000rpmギリギリにして、なおかつ変速終了とトップスピード到達を同じにすることも出来ます。

さらにさらにWRを軽くすれば、8000rpmでは変速終了までプーリーを押し広げることが出来なくなる(最終変速比にならない)ため、はじめの加速は良くても8000rpmでは60km/hに到達できなくなります、軽すぎると最高速が落ちるのはこういう原理です。

※実際には、変速終了の最後のところが厳しいため、理論よりも重いWRが必要なことが殆どです。

先の回答者の補足のような内容になりますが、エンジンの性能にもよりますが、4000rpmで加速するのと6000rpm以上で加速するのと、どちらの方が力強く加速ができそうかだいたいイメージできますよね?
ちまたで言われる「伸び」というものが、変速速度域を言うのか、変速終了後の速度上昇を言うのか、どちらであっても上記に書いて有るとおりです。

最後に、加速性能や最高速にはWRが転がるスロープの形などプーリーの構造やトルクカム働きなどのほかエンジンのパワーバンドも相乗的に影響するため、上記のとおり機械的に設定したからといって実際にはこのようなキレイな数値化できませんが、原理的にはこのような働きとなります。

簡単な例示的なモデルで説明してみます。
某50ccスクーター:最高出力回転数8000rpmで60km/h出るとします。
無段変速機の変速中の回転数は一定とします。

ノーマル状態では、30km/hで変速は終了し、その時の回転数(変速中も同様)は4000rpmで、変速終了後は回転数の上昇に従って増速して行きます(30~60km/h・4000~8000rpm)。

ウェイトローラー(WR)を軽くすると、変速中の回転数が4000rpmより高くなり、例えば、変速域の回転数を6000rpmになるようにWRをセットすると、変速終了が45km/hになり、その後は回...続きを読む

Qスクーターで強化Vベルトを使う理由

理由は何がありますか?私が考える以下の理由であってますでしょうか?
○切れにくいので長持ちする
○磨り減りにくいので長持ちする
○熱による伸び縮みが少なく、いわゆる熱ダレというのを起こしにくい
○伸びが少ないのでトルクをしっかりと伝えられる

なお普通に乗る分においては古いベルトから強化ベルトに交換することによって体感できるほどのものはあるでしょうか?

Aベストアンサー

強化ベルトは耐久性は純正より劣ると思います。

基本ストリート使用でなく競技用として捉える製品。
瞬間的な荷重には強いが、経年劣化はかえって短いものも。
純正同様延びるし磨耗もします。
中には粗悪な原材料、作り、管理のものもあります。

街乗りを主とした改造車はノーマルを敢えて使う場合が多いと思います。

Qアドレス125やシグナスXは最高速どのくらいですか?

”モトチャンプ”という雑誌を見たのですが、
「アドレス125の最高速は100km/h!!」など書かれていました。
実際にシグナスXのカタログではメーターが140km/hまであるので、
本当ところ100km/h以上は不可能ということですか?

Aベストアンサー

125ccクラスで100km/h出す機会がそれほどあるとは思えませんが、実際のところシグナスXの台湾仕様で最高110km/hまでといったところです。
150ccにボアアップした場合、高速の下り坂なら120km/h以上出ることもあるようです。

アドレスV125にしろシグナスXにしろ、そこまで到達するのに15秒以上掛かりますから、実際使えるのは90km/h以下と考えた方がいいでしょう。

Qスクーターのギアオイルは交換しないとどうなるの?

昨日、乗り始めてから初めて、スクーターのギアオイルを交換してみました。
走行11,500kmのホンダ スペィーシー250(MF01)です。
下部の排出ドレンがクラッチを外さないと出てこないのか見あたらなかったので
入れる方からバイクを寝かせて無理やり排出させ新しいオイルを入れました。

○出てきたギアオイルはセメントぽい灰色をしていて交換時期にきていたとは
思いましたが、そこで疑問に思ったのが、エンジンオイルとは違い高熱にさらされ
たり ピストンのような燃焼部分が無いギアオイルとは交換する事で然程効果が
あるのでしょうか?
○スクーターのギアオイルの場合、量さえ減ってなければそれで充分なようにも
思いますが、いかがでしょうか?
○エンジンオイルだけきちんと交換し、ギアオイルを交換しなかった場合 何か
不都合は出るのでしょうか?
○通常の交換サイクルは何キロ毎でしょうか?
○交換時完全には抜けず2/3程度の交換でしたが問題ないでしょうか?

以上細々した内容ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際の話、スクーターのギアオイルはあまり交換されません。
もちろん交換すべきものですが、現実には無交換で一生を終える場合も珍しくありません。
中古車の販売整備でも換えない場合も少なくなく、入っていればOKと考えるショップもあります。
オーナーズマニュアルにも交換時期は書かれていない場合もあります。
そのくらい不都合が出にくい所なんでしょう・・・たぶん。
でも、私は換えます。自分のですから。

Qハイスピードプーリーを導入した際のウエイトローラー

'97 ホンダLive Dio ZX
仕様:
ZERO ZEEKチャンバー、デイトナパワーフィルター
強化ベルト、プログレスレーシングCDI
MJ#100、WRはチャンバー付属の10.5×3

プーリーがノーマルの時は60km/hまで非常に力強い走行感でした。
横綱のハイスピードプーリーを入れてから、30km/hまでは非常に鋭く加速するのですがそのあとエンジンの回転数が落ち込みそのままあまり伸びずにもっさりとした乗り心地になってしまいました。
ウェイトローラーがノーマルプーリーの時と同じ重量になっているためWRに原因があると思われます。
この場合ウェイトローラーを軽くすればいいのでしょうか?重くすればいいのでしょうか?


またこれは余談ですが専用工具を使って2人がかりでプーリーの手前にある歯車を取ろうとしてもボルトが固くて外せません。逆ネジではないですよね…インパクトレンチを使って外しても大丈夫でしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

重いと加速が鈍り、軽いと高回転で伸びないという特性を適当なところで妥協するしか有りません。
私見ながら、'97 Live Dio ZXのノーマルは8.5×6、今お使いの10.5×3では軽すぎる印象があります。
当方の同じ形式のZXでは、ノーマル型やや抜けのよいマフラーとノーマルクリーナーボックス改+ハイスピードプーリー(zero、デイトナ、キタコ等)では、7.5×3と7.0×3を一緒に使って、伸びも十分良い感じでしたので、7.0×6か6.5×6から始めて各種試してみては如何でしょうか。
7.0×3と6.0×3から始めても良いかもしれません。

>逆ネジではないですよね…インパクトレンチを使って外しても大丈夫でしょうか。

順ネジです。
緩めるのはインパクトレンチでも構わないと思いますが、締め込みはトルクレンチ(手締め)をお勧めします。
ライブディオのクランクはプーリー側が異様に長く、無理な力が掛かるとクランクが曲がったり、クランクベアリングが痛んだりとろくなことがありません。

周り止めは下記の形態のもので、レンチのハンドル長は400mm以上あると使いやすくて良いのですが、最低でも300mmは無いと力を掛けにくく、締めすぎのネジを緩めるのは相当苦労しますね。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hirochi/302-874a.html
※クランクケース周りのボルトと同じ太さで長めのボルト1~2本が固定に必要です。

高価な工具とは言いませんが、必要十分な性能・機能を持つものをそろえるのが、作業性の向上と確実な作業に繋がると思います。
ちなみに、このナットの締め付けトルクに適合するプリセット型トルクレンチ(およそ20~110N/m位をカバー)なら、350mm位の長さはありますので、これ一本でいろいろと使い道はありますよ。

重いと加速が鈍り、軽いと高回転で伸びないという特性を適当なところで妥協するしか有りません。
私見ながら、'97 Live Dio ZXのノーマルは8.5×6、今お使いの10.5×3では軽すぎる印象があります。
当方の同じ形式のZXでは、ノーマル型やや抜けのよいマフラーとノーマルクリーナーボックス改+ハイスピードプーリー(zero、デイトナ、キタコ等)では、7.5×3と7.0×3を一緒に使って、伸びも十分良い感じでしたので、7.0×6か6.5×6から始めて各種試してみては如何でしょうか。
7.0×3と6.0×3から始めても良いかもしれませ...続きを読む

QディオZX軽量クラッチ 軽量アウターの効果って?

規制前ライブディオZXに乗っています。
軽量クラッチ、軽量アウターにする効果について教えてください。
軽量クラッチは高回転でのクラッチミートの他に利点はありますか?
同様にアウターを軽量化する利点はありますか?
軽量化すると加速が良くなりそうですが・・・
逆に悪くなる点があったら教えたください。
最高速が落ちるとか もしくは悪くなる点がないとか・・・

Aベストアンサー

>軽量クラッチは高回転でのクラッチミートの他に利点はありますか?
それ以外にはアイドリングからクラッチミートまでの間のレスポンスが良くなることが期待されます。というか、ミートポイントが上がればその分だけミートポイントに到達するまでの時間が長くなりますから、それを埋めるためにはレスポンスが良くならないと間が空いてしまいます。
とはいえそれは僅かな時間のことですし、エンジン特性次第では関係ないといって良いことです。しかし、高回転型にセッティングされたエンジンではそのちょっとの違いが気持ちよさや速さに影響します。
クラッチミート後は、ハウジングの軽量化による差なんて駆動の負荷の大きさからすれば無視できる程度の微々たる物です。

>逆に悪くなる点があったら教えたください。
シューの減りが早くなるかもしれません。社外品に変えるくらいなんだから耐久性なんて関係ないでしょうけどね。また、極低速の動きがギクシャクして乗りづらくなることもあります。(他の部分も含めたセッティング次第です。)

Qマフラーを替えれば速くなると勘違いしてる?

リッターSSのように輸出仕様のフルパワーをマフラーやインシュレーターで絞っている場合ならともかく、小排気量の125ccなどのスクーターでマフラー交換をしてる人って もしかしたら本気で排気効率が上がって速くなったと勘違いをしてるんでしょうか?

マフラー替えてる全ての人ではないにしろ 音を大きくしたいからではなく、他人のアドレスやシグナスと加速性能で差をつけたいとマフラー交換をしてる人って多いいはずです。
傍から見てると維持費を安く上げようと せっかく125ccにしたのにヨシムラ、タダオと高価な効果の無いマフラー買って金を浪費してる人が滑稽に見えてなりません。

速いのに乗りたいなら最初っから125ccの車両+高価なマフラー交換の費用で250ccのスポーツシティやフリーウェイ 或いはSYM New Fighter 150 ZR、KYMCO RACING KING 180 等シグナスXと同等の大きさで速いスクーターを買っとけば 静かで速く走れて満足できるはずです。

なんで大枚払って`悪あがきをしてるのでしょうか?
信号停止で 高価なマフラーに交換してる125ccのスクーターに並ぶ度にノーマルの古いスペーシ250で 余裕で先に行ってしまうのが時として気の毒になります。

リッターSSのように輸出仕様のフルパワーをマフラーやインシュレーターで絞っている場合ならともかく、小排気量の125ccなどのスクーターでマフラー交換をしてる人って もしかしたら本気で排気効率が上がって速くなったと勘違いをしてるんでしょうか?

マフラー替えてる全ての人ではないにしろ 音を大きくしたいからではなく、他人のアドレスやシグナスと加速性能で差をつけたいとマフラー交換をしてる人って多いいはずです。
傍から見てると維持費を安く上げようと せっかく125ccにしたのにヨシムラ、タダ...続きを読む

Aベストアンサー

あ、何か分かる気がする。

軽自動車をいろいろイジるお金があるんだったら、もっと大きな車が買えるだろう…的な。

プラスして、原付の購入理由も金銭が絡むのも確かにそうだと思う。
維持費が安いから…と思いつつも、何かカスタムしたいと、ウズウズしてくる訳ですな。

これも分かる、うん。

結局、これは人それぞれ価値観が違いますからね。

どちらが正しいとかはないんじゃないかな?
答えになってないですね…、すいません。

ちなみに、私は前者です。

Qなぜウェイトローラーの重さを分けるのですか?

よく14g×3個と10g×3個でセッティングしましたという記事を見ますがなぜ分ける必要があるのでしょうか?12g×6個でいいんじゃないでしょうか?何か違いはありますか?

Aベストアンサー

こんばんは

15年もののホンダDIOのウエイトローラ(以下WRと略します)を交換しましたが、少し希望のものがなく軽めのものを使い、峠越えには良いのですが燃費が気になっています。

で、少し興味があり考えてみました。以下述べることはドシロウトの推察です。

その1
基本的にWRの遠心力の大小が変速に関与します。また、たぶん?遠心力はWRの重さの2乗に比例するとおもいます。
WRの遠心力をFとすればF=k・m^2(kは比例常数、mはWRの重さ、m^2はmの2乗を示します)
よって12g6個では F1=12^2・6k=144x6=864k
14gと10gでは F2=14^2・3k+10^3・3k=888k
よって12g4個の場合とは14g3個と10g3個では変速の力が3%程度微々たるものですが異なると思います。

その2
普通は手持ちの関係で傾向を見るには良いアイデアと思いますが、元々同じ重量を使うものに異なる重さのWRを使う場合はたぶん重いWRの使用部分の摩耗が過大になると思いますので通常は同じもの6個がいいとかんがえます。

以上 推察です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング