車で走っているときに良く遭遇するのですが、大きな橋の両端が「橋名+方角+詰」という交差点名名称をよく見かけます。「○○橋北詰」などという感じです。
何故橋に「詰」がつく名称が多いのか気になって「詰」を調べてみたら「端」という意味でした。
ただ単に橋の端という意味で「詰」が使われているのでしょうか?何故「橋名+方角+端」ではなく「詰」が使われるのでしょうか?他にも何か意味があったのでしょうか?
また、「詰」=「端」というのは何故なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

橋は「掛ける」と言いますが、この「掛ける」の古語「掛く」は「掻く」と同じ起源で、「物の端を目指す対象の一点にくっつけ、食い込ませて、ものの重みをすべてそこにゆだねる」という意味です。

従って、日本語の「橋」とは、谷や川の両端に物(木や綱等)を引っ掛ける簡単な「仮橋」のことであり、永久橋に対する仮設橋の意味になります。また、さかのぼれば「橋」自体が元は(中心に対する)周縁部という意味での「端」を意味する語です。(以上、上田篤「橋と日本人」による)この説明に基づいて考えれば、「橋詰」の「詰」の語源は(「端」という意味以前に)おそらく物を引っ掛ける「爪」に由来するのではないかというのが私の類推です。いかがでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
御礼が遅くなってしまいまして申し訳ありませんでした。

Avonleaさんは「爪→詰説」ですかぁ。
こりゃまた全く想像もしなかったような御回答でビックリしました。
結局のところ、どれが正しい説なのか分かりませんでしたが、一つの事項でいろいろな考えや推理がお伺いできて楽しかったです。
ありがとうございました。

この場をお借りしまして御回答いただいた3名の方に御礼申し上げます。ありがとうございました!

お礼日時:2004/06/30 23:57

私も以前に京都におりました。

「詰」の付くところ、たくさんありますね。「橋名+方角+詰」だけではなくて、「通りの交差点(京都ではそれが地名になります)+方角+詰」というのもあります。(四条高倉東詰・西詰など。下記ページ路線図参照)
http://www.city.kyoto.jp/kotsu/news/2000/2000034 …

通りの場合、そこに橋のような構造物があるわけではありませんから、例えば四条高倉東詰の場合、「南北の通り(高倉通り)に向かって四条通を通っていって、その東側の行き詰まり」というような意味だと思います。
同様に考えると「○○橋北詰」というのも、「○○橋に向かって行ってその川の北側の行き詰まり」という意味になるかと思います。「○○橋北端」とすると「橋という構造物の端」という意味になります。おそらくそのあたりの違いではないでしょうか。辞書には「詰め」の意味に「端、きわ」と書かれていますが、厳密に言えば、「端」がその示している物において、その先の部分を表しているのに対して、「詰め」の方はその示している物の「端」付近(その物自体は含まない)というような意味ではないかと思います。

ちなみに下記ページで検索してみると、「橋詰」あるいは「(方角)+詰」という地名は関東から九州まで広く分布しているようです。例えば鹿児島県の沖秋目島という所には、島の岬にあたる辺りに「西ノ詰」「南ノ詰」という地名があります。これも陸から海に向かって行ってそのどん詰まり、というような意味になると思います。
http://mapbrowse.gsi.go.jp/mapsearch.html

参考URL:http://www.city.kyoto.jp/kotsu/news/2000/2000034.htm,http://mapbrowse.gsi.go.jp/mapsearch.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
御礼が遅くなってしまいまして申し訳ありませんでした。

s_yoshi_6さんは「どん詰まり説」ですね?
ぃやぁ、先ほどの水路説もそうですが、自分のおもってもなかった説が出てきて楽しいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/30 23:54

 確かに不思議ですね…京都にはゴロゴロある地名です。

調べてみましたが、よくわかりませんでした(笑)

 まず、詰=(関西方言で)橋の終端、末端となっていました。確かに以前に住んでいた関東・東海地方の地名にあった記憶はありません。また「橋名+方角+端」の見方は陸路の見方と思います。昔は水運が重要な交通手段でしたから、水路から見ると橋を目印としての東側、西側という捉え方が自然。端という概念はないと思います。

 専門家のコメントをお聞きしたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
御礼が遅くなってしまいまして申し訳ありませんでした。
また、早くに反応いただいたのにポイントを差し上げられなくてゴメンナサイ!

私は陸ばかり移動していましたので、水路側から見るというのは新鮮な視点でした。

お礼日時:2004/06/30 23:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ軍が快勝する戦争映画ありますか?

2次大戦時の戦争映画が好きで、よく見るのですが、
登場するドイツ軍は素人集団みたいな設定ばかりで、すぐやられてしまいます。
戦争映画に出てくるドイツ軍が弱過ぎて面白くありません。
ドイツ兵がアメリカ兵をバッタバタなぎ倒すような映画はありませんか?
チャラチャラしたアメリカ軍が負ける映画を見てみたいんです。

Aベストアンサー

連合軍によって作られた映画でドイツ軍が勝つ映画はありませんが、途中まで連戦連勝だった映画ならあります。バルジ大作戦(1966年)です。これはしびれる映画です。
故ロバートショーがドイツ軍戦車隊長へスラ―大佐に扮しましてベルギーのアルデンヌの森をタイガー戦車で突き進んで行く3時間の映画です。
見せ場は閲兵の場面です。ロバートショーが青年将校たちを閲兵するのですが、あまりに若過ぎて失望し、閲兵の途中で立ち止まり
”Boys, boys, Too many boys"
とつぶやきます。
そこで一人の青年将校がドイツ軍の有名な軍歌でいまでも歌われている戦車隊の歌を歌い始めます。すると皆も一緒に歌い出し最後はへスラ―大佐も共に歌い大合唱となります。ぞくぞくしました。
https://www.youtube.com/watch?v=JyhAB7S3hPQ
もちろん最後は壮烈な戦死を遂げ負けるのですが、95%くらいがドイツ軍の勝利の場面でした。

Q「影法師」という言葉は何故「影」+「法師」なのですか?

はじめまして

以前から不思議でしょうがないのですが
「影法師」という言葉は何故
「影」+「法師」なのでしょうか?

言葉の由来がわかりません
辞書である様な影を擬人化した説明などは
読んだのでるが私の納得はいきません
「法師」でなく「おやじ」でもいいわけで
(極端ですけど)
法師・という言葉を引いてみても
何だかつながらないですし…

古来人は影の中に生と死を見た
百科事典にはこうも書いてました。
影を食べる牛鬼の話も東北地方の説話の
影取池の話を調べたり…
段々ずれていって(笑)
これが決着すると私はとても助かるのですがTT

どなたか…言語学の本を開いたら「か」と「げ」
から始まってしまい塞がってしまいました(笑)

Aベストアンサー

もっと簡単に考えてもいいと思います。
影法師とは影のことです。影とは人やものの姿が光りで
地面や壁に映し出されたもの。本体の影(コピー)でありながら本体とは異なるもの。陰の内閣などとも使われますね。

このようなものを指して昔の人は影法師と擬人化して呼んだに過ぎません。何故法師か、何でも良いわけですが当時の流行語と思えばいいでしょう。

一寸法師、荒法師、起き上がり法師、そしてつくつく法師(蝉の一種)

影とはshadow、シルエットです。
朝顔や横たふは誰が影法師   一茶

人は古来影の中に自分をみたり、人の顔を思い浮かべたり、なにかを占ってみたり、運命を予感したり
したのでしょう。よこしまな心を抱くものは自分の影に
おびえたり、陰になり日向になって人を助けたり、陰で人を操ったりしながら生きています。影、陰、翳、などといろいろな漢字が当てられるところを見ると、かげは大和言葉ではないかと思われます。

Qナチス・ドイツの映画について。 ドイツ人はドイツ語で・・・

今までナチス・ドイツ時代が舞台の映画をいくつかみました。
今回またレンタルで借りたのですが、原音が英語でした。やっぱり原音はドイツ語で見たいのですが、そのような映画を見つけるのが難しいです。なにか知っている作品はありますか?シンドラーのリストやヒトラー最期の12日間はドイツ語でした。思いつくものがありましたら教えてください。
ちなみに、そのころのドイツがかかわったものならドイツ語にかぎらなくてもいいです。たとえば、舞台がイタリア側からみた対ドイツの映画 ならイタリア語がメインでもかまいません。早く言うと、ドイツ人はドイツ語でしゃべり、イタリア人はイタリア語でしゃべる その国の言葉をしゃべるという自然なものがいいのです。おねがいします

Aベストアンサー

U-571
 アメリカ映画ですが前半1/3にはドイツ語の会話があります。
es
こちらは全編ドイツ語でした。

Q「関連端名」は、何と読むのでしょうか?「かんれんはしめい」でしょうか?

「関連端名」は、何と読むのでしょうか?「かんれんはしめい」でしょうか?

Aベストアンサー

UMLやってると登場するアレですか。

関連の端、関連端の名前だから「かんれんたんめい」では?

Qドイツ映画の芸術性について。

ドイツ映画の芸術性について。

先日、Aさんが言っていました。「今のドイツ映画はハリウッドみたいな娯楽性を追求していてつまらん!アメリカもドイツも困ったものだ!やはり、芸術的で前衛的なフランス映画が一番だな!ゴダールがなつかしい!」

実際のところ、現在のドイツ映画の評価評判はどのような感じなのでしょうか?

素人のイメージでは、ドイツ映画はフランス映画に負けず劣らず芸術的なのではと思っていたのですが。

主観的回答でも全く構いませんので、どなたかお教えください。

漠然とした質問で答え難いとは思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに最近のドイツ映画はぱっとしませんね。ニュー・ジャーマン・シネマの時が最後の輝きだったのかもしれません。
赤坂のドイツ文化センターでドイツ映画祭というのをやっています、ここに行けば、娯楽に振っていないドイツ映画を見ることが出来る筈です。私も最近は言っていないので詳細はわからないのですが、隔年開催になっちゃったみたいで低調なのかも知れないですね。
http://www.germanfilmfest.jp/

フランス映画に関しては、フランス映画社(フランス以外も扱いますが)という強い味方が居るので、芸術映画の買い付けや公開に関して有利になっているだけだと思います。

Aさんも相当の半可通のような気がしますけどね、今更、ゴダールで語るって、だったら、ムルナウやフリッツ・ラングのドイツ表現主義で語り返すとか

Q形容詞+丁寧「です」+過去「た」

気になって仕方なかったので質問します。

学校の作文なんかでずっと悩んでたんですが…
形容詞に丁寧の「です」と過去の「た」を組み合わせた場合って文法的に変になりませんか?
例えば「大きいでした」…
「大きかったです」などにすればいいのかもしれませんが、そうすると他の丁寧+過去の文体とそろわなくなってしまいます。
(例:昨日ケーキを食べました。それはおいしかったです。)
気にしだしたらキリがないので、諦めろといわれたらそれまでなのですが…

そもそも、形容詞+丁寧の「です」の組み合わせは文法上おかしいとどこかで見かけた気もします。
なにか、この辺も含めて詳しいことをご存知の方がいたら、ぜひ教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

以前は、形容詞には「ます」を付ける慣用がありました。文語文法の形容詞のカリ活用と同じ原理で、連用形「~く」に「あり」を補い、「美しくあります」と表現するわけです。

これも実は文法的に正しくはないようですが、戦前くらいまではよく使われていました。現代でも、例えば村上春樹の「海辺のカフカ」には、老人がこうした語法を使う例が出てきます。例:「そう言っていただくとナカタもたいへん嬉しくあります」(p.79)

これに過去の「た」を付けると、例えば「大きくありました」になるわけですが、現代日本語としてはやはり不自然ですね。

しかしここで、「ある」を「あります」にする代わりに「ございます」にするとどうでしょう。「大きく(大きう)ございます」、「大きく(大きう)ございました」、やや古風ですが、いずれもかなり不自然さが軽減されます。実際、「有り難うございます」は文法的にまったく同じ構造ですが、完全に正しい文として使われています。

というわけで、「有り難うございました」が正しいなら「大きくございました」も正しいことになるでござろう。

Qドイツの映画を探しています

よく几帳面だとかビール好きなどということを耳にしますが、
ドイツ人の国民性を描いた映画はないでしょうか?
あまり暗い話ではなく、明るかったりコメディタッチのものを希望しています。

他にも、面白いドイツ映画(若しくはドイツ人の出てくる映画)があれば教えてください。
出来ればTSUTAYAなどでレンタル可能なものをお願いします。

Aベストアンサー

撃墜王アフリカの星
音楽が、アフリカの星のボレロ、という人気曲となりました。2次大戦アフリカ戦線の撃墜王、ハンス・ヨアヒム・マルセイユの話です。飛行機マニアが、実際のプロペラ戦闘機飛ばしていると喜ぶ1本です。

ベルリン・クラッシュ
東ベルリンの彼氏に会いに行くとヒロインが車で大冒険、というギャグでした。

アウトバーン・コップ
文字通り、アウトバーンの警察アクションものです。ドラマですが、好きな人は好きなようです。


名作ですが暗いので、お嫌でしたらパスしてください。史上最大の作戦、のドイツ軍パートを監督したヴォルフガンク・ヴィッキの撮った作品で、戦争末期、少年が軍に取られ、大人たちは敵がこないであろうところに配したのですが、そこの「橋」こそ、アメリカ軍の攻撃目標だった、という反戦映画ですが、ドイツ人気質がよくでていると思います。

会議は踊る
旧い作品ですが、楽しいミュージカルです。ナポレオンなきあとの欧州をどうするかの会議がウィーンで開かれていて、それに出席している貴族と町娘の恋物語ですが、ヒロインがメインの歌を歌いながら貴族の屋敷に行くまでのシーンは、音楽とカットが見事に続いていて、すばらしい物でした。

月世界の女
サイレント時代のSFで、月探検ロケットを打ち上げる話です。カウントダウンとか、ロケットが段になって加速していくシーンがキチンと撮れているのは、ヘルマン・オーベルトという著名なロケット研究家がアドバイスしているからです。アポロを打ち上げたフォン・ブラウンの師匠です。

撃墜王アフリカの星
音楽が、アフリカの星のボレロ、という人気曲となりました。2次大戦アフリカ戦線の撃墜王、ハンス・ヨアヒム・マルセイユの話です。飛行機マニアが、実際のプロペラ戦闘機飛ばしていると喜ぶ1本です。

ベルリン・クラッシュ
東ベルリンの彼氏に会いに行くとヒロインが車で大冒険、というギャグでした。

アウトバーン・コップ
文字通り、アウトバーンの警察アクションものです。ドラマですが、好きな人は好きなようです。


名作ですが暗いので、お嫌でしたらパスしてください...続きを読む

Q「の+の」「が+が」の使い方

日本語の使用方法を質問させて下さい。

「Aさんの会社のモチベーションが高い方が来ることで」という文章がメールに記述されていました。

「の+の」「が+が」に違和感を覚えたのですが、この日本語はビジネス上適切なのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、ビジネス上適切か否かについてですが、企業によって物差しは変わります。
出版系の企業さんであれば、徹底した文章の構成を教わるかとは思いますが、
製作会社や、小売業が、このような文章を書いたとしても、「ビジネス上適切ではない」
とは言い切れないと思います。

結果、確かに読みにくい文章ではありますが、間違ってはいません。

私の会社でもライターさんが講習してくれる機会があるのですが、「文章を書く基本は
読み手を考えて書く」を徹底して教えられます。
ご指摘の通り、「の+の」といった書き方も好まれませんし、「さまざま」「いろいろ」と
いった言葉も、漢字書くのは好ましくないようです。

ちょっとズレて、マーケティングよりの話になってしまいますけど、「簡単設定」を売りに
しているメーカーが、見込み客に使う文字は、「かんたん、せってい」とひらがなで書く
のが基本だそうです。「簡単」と漢字で書くと、簡単そうに見えないので、ひらがなで
表記することによって「かんたん」さがより伝わるとのことです。

質問者さまに送られてきたメールにしても、相手はクライアントなのか、業者なのか、
上司なのか、後輩なのか、そのシチュエーションで許される場合と、許されない場合
とがあると思います。

たとえ、ビジネス上で間違った書き方をしていても、その人に一番伝わる書き方が
本来求められる文章かと思います。
争点がズレてしまっていたら、すいません。

まず、ビジネス上適切か否かについてですが、企業によって物差しは変わります。
出版系の企業さんであれば、徹底した文章の構成を教わるかとは思いますが、
製作会社や、小売業が、このような文章を書いたとしても、「ビジネス上適切ではない」
とは言い切れないと思います。

結果、確かに読みにくい文章ではありますが、間違ってはいません。

私の会社でもライターさんが講習してくれる機会があるのですが、「文章を書く基本は
読み手を考えて書く」を徹底して教えられます。
ご指摘の通り、「の+の...続きを読む

Q映画を学ぶとしたら、、フランス?ドイツ?

映画を学ぶとしたら、、フランス?ドイツ?


もし映画(理論や実践など)を学びに行くならば、フランスとドイツどちらを選びますか?
その理由もお教えください。

なお、選択はフランスかドイツの二択でお願いします。

最近気になっているので、参考にさせてください。

Aベストアンサー

映画の芸術性に関して議論ではドイツのコンラット・ランゲが有名ですが、フランスは映画を産んだ国ですし、ジャン・ルノアールやシャルル・スパーク、ルネ・クレールといった映画人が1920年代から30年代に掛け、映画を”完成型”にまで高めたといってもいいと思います。
コスタ・ガブラスが学長を務めたこともある国立映画学校イデックもありましたし。
現在は国立校はフェミスとルイルミエールの2校、ソルボンヌ大学にも映画学科があるそうです。

と、いうことでどちらかと言えばフランスかな?

国家が力を入れているのは旧ソ時代に国立の映画撮影所だったモスフィルムとレンフィルムを擁するロシアですけど。エイゼシュテイン、ドブジェンコ、プドフキンら映画の歴史に足跡を残した監督らが、映画表現の基礎となるモンタージュ理論を作り上げた国でもあります。

Q「使役+もらう」、「使役+てもらう」、「使役+てほしい」のような構造で困っております……

 日本語を勉強中の中国人です。回答文に理解できない文法がありましたのでご解釈をお願い致します。

「『別のカテで意味が分からない発言が目に止まりましたので、お聞かせください』では何を聞かせて欲しいのかが不明確です。」

「解説をお聞かせ頂きたいのか、ご意見をお聞かせいただきたいのか、感想をお聞かせいただきたいのかはっきりしないのです。」

1.「聞かせて欲しい」

「聞かせて欲しい」とはどういう意味でしょうか。「使役+て欲しい」のような構造がとても苦手です。「誰が誰に」のように、対象の省略なしの完備した構造で教えていただければ非常に助かります。

2.「解説をお聞かせ頂きたいのか、ご意見をお聞かせいただきたいのか、感想をお聞かせいただきたいのか」

「解説をお聞かせ頂きたい」、「ご意見をお聞かせいただきたい」、「感想をお聞かせいただきたい」は尊敬語でしょうか。それとも謙譲語でしょうか。

「解説」と「感想」の前は、「ご」が抜けているのでしょうか。

 敬語を使わないで、質問2の元の文はどのような文でしょうか。「解説を聞かせもらいたいのか、意見を聞かせもらいたいのか、感想を聞かせもらいたいのか」になるのでしょうか。「誰が誰に」のように、対象も補足していただければ有り難く思います。また、「使役+もらう」と「使役+てもらう」とは違う構造なのでしょうか。

 重箱の隅をつつくような質問で本当に申し訳ありません。「使役+もらう」、「使役+てもらう」、「使役+てほしい」は外国人の私にとってはとても難しいです。日本語勉強の難関です。

 また、自然な日本語の文章を書きたいと思っていますので、よろしければ質問文の添削もしていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

 日本語を勉強中の中国人です。回答文に理解できない文法がありましたのでご解釈をお願い致します。

「『別のカテで意味が分からない発言が目に止まりましたので、お聞かせください』では何を聞かせて欲しいのかが不明確です。」

「解説をお聞かせ頂きたいのか、ご意見をお聞かせいただきたいのか、感想をお聞かせいただきたいのかはっきりしないのです。」

1.「聞かせて欲しい」

「聞かせて欲しい」とはどういう意味でしょうか。「使役+て欲しい」のような構造がとても苦手です。「誰が誰に」の...続きを読む

Aベストアンサー


まず、「『別のカテで意味が分からない発言が目に止まりましたので、お聞かせください』
という文は間違いとは言えないと思います。

何を聞かせて欲しいのかと言えば、この発言に関する「解説・意見・感想」などであることは明白で、この3つはこの場合全て似たような意味を持っているからです。
また、この3つのどれでも良いので聞かせて欲しいという意味であってもおかしくはありません。
通常は「お聞かせ下さい」の前に【そのことに関する事を】という語句が省略されていると判断するように思います。
その前に「意味がわからない発言」と述べているわけですから、「聞きたい内容」は自ずと決まっているということでしょう。
このように明白な事柄に関しては省略して表現することが、日本語では割合多いように思われます。

ただ、この回答者さんは、awayuki_chさんが【省略】に気付かないままこのような表現を使ったかもしれないと懸念したわけでしょう。
正式な目的語を明確にしないと意味が通じない場合も実際あるわけですから、その点を指摘されたのだろうと思います。
ですから、この回答者さんが間違っているわけでもありません。


<1.「聞かせて欲しい」>
「あなたが」「私に」「(あなたの意見を)聞かせる」「ことを(私は)望む」ということです。
「あなたが私に(自分の意見を)聞かせる」という【状況】を「(私は)欲しい」というように考えても良いでしょう。

ストレートに言えば『(あなたの意見を)聞きたい』ということになります。
では、なぜわざわざ使役表現を使うのか。
「聞きたい」動作の主体は「私」で、
「聞かせる」動作の主体は「あなた(相手)」です。
主体を「あなた」にすることで、「あなたの」「(私に)聞かせる」という【行為】が是非必要だ。
ということを強調しているわけです。
(個人的にはそのように解釈しているということですが)

<2.「解説をお聞かせ頂きたいのか、ご意見をお聞かせいただきたいのか、感想をお聞かせいただきたいのか」>
・「聞かせる」動作の主体は回答者ですから、尊敬語と考えて良いと思います。
・「ご意見」「ご感想」は自然ですが、「ご解説」はあまり使わないような気がします。
・敬語を使わなければawayuki_chさんの例文のとおりで間違いありません。
ただし、どのような場合でも【聞かせもらいたい】という表現はありません。
『聞かせてもらいたい』です。
「awayuki_chさんが」「回答者に」『解説を聞かせてもらいたいのか、意見を聞かせてもらいたいのか、感想を聞かせてもらいたいのか』ということです。


<ご質問文の添削>
1、<回答文に理解できない文法がありましたのでご解釈をお願い致します。>
やや硬すぎる(丁寧すぎる)印象があります。
『回答文に理解できない文法がありましたのでお聞かせ下さい。』(○)
『回答文に理解できない文法がありましたので解説していただけないでしょうか。』(○)
などの方が自然でしょう。

2、<敬語を使わないで、質問2の元の文はどのような文でしょうか。>
仮定法を使うとすっきりします。
『(もしも)質問2の文を敬語を使わずに表現するとすれば、どのような文になるでしょうか。』(◎)


<復習・補足>
・私の勘違いであれば申し訳ないのですが、「使役+もらう」という形は無かったように思います。

・このような形での使役表現は本来、【主体を相手に置く】という意図があるように思います。
良く言えば「相手を立てる」。
悪く言えば「責任を避ける」。
といったところでしょうか。
ただ、あくまで本来的意図であって、ネイティブがこの表現を使う場合に殊更それを意識しているというわけではありません。

・「使役+てもらう」
「考えさせてもらう」というのは、【あなたが私に考えさせる、という状況】を【(私が)もらう】ということです。
「考えてみる(考える)」と言っても同じことです。
ただ、その場合は主体が自分自身になるので、それを回避した表現と言えるでしょう。
・「使役+てもらいたい」=「使役+てほしい」ということになりますが、「~てもらいたい」のほうが強い要望のニュアンスを含んだ表現になると思います。


まず、「『別のカテで意味が分からない発言が目に止まりましたので、お聞かせください』
という文は間違いとは言えないと思います。

何を聞かせて欲しいのかと言えば、この発言に関する「解説・意見・感想」などであることは明白で、この3つはこの場合全て似たような意味を持っているからです。
また、この3つのどれでも良いので聞かせて欲しいという意味であってもおかしくはありません。
通常は「お聞かせ下さい」の前に【そのことに関する事を】という語句が省略されていると判断するように思います...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報