痔になりやすい生活習慣とは?

http://pctrouble.lessismore.cc/repair/repair_bad …


このページにあるように
標準フォーマットやチェックディスクによる不良セクタ検出では
ファイルシステムに保存されるため、
パーティションの全削除(初期化)や別のHDDからクローン作成した場合
この不良セクタに関する情報はリセットされてしまうと思うのですが
合っていますか?

つまりHDD購入直後に
標準フォーマットやチェックディスクによって不良セクタが検出されなかった場合には
そのまま初期化やクローン作成を行っても良いけれど
不良セクタが検出された場合には
初期化やクローン作成した後に、再度チェックディスクを行わないといけないということでしょうか?
合っていますか?

このファイルシステム上の不良セクタによる情報を
初期化などによってリセットされないように
ファームウェアに保存することはできないでしょうか?

ていうか上記のページの
> この不良セクタの多くは、Windows等のOSからは見えません。
というところがよく理解できていないのですが
ファイルシステム上で不良セクタが検出されると自動的に
ファームウェアに登録されてOSからは見えないように自動処理がなされるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ちょっと誤解をされているようです。


不良セクターなどの情報は各HDDに固有のもので、
FATなどのヘッダー部に記録されています。

>標準フォーマットやチェックディスクによって不良セクタが検出されなかった場合には
>そのまま初期化やクローン作成を行っても良いけれど
はい、その通りです。

>不良セクタが検出された場合には初期化やクローン作成した後に、
>再度チェックディスクを行わないといけないということでしょうか?
その必要はありません。
不良セクターが検出された時点で、そこは使わなくなります。
クローン(一般ソフト)で移動される情報はデータのみです。
※一部のクロンマシーンでは同じディスクイメージを作る。

>このファイルシステム上の不良セクタによる情報を
>初期化などによってリセットされないように
>ファームウェアに保存することはできないでしょうか?
この部分が勘違いされておられるところです。
浮流セクター情報はHDDに固有なので全く意味の無い操作です。
移動前のHDDと移動後のHDDは不良セクターの数も位置も違います。

> この不良セクタの多くは、Windows等のOSからは見えません。
データをどこの位置に書き込むのかはOSの下層部分の仕事で、
人間は関係ないです。人間は書き込みや読み込みの命令をするだけで、
不良セクターを避けて、できるだけ連続した位置に書き込みのはOSの
下層部分(ディスクIOシステム)の仕事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の意図が伝わらないのですが

http://pctrouble.lessismore.cc/repair/repair_bad …
のページに
一方、古いハードディスクから新しいハードディスクへパーティションを丸ごとコピーした場合は、
不良セクタが存在していないのに、ファイルシステム上は不良セクタが記録されたままになります。

と書かれてあります。

これはつまり、
例えば、
HDD1には番地4500と6000に不良セクタがあり、OS上で認識されているとします。
一方で、HDD2には番地2000と3000に不良セクタがあり、これもOS上で認識されているとします。

HDD2を初期化した後に
HDD1のデータをクローンソフトを使って
全データをコピーすると
HDD2上の不良セクタの位置は変化しないわけですが
OSから見たときの不良セクタは番地4500と6000に変化するのではないですか?

上記のページにある
・ファイルシステム上の不良セクタ
・ファームウェアで認識されている不良セクタ
で前者の不良セクタは初期化すると消えてしまいますが
後者の不良セクタは消えないので
前者の不良セクタを後者の不良セクタに移行するにはどうしたら良いでしょうか?

何を勘違いしているでしょうか?

お礼日時:2015/04/18 16:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【代替処理済のセクタ数】 を回復させるフリーソフト

【質問(1)】

現在、CrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)で健康状態が【異常】と出ております。

HDD→ TOSHIBA MK6465GSXN 640.1GB  使用時間10936時間


●(赤) 代替処理済のセクタ数 <現在値1> <最悪値1> <生の値 0000000007FE>

●(黄) 代替処理保留中のセクタ数 <現在値100> <最悪値100> <生の値 000000000001>

●(青) 回復不可能セクタ数<現在値100> < 最悪値100> <生の値 000000000000>


【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?




【質問(2)】
現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。





優しい方からの回答お待ちしております。
できましたら、リンクとかナシで回答くださるとたすかります。





※使用OSは、Win7

Aベストアンサー

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大量発生していますので危険な状態です。
重要なデータのバックアップを取り、なるべく早くHDD交換を行いましょう。

ちなみに、本当にヤバイのは"回復不可能セクタ数"の数です。
これが1個でもあるということは、HDD内に保存されているデータが壊れている可能性があるってこと。
しかも、本当にデータが壊れているのか?壊れたデータがどれなのか?ということが特定不可能なので、いつの間にか重要なデータが壊れていたなんてことも十分に考えられます。
"回復不可能セクタ数"が1つでも出たら、すぐに重要なデータのバックアップを取り、HDD交換を行いましょう。

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大...続きを読む

QHDD不調です。CHKDSKの所要時間は? 電源切っても大丈夫?

HDD不調です。CHKDSKの所要時間は? 電源切っても大丈夫?

部分的にでも分かりましたら、励ましの投稿(^_^)お待ちしてます。

先週からHDDの調子が悪く、S.M.A.R.T情報では不良セクタ代替え保留1となってます。

ウェスタンディジタルの320GB WD3200AAKSなんですが、ウェスタンディジタルの修復ソフトで修復を試みたところ、不良セクタがあったが代替えできないようなメッセージがでました。

今、CHKDSKしてます(windowsXP)。エクスプローラでCドライブのプロパティ→ツール→エラーチェック→チェックする、でCHKDSKを立ち上げたのですが、良く分からないオプションが二つあったので二つともオンにしました。
 ファイルシステムエラーを自動的に修復
 不良セクタをスキャンして回復する
設定して再起動するとCHKDSKが走り始め、stage1/5~3/5まではすぐ終わりました(stage1でunreadable segmentがありました)。
今stage4/5(verifying file data)が4時間で17%終わりました。
このペースだとstage4が明日の夕方に終わりますが、stage5はどの程度掛かるのでしょう?

中止方法はありませんか?[ESC] [Break] Ctrl-[Break]と押しても止まりませんでした。
stage4はverifyだとすると途中で電源を切ってもファイルが破壊される心配はない気がするのですが、ここを見ると/fオプションの時は中断するなと書いてあります。
http://support.microsoft.com/kb/314835/ja
(なんでそんな重要なことを始めに警告メッセージ出さないんだと思いますが)

先ほど選択したオプションはどうやら/fオプションのようです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NT/WinKeyWord/20040805/1/chkdsk.shtml

chkdskの動作はここに書いてありました。
http://morumotto.sakura.ne.jp/toraburu/toraburu1.html#SEC15

電源を切っても駄目らしい情報もあります。
http://blog.xe.bz/archives/50294647.html

一番重要なファイルはバックアップ済みですが、stage4のうちに電源切って、まだ読めるうちにバックアップ作業をした方がいいのでしょうか?

新しいHDDを買ってきたので、OSごとコピーするつもりですが、こんなエラーが出ててもOSごとコピーは可能でしょうか?
一日も早く復旧して、とりあえず一ヶ月持ってくれればいいんですが。

HDD不調です。CHKDSKの所要時間は? 電源切っても大丈夫?

部分的にでも分かりましたら、励ましの投稿(^_^)お待ちしてます。

先週からHDDの調子が悪く、S.M.A.R.T情報では不良セクタ代替え保留1となってます。

ウェスタンディジタルの320GB WD3200AAKSなんですが、ウェスタンディジタルの修復ソフトで修復を試みたところ、不良セクタがあったが代替えできないようなメッセージがでました。

今、CHKDSKしてます(windowsXP)。エクスプローラでCドライブのプロパティ→ツール→エラーチェック→チェックする、でCHK...続きを読む

Aベストアンサー

最近のHDDは大容量化に伴ってチェックディスクに掛かる時間も長くなりましたよね。
さて、質問内容の電源切ってもいいか?ですが、駄目です。
ゆっくりじっくり待たないと、不良セクタとか修復してるのに電源OFFで致命的な状態になっても困るだけでしょう。
但し、HDDのハード屋に言わせると電源OFF時には最悪ヘッドは退避するので物理的には壊れないとは言ってますが、論理的なのが治らないという・・・。

Q不良セクタのあるHDDのバックアップ

先週の地震で、起動中だったPCのシステムドライブに不良セクタができてしまい、念のためにクローンを作成しようとしたのですが、前述の通り、バットセクタが発生し、市販のデュプリケーターでのクローン作成ができず、Windows7の標準機能であるディスクイメージ作成もできないという状況に陥っています。
チェックディスク等を行っても状況は改善されず、新品のHDDにクリーンインストールを行う事にしたのですが、環境の再構築は相当難儀で、できれば前環境をできる限り容易に再現したいと考えています。
クリーンインストールは覚悟していますが、できる限り前環境を引き継ぎつつ復旧をするのに、何かしら方法はあるでしょうか?

Aベストアンサー

不良セクタのあるハード・ディスクをバックアップして新しいハード・ディスクに復元したことは何度かあります。
ハード・ディスク・バックアップ・ソフトはOSがハード・ディスクを管理している単位であるクラスタ・イメージとして作成します。
私の使用している「Norton Ghost 15」の場合は、ドライブベースのバックアップ・オプションで「コピー中は不良セクタを無視」
する設定で、ハードディスクに不良セクタがある場合でも、バックアップを作成して正常に復元できます。
 また、「Acronis True Image」でも不良セクタを無視してバック・アップできます。
また、一方で不良セクタを含めてセクタ・イメージでバック・アップを作成することも出来ます。
 どちらのソフトでも復元して不具合が生じた経験はありませんが、「Norton Ghost 15」がベターだと思います。

QCrystalDiskInfoで健康状態 注意

健康状態:注意になっているHDDがあります。

2TBのHDD。
温度は28度。

05 代替処理済みセクタ数のところが黄色くなっています。

この状態の時に、改善させる(正常に戻す)方法はありますか?

補助情報
電源投入回数  800回
使用時間    6000時間

Aベストアンサー

>この状態の時に、改善させる(正常に戻す)方法はありますか?

改善方法はHDD交換しかないです。

代替処理済みセクタがあると言うことはHDDの不良セクタ(書き込み不良の部分)があると言う状態です。
不良セクタは(論理的な不良であれば)論理フォーマットしなおせば改善する可能性があるかもしれませんが、
その原因がHDDの物理的な不良・破損の可能性もあるので
例え論理フォーマットしなおしても改善しない可能性もありませす(却って悪化する可能性もあります)。

と言うわけで根本原因が(論理的であれ物理的であれ)HDD(PCパーツ)にある以上、HDD交換(PCパーツ交換)が妥当と言う訳です。
他のパーツでも同様のことが言えますけどPCパーツに不具合(故障・破損)があればPCパーツ交換するのが基本的にはPCの修理です。

Q不良セクタのあるHDDの交換について

不良セクタのあるHDDの交換について
パソコンはVISTA HPのノートで、SATAの120GBのHDD内蔵です。
これが起動できなくなったので、CHKDSKで修復して何とか立ち上がるようになりました。
しかし不良セクタが多数あったので、ディスクを交換したいと思います。
リカバリーではなく、別のパソコンに外付けで新旧2つをつないで、丸ごとコピーしようと思います。
それで、やり方についてお尋ねしたいのですが、
1.WindowsのExplorerかXCOPYコマンドで全コピーして、新ディスクを内蔵に入れれば起動できるようになるのでしょうか?
2.1の方法がダメなら、"EASEUS Disk Copy"というツールでクローンにしようと思いますが、不良クラスタの所はどうなるのでしょうか?(穴あきで残ってしまう?)
ほかにいいやり方がありますでしょうか?(有料ソフトは使わないということでお願いします)
どうか、アドバイスをください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.XCOPYコマンドではコピー出来ますが、WindowsのExplorerでは無理ですね。
http://ys21.iobb.net/html/backup.html

2."EASEUS Disk Copy"を使えば丸ごとコピー可能で、容量は"EASEUS Partition Master Home Edition"で調整すればよいと思います。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/defrag/easeuspart.html

ただ、不良セクタもそのままコピーされます(質問者さんの言では穴あきで残ってしまいます)ので、新しいHDDにコピーした結果、その部分がシステムに関係なければ良いのですが、関係していると立ち上がらないかも知れません(このようなHDDは不安定です)。これは、やって見なければ判りません。

HDDの状態が悪そうなので、余り余計なアクセスをせずに直ちに"EASEUS Disk Copy"でコピーを取った方が良いと思います。それで、新しいHDDに交換して立ち上げて見てどうなるかです。もし、Windowsが立ち上がったら、システムファイルチェッカーを起動して、システムファイルが壊れていないかどうか確認して下さい。WindowsXPは、sfc /scannow で間単に実行できたのですが、Vista以降は下記の方法を取らないと駄目なようです。
http://pasofaq.jp/windows/vista/vistasfc.htm

もし、起動できなかった場合は、Vistaの修復を行う必要があります。これは、別途質問してください。

1.XCOPYコマンドではコピー出来ますが、WindowsのExplorerでは無理ですね。
http://ys21.iobb.net/html/backup.html

2."EASEUS Disk Copy"を使えば丸ごとコピー可能で、容量は"EASEUS Partition Master Home Edition"で調整すればよいと思います。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/defrag/easeuspart.html

ただ、不良セクタもそのままコピーされます(質問者さんの言では穴あきで残ってしまいます)ので、新しいHDDにコピーした結果、その部分がシステムに関係なければ良いのですが、関係してい...続きを読む

Q物理フォーマットと不良セクタチェックの違い

データの入ったHDDに不良セクタがないか調べたいのですが、
普通にOS標準の不良セクタチェックを行うのと
一度、物理フォーマットしてから元のデータを元に戻すのでは何が違いますか?

正確に測ったわけではないですが、
不良セクタチェックよりも物理フォーマットの方が時間がかかるのはなぜなのでしょう?物理フォーマットの不良セクタチェックに対する利点を教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
>それだと、新品のHDDを買ってきて、
>クイックフォーマットした後に、不良セクタチェックを行った方が
>物理フォーマットするよりも時間短縮でき、
>物理フォーマットを行うメリットは何もないということでしょうか?
チェックディスクがパーティションテーブルなどもチェックするかどうかは知らないですが、もしするなら全くないといってもいいでしょう。しない場合には、その辺もチェックできるというメリットがありますが、まぁその辺が壊れたらそもそもWindowsは起動しませんからね。

>読み込みではエラーが出ないが、書き込みではエラーが出るようなケースはあり得るのでしょうか?
読み込んだ時に平気で、書き込むまでの時間の間にセクタが壊れるという可能性はありえますよ。通常は限りなく0に近いですが、故障してSMARTエラーがでるようなHDDだとこの可能性も上がります。

QHDの不良クラスタをパーティションで隔離する

HDのディスクチェックでクラスタエラーが見つかります。
詳しい方お願い、教えてください。

基礎知識
(1)chkdsk/rで不良と診断された個所、というのはHDの中に記憶されて、その領域を(永久に)書き込まれないようにされるのでしょうか?
フォーマットしてOSの新規インストールした場合などはやはりその個所に書き込みがされていると感じるのです。(何度インストールしてもchkdskするとエラーしてるから)


本題
(2)クラスタエラーの場所を、例えばそれが10GBぐらいの範囲内だとしたら、その部分に合わせてパーティションを仕切って、そのあとで不良のパーティションを削除して未使用領域のままにする。
つまり、今後その部分を使わないよう考えれば、残りの大部分はエラーのない新品ディスクとして安心して使えますよね?
どのようにして、範囲の特定をして、パーティションを切ればよいのでしょうか?

事情。
貧乏なのと旧IDEタイプなので、買い替えはしたくないんです。

Aベストアンサー

質問者さんのお考えでは、図の上の様にしようというお考えだろうと思います。
Linuxのfdiskコマンドなら、図の下の様に不良箇所を避け任意の部分だけに領域を作成できるのですが、Windowsのインストール時の領域作成では先頭から順番に作成するため不良箇所だけを飛ばして領域作成ができずに、インストール後に領域を削除という2度手間になるということをお話ししたかったのですが、もうちょっと補足させていただくと、

>修復の情報がHDの中に残らないわけですから

説明の仕方が判りにくかったでしょうか?
ディスクの状態は、ファイルそのものと同様にディスク上に一緒に記録されることになります(もちろんエラーの無い健全な部分の上にですが)。
なので、フォーマットすることでOSがそれらの情報がリセットされ読み取れなくなるというわけです。

>OSのCDで起動し、インストール過程でパーティションを区切り、フォーマット

このOSのCDというのはWindowsのインストールディスクでしょうか?
であれば、答えはNoです。Windowsのインストールディスクでは先頭から領域を作成し任意の位置だけに領域を作成できなかったと思います(ユーザーの要求に合わせ柔軟に運用しやすいということでLinuxのコマンドを例に挙げたのはそのためです)。
どうしてもWindowsでというのであれば、不良と健全な部分とを分けるように領域を作成し、健全な部分にインストールし、インストール完了後「ディスクの管理」から不良部分の領域を開放してあげます。

>修復するのをインストールのあと

ちょっと違います。
フォーマットの際に同時にエラーチェックもされるので、このときエラーとなる部分には避けた形でインストールは進められます。
エラーはエラーとして記録されますので、後々のchkdskでもエラー箇所として都度ピックアップされますし、さらに増えている様であれば新たに不良箇所が発生したということになります。

そもそも、chkdskでエラーが見つかるというのは、領域を作成し利用できるような状態にあってこそ判ることですし、なおかつ、/rオプションなどで修復できるのはごく軽微な論理的な矛盾などが主で、ディスクそのものの物理的な損傷などはほとんど修復不可能といえます。
よって、物理的損傷部位はキチンとエラー部分として認識・管理することで不用意にデータの読み書きに使わせないようにしておくことが重要になります。
そこで、エラーを出させる以前に領域自体作成しないことで、利用できないようにしようにするためということで、健全な部分だけに領域を作成しようという風にお話ししたつもりだったのです。

質問者さんのお考えでは、図の上の様にしようというお考えだろうと思います。
Linuxのfdiskコマンドなら、図の下の様に不良箇所を避け任意の部分だけに領域を作成できるのですが、Windowsのインストール時の領域作成では先頭から順番に作成するため不良箇所だけを飛ばして領域作成ができずに、インストール後に領域を削除という2度手間になるということをお話ししたかったのですが、もうちょっと補足させていただくと、

>修復の情報がHDの中に残らないわけですから

説明の仕方が判りにくかったでしょうか?
ディ...続きを読む

QHDDの交換とシステムイメージの復元について

最近HDDの調子がおかしいので、HDDを交換しようと考えています。
交換後はPCに付属してあるインストールディスクから起動して、
システムをバックアップしてあった外着けHDDから
「システムイメージの復元」をして以前の使っていた状態まで戻そうと考えています。
そこで疑問が出たので質問です。


【質問1】

HDDを交換した場合、上記のやり方でHDDは以前の状態で使えるようになりますか。
(ちなみにHDDの交換はまだやったことは無いですが、「システムイメージの復元」を
外着けHDDから今のHDDに行った時は、一年前のバックアップを取った時の状態まで戻りました。)


【質問2】

システムイメージの復元でバイオス等、OSを起動する前のブート領域まで復元されるのでしょうか。


またバックアップでとってあったシステムイメージの中にブート領域がバックアップが取られているか
確認する方法があれば教えて下さい。
(当方はCドライブしか使っておらず、パテーション別けしてない為、おそらく「システムイメージの作成」の段階では
”C”しかチェックしていなかった記憶があります。)


以上、ややこしい質問で分かりにくいかもしれませんが宜しくお願い致します。




【使用環境】

デスクトップパソコン
OS: windows7 64Bit
グラボ:Geforce GT650
メモリ:8G

周辺機器:USB式のキーボード、マウス

最近HDDの調子がおかしいので、HDDを交換しようと考えています。
交換後はPCに付属してあるインストールディスクから起動して、
システムをバックアップしてあった外着けHDDから
「システムイメージの復元」をして以前の使っていた状態まで戻そうと考えています。
そこで疑問が出たので質問です。


【質問1】

HDDを交換した場合、上記のやり方でHDDは以前の状態で使えるようになりますか。
(ちなみにHDDの交換はまだやったことは無いですが、「システムイメージの復元」を
外着けHDDから今のHDDに行った時は、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

質問1は、バックアップをどうやって行ったかがカギです。

「ファイルのバックアップまたは復元」パネルで「バックアップの設定」で行ったものは、
既にOSが入っていることが前提なのでブート領域を含めた丸ごと復元はできません。
そのバックアップのままでは、質問2についても不可です。


HDDの交換を目的としたバックアップは、
「バックアップと復元」パネルで、左上に出ている

 ・「システムイメージの作成」でバックアップします。
  これでHDDやDVDにイメージを作成してください。
  バックアップメディアがDVDの場合、
  何枚かのDVDを作成すると、
  システム修復ディスクを作るように聞いてくるので、
  このディスクも作成します。

DVDイメージディスクが全てできたら、HDDを交換して、
PCがDVD起動できる状態にBIOSを設定してあることを確認した後、
最後に作った「システム修復ディスク」を挿入してDVDを起動してください。
最初の画面のIMEの選択を終えると、
「システム回復オプション」画面が出ます。
ここで「以前作成したシステムイメージを使用して~」を選んで、
後は指示に従っていけば復元できます。
途中、「コンピュータ上にシステムイメージが見つかりません」という
メッセージボックスが出たら迷わず「システム修復ディスク」を挿入してください。


ちなみに私は、ご貴殿と同じくHDDが不安定になって、
DVDにシステムイメージを保存(3枚程度)し、
異なるメーカーのHDD 1TBに乗せ替えました。

システムイメージの作成では、
バックアップ先として、HDDがDVD,またはネットワークに保存できるようなのですが、
私の場合、ネットワーク保存はパスが見つからず、うまくいきませんでした。


以上、お役に立てたら幸いです。

こんにちは。

質問1は、バックアップをどうやって行ったかがカギです。

「ファイルのバックアップまたは復元」パネルで「バックアップの設定」で行ったものは、
既にOSが入っていることが前提なのでブート領域を含めた丸ごと復元はできません。
そのバックアップのままでは、質問2についても不可です。


HDDの交換を目的としたバックアップは、
「バックアップと復元」パネルで、左上に出ている

 ・「システムイメージの作成」でバックアップします。
  これでHDDやDVDにイメージを作成してください。
 ...続きを読む

QAOMEI Backupper Standardのシステムクローンのエラー対処方法について

AOMEI Backupper Standardのシステムクローン(アンロック済み)メニューを用いて、
Cドライブのクローンを作成している途中、54%位のところから急に処理がスピードアップしました。

終わってみるとCドライブに不良セクタがあったようでエラー34と出てきました。
一応、完了のアイコンが出たので完了し、PCをシャットダウン後、CドライブSSDと新しいSSDを換装し電源を投入したところ、立ち上がりませんでした。
起動ディスクに問題あり的なメッセージがでました。他に起動ディスクを用意していないので、
電源を切りCドライブを元に戻して立ち上げたところで、この質問分を打っています。

Cドライブに不良セクタがあってクローンが作成できない?場合、どのようにしたら
クローンを作成できるようになるのでしょうか。

ちなみに、オプション設定?のセクタごとのクローンは時間が掛かるという理由でチェックを入れていません。SSDを最適化する。またはパーテーションを合わせる。にはチェックを入れて作業をしました。

時間が掛かることを承知の上で、セクタごとのクローンにチェックを入れれば良かったのでしょうか。
はたまた、Cドライブにデフラグなど不良セクタをなんとかする?方法を試みてから、
クローンを作成するべきなのでしょうか。

まあ、クローンを作成できたとしても起動しないという現象はあるようなので少し萎えますが、
なんとかできるなら、したいのです。

また、AOMEI Backupper Standardに固執せず、別のクローン作成フリーソフトの方が良いなどありましたら、ぜひアドバスをお願いします。

AOMEI Backupper Standardのシステムクローン(アンロック済み)メニューを用いて、
Cドライブのクローンを作成している途中、54%位のところから急に処理がスピードアップしました。

終わってみるとCドライブに不良セクタがあったようでエラー34と出てきました。
一応、完了のアイコンが出たので完了し、PCをシャットダウン後、CドライブSSDと新しいSSDを換装し電源を投入したところ、立ち上がりませんでした。
起動ディスクに問題あり的なメッセージがでました。他に起動ディスクを用意して...続きを読む

Aベストアンサー

元ディスクに不良セクタがある場合、エラーでクローンできないことがあるとは思いますが、エラー34と言うのが何を示しているのかが判りませんでした。54% から処理速度が上がったのは、空き領域に達したので処理が簡単になってスピードアップしたのか、エラーが発生して処理自体をスキップしたのか? AOMEI Backup の動作説明がもう少し判ると良いのですが、そのあたりの情報が少ないのが、このソフトウェアの難しいところです。

元ディスクのエラーを無くすことができれば一番だと思います。取り敢えずは、CHKDSK が思い当たります。
https://pctrouble.net/running/chkdsk.html → chkdsk c: /f

"「chkdsk」は、ファイルシステムのエラーをチェックし、修復するためのプログラムです。つまり、「chkdsk」がチェックして修復する対象は、あくまでもソフトウェア的なものであり、決してハードウェア的なものではないのです。"
→ 一般的なのは、コンピュータでドライブを右クリックし、"プロパティ" から "ツール" を選択、「エラーチエック」 の "チェック" をクリック、"ファイルシステムエラーを自動的に修復する" にチェックをいれて "開始"、再起動して実行です。

また、コマンドプロンプトを管理者権限で開き、sfc /scannow とタイプすると、システムファイルを検査し、不備があると修復してくれます。
http://freesoft.tvbok.com/tips/windows/sfc.html

これらの処理で元ディスクのエラーがなくなればよいのですが。セクタごとのクローンは、元ディスクにエラーがあればそのままコピーするだけなので結果は同じですが、クローン処理自体にエラーが発生せずに終わるのであれば、試してみるのも良いでしょう。上手く起動した後に、上記のエラーチェックをやってみれば、これらのエラーは回復するかも知れません。

クローン自体は成功しているが、起動しないことは稀にあるようなの、スタートアップの修復で修正を試みます。そのためには、Windows7 のインストールディスクが必要です。
http://tipstour.net/windows/1545 ← スタートアップ修復を試してみる
http://tipstour.net/windows/4410 ← ブートセクタを修復

クローンのソフトでは、有名なところだと EaseUS Todo Backup Free があります。何度か使ったことがありますが、普通にクローンできます。実績のあるのは、この AOMEI と EaseUS ですね。後、Acronis True Image の WD版がフリーであるようです。システムに WD の HDD が入っていないと動作しないようですが、USB接続でも取り敢えずは繋がっていれば大丈夫のようです(笑)。
http://www.tekwind.co.jp/faq/WDC/entry_217.php
http://support.wdc.com/downloads.aspx?lang=jp ← ダウンロード

私は、もっぱらメインはこの製品版の Acronis True Image 2010 を使っています。現在は 2016版が出ているようですが、2010 でも Windows10 でイメージバックアップは使えたりします。CDブートでもイメージバックアップとクローン両方ができます。上記の WD版が、殆ど製品版と同じなので意外と良いと思いますよ。

クローン以外の方法もあります。AOMEI Backupper や EaseUS Todo Backup にあるシステムバックアップを使う方法です。これは、一旦別ディスクに C:ドライブのイメージバックアップを完全な形で取り、それを新しいドライブにリストアします。クローンと全く同じ結果になりますが、別のドライブを介するところが違います。これは、その都度のイメージリカバリになりますので、クロ-ンよりは活用範囲が広いと言えますね。

元ディスクに不良セクタがある場合、エラーでクローンできないことがあるとは思いますが、エラー34と言うのが何を示しているのかが判りませんでした。54% から処理速度が上がったのは、空き領域に達したので処理が簡単になってスピードアップしたのか、エラーが発生して処理自体をスキップしたのか? AOMEI Backup の動作説明がもう少し判ると良いのですが、そのあたりの情報が少ないのが、このソフトウェアの難しいところです。

元ディスクのエラーを無くすことができれば一番だと思います。取り敢えずは、CHKDS...続きを読む

QクローンHDDについて

最近 クローンHDDと言う物を知りました。
コピー元のHDDのデータをそっくりそのまま コピー先のHDDにデータを移植できると聞いて
是非、自分のPCのHDDやSSDが壊れる前に バックアップとして クローンを作っておきたいと思っています。

購入としましては、こちらの商品を買おうと考えています⇒http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1120527034


ですが、商品の感想に クローン条件がウンタラカンタラと 書いてあったのですが、クローン条件ってなんなのでしょうか?
こちらの商品では コピーしたいHDDを丸々コピーできないんですかね?


個人的には、OSが入ったSSDや有料ソフトが入ったHDDが壊れたときに
バックアップとして作ったクローンと入れ替えれば 変わらずPCが使える っといった形を考えいるのですが、
そういった使い方 クローンでもできないんですかね??

OSはウィンドーズ7 ホーム 64ビットです。


あと よろしければ、クローンについての注意点や お勧めのクローンができる商品なんかもご教授ください!
よろしくお願いします><

最近 クローンHDDと言う物を知りました。
コピー元のHDDのデータをそっくりそのまま コピー先のHDDにデータを移植できると聞いて
是非、自分のPCのHDDやSSDが壊れる前に バックアップとして クローンを作っておきたいと思っています。

購入としましては、こちらの商品を買おうと考えています⇒http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1120527034


ですが、商品の感想に クローン条件がウンタラカンタラと 書いてあったのですが、クローン条件ってなんなのでしょうか?
こちらの商品では コピーしたいHDD...続きを読む

Aベストアンサー

コピー元のHDDよりもコピー先のHDDの容量が少ない場合はコピーできません
同じ容量かそれ以上の容量のHDDが必要です。
もちろんSSDでも同じです。
○2TB→2TB
○2TB→3TB
×2TB→1TB

また、HDDに読み取り不能な致命的なエラーが発生している場合はコピーできません。
あとはコピー元とコピー先のHDDを間違えないことです。
逆に入れてしまうと大変なことになりますから注意してください。

オススメはこれdo台 Hi-Speed
丸ごとコピーする以外にエラースキップ、パーテーションコピーなど多彩なコピー方法があります。
しかし、高いです!!
http://www.century.co.jp/products/pc/hdd-copy/kd2535hs.html
個人で使うならココまでのものはあったら便利だけど金額的には問題です・・・


人気Q&Aランキング