痔になりやすい生活習慣とは?

形容動詞の敬体の連体形(です)は、どういう場合に使うのでしょうか。

元気ですとき ?

元気ですので ?

元気ですこと ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

形容動詞の敬体「例 静かですなど」は、それだけで「形容動詞」と考えられるが、それを形容動詞の敬体としている辞書は少ないようです。

一応認めるとして、その「です」の部分は助動詞「です」に準ずると考えてよいと思います。(ここまでは私見です)

 その場合、「連体形」は助詞「の」「のに」「ので」を伴って用いられ、一般の体言を修飾することはない。なお、「ですこと」「ですもの」の形で文末に使う用法があるが、この場合の「こと」「もの」は、終助詞とみるべきであり、終止形の用法とするのが妥当である。(以上は明治書院「日本文法大辞典」の「助動詞『です』の説明による。この項の筆者は吉田金彦氏)
用例「大きなバラですこと」「誰もいないんですもの、淋しかったわ」

  元気ですとき-使わない   元気ですので-使う  元気ですこと-使うが、連体形でなく終止形
ということになると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

広辞苑でも、~ですこと。のことは、終助詞的な用法としています。
~ですとき。は、明治大正頃の上流家庭で使われ、今は消滅したのではないでしょうか?

お礼日時:2015/01/25 17:47

>元気ですとき ?


 :
・形容動詞の連体形に接続。
×元気です時
○元気な時。
・敬体にするには、
元気な時でしたら。

>元気ですので ?
 :
・形容動詞の連体形に接続。または終止形接続の「から」に換える。
×元気ですので
○元気なので。
○元気ですから。
・逆接確定の接続助詞「のに」であれば終止形接続もあり。
○元気なのに。
○元気ですのに。

>元気ですこと ?
 :
・終止形・連体形と接続する「こと」の終助詞的用法。一般には「もの」を用いる。
「形容動詞+助動詞「だ」」の場合は連体形を受けた形だが、その丁寧な言い方「です」には連体形用法はなく、ここは終止形の受けとみなせます。)
○元気ですこと。
○元気ですもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

三つのうち、
ー元気ですこと。だけが、有り。

ついでに、
―元気ですもの。も、有り。

新しい見解ですね。

お礼日時:2015/01/25 12:59

すみません、


「元気ですので」と言いますね、確かに。

「ので」は連体形接続ですので、これは確かに連体形です。

「元気ですこと」(女性言葉)については終止形か連体形か微妙ですが、
連体形と言えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

では、-ですので。 -ですこと。
この二つは有りということですね。

お礼日時:2015/01/25 12:56

形容動詞についてもそうですが、


助動詞「です」についてみてみましょう。

http://www.hello-school.net/harojapa009.htm

ここでは、連体形はかっこつきで「です」となっています。
あるいは連体形はなし、としているものもあります。

文法上、連体形としては終止形と同じ「です」ではあっても、
現実的には使われない、ということでいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「文法上、連体形としては終止形と同じ「です」ではあっても、
現実的には使われない、ということでいいと思います。」
とのことですが、現実的に使われないなら、「無し」で良さそうなものです。

お礼日時:2015/01/25 12:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q身近な形容動詞について。どんなものがありますか?

身近な形容動詞について。どんなものがありますか?

現在外国人に日本語を教えています。
「きれい」が形容動詞ということで、活用が形容詞と違うことに気がつき、
他にどんな言葉が(できれば日常会話でよく使われる、例えば「大事」とか)
同じような活用をするかが知りたいです。

簡単な表を作れればと思っているので、沢山の言葉をお待ちしています。
また、そのような言葉が一覧になっているウェブサイト等があれば教えてください。

Aベストアンサー

形容動詞は日本語には800あると言われています。嘘八百?
え、そんなにと思うかもしれませんが、近代的、合理的のように「的」がつく言葉、漢語(漢字)の多くは同じように「的」か「な」をつければ形容動詞になります。そして外来語の形容詞はハンサム、ビューティフルのように「な」をつければほとんど形容動詞となります。

名詞を修飾する時「な」がつくのに特徴があります。形容動詞は外国人に教える日本語文法ではナ形容詞と呼ばれています。

基本的なナ形容詞はナを抜いた形で列記すると
きれい、静か、好き、嫌い、上手、下手、暇、いろいろ、有名、親切、元気、便利、不便、素敵、簡単、大変、大切、大丈夫、無理
などです。

広辞苑などの多くの辞典では名詞にして形容動詞を品詞として扱っていません。名詞を修飾する時に「な」でなく「の」がつくこと以外に活用が名詞と同じだからです。「~だ。」の形は名詞と同じです。
一方、
普通、赤色、昔、最高
などは形容詞のように見えて名詞に分類されます。これらはナ形容詞にはならないようです。
ところが、
普通、沢山
などは手元にある小学館の新国語辞典では形容動詞になっています。

形容詞か名詞の見分け方は副詞に修飾されるかどうかになります。たとえば「すごい」がつかく「すごく」が前につくかどうかです。

しかし
元気、健康、自由、特別、最高、親切、安全、不思議、厄介
などは主語にもなります。名詞を修飾する時には「な」の時も「の」時もあります。形容動詞と名詞の両方の品詞に分類されます。


深入りすればするほど何が何だか分からなくなります。外国人に教えるときは形容動詞ははじめにあげたような基本的な形容動詞だけに限って教えたほうがいいようです。


ナ形容詞か名詞かを見分ける方法があれば、ぜひ知りたいのですが。
名詞を修飾する文節にした時、結果としてナがついた時は、ナ形容詞と呼ぶしかないように思います。

形容動詞は日本語には800あると言われています。嘘八百?
え、そんなにと思うかもしれませんが、近代的、合理的のように「的」がつく言葉、漢語(漢字)の多くは同じように「的」か「な」をつければ形容動詞になります。そして外来語の形容詞はハンサム、ビューティフルのように「な」をつければほとんど形容動詞となります。

名詞を修飾する時「な」がつくのに特徴があります。形容動詞は外国人に教える日本語文法ではナ形容詞と呼ばれています。

基本的なナ形容詞はナを抜いた形で列記すると
きれい、静か...続きを読む

Qこれらの言葉は、形容動詞でしょうか?

「形容動詞」と<「名詞」+「だ」>の区別がよくわかりません。例えば、以下の言葉は、「形容動詞」でしょうか、それとも<「名詞」+「だ」>でしょうか? もし、形容動詞だとしたら、括弧内の例文は正しいでしょうか?

(1)美人だ (彼女は、美人な人だ)
(2)巨人だ (彼は、巨人な人です)
(3)黄色だ (黄色な花が咲いている)
(4)赤色だ (赤色な花が咲いている)
(5)高速だ (高速な自動車が走っている)
(6)恐怖だ (恐怖な一夜を過ごした)
(7)接戦だ (接戦な勝負が行われた)
(8)好みだ (私の好みな果物はいちごです)
(9)誤解だ (それは、誤解な話だ)
(10)決定だ (それは、決定な話です)
(11)馬鹿だ (彼は、馬鹿な男です)
(12)痴呆だ (彼は、痴呆な男です)

Aベストアンサー

>このような場合、「黄色だ」が本当に形容動詞がどうかを確認できる辞書などはないのでしょうか?

http://www.goo.ne.jp/

「○○だ」の○○だけを入力して「国語」をクリック。
(形動)か(名・形動)が出れば形容動詞です。
一度で出ないときは左の候補から選んでください。


このカテゴリの人気Q&Aランキング